これは経費で落ちません 再放送。 「これは経費で落ちません!」見逃し動画無料フル視聴~ドラマ配信はコチラ

これは経費で/動画/最終回10話/ドラマ/フル/無料視聴9月27日見逃し配信/再放送|シネマVODファン

これは経費で落ちません 再放送

そんな中、森若さん(多部未華子)たち経理女子は、マリナとライバル企業の役員が古くから知り合いだったことが気になり、マリナの経理履歴から過去をたどる。 一方、山田太陽(重岡大毅)は室田千晶(真魚)が、情報漏えい事件の晩に会社にいたことを知る。 これは経費で落ちません! キャスト 多部未華子,重岡大毅,伊藤沙莉,江口のりこ,桐山漣,片瀬那奈,橋本淳,角田晃広,平山浩行,ベッキー,モロ師岡,吹越満 ベッキーさんの魅力はハーフならではの透き通るような肌に大きな目、その目の奥の美しい色の瞳です。 まっすぐと見つめて話すので、吸い込まれそうな美しさがあります。 細すぎる身体の割に、頬には健康的な膨らみがあって、そこも可愛いです。 明るくて天真爛漫で、頭の回転も早いので、彼女が司会を務める番組はテンポも良く、私は大好きです。 彼女の明るい笑顔はまさしく、満開の黄色いヒマワリみたいで、元気をもらえます。 最近では、あまり民放では見かけないけれど、BS番組や雑誌などでは相変わらずのベッキーさんらしいオーラをビシビシ感じます。 ファッション誌では、最近、よくモデルをしていますが、華があるし、何を着ても似合うし、30代女性の大人な服も可愛く着こなすので、ただ、着せられたというより、センスを感じます。 読者が見て、「所詮、モデルだから着れる服だし、普通、着れないでしょ!」と思わせない雰囲気があります。 以前、番組で、いろんなタレントさんがベッキーさんの人柄をべた褒めしていました 一時期は不倫問題でテレビからほぼ遠ざかり干されていたような状態になってしまったベッキーさんですが持ち前の明るさと頭の回転の良さから最近またテレビで見ることも多くなってきましたが以前と比べると優等生らしさが抜けほぼ素のベッキーさんをアピールできるようになったことこそ、今のベッキーさんの一番の魅力だと思います。 もちろん不倫は良くなかったと思いますがベッキーさんの不倫が週刊誌やワイドショーで取りあげられている時も何故かベッキーさんだけが叩かれ相手は全くの無傷の状態でしたがそれはベッキーさんの優等生キャラから叩きやすいと思われてしまったからだと思うので今のように力が抜けて素の状態のベッキーさんのほうが魅力的になったと思います。 バラエティでは話も上手ければ歌も歌えて司会もでき演技もできると芸能人、タレントとはいえここまで器用に何でもこなすことができるのはベッキーさんくらいだと思うので何でもそつなくこなしてしまうところにも魅力を感じます。 不倫が取りあげられて復帰してからは元気なだけでなく女性らしさも感じるようになったのもよかったです。 今となっては不倫問題にかみつく人もいなくなったので以前のようにたくさんのバラエティで活躍して大人の女性タレントとしての魅力を出し切って欲しいです。 取り上げているは会社の中でも地味目な経理部のお仕事で、主役の森若さんは一般の経理部員。 マルサの女のように大きな会社の悪事を暴いたり、誰かに説教をしたりすることもありません。 それでも会社の中で起こる経理にまつわる事件を「うさぎを追うな」と思いつつ見過ごせない、そんな普通の会社員の姿が丁寧に描かれています。 面白いのが毎回登場する、悪事を働いてしまう社員たちがその一話で姿を消してしまうわけではなく、次回からもきちんと会社の中で生きていてだんだん視聴者が天天コーポレーションを親しみある会社に感じてしまうような仕掛けがされているところです。 また最終回前週ではこれまでの登場キャストが大集合で、誰が真犯人なのかまったく分からない新たな展開を見せています。 