格安 sim iphone バックアップ。 iPhoneで格安SIMを使う方法

iPhone機種変更時のバックアップ移行方法|失敗しないデータ移行

格安 sim iphone バックアップ

この記事の目次• 設定や大切な画像、動画、アプリなどを一時的に保存することで、新しいiPhoneや万が一のデータ損失に備える情報のコピーをとることを「バックアップ」といいます。 反対に、このバックアップをしたデータを、同じようなデータを維持したいiPhoneへ移すことを「復元」といいます。 ここではiPhoneのデータのバックアップと復元方法を、パソコンを利用する方法と利用しない方法、2通りを解説します。 これからiPhoneを使う方も、今iPhoneを使っている方も、データのバックアップとその復元方法を理解しておくことで安心してiPhoneを使えるようになるでしょう。 iPhoneをWiFiに接続する• ホーム画面で歯車の形をした「設定」のアイコンをタップ• 「ユーザー名」をタップしメニュー内の「iCloud」をタップ• 「iCloudバックアップ」をタップ• 「iCloudバックアップ」をオンにする• 画面に「iCloudバックアップを開始」と表示されるため「OK」をタップ• 数秒待機する• 下の方にある「今すぐバックアップを作成」をタップ• バックアップが完了するまでWiFiに接続したまま待機 注意点として、モバイルデータ通信だけではiCloudのバックアップは行えません。 そのため、自宅にWiFi環境がない場合は、3GBくらいならキャリアショップやコワーキングスペースなど、無料のWiFiを提供しているスポットでのバックアップが候補に上がります。 iCloudで自動的にバックアップすることも可能 「iCloudでいちいちバックアップは面倒」という方は、毎日自動的にデバイスのバックアップを行うのがおすすめです。 とくに自宅にWiFi環境がある人なら「iCloudバックアップ」をオンにしておくだけで設定が完了します。 オンの状態で以下の3つの条件がクリアされると、自動的にバックアップが行われます。 iPhoneをUSBケーブルを使ってパソコンへ接続• macOS Catalina 10. 15 を搭載した Mac ではFinderを開く• Finderが求めるメッセージに沿って、MacとiPhoneをそれぞれ「信頼」する• Finderウインドウの上の方にある「一般」をクリック• 「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる• 暗号化用に決めておいたパスワードを入力し「パスワードを設定」をクリック• 「今すぐバックアップ」をクリック• 完了 途中で「iPhoneのバックアップを暗号化」と表示がでますが、これは保存してあるパスワードやWiFiの設定、サイトの閲覧履歴などを引き継ぐタイプのバックアップです。 安全性が高くなる一方で、暗号化に必要なパスワードを忘れてしまうと新しいiPhoneでの復元が困難になってしまいます。 その点WiFiを通じてiCloudに保存する場合は、自動的に暗号化が行われるためパスワードを決める必要はありません。 パスワードを忘れてしまうのを避けたい場合や、設定が難しそうに感じられる場合は、iCloudを通じたバックアップがおすすめです。 iPhoneをバックアップから復元する方法 バックアップの完了が確認でき次第、そのデータを復元したいiPhone側の操作を始めます。 iPhoneの電源を入れた際に「こんにちは」の画面が出る場合は、そのまま設定をすすめます。 すでに何らかの設定が行われており「こんにちは」の画面が出なかった場合は、まずiPhoneの初期化が必要です。 USBケーブルでパソコンとiPhoneを繋ぐ• Finderを開き「一般」から復元先のiPhoneをクリックする• 復元したいバックアップデータを選び「続ける」をクリック• 暗号化している場合はパスワードを求められるため、入力画面で入力する• 完了まで待機 もし、左側にサイドバーが表示されていない場合は、画面の上にあるメニューより「表示」を選び「サイドバーを表示」をクリックすることで表示できます。 