頬 ニキビ 治し方。 ニキビの治し方で簡単なものは?おでこや頬や鼻は?薬や食べ物も!

赤ニキビの原因と治し方!炎症を抑えて絶対ニキビ跡にしないこと

頬 ニキビ 治し方

顔・体の場所ごとのニキビの治し方 2019. 10 shin 顎にできるニキビの原因と治し方 10代のころよりも20代、30代になって気になるのが 「あごニキビ」です。 実際私が若いころはや頬がほとんどでしたから気になりませんでした。 しかしもうすぐ30歳を迎える最近、朝起きるとポツンと顎にニキビができていることが多くなりました。 一体あごにきびはどこからやってくるのか、そしてどうやったら治せるのか。 人によってはフェイスライン全体にニキビが広がっていくので、一日も早く治すべきです。 今回はそんな あごニキビの治し方を紹介していきます。 まずは原因を知るとこから始めましょう。 あごニキビの原因 まずニキビの直接的な原因はアクネ菌ですが、問題はアクネ菌だけではありません。 アクネ菌が増殖してしまう肌の環境がもっとも良くないのです。 特にあごニキビの場合、以下の3つの要因で肌の環境が悪化することがわかっています。 あごニキビの主な原因• ストレス• ホルモンバランスの乱れ• 枕の汚れ 1.ストレス は目に見えないものですが、人体に大きな影響を与えます。 ストレスは自律神経系の交感神経を活発化させ、人は緊張状態になります。 ストレスに抵抗するためのホルモンが分泌されますが、その一方で 肌の健康に必要なホルモンの分泌が抑制されるのです。 2.ホルモンバランスの乱れ そして意外と気づきにくいのがホルモンバランスの乱れです。 先ほどもホルモンの話がでましたが、今回は「男性ホルモン」と「女性ホルモン」のバランスです。 そもそもあごニキビは「ひげ」が生える部位ということはおわかりでしょう。 の場合はある程度仕方ありませんが、の場合は特に気を付けてほしいポイントです。 女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位に立ち、肌の皮脂分泌が活発になってしまうことがあります。 そして髭が生える部位である顎の毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が増殖してしまいます。 3.枕の汚れ 枕には 汗やヨダレ、髪の毛や埃などがこもっていて、とても不潔です。 の原因と同じく、顎も枕に付着した汚れや雑菌が原因となるケースがあります。 特に夏場にできるのは、汗がしみ込んだ枕の中で雑菌が繁殖して、顎にもぶわーっとついてしまうパターンが多いです。 あごニキビの治し方 このような原因を踏まえると、あごニキビの適切な治し方が見えてきます。 あごのニキビを治し方は以下の5つが基本です。 あごのニキビを治し方• 定期的にストレスを適宜発散する。 生活リズム 朝起きて、夜寝ること を崩さない。 定期的に運動をする。 バランスのとれた食事をとる。 肌を清潔に保つ。 1.定期的にストレスを適宜発散する。 ストレス発散は意識して行うものと、日常生活上必然的におこなうものもあります。 例えば読書や運動、趣味などでストレスを発散する人もいます。 これは意識的な行為です。 一方で、美味しいご飯を食べたり、入浴したり、快適な睡眠をとることでストレスを発散することができます。 これは日常的な行為なので、難しいことではありません。 2.生活リズム 朝起きて、夜寝ること を崩さない。 個人的な体感としては、夜更かしをした翌日にあごニキビができやすいと思います。 これは皆さんも経験あるのではないでしょうか。 特にこの生活リズムとストレスでが正常化するかどうか決まるので気を付けましょう。 また私たちの肌は夜10時から深夜2時にかけて細胞の再生活動が最も活発化します。 「お肌のゴールデンタイム」という言い方もあります。 とにかく、この時間帯に寝ることを心がけることが大事です。 3.定期的に運動をする。 定期的に運動するのは、ストレス発散だけでなく、 血流を良くする意味があります。 頭皮から足の先まで、体のあらゆる場所には血が流れています。 この血によって、髪の毛、肌、爪など私たちの体の表面を構成する栄養素が送られます。 だから血の巡りを良くすることは、結果的に肌の状態をきれいにすることにつながります。 4.バランスのとれた食事をとる。 もファストフードばっかりだと、できやすい気がします。 これは学生時代の記憶ですが…3日くらいマクドナルド食べていたら、あごニキビがたくさんできた気がします。 真面目に言っても、 皮膚を構成するのはたんぱく質で、きれいな肌を保つにはビタミンが必要です。 逆に脂質が多い食べ物ばかりだと、毛穴から皮脂が余計に分泌されます。 好きなものを食べるのは精神的には良いですが、栄養バランスを考えた食事を取ることが一番大事です。 5.肌を清潔に保つ。 そして肌を清潔に保つこと。 これは 今あるニキビを「治す」ことと、「予防」も兼ねています。 特に肌を清潔にし、毛穴に皮脂汚れが貯まらないようにするためにも、毎日のニキビケアは非常に大事です。 薬用洗顔料を使って毛穴を綺麗にして、アクネ菌が増えないようにします。 また、薬用化粧水や美容液で肌に潤いとニキビ有用成分を与えます。 そして最後に保湿液(ジェル)で効果を持続させます。 この 一連のスキンケアは手間はかかりますが、確実にあごのニキビを改善してくれます。 手軽にケアするならパルクレールジェルがおすすめ 毎日、継続してニキビケアを行えば、広がっていた毛穴も小さくなり、結果的に汚れが詰まりにくい状態を保つことができています。 ニキビのできにくい肌になり、「予防」にもなります。 最近私が顎ニキビケア・予防で気に入っているのがパルクレールジェルです。 これはニキビ予防や肌荒れ対策や肌を清浄にする効果があるオールインワンジェルです。 化粧水・美容液・乳液・クリームなどの役割も兼ねているので忙しい時のスキンケアに大変重宝しています。 これなかなか面白いテクスチャーで、まるでゼリーのような感じです(笑)写真は見やすいように大量に取りましたが、実際にはもっと少量でよく伸びます。 乾燥しやすいフェイスラインにスーッと塗り込めばしっかりと浸透してくれます。 基本的には洗顔後にジェルをつければOKなのですが、 あらかじめ肌に化粧水をつけてからジェルを使ったほうがより効果的に保湿効果を得ることができます。 特に肌が乾燥しやすい人におすすめですね。 それではみなさん!気合を入れてあごニキビを治しましょう!•