営業部の山田太陽君との絶妙な距離感のラブコメ要素も完璧です。 いつもさばさばしている森若さんのデレ感、それに悶える山田くん、二人のシーンと仕事のシーンでメリハリが効いているのでいつも一時間があっというまでした。 最終回に向けて初めて前後編になっているので、これまでは毎週まったりと視聴していましたが最終回がこれまでになく待ち遠しくてうずうずしています。 多部未華子さん演じる森若さんが最初の頃は固く淡々と仕事をこなすイメージだったのが、回を追う毎に経理部の仲間や、営業部の人、同期の友人の力を借りたりしつつ経理の不正をただ暴こうとするのではなく、その不正の先に何があるのかまでを解明していくのだけれど、それほどスリリングでもなく、大きな事件でもないけれど、人間味に溢れる出来事や、身近にもありそうなことだったりするのが楽しく引き込まれつつも落ち着いてみられるドラマです。 多部未華子さんのお堅いんだけれどどこか抜けてたり憎めないキャラクターが嫌味なくとても可愛いです。 営業部の太陽くんとの恋愛のやり取りを見ていると初々しさにこちらもほっこりしたりホロッときたりして二人がゆっくりと恋を進めていくところも見所の1つだと思います。 多部未華子さん演じる森若さんの与えられた仕事は完璧にこなしつつ、余計なことには首を突っ込みたくないと思いながらも不正を見過ごせずにいるところや、不正を暴いたことによって自分自身が心苦しさに押し潰されそうになっているところも共感できてせつなくなります。 仕事と割りきった上でのどこまで自分が手を出すのかという葛藤が見てとれます。 ウサギを追うなとつぶやきつつも気になったことは調べずにいられない正義感が時に自分を苦しめてることが見ていてこちらも苦しくなるときがあるけれど、結局は見過ごすことの出来ない森若さんの真っ直ぐさがこのドラマに引き込まれる要因だと思います。 まとめ 最初は多部未華子演じる森若沙名子はぶっきらぼうで偏屈な役なのかと思っていましたが、回を重ねていくごとに筋の通った経理オタクのように感じました。 森若さんが経理を通じて色々なことを解決していくこのドラマは痛快で気持ちが良いです。 このドラマではコミカルな要素もあり、恋愛的な要素もあり観ていて飽きません。 森若さんが独身アラサーで奥手っていうのも可愛くて癒されます。 また、経理が何故正しくあるべきなのかがこのドラマを通じてわかったような気がしました。 わたしの仕事も会計事務なので経理的な部分で同感するところもあり、また知らなくて勉強になったこともありました。 毎月月末の締日が慌しくて残業がちになるのにも激しく同感でした。 数字が合わないとスッキリしなくて気持ちが悪いのも一緒だと思いました。 最終回ですが、森若さんと山田太陽くんの行末が気になりますし、部長たちと怪しい動きも気になります。 また、山田太陽くんもかっこいいけど、同じ営業の山崎さんもなんだかセクシーでかっこいいなと思ってどっちも好きで選べません 終わってしまうと確実にこれは経費で落ちませんロスになってしまうと思います。 このドラマをみてわたしも人生も仕事もイーブンに頑張っていきたいと勇気がでました。 総評 森若と山田太陽が付き合うことになったものの、太陽の元カノが出てきたりと、前回はあわただしく森若の気持ちも波乱ずくめでしたが、今度は会社の内部事情を社外に漏らしたという汚名まで着せられて、最近は森若が可哀想な展開になってますね。 でも、唯一の嬉しい出来事は太陽に誕生日プレゼントとしてネックレスをもらったことと、今回のラストシーンで太陽にプロポーズされたことですよね! やっとプロポーズにまでこぎ着けたのかと思うと、今まで太陽がよく頑張ったなぁと思わずにはいられませんね。 何たって相手が森若さんなので、、。 ただプロポーズをするきっかけになったのが、森若が配属されている経理部がアウトソーシングになりかわってしまうかも?