八角 使い方。 スターアニス(八角)|スパイスの匂い・効能・使い方まとめ|ひらつかスパイス農園

「温めスパイス」八角の使い方と効能|色んな料理へ活用できる?

八角 使い方

中国ではどの家庭にも一般的に常備されている星形のスパイス 中華料理や台湾料理には欠かせない八角 はっかく。 別名 スターアニス、大茴香(だいういきょう)、チャイニーズアニスとも呼ばれます。 その名前を知らなくても印象的な星形、そして料理に加えたときの香りは「あっ!」と思う人も多いでしょう。 「トウシキミ」という木の未熟な果実を乾燥させたものをスパイスとして使用します。 3~4cmの果実には6~8個の袋果が配列し、袋果の裂け目からは光沢ある小さな柿の種のような種子が見えます。 八角の特徴は香り。 日本のスパイスにはない独特の香りがします。 スパイシーながら少し甘い香り、シナモンに似ていますがそれよりももっとクセがあるかも。 何かに似ている香り…そう、 に近い香りです!調べてみたら香りの成分はフェンネルシード 種 と同じ成分でした やっぱり。 ちなみにフェンネルは日本名で「茴香」、八角の日本名は「大茴香」です。 八角は漢方では 胃弱に良くかぜ薬にも使え、また石けんなどの香料としても用いられています。 豚肉料理や鴨肉料理、また杏仁豆腐などのスイーツの香りづけによく使われます。 中国のメジャーな合わせ調味料、にも用いられています。 そのまま調理し食べるときに取り除くか、砕いて使う 八角を使った料理をいくつか紹介します。 鍋にひたひたの水とネギの青い部分を入れます。 圧力鍋なら20分加圧し自然冷却。 普通の鍋なら90~2時間ほど煮ます 普通の鍋なら途中でアクを取り除くとよい。 2、ゆで汁とネギを取り除き、豚肉は6等分くらいにします。 これは… 格段に本格的な仕上がり!少し中華風に感じるかもですが、しっかりと香りがつくことで臭みも感じにくくなっている気がします ネギの効果もあるかな?。 八角は1個で十分香りがつきます、むしろ強め。 3、2が熱いうちに1を加える。 冷めたら密閉袋に入れて冷蔵庫へ。 硬そうに見えますが、ナッツくらいの硬さなので刻むのは簡単。 八角は香りは強いのですが、 味がキツイなどといったことはないので安心。 今回はオイスターソースと塩コショウ、刻んだ八角でシンプルに仕上げました。

次の

煮物、漬物、炒め物に気軽に使える!八角(スターアニス)の活用法

八角 使い方

八角 スターアニス とは? 中華に欠かせない星形のスパイス 八角は中華料理に欠かせない星形のスパイスです。 中国の南部が原産のスターアニスという樹木の実を乾燥させたものです。 非常に香りが強いので、肉や魚料理の臭み消しからデザートの香り付けなどに利用されます。 中華料理の有名なミックススパイスである五香粉の材料の1つです。 幅広い料理に使われるので、料理を拘りたいという人にはかかせないスパイスと言えます。 お茶や薬などにも使われる 八角は薬効が非常に高いので、お茶や薬などにも利用されます。 消化器系に作用する効果や抗菌作用が期待できます。 日本ではあまり馴染みがありませんが、中国では昔から民間療法に利用されてきました。 完全な薬効目的で利用するのは副作用があり危険ですが、適度な量を毎日飲むことで健康を期待できます。 八角 スターアニス の味・香り 甘く香りが非常に強い 八角は甘い香りが非常に強いので、要領を間違えると料理が台無しになってしまいます。 しかし、きちんと使うことができればよりおいしい料理を作ることが可能です。 日本の角煮には八角入れませんが、中華料理の角煮には八角を使用します。 八角をいれることでほどよい風味と深さのある角煮を作ることができます。 使用する量やタイミングが難しいので、初めて使う人はなるべく小さく切って少しずつ利用するのがおすすめです。 渋みも同様にある 八角は渋い香りも持っているので、使用の際には注意が必要です。 長時間の煮込み料理などに最初から入れてしまうと、完成品がかなり渋く苦い味になってしまいます。 角煮を作る際にはタレを煮詰めるときに入れるのがちょうど良いです。 また、ケーキのようなデザートに利用する時は少量を砕いていれることで程よい味になります。 最初のうちは分量に戸惑うと思いますが、慣れていくと非常に心強いスパイスです。 八角の効果・効能 消化促進 八角には消化促進作用があります。 便秘気味の人に特におすすめのスパイスです。 煮込み料理に八角を使うことで成分を摂ることができます。 より強い効果を得たい人は八角を使用した漢方がおすすめです。 他も消化に良い物を使用しているので、消化促進にはうってつけです。 冷え性改善 八角に含まれているリモネンは血行をよくして冷え性を改善してくれます。 血の巡りが良くく末端が冷える人や、冷え性で寝付きが悪い人に特におすすめです。 また、八角には鉄分も含まれているので貧血を改善してくれます。 相乗効果で血流に作用するので、冷え性に悩んでいる人におすすめです。 抗炎症作用 八角にはケルセチンをメインとした抗酸化物質が含まれています。 漢方に使われることが多くあり、風邪薬や炎症の軽減に使われます。 香りが良いので、紅茶のようなドリンクに少し浮かべて香りと成分を移すことが可能です。 八角は見た目もよいので、香りや成分を楽しむだけではなくドリンクをお洒落に楽しむことができます。 八角の副作用 副作用はほとんどない 八角は副作用がほとんどありません。 大量摂取しなければこれといった問題はないとされています。 しかし、ホルモンへの影響がある可能性があるので注意が必要です。 妊娠中の人は特に八角に気をつけてください。 八角は味と香りが強いスパイスなので過剰摂取はしにくいですが、一応撮りすぎには中しいてください。 八角 スターアニス のおすすめの使い方 レバーのような臭みの強い肉料理 八角はレバーのような臭みが強い肉料理の臭み消しとして利用するのがおすすめです。 粉末状の八角を利用することで簡単に調理することができます。 炒めて黒胡椒を入れるタイミングで八角を一緒に入れましょう。 ホールのままの八角の場合は、ミルやすりばちを利用して粉末にしてください。 粉末にした後で茶越しなどで粗いものを取り除くと丁寧です。 煮込み料理 角煮のような煮込み料理に八角を入れることでコクや香りが深くなります。 粉で少しだけ入れるのもよいですが、おすすめなのはホールの状態で煮込む方法です。 粉を利用するよりも調節が難しいですが、ホールの方が香りが強いのでよりおいしい料理を作ることができます。 煮込み料理を作る際に煮詰める段階で八角を入れてください。 感覚的には完成の数分前に入れるイメージです。 あまり長い間八角を入れて煮込んでしまうと甘さや苦味が強くなってしまうので気をつけてください。 まとめ 八角は中華料理に欠かせない星形のスパイスです。 角煮や炒め物などによく利用されていて、料理に入れることで1段会上の味に変わります。 ホールの状態であれば保存が効くので、ホールで買って置いておくのがおすすめです。 利用したい時に気軽に使うことができるので、中華料理を家で作る際はぜひ八角を使ってみてください。

