アルファ ポリス 恋愛 小説。 恋愛 恋愛小説一覧

恋愛小説一覧

アルファ ポリス 恋愛 小説

Sランクパーティで活躍していた【サモナー】のルビン。 豊富な知識と経験をもってリーダーの【双剣士】エリックを支えていたはずなのだが……。 ある日、仲間に勧められ【テイマー】に転職することに。 しかし、怠惰な転職の女神によって誤字入力によって【テイマー】から【タイマー】へと間違って転職してしまう。 その日よりルビンの生活は一変。 聞いたこともない職業に転職したルビンは、あっと言う間に「お荷物」「足手まとい」のゴミ扱い。 そして、とうとうルビンは追放され、ダンジョンの奥地で見捨てれてしまった。 だが、ルビンをパーティから追放したのは決定的なミスだった。 モンスターの囮にされたあげく、追放されたルビン。 しかし、彼の才能と【タイマー】の性能が芽吹き、ルビンは最強の冒険者として成り上がり始める! これは、 騙され、蔑まれてきた【サモナー】の青年が、新しい力に目覚めてやり直す物語 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」 聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。 王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。 セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。 無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。 セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。 ふとハルクは提案してくる。 「なあ、どうせ戻る場所もないし、俺たち二人でパーティを組まないか?」 「賛成です!」 こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。 この時の彼らはすっかり忘れていた。 その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。 理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録等いつもありがとうございます。 とても励みになります! もしよかったら感想もぜひお願いします。 泣いて喜んで続きを書きます。 11お陰様でHOTランキングに載ることができました。 まさか一日で載るとは……す、ストックが……! 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 「ウィズ・オーリア! 貴様を退学処分とする!」 平民の魔導士ウィズ・オーリアはある日突然、学院長の言いがかりによって魔導学院を退学させられてしまう。 この世界では魔導士=貴族。 他の魔導士にしてみれば、ただの平民が貴族と同じ扱いを受けているのが気に入らなかったのだ。 冒険者となったウィズは、世界に四人しかいない『大魔導士』に鍛えられた規格外の実力を発揮し、次々と依頼をこなしていく。 すべては手柄を立て、名声を得て、魔導士の最高位である『賢者』の称号を手に入れるため。 これは平民だからと冷遇されていた天才魔導士が、冒険者になって無双する物語。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 7お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! 剣と魔法の異世界ファンタジーな世界に、侯爵家の子として転生した主人公ルークエイン。 彼が授かったのは錬金術ではなく、『錬金BOX』。 英語が存在しないこの世界で『BOX』は誰にも読めず。 転生者である彼にだけは分かった。 そして発音も出来た。 『錬金BOX』=箱に入れた物を自由に錬成できるその箱で、彼は侯爵家を抜け出し成り上がることを夢見る。 奴隷船に乗せられたルークエインは幸運?にも船が沈没して、もうひとりの奴隷少女と共に脱出に成功。 二人は無人島へと上陸し、ルークエインは『錬金BOX』を駆使して、無人島生活を快適なものへと変えていった。 もふもふのモンスターを仲間にし、ダンジョンを復活させ、エリクサーを錬成して姫とドラゴンの子を助ける。 *ざまぁまで遠いです。 その理由は確かに、ユベールにも非はあったかもしれないが。 それは彼の本当の姿を知らないから、そう言えるだけだった。 『魔法が使えない』そんな事は、ユベールの才能の前ではどうでも良かった。 元婚約者のシャルリーヌは、王太子ジュリアンを引き連れていた。 王太子ジュリアンからの過酷な暴行を受け危うく死にかける。 しかしジュリアンとシャルリーヌは知らなかった。 ユベールの本当の姿を……。 およそ主人公らしからぬ、ドSです。 ざまあをする為のざまあをする少年です。 彼に目を付けられたら、その時点でほとんど終わりです。 『うっかり聖女』とは異なり、最初からざまあが展開しますがそのしつこさは健在です。 実にしつこく、実に悲惨なざまあで苦しめます。 残酷&えっちな表現があります。 但し、"えっち"であって"エロ"ではないです。 色々な意味でチートです。 その一員であるロッテは薬師として長くメンバーたちを支えてきた。 しかし……。 「もう限界だ、高すぎるんだよ……君の薬は」 「四六時中、すりこぎをゴリゴリ、ゴリゴリ……いい加減にしろ」 「あ、貴方たちがいつも無茶ばかりするから、頑張って作ってるんでしょうが!」 討論の末、コスパの悪い薬師の替わりに、回復魔法のエキスパートである聖女を仲間にすると言われ、彼女はパーティを追放されてしまう。 ロッテの身を案じて一緒についてきた魔剣士の青年と共に、心機一転、新しい街へ向かうことを決意。 幸か不幸か、最前線の中で培われた膨大な経験と技術は無駄ではなかった。 徐々にその腕は街の住人にも認められ、果ては王族直々に専属医として誘いを受ける程の薬師となる。 遅咲きながらもロッテは今、大きく世界へと羽ばたく。 レイラは生まれた時から強力な魔力を持っていたため、キアーラ王国の大神殿で大司教に聖女として育てられ、毎日祈りを捧げてきた。 その力の大きさから王太子との婚約が決まっていたが、彼は身元不明のレイラとは結婚できないと婚約破棄した。 そのうえ、彼の恋人の公爵令嬢に無礼な態度をとったということでレイラを国外追放する。 美味しいものを食べたり、可愛い服を着たり、冒険者として仕事をしたりと、外での自由な生活を満喫する。 レイラが街の人たちが仲良くなっていく中、一方のキアーラ王国ではレイラがいなくなったことにより魔物がたくさん出るようになってしまう。 大司教は王子を聖女追放の罪で逆に追放し、国の実権を手に入れるとレイラの回収に動き出した。 レイラと仲間は大司教の企みを阻止できるのか。。。 (複数視点多めです) ごく普通のサラリーマン、リュウは仕事帰りに夕飯を食べようと店を探して歩いていた。 そして偶然見つけた中華そばの屋台で食べることを決め、暖簾をくぐる。 しかし、そこには食べ物はおろか人すらいない。 仕方なく別の店へ行こうと外へ出ると……目の前には鬱蒼とした森が広がっていた! 