あみぐるみ 編み 図 作り方。 初心者・未経験者でも大丈夫!あみぐるみ作りの基礎|手芸|趣味時間

あみぐるみの猫が編みたい!!編み方は?初心者でも簡単な方法を紹介!!

あみぐるみ 編み 図 作り方

小さめのかぎ針を使う これはあみぐるみ界では常識中の常識ですが、同じ糸でも編む針の太さによって編み目の大きさも異なります。 上に3つのボールの写真があります。 同じ毛糸。 同じパターン。 つまり同じ目の数で編んだのですが、編んだかぎ針のサイズが違います。 私自身このボールを作ってちょっとビックリしたんですが、かぎ針のサイズでこんなに出来上がりの大きさというか、目の大きさが違うんです。 あみぐるみの場合、編み目と編み目の間から中に詰めている綿が見えないのがヨシとされているので、小さめのかぎ針で目をつめた方がいいのです。 また、小さめのかぎ針で編んだ方が、硬めに仕上がるので、ヨレヨレではなくシャキッとした感じに仕上がります。 なので、皆さんの編み方の硬さにもよりますが、毛糸の帯に書いてあるオススメのかぎ針のサイズより1〜3号小さめのかぎ針を使った方がいいと思います。 正式名称がわからないので、私は勝手に「ペロペロキャンディー」と「バームクーヘン」と区別したのですが、段を編み終えた時、引き抜き編みをせずすぐ次の段の目を編んでいくと、ペロペロキャンディーのようならせん状の目ができます。。 段を編み終えた時、引き抜き編みをして立ち上がりのくさり目を編んでから、進むとバームクーヘンのような輪を重ねていくような目ができます。 どちらもメリット・デメリットがあります。 つなぎ目 バームクーヘンの編み方だと、どうしても引き抜き編みとくさり目の部分のつなぎ目が目立ってしまいます。 これは特に海外のクリエーターの方が強く嫌う傾向があるかと思います。 段の始まり 逆につなぎ目が目立つということは、バームクーヘンだと、段の始まりが一目瞭然ということにもなります。 ペロペロキャンディーだときちんとマーカーを付けておかないと、段の始めを見つけるのは容易ではありません。 色を変える時 ペロペロキャンディーだと段のつなぎ目がかみ合っていないため、色のつなぎ目がずれてしまいます。 インビジブル 減らし目 あみぐるみで減らし目をする時、目と目の間が開いてしまったり、「あ、ここ減らし目をしたな」って明らかに他の目とは違くなってしまったことはありませんか?減らし目をする時のちょっとした工夫で、出来上がりに大きな違いが出てきます。 上の写真、左が普通の減らし目で閉じたボール。 右がインビジブル減らし目で閉じだボール。 インビジブル 減らし目の方が、目の隙間がなくスムーズなのがご覧いただけますか?このインビジブル減らし目。 本当にオススメです。 インビジブル 減らし目だけの動画も作りました。 スティッチマーカー 編み物をする時、スティッチマーカーを使う方はいっぱいいらっしゃるかとは思いますが、このスティッチマーカーのやり方は、特にペロペロキャンディーで編んでいる時にオススメです。 やり方は簡単で、段の編み終わりに要らなくなった毛糸の切れ端を前、後ろと交互に挟んでいくだけ。 また増やし目を止めた段や、何か印をしておきたい段は挟んでいる糸をわざと緩めにしておけば、それが目印になります。 上の写真は、私がボールを作った時のものなのですが、グレーの糸がプクッとなっているところは、増やし目を止めた段。 減らし目を始めた段の印になっています。 なので、もっとボールを大きく、又は小さくしたい時は、プクの所まで戻ればいいのです。 また毎回同じ場所で減らし目・増やし目をしていると、その編み目がライン状に見えます。 上の写真、左が毎段同じ場所で増やし目をしたもの。 右が毎段増やし目をする場所を変えたもです。 綿をつめる時 あみぐるみを閉じる前、最後の何段かはあみぐるみの中に綿が入った状態で編み進めないとですよね?その時、綿を毛糸と一緒に編み込まないようにするのは結構大変ですよね。 綿を編み込んだつもりはないのに、出来上がりをみたら綿がはみ出てたり・・・なんてことも、私にはあります。 って、これはわかりやすいように大げさにちょっと綿を出してみました。 あみぐるみの作品から中身の綿が出てしまった場合、引き抜くのではなくハサミを使いましょう。 引っ張ってしまうと、次から次へと中から綿が出てくるので要注意です。 最後に 以上の6つが、私が思うあみぐるみを作るときに知っておいた方がいいな。 と思うティップでした。 こちらがその動画です。

