コロナ デマ トイレット ペーパー。 新型コロナに関するデマで店頭から一時的にトイレットペーパーが消える

なぜ「在庫は十分」なのにトイレットペーパーが買えなくなるのか 次々に「新型デマ」が現れるワケ

コロナ デマ トイレット ペーパー

撮影=編集部 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、消費者の行動にも大きな変化が生じている。 その代表として、 マスクやトイレットペーパーの品薄や、外出自粛要請による食品等の買い溜めがあげられる。 そもそもなぜ消費者は必要以上に物を買い溜めしてしまうのか。 こうした非日常的な心理を、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティング・消費者心理の観点から解説してもらった。 品不足を引き起こす「認知的不協和」と「過剰適応」 「なぜ品不足が起こったのかを学術用語で説明しますと、まず一つは今回のような非日常下では消費者の中で『認知的不協和』(cognitive dissonance)が生まれやすい点を指摘できます。 これはアメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した社会心理学の用語で、人が自身の中で葛藤する認知を同時に抱えたときに覚える不快感を表します」(有馬氏) たとえば喫煙者の場合、「タバコを吸っている」という事実や「これからも吸い続けたい」という気持ちと、「タバコは体に悪い」という医学的情報が内的に葛藤する認知がそれにあたる。 そのため、「タバコを吸い続ける」のか「タバコを止める」のかのどちらかを選択する必要に迫られた時、止められない喫煙者は「タバコは体に悪い」という認知を抱えておくことで自身の中で不快感を抱き続けることになってしまう。 この不協和状態を解消するために、「タバコを吸っていても長生きする人はいる」などと自分自身で内的に反論することで、喫煙者は喫煙行動を正当化するのだ。 これと同じ心理が今回も消費者の中で生まれているという。 「今回のケースでは、『いつも通りの日常を送りたい気持ち』と、『外出して人の多い場所へ行けば感染してしまうかもしれない不安』から内的に葛藤が生じます。 しかし、それでも不安をできるだけ解消して日常を過ごさなくてはいけませんから、『マスクがあれば防御できる』『アルコール消毒すれば感染リスクが下がる』という情報を信じて、対象商品の購買に走るのです」(同) また、品不足を引き起こすもうひとつの消費者心理として「過剰適応」があると有馬氏。 「『過剰適応』とは言葉のとおり、一つの方針に過剰に適応しようとする態度です。 特に、トイレットペーパーで考えれば、家族単位でも12ロールぐらいで当面は大丈夫なのに、安心を得るためにその3倍も4倍も一度に購入してしまうという行動として現れています。 結果として、多くの人がそういった行動をとることで、一気に物がなくなってしまったのです」(同) 「認知的不協和」で多くの人が対象商品を買い求め、「過剰適応」でその対象商品を通常量よりも多く購入する。 そんな消費者心理が品不足に拍車をかけているのだ。 あらわになったメディアに対しての流通の脆弱性 メディア報道による弊害も少なくない。 トイレットペーパー不足に関するデマはTwitterが発信源といわれているが、この事象を取り上げたワイドショーやネットニュースによってさらに情報は拡散された。 デマと知っていても、在庫切れになるのではないかという漠然とした不安から、自分の分だけでも確保したいと考える人が10人に1人でもいれば、途端に街のスーパーやドラッグストアでは品切れが起こる。 メディアの煽りに対しての流通の脆弱性が、今回のコロナパニックで再認識させられた。

次の

新型コロナトイレットペーパー売り切れデマのせい!メルカリ出品者誰?

