清水 コロナ。 清水建設の社員、死亡後にコロナ陽性。工事中断に高まる危機感「雇用の生命線が絶たれる」

清水建設コロナ感染者の現場の場所はどこ?下請け業者への影響は?

清水 コロナ

静岡県庁 静岡市は30日、同市清水区の高齢者施設に入所していた70代男性が死亡し、PCR検査で新型コロナウイルスへの感染が判明したと発表した。 感染者の死亡は県内初。 この施設の入所者や救急搬送した消防職員ら計37人を濃厚接触者に認定した。 また県は同日、熱海市の成人男女計3人の感染を発表した。 このうち1人はタクシー運転手のため、県は勤務先の社名や乗車日時などを公表し、利用した人の特定を進めている。 県内の感染者は計72人になった。 静岡市の70代男性は25日にせきと鼻水の症状が出た。 30日午前、施設内の居室で心肺停止になっているのを職員が発見し、市立清水病院に救急搬送。 死亡後に撮影したエックス線写真で肺に影があるのが確認され、PCR検査を行った。 市は男性の死因や感染経路などを調べている。 同市によると、男性の居室は個室だった。 男性は発症後は施設内で療養していた。 濃厚接触者は入所者全16人と施設職員15人、消防職員6人。 30日時点で健康不良を訴えている人はいないという。 熱海市の3人は、29日に感染者として発表された同市の男性会社員の同居家族で、会社員男性2人と無職女性1人。 男性の1人は同市の「小形(おがた)タクシー」の運転手。 乗客が感染した可能性があるのは21、22、25~27日の5日間で、いずれも午後1時~午前1時に同市内で営業した。 県は男性の勤務日にタクシーを利用し、発熱やせきの症状がある場合、県熱海保健所<電0557(82)9125>への連絡を呼び掛けている。 男性に症状はなく、もう1人の男性会社員はせきの症状がある。 無職の女性には息苦しさがあるという。 静岡医療・健康・福祉の記事一覧•

次の

新型コロナ|清水建設の社員3人感染1人死亡|現場はどこ?死亡原因は?感染経路は?

清水 コロナ

現場における新型コロナウイルスの感染防止に、建設各社が頭を悩ませている。 オフィス業務はリモートで対応できる一方、現場作業は職人なしに成立しないからだ。 工事を中断すれば感染拡大は抑えられるものの、工事遅延によって発注者に不利益が生じる。 後手に回る現場の防疫だが、清水建設が下した決断は大きな波紋を呼びそうだ。 清水建設によると感染者は同じ作業所で働いていた3人で、40代の男性と女性、50代の男性。 50代男性は体調不良で自宅待機をしていたが、容体が急変して亡くなった。 同社は作業所の閉所手続きについて、「13日から発注者と工事を一時的に中止する協議を始めた」(コーポレート・コミュニケーション部)。 しかし、発注者がどこまで要請に応じるかは未知数だ。 プロジェクト延期で発生する損害を誰が受け持つか、協議の難航が予想されるからだ。 一般的に建設工事の請負契約は、その履行が中断などで遅れれば、契約に従って発注者は受注者に遅延損害金を請求できる。 ただし、天災などによる工事中断は、受注者の責めに帰することができない事由と判断される場合が多い。 清水建設は今回のコロナ禍が天災などに類する事由だとして発注者と交渉する方針だが、協議の結果、「そのまま継続」となる案件が出てくる可能性もある。 西松建設は大型物流センターの施工を継続 実際、協議を経て工事が続行となったケースもある。 4月8日に従業員の感染を明らかにした西松建設は、同日、基本方針として施工中の工事の一時中止を打ち出したが、大和ハウス工業が千葉県流山市で計画する大型物流センターの施工は継続することを決めている。 両社は現場での感染防止策について協議をしたうえで、「物流センターは巨大建築物のため、現場の作業員が『密閉・密集・密接』の3密になりにくい」として工事継続を判断したという。

次の

新型コロナ 静岡市の感染者めぐり 風評被害

清水 コロナ

東京都• 神奈川県• 千葉県• 埼玉県• 大阪府• 兵庫県• 福岡県 「原則」と書いてあるので、一部の現場では作業が続けられるのかもしれません。 職員は自宅待機中に亡くなった なお3名のうち1名は検査後も体調不良が続き、自宅待機をしていたところ、容態が急変し、亡くなりました。 その後、「陽性」と判明したものです。 yahooニュース 熱が出てから4日以上待ち、PCR検査したにもかかわらず、自宅待機中に容態が急変し亡くなったとのこと。 その後、「陽性」と判明したようですが遅すぎる。 亡くなられた方は50代男性ということで、高齢者に差し掛かりといったところで、症状も急に重くなってしまったのでしょうか。 終わりに 建設業界で新型コロナウイルスによる死亡者が出てしまいました。 清水建設は具体的な作業所名を公表するのでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の