次の

赤ニキビの原因と治し方!炎症を抑えて絶対ニキビ跡にしないこと

頬 ニキビ 治し方

ニキビが出来る原因は? ニキビを治すためには、 『そもそもなぜニキビが出来るのか?』という原因を知らなければなりません。 では、ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか? 簡単にですが、ニキビができる原因を流れに沿ってご紹介します。 ニキビができる原因1 皮脂が多すぎる ニキビが生まれる一番の原因は 『皮脂』が多すぎることです。 皮脂というのは皮膚を守るための油のようなものなのですが、これが増えすぎると毛穴に詰まってしまいます。 ニキビができる原因2 アクネ菌が増殖 ニキビは アクネ菌という菌が増殖することで生まれます。 そしてこのアクネ菌は、さきほど紹介した皮脂をエサとしているため、 皮脂が増えすぎるとアクネ菌が増殖してしまいます。 ニキビができる原因3 炎症が起きる アクネ菌が毛穴のなかで増えすぎると、 『炎症』を起こしてしまいます。 これがニキビです。 最初は小さな膨らみにすぎないものが、どんどん大きくなっていき、あとで紹介する 『黒ニキビ』や 『膿ニキビ』といったものにまで成長してしまうのです。 どうして皮脂が増えるの? 皮脂は、本来は肌の水分を保つための大切なものです。 しかし、様々な原因によって皮脂が過剰分泌されてしまい、ニキビの原因となってしまいます。 『皮脂が増える原因』 〇思春期によるホルモンバランスの乱れ。 〇ストレス。 〇不規則な生活による新陳代謝の低下。 〇お菓子や油ものの食べ過ぎ。 中学生や高校生になるとニキビが出来やすいのは、ホルモンバランスの崩れが原因です。 皮脂の分泌をうながすホルモンが増えてしまうため、顔中にニキビができてしまったりするのです。 また、 ストレスも大きな原因です。 人間はストレスを受けると肌が荒れやすくなり、ニキビができやすくなります。 また、睡眠時間が短い、ぐっすり眠れていない、寝る時間がバラバラ…などの不規則な生活をしていると、体を正常に保つ新陳代謝が低下してしまい、肌荒れやニキビの原因になります。 特に睡眠不足はいっきに肌を荒れさせてしまうので、ニキビもできやすいです。 そして、 食べ物も重要です。 お菓子やスナック菓子、油の多い食べ物などは、皮脂を増やしアクネ菌を増殖させてしまいます。 『お菓子を食べ過ぎるとニキビが増える』というのは昔から言われていたことですが、それはお菓子に含まれる『糖分』が原因なのです。 『ニキビの種類』 〇白ニキビ うっすらと皮膚が膨れているだけの状態。 毛穴に皮脂がたまってしまい、盛り上がっている状態です。 白ニキビがやや悪化した状態。 毛穴のなかにポツポツと黒い点が見えるようになります。 汚れが溜まりすぎて毛穴が開き、なかの皮脂が空気に触れて酸化し黒くなってしまった状態です。 このあたりからニキビが目立つようになってきます。 赤く膨れ上がった状態。 私たちが通常イメージするニキビの状態です。 炎症が進み、赤く腫れてしまった状態です。 毛穴のなかでアクネ菌んなどの雑菌が増殖してしまい、炎症がさらにひどくなってしまった状態です。 (黄ニキビ) もっとも悪化した状態です。 ニキビの原因である菌を退治するために白血球が戦い、その死骸がニキビ内にたまったものが膿(うみ)として見えている状態です。 赤いニキビのなかにぷくっと黄色っぽい膿がある状態で、潰すともちろん、膿が出てきます。 ニキビは絶対に潰しちゃダメ! ニキビ跡の原因になるかも… 赤ニキビや膿ニキビなどを見るとついつい潰したくなってしまいますが、 絶対にいけません。 なぜなら、ニキビを潰すと手の雑菌やニキビ周辺の雑菌が入ってしまい、さらに悪化してしまうことがあるからです。 さらに困ったことに、黄ニキビを潰すと 『ニキビ跡』が残ってしまう可能性さえあります。 色素が沈着して肌が汚くなってしまったり、クレーターのようにデコボコの顔になってしまう危険性さえあります。 黄ニキビを潰すと膿が出るので 『治った!』という気持ちになってしまいがちですが、実は非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。 また、黄色ニキビというのはニキビの末期ではあるものの、裏を返せば白血球がニキビ菌と戦っている証拠だという見方もできます。 