異世界へと飛ばされたことを知ったリュウはスキル「屋台」という謎のスキルを手に入れる。 無双するような戦闘系スキルではないことにがっかりしたリュウだったが、実は「食べ物」を生み出すとんでもないチートスキルだった!! リュウは商人になる道を選び、様々な人と触れ合い、仲間と共に商会を経営しながら異世界をのんびり生きていく。 そんなほのぼの系商人ハイファンタジーです! R15は保険です。 現在毎日投稿中!「小説家になろう」でも投稿しております。 6月9日HOTランキングで1位になりました! 6月10日ファンタジー・SFランキングでも24h. ポイント順で1位になりました! ありがとうございます! 誰もがパートナーの精霊を持つウィスティリア王国。 そこでは精霊によって人生が決まり、また身分の高いものほど強い精霊を宿すといわれている。 しかし第二王子シグは最弱の精霊を宿して生まれたために王家を追放されてしまう。 身分を剥奪されたシグは冒険者になり、剣一本で魔物を倒して生計を立てるようになる。 しかしそこでも精霊の弱さから見下された。 ひどい時は他の冒険者に襲われこともあった。 姿は美しい白髪の少女に。 伝説の大精霊となり、『天候にまつわる全属性使用可』という規格外の能力を得たクゥは、「今まで育ててくれた恩返しがしたい!」と懐きまくってくる。 最強の相棒を手に入れたシグは、今まで自分を見下してきた人間たちを見返すことを決意するのだった。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 8お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! VRMMORPGが普及した世界。 念のため申し上げますが戦闘も生産もあります。 戦闘は生々しい表現も含みます。 のんびりする時もあるし、えぐい戦闘もあります。 また一話一話が3000文字ぐらいの日記帳ぐらいの分量であり 一人の冒険者の一日の活動記録を覗く、ぐらいの感覚が お好みではない場合は読まれないほうがよろしいと思われます。 また、このお話の舞台となっているVRMMOはクリアする事や 無双する事が目的ではなく、冒険し生きていくもう1つの人生が テーマとなっているVRMMOですので、極端に戦闘続きという 事もございません。 また、転生物やデスゲームなどに変化することもございませんので、そのようなお話がお好みの方は読まれないほうが良いと思われます。 2014年5月24日にて、総合PV1億を達成させていただきました。 この場を借りて深く御礼申し上げます。 書籍化に伴い、序盤をダイジェストに差し替えております。 魔法適正『植物』という微妙でハズレな魔法属性で将軍一家に相応しくないとされ、両親から見放されてしまう。 そして、優秀な将軍の兄、将来を期待された魔法師の妹と比較され、将来を誓い合った幼馴染は兄の婚約者になってしまい……アシュトはもう家にいることができず、十八歳で未開の大地オーベルシュタインの領主になる。 一人、森で暮らそうとするアシュトの元に、希少な種族たちが次々と集まり、やがて大きな村となり……ハズレ属性と思われた『植物』魔法は、未開の地での生活には欠かせない魔法だった! これは、植物魔法師アシュトが、未開の地オーベルシュタインで仲間たちと共に過ごすスローライフ物語。 女子高生、美咲瑠璃(みさきるり)は、気が付くと泉の前に佇んでいた。 あれ? 朝学校に行こうって玄関を出たはずなのに・・・。 現れた女神は言う。 「あなたは、異世界に飛んできました」 え? 帰してください。 私、勇者とか聖女とか興味ないですから・・・。 帰還の方法がないことを知り、女神に願う。 分かりました。 私はこの世界で生きていきます。 でも、戦いたくないからチカラとかいらない。 『どうせなら便利に楽させて!』 実はチートな自称普通の少女が、周りを幸せに、いや、巻き込みながら成長していく冒険ストーリー。 「あなたのお役に立てましたか?」 「うん、そうだね。 神童とよばれた若き公爵ヨシュア。 どこから仕入れて来た知識なのかは不明だが、彼の天啓ともいえる知識によって公国はたった15年で崖っぷちから豊かな国へと発展を遂げた。 23歳になった彼は誰からも尊敬され慕われる公爵で、ルーデル公国の繁栄は彼の元今後も続くと思われていた。 ところが、聖女によってクーデターを起こされ、ヨシュアは辺境の地へ追放されてしまう。 しかし、何故か彼は嬉々として辺境へ向かう。 彼は心の中でずっと考えていた。 「社畜として過労死して、この世界でも過労死するなんて嫌だ。 俺は悠々自適の隠居生活を送るのだ」 ヨシュアには日本で暮らした前世があった。 彼の謎の知識はそこからきていたのだった。 辺境の地には領民もおらず、ヨシュアの屋敷だけがポツンとある状態だったが、彼を慕うものが続々と集まり衣食住を確保する必要に迫られる。 うまれながらに持つ「植物鑑定」の能力と、現代知識、公国にいた時の内政経験の全てを投入し、とっとと辺境を発展させ一刻も早く惰眠を貪ることを誓うヨシュアであった。 少しだけなろうの方が先行しております。 山奥出身の青年フィンは大手冒険者ギルド事務員だったが、無能な上司と同僚に「この役立たずめ!」と追放されてしまう。 フィンは自分の力不足を嘆きつつ、生活のために廃業寸前の弱小ギルドに再就職。 しかし元職場の誰も知らなかった。 実はフィンが魔神に育てられた《天帝級》の支援魔術師で、元ギルドを密かに繁盛させていたことを。 その有能さを知る高ランク冒険者は、彼の元に集い始める。 「うちは弱小なので初級クエストしか発注できませんよ?」と言いながらも受け入れ、口コミで顧客はどんどん増えて栄えていく。 これは世話焼きな青年が、訳あり冒険者や困っているお姫様、貴族を助けて認められ、規格外の支援魔術でギルドを運営。 一方で追放した無能な大手ギルドは衰退していく物語である 魔剣士アルヴィンは、ダンジョンでモンスターとの戦闘中に日本のサラリーマンだった前世の記憶を思い出す。 社畜として辛い社会人生活を送っていたが、現在の救世主パーティーでも似たような立ち位置だったことに気づき、難癖をつけられて追放されたのをきっかけに、異世界社畜生活からおさらばして自由に生きようと決意する。 一方、救世主パーティーはアルヴィンがいなくなって清々したと高笑い。 新たなメンバーを加えて魔王討伐へ旅立った。 魔物の討伐がうまくいっていたのは、アルヴィンが仕入れた確かな情報や装備があるからこそ可能だったことを。 さらに、旅先で訪れた各都市の冒険者ギルド、商会、宿屋、武器・アイテム屋などなど、さまざまな場所で知らず知らずのうちに前世で培った《営業》スキルを駆使して交渉を続けていたアルヴィンが、本人も気づかぬうちにとんでもないコネクションを築き上げていたことを。 そして、好き放題していた救世主パーティーには、徐々にそのツケが迫っていることを……。 一緒に異世界に召喚された従妹は魔力が高く、私は魔力がゼロだそうだ。 「私は聖女になるかも、姉さんバイバイ」とイケメンを侍らせた従妹に手を振られ、私は王都を追放された。 魔力はないけれど、霊感は日本にいたころから強かったんだよね。 そのおかげで「英霊」だとか「精霊」だとかに盲愛されています。 今更、魔力ゼロの人間にしか作れない特級魔力回復薬が欲しいとか言われてもね、こちらはあなたたちから何も欲しいわけじゃないのですけど。 