というのと、太陽が海外勤務になることが決まったからなのが、納得出来ないなぁと思います。 なんとなく海外勤務が最終回でなくなりそうだし、アウトソーシングの話もなくなりそうな予感がします。 そうするとプロポーズもうやむやに森若さんにされてしまいそう、、。 多くの人は仕事を好きでやっているというよりは、生きるために仕方なくという気持ちが少なからずあると思うのです。 そういう意味では、仕事というのは生きるために必要なタスクであり、仕事は仕事であると割り切っている人が結構多いのではないか?と思います。 したがって、仕事は仕事であると割り切ることができるならば、自分に火の粉が飛んでくるようなリスクをあえてとる必要ないんじゃ?という思いが強くなります。 不正を見過ごすのがよくないとしても、自分がそれに首を突っ込んで損をするかもしれないとしたら、リスクはかなり大きいと言えます。 社会人として実際に働ている身からすると、そっとしておけばいいのにと思わずにはいられない、そんな感覚になってくるのです。 もちろん、そういう主人公の性格がドラマを面白くしていくので、そういう批判をしても仕方ないのですが、そういう気持ちがどうしても芽生えてしまうと思いますし、社会のためを思うか、自分のことを第一に考えるかで人の行動は変わってくるんだなと感じてしまいます。 ある会社の経理部のストーリーなのですが、ほっこりと出来て、ほのぼのとした気持ちになれます。 山田太陽 重岡大毅 と森若さん 多部未華子 のカップルはめちゃくちゃお似合いだと思います。 凄く純粋で誠実でさらにはウブ•••。 視聴していてとっても癒やされます。 忘れかけていた何かを思い出させてもらっている気がします。 」山田太陽のこのセリフには、大切な気持ちだなあと感動しました。 ラスト付近で流れた音楽••• 雰囲気にばっちり合っていたと思います。 思わず涙してしまう切ないストーリーでした。 ラストシーンの熊井の奥さんの「取り返しのつかなくなる前に、見つけてくれてありがとう。 」のセリフには涙腺大崩壊でした。 熊井 山中崇 の経理処理を勇太郎 平山浩行 が代わりにやっていることを知ってしまった森若 多部未華子 はめちゃめちゃ辛かったと思います。 調査に出向いた静岡工場からの帰路、ブランコで流した涙が全てを語っていると思います。 気持ちが伝わってきて思わず涙してしまいました。 それに何も言わずにただ寄り添うように佇んでいた山田太陽は、いい男だったと思います。 不正の話だったのですが良い話でした。 とにかく、1週間分の疲れや汚れを洗い流せる素敵なドラマです。 最終回なんて••• 寂しいです。

次の

【NHK】これは経費で落ちません!:多部未華子主演“お仕事ドラマ”一挙再放送 「想像以上に多くの方々に愛され…」

これは経費で落ちません 再放送

「 これは経費で落ちません! 」出演者・キャスト• 森若沙名子 - 多部未華子• 佐々木真夕 - 伊藤沙莉• 田倉勇太郎 - 平山浩行• 新発田英輝 - 吹越満• 麻吹美華 - 江口のりこ• 山田太陽 - 重岡大毅• 山崎柊一 - 桐山漣• 中島希梨香 - 松井愛莉• 吉村晃広 - 角田晃広• 鎌本義和 - 髙橋洋• 高岡奈央子 - 渥美友里恵• 下村純子 - 大川原咲• 馬垣和雄 - 岡崎体育• 新島宗一郎 - モロ師岡• 横山窓花 - 伊藤麻実子• 石川有希 - 秋里由佳• 吉田緑 - 井上あすか• 上野圭子 - 西山なずな• 平松由香利 - 平岩紙• 皆瀬織子 - 片瀬那奈• 室田千晶 - 真魚• 野瀬泰 - 阿部翔平• 鏡美月(研究開発室) - 韓英恵• 熊井良人(製造部〈静岡工場〉) - 山中崇• 有本マリナ(秘書課) - ベッキー 「 これは経費で落ちません! 」第 10 話の最新情報.

