たんぱくん。 低蛋白・高カロリー食

毎日飲む たんぱく習慣|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

たんぱくん

食品ですので回数に制限はございません。 お子様にもお飲みいただけます。 妊娠・授乳中の方は医師に相談の上、お飲みください。 牛乳と合わせていただくとより美味しくお飲みいただけます。 キャンセル、返品および交換はお電話のみの受け付けとさせていただいておりますので、「大正製薬ダイレクトお客様センター」までお電話にてご連絡ください。 尚、マイページの配送状況が「出荷済み」の場合、キャンセルを承ることができませんのであらかじめご了承ください。 電話番号は、おかけ間違いのないようにご確認ください。 【お客様のご都合による返品】 ・商品お届け日から8日以内に限りお電話にて承ります。 ・商品ご開封後の返品は承っておりませんのでご容赦ください。 ・返送料はお客様負担とさせていただきます。 ・お客様のご都合による交換は承っておりませんのでご容赦ください。 【破損や配送ミスなど当社理由による返品や交換】 ・商品が届いたら、すぐに内容をご確認ください。 ・返送料は、当社が負担いたします。 ・交換の場合は、同一商品をお届けいたします。 【お願い】 返品や交換の際は、商品に「お買い上げ票(納品書兼請求書)」と「払込取扱票」を同封の上、ご返送ください。 次回お届け予定日の10日前までに、マイページよりご変更、または「大正製薬ダイレクトお客様センター」までお問い合わせください。 「定期お届けコース」を解約された場合には「定期お届けコース」ご利用のお客様特典の割引価格(ご登録商品以外の商品も10%割引)は適用外とさせていただきますのでご了承ください。 栄養補助食品 名称 大豆たんぱく加工食品 原材料名 粉末状大豆たんぱく(米国製造)(遺伝子組換えでない)、黒糖(さとうきび(沖縄県産))、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、たかきび、紫黒米、米粉)/リン酸三カルシウム、二酸化ケイ素 内容量 180g 保存方法 高温、多湿及び直射日光を避け、涼しい所に保存してください。 お召し上がり方 1回大さじ1杯を目安に、飲み物や食品に混ぜてお召し上がりください。 栄養成分表示 [12g(大さじ1杯)当たり] 熱量:45kcal、たんぱく質:5. 2g、脂質:0. 28g、炭水化物:5. 3g、食塩相当量:0. 17g 販売者 大正製薬株式会社 東京都豊島区高田3-24-1 製造所 株式会社三協 日の出工場 静岡県富士市伝法3178-1 原材料に含まれるアレルギー物質(28品目中):大豆• 食物アレルギーのある方は、原材料をご確認の上、該当成分がありましたら、お召し上がりにならないでください。 体質・体調により、まれにからだに合わない場合があります。 その場合にはご使用を中止してください。 薬を服用中の方、あるいは通院中の方、妊娠・授乳中の方は医師にご相談の上、お召し上がりください。 本品は天産物を使用しておりますので、収穫時期などにより色・風味のばらつきがありますが、品質には問題ありません。 開封後は、お早めにお召し上がりください。 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

