自衛隊 ジープ。 自衛隊|中古車|ジモティー

陸自の足「1/2tトラック」とは 「隊内で最もありふれた車両」はどんなクルマ?

自衛隊 ジープ

東洋一大きいと言われた川西格納庫(兵庫県)にずらり並んだ米軍の軍用車 (『科学の友』1947年12月号より) 昭和20年8月に敗戦すると、まもなく日本各地に進駐軍がやってきました。 たとえば神戸には9月24日から3日間にわたって進駐軍が来たのですが、その3日間は各所で交通規制が行われ、学校も休みになりました。 当時少年だったイラストレーターの妹尾河童さんは、列をなしてやってくる米軍を沿道で眺めることにしました。 以下、そのときの様子です。 《小銃だけでなく、ジープという機動力のある車も凄かった。 日本軍の歩兵部隊にはこんな車はなかったし、ただひたすら歩いて戦っていたのだ。 (中略) Hは、次々とやって来て通過する幌付きの軍用トラックやジープの列を見ながら、「同じ軍隊でも、日本軍とえらい違いや。 アメリカ兵は陽気やなぁ」と思った。 沿道の市民も同じことを感じたのか、この間まで「鬼畜米英」といっていたアメリカ兵に手を振っていた》(『少年H』) 戦前の日本にも車はありましたが、今から見ると非常にレベルの低いものでした。 ガソリンがないため、戦争末期には木炭で動くまであったほどで、当時の日本人にとってジープは本当に驚きでした。 こうして進駐軍と言えばジープ、ジープと言えばアメリカ兵といったイメージが固まったわけです。 日本が誇る木炭自動車 せっかくなので、もうひとつジープのエピソードを書いておきましょう。 当時もっとも繁華街だった浅草で、作家の高見順は無茶をするジープを見かけ、ひどく腹を立てました。 以下、『終戦日記』より。 《ジープが来た。 日本の女が乗っている。 群衆の中にジープは割りこんでくる。 どうするのかと思って、見ていたら、ジープは人がいっぱい詰まっている狭い仲見世に闖入(ちんにゅう)して行った。 「ここは通れない」と、ジープに乗った女が注意すればいいのにと思ったが、ジープに乗っている女などは、変な優越感でも感じているのか、ジープはそのまま、仲見世の雑踏の中へ割り込んで行った。 観音様がここに出来て以来、仲見世を通る自動車というのは、これが初めてであろう》(昭和21年2月3日) 浅草寺の参道を驀進するジープ。 これってすごい状況ですが、こうした無茶も、日本人の少年には非常に魅力的に映ったことは想像にかたくありません。 で、実は当時の少年向け雑誌には、ジープの記事がかなり多いのですな。 「ジープ百面相」というイラスト記事(『科学の友』1946年4月号) 1948年当時のジープは最高時速105キロ。 馬力は最大で60馬力なので、30度くらいの急勾配も上れました。 重心がきわめて低いことから50度まで傾けても横転しません。 さらに前面ガラスを倒すと背が低くなるため、飛行機で運ぶことも可能でした。 それでいてガソリンタンクや電灯は上の方に置かれていたため、川を渡ることも問題なし。 ついでにボルトやナットの種類が少ないため、整備も簡単でした。 ジープの最大の魅力はホイールベースの距離が短いことで、これにより最小回転半径が約5メートルと、狭い道路でも簡単に方向転換できました。 まさに軍用車としてぴったりだったわけです。 日本の自衛隊でも活躍中の三菱ジープ 現在、ジープは米クライスラー社のブランドですが、もともと米陸軍が各メーカーに注文していたため、いろんな種類がありました。 具体的には1940年にバンタム自動車(後に倒産)が70両を試作。 49日間の陸軍公式テストを受けた後、1500両の注文を受けました。 さらにフォードが1050両、1941年にはウィリス・オーバーランド社が3万両製造しています。 なんだか、経営難に苦しむアメリカ自動車産業の苦しみが伝わりますな。 ところで、戦後日本に入ってきたアメリカ車はジープだけではありませんでした。 物資豊かな米軍はなんと260種類もの車を持ち込んでいたのです。 そして、1947年の終わり、日本復興のために1万7000両に及ぶ軍用自動車を払い下げてくれたのです。 どういう自動車が払い下げられたかというと…… 制作:2009年2月1日 <おまけ> アメリカ自動車産業のビッグスリーとは、言うまでもなくゼネラルモーターズ(GM)、フォード、クライスラーですが、一番歴史があるのが1903年6月16日に創業したフォードです。 フォードはビッグ3の中でもっとも経営状態はいいのですが、それでも2008年通期決算で1. 3兆円の赤字を記録してしまいました。 いったい米自動車産業はどうなるんでしょう? フォードは世界の自動車王と呼ばれたヘンリー・フォード1世が作ったわけですが、その第1号車(1896年)と大量生産に成功した工場の写真(1913年)を公開しときます。