次の

初心者でも失敗しないあみぐるみの作り方

あみぐるみ 編み 図 作り方

2重の輪のつくり目• 糸を30cmほど引き出します• 小指の後ろから糸端を通します• 中指と薬指の前を通して、人差し指の後ろから手前に糸をかけます• 中指と薬指の後ろに糸を回し、2回巻きつけます• 1段目を編みます 軽く手を握ります• 指先側からかぎ針を入れ、3本の糸の下をくぐらせます• 糸をかけます• 糸を引き出します 2重の輪のつくり目が完成しました 1段目• 1段目の細編みを輪に編みつけます• 輪にかぎ針を入れ、糸を手前に引き出します• かぎ針に2本のループがかかりました• かぎ針に糸をかけて2本のループの中をくぐらせます• 細編みが1目完成しました• 同様に細編みを輪に編みつけていきます 輪の引きしぼり• 編み地を指から外します• 左手に持ち替えます• 糸端を少し引きます• 片方の輪が縮みます• 縮んだ方の輪を時計回りに引きます もう片方の輪が見えなくなるまで糸を引きます• もう片方の輪が縮んで見えなくなります• 再び糸端を引いて輪が見えなくなるまで引き切ります• 2重の輪が見えなくなりました• ループにかぎ針を戻します• 毛糸玉の側の糸を引いてループを引き締めます 引き抜き編み• 1目めの細編みの頭目にかぎ針を入れます• 糸をかけてすべてのループの中を引き抜きます• 1段目が編みあがりました• 2段目の立ち上がりのくさり編みを1目編みます 増目• 1段目の1目めの頭目にかぎ針を入れます• 細編みを編みます• 再度1目めにかぎ針を入れて細編みを編みます• 増目ができました• 編み終わりの糸端を20cm程度残して切ります 編み止め• くさり編みを編んでそのまま糸端を引き出します• 糸端をしっかりと引いて引き締めます わた入れ• 編み終わりの穴からわたを詰めます• ちぎったわたをピンセットでつまみます• 穴に押し込みます わたはたくさん入るのでしっかり詰めます• 針に糸を通す• 糸端に針穴を重ねて糸端を2つ折りにします• 折り目を指ではさんで針だけを引き抜きます• 糸の折り目に針穴をあてて糸を通します しぼり止め• 1目めの頭目の裏側から針を通して糸を表に出します• 2目から頭目の手前1本をすくって1周します• 引き抜き編みの手前1本をすくいます• 最後に1目めの頭めの手前1本をすくって糸を引きます• しっかりと引きしぼります• しぼり目から針を入れて糸始末します• わたの中を通して針を側面から出します 糸始末• 玉止めをします• 糸が出ているところに針を戻します• わたの中を通して針を出し、玉止めを引き込みます• 玉止めはせずに2回ほどわたの中に糸を通します• 編み地の際で糸を切ります• くさり編み• 細編み• 中長編み• 長編み• 長々編み• 三つ巻き長編み• ロール編み• 引き抜き編み• バック細編み• 細編みのすじ編み• 中長編みのすじ編み• 長編みのすじ編み• 細編みのうね編み• 細編みの表引き上げ編み• 中長編みの表引き上げ編み• 長編みの表引き上げ編み• 細編みの裏引き上げ編み• 中長編みの裏引き上げ編み• 長編みの裏引き上げ編み• 細編みのリング編み• 細編み2目編み入れる• 細編み3目編み入れる• 中長編み2目編み入れる• 中長編み3目編み入れる• 長編み2目編み入れる• 長編み3目編み入れる• 長編み3目束に編み入れる• 細編み2目一度• 細編み3目一度• 中長編み2目一度• 中長編み3目一度• 長編み2目一度• 長編み3目一度• 中長編み3目の玉編み• 長編み3目の玉編み• 細編みを7目編む。 引き抜き編みを編む。 2段目 くさりの立ち上がりを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)を7回編む。 引き抜き編みを編む。 3段目 くさりの立ち上がりを1目編む。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 引き抜き編みを編む。 4段目 くさりの立ち上がりを1目編む。 バック細編みを21目編む。 引き抜き編みを編む。 1段目 くさりの立ち上がりを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを16目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 編み地を返す。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを16目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 引き抜き編みを編む。 2段目 くさりの立ち上がりを1目編む。 細編みを1目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを16目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを2目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを16目編む。 細編み2目編み入れる(増目)。 細編みを1目編む。 引き抜き編みを編む。 3段目 くさりの立ち上がりを2目編む。 中長編みの細編み2目編み入れる(増目)。 中長編みを1目編む。 細編み2目一度(減目)を編む。 細編みを14目編む。 細編み2目一度(減目)を編む。 中長編みを1目編む。 中長編みの増目を2目編む。 中長編みを1目編む。 細編み2目一度(減目)を編む。 細編みを14目編む。 細編み2目一度(減目)を編む。 中長編みを1目編む。 中長編みの細編み2目編み入れる(増目)。 引き抜き編みを編む。 中長編みを1目編む。

次の

【ハンドメイド】ディズニーあみぐるみとは?必要なもの&作り方まとめ!かわいいあみぐるみ作例も!

