排卵 日 検査 薬。 排卵検査薬とは。いつからいつまで使う?うすい陽性は陽性?

排卵日検査薬のドゥーテストを初めて使いました。使い始めが遅...

排卵 日 検査 薬

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。 最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。 排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。 この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士 宋美玄先生 大阪大学医学部医学科卒業。 丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。 主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。 また、「とくダネ!」に木曜コメンテーターとして出演中。 一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事 排卵日を予測できる排卵検査薬とは? お子さんが欲しいと願う2人にとって、自分で排卵日を予測できる「排卵検査薬」はとても便利です。 ですが、いざ使おうと思ったときに使い方がわからなかったり、誤った使い方をしたりしていたら、意味がありません。 そこで、人にはなかなか聞けない排卵検査薬の仕組みや使い方などについて、わかりやすく紹介していきたいと思います。 排卵検査薬ってどんなもの? 一般に「排卵検査薬」「排卵日検査薬」などと略されていますが、正式名称は「排卵日予測検査薬」です(以下、排卵検査薬)。 そもそも、排卵検査薬とはどのようなものなのか。 「妊娠と排卵日」という視点から見ていきましょう。 女性の生理周期のなかで、最も妊娠しやすい時期は排卵の前後と言われています。 この時期に性交をすることで、妊娠の可能性が高まります。 そうした背景から排卵日を予測するために開発されたのが、「排卵検査薬」です。 排卵検査薬のしくみ 排卵検査薬にもいくつか種類はありますが、一般的に多く市販されているのは採尿で調べる排卵検査薬ではないでしょうか。 採尿タイプの場合、尿の中に含まれる黄体形成ホルモン(LHホルモン)の濃度を測定することで排卵日を予測することができます。 しかし、排卵日だけに 黄体形成ホルモンは分泌されるわけではありません。 黄体形成ホルモンは通常、排卵日の前後にもまたがって分泌されるため、妊娠の可能性をより高めたいと思ったら、排卵検査薬で陽性反応がでたタイミングに、継続的に性交することが大切となります。 排卵検査薬はどこで売っているの? 近年、女性の晩婚化や女性の社会進出によって、より計画的に妊娠・出産をしたいと考える傾向が強くなっています。 このような背景もあって、排卵検査薬は妊活に重要な役割を果たすようになっています。 排卵検査薬は現在、「第1類医薬品」という位置づけで、薬局やドラッグストア、ショッピングサイトなどで販売されています。 第1類医薬品は、購入時には薬剤師による説明を聞くことが条件となるので、薬剤師のいない店では買うことができません。 ショッピングサイトの場合は、メールなどで薬剤師の説明内容の確認が必要になります。 製品は、「チェックワンLH・II」や「ドゥーテストLHa」、「クリアブルー排卵日予測テスト」、「ハイテスターH」などで、数社から発売。 製品によって異なりますが、4〜14回分で1セット、3000円前後の価格帯が多いようです。 排卵検査薬の仕組み 実は、基礎体温をつけているだけでも、排卵を確認することはできます。 これは「生理(月経)後の低温相から高温相に移ったそのタイミングで排卵が起こる」と考えられているためです。 ただし、基礎体温の変化からは「排卵したこと(=事後)」はわかっても、「排卵日を事前に予測すること」はできません。 これに対し、排卵検査薬は女性ホルモン(LH:黄体形成ホルモン)の変動から、排卵日を「事前」に予測できるとされています。 その仕組みは次の通りです。 排卵前になると、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に増え、脳の下垂体からLHが一気に放出されます。 これが「LHサージ」と呼ばれる現象で、その約40時間後に排卵が起こるとされています。 排卵検査薬は、このLHサージを検知することで排卵を予測します。 排卵日の1日前にわかるため、事前に排卵日を知ることが可能なのです。 排卵検査薬の種類は? 