次の

赤十字マークの救急車あまり見ないワケ 自衛隊では逆に一般的なのも実は同じ理由

自衛隊 ジープ

**************************************** 8 8 陸上自衛隊のジープ (木暮 修) 六二式7. しかし、陸上自衛隊は、各種の車輛を多数装備しており、優秀な機動力をもつ部隊によって構成されている。 ちなみに、自衛隊の普通科師団は実質的には自動車化歩兵師団である。 一九五〇年 (昭和二十五年)に「警察予備隊」として発足した当時は、小銃をはじめ各種装備の大部分をアメリカ軍からの供与でまかなっていた。 車輛も例外でなく、数台のウィリスMBジープとGMCカーゴ・トラックを使用していた。 そして「保安隊」をへて、一九五四年 (昭和二十九年)に防衛二法が成立し「陸上自衛隊」へと移行した。 この頃には、日本の工業、経済も復興して、装備品国産化の気運も高まってきた。 車輛についても、のちに六一式として制式化された試作戦車の研究開発に着手したのをはじめ、民間には、すでに出まわっている車種、つまりトラックなどの後方支援車輛は、国産品が採用されていった。 そして、アメリカ軍からの供与のジープも国内のメーカーがライセンス生産を始め、さらに一九六二年 (昭和三十七年)に装備の無償供与が中止されると、全面的に、国産のジープが配備されることになった。 現在では、ジープに限らず装備品のほとんどが国産されているのである。 陸上自衛隊のジしフは、車種でみると二つの型式が使用されている。 これは制式名だが前者を「ジープ」、新型の後者を「改ジープ」と呼ぶ場合もある。 自衛隊内部でも、いずれも「ジーブ」というのが一般的なようだ。 この二種類のジープは、三菱自動車がジープ・コーポレーション (旧ウィルス)とのライセンス契約によって生産しているものであり、いわゆる「三菱ジープ」である。 初期には、ウィルスM38型ジープをベースに改良されたJ3型にはじまり、現在までに何度かのマイナーチェインジがなされ、三菱独特のものとなっている。 型式の種類も多く、古いものは三菱が生産を開始した当初の左ハンドルでラジエイター・グリルの上には、三菱のマークとウィリスのマークがならんでついていた型もある。 エンジンは排気量二四〇〇ccのデイーゼルで、出力七〇馬力、鍛高速度は時速九五キロである。 民間に市販されているタイプと性能、外形とも大きな違いはないが、無線機やそのアンテナの取り付け具、運転席のわきには、オノやスコップが常装されていることや助手席前のパネルに防衛庁への納入を示すプレートがついているのが特徴である。 「七三式小型トラック」は、一九七三年 (昭和四八年)に数種のトラックとともに制式化された新型のジープである。 まずエンジンが排気量二六〇〇ccとなり、出力八〇馬力、最高速度も時速一〇〇キロに向上した。 車体も全長が約四〇センチほど伸びて三・七五メートルになり、積載量が三四〇キロに増した。 このように性能、大きさともに余裕をもっているため、武器搭載型のジープもこの型に更新されつつあるが、現在、主に部隊配備されているのは、師団の司令部付隊や各部隊の本部管理中隊などである。 つまり、陸上自衛隊には野戦における指揮通信の専用車がないので、七三式小型トラックは、どちらかといえば、この目的のための幹部 (将校)用の性格が強いといえるだろう。 これは、偵察隊などの一部のジープを除いて、無線機を搭載しているジープの多くが七三式小型トラックであることからもうかがえる。 陸上自衛隊では、各種のジープを普通科師団の場合、甲師団 (九〇〇〇人編制)は約五〇〇輛、乙師団 (七〇〇〇人編制)は約四〇〇輛もっているので、総数は相当の数にのぼる。 オーリブドラブの単一色で塗られたジープは、街で見かけることもあり、戦車などよりも市民に近い自衛隊の代表的車輛といえる。 このほかに、自衛隊のMP (憲兵)である警務隊のジープは塗装が白で、パトカーとして使用されている。 サイレンとフロント・ウィンド・シールドに赤色回転灯をつけているのは、災害派遣の際の部隊の先導車である。 武器搭載型で代表的なものは、六〇式一〇六ミリ無反動砲搭載のジープだろう。 これは普通科師団の主力付戦車装備である。 73式小型トラック。 下はその救急車型(第12衛生隊、中央のみ第12師団司令部付隊) 普通科師団は、付戦車戦闘専任部隊として付戦車隊をもち、甲師団で四個小隊 (乙師団は三個小隊)で構成されている。 付戦車誘導弾「マット」も装備しているが、ジープ搭載の六〇式一〇六ミリ無反動砲四門を装備している小隊がほとんどである。 