ですので、ほうっておけば近いうちに治ってしまうことの方が多いです。 どうしても潰したい場合は、皮膚科にいって先生に潰してもらいましょう。 皮膚科の先生ならば 『潰した方がいいニキビ』と 『潰しちゃいけないニキビ』が分かっているので、ニキビ跡ができる心配もありません。 『ニキビ洗顔の方法』 1、洗顔する前に手をしっかり洗う。 2、洗顔料を使う前に、ぬるま湯で軽く顔全体をすすぐ。 3、洗顔料を使い、おでこから鼻にかけての『Tゾーン』をしっかりと洗う。 4、頬や顎などを軽く洗う。 5、ぬるま湯でしっかりと洗顔料を落とす。 6、清潔なタオルで、優しく拭き取る。 ゴシゴシ洗うと皮膚が荒れるのでNG。 これだけです。 決してやりすぎず、毎日コツコツと継続していくことが大事ですし、その方が結局効果も高まります。 特に気をつけたいのが、 洗顔後のタオルです。 実は、タオルには雑菌がものすごくたくさんついています。 特にバスタオルには、恐ろしいほどの雑菌がくっついていますので、間違っても使用済みのバスタオルでゴシゴシ顔を拭いたりしないようにしましょう。 特にバスタオルを2日、3日も洗わずに使っているような家庭は要注意です。 なるべくこまめに洗濯するか、顔だけ別のフェイスタオルで拭くようにしましょう。 お菓子、油っぽいものは食べない さきほども紹介したように、お菓子やスナック菓子など、糖分や油分が多く入っている食べ物はニキビの原因となってしまいますので、なるべく食べないようにしましょう。 代わりに、野菜をたくさん食べるようにすると皮膚の雑菌の増殖を防ぎ、サラサラのお肌になりますのでオススメです。 特にキャベツをよく食べるとお肌がスベスベになりますので、試してみてください。 もちろん、お肉の食べ過ぎも肌が油っぽくなってしまうので、気をつけましょう。 睡眠をしっかりと取る 睡眠は肌をキレイにするのには非常に大事です。 寝不足になると、肌だけでなく髪などもガサガサになってしまいます。 しっかりと毎日7~8時間は寝るようにしましょう。 睡眠不足で肌をキレイに保つことは絶対にできません。 枕カバーを清潔に ニキビを防ぐためには、 枕カバーにも気をつけたいところです。 枕カバーは夜の間ずっと顔に触れるものですので、ここが汚れていると顔中に雑菌がついてしまいます。 ついつい洗濯を忘れてしまいがちな枕カバーですが、ニキビを治したいならば2日に1回は洗濯しておきましょう。 それが面倒な場合は、予備の枕カバーを購入しておいて、2日おきくらいに取り替えるようにして、週末などにまとめて洗濯するとラクです。 おでこや頬や鼻のニキビの治し方は? おでこや頬、鼻など、ニキビはいろいろな場所にできますが、 治し方は基本的に同じです。 ぬるま湯でしっかり洗い、洗顔料などで優しく洗いましょう。 ちなみに、おでこや鼻の 『Tゾーン』は皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすいです。 しかし、だからといってゴシゴシと強く洗いすぎるのは良くありません。 肌荒れの原因になってしまいます。 また、むやみに手で触れたりするのも危険です。 雑菌が入ると逆にニキビが増えてしまいます。 ニキビを治すためにも、雑菌のついた手でむやみに顔に触れないようにしましょう。 ニキビに効く薬は? ニキビに効く薬はいろいろありますが、オススメはCMでおなじみに 『ビフナイト』です。 ネットでも評判の治療薬ですので、ぜひ試してみてください。 ニキビに効く食べ物は? ニキビに効く食べ物は、特にありません。 それよりも、 『ニキビの原因になる食べ物』を食べないようにすることが大切です。 ニキビの原因になる食べ物は何度も紹介した通り、『糖分・油分の多い食べ物』です。 お菓子、ジュース、スナック菓子などなど、いわゆる 『楽しみのために食べるもの』は体にも悪いですし、ニキビの原因にもなってしまいます。 これらをやめて、なるべく自然に状態に近い料理や野菜を多く使った料理を食べるようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 『ニキビの治し方』 をご紹介しました。 ニキビができると、ついつい潰してしまう人がいますが、絶対にやめましょう。 それよりも、しっかりとニキビの原因を理解して、確実に治していきましょう。

