アンソニー エドワーズ。 【あの人は今】「ER 緊急救命室」で壮絶な死を遂げたドクターたち【最新版】

【NBAドラフト2020|アンソニー・エドワーズ】爆発的な攻撃力を持つシューティングガードの魅力3選

アンソニー エドワーズ

キーファー・サザーランド主演の政治サスペンスドラマ『 サバイバー:宿命の大統領』が米ABCにてシーズン2でキャンセルされた後、Netflixで復活することになったとのニュースは当サイトでもお伝えした通り。 そして更新されたシーズン3に、大ヒット医療ドラマ『ER 緊急救命室』で、マーク・グリーン医師を演じたアンソニー・エドワーズが出演することがわかった。 米TV Lineが報じている。 本シリーズは、キーファー演じるトム・カークマンというランクの低い閣僚が、ある爆弾事件後に予期せず米国大統領に就任することになり、米国政府に関する陰謀を暴いていくというストーリー。 アンソニーが演じるのは、カークマン大統領に仕えるマーズ・ハーパー首席補佐官役。 自分の意思を通すために穏和な態度を取り、社交的な性格という役どころ。 数多くの行政機関で務めを果たし全ての政党から尊敬をを集めている彼は、専心を欠いているホワイトハウスに規律と秩序を取り戻そうと計画する。 そんなハーパーは、キャンペーンマネージャーのロレイン・ジマーをはじめとする大統領スタッフと衝突してしまうようだ。 アンソニーに加えて、映画『トランスフォーマー』シリーズでジュディを演じ、政治コメディドラマ『アルファ・ハウス』などにも出演していたジュリー・ホワイトが、ロレイン役でキャストに加わる。 引き続きキーファーと、大統領のスピーチライターを務めるセス・ライト役のカル・ペン、大統領の右腕的存在のアーロン・ショア役でエイダン・カントが出演。 大統領特別顧問だったエミリー・ローズ役のイタリア・リッチや、FBIの凄腕捜査官ハンナ・ウェルズ役のマギー・Qも続投するものと思われる。 ニール・ベアー(『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』『ER』)を5人目のショーランナーとして迎える『サバイバー:宿命の大統領』シーズン3は、全10話となり2019年にNetflixで配信予定。 (海外ドラマNAVI) 2018. 05 16:00 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account.

次の

楽天ブックス: ER 緊急救命室<フィフス>セット1

アンソニー エドワーズ

「僕は1位で指名されるべきだと思ってる。 疑いなくね」と断言する18歳 3月21日(現地時間20日、日付は以下同)。 ジョージア大学1年のアンソニー・エドワーズが、今年のNBAドラフトへアーリーエントリーすることを自身のツイッターで宣言した。 ジョージア州アトランタ出身のエドワーズは、196センチ102キロのシューティングガード。 今季は32試合に出場し、平均33. 0分19. 1得点5. 2リバウンド2. 8アシスト1. 3スティールを記録した。 『ESPN』のドラフト予想ではトップにランクインしており、カレッジでスコアラーとしてだけでなく、プレーメイキング力、ディフェンス力も示してきたと絶賛。 エドワーズは自身のツイッターで「ジョージアはこれからもずっと僕のホームであり続けるだろう。 でも僕は自分のゲームを次のレベルへと持ち込む準備ができているから、『NBAドラフト2020』へ臨むことを決断した」と綴っている。 疑いなくね。 僕の指名順位はそこしかないと思ってる」とエドワーズは自信をのぞかせていた。 また、エドワーズは代理人として『Octagon Basketball』と契約を結んだことも発表。 このエージェント会社は、(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)や(ミルウォーキー・バックス)らをクライアントに持つ。 もっとも、新型コロナウイルスの感染防止のため、NBAは13日からレギュラーシーズンを中断しており、6月26日に予定されているドラフトも7月あるいは8月へ先送りとなる可能性が高い。 だがエドワーズは全く意に介していないようだ。 「僕にはすでにフィジカルにおけるツールは備わってると感じてる。 身体はすでに通用するとね。 これからもジムにこもって、向上し続けていくよ」と同メディアへ口にしていた。 『ESPN』をはじめとする複数の現地メディアから熱い視線を浴びている18歳が、NBAという世界最高の舞台でどんな活躍を見せるのか。 今後の展開に注目していきたい。

次の

2020年NBAドラフト全体1位指名候補、アンソニー・エドワーズとは?

アンソニー エドワーズ

プロフィール エドワーズはジョージア州アトランタ出身の18歳。 2019年版の『ESPN』の「Top 100」で全体4位、シューティングガードで1位に位置する。 ジョージア大は地元出身のエドワーズを史上初の5つ星評価でリクルートした。 2011年の12位だった現ロサンゼルス・レイカーズのケンテイビアス・コルドウェル・ポープ以来の高い順位だ。 サイズは6フィート5インチ(約196cm)、225ポンド(約102kg)。 NBAでは典型的なガードのサイズだ。 強み 全体1位指名候補の中で最も引き付けるのは、エドワーズのサイズだ。 6フィート5インチ、225ポンド、ウイングスパンは6フィート9インチ(約206cm)。 すでに典型的なNBA選手の肉体を持つ。 実際、NFLのラインバッカーのように良い体格をしている。 肩幅が広く、強さ、速さ、最高級の運動能力があり、プレイスタイルに完璧にマッチする。 すでにボディコントロールが見事で、バスケットを攻める時に自分の体をどう生かせばよいかを知っている。 大学レベルではコンタクトも強く、1試合平均のフリースロー試投数は5. NCAAでは良い数字だ。 FT成功率77. 2%は予想以上だった。 トランジションで速く、左右両手で自信をもってリングにフィニッシュできる。 このポジションとしては堅実なリバウンダーで、ディフェンス面も心配無用。 ジョージア大での1年では、自分が望んだように安定してジャンプショットを決められなかったものの、しっかりとフォームを作れれば問題ない。 ショットを打つ場所についても同様だ。 ボールを持って得点する天性のスコアラーで、1試合平均19. 1得点という数字がそれを証明している。 弱み NBAレベルで真のコンボガードになりたければ、プレイメイク能力を磨かなければいけないだろう。 バスケットへのドライブで相手守備が崩れた時はまずまずのパサーだが、相手の注意をすべて引き付けられるのにもかかわらず、1試合平均のアシストは2. 8しかない。 ユーセージ率(自分のプレイで攻撃ポゼッションが終わる割合)が30. 4%なら、もう少し多くのアシストを望むものだ。 大学での1シーズンでは、1試合平均で約16本のショットを放ち、フィールドゴール成功率40. 2%、3ポイントショット成功率29. 4%だった。 これらの数字は効率に関して改善の余地があると示している。 確かに相手のスカウティングリポートは彼に集中したが、ショットの効率性には疑問符がつく。 リングに向かっていくのには優れていたが、大半の相手よりも強く、速く、運動能力があったことがその助けになった。 彼はあらゆる方向からリングに向かってドライブするか、安定していないやや長めのミドルレンジジャンパーでよしとするかだった。 NBAレベルで効率的なスコアラーになりたければ、フローターだろうが、ランナーだろうが、ジャンプストップからのジャンパーだろうが、ペイント内でフィニッシュするための狡猾なやり方を見つけなければならないだろう。

次の