現在、「第1類医薬品」として市販されている排卵検査薬は、いずれも尿に含まれる成分を調べることでLHサージを確認するものです。 尿で検査する方法とは? 前述したようにLHサージを確認することで、排卵を予測します。 方法は、スティック状になった検査薬に尿をかける(あるいは尿を紙コップに溜め、そこにスティックを漬ける)だけ。 これにより、尿中に含まれるLHの濃度を測定して、LHサージがあるかどうかを判定します。 いずれの製品も陽性か陰性かの判定がわかりやすい反面、使い捨てなのでコストがかかるのがデメリットでしょう。 漫然と使うのではなく、適したタイミングで使いたいものです。 (使用のタイミングについては後述します) 間違わないで! 排卵検査薬の正しい使い方 赤ちゃんが欲しい2人が、排卵日のタイミングに合わせて性交するという方法は「タイミング法」ともいい、もっとも負担が少ない不妊治療として知られています。 せっかく排卵検査薬を使うのであれば、赤ちゃんを授かるという結果に結びつけたいもの。 そのためにも使うタイミングについて、正しい知識を持っておきましょう。 排卵検査薬を使う時期・タイミング 排卵検査薬は使い捨ての検査薬です。 生理周期を理解せず、むやみに毎日使い続けるのは得策ではありません。 では、どのタイミングで使うのがベストでしょうか。 ポイントは、「排卵日のおおよその予測ができるかどうか」。 その手がかりとなるのは、自分の基礎体温です。 基礎体温によって生理周期が分かるだけでなく、排卵日を知る目安にもなります。 また、正常に規則的な排卵があるかどうかの確認もできます。 ・生理周期が規則的な場合 基礎体温を何サイクルか測り続けると、自分の生理周期がわかってきます。 まずは2サイクル測ってみて、そこから排卵日を予測してみましょう。 排卵は次の生理が始まる14日前の前後数日に起こるため、多くの検査薬では「次の生理が始まる予定日の17日前から1日1回(判定に悩む場合は2回)」の使用を推奨しています。 その日は陰性でも翌日に陽性になることもあるので、検査薬は連日、使ってみるとよいでしょう。 排卵は、排卵検査薬で陽性判定になった日か、その翌日にあると考えられているので、この時期がもっとも妊娠しやすい時期となります。 ・生理周期が不規則な場合 基礎体温から排卵日を予測しにくいため、排卵検査薬を使う際にはコツが必要です。 また、まずは治療を受けた方がいいケースもあります。 例えば、基礎体温で低温相が続き、高温相が訪れないときは、排卵が起こらない「無排卵周期症」の可能性が。 生理周期が50日以上と長い人や、19日以内と短い人も同様です。 このようなケースでは、一度、婦人科で相談したほうがよいでしょう。 排卵検査薬のルール 簡単な方法で確認できる排卵検査薬ですが、より正確な判定を得るために、守っておきたいことがあります。 まず、同じ時間帯に測定すること。 また、たくさんの汗をかくような運動をした後や、水分をたくさん摂った後などは不向きです。 使い方は検査薬によって異なるので、詳しくは購入時の薬剤師の説明や、各検査薬の取り扱い説明書などで確認しておきましょう。 排卵検査薬の判定について 「陽性判定が出た日=LHサージがあった日」ですから、間もなく排卵が起こるというサインになります。 検査で陽性だった場合 LHサージが検出されたということで、間もなく排卵があります。 初めて陽性と判定された日かその翌日に排卵があると考えられるため、この両日が最も妊娠しやすい時期となります。 検査してもずっと陰性の場合 基本的には、LHサージが確認できないと検査薬は陽性となりません。 生理周期が何らかの理由でずれた場合、検査のタイミングと排卵のタイミングが合わずに陰性になることがあります。 一度、基礎体温で確認してみましょう。 何回か試して陽性にならない場合は、婦人科で相談しましょう。 判定に悩む…… LHは微量ながらも常に分泌されています。 そのため、うっすら陽性のような色が付いている場合は、陰性と見なします。 また、妊娠中や分娩・流産後、あるいは絨毛疾患があるケース、すでに不妊治療を始めているケースなどでは、正確な判定が出ない場合があります。 まとめ 自宅で簡単に使えるようになった排卵検査薬は、妊活に向けた力強い味方になるでしょう。 まずは正しい使用方法やタイミングを知り、基礎体温などと併せて参考にしましょう。 また、検査薬で知った排卵タイミングに合わせて性交してもなかなか妊娠に至らない場合もあります。 妊娠しにくい原因は排卵の有無だけではないので、不安がある場合は婦人科で早めに相談することをお勧めします。 arax. 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます.