iPhoneをバックアップできないときの対処法 バックアップをしようとしても、何らかの理由でiPhone側にエラーが出るなど、バックアップが行えない場合があります。 iCloudのメッセージを確認する iCloudでバックアップができない理由として「iCloudストレージ不足」と「バックアップに適した環境になっていない」場合の2通りが挙げられます。 ストレージが不足していると表示されている場合 無料で利用できるiCloudストレージは5GBまでのため、特に追加でストレージを契約していない状態で5GB以上をバックアップしようとすると失敗します。 対処法は次の2つです。 バックアップするiPhoneを選んだ状態で「一般」をクリック• 「アップデートを確認」をクリック• 「バージョンをアップデート」と表示された場合はアップデートを行う 最新バージョンに更新した後もエラーが起きる場合は、Appleサポートへ問い合わせが必要です。 ディスク容量が不足していると表示されている場合 バックアップを保存するパソコン側の空き容量が不足している場合、このメッセージが表示されます。 もし空き容量が十分あるにも関わらずバックアップができない場合は、Appleサポートへの問い合わせが必要です。 パソコン側の空き容量がわからないときは、OSがWindowsの場合は次の手順で確認できます。 画面左上にある「Appleマーク」をクリック• 「このMacについて」をクリック• 画面上部に並ぶタブの中から「ストレージ」をクリック• 一番上に表示されるストレージの空き容量を確認 バックアップが破損しているか互換性がないと表示されている場合 パソコン側のアップデートが保留になっている場合や、使用していない時間にアップデートされる予定になっている場合、エラーが起きることがあります。 お使いのパソコンをアップデートしてから、もう一度バックアップを行ってください。 アップデートを行ってもバックアップできない場合は、Appleサポートへの問い合わせが必要です。 iPhoneを復元できないときの対処法 バックアップは完了しているはずなのに、状況によってはiPhoneを復元できない場合があります。 どのように対処すればよいか、状況別に解説します。 iCloudの状態を確認する iCloudを使って復元している場合は、現在の状況を確認します。 データの所在を確認できなかったものの、まだ手元にバックアップをしておきたいデータが入ったiPhoneがある場合は、もう一度バックアップを最初から試します。 それでもデータがやはり見つからなかった場合は、Appleサポートへ問い合わせが必要です。 データに欠落がある場合 復元は実行されたはずなのに一部のデータがない場合は、欠落しているデータがバックアップの対象か調べます。 iCloudを通じたバックアップの対象になるデータは、次の通りです。 App データ• Apple Watchのバックアップ• iPhone本体の設定やホーム画面、Appの配置• SMSなどメッセージ• 写真とビデオ• Appleサービスから購入した音楽や映画、電子書籍など• 着信音• Visual Voicemailのパスワード 対象となるデータが欠落していた場合は、正しくバックアップと復元が行われたのか、もう一度確かめます。 復元中にパスワードやIDの入力を求められた際は、必ず入力します。 復元したのではなく、iCloudにログインしただけになっている場合もあるため、注意が必要です。 リカバリーモードにしてからPCを使う 次のような表示が出ている場合は、iPhoneをリカバリモードにしてから復元を行う必要があります。 パソコンがiPhoneを認識しない、もしくは、リカバリモードになっていると表示される• Appleのロゴマークが画面に表示されたまま、数分以上変化がない• リカバリモードの画面が表示されている リカバリモードとは、強制的にiPhoneを最新モードへバージョンアップできる状態にし、問題解決を目指すモードのことです。 