次の

これは経費で落ちません!再放送記念☆感想まとめ

これは経費で落ちません 再放送

これは経費で落ちません! ジャンル 連作 小説 著者 イラスト 出版社 レーベル 刊行期間 5月 - 巻数 6(既刊) 漫画 原作・原案など 作画 出版社 掲載誌 『』 レーベル 発表号 1月号 - 巻数 4(既刊) テレビドラマ 原作 脚本 藤平久子 蛭田直美 演出 松永洋一 本多繁勝 制作 放送局 放送期間 - 話数 10 - 『 これは経費で落ちません! 』(これはけいひでおちません)は、著のシリーズ。 より5月から刊行されている。 既刊6巻。 部勤務の27歳の主人公が、各部署より持ち込まれるから社内の疑惑や人間関係を洗い出し、さまざまな問題を淡々と解決していく姿を恋模様も交えつつ描いた連作。 により化され『』()に11月から連載 、また「」にて化され7月から放送。 テレビドラマ化決定後の2019年5月30日時点で、累計発行部数は70万部超え。 シリーズ収録作品 [ ]• これは経費で落ちません! 〜経理部の森若さん〜(2016年5月20日、、)• これは経費で落ちません! ミスしたら謝れ! いや謝ってくださいね? あなたはぼくの太陽です! 今送ったメール間違いだから。 見ずに消せ! 代理の真夕ちゃん• これは経費で落ちません! 2 〜経理部の森若さん〜(2017年4月20日、集英社オレンジ文庫、)• 取材は広報課を通してください! 女には女の戦いがある…らしい…• 気にしないでいいよ、おごるから。 出張手当入ったから! これは本当に経費で落ちません! おまけの真夕ちゃん• これは経費で落ちません! 3 〜経理部の森若さん〜(2017年10月20日、集英社オレンジ文庫、)• これは経費で落としてください! 逃げるなよ?絶対に逃げるなよ? おまえが担当なんだから、責任もって原因を探せよ! 困ったなー。 仕事もらえるなら、貸してあげてもいいけど? 聖夜の真夕ちゃん• これは経費で落ちません! 4 〜経理部の森若さん〜(2018年6月21日、集英社オレンジ文庫、)• わたしは何も間違っていない• 俺、手作りOKの人だから! 本命は落ちません、義理なら落ちます• 正しければ勝つわけではないのなら、正しさに何の意味がある• 桜の下の真夕ちゃん• これは経費で落ちません! 5 〜落としてください森若さん〜(2019年2月20日、集英社オレンジ文庫、)• 佐々木真夕 初恋アレッサンドロ• 山崎柊一 カラークリスタル• 平松由香利 ゾンビと噓と魔法の笛• 中島希梨香 それでもあたしは男っぽい女• 田倉勇太郎 三十八歳の地図• いつもの森若さん• これは経費で落ちません! 6 〜経理部の森若さん〜(2019年7月19日、集英社オレンジ文庫、)• 男ができると女って変わりますよね• 大きなダムが決壊するのは、小さなひび割れからだ! 恋愛ってコスパが悪いんだよな• わたしはフェアではありません• 真夏の真夕ちゃん あらすじ [ ] 森若沙名子は中堅の石鹸会社「天天コーポレーション」の部員である。 経理部は新発田部長、入社15年のベテラン田倉勇太郎、入社5年の森若、広報課から異動してきた佐々木真夕の4人。 経理部は部などに比べれば地味な部署ではあるが、それでも経理にかわる様々な難題が降りかかる。 森若の好きな言葉は「イーブン」、座右の銘は「ウサギを追うな」、趣味は一人でを見ること。 20代後半ながら部長の信任も厚く、マイペースで経理の重要な仕事をきっちりこなす。 プライベートでは会社の人間とは深く付き合わない主義で、同期の鏡美月以外とは食事にも行こうとしない。 天天コーポレーションには様々な社員がいる。 犬猿の仲の営業部長と経理部長、会社の広告塔の広報部員、特殊枠に乗じる、女子社員の間の反目、悪気なく問題を起こしてしまう契約社員、高飛車に正論を唱える中途入社社員など。 経理部員は持ち込まれる領収書にある問題の芽を探り当て解決していかねばならない。 そんな中、年下の営業部員で明るくて調子のよい山田太陽が森若に惹かれてアプローチしてくるようになり、森若はペースを乱されて困惑しながらも、とうとう一緒に食事に行くことを承諾する...。 物語は、天天コーポレーションの社内の人間模様と、森若・山田の仲の進展の二つを軸にしてゆっくり進行していく。 登場人物 [ ] 森若沙名子(もりわか さなこ) 主人公。 経理部所属。 経理処理の的確さで一目置かれており、〆切直前、場合によっては直後の経費処理を依頼されることが多い。 