次の

【医師監修】排卵日が予測できる排卵検査薬とは?使い方から陽性・陰性の対処法を紹介

排卵 日 検査 薬

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。 最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。 排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。 この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士 宋美玄先生 大阪大学医学部医学科卒業。 丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。 主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。 また、「とくダネ!」に木曜コメンテーターとして出演中。 一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事 排卵日を予測できる排卵検査薬とは? お子さんが欲しいと願う2人にとって、自分で排卵日を予測できる「排卵検査薬」はとても便利です。 ですが、いざ使おうと思ったときに使い方がわからなかったり、誤った使い方をしたりしていたら、意味がありません。 そこで、人にはなかなか聞けない排卵検査薬の仕組みや使い方などについて、わかりやすく紹介していきたいと思います。 排卵検査薬ってどんなもの? 一般に「排卵検査薬」「排卵日検査薬」などと略されていますが、正式名称は「排卵日予測検査薬」です(以下、排卵検査薬)。 そもそも、排卵検査薬とはどのようなものなのか。 「妊娠と排卵日」という視点から見ていきましょう。 女性の生理周期のなかで、最も妊娠しやすい時期は排卵の前後と言われています。 この時期に性交をすることで、妊娠の可能性が高まります。 そうした背景から排卵日を予測するために開発されたのが、「排卵検査薬」です。 排卵検査薬のしくみ 排卵検査薬にもいくつか種類はありますが、一般的に多く市販されているのは採尿で調べる排卵検査薬ではないでしょうか。 採尿タイプの場合、尿の中に含まれる黄体形成ホルモン(LHホルモン)の濃度を測定することで排卵日を予測することができます。 しかし、排卵日だけに 黄体形成ホルモンは分泌されるわけではありません。 黄体形成ホルモンは通常、排卵日の前後にもまたがって分泌されるため、妊娠の可能性をより高めたいと思ったら、排卵検査薬で陽性反応がでたタイミングに、継続的に性交することが大切となります。 排卵検査薬はどこで売っているの? 近年、女性の晩婚化や女性の社会進出によって、より計画的に妊娠・出産をしたいと考える傾向が強くなっています。 このような背景もあって、排卵検査薬は妊活に重要な役割を果たすようになっています。 排卵検査薬は現在、「第1類医薬品」という位置づけで、薬局やドラッグストア、ショッピングサイトなどで販売されています。 第1類医薬品は、購入時には薬剤師による説明を聞くことが条件となるので、薬剤師のいない店では買うことができません。 ショッピングサイトの場合は、メールなどで薬剤師の説明内容の確認が必要になります。 製品は、「チェックワンLH・II」や「ドゥーテストLHa」、「クリアブルー排卵日予測テスト」、「ハイテスターH」などで、数社から発売。 製品によって異なりますが、4〜14回分で1セット、3000円前後の価格帯が多いようです。 排卵検査薬の仕組み 実は、基礎体温をつけているだけでも、排卵を確認することはできます。 これは「生理(月経)後の低温相から高温相に移ったそのタイミングで排卵が起こる」と考えられているためです。 ただし、基礎体温の変化からは「排卵したこと(=事後)」はわかっても、「排卵日を事前に予測すること」はできません。 これに対し、排卵検査薬は女性ホルモン(LH:黄体形成ホルモン)の変動から、排卵日を「事前」に予測できるとされています。 その仕組みは次の通りです。 排卵前になると、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急激に増え、脳の下垂体からLHが一気に放出されます。 これが「LHサージ」と呼ばれる現象で、その約40時間後に排卵が起こるとされています。 排卵検査薬は、このLHサージを検知することで排卵を予測します。 排卵日の1日前にわかるため、事前に排卵日を知ることが可能なのです。 排卵検査薬の種類は? 