対戦軍隊のほかにも普通科連隊の普通科中隊に無反動砲一個小隊があり、装軌・装甲の六〇式一〇六ミリ自走無反動砲を装備している小隊もあるが、多くはジープ搭載のものである。 これは、自走無反動砲にくらべて、一輌あたりの価格がジープの方が安いからだが、もう一つの理由は、その運用上、道路の整備された日本国内では、装輪車でも充分であると考えられているからだろう。 無反動砲搭載型ジープの外形の特徴は、車体の後部が張り出し、砲の三脚架によってとられてしまう砲弾を積むスペースをおぎなっている。 フロント・ウィンド・シールドは、射撃時以外に砲を下げて固定した場合のために、まん中で切れ込んでいる。 また、無反動砲は射撃時に後方へ爆風が出るのでスペアー・タイヤ、予備燃料缶などは、すべて車体側面に取りつけられている。 このため、一九八ー年 (昭和五十六年)から、七三式小型トラックに車体を更新することが決定されている。 これも無反動砲搭載ジープと同じく、六四式対戦車誘導弾搭載専用の車体となっている。 六四式対戦車誘導弾は、基礎訓練用の誘導弾が裸出したタイプもあるが、車戦用は、箱型の発射機になっている。 これを車体後部に二基とりつけるわけだが、車体に直接つけられているのは、発射機をのせる架台だけである。 架台は後車輪の上の両側にあり、射撃時には車体側面から発射機が張り出した状態になる。 架台は車体の接続部で内側に回転するようになっているので、移動などのときは、発射機が後部座席上の位置にくる。 なお、発射機を架台から外して地上からも発射できる。 このジープも対戦車隊に配備されている。 対戦軍隊は、A小隊とB小隊が各二個ずつで、六四式対戦車誘導弾装備は、A小隊のみである。 残りの小隊は、無反動装備である。 ミサイル発射機二基、つまり対戦車誘導弾搭載ジープ一輛で一個班、四個班で一個小隊なので対戦車隊は、発射機一六基をもっているわけだ。 しかし、第四次防衛力整備計画では、このように対戦車隊を対戦車誘導弾と無反動砲を半々にする予定だったが、実際のところは対戦車誘導弾の配備がすすまず、六四式対戦車誘導弾搭載ジープの数は、無反動砲搭載ジープより少なくなっている。 すでに、この六四式対戦車誘導弾も旧式化してきたので、一九七九年に、この後継として通称「重マット」という「七九式対舟艇対戦車誘導弾」が制式化されたので、いずれ、これもジープに搭載されると予想される。 無反動砲や対戦車誘導弾搭載のジープが重式装とすれば、軽装備は機関銃を搭載した偵察隊のジープである。 機関銃用の架台は運転席後部の中央に設けられ、右側後車輪の上に無線機がとりつけられている。 師団の偵察隊は、情況によってやや異なるが、このタイプのジープ一輛とオートバイ四輛を最小の組合せとして運用する。 また一部だが、六二式機関銃より大型のブローニングM2一二・七ミリ重機関銃を搭載しているものもある。 ジープやトラックの荷台は、迫撃砲の発射時の衝撃をささえるには、強度が不足だからである。 それに迫撃砲の射撃操作は、ジープの車上では、せますぎて不可能である。 このほかにも陸上自衛隊だけでなく海上自衛隊の陸上部隊や航空自衛隊にも多数のジープが使用されている。 また、ちなみに四輪駆動車はジープ以外に、航空基地などにおいてトヨタの「ランド・クルーサー」とニッサンの「ニッサン・パトロール」の自衛隊向け仕様車が使用されている。 車輛に限らず、兵器の価値は実戦によってしか実証できないものである。 陸上自衛隊の戦車や自走砲などの装甲戦闘車輛は、極端ないい方をすれば、演習場の中を走りまわっているだけなので、その価値を正確に評価することはできないがジープは通常も、その本来の目的で使用されているので、信頼性が高い車輛といえるだろう。 また実用面では、戦車などの車輛は生産から整備や修理も専門のエンジニアをはじめ工具、治具などを必要とするのに対してンーブは本質的には乗用車とかわりなく、いざという時に協力を得ることができるのならば、民間の自動車整備工場においてでも整備や修理が可能である。 なにしろ自衛隊で最も数の多い車輛なので、自衛隊内だけの整備や修理の処理能力には限界がある。 民間によって修理できれば、稼動率を高めることにもつながるであろう。 戦車などにはない強昧といえる。 多用途車としてジープは、第二次世界大戦以来、実に長く第一線にあり、自衛隊のジープも実用性、信頼性は高く、今後も永く使用されることだろう。 ****************************************.