重複投稿ですが、改稿してます テンプレのごとく勇者召喚に巻き込まれたアラフォーサラリーマン入間 巧。 何の因果か、女神様に勇者とは別口で異世界へと送られる事になる。 女神様の過保護なサポートで若返り、外見も日本人とはかけ離れたイケメンとなって異世界へと降り立つ。 けれど男の希望は生産職を営みながらのスローライフ。 それを許さない女神特性の身体と能力。 はたして巧は異世界で平穏な生活を送れるのか。 ************** 本編終了しました。 只今、暇つぶしに蛇足をツラツラ書き殴っています。 お暇でしたらどうぞ。 書籍版一巻〜七巻発売中です。 コミック版一巻〜二巻発売中です。 よろしくお願いします。 ************** 大学生の俺、一ノ瀬陽翔(いちのせ はると)が転生したのは、小さな王国グレスハートの末っ子王子、フィル・グレスハートだった。 第1巻 2017年 4月。 第2巻 2017年 9月。 第3巻 2017年12月。 第4巻 2018年 3月。 第5巻 2018年 8月。 第6巻 2018年12月。 第7巻 2019年 5月。 第8巻 出版しました。 PNもエリン改め、朝比奈 和(あさひな なごむ)となります。 投稿継続中です。 よろしくお願いします! ブラック企業に勤めるおっさんが女神様のミスで死んでしまったのでおっさんの若返りと希望するチート能力 スキル を9個授けられ異世界 セレスティーダ でまったり旅をしながら美味い物を食べまくり、知らず知らず地球の技術で世界を混乱に導くようなそうでも無いような感じで進みます 最初の内は凄くゆっくりと進んでいってます。 投稿間隔も不定期になると思います。 縮地による高速移動で敵を撹乱し、小さなナイフで時間を掛けてモンスターを討伐するのがタケルのやり方だった。 パーティーを組み始めた頃は四人のメンバーで一致団結し、全員でSランクを目指そうと支えあいながら冒険をしていた。 しかし、モンスターが強くなるにつれタケルの攻撃は擦り傷にもならず、時間の無駄だと言われてしまい、徐々にパーティー内での扱いも悪くなっていた。 そしてある日、パーティリーダーのロイに冒険者ギルドへ呼び出されたタケルは『早く動けるだけならパーティーにいらねぇ。 』と言われ、追放されてしまうのだった。 お前は何も貢献していないと言われたようで悔しくなったタケルは、秘境の地に三年間隠居し、縮地の強化と刀の扱いを学ぶことで、自分を追放した『漣』のメンバーを後悔させてやろうと決心した。 その後、タケルは三年ぶりに冒険ギルドへ戻り、最低ランクのFから第二の人生を始めるのだった。 300年に一度〝聖女〟が産まれるという言い伝えが常識として存在する世界。 聖女は聖属性魔法に長け、聖獣や精霊に愛され、万物を操る力を授けられると言う。 自分は聖女だと齢6歳で悟ったリリアナは、前世の日本人としての感覚が強く、とにかくこの国が大嫌いだった。 こんな国の為に力を使うのは嫌だ。 リリアナが耐えるターンが前半続きますが、御付き合い頂けると幸いです。 苦手な方はお気を付け下さい。 だけど、私はどうしても生きたかった。 小幡初子(おばた・はつこ)22歳。 渋々OKした神様の嫌がらせか、なかなかヒドイ目に遭いながらも転生。 でも、そこにいた〝ワタシ〟は6歳児。 しかも孤児。 そして、そこは魔法のある不思議な世界。 ここで、どうやって生活するの!? とりあえず村の人は優しいし、祖父の雑貨店が遺されたので何とか居場所は確保できたし、 どうやら、私をリクルートした神様から2つの不思議な力と魔法力も貰ったようだ。 これがあれば生き抜けるかもしれない。 ならば〝やりたい放題でワガママに生きる〟を目標に、新生活始めます!! ーーーーーー ちょっとアブナイ従者や人使いの荒い後見人など、多くの出会いを重ねながら、つい人の世話を焼いてしまう〝オバちゃん度〟高めの美少女の物語。 かつて最強の名を恣にしていた忍者は気がついた時、魔法が当たり前に存在する異世界に転生していた。 しかし転生した直後彼は魔力0とされ失格者の烙印を押されてしまう。 だが彼は気がついていた。 この世界でも日ノ本で鍛え上げた忍法が使えることに。 そしてこの世界の魔法は忍法と比べ明らかに弱々しい代物であることに。 そう転生した異世界で彼の忍法はあまりに強すぎたのだった。 旧題:最強の忍者が転生したのは魔法が全ての異世界だった~俺の忍法が強すぎて魔法じゃ全く相手にならないわけだが~ 主人公、鳥島善治はクラスメイト全員と共に異世界に転移することになった。 転移させた神を名乗る存在は、クラス全員にそれぞれ領地をやるからそこの領主になれという。 神は、クラス全員に領地の情報が書かれている紙をランダムに配った。 その紙に書かれている領地を治めることになる。 善治が治めることになったのはSランクの最高領地。 一方クラスで1番の人気者、坂宮徹の治める土地は領民0の最低の領地であった。 持っている紙を交換すれば、治める領地も交換されるというルールがあり、坂宮徹は善治のSランクの土地を強引に取り上げる。 そして自分が持っていた領民0の土地の情報が書かれた紙を善治に押し付けた。 そのせいで、人っ子一人いない草原に飛ばされた善治。 物凄く苦労するが、神から貰った生産スキルの力を使い、徐々に生活を安定させていき、何もないところに領地を作り出していく。 魔術を使えないがゆえに追放されたはずの少年は、『時空魔術』を自由自在に扱う最強の魔術師として覚醒すると、奈落から抜け出し、美しき王女の護衛として学園へ赴く。 そこにはかつての兄弟の姿もあった。 アークは覚醒した時空魔術師としての力によって護衛対象である王女の信頼を獲得しつつも、自身を蔑み、追放したかつての家族すらも見返していく。 一方で、アークを追放した一族は知らなかった。 無能とされていたはずのアークが、実は魔術の名門である『オルブライト公爵家』すら軽々と超越するほどの才能を秘めた天才であったことに。 『時空魔術』という、歴史から抹消された最強魔術の才能を持つ存在であったことに。 これは、無能ゆえに追放されながらも奈落の底から這い上がり最強に至る、一人の魔術師の物語。 旧題:異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される とあるところに勇者6人のパーティがいました 剛剣の勇者 静寂の勇者 城砦の勇者 火炎の勇者 御門の勇者 解体の勇者 最後の解体の勇者は訳の分からない神様に呼ばれてこの世界へと来た者であり取り立てて特徴らしき特徴などありません。 ただひたすら倒したモンスターを解体するだけしかしません。 料理などをするのも彼だけです。 ある日パーティ全員からパーティへの永久追放を受けてしまい勇者の称号も失い一人ギルドに戻り最初からの出直しをします 本人はまったく気づいていませんでしたが他の勇者などちょっとばかり煽てられている頭馬鹿なだけの非常に残念な類なだけでした そして彼を追い出したことがいかに愚かであるのかを後になって気が付くことになります そしてユウキと呼ばれるこの人物はまったく自覚がありませんが様々な方面の超重要人物が自らが頭を下げてまでも、いくら大金を支払っても、いくらでも高待遇を約束してまでも傍におきたいと断言するほどの人物なのです。 そうして彼は自分の力で前を歩きだす。 