現在、「第1類医薬品」として市販されている排卵検査薬は、いずれも尿に含まれる成分を調べることでLHサージを確認するものです。 尿で検査する方法とは? 前述したようにLHサージを確認することで、排卵を予測します。 方法は、スティック状になった検査薬に尿をかける(あるいは尿を紙コップに溜め、そこにスティックを漬ける)だけ。 これにより、尿中に含まれるLHの濃度を測定して、LHサージがあるかどうかを判定します。 いずれの製品も陽性か陰性かの判定がわかりやすい反面、使い捨てなのでコストがかかるのがデメリットでしょう。 漫然と使うのではなく、適したタイミングで使いたいものです。 (使用のタイミングについては後述します) 間違わないで! 排卵検査薬の正しい使い方 赤ちゃんが欲しい2人が、排卵日のタイミングに合わせて性交するという方法は「タイミング法」ともいい、もっとも負担が少ない不妊治療として知られています。 せっかく排卵検査薬を使うのであれば、赤ちゃんを授かるという結果に結びつけたいもの。 そのためにも使うタイミングについて、正しい知識を持っておきましょう。 排卵検査薬を使う時期・タイミング 排卵検査薬は使い捨ての検査薬です。 生理周期を理解せず、むやみに毎日使い続けるのは得策ではありません。 では、どのタイミングで使うのがベストでしょうか。 ポイントは、「排卵日のおおよその予測ができるかどうか」。 その手がかりとなるのは、自分の基礎体温です。 基礎体温によって生理周期が分かるだけでなく、排卵日を知る目安にもなります。 また、正常に規則的な排卵があるかどうかの確認もできます。 ・生理周期が規則的な場合 基礎体温を何サイクルか測り続けると、自分の生理周期がわかってきます。 まずは2サイクル測ってみて、そこから排卵日を予測してみましょう。 排卵は次の生理が始まる14日前の前後数日に起こるため、多くの検査薬では「次の生理が始まる予定日の17日前から1日1回(判定に悩む場合は2回)」の使用を推奨しています。 その日は陰性でも翌日に陽性になることもあるので、検査薬は連日、使ってみるとよいでしょう。 排卵は、排卵検査薬で陽性判定になった日か、その翌日にあると考えられているので、この時期がもっとも妊娠しやすい時期となります。 ・生理周期が不規則な場合 基礎体温から排卵日を予測しにくいため、排卵検査薬を使う際にはコツが必要です。 また、まずは治療を受けた方がいいケースもあります。 例えば、基礎体温で低温相が続き、高温相が訪れないときは、排卵が起こらない「無排卵周期症」の可能性が。 生理周期が50日以上と長い人や、19日以内と短い人も同様です。 このようなケースでは、一度、婦人科で相談したほうがよいでしょう。 排卵検査薬のルール 簡単な方法で確認できる排卵検査薬ですが、より正確な判定を得るために、守っておきたいことがあります。 まず、同じ時間帯に測定すること。 また、たくさんの汗をかくような運動をした後や、水分をたくさん摂った後などは不向きです。 使い方は検査薬によって異なるので、詳しくは購入時の薬剤師の説明や、各検査薬の取り扱い説明書などで確認しておきましょう。 排卵検査薬の判定について 「陽性判定が出た日=LHサージがあった日」ですから、間もなく排卵が起こるというサインになります。 検査で陽性だった場合 LHサージが検出されたということで、間もなく排卵があります。 初めて陽性と判定された日かその翌日に排卵があると考えられるため、この両日が最も妊娠しやすい時期となります。 検査してもずっと陰性の場合 基本的には、LHサージが確認できないと検査薬は陽性となりません。 生理周期が何らかの理由でずれた場合、検査のタイミングと排卵のタイミングが合わずに陰性になることがあります。 一度、基礎体温で確認してみましょう。 何回か試して陽性にならない場合は、婦人科で相談しましょう。 判定に悩む…… LHは微量ながらも常に分泌されています。 そのため、うっすら陽性のような色が付いている場合は、陰性と見なします。 また、妊娠中や分娩・流産後、あるいは絨毛疾患があるケース、すでに不妊治療を始めているケースなどでは、正確な判定が出ない場合があります。 まとめ 自宅で簡単に使えるようになった排卵検査薬は、妊活に向けた力強い味方になるでしょう。 まずは正しい使用方法やタイミングを知り、基礎体温などと併せて参考にしましょう。 また、検査薬で知った排卵タイミングに合わせて性交してもなかなか妊娠に至らない場合もあります。 妊娠しにくい原因は排卵の有無だけではないので、不安がある場合は婦人科で早めに相談することをお勧めします。 arax. 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます.