まず、パソコンでiTunesを開いた状態でiPhoneを接続し、機種に応じて次のように操作します。 機種 リカバリモードにする手順 iPhone 8以降 音声をあげるボタン、音声を下げるボタンの順に押してすぐに離したら、サイドボタンを長押し iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 7 touch トップボタンとサイドボタン、音量を下げるボタンを同時に長押し ホームボタンがあるiPhone ホームボタンとトップボタン、もしくはサイドボタンを同時に長押し 手順通りに押すと、「iTunesを示すマークとライトニングケーブルのイラスト」が示されたリカバリモードへとiPhoneが移行するため、iTunes上で復元したいiPhoneを選択します。 すると「復元」か「アップデート」か選べるようになるため、復元を選択するとiTunesに保存されているデータから復元が行われます。 iPhoneの復元に関する注意点 できれば失敗したくないiPhoneの復元を成功させるために、復元前に知っておきたい注意点が3つあります。 対象データは先にバックアップが必要 新しく購入したiPhoneにデータを復元するには、基本的に今使っているiPhoneでバックアップを行っておく必要があります。 機種変更で最新のiOS 12. 4以降が搭載されたiPhone同士であれば、クイックスタートというデータを丸ごと移行する機能が使えます。 しかし、突然データが破損したり、iPhone自体が壊れてしまったり、直接データの転送ができなくなるリスクもあります。 こまめなバックアップでいざというときに備えておくのがおすすめです。 IDやパスワードを忘れない iTunesを使ってバックアップする際のパスワードや、iCloudを利用する際のApple IDとパスワードを忘れないことが大切です。 しかし、IDやパスワードは普段利用しないとつい忘れてしまったり、設定した覚えがなく分からなかったりする場合があります。 普段から利用しているパソコンのパスワードを使ったり、バックアップと復元を行う直前に決めたりするのもおすすめです。 AndroidにはLineのトーク履歴が復元できない iPhoneからAndroid対応のスマホへ乗り換える場合、AndroidとiPhoneのLINEアプリそのものが異なるためトーク履歴は復元できません。 どうしても保存しておきたいトーク履歴については、トークルームごとにテキストデータにする方法もあります。 トークルームの右上にある三本線のメニューボタンをタップ• 設定ボタンをタップ• 「トーク設定」から「トーク履歴を送信」をタップ• 送信できるアプリの一覧の中から「メール」や「メモに保存」など好きな方法で保存 この方法では写真やスタンプ、音声ファイルは反映されませんが、トークルーム内で行った会話などをテキストで残せます。 復元にかかる時間を短くするには? パソコンにインストールしたiTunesで復元する場合は、復元するデータ内容を見直し、ほかのソフトを使わないようにすることで時間を短縮できる場合があります。 iCloudを利用した復元の場合は、復元するデータの見直しのほか、利用するWiFiを変えることで早く終わる可能性が高まります。 無料WiFiは人の少ない場所や時間帯を狙う• 特定の携帯電話会社と契約していないと利用できないWiFiを使う• データ量が多いときは自宅のWiFiやパソコンを利用する• モバイルWiFiルーターを借りる こうした工夫を通じて、復元にかかる時間を短くできるでしょう。 iTunesのバックアップパスワードを忘れた場合は? バックアップパスワードを忘れてしまった場合、「すべての設定をリセット」という機能を利用することで別のパスワードを設定できます。 ただし、忘れてしまったバックアップパスワードと紐づいているデータに、もう一度アクセスできるようになるわけではありません。 そのため、「すべての設定をリセット」を利用した後で、改めてバックアップを作るのを忘れないようにしてください。

次の

「iPhone SE」を格安SIMで使いたい! その際の注意点は?