1)発売のお知らせ: 『異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される』として 連載していた本作は、 『解体の勇者の成り上がり冒険譚』と改題し、 「6月初め」に書籍化することになりました。 2)購入のおすすめ: 主人公ユウキ、ヒロインのリフィーア、勇者のベルファストなど、 イラストレーターさまに描いていただきました! 魅力的に描いていただいておりますので、 書店で見かけましたら、ぜひ一度手にとっていただけますと幸いです。 とくに、ベルファストが「ざまあ」された際のイラストは必見です! 3)SSについて: 書店「とらのあな」でご購入いただくと購入者特典として 書き下ろしSSが付きます。 お近くに店舗がございましたら、ご購入をご検討くださいませ。 祝!書籍化! 感無量です。 今後とも応援よろしくお願いします。 突如、幼馴染の【勇者】から追放処分を言い渡される【支援術士】のグレイス。 確かになんでもできるが、中途半端で物足りないという理不尽な理由だった。 自分はパーティーの要として頑張ってきたから納得できないと食い下がるグレイスに対し、【勇者】はその代わりに【治癒術士】と【補助術士】を入れたのでもうお前は一切必要ないと宣言する。 もう一人の幼馴染である【魔術士】の少女を頼むと言い残し、グレイスはパーティーから立ち去ることに。 だが、グレイスの【支援術士】としての腕は【勇者】の想像を遥かに超えるものであり、ありとあらゆるものを回復する能力を秘めていた。 グレイスがその卓越した技術を生かし、【なんでも屋】で生計を立てて評判を高めていく一方、勇者パーティーはグレイスが去った影響で歯車が狂い始め、何をやっても上手くいかなくなる。 人脈を広げていったグレイスの周りにはいつしか賞賛する人々で溢れ、落ちぶれていく【勇者】とは対照的に地位や名声をどんどん高めていくのだった。

次の

【脳内雑記】小説投稿サイト比較【アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう】

アルファ ポリス 恋愛 小説

Sランクパーティで活躍していた【サモナー】のルビン。 豊富な知識と経験をもってリーダーの【双剣士】エリックを支えていたはずなのだが……。 ある日、仲間に勧められ【テイマー】に転職することに。 しかし、怠惰な転職の女神によって誤字入力によって【テイマー】から【タイマー】へと間違って転職してしまう。 その日よりルビンの生活は一変。 聞いたこともない職業に転職したルビンは、あっと言う間に「お荷物」「足手まとい」のゴミ扱い。 そして、とうとうルビンは追放され、ダンジョンの奥地で見捨てれてしまった。 だが、ルビンをパーティから追放したのは決定的なミスだった。 モンスターの囮にされたあげく、追放されたルビン。 しかし、彼の才能と【タイマー】の性能が芽吹き、ルビンは最強の冒険者として成り上がり始める! これは、 騙され、蔑まれてきた【サモナー】の青年が、新しい力に目覚めてやり直す物語 「この淫売め! お前との婚約など破棄してやる!」 聖女候補のセルビアはある日いきなりあらぬ疑いをかけられ、王子との婚約を破棄されたうえ教会からも追放されてしまう。 王子はセルビアの才能を妬んだ他の聖女候補たちに騙され、セルビアのことを男好きの悪女だと思い込んでしまったのだ。 セルビアがいなくなれば魔神の封印が維持できない。 無能な他の聖女候補たちはそんなことには気づいてすらいないのだった。 セルビアがハルクの怪我をあっさり治したことをきっかけに二人は意気投合。 ふとハルクは提案してくる。 「なあ、どうせ戻る場所もないし、俺たち二人でパーティを組まないか?」 「賛成です!」 こうして追放された二人はノリでパーティを組むことに。 この時の彼らはすっかり忘れていた。 その場にいるのが、王国最強の攻撃力を持つ『剣神』と、王国最高の支援能力を持つ『聖女』であることに。 理不尽に追放された二人は自由に旅をしながら、最強コンビとしてその名を大陸に轟かせていく。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録等いつもありがとうございます。 とても励みになります! もしよかったら感想もぜひお願いします。 泣いて喜んで続きを書きます。 11お陰様でHOTランキングに載ることができました。 まさか一日で載るとは……す、ストックが……! 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 「ウィズ・オーリア! 貴様を退学処分とする!」 平民の魔導士ウィズ・オーリアはある日突然、学院長の言いがかりによって魔導学院を退学させられてしまう。 この世界では魔導士=貴族。 他の魔導士にしてみれば、ただの平民が貴族と同じ扱いを受けているのが気に入らなかったのだ。 冒険者となったウィズは、世界に四人しかいない『大魔導士』に鍛えられた規格外の実力を発揮し、次々と依頼をこなしていく。 すべては手柄を立て、名声を得て、魔導士の最高位である『賢者』の称号を手に入れるため。 これは平民だからと冷遇されていた天才魔導士が、冒険者になって無双する物語。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 7お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! 剣と魔法の異世界ファンタジーな世界に、侯爵家の子として転生した主人公ルークエイン。 彼が授かったのは錬金術ではなく、『錬金BOX』。 英語が存在しないこの世界で『BOX』は誰にも読めず。 転生者である彼にだけは分かった。 そして発音も出来た。 『錬金BOX』=箱に入れた物を自由に錬成できるその箱で、彼は侯爵家を抜け出し成り上がることを夢見る。 奴隷船に乗せられたルークエインは幸運?にも船が沈没して、もうひとりの奴隷少女と共に脱出に成功。 二人は無人島へと上陸し、ルークエインは『錬金BOX』を駆使して、無人島生活を快適なものへと変えていった。 もふもふのモンスターを仲間にし、ダンジョンを復活させ、エリクサーを錬成して姫とドラゴンの子を助ける。 *ざまぁまで遠いです。 その理由は確かに、ユベールにも非はあったかもしれないが。 それは彼の本当の姿を知らないから、そう言えるだけだった。 『魔法が使えない』そんな事は、ユベールの才能の前ではどうでも良かった。 元婚約者のシャルリーヌは、王太子ジュリアンを引き連れていた。 王太子ジュリアンからの過酷な暴行を受け危うく死にかける。 しかしジュリアンとシャルリーヌは知らなかった。 ユベールの本当の姿を……。 およそ主人公らしからぬ、ドSです。 ざまあをする為のざまあをする少年です。 彼に目を付けられたら、その時点でほとんど終わりです。 『うっかり聖女』とは異なり、最初からざまあが展開しますがそのしつこさは健在です。 実にしつこく、実に悲惨なざまあで苦しめます。 残酷&えっちな表現があります。 但し、"えっち"であって"エロ"ではないです。 色々な意味でチートです。 その一員であるロッテは薬師として長くメンバーたちを支えてきた。 しかし……。 「もう限界だ、高すぎるんだよ……君の薬は」 「四六時中、すりこぎをゴリゴリ、ゴリゴリ……いい加減にしろ」 「あ、貴方たちがいつも無茶ばかりするから、頑張って作ってるんでしょうが!」 