コロナ デマ トイレット ペーパー

Anonymous Coward曰く、 コロナウイルスによる新型肺炎(COVID-19)感染者が増えている問題で、マスクだけでなくトイレットペーパーや生理用品などが一時的に店頭から消える状況になっていたという(、、)。 発端となったのは「中国のトイレットペーパー工場が止まった」「マスクと同じ原料なので品薄になっている」といったデマだという()。 またメルカリなどでも高額の転売が相次いでいるという。 なお、購入客の大半は「デマだと知っているが、他の人が買い占めると困るため」購入しているのだという。 このような行動は社会心理学では多元的無知(自分は信じないが他人は信じていると思って行動してしまう)と呼ばれるようだ。 ふるさと納税の返礼品でトイレットペーパーを提供している苫小牧市では、2月28日より寄付が通常に10倍に増えるという現象も発生したそうだ()。 また、メルカリはトイレットペーパーやティッシュペーパーの出品を取り締まる対策を開始している()。 なお、すでにトイレットペーパーの供給は潤沢で、一時的に在庫が消えていた店舗でも順次商品が補充され販売が再開されているという。 得どころか存亡の危機になるよ。 オイルショックの時、トイレットペーパーの買い占めで製紙会社には何十台ものトラックが押し寄せて ひどいのは勝手に倉庫をこじ開けて、在庫商品を持って行ってしまった。 売り惜しみ非難されて、増産しても間に合わなくて、仕方なく設備投資したら、 その後、需要がばったり止まって、設備廃棄に陥った。 テレビでみのもんたが杜仲茶が健康にいいと口を滑らせて、その結果、製造会社に同じようなことが起こった。 翌年度、需要激減で、会社は結局身売りした。 需要なんて生産能力に応じて滑らかに増加するのがよいので、急激な変動で喜ぶ業者なんかいない。 今回も、マスクの生産を急遽始めた某社など、撤退の準備はしているんだろうか。 需要が落ちたら、設備と共にていよくリストラも進める魂胆何だろうか。 供給が潤沢でも、ごく一握りの人間の買い占めで身近な店頭在庫が消えれば、付近の人は「他で見かけたら多めに買っておこう」と考えるのは別におかしくないよね。 必要な時に無いと困る上に腐るようなものでもないし。 で、普段一つしか買わない人達が他で二つづつ買えば、普段の売り上げベースで仕入れてる店からは一時的に商品が消える。 さらにそれを見た別の人が、同様に「いつもよりちょっと多めに」となる。 この繰り返しが何回か続けば店頭在庫が払底してさも「みんなが買い占めてる」ように見えるし、マスコミもそう報道するからさらに加速する。 自分が買い占めてる、という自覚が無いまま状況を悪化させてる人間が大多数だろうし、供給能力があっても現物が店に並ばない限りは解消しないんじゃないかな。 解決するには、死ぬほど大量に供給するか、配給するかしないといけないと思います。 だからこそ「多元的」なんじゃないかとは思うのだけど・・・ 実際問題、売り切れてたわけだから「無知」で切って捨てるわけにはいかないよね。 デマを信じた人、信じる人の存在を懸念する人、その機に乗じて買い占めを行う転売屋・・・ 何割がデマを信じたかじゃなく、品切れを起こすという予測が的中したか否かで評価したい。 根本的に供給と需要が大きくは変わっていない以上、 学校休校の影響はあるが学校での消費が減るため大本では相殺できていると考えられる 長期の品切れを起こすとは考えにくい状況ではあるが、 一時的な品切れがどれだけ続くかの予想は一般消費者には困難で、 通常より多めに買う程度の行動は実際品切れを起こした以上間違いだったとは言えまい。 まぁ需要と供給が変化なしならデマによる変動があっても一週間程で落ち着くっぽいって分かったのは収穫かな・・・ 荒療治気味に大量供給して消費者を正気に戻した例 [togetter. com] 早期に回復した例 または次回入荷時点で需要を満たすほど影響受けた人間が少なかった例 [togetter. com] 問題は供給能力がさほど変化していないが需要が急増しただろうマスク・消毒薬だ・・・ マスクはそろそろ中国あたりでは新造ラインによる供給が市場を満たすだろうが、 醸造アルコールはどうなるやら・・・・.

次の

ヒカキンがトイレットペーパー買い占め!デマを流した「ひめ」の炎上事例がヤバい

コロナ デマ トイレット ペーパー

トイレットペーパーやティッシュペーパーはいったいどれほど売れたのか(撮影:大隅 智洋) 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が続いている。 爆発的な拡大とまではいかないが、そのピークが見えないため、不安がなくなることはない。 メディアも連日この新型コロナウイルスに関わるニュースを報じ続けている。 その不安のために購買が殺到しており、いまだにマスクやアルコール消毒液がドラッグストアから消えている。 無自覚症状の新型コロナウイルス罹患者がいるために、マスクは拡散防止に有効かもしれないし、アルコール消毒液はインフルエンザなどの予防にも有効とされる。 新型コロナウイルスがパンデミックと宣言されるなか、これらの商品を求めるのは必然なのかもしれない。 しかし、先日、日本では余計な買い占めが観察された。 トイレットペーパーやティッシュペーパーなどだ。 さすがに、トイレの回数や鼻をかむ回数が急増するわけでもないだろうに、第一次・第二次オイルショックのときのごとく、人々はドラッグストアに列をなした。 「紙不足になる」というデマが発端だった。 デマを信じる人を批判するのは簡単だが、デマを信じていなくても、家になければ買いにいくしかない。 そして、再び並ぶのは厄介だと、1つ多めに買って帰る。 そうするとトイレットペーパー不足が加速していく。 トイレットペーパーの在庫は十分にある、と国やメーカーが宣言せねばならない事態になった。 いったい日本人はデマに踊らされてどんな購買行動をとったのか。 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品・用具の実売データを見てみよう。 3ジャンルとも品薄が続いている。 紙からイメージされる商品が品薄に 筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした、True Dataのデータ分析ツール「ドルフィンアイ」を使って売れ行きを調べた。 主要な全国のドラッグストアのPOSデータを基に、トイレットペーパー、ティッシュペーパー等の売れ行きを抽出した。 消費者は紙からイメージされる商品の品薄を懸念し、買いに走った。 (外部配信先ではグラフを全部閲覧できない場合があります。 その際は東洋経済オンライン内でお読みください).

次の