次の

赤十字マークの救急車あまり見ないワケ 自衛隊では逆に一般的なのも実は同じ理由

自衛隊 ジープ

オーナーはこれまで、さまざまなクルマを乗り継いできた。 バモスホンダ、ユーノス・ロードスター、三菱・J54ジープ、BMW・325i、三菱・J55ジープ、フィアット・ムルティプラなど実に多彩だ。 幼い頃に父親が乗っていたキャンバストップのバモスホンダに影響され、歴代の愛車にはオープンカーが多いという。 このH-J46型ジープの屋根は幌だ。 相当な時間を掛ければ、オープンになる仕様である。 年式は1978年式で、珍しい9名乗車だ。 1998年に手に入れてから、走行距離は現在約15万キロで、購入後からは10万キロほど走っている。 駆動方式は4WD。 水冷4気筒OHCの4G53型ガソリンエンジンが搭載され、最大110馬力を発生する。 ジープのルーツは、米国のアメリカン・バンタム社が軍用車として開発した車輌だ。 1949年にはウイリス・オーバーランド社と倉敷レイヨン 現kuraray が共同出資し、日本での販売店として倉敷フレーザーモータースを設立。 1950年には警察予備隊 後の自衛隊 の設置とともに、翌年より米軍からの貸与という形で採用された。 1953年からは部品を輸入して国内で組み立てるノックダウン生産がスタート。 林野庁向けのJ1、保安隊向けのJ2、民間向けのJ3等が生産された。 余談だが、この組み立てが三菱に決まったのは、朝鮮動乱の後方で車輌修理を行っていた実績や、倉敷フレーザーモータースからの後押し、保安隊からの奨励等があったとされている。 こうしてジープは、改良やラインナップの拡大を繰り返しながら「国産ジープ」へと独自の進化を遂げた。 生産を終える1998年までの46年間、戦後の再建を支え、生産を終えてからも多くのファンに愛され続けている。 オーナーのジープH-J46型も、国産ジープとして進化を遂げた「バリエーション」のひとつだ。 「この個体は、もともと消防車なんです。 ボディも地は赤なんですよ。 民間ではディーゼルエンジンのジープが好まれていましたが、当時のディーゼルは掛かりが悪かったので、消防では緊急性を重視してガソリンエンジンの個体が主流でした。 納車当時は赤いフォグランプが付いていましたし、団の看板の跡など、消防車の名残があちこちにありました」 とオーナー。 なんと「リアルじぷた」だった。 もともとは消防車だったというこの個体を維持しているコツやこだわりを伺ってみた。 「とにかく乗ること、タイヤを太くしないこと、錆びさせないことでしょうか。 仕事も含めて週に4日は乗っています。 水が抜けないとやはり錆びてきますので」 この個体と出会ったきっかけは? 「この個体は私で4オーナー目です。 実は以前にも三菱ジープK-J54型を所有していたのですが、結婚のタイミングで一度手放してユーノス・ロードスターに乗っていました。 