討論の末、コスパの悪い薬師の替わりに、回復魔法のエキスパートである聖女を仲間にすると言われ、彼女はパーティを追放されてしまう。 ロッテの身を案じて一緒についてきた魔剣士の青年と共に、心機一転、新しい街へ向かうことを決意。 幸か不幸か、最前線の中で培われた膨大な経験と技術は無駄ではなかった。 徐々にその腕は街の住人にも認められ、果ては王族直々に専属医として誘いを受ける程の薬師となる。 遅咲きながらもロッテは今、大きく世界へと羽ばたく。 レイラは生まれた時から強力な魔力を持っていたため、キアーラ王国の大神殿で大司教に聖女として育てられ、毎日祈りを捧げてきた。 その力の大きさから王太子との婚約が決まっていたが、彼は身元不明のレイラとは結婚できないと婚約破棄した。 そのうえ、彼の恋人の公爵令嬢に無礼な態度をとったということでレイラを国外追放する。 美味しいものを食べたり、可愛い服を着たり、冒険者として仕事をしたりと、外での自由な生活を満喫する。 レイラが街の人たちが仲良くなっていく中、一方のキアーラ王国ではレイラがいなくなったことにより魔物がたくさん出るようになってしまう。 大司教は王子を聖女追放の罪で逆に追放し、国の実権を手に入れるとレイラの回収に動き出した。 レイラと仲間は大司教の企みを阻止できるのか。。。 (複数視点多めです) ごく普通のサラリーマン、リュウは仕事帰りに夕飯を食べようと店を探して歩いていた。 そして偶然見つけた中華そばの屋台で食べることを決め、暖簾をくぐる。 しかし、そこには食べ物はおろか人すらいない。 仕方なく別の店へ行こうと外へ出ると……目の前には鬱蒼とした森が広がっていた! 異世界へと飛ばされたことを知ったリュウはスキル「屋台」という謎のスキルを手に入れる。 無双するような戦闘系スキルではないことにがっかりしたリュウだったが、実は「食べ物」を生み出すとんでもないチートスキルだった!! リュウは商人になる道を選び、様々な人と触れ合い、仲間と共に商会を経営しながら異世界をのんびり生きていく。 そんなほのぼの系商人ハイファンタジーです! R15は保険です。 現在毎日投稿中!「小説家になろう」でも投稿しております。 6月9日HOTランキングで1位になりました! 6月10日ファンタジー・SFランキングでも24h. ポイント順で1位になりました! ありがとうございます! 誰もがパートナーの精霊を持つウィスティリア王国。 そこでは精霊によって人生が決まり、また身分の高いものほど強い精霊を宿すといわれている。 しかし第二王子シグは最弱の精霊を宿して生まれたために王家を追放されてしまう。 身分を剥奪されたシグは冒険者になり、剣一本で魔物を倒して生計を立てるようになる。 しかしそこでも精霊の弱さから見下された。 ひどい時は他の冒険者に襲われこともあった。 姿は美しい白髪の少女に。 伝説の大精霊となり、『天候にまつわる全属性使用可』という規格外の能力を得たクゥは、「今まで育ててくれた恩返しがしたい!」と懐きまくってくる。 最強の相棒を手に入れたシグは、今まで自分を見下してきた人間たちを見返すことを決意するのだった。 ーーーーーー ーーー 閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。 8お陰様でHOTランキングに載ることができました。 ご愛読感謝! VRMMORPGが普及した世界。 念のため申し上げますが戦闘も生産もあります。 戦闘は生々しい表現も含みます。 のんびりする時もあるし、えぐい戦闘もあります。 また一話一話が3000文字ぐらいの日記帳ぐらいの分量であり 一人の冒険者の一日の活動記録を覗く、ぐらいの感覚が お好みではない場合は読まれないほうがよろしいと思われます。 また、このお話の舞台となっているVRMMOはクリアする事や 無双する事が目的ではなく、冒険し生きていくもう1つの人生が テーマとなっているVRMMOですので、極端に戦闘続きという 事もございません。 また、転生物やデスゲームなどに変化することもございませんので、そのようなお話がお好みの方は読まれないほうが良いと思われます。 2014年5月24日にて、総合PV1億を達成させていただきました。 この場を借りて深く御礼申し上げます。 書籍化に伴い、序盤をダイジェストに差し替えております。 魔法適正『植物』という微妙でハズレな魔法属性で将軍一家に相応しくないとされ、両親から見放されてしまう。 そして、優秀な将軍の兄、将来を期待された魔法師の妹と比較され、将来を誓い合った幼馴染は兄の婚約者になってしまい……アシュトはもう家にいることができず、十八歳で未開の大地オーベルシュタインの領主になる。 一人、森で暮らそうとするアシュトの元に、希少な種族たちが次々と集まり、やがて大きな村となり……ハズレ属性と思われた『植物』魔法は、未開の地での生活には欠かせない魔法だった! これは、植物魔法師アシュトが、未開の地オーベルシュタインで仲間たちと共に過ごすスローライフ物語。 女子高生、美咲瑠璃(みさきるり)は、気が付くと泉の前に佇んでいた。 あれ? 朝学校に行こうって玄関を出たはずなのに・・・。 現れた女神は言う。 「あなたは、異世界に飛んできました」 え? 帰してください。 私、勇者とか聖女とか興味ないですから・・・。 帰還の方法がないことを知り、女神に願う。 分かりました。 私はこの世界で生きていきます。 でも、戦いたくないからチカラとかいらない。 『どうせなら便利に楽させて!』 実はチートな自称普通の少女が、周りを幸せに、いや、巻き込みながら成長していく冒険ストーリー。 「あなたのお役に立てましたか?」 「うん、そうだね。 神童とよばれた若き公爵ヨシュア。 どこから仕入れて来た知識なのかは不明だが、彼の天啓ともいえる知識によって公国はたった15年で崖っぷちから豊かな国へと発展を遂げた。 23歳になった彼は誰からも尊敬され慕われる公爵で、ルーデル公国の繁栄は彼の元今後も続くと思われていた。 ところが、聖女によってクーデターを起こされ、ヨシュアは辺境の地へ追放されてしまう。 しかし、何故か彼は嬉々として辺境へ向かう。 彼は心の中でずっと考えていた。 「社畜として過労死して、この世界でも過労死するなんて嫌だ。 俺は悠々自適の隠居生活を送るのだ」 ヨシュアには日本で暮らした前世があった。 彼の謎の知識はそこからきていたのだった。 辺境の地には領民もおらず、ヨシュアの屋敷だけがポツンとある状態だったが、彼を慕うものが続々と集まり衣食住を確保する必要に迫られる。 うまれながらに持つ「植物鑑定」の能力と、現代知識、公国にいた時の内政経験の全てを投入し、とっとと辺境を発展させ一刻も早く惰眠を貪ることを誓うヨシュアであった。 少しだけなろうの方が先行しております。 山奥出身の青年フィンは大手冒険者ギルド事務員だったが、無能な上司と同僚に「この役立たずめ!」と追放されてしまう。 フィンは自分の力不足を嘆きつつ、生活のために廃業寸前の弱小ギルドに再就職。 しかし元職場の誰も知らなかった。 実はフィンが魔神に育てられた《天帝級》の支援魔術師で、元ギルドを密かに繁盛させていたことを。 その有能さを知る高ランク冒険者は、彼の元に集い始める。 「うちは弱小なので初級クエストしか発注できませんよ?」