格安 sim iphone バックアップ

iPhoneを格安SIMで使うための下準備の目次• 下準備に必要なもの 必要なものは格安SIMが使えるiPhoneとWiFi接続 無線LAN です。 iPhoneを買い換える場合は、データを移行するのにパソコンあると便利です。 格安SIMカードはこの時点では必要ありません。 下準備に必須なもの:格安SIMが使えるiPhone ・ドコモのiPhone ・auのiPhone 5s以上 ・ソフトバンクのiPhone 5以上 ・Appleストアで購入したSIMフリーのiPhone 5s以上 初めてiPhoneを使う場合に必須なもの:WiFi接続 初めてiPhoneを使う場合、iPhoneの初期設定でWiFi接続が必要になります。 WiFiが使えないと、初期設定ができなかったり、プロファイルをインストールできず、そのiPhoneではネットが使えないままになるので注意してください。 契約したUQ mobileの格安SIMを入れれば、iPhoneの初期設定やプロファイルの設定なしにネットが繋がります。 iPhoneを買い換える場合に必須なもの:WiFi接続 パソコンがあるとデータ移行が簡単 買い換えた新しいiPhoneの初期設定をするのにWiFi接続が必要になります。 データを新しいiPhoneに移行するのに、WiFi接続かパソコンが必要になります。 WiFi接続でもiCloudを使ってデータ移行ができますが、少し厄介なので基本的にはパソコンを使ってデータ移行をすることをオススメします。 自宅にインターネットがあれば、普通は無線LANがあるのでそれを使ってWiFi接続ができます。 他にネットにつながるスマホを持っていれば、そのスマホをテザリングすれば、新しいiPhoneの設定をするときにWiFi接続をすることができます。 ただし、データを移行するときにテザリングでWiFi接続をすると、GB単位のデータを消費する場合があるのでデータの移行をする場合はテザリングはあまりオススメではありません。 自宅にインターネットがない人でテザリングが使えない人、またはデータ移行をする人でパソコンを持っていない場合は、向かうべきはセブンイレブンです。 セブンイレブンに無料の無線LANが設置されている場合があります。 セブンイレブンの無料の無線LANを使うには、事前にユーザ登録が必要なので、ネットが使えるうちにユーザ登録をします。 無線LANが使えるセブンイレブンが近くにない場合、スターバックスでも同じようなサービスを行っています。 他にもやっていそうなところがあると思うので、iPhoneの設定を始める前にWiFiのあてをつけておいてください。 セブンスポットを含めた無料のWi-Fiについてはで詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。 初めてiPhoneを使う場合 初めてiPhoneを使う場合は、まず最初にApple IDを取得します。 Apple IDを使ってアプリの購入をしたりバックアップをしたり、その他にも色々使います。 Apple IDを作成したら次にiPhoneの電源を入れてください。 最初に表示される画面によって、設定の仕方が変わってきます。 ロック解除画面が出てくる場合 初めてiPhoneを使う場合はロック解除画面は出てこないはずですが、中古のiPhoneの場合はロック解除画面が出てくる場合があります。 電源を入れてロック解除画面が出てくる場合は、設定は簡単です。 指をスライドしてロックを解除します。 次に、WiFi接続をしてApple IDを設定します。 これで準備完了です。 の格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。 こんにちは画面が出てくる場合 こんにちは画面が出てくる場合はiPhoneの初期設定をします。 大抵はこの画面から始まります。 iOSのバージョンによって流れが少し変わると思いますが、基本的には下記のような流れで初期設定を行います。 WiFi接続ができない場合でパソコンを持っている場合は、下のほうにiTunesに接続というのがあるのでそれをタップすれば、WiFiなしでも切り抜けられますが、結局のところ設定をするにはWiFi接続が必要になります。 WiFi接続ができたと仮定して話を進めます。 これで準備完了です。 の格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。 