次の

右頬にできるニキビの原因と治し方について!

頬 ニキビ 治し方

粉瘤(アテローム・表皮のう腫)とは、皮膚の下に袋ができて、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。 皮膚から半球状にポコッと盛り上がった形で発症します。 老若男女問わず、誰でも・体のどこにでもできます。 実は粉瘤の発生理由は、いまだに判明していません。 大きさ ニキビの大きさは、どんなに炎症が悪化しても数ミリ程度です。 一方、粉瘤はどんどん大きくなって数センチ・数十センチにおよぶこともあります。 真ん中あたりに黒い点があるかどうか 粉瘤の表面をよく観察してみると、真ん中のあたりに「開口部」と呼ばれる小さな黒い点が見られます。 ニキビには、このような黒い点はありません。 開口部が見つけにくい場合もありますが、この有無が粉瘤とニキビを見分ける手掛かりのひとつになります。 ただし 中心あたりに黒い点が見える黒ニキビとは、なかなか見分けがつかないこともあります。 臭いにおいがするかどうか 粉瘤とニキビを見分けたいとき、「におい」を確認するのも良いでしょう。 粉瘤は、袋の中にたまった老廃物が悪臭を放つことで知られています。 ニキビは、基本的に悪臭はしません。 年代や部位 ニキビは10代~30代の顔面・上背部・前胸部などの脂漏部位によく見られます。 それ以外の年代で、または部位にできたものは、粉瘤の可能性が考えられるかもしれません。 感染していれば切開などをして中の膿を取り出したり、腫瘍自体を袋ごと切除する手術が必要なので、病院での治療が必須となります。 あまりにも大きなニキビができてしまった場合は粉瘤の可能性も考慮して、皮膚科で診断をしてもらうと安心でしょう。 以下のポイントに気をつけてみてください。 肌の乾燥が気になる方は、しっかりと保湿をしてください。 また、厚化粧や長時間の化粧もニキビにはよくありません。 毛穴のつまりや汚れの付着が原因で、ニキビができやすい肌環境を作ってしまいます。 ニキビを気にしすぎて、1日に何回も洗顔をするのは控えましょう。 洗顔料を使った洗顔は1日2回に抑えるように。 しかし、これらビタミンのニキビに対する有効性を確立するための臨床試験は行われていないため、ビタミン薬内服を推奨する十分な根拠はありません。 一番大切なのは、極端な偏食は避けてバランスの良い食事をすること。 日頃の栄養不足や栄養の偏りをサポートする役割として、ビタミン剤を取り入れてみると良いでしょう。 ストレスの少ない規則正しい生活をおすすめします。 また、ニキビを潰したり触ったりしていると、炎症が悪化しやすくなります。 つい気になってしまうかもしれませんが、ニキビには触れないようにしましょう。 髪の毛がニキビにあたって刺激にならないような髪型にするのも大切です。

次の