と言いながらも受け入れ、口コミで顧客はどんどん増えて栄えていく。 これは世話焼きな青年が、訳あり冒険者や困っているお姫様、貴族を助けて認められ、規格外の支援魔術でギルドを運営。 一方で追放した無能な大手ギルドは衰退していく物語である 魔剣士アルヴィンは、ダンジョンでモンスターとの戦闘中に日本のサラリーマンだった前世の記憶を思い出す。 社畜として辛い社会人生活を送っていたが、現在の救世主パーティーでも似たような立ち位置だったことに気づき、難癖をつけられて追放されたのをきっかけに、異世界社畜生活からおさらばして自由に生きようと決意する。 一方、救世主パーティーはアルヴィンがいなくなって清々したと高笑い。 新たなメンバーを加えて魔王討伐へ旅立った。 魔物の討伐がうまくいっていたのは、アルヴィンが仕入れた確かな情報や装備があるからこそ可能だったことを。 さらに、旅先で訪れた各都市の冒険者ギルド、商会、宿屋、武器・アイテム屋などなど、さまざまな場所で知らず知らずのうちに前世で培った《営業》スキルを駆使して交渉を続けていたアルヴィンが、本人も気づかぬうちにとんでもないコネクションを築き上げていたことを。 そして、好き放題していた救世主パーティーには、徐々にそのツケが迫っていることを……。 一緒に異世界に召喚された従妹は魔力が高く、私は魔力がゼロだそうだ。 「私は聖女になるかも、姉さんバイバイ」とイケメンを侍らせた従妹に手を振られ、私は王都を追放された。 魔力はないけれど、霊感は日本にいたころから強かったんだよね。 そのおかげで「英霊」だとか「精霊」だとかに盲愛されています。 今更、魔力ゼロの人間にしか作れない特級魔力回復薬が欲しいとか言われてもね、こちらはあなたたちから何も欲しいわけじゃないのですけど。 重複投稿ですが、改稿してます テンプレのごとく勇者召喚に巻き込まれたアラフォーサラリーマン入間 巧。 何の因果か、女神様に勇者とは別口で異世界へと送られる事になる。 女神様の過保護なサポートで若返り、外見も日本人とはかけ離れたイケメンとなって異世界へと降り立つ。 けれど男の希望は生産職を営みながらのスローライフ。 それを許さない女神特性の身体と能力。 はたして巧は異世界で平穏な生活を送れるのか。 ************** 本編終了しました。 只今、暇つぶしに蛇足をツラツラ書き殴っています。 お暇でしたらどうぞ。 書籍版一巻〜七巻発売中です。 コミック版一巻〜二巻発売中です。 よろしくお願いします。 ************** 大学生の俺、一ノ瀬陽翔(いちのせ はると)が転生したのは、小さな王国グレスハートの末っ子王子、フィル・グレスハートだった。 第1巻 2017年 4月。 第2巻 2017年 9月。 第3巻 2017年12月。 第4巻 2018年 3月。 第5巻 2018年 8月。 第6巻 2018年12月。 第7巻 2019年 5月。 第8巻 出版しました。 PNもエリン改め、朝比奈 和(あさひな なごむ)となります。 投稿継続中です。 よろしくお願いします! ブラック企業に勤めるおっさんが女神様のミスで死んでしまったのでおっさんの若返りと希望するチート能力 スキル を9個授けられ異世界 セレスティーダ でまったり旅をしながら美味い物を食べまくり、知らず知らず地球の技術で世界を混乱に導くようなそうでも無いような感じで進みます 最初の内は凄くゆっくりと進んでいってます。 投稿間隔も不定期になると思います。 縮地による高速移動で敵を撹乱し、小さなナイフで時間を掛けてモンスターを討伐するのがタケルのやり方だった。 パーティーを組み始めた頃は四人のメンバーで一致団結し、全員でSランクを目指そうと支えあいながら冒険をしていた。 しかし、モンスターが強くなるにつれタケルの攻撃は擦り傷にもならず、時間の無駄だと言われてしまい、徐々にパーティー内での扱いも悪くなっていた。 そしてある日、パーティリーダーのロイに冒険者ギルドへ呼び出されたタケルは『早く動けるだけならパーティーにいらねぇ。 』と言われ、追放されてしまうのだった。 お前は何も貢献していないと言われたようで悔しくなったタケルは、秘境の地に三年間隠居し、縮地の強化と刀の扱いを学ぶことで、自分を追放した『漣』のメンバーを後悔させてやろうと決心した。 その後、タケルは三年ぶりに冒険ギルドへ戻り、最低ランクのFから第二の人生を始めるのだった。 300年に一度〝聖女〟が産まれるという言い伝えが常識として存在する世界。 聖女は聖属性魔法に長け、聖獣や精霊に愛され、万物を操る力を授けられると言う。 自分は聖女だと齢6歳で悟ったリリアナは、前世の日本人としての感覚が強く、とにかくこの国が大嫌いだった。 こんな国の為に力を使うのは嫌だ。 リリアナが耐えるターンが前半続きますが、御付き合い頂けると幸いです。 苦手な方はお気を付け下さい。 だけど、私はどうしても生きたかった。 小幡初子(おばた・はつこ)22歳。 渋々OKした神様の嫌がらせか、なかなかヒドイ目に遭いながらも転生。 でも、そこにいた〝ワタシ〟は6歳児。 しかも孤児。 そして、そこは魔法のある不思議な世界。 ここで、どうやって生活するの!? とりあえず村の人は優しいし、祖父の雑貨店が遺されたので何とか居場所は確保できたし、 どうやら、私をリクルートした神様から2つの不思議な力と魔法力も貰ったようだ。 これがあれば生き抜けるかもしれない。 ならば〝やりたい放題でワガママに生きる〟を目標に、新生活始めます!! ーーーーーー ちょっとアブナイ従者や人使いの荒い後見人など、多くの出会いを重ねながら、つい人の世話を焼いてしまう〝オバちゃん度〟高めの美少女の物語。 かつて最強の名を恣にしていた忍者は気がついた時、魔法が当たり前に存在する異世界に転生していた。 しかし転生した直後彼は魔力0とされ失格者の烙印を押されてしまう。 だが彼は気がついていた。 この世界でも日ノ本で鍛え上げた忍法が使えることに。 そしてこの世界の魔法は忍法と比べ明らかに弱々しい代物であることに。 そう転生した異世界で彼の忍法はあまりに強すぎたのだった。 旧題:最強の忍者が転生したのは魔法が全ての異世界だった~俺の忍法が強すぎて魔法じゃ全く相手にならないわけだが~ 主人公、鳥島善治はクラスメイト全員と共に異世界に転移することになった。 転移させた神を名乗る存在は、クラス全員にそれぞれ領地をやるからそこの領主になれという。 神は、クラス全員に領地の情報が書かれている紙をランダムに配った。 その紙に書かれている領地を治めることになる。 善治が治めることになったのはSランクの最高領地。 一方クラスで1番の人気者、坂宮徹の治める土地は領民0の最低の領地であった。 持っている紙を交換すれば、治める領地も交換されるというルールがあり、坂宮徹は善治のSランクの土地を強引に取り上げる。 そして自分が持っていた領民0の土地の情報が書かれた紙を善治に押し付けた。 そのせいで、人っ子一人いない草原に飛ばされた善治。 物凄く苦労するが、神から貰った生産スキルの力を使い、徐々に生活を安定させていき、何もないところに領地を作り出していく。 魔術を使えないがゆえに追放されたはずの少年は、『時空魔術』を自由自在に扱う最強の魔術師として覚醒すると、奈落から抜け出し、美しき王女の護衛として学園へ赴く。 そこにはかつての兄弟の姿もあった。 