「イーブン」がポリシー。 業務の的確さの一方で、ルールに則った経理処理を旨としている。 ルール違反の依頼に対しては、的確かつ迅速に指摘を出す。 特に営業部から煙たがられている部分もなしとは言えない。 山田太陽(やまだ たいよう) 営業部所属。 自他ともに認める営業部の次期エース。 社運を賭けた新企画パラダイスカフェを任され熱心に働いている。 業務の性質上、経費を使用する機会が多く、その精算処理で森若と接点がある。 森若は、山田を〆切にルーズな点はあるものの、ルール通りに行動しており、手続きもきちんととっていると一定の評価をしている。 希梨香に告白されるが関心を示さず、彼女はパラカフェでコラボしている曽根崎との仲を疑った。 しかし、実は太陽本人は森若に関心がある。 新発田(しばた)部長 経理部の部長。 営業部の吉村部長とは仲が悪い。 森若は、渋いと呼んでいる。 無表情な様がロボット的であるため。 なお、相方の吉村部長は、短気なである。 田倉勇太郎(たくら ゆうたろう) 経理部所属。 入社15年。 森若の頼もしい先輩。 佐々木真夕(ささき まゆ) 経理部所属。 森若の後輩。 自称、ぽんこつ。 入社時は広報部の配属だったが、実力を発揮できずに2年目に経理部に異動になった。 仕事のできる森若や皆瀬を尊敬している。 森若がプライベートに立ち入らせてくれないことを少し残念に思っている。 佐々木自身が思っているより森若の佐々木に対する評価は高く、ケアレスミスはあるもののミスを隠さずに経理部として解決する仕事の姿勢を評価している。 麻吹美華(あさぶき みか) 4巻から登場する経理部への転職新入社員。 31才で森若より3つ年上。 外資系会社からの転職だが、他にも数社を渡って来ている。 服装が黒と金が多いことと、アグレッシブな性格から「タイガー」と呼ばれる。 「フェア」がポリシー。 仕事は出来る。 鎌本義和(かまもと よしかず) 営業部所属。 山田の先輩。 性格に癖があり、一部女子社員からは煙たがられている。 鏡美月(かがみ みつき) 研究所勤務。 入浴剤開発の中心人物。 工業大学出身。 森若の同期で、会社での人付き合いが良いとは言えない森若に助言も苦言もできる数少ない人物。 本人も仕事第一のようだが、少なくとも森若に恋愛の助言ができる程度には経験はある模様。 美人で、研究のため美肌と美髪をキープしている。 最近、婚約した。 前作『風呂ソムリエ』では主人公の一人。 中島希梨香(なかじま きりか) 営業部企画課。 真夕と名前で呼び合っているので同期と思われる。 太陽のことを好きで告白もしたが相手にされなかった。 そこで、交際しているという噂を真夕経由で流していた。 しかし、それも成功しなかったので、ついに太陽のことを諦めることにした。 皆瀬織子(みなせ おりこ) 営業部広報課。 入社15年。 会社の広告塔として活躍するエリート女子社員。 使用する経費が大きいのは、さすがの吉村営業部長も気にしているようだが、皆瀬が実績を挙げているので意見できないでいる。 メディア出演時に使用する高額な衣装代(予備衣装まで計上している)が経理部で議論となり、森若は他ならぬ広報室に行って広報関係のビデオを借りてきて織子の衣装をチェックし始めた。 山崎柊一(やまざき しゅういち) 営業部販売課の現在のエース。 営業成績断然トップ。 相手のことを良く研究して、如才なく相手の懐に入っていき注文を獲得する。 しかし、実は化学専攻の技術職希望であり面接でのプレゼンを社長に評価されて営業入社した。 本人は研究所勤務を長らく希望している。 そのため、自分の仕事もさりげなく太陽に引き渡しし自分が営業部を去った時のことを考えている。 彼の不自然な日程の出張旅費申請に気づいた森若は、それとなく事情を探り始める。 曽根崎メリー(そねざき めりー) インテリアデザイナー。 空間デザイン会社「プライムプランニングS」の女社長。 ビジネスが絶好調でメディア出演も多数こなしている。 実は息子がいる。 パラカフェの内装を引き受け、社長自ら最前線で働いている。 様々な内装を視察調査する必要があるが免許を持っておらず、そのため営業の太陽に同行依頼をしている。 上記同行視察で行ったテーマパークの精算が森若の目に留まり、森若が太陽の社用車予約を辿って尾行調査を開始した。 大谷咲(おおたに さき) 研究所受付。 研究所の受付に憧れて応募してきた派遣社員。 試用期間中。 近所の弁当屋の看板娘だった。 研究所の受付で物販の金銭管理もしており、〆切が合わないことが散発して森若が呼ばれた。 