今使っているiPhoneを新しいiPhoneに買い換える場合 データを移行する 何らかの理由で今使っているiPhoneを新しいiPhoneに買い換える場合、今使っているiPhoneのデータを新しいiPhoneに移してあげる必要があります。 移さなくてもいいですが、普通は移します。 パソコンを持っている場合はiTunes、パソコンを持っていない場合はiCloudを使えばデータ 写真やアプリや電話帳等 の移行をすることができます。 iCloudを使ってデータを移行する場合は、自宅の無線LANかセブンスポットが必要になります。 データを移行するには、今使っているiPhoneと新しいiPhoneのiOSのバージョンが同じでなければなりません。 例えば、今使っているのがiOS12. 1で新しいiPhoneはiOS12. 3の場合、両方とも最新のiOSにアップデートしておく必要があります。 今まで使っていたiPhoneをパソコンにつないでiTunesを起動すれば自動的にバックアップをとってくれますが、念のため手動でもバックアップをしておきます。 自動的にバックアップでこのコンピュータをチェックして、手動でバックアップで今すぐバックアップをクリックします。 バックアップ 同期 が終わったら、iPhoneをはずします。 続いて新しいiPhoneをパソコンにつなぎます。 移動といっても、今まで使っていたiPhoneのデータはそのままです。 続けるをクリックすればデータの移行が開始します。 しばらく時間がかかるので、のんびり待ちましょう。 ちなみに、ここでiOSのバージョンが異なっていると下記のようなメッセージが出てデータの移行ができません。 「このiPhoneは古すぎるためバックアップはこのiPhoneの復元には使用できません。 」 新しいiPhoneのiOSが古いためデータ移行ができないと言っています。 新しいiPhoneのiOSが使っていたiPhoneよりも新しければデータ移行できるのかどうか不明ですが、とりあえずiOSのバージョンは合わせておいたほうがいいと思います。 バックアップから復元をクリックすると、しばらくしてiPhoneが再起動したりなにやら更新をし出します。 わりと速くアップデートが完了します。 アップデートが完了するとiPhoneにこんちには画面が表示されます。 パソコンにiPhoneをつなげたまま作業を続けます。 これで今まで使っていたiPhoneのデータが全て新しいiPhoneに移行しています。 これで準備完了です。 の格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。 パソコンを持っていない場合 一番面倒なことになるのが、このパターンです。 iPhoneを使っていてデータを新しいiPhoneへ移したい場合で、パソコンを持っていない人たちです。 パソコンを持っていなくても、自宅に無線LANがあれば問題ないのですが、パソコンを持っていない場合は、多くの場合で自宅にも無線LANがありません。 他のスマホがある場合は他のスマホのテザリング経由でWi-Fi接続することもできますが、データ移行には大量のデータ通信が必要になるので、下手すると1か月分のデータ使用量がぶっ飛びます。 そういった場合は、セブンイレブンに無料の無線LANが設置されている場合があるので、セブンイレブンへGO! セキュリティ面に少し不安があるので、セブンイレブンの無線LANはそんなには使いたくありませんが、背に腹はかえられません。 自己責任で使いましょう。 無線LANの確保ができたら、今まで使っていたiPhoneを取り出して次に進みます。 5GBまでなら無料でiCloudが使えます。 アプリや音楽や写真で5GB以上ある人でも、基本的にカウントされるのは写真だけです。 写真が2000枚くらい保存されていなければ、無料でiCloudを使ったデータ移行ができます。 もし無料の5GBでは足りない場合、月130円払ってiCloudのバックアップで使えるデータ量を50GBに増量してください。 ちなみに自宅の無線LANだとバックアップに8分くらいかかりました。 バックアップデータも700MBくらいでした。 バックアップが完了したら、次に新しいiPhoneを取り出して、今まで使っていたiPhoneのデータをiCloudを経由して新しいiPhoneへ移動させます。 Step2:iCloudを使って新しいiPhoneでデータを復元 新しいiPhoneの電源を入れて「こんにちは」画面が出てくれば、そのまま初期設定を行いながらデータを移行します。 「こんにちは」画面が出てこない場合は新しいiPhoneのデータをリセットします。 これで今まで使っていたiPhoneのデータが全て新しいiPhoneに移行しています。 これで準備完了です。 の格安SIMカードをiPhoneに挿入するに進みます。 その他の格安SIM関連のお役立ち情報•