アークは覚醒した時空魔術師としての力によって護衛対象である王女の信頼を獲得しつつも、自身を蔑み、追放したかつての家族すらも見返していく。 一方で、アークを追放した一族は知らなかった。 無能とされていたはずのアークが、実は魔術の名門である『オルブライト公爵家』すら軽々と超越するほどの才能を秘めた天才であったことに。 『時空魔術』という、歴史から抹消された最強魔術の才能を持つ存在であったことに。 これは、無能ゆえに追放されながらも奈落の底から這い上がり最強に至る、一人の魔術師の物語。 旧題:異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される とあるところに勇者6人のパーティがいました 剛剣の勇者 静寂の勇者 城砦の勇者 火炎の勇者 御門の勇者 解体の勇者 最後の解体の勇者は訳の分からない神様に呼ばれてこの世界へと来た者であり取り立てて特徴らしき特徴などありません。 ただひたすら倒したモンスターを解体するだけしかしません。 料理などをするのも彼だけです。 ある日パーティ全員からパーティへの永久追放を受けてしまい勇者の称号も失い一人ギルドに戻り最初からの出直しをします 本人はまったく気づいていませんでしたが他の勇者などちょっとばかり煽てられている頭馬鹿なだけの非常に残念な類なだけでした そして彼を追い出したことがいかに愚かであるのかを後になって気が付くことになります そしてユウキと呼ばれるこの人物はまったく自覚がありませんが様々な方面の超重要人物が自らが頭を下げてまでも、いくら大金を支払っても、いくらでも高待遇を約束してまでも傍におきたいと断言するほどの人物なのです。 そうして彼は自分の力で前を歩きだす。 1)発売のお知らせ: 『異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される』として 連載していた本作は、 『解体の勇者の成り上がり冒険譚』と改題し、 「6月初め」に書籍化することになりました。 2)購入のおすすめ: 主人公ユウキ、ヒロインのリフィーア、勇者のベルファストなど、 イラストレーターさまに描いていただきました! 魅力的に描いていただいておりますので、 書店で見かけましたら、ぜひ一度手にとっていただけますと幸いです。 とくに、ベルファストが「ざまあ」された際のイラストは必見です! 3)SSについて: 書店「とらのあな」でご購入いただくと購入者特典として 書き下ろしSSが付きます。 お近くに店舗がございましたら、ご購入をご検討くださいませ。 祝!書籍化! 感無量です。 今後とも応援よろしくお願いします。 突如、幼馴染の【勇者】から追放処分を言い渡される【支援術士】のグレイス。 確かになんでもできるが、中途半端で物足りないという理不尽な理由だった。 自分はパーティーの要として頑張ってきたから納得できないと食い下がるグレイスに対し、【勇者】はその代わりに【治癒術士】と【補助術士】を入れたのでもうお前は一切必要ないと宣言する。 もう一人の幼馴染である【魔術士】の少女を頼むと言い残し、グレイスはパーティーから立ち去ることに。 だが、グレイスの【支援術士】としての腕は【勇者】の想像を遥かに超えるものであり、ありとあらゆるものを回復する能力を秘めていた。 グレイスがその卓越した技術を生かし、【なんでも屋】で生計を立てて評判を高めていく一方、勇者パーティーはグレイスが去った影響で歯車が狂い始め、何をやっても上手くいかなくなる。 人脈を広げていったグレイスの周りにはいつしか賞賛する人々で溢れ、落ちぶれていく【勇者】とは対照的に地位や名声をどんどん高めていくのだった。

次の

小説を読もう!

アルファ ポリス 恋愛 小説

【本編完結】【第13回恋愛小説大賞にてエタニティ賞をいただきました、ありがとうございました】不審者と間違って、同じマンションの住人(だってコワモテで無愛想たったから!)に超絶失礼なことをしてしまった美保。 申し訳ないな〜なんて思ってたら、ホントに不審者に狙われて、助けてくれたのはその無愛想な住人でした。 良い人なのかな、なんて思ってた矢先、美保は父親の部下の部下とお見合いをすることになって……しかもお相手は無愛想な、彼でした。 なぜかトントン拍子に話は進んで、気がついたら結婚してたんですが、うん、相変わらず無愛想だし怖いカオしてるし、なのになんだかとっても大事にされてますし、何が何だかよくわかりません……。 出世のための結婚と勘違いしてるヒロインと、奥さんを溺愛してる(けどうまく言葉にできてない)旦那さんのすれ違いラブコメディ(?)。 無意識にイチャイチャしたりもだもだしたり、な甘々を目指してます。 小牧まり、源氏名はまりん。 歳は28歳で源氏名の時は永遠の24歳の風俗嬢が、ストーカーになった客に刺されて死んだ。 死後の世界であったのは、自称性の女神。 次の死後に性の女神の使徒として楽させてくれることを確約し、まりん改めマリリンは決意する。 結婚直前の彼女にフラれた男と、プロポーズ直前の彼氏に裏切られた女。 どちらからとなく惹かれあい、傷を舐めあうように時間を共にした。 …………はずだったのに、いつの間にか搦めとられて身動きが出来なくなっていた。 ---*印=R18……第一章はあまり出てきません。 苦手な方は気をつけて読み進めて頂けたら幸いです。 米軍基地生まれのハーフで彫り師の男と普通のOLの女との不思議な関係。 辛い過去に囚われた二人のすれ違いから始まる恋愛ストーリー。 容姿は西洋人だが英語は話せない彫り師の男が、自暴自棄になった地味なOLの女と出会う。 「刺青を入れたいんです……。 背中一面に……」タトゥーショップを訪れた刺青とは無関係の世界に生きている女は、虚な目で彫り師の男に告げた。 「きっと君は後悔する、止めておきな」彫り師の男が女を追い返そうとするが、思い詰めた女は一つの見返りを提案する。 刺青の金額とは別に、彫って貰うことに対する対価を毎回支払うというものだった。 初めはジレジレ展開ですが、後ほど溺愛に発展します。 体格差、ヒロインが年の割には幼い容姿ですが脱いだら……。 性描写は激しいですのでご注意ください。 ムーンライトノベルズでも連載しています。 冷酷、苛烈、無表情と噂のイケメン若社長の秘書に(なぜだか)抜擢されてしまった真帆。 学生時代、友達の代理でメイドカフェでほんのひと時バイトをしていた真帆は、その社長がメイドカフェで出会ったお客さんで、初恋のひとだったと気がつくけれど……。 そこで出会ったメイド、リゼに恋をするも想いを告げる前にリゼは店を辞めてしまう。 時は経ち、海斗は父親の会社を継ぐ。 そこで自分の秘書としてやってきた女性が「リゼ」だと気がついた海斗は、今度こそ想いを告げた、つもりだったけれど。 「ただの愛人なのに、こんなに大切にしてもらっていいのかなぁ」「俺の恋人が可愛すぎて辛い」なんだかすれ違ってる2人の、よく分からないいちゃらぶオフィスラブ(予定)です。 札幌の飲食店でマネージャーをしていた赤松香澄(あかまつかすみ)は、バニーガールの格好をするよう強要されセクハラを受けていた時、服飾企業の社長で有名人の御劔佑(みつるぎたすく)に助けられた。 それだけでなく勤め先の社長の前で、御劔の会社で働くようスカウトされてしまった。 ヤクザと女子大生の恋愛。 