あみぐるみ 編み 図 作り方

編み図:だらだらあみぐるみ猫「まいど」 「まいど」とは、「」の編み図を少し直したものです。 はじめのより足が短く、耳が少し丸く、顔も丸くなってます。 (はじめは「ニューハジー」と呼んでいましたが、どうもピンとこないので「まいど」にしました。 ) ちなみに「ハジー」とは、作り方の1回目用に簡単な編み図を考えたものです。 私がいつも編んでいる猫たちはカカトやヒザや足の付け根がちょっと面倒なので、 「1回目は易しいものを…」と思って作りました。 足が手と同じ形になっていますが、 ちゃんと座れるし、正座もできます。 配色と顔は御自由にデザインしてみてください。 私はこの2匹を作りました。 (青いのが「まいど」、赤いのが「ミヂカ」です) 同じ編み図でも仕上げでこんなに違うヤツになってしまうのです。 配色だけじゃなく、綿の詰め方や、顔の刺繍もその時によって表情が違ってしまいます。 作るものが全部違ってしまう。 これって、マイナスではなくて、プラスなのかもって最近思います。 「手作りって面 白い」ってこういうことかな? 「まいど」のほうは少しだけ詰め物が少なかったので、体が柔らかくて猫背もいい具合です。 「ミヂカ」は猫背になりにくくて、足も閉じにくいのでたそがれるのが下手です。 たそがれる「まいど」を見たい人は ご注意:仕上げの段階では、とじ針や縫い針、たくさんの待ち針を使います。 手芸になれていないお子さまは、けがをしないように必ず大人の人と一緒に作業してくださいね。 - - - Warranty and Copyright; All patterns on this web page were all designed by me, Nekoyama, and are copyrighted. Feel free to download these patterns to make dolls for yourself, your family or friends as a present. Please do so. And you can also give the downloaded patterns to your family or friends as a present. The patterns on this web page and dolls which you make using the patterns should NOT be sold or made into kits. DO NOT use these patterns or images to put on your own web page or blog. DO NOT link to the patterns or images on this web page directly, using my server. If you would like your visitors to see my patterns or images, please link to. However, you are allowed to put your dolls, which you make for your personal use, on your own web page or blog if you clearly show all copyrights are reserved by Nekoyama. I add a postscript. Even though somebody translates my pattern into other languages, the copyright of the translated pattern is reserved by Nekoyama. The translator should NOT reserve the copyright on the translated pattern. The translator should NOT put the translated pattern on their blog or web page. The translated patterns should NOT be sold or made into kits. The translator is allowed to send it to friends or family as a personal communication. Only the owner of copyright in a work has the right to authorise someone else to create a translated version of that work.. The translator of the work is not authorised to claim copyright of the work. 毛糸の使用量の目安:中細までなら1玉、合太以上の太さなら2〜3玉 ほどを目安に用意してください。 編む人の手の力加減等で使用量は変わってきますが、参考までに私の場合の使用量 を書いておきます。 ペレットが入手できない場合は、小石やBB弾の玉 などで代用してください。 小豆をお使いになる場合は虫がつかないように充分御注意ください。 もご参考になさってください。 