次の

大手キャリアから格安SIMに乗り換える前のデータバックアップについて

格安 sim iphone バックアップ

トップ画像引用元: 7月のおすすめ格安SIM:UQモバイル【PR】 画像引用元: 今月のおすすめ格安SIMはUQモバイルです。 UQモバイルで開催中のお得なキャンペーンを2つ紹介します。 1 他社からの乗り換え MNP で10,000円キャッシュバック UQモバイルオンラインショップよりSIMのみ契約し、スマホプラン(S・R)を選ぶと最大10,000円のキャッシュバックを受けることができます。 格安SIMのキャンペーンはポイント還元や月額割引などが多いので、現金のキャッシュバックは嬉しいところ。 2 スマホ端末が最大18,000円割引! 人気のスマホ端末をUQモバイルオンラインショップから購入すると、最大18,000円割引になります。 iPhone 7 32GB :18,000円• Xperia 8:25,200円• Galaxy A41:25,200円• OPPO Reno3 A:21,600円• AQUOS sense3:21,600円 UQモバイルはau傘下の格安SIMということだけあって、通信速度にはかなり定評があります。 紹介したようなお得キャンペーンも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。 各社で特色がはっきりしているので、月額料金の安さだけでなくユーザーが求めるメリットと業者側のメリットが合致する業者を選びましょう。 LINEモバイル 画像引用元: iPhone 11の利用用途がLINE等のSNSなら、カウントフリーアプリが多数存在するLINEモバイルがおすすめです。 業者名 LINEモバイル 月額料金 1,110円~ コミュニケーションフリープラン 月間データ容量 3GB~ 回線の種類 ドコモ、au、ソフトバンク回線 メリット LINE含むSNSがデータカウント対象外で使い放題 2~5ヶ月目の月額料金が半額 LINEモバイルの料金プランは3種類存在しますが、終了日未定の月額基本料5ヶ月間半額キャンペーンの対象となっている「コミュニケーションフリー」がおすすめです。 LINEモバイルは自社提供の LINE以外にもTwitter、Instagram、Facebookがデータフリー対象となっています。 コミュニケーションフリーの場合 データフリー対象のサービスは、どれだけ使っても使用したデータ容量に加算されないのでSNSを使い過ぎて速度制限に陥ることがありません。 LINEやInstagramで写真や動画を共有することが多い人、頻繁にSNSを更新する人はLINEモバイルを選ぶと良いでしょう。 業者名 ワイモバイル 月額料金 2,680円 スマホプランS 月間データ容量 3GB~ 回線の種類 ソフトバンク メリット 店舗数が多く対面の契約がしやすいので初心者向け ワイモバイルは全国4,000箇所も店舗があります。 中にはソフトバンクの店舗で併せて取り扱っていることも少なくありません。 スタッフと対面で相談や契約ができるので、初めて格安SIM業者に乗り換える人や手続きをどうしたら良いか不安に感じている人は、対面契約がしやすいワイモバイルを選ぶと良いです。 月額料金も格安SIM業者の中では安い方なので、大手キャリアから乗り換えると毎月の通信費を大幅に節約可能です。 業者名 UQモバイル 月額料金 1,980円~ スマホプランS 月間データ容量 3GB 回線の種類 au メリット Try UQ mobileで契約前にお試し可能 UQモバイルは「Try UQ mobile」で契約前に15日間無料お試しが可能なので、自身の環境で通信が出来るか、使い勝手はどうか試すことが可能です。 iPhone 11のSIMを差し替えるだけでUQモバイルが使えるか試せるので、 au回線が使えるか不安、どれだけ速度が出るのか試したい人に向いています。 