恋愛初心者の主人公と愛情表現の仕方が分からないヤクザの男のお話。 R-18作品です。 大学受験に失敗して滑り止めの神戸の大学に進学した普通の女の子と、愛を知らなかったヤクザの幹部の男との愛欲の日々。 Hシーンは多め。 無理やりや調教、執着、嫉妬 、過激な表現、暴力事件もありますので、苦手な方はご遠慮ください。 溺愛、あまあま、ラブラブHもあり。 基本はハードなHの内容かと。 後ろの表現が出てくる回もあります。 ご注意ください。 この作品はムーンライトノベルズでも掲載しています。 第一章完結しました。 第二章は2020年5月30日より毎週土曜日の更新になります。 alphapolis. 離婚・不倫のお話なので、公序良俗に反する表現があります。 どう見ても極道です。 本当にありがとうございました。 内容はあれですが、中身は少女漫画テイストです。 2章以降は、金と精力が余ってる彼氏が彼女を溺愛してるお話。 甘やかす彼氏と鈍い彼女が悩みつつ、イチャイチャしてるだけなんで、ゆるーく読んで頂ければと思います。 ひたすらイチャイチャして、彼氏が彼女を開発していくので、やることもあれこれ。 フィクションです。 ありがとうございました。 番外編を追加予定です。 不定期更新です。 この作品はムーンライトノベルズにも掲載しています。 【お詫び】所々、元原稿から設定を変えて移植して行っています。 時々うっかり、時系列が合わない部分が出てきたりして、見つけては修正してお送りしていますので、あれっと思ったところはそっとなかったことにするかお知らせいただけたらと思います。 幾度も当てもなく歩いて、お一人様でショットバーに行くことも覚えた。 だけどこの夜に、久々にマンションに向かい、あの日と同じ、雨が降っていて。 私は孤独が押し寄せる波打ち際にいて。 彼は、途方にくれていて、傘も持たずに濡れていた。 だから、私たちは視線を合わせたし、言葉を交わしたんだ。 その出会いは、雨夜の月。 非日常のことだった。 「ねえ、貴女を救ってあげるから。 恋に落ちてよ」【他サイトに公開していた作品を改稿しながら更新しています】 野獣に捕らわれた檻の中で私は甘く淫らに溶かされる……。 そして、副社長のアレのせいで…とんでもない契約を交わすことになるのだが……。 美菜は自分が出した条件に苦しむことになる。 一方、副社長と秘書には、他にもなにやら事情があるらしく……。 そんなことを知る由もない美菜には、更なる試練が待ち構えているのだった。 Unauthorized duplication is a violation of applicable laws. あちらは修正しましたが、こちらは修正前のままとなっております。 小松咲良《こまつさくら》はフリーの売れっ子イラストレーター。 自宅でできる仕事なのを良いことに、ほとんど家に引きこもり。 見かねた母親に結婚相談へ強制入会させられてしまう。 しぶしぶやる気を絞り出して婚活を始めた咲良だったが、中々良い出会いは訪れない。 早くも挫折しかけた時に紹介されたのは、有名ブランド月宮の若き副社長。 月宮爽《つきみやそう》顔も地位も年収も、果ては性格まで極上。 名前の通りの爽やか好青年のお見合いは、当然お断りされるだろうと思っていた咲良。 しかし、そこから爽の甘いアプローチが始まる。 アルファポリス様の方で書籍化のお話しが進行中です。 発売決定となりましたら、23日にはこちらの作品を取り下げたいと思います。 よろしくお願いします。 史上最低最悪。 『大事な話がある』と彼氏に呼びだされて切りだされたのは、なんと別れ話。 失意の底に落ち込みつつも帰りにスーパーで買い物をしていると軽くイケメンのご近所住まいの男友達に出くわし。 そして一緒に『鍋』をすることに。 「おれがいるのに、そんなふうに泣かせてたまるかよ」 というわけで告白ストーリーの始まりです。 嫌な予感がされた方はパスしてください。 読後のインパクトを考慮して、意図的に上記の順にしています。 短大を卒業して地元の税理事務所に勤める25歳の西田結衣。 結衣はある事がきっかけで、中学時代の友人と連絡を絶っていた。 そんなある日、唯一連絡を取り合っている由美から、卒業十周年記念の同窓会があると連絡があり、全員強制参加を言い渡される。 指定された日に会場である中学校へ行くと…。 今回の作品には章にいつの話かは記載しておりません。 ご理解の程宜しくお願いします。 *お願い*作品の捉え方は人それぞれです。 沢山の方が閲覧されるので好みが分かれます。 もし不快に思われた場合、コメントは不要ですのでそっと離れて下さい。 別小説『【R18】異世界でセカンドライフ~俺様エルフに拾われました~』(略して俺様エルフ)の中に出てきたけど、悲しい別れをしてしまったセイルとリナリアが最終的にハッピーエンドを迎えるIFのお話でもあります。 社畜のOL25歳。 どハマりしていた乙女ゲームで、一目惚れした大好きな隠しキャラルートをクリアする直前に寝落ちしてしまい、起きたら家が火事ですでに逃げ場がない状態だった。 大好きな彼とのエンディングを迎えられなかったことだけが心残りだった莉奈は、ふと目が覚めると直前までプレイしていた乙女ゲームのヒロインに転生していた。 幼少期の記憶があり生活を続けるのに困らなかった莉奈は、エンディングを迎えられなかった隠しキャラ攻略ルートを今度こそ目指そうと一途に頑張りますが、なんかいろいろゲームと違う?!ゲームになかった設定やキャラの登場で、自分が知っている物語からどんどんかけ離れていくのに、本編通りに進むこともあったりなかったり・・・。 これで本当に大好きなあの人とハッピーエンドを迎えられるのか?!・・・と思ってたらとあるお仕事中にまさかの初体験??前向きで一直線で体当たりなヒロインが、周りに翻弄されながらも楽しく一生懸命ツッコみながら頑張りるお話です。 共通のキャラは出てくると思いますが、単体でも読めるように書いていきます。 「俺様エルフ」の更新をメインにしているため、こちらはスローペースの更新になるかもしれませんが、両方セットで楽しんでいただけたら嬉しいです。 ご注意ください。 月白楓花 つきしろふうか は兄の親友で幼馴染でもある柊天馬 ひいらぎてんま に片想いしていたが、彼が婚約したと聞き、傷心のまま東京の短大へ進学。 保母となった。 職場のトラブルで傷つき疲れた楓花が両親に言われるまま故郷の街に戻ると、再会した天にいにいきなりキスされて、その後も何故かグイグイ迫ってきて……。 「お前って、本当に酷い女だな」「 俺のファーストキスを奪った責任取れよ」4年ぶりに再会した天にいは、甘くて強引でイジワルで…… そして、昔以上に魅力的な大人の男性になっていました。 どうしてキスをするの?どうして私の身体に触れるの?どうして…… そんなに切ない瞳で私を見つめるの?月白楓花 つきしろふうか 22歳保母さんから引きこもり、 そして実家の喫茶店手伝いに。 柊天馬 ひいらぎてんま 29歳 イケメンで優秀な消化器外科医。 所謂スパダリ。 これは恋心をこじらせた2人の、 初恋やり直しストーリー。 *2020/3/20 本編完結済み。 不定期で番外編追加中です。 *幼馴染なので過去の回想シーンが多目です。 *表紙のイラストは可愛らしいですが、第22話からガッツリR18展開がありますので御注意ください。 イラストは、めぐ。 様作フリー素材を使用させていただきました。

次の