森若は受付の二人にインタビューする。 誰にも悪意はないことが判ったが、金銭管理をきちんとしているとは言えないため対応に苦悩する。 横山窓花(よこやま まどか) 総務部庶務課、32歳。 コーヒーメイカー騒動の、コーヒーメイカー不要派。 小動物系。 森若に意見を求めに来て、結果的に森若はもっとも苦手とする女の派閥争いに巻き込まれていく。 玉村志保(たまむら しほ) 人事部、地方から転勤で本社に来た。 コーヒーメイカー設置派。 地味系。 有本マリナ(ありもと まりな) 総務部秘書課。 社長の愛人との噂もある派手目のお姉さま。 森若にメールしておきながら、そのメールを見ずに削除するようにパソコンに付箋を貼っていった。 森若が指示通りにメールを見ずに削除したのだが、有本の入金で問題があり、希梨香はそのメールを復元するべくパソコンに詳しい山田太陽を呼んできた。 熊井良人(くまい よしと) 製造部。 現在は静岡工場勤務で単身赴任中。 夫婦そろって田倉の高校時代のラグビー部仲間。 本人は経理処理は苦手と言っている。 熊井の仮払いが現金支給になっていることから、過去の仮払い履歴を確認した森若は、仮払いの自転車操業(新しい仮払いを起こして前の仮払いを精算)の傾向を見出して不審に思う。 室田千晶(むろた ちあき) 営業部広報課、契約社員。 本社1階ショールーム担当。 前任者は一日座っているだけだったが、千晶は自主的にショールームの季節模様替えをしたり広報課で評判が良い。 そのため、正社員の真夕の代わりに織子の手伝いをするなど活躍している。 正社員登用の機会を狙っているが、そのために模様替えの小物や、ロッカールームの土産品など自腹を切っているのではないかと森若は疑問を感じる。 馬垣和雄(まがき かずお) 営業部企画課。 ガッチリした体格でスーツの似合う中堅社員。 一見、仕事ができそうに見えるが、実は責任を持たされることに極度に弱い逃げる男。 本社営業部にて問題を起こし、製造部の静岡工場に異動。 また戻ってきた。 希梨香のプロジェクトのアシスタントを任されたが、外注の仕上がりを勝手にOKし、それがばれると追加費用を二重支払いで処理しようとする。 そこから問題が大きくなっていく。 平松由香利(ひらまつ ゆかり) 総務部。 森若は平松が変更したマナー講座の依頼業者が、変更前の業者より評判が悪いこと、それにも関わらず平松がその会社にリース案件を発注しようとしていることに不審感を抱く。 漫画 [ ]• テレビドラマ [ ] これは経費で落ちません! ジャンル 原作 脚本 藤平久子 蛭田直美 演出 松永洋一 本多繁勝 出演者 () 音楽 エンディング 「どうしますか、あなたなら」 国・地域 言語 製作 制作統括 管原浩 坂下哲也 プロデューサー 難波利昭 戸谷志帆梨 岡宅真由美 製作 放送 放送チャンネル 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 22:00 - 22:49 放送枠 放送分 49分 回数 10 特記事項: にてからまで水曜19:00 - 19:50に先行放送 「」にてからまで放送された。 主演は。 また、にてからまで水曜日の19時から19時50分に先行放送された。 第7話は、年始の再放送が地震情報のため中断したため、2020年1月18日(土)午前2時40分から3時29分(17日深夜)の日時で改めて再放送された。 なお、2020年1月16日に「NHKドラマ」のツイッターで、第7話の再放送のお知らせがされた。 キャスト [ ] 天天コーポレーション [ ] 経理部• 森若沙名子 -• 佐々木真夕 -• 田倉勇太郎 -• 新発田英輝 -• 麻吹美華 - 営業部• 山田太陽 -• 山崎柊一 -• 中島希梨香 -• 吉村晃広 -• 鎌本義和 -• 澤井博之 -• 奥田 -• 溝口彩香 -• 高岡奈央子 -• 下村純子 -• 森本拓馬 - 営業部広報課• 皆瀬織子 -• 室田千晶 -• 野瀬泰 - 総務部• 新島宗一郎 -• 横山窓花 -• 石川有希 -• 吉田緑 -• 上野圭子 -• 後藤道行 -• 谷川翔太 - その他部署• 鏡美月(研究開発室) -• 有本マリナ(総務部秘書課) -• 円城格馬(専務取締役) - ゲスト [ ] 複数回登場の場合は括弧()内に表記。 