細い糸やモコモコの糸で編んだ場合、内側が細くなってペレットが入らないことがあるからです。 ペレットがこぼれないように気をつけながら編みます。 もちろん、内側が太い場合は編んでからペレットを詰めてOKです。 (手足にはペレットだけを入れます。 綿は入れません) 「ミヂカ」の手の部分。 (11段めまで編んでしまうと綿を入れられなくなります!) 11段めは少々無理な編み方をするので、写真のように大きな隙間ができます。 これは適当にすくって、隙間を目立たなくしてください。 「ミヂカ」の口の部分。 手前に隙間があります 糸を通して隙間を目立たなくします 「まいど」のパーツを編み終わったところ 編んでる途中で気がついたのですが、これではまるでドラえもんですね 編み終わったら各パーツに詰め物をします。 3分の1位までペレットを入れたら、残りの部分には化繊綿を詰めます。 こうするとお尻の重みで胴体が安定し、座れるようになります。 化繊綿はあまりたくさん詰めないほうが面 白い動きをします(猫背になりやすくて可愛いです)。 (写真のものは合細で編んだもので、胴の長さは約10センチです。 もし極細などで編んで、長さが5〜6センチ位 の場合はペレットを多めに詰めてください。 逆に太い毛糸で編んで大きくなった場合は、3分の1では重すぎることがあるので、編み地が伸びすぎない程度に加減してみてください。 たくさん詰めると編み地が伸びて、頭がどんどん大きくなってしまいますので気をつけてください。 胴体とのバランスを見ながら、綿で形を作るような気持ちで詰めてみるといいかもしれません。 詰め物が終わったら、各パーツを待ち針で仮留めします。 胴体の7段目くらいがいいと思います。 真横に付けてもいいし、少し後ろに付けてもOK。 私は少し後ろにつけることが多いです。 高さは胴体の編み終わりより1段前くらいのところがいいと思います。 ひざに手をおけるくらいの位 置が可愛いです。 たてまつりでていねいにつけます。 こうするとほどけにくくなって安心です。 顔の中心を決めて、左右のバランスに気を付けながら刺繍していきます。 (普通 は鼻と口を刺繍してから顔に縫い付けるようなのですが、私は縫いつけているうちに位 置が少々ずれちゃったりするので、後から刺繍するようになりました。 綿の形を崩さないよう、あまり糸を引っ張りすぎないようにします。 これを、「右目」「左目」「右の眉毛」「左の眉毛」「鼻と口」と、部分ごとにやっています。 ちょっと面 倒ですが、こうすると、たとえば「左目だけ直したい〜」と思った時に左目だけ直すことが可能だからです。 (はじめは同じ糸だからと右目と左目を続けて刺繍していたのですが、これだと片方の目だけ直したい時にも両方の目の糸を抜いてやり直さなくてはいけなくて勿体なかったのです。 うまくできていた方の目が今度はヘンになっちゃったりして…) 刺繍のステッチはお好みでどうぞ。 私はほとんどの場合、普段の自分の落書きっぽい雰囲気を出すために、糸を一本渡すだけです。 チェーンステッチはカーブの線を刺繍したい時に使ってます。 鼻も、「フエルトをたてまつり」「糸で刺繍」のどちらでもお好みでどうぞ。 頭と胴体の編み終わりの目数は同じなので、一目づつていねいにたてまつりしてください。 実際につないでみると、仮留めのときと中心が違っていることがありますので、ずれていたら直します。 手を持ってぶら下げたり、足を組ませたり、「遊ぶ」ためのあみぐるみなので、組み立てはていねいにしましょう。 できあがりです! 名前をつけて、かわいがりましょう。 スナップ写真を撮るのも楽しいです。 補足:1 顔のデザインはお好みで変えてください。 私は寝かせた姿が好きなので目を閉じさせていますが、フエルト等でパッチリした目を作ったり、高森共子さんの猫さんみたいに舌を出したりすると可愛いですねぇ。 スナップ写 真がぐんとイキイキすると思います。 補足:2 もし、ペレットが編み目からはみだしてこぼれてしまう場合… ・ 出来上がってから気がついた場合はやり直すのが大変なので、お尻の部分に布でズボンを作ってはかせるなどしてください。 または、別 糸で写真のようにしてみると少しははみだしが軽減されます。 (同じ糸を使った方がいいと思いますが… 写 真でわかりやすいように糸を変えてみました) 念のため小さいお子さまに与えるのはやめた方がいいと思います。 ・ 途中まで編んで気がついた場合(ほどくのが可能な場合)は、「薄い布で中袋を作る」とか、「ペレットのかわりになる大きい粒の物をさがす」、または「糸や針を替えてみる」 などしてみてください。 私は子供の頃にお手玉を作るのが好きでしたが、中身は「あずき」でした。 今思うと、食べ物だから虫がつかないかなぁと気になりますが… かぎ針選びは私も何匹も作ってみてやっと決まりました。 きつく編めばはみださないのはわかっているのだけど、どうしてもゆるめの柔らかい手触りが欲しかったのです。 口のパーツの11段めだけはメモ欄の通りに編みます。 2目分を一度に引き抜くのを、3目分(4目分)一度に引き抜けばOKです。 2005. 7追記 がんばってね! たそがれる「まいど」です。 あみぐるみ(に限らず、手作りのものすべて)は作り手によって出来上がりもさまざまです。 また、同じ人が作っても一体ごとに仕上がりが違ったりもします。 ぜひその違いを楽しんでください。 All rights reserved. このサイトのすべてのデータの転載を禁じます。

次の