カリス ノーティラス。 カリス・ノーティラス

カリス・ノーティラス

カリス ノーティラス

概要 [ ] 第7次宇宙戦争時に投入された用大型。 「」と呼ばれる地球降下・制圧作戦の切り札であったが、大気圏突入時の戦闘で損傷して不時着。 しかし作戦に参加していた宇宙革命軍士官ドーラット博士は、作戦の実行を諦めきれず、を築いて、そこの市長「」になり、その影で損傷したパトゥーリアを密かに市長庁舎の地下に造られた作業スペースに運び込み、補修作業を進めていた。 機体の制御システムにを生体ユニットとして組み込む"サイコミュ・ダクト"を使用することでサイコミュを作動させ、二人の乗組員が操縦する。 その外見はMSの胴体状の艦橋が生えた巡航艇で、艦首を左右に開いて攻撃形態に変形。 多数の有線ビームで攻め立てる。 フィールドジェネレーター・荷粒子砲のエネルギー供給用の粒子加速装置をMSで言う所の肩部に設置している。 登場作品と操縦者 [ ] 第14話で登場。 のを無理矢理生体ユニットとして搭載し、戦争の妄執と復讐の念に取り付かれた元宇宙革命軍のメンバーであった市長の手により、フォートセバーン市地下の秘密工房より出撃。 その強大な火力により迎撃に出た自警団のMSを一蹴し、駆けつけたガロードら、フリーデンのメンバーをも圧倒。 周囲に無差別の破壊を撒き散らすが、テイファの呼びかけに応じたカリスがシステムに反抗、一時的な機能不全に陥ったところにガロードの駆るが突入し、操作室を破壊した上でカリスの救出に成功したため、敗北を知ったノモアは自決、制御ユニットを失ったパトゥーリアも沈黙する。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] フィールドジェネレーター 巨体を飛行させる為とビームを無効化する力場を発生させる装置。 肩部にメインのものが有るが他にも船体各所に装備されている。 フィールドの防御描写は漫画版のみ。 サイコミュ・ダクト ニュータイプまたは人工ニュータイプを生体部品とするためのカプセル。 これにより機体の制御およびサイコミュ兵器の運用が可能となる。 武装・必殺攻撃 [ ] 荷粒子砲 機体各所に内蔵された大型砲で、艦橋胴体部には四つ装備されている。 劇中では発射されていない。 ゲーム作品によって描写は様々である。 有線ビーム砲 NT能力によって制御される30基の有線ビーム砲。 対決・名場面 [ ] 対 関連機体 [ ] 型式番号が被っており、専用機という共通点がある。 商品情報 [ ] リンク [ ]•

次の

フリーデン (ガンダムシリーズ)

カリス ノーティラス

あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 「機動武闘伝Gガンダム」「機動新世紀ガンダムX NEXT PROLOGUE「あなたと、一緒なら」」「機動戦士ガンダムAGE」「Gのレコンギスタ」の4作品から新たなユニットやキャラクターの一部が参戦。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 また最新のアップデートを適用の上、ご利用ください。 重複購入にご注意ください。 あらかじめご了承ください。 また、報酬として入手できるBGMは原曲ではなく、ゲーム用にアレンジされた楽曲となりますので、あらかじめご了承ください。 登場作品:G GENERATIONシリーズ ティターンズ所属のニュータイプ研究機関ライプチヒ研究所によって提案された軍事計画プロジェクト・セイレーネにおいて、その中心となる機体でもある『テラ・スオーノ』の護衛機として開発されたMS。 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 その中でも高機動戦闘形態『オフェンスモード』はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。 本機はテスト中に反地球連邦組織『エゥーゴ』によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に『モノアイガンダムズ』と呼ばれた。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの指令により開発された『セカンドステージシリーズ』の1機。 ZGMF-X42Sデスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。 それらは『コンクルーダーズ』と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• 型式番号:MBF-P01-Re03<AMATERASU フェアネス・ツヴァイクレを守る為、破損したガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナを改修したMS。 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。 ヤタガラスの翼部分は『天羽雷』と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。 さらに『ヴォワチュール・リュミエール』を発展させたシステムも内臓しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。 先にお知らせしました内容を、以下に訂正させていただきます。 お客様の混乱を招き、ご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 また最新アップデートが必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。 購入の際はご注意ください。 手に入るアビリティや報酬にも変化。 「エキスパンション・パック」では キャラクターを強化する「キャラクターアビリティ」や ユニットを強化する「オプションパーツ」に新たなものが追加。 キャラクターとユニットを強化して、 インフェルノモードへ挑もう。 エキスパンション・パックで追加予定の一部アビリティ 【EX】射撃能力Lv.2 射撃値+200。 物理属性を持つ武装のPOW+300。 【EX】射撃技術強化 キャラクターアビリティによる射撃値の上昇値を1.7倍する。 命中率+3%。 【EX】特殊強化装置ATK OPによる攻撃力上昇値を1.5倍する。 【EX】特殊増設ハンガー 戦艦のチーム数+1。 装備したユニットの宇宙適性を空中適性に反映する。 エキスパンション・パックでは 「エキスパンションステージ」が追加される。 もちろん、それぞれに難易度は「インフェルノ」まで存在。 強化した部隊で攻略せよ。

次の

フリーデン (ガンダムシリーズ)

カリス ノーティラス

ノーティラス、 ノーチラス(Nautilus)• またはに対する。 、特にの名前()。 の潜水艦。 の要請によりが1800年に設計した、世界最初の実用的な潜水艦。 の軍艦()。 初代から八代目までは(スループ)。 九代目は。 十代目は潜水艦。 の軍艦()。 初代 は(縦帆船の一種)。 二代目 はスクーナー。 で活躍。 三代目 は潜水艦。 後に H-2に改称。 で活躍。 四代目 は遊覧船であったが、第一次世界大戦の際に警備船に改装された。 O-12 は潜水艦。 北極探検の際に軍籍を外され、ノーティラスと命名された。 その後アメリカ海軍に返還された際に元の名称に戻された。 USS Nautilus, SS-168 は潜水艦。 でも保有が維持され、までの長い間活躍した。 USS Nautilus, SSN-571 は、に完成した、世界最初の。 の名称。 が構想している探査用。 の男子200m金メダリスト・。 のデスクトップ環境に付属する標準である「」の旧称 Nautilus。 『海底二万里』の続編とされる小説『ノーチラス号の冒険』シリーズ。 ゲーム開発会社。 『』や『』を開発した。 を参照。 の楽曲。 を参照。 架空の存在 [ ]• の軍艦の名前• の小説『』と『』に登場する架空の潜水艦。 アニメ『』に登場する架空の。 ゲーム『』シリーズに登場する架空の潜水艦。 テレビドラマ『』に登場する架空の宇宙艦。 その他の架空の兵器• 漫画『』に登場する架空の兵器。 架空の人名• アニメ『』に登場する架空の人物。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の