次の

八角とは?中華料理に必須のスパイス?特徴・味や使い方など解説

八角 使い方

八角とは? 八角は、中国原産のトウシキミという常緑高木の実を乾燥させたもので、中国の混合香辛料である五香粉の中心的なスパイスとなっています。 アニスや甘草に似た香味と ほのかな苦味を持っており、主に、豚肉や鶏肉を使った料理に使われていますが、お菓子や杏仁豆腐のトッピングなどにも、幅広く用いられています。 八角は、その形状から別名 スターアニスとも呼ばれています。 八角はとても繊細な香辛料で、湿気や高温にはとても弱く、大量購入できないため、中国では使う分だけ少しずつ購入されているようです。 山椒や花椒、唐辛子とともに、四川料理にはなくてはならない香辛料ですが、最近では、インフルエンザの治療薬「タミフル」の原材料の一部としても八角が使用されています。 豚の角煮には必ず八角が使われていますが、その理由として、八角の独特な強い臭いが豚肉特有の 臭味を緩和するため、あるいは 消化を良くするなどの薬効の効用を期待して使われているようです。 スポンサードリンク 八角はどんな味? 中華料理に使われる香辛料と聞くとスパイシーなイメージを連想されるかもしれませんが、八角はシナモンを凝縮させたような 独特な甘い香りと、ほのかな苦味がします。 八角を割ったり砕いたりすると、その味や香りは強くなります。 そのため、薄味の料理や肉料理の臭み消しなどにおすすめです。 ただし、少しの量でも強い香りがするので、入れすぎには充分注意しましょう。 八角と同様、甘い香りがする香辛料にシナモンがあります。 シナモンは、アップルパイやシナモンロールなどの甘いお菓子には欠かせませんが、八角と比べると、シナモンの方が甘みがあり、八角の方がスパイシーさが強いです。 それため、お菓子にはシナモンが、クセのあるお肉料理には八角がおすすめです。 出典:www. daiei. jp 八角を使った代表的な料理といえば、 豚の角煮です。 八角を少し取り入れるだけで香りが高くなり、いつもの豚の角煮も高級感漂う味わいに仕上げることができます。 豚肉を煮込む際に八角を入れれば、肉の臭いも気にならず、味に深みを持たせます。 八角の特有の香りには、川魚や豚肉の生臭さを緩和してくれる効果があるため、豚の角煮だけでなく、鹿やイノシシなどの 臭いの強い肉料理にもおすすめの香辛料です。 さらに、ほのかな甘さや苦みで、料理にコクや風味を与えてくれます。 本場中国では、東坡肉(トンポーロー)や北京ダックに八角を使用しています。 甘みのある香りを持っていることから、杏仁豆腐やマンゴープリンなどの飾りとしてなど、 デザートに用いられることもしばしばあります。 八角をプラスすることで甘みが強まり、濃厚な味わいに仕上がります。 星形のかわいい見た目が、飾りとしてもいい効果があるようです。

次の