第1話• 曽根崎ミレイ(プラネットプランニング 空間デザイナー) -• 曽根崎由美(ミレイの娘) -• - (声) 第2話• 皆瀬知也(織子の夫) - (第1話 ・第8話)• 秦野(森若に取材した男性) -• ベリッシモ(イタリア人シェフ) -• こすず(知也と関わっているモデル) -• マシン滝田(織子と一緒に出ているテレビショッピングMC) - 第3話• 馬垣和雄(営業部) -• 森若が見ていたドラマのヒロイン -• 篠崎社長(ショールーム会社社長) -• 平松由香利(総務部) - (第4話) 第4話• 三並愛美(セミナー講師) -• 熊井良人(製造部静岡工場社員) - (第5話) 第5話• 熊井知歌(熊井の妻) -• 熊井理実(熊井の娘) -• 熊井の息子 -• 尾田(製造部静岡工場社員) -• 浜山社長(熊井と取引のある会社社長) - 第7話• 留田辰彦(製造部仙台工場社員、石鹸マイスター) - (40年前: )• 藤見アイ(製造部仙台工場社員、留田の後継者) -• 住谷光男(製造部仙台工場工場長) -• 荒井樹菜(太陽の元カノ) - (第8話)• 木島(製造部仙台工場元社員、留田の師匠) -• 留田の妻 - 第8話• アレッサンドロ(ヴィジュアル系バンド・CAROLINEメンバー) - 第9話• リー(麻吹の知人) -• 土井健介(サンライフコスメ執行役員) - (最終話)• 上野(企業買収コンサルタント) - スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 - 、藤平久子、蛭田直美• 音楽 -• 主題歌 - 「どうしますか、あなたなら」• 制作統括 - 管原浩()、坂下哲也()• プロデューサー - 難波利昭、戸谷志帆梨、岡宅真由美• 演出 - 、松永洋一、本田繁勝• 制作・著作 - NHK、AX-ON 放送日程 [ ] 放送回 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 演出 総合 BS4K 第1話 7月26日 7月24日 経理部の森若さんの巻 経理女子が領収書に隠れたワケに迫る! 渡辺千穂 中島悟 第2話 8月 02日 7月31日 落とす女、落とせない女の巻 広告塔の浪費に堅物女子が一念発起!? 第3話 8月 09日 8月 07日 逃げる男の巻 逃げる男に要注意 藤平久子 第4話 8月16日 8月14日 女の明日とコーヒー戦争の巻 発注先は意識高い系講師!? 渡辺千穂 松永洋一 第5話 8月23日 8月21日 流された男の巻 経理部員が不正?! 先輩の謎 藤平久子 第6話 8月30日 8月28日 うさぎとタイガーの巻 新人と秘書バトル 蛭田直美 中島悟 第7話 9月 06日 9月 04日 石けんの秘密とキスの巻 石けん職人の秘密とキスの巻 本多繁勝 第8話 9月13日 9月11日 嘘つきとノベルティの巻 専務登場! どうなるノベルティバッグ!? 中島悟 第9話 9月20日 9月18日 水曜日の領収書の巻 部長たちの空接待? 水曜の領収書を追え 渡辺千穂 松永洋一 最終話 9月27日 9月25日 どうしますか、森若さんの巻 最終話!! どうする森若さん 中島悟 前番組 番組名 次番組• ニュース. 2019年6月6日. 2019年6月23日閲覧。 2018年12月9日. 2019年6月23日閲覧。 ・編集部 波津恒一郎 2019年6月29日. ほんのひきだし. 2019年7月3日閲覧。 ナターシャ. 2017年11月25日. 2019年6月23日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年5月29日. 2019年6月23日閲覧。 2019年5月30日. 2019年8月14日閲覧。 ナターシャ. 2018年11月22日. 2019年6月23日閲覧。 会見動画. 2019年7月5日. 2019年7月6日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月23日. 2019年8月23日閲覧。 2019年8月14日. 2019年8月16日閲覧。 NHKドラマ. スタッフブログ. 2019年7月26日. 2019年7月31日閲覧。 MANTAN. 2019年8月2日. 2019年8月3日閲覧。 ナターシャ. 2019年7月1日. 2019年7月3日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 外部リンク [ ]• - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の