Webから申し込みも出来ますが、近くにUQモバイルの店舗がある人は、すぐにでも「Try UQ mobile」を利用できるので店舗で申込むと良いでしょう。 1Mbpsの通信速度ならYouTubeの標準画質 360p の動画は問題なく見られるので、一般的なSNSやWeb検索なら速度制限でも問題なく利用出来ます。 自宅にWi-Fiが無い人、一般的な使い方しかしない人なら楽天モバイルのスーパーホーダイを契約すれば、お得な料金で高速通信が実質使い放題になるでしょう。 業者名 BIGLOBEモバイル 月額料金 400円~ 音声通話SIM特典利用時の2~6ヶ月目の料金 月間データ容量 3GB~ 回線の種類 ドコモ、au メリット 音声通話SIM特典を利用すると月額料金が400円~で利用出来る BIGLOBEモバイルはプラン料金値引き特典で、初月無料・開始翌月から月額400円で6ヶ月間利用可能なので、月額料金の負担が最も抑えられる格安SIM業者になっています。 7ヶ月目以降は月額1,600円~から利用できるので、大手キャリアと比較しても安い月額料金を維持しているのも魅力です。 更にYouTubeやApple Music、Facebook等がカウントフリーになる「エンタメフリーオプション」も6ヶ月間無料で利用できます。 これで使用データ容量の節約が可能です。 プラン料金値引き・エンタメフリーオプション初回申し込み特典は、 2020年3月31日までの特典なので、早めに申し込みましょう。 一般的なMNPと流れは一緒でiPhone 11だからといって、特別な操作は必要無いので手順に沿って行えば簡単に乗り換えられるでしょう。 格安SIMで利用するにはSIMロック解除が必要• SIMロック解除する為の日数や支払い条件がある Apple Storeと異なり分割支払いでも購入できるので、お財布に余裕が無い人や今は乗り換える予定は無いがiPhone 11は購入したい人におすすめです。 反面、ネックとなるのがSIMロックの存在で、SIMロックがかけられている状態だと格安SIM業者で使えない、使えても同一キャリアの回線しか使えないiPhone 11になってしまいます。 SIMロック解除は原則購入したキャリアで行うので、iPhone 11を購入したら乗り換え前に必ずSIMロック解除を行ってから、格安SIMを申し込みましょう。 中古ショップで購入する場合 Webや街中に存在する中古の携帯電話を取り扱う中古ショップでiPhone 11を購入するのが第3の方法で、以下のメリットがあります。 iPhone 11は最新モデルなので、中古ショップでの流通数がまだ少ない• SIMロック解除されていないiPhone 11も販売されている• 赤ロム購入は前の持ち主が原因で回線が止まってしまう危険性有• Webの中古ショップでは現物を見ることができない 価格が安い分、様々な理由でiPhone 11が利用出来なくなる危険性を孕んでいるのが中古ショップなので、 携帯電話に詳しい人や価格の安さを徹底追及する上級者向けの方法です。 しかし「店頭のデモ機」「利用してすぐに機種変更された新古品」「小さな傷がついただけ」の掘り出し物が見つかるのも中古ショップならではの魅力と言えます。 目利きに自信がある人は中古ショップでiPhone 11を探して格安SIMを契約してみるのも良いでしょう。 手順2:キャリアでMNP予約番号を取得 SIMフリーまたはSIMロック解除済みのiPhone 11を入手したら、次は移転元のキャリアからMNP予約番号を取得します。 MNP予約番号の取得は移転元キャリアのホームページ、またはカスタマーセンター等で発行される仕組みです。 MNP予約番号は発行して2週間が有効期限ですが、余裕を持った手続きを進める為に10日間以上の有効期限を持ったMNP予約番号のみ受け付ける格安SIM業者も存在します。 手順3:格安SIMに申し込む MNP予約番号とiPhone 11を手元に用意できたら、いよいよ乗り換え先の格安SIMにMNPによる乗り換えを申し込みます。 乗り換え先の格安SIM業者のホームページにアクセス• MNPによる乗り換えを申し込む• ホームページの案内に沿って情報やMNP予約番号を入力• 「iPhone用のSIMカードのみ発送」で申込んで審査待ち• 審査が完了したらSIM発送 格安SIM業者によって手続きの内容は変化しますが、大体上記の手順が格安SIMへの乗り換え手順になります。 