次の

排卵日検査薬のドゥーテストを初めて使いました。使い始めが遅...

排卵 日 検査 薬

排卵検査薬とは 排卵検査薬とは、排卵日を知るための検査薬で、尿に浸すorかけることで使用することができます。 排卵日の1〜3日くらい前から反応が出るので、排卵日を事前に家庭で調べることができます。 以下に記載しますが、正確には、排卵前に増加するホルモンを検知する検査薬のため、実際に排卵しているかは排卵日前後の超音波検査で判断する必要があるため、通院のほうがより確実です。 妊娠の仕組み そもそもなぜ排卵日を知ることが大切かというと、排卵日付近に性行為を持つことが妊娠の可能性をあげることにつながります。 そのため、自分の排卵日を推測することが大切です。 排卵検査薬は、LHというホルモンが排卵日前に増加することを利用した検査薬です。 このLHというホルモンのピークから、数時間〜1日くらいで排卵がおこるとされています。 精子の寿命は2〜3日、卵子は24時間、そのうち受精可能な期間はもっと短いのではと言われています。 こうして考えると受精のチャンスって一月でけっこう限られていますよね。 そのため、排卵日少し前に性行為を行い、排卵を精子が待ち構えている状態が良いようです。 排卵検査薬で陽性が出たら、陰性になるまでタイミングを1〜2日おきにとるのが良さそうです。 より簡便に検査することができるのが利点です。 最近は結果が出る表示窓がわかりやすいものも多く、思い立った時ドラッグストアで買えるのも魅力です。 デメリットとしては、海外製と比べてとにかく高価。 5本で2000円を超えるくらいです。 1本400円超えですね。 後述の海外製が1本70円くらいなのを考えるとお高いですね。 海外製の場合 海外製の場合、多くはプラスチックのカバーなどはなく、検査紙だけの作りになっているため、紙コップなどに採尿して数秒間浸すという方法で検査します。 健康診断なんかで使う検査薬と同じようなタイプですね。 利点としては、とにかく安いこと。 どのくらいまとめて買うかにもよりますが、1本70円前後で購入可能です。 特に私みたいに生理周期がバラバラな方は、排卵検査薬を使い始めるタイミングに悩みますが、安い分早めから使い始めることができ、LHのピークを逃してしまうことがなくていいですよね。 デメリットとしては、使用の際採尿するという一手間がかかります。 慣れればたいしたことはありませんが、国内製のスティックタイプに慣れてしまうと面倒に感じてしまうかもしれません。 私はこのタイプのa-checkという検査薬を使用していました。 いつから使う? 使用開始タイミングですが、私の使用していた海外製排卵検査薬の説明書には「28日周期の人では生理開始から11日目より使用」とありました。 生理予定日の17日前くらいから使うのが良さそうです。 おそらく、この17日は高温期14日の人をベースに考えていると思いますが、実際には高温期は12〜16日くらいで人によって異なります。 自分の高温期の日数が分かっている人は、それをベースに考えてみてもいいかもしれません。 大事なのは、高温期に入る4〜5日前から検査薬を使用していることだと思います。 特に初めて使用する人は少し余裕を持って始めたほうがいいと思います。 後述しますが妊娠検査薬と異なり1か0か!みたいな結果ではなく、普段より濃くなったかどうかが大事になってくるので、自分の陰性の状態を把握しておくことが大切です。 私の場合、基礎体温はすでにはかっており、低温期バラバラ、高温期13日とわかっていました。 低温期がバラバラだと、いつから使うの予想がつきづらく、最短で28日周期だったこともあるため、生理開始から11日目 D11 より排卵検査薬の使用を開始しました。 きっかり28日周期だよと言う人も、低温期も高温期も何日かわからないよと言う人も、生理開始から11日目から使い始めておけば安パイだと思います。 いつまで使う? 実はこの「いつまで」というのが、排卵検査薬を初めて使う周期では大切です。 後述しますが、排卵検査薬の陰性は真っ白とは限りません。 うすいラインがでることが多くあります。 初めて使用して、自分の陽性の時のラインがわからない場合、陰性を陽性と勘違いしてしまうことがあります。 また同様に、「濃くなった、陽性だ!」と思っても、それが陽性のピーク時点とは限りません。 もともとLHの量が多い人の場合、陽性期間が長いことがありますが、排卵はあくまでLHのピークから数時間以内とされています。 なので、ピークを知るために、必ず陰性になるまで検査を続ける必要があります。 慣れてくると周期も自分のLHの反応の仕方もわかってくるので、陽性になった時点でやめても問題ないと思いますが、初めての時には少しお金と手間はかかりますが、陰性を確認するまで続けたほうがいいと思います。 