そのうち子どもができ、臨月に入った頃にジープ仲間から買わないかという話が舞い込んできまして、ファミリーカーという口実で即決してしまいました。 それまでずっとジープを探していて『今度乗るならこれだな』と思っていましたから。 妻には事後報告でしたが 笑。 4リッターのガソリンエンジンで、幌屋根の9人乗りジープは500台程度しか生産されなかったとか。 屋根が幌なのは、船積みの際の容積を減らすことが目的だったようです。 副次的に、幌屋根だと貨客兼用登録でも、積載量0kgまで乗車定員を稼げます。 当時の法規では、幌屋根は特殊扱いなんです」 20年乗り続けるなかで、モディファイした箇所はあるのだろうか? 「オリジナル度はかなり高いです。 今までに自分で作業をしたといえばまず、フロントのトウバーの取り付けですね。 後ろにトレーラーを引っ張るためのピントルフックが付いていて、ジープ同士も連結できます。 つまり、理論上8輪駆動にできるわけです。 それから、部品交換会にて格安で手に入れた部品を取り付けています。 ウインカーガード・ライトガード・アンテナブラケット・ジェリカンホルダー ガソリン携行缶ホルダー などです。 DIYでダッシュボードを加工してステレオを埋め込んだりもしています。 あとは、3~4年に一度、ボディにラッカーペンキを刷毛で塗り足しているくらいです」 「乗るとホッとするところかな。 幌屋根特有の『穴蔵感』みたいな安心感がありますよね。 『ジープを着る』という表現がふさわしいのかもしれません。 純粋な道具としてシンプルな存在であるところが魅力だと思います。 あるいは『やせ我慢の美学』が内在しているところでしょうか。 現代のクルマとは違って、不便でうるさくて、燃費も悪くて、しかも雨に濡れるクルマです。 何もいいところがない、けれどそこが好きという人が多い。 四駆好きではなくジープが好き、ジープでなければ乗りたくないという人ばかりです。 相当のかぶき者ですよね 笑。 ジープに乗っていると、よくわからない自分の屁理屈が出せる、そんな天邪鬼な人が魅力を感じるクルマなんじゃないかなと思います」 愛車紹介 新着記事• 2スト好きライダースカフェオーナーのマツダ・ポーター KBAA33型• 現役タクシードライバーを唸らせた直感性能。 2012年式トヨタ オーリス 150X Sパッケージ NZE151H型• 24時間・365日戦うオーナーを魅了する愛車。 2014年式日産GT-Rブラックエディション R35型• エンジンルームから下まわりまで磨き上げられた程度極上のニーナナレビン• モディファイの原点は、幼少期に味わった実姉の手料理。 1983年式三菱ミニカ エコノ A107V型• 16歳から共に苦境を乗り越えてきたパブリカ・デラックス(UP20)• 昭和の雰囲気を色濃く残す愛車に魅力を感じて。 1998年式日産セドリック バン V20E DX VY30型•

次の