審査に問題が無ければ、 SIMカードは申込んで数日で発送されるので、手元にSIMカードが届くまでの間にデータのバックアップやアプリの引き継ぎ、iPhone 11のアクティベート等の準備を行っておきましょう。 手順4:届いたSIMを入れ替えて初期設定をする 格安SIMのiPhone用SIMカードが手元に届いたら、iPhone 11にSIMカードを差し込んで回線切り替えの手続きを行います。 回線切り替えの手続きが完了後、移転元のキャリアは自動で解約されるのでiPhone 11の初期設定とデータの引き継ぎを行って格安SIMへの乗り換え手続自体は完了です。 APN設定も忘れずに行っておこう 回線切り替えが終わったら、格安SIMの通信が使えるようにiPhone 11のAPN設定も忘れずに行っておきましょう。 iPhoneシリーズのAPN設定は、乗り換え先の格安SIMホームページからプロファイルをインストールするのが主流です。 この方法では Wi-Fiが必要になるので、自宅のWi-Fiや公衆無線Wi-FiでプロファイルをインストールしてAPN設定を行いましょう。 」これも多くのユーザーが気になるポイントです。 今回はiPhone 11を既に入手済み・機種代金も全額支払い済みと仮定して、LINEモバイルとドコモを例に料金を比較してみましょう。 また、どちらも3GBの料金で比較をしていきます。 格安SIMの料金 格安SIMは LINEモバイルを例にして比較をしていきます。 LINEモバイルでiPhone 11を持ち込み新規契約した人が、1年間利用した時の料金が下記表です。 データ容量も月3GBまで利用可能で、更にコミュニケーションフリープランならSNSがデータカウント対象外なので、SNSをたっぷり使う人はお得に利用出来るでしょう。 大手キャリアの料金 大手キャリアは、 ドコモを例にして比較していきます。 ドコモのギガライトをLINEモバイルのコミュニケーションフリー 3GB と同じ条件で比較したのが下記表です。 更に定期契約ありだと契約期間中に解約すると、契約解除料 違約金 が発生する縛り期間があります。 格安SIMと大手キャリアを比較した結果 ドコモとLINEモバイルの月額料金と1年間利用し続けた場合の金額は、 約2. 5倍近くドコモの方が高くなる結果になりました。 LINEモバイル:19,210円• ドコモ:50,760円 料金の安さは格安SIMの魅力なので、月額料金を安く抑えたい人は格安SIMに乗り換えた方がお得と言えるでしょう。 他の大手キャリアと格安SIMの料金プランを比較しても、同じく格安SIMの方が安くなります。 格安SIMでiPhone 11を使う際の注意点 最後に格安SIMでiPhone 11を使う際の注意点を2つ紹介します。 SIMロックがかかっているか確認 iPhone 11をキャリアや中古ショップで購入した場合、 SIMロック解除されていないと格安SIMで使えない、または使える回線が限定されてしまいます。 同じキャリアの回線でもSIMロック解除されていないと使えないケースもあるので、iPhone 11を購入する時はSIMフリーもしくはSIMロック解除済の物を選びましょう。 キャリアで購入したSIMロック状態のiPhone 11は、条件を満たせば契約者本人の申し込みでSIMロック解除が出来るので、格安SIMに乗り換える前に必ず行っておきましょう。 iPhone 11とセットで購入できる格安SIMはない iPhone 11をセット購入できる格安SIM業者は無いので、iPhone 11を格安SIMで利用したい場合は別途用意しなくてはいけません。 2020年の春に販売が噂されるiPhone SE2であれば格安SIMでも取り扱う可能性はありますが、2020年2月時点で最新iPhoneを格安SIMで使うには、ユーザーの持ち込み新規だけです。 iPhone 11は格安SIMでお得に運用しよう! iPhone 11を格安SIMで利用するには「大手キャリアでiPhone 11に機種変更して乗り換える」「Apple Storeや中古ショップで購入して持ち込み新規」になります。 月額料金は格安SIMの方が安く、また格安SIM業者によって特色がハッキリしているのでユーザーの好みに合う業者があれば、iPhone 11をより快適に利用出来るでしょう。 iPhone 11を別途用意する必要はありますが、格安SIMとiPhone 11の相性は悪くないので積極的に乗り換え・持ち込み新規を行うのがおすすめです。

次の