私は初めて排卵検査薬を使用した際、濃くなったと思った時点で排卵がすぐだと思い込み、検査薬をやめてしまいましたが、実際の排卵はまだ先だったことがありました。 1日1回?それとも2回測定? 私は基本1日1回やっていましたが、そろそろ陽性かな?と思った辺りでは1日朝夜2回検査することもありました。 朝は陰性だったのに、夜陽性なんてこともあります。 うちは夜タイミングをとるので、夜気づけると助かったりします。 理想をいえば1日に時間をずらして複数回やれば、LHの増加を確実に掴むことができますが、コストや手間の問題もあるので、無理のない範囲で行うのがいいと思います。 1日1回最低行っていれば、LH増加に気づかないということは少なくとも私はありませんでした。 2日に1回にしてしまうと、逃してしまうこともありそうな結果だったので、私は1日1回同じ時間に行う、を基本にやっていました。 うすい陽性が続く! 「反応は出てるけど、コントロールラインより薄いような…?これって陽性!?」 排卵検査薬を使い始めたばかりの人がぶつかることの多い疑問だと思います。 特に、妊娠検査薬を使ったことがある人はこう思う人が多いかもしれません。 妊娠検査薬は薄くでもラインがでれば陽性で間違い無いのですが、排卵検査薬の薄いラインは陰性であることが多いです。 前述の通り、排卵検査薬はLHという排卵前に増加するホルモンを検知することで、排卵を予測できる検査薬です。 このLH、排卵前以外は全く出ていないかということはそういうことはなく、常にある程度出ていて、排卵前だけ更にでるといった性質のホルモンです。 排卵があれば、ラインが濃くなるタイミングが必ずありますし、排卵が終わればラインが薄い状態になります。 1日だけで判断せず、必ず陽性になったと思っても数日間続けてみて、検査薬が濃くなるか薄くなるかを確認してみましょう。 また、同じ感度と記載されている検査薬でも、メーカーが違うと微妙に体感の感度が異なることがあります。 私の場合、a-checkという排卵検査薬を普段使っていますが、一度DAVIDを使った周期がありました。 私の場合、どうやら通常時でもそれなりの量のLHが出ていて、DAVIDのほうが少量のLHにも反応するようで、常に陽性になってしまったようです。 陽性が続くorなかなか陽性にならないと言う人は、別の種類の排卵検査薬を試してみるのもいいかもしれません。 陽性にならない! 「何日も続けたけれど、結局陽性にならないまま生理がきてしまった!」 「薄いラインのまま生理になってしまった」 という方もいるかもしれません。 この場合2つの可能性が考えられます。 排卵検査薬の開始が遅かった 1つは、排卵検査薬開始のタイミングが少し遅かったパターンです。 排卵検査薬を使用し始める前にLHのピークが終わってしまっている場合、いくら検査薬を続けても陽性にはなりません。 もう少し早くから排卵検査薬の使用をすることをお勧めします。 基礎体温と並行して行うと、ピークを逃したかどうかがわかると思うので、基礎体温はオススメです。 無排卵月経 もう1パターンは、無排卵月経です。 排卵が行われず生理がきてしまう周期のことです。 健康な女性でも年に1回くらい無排卵の時があると言われていますが、妊娠を待ち望む方にとってはクリティカルですよね。 基礎体温をつけている人は、低温期と高温期にはっきりわかれていないグラフになると思います。 その時だけたまたま起こっていそうなら、大きく心配することはないと言われていますが、あまり頻繁に起こるようなら婦人科への受診をお勧めします。 体験談 私が排卵検査薬を使った周期について写真付きでまとめました。 失敗談もあるので、これから初めて使用される方は参考にしてください。 まとめ 排卵検査薬は、通院せずにできるため、 仕事が忙しく通院が難しい方、とりあえずしばらくは自力で頑張りたい方にオススメの方法です。 特に、私自身もそうだったのですが、生理周期がバラバラでいつタイミングをとっていいかわからないという方にはとてもいい方法だと思います。 基礎体温と併用すると得られる情報も増えるので、ぜひ試してみてください。 ただ、排卵検査薬はあくまでLHホルモンを検知するものであって、その結果ちゃんと排卵しくれたかを知ることはできません。 確実に排卵を把握したい場合は、婦人科等専門のクリニックにかかって診てもらう方が良い場合もあります。 通院は時間もお金も根気も必要ですが、人によっては絶対必要なこともあります。 家庭でできる方法から試してみるのか、すぐに通院を開始するかは、家庭環境や年齢によっても違ってくると思います。 家族でよく話し合い、どうすべきか検討してみてください。

次の