次の

黒糖大豆たんぱく|大正製薬ダイレクトオンラインショップ

たんぱくん

腎臓病と低タンパク食 腎臓はどこにいくつあるのでしょうか? 私たちの腎臓は、腰の辺りに左右ひとつずつあります。 握りこぶしよりやや大きいソラマメのような形をしています。 腎臓はどのような働きをしているのでしょうか? 腎臓は、体の中の(血液中の)老廃物や余分な水分を尿として体外に排泄する仕事をしています。 しかし、腎臓の働きはそれだけではありません。 血圧を調節したり、血液のpH(酸性・アルカリ性の程度を表す単位)を一定に保ったり、からだに必要ないろいろな成分を作ったり、私たちが生きていくために大切な仕事をしています。 では、腎臓が悪くなりこれらの働きが出来なくなってしまうとどうなるのでしょうか? からだに老廃物がたまり危険な状態になります。 余分な水分もたまりむくみが出ます。 吐き気や頭痛、頻脈、食欲不振、だるさが増したり、血圧が上がったり、貧血になったり、骨がもろくなったりします。 この状態を腎不全といいます。 腎臓は、せっかく2つあるのに片方ずつ悪くなることはなく、2個同時に同じように悪くなってしまいます。 しかも、一度壊れた腎臓は元には戻りません。 さらに悪いことに、腎臓病を放っておくと一定の割合でだんだん悪くなるのではなく、加速的に悪くなってしまいます。 何とか進行を遅らせることは出来ないのでしょうか? それにはまず腎臓の仕事量を減らしてあげることです。 老廃物をなるべく減らして、腎臓への負担を軽くしてあげれば良いのです。 老廃物の量を減らすには一体どうしたらよいのでしょうか? 腎不全になると、よく「タンパク質を減らしましょう」といわれますが、なぜでしょう? 私たちが普段食べたり飲んだりしているものは、脂質・糖質・タンパク質という栄養素に分けられます。 これを3大栄養素といいます。 この中で、脂質と糖質はからだを動かすエネルギーとして使われた後、息(二酸化炭素)や汗(水)となってからだの外へ出ていきます。 しかし、タンパク質だけは血となり肉となり私たちのからだをつくるエネルギーとして使われた後、息や汗のほかに老廃物(尿素窒素など)となります。 この老廃物を除去し体外に排泄するのが腎臓の仕事です。 この老廃物は体から自然に出て行くことはありません。 腎臓のみがこの老廃物を除去し排泄できるのです。 例えば、腎臓をザルのようなもの、網目のあるふるいだと思ってください。 そして腎臓に流れ込む血液を玉石の混ざった土砂だと思ってください。 このザルで土や砂利やゴミなど(老廃物)をふるい落として捨て、大きくてきれいな玉石(血球や栄養成分)だけを残す仕事、これが腎臓の主な働きです。 新しいザルだとなんともない作業でも、傷み弱ったザルで同じことをするとどうなるでしょうか? 腎臓が悪いということは、このザルが傷み弱った状態です。 傷んだザルの網目を沢山の土や砂利やゴミなどが通り抜けていくと、網目はますます傷み壊れていきます。 ザルをこれ以上壊さないようにするためには出来るだけ網目を通り抜ける土や砂利やゴミなど(老廃物)を少なくしてやることです。 あらかじめ土や砂利やゴミなど(老廃物)をある程度取り除いてから傷んだザルを使うのです。 つまり、口から入ってくる食品のうち、老廃物を作り出す食品を減らしてやればいいのです。 これが「タンパク質を減らしましょう」といわれる所以であり、腎臓病の食事療法なのです。 しかし、タンパク質は大切な3大栄養素のひとつ。 ただタンパク質を減らしたのではバランスが崩れてしまいます。 生きていくためのエネルギー摂取も休むことは出来ません。 タンパク質を減らした分、脂質と糖質で補う必要があります。 減らすのはタンパク質であり、カロリーではありません。 1日の摂取カロリーが減ってはいけないのです。 タンパク質を減らしても、同時にカロリーも減ってしまうと、からだは自分自身のタンパク質(筋肉など)を分解して不足したカロリーを補います。 これではせっかく食事でタンパク質を減らしても多量のタンパク質を取っているのと同じことになってしまいます。 これでは腎臓というザルを傷めながら通り抜ける老廃物は減りません。 カロリーを落とすことなくタンパク質を減らす方法とは? タンパク質を減らす目的は、老廃物を減らすことです。 なるべく老廃物が出ない食品をしっかりと摂り、なおかつカロリーを確保することです。 老廃物が出ない食品には、どのようなものがあるのでしょうか? 脂質と糖質、そして、必要最小限量の良質なタンパク質です。 脂質と糖質とは、油、砂糖(はちみつ・水あめなど)、でんぷん類(春雨・くず・くずきり・片栗粉など)です。 脂質と糖質には、もともとタンパク質が含まれないので老廃物が出ません。 それ以外の食品すべてにタンパク質は含まれています。 肉や魚はもちろん、ご飯やパン、野菜や果物、コーヒーまであらゆる食品にタンパク質は含まれているのです。 私たちが主食として普段食べているご飯やパン、麺類などにはけっこう多くタンパク質が含まれています。 しかしこれら主食に含まれているタンパク質は質やバランスが悪く、老廃物がたくさん出来てしまい、食事療法の妨げとなります。 そのため、腎臓病の食事療法では、タンパク質は老廃物が出ない良質なタンパク質を体にとって必要最小限量だけ摂るようにします。 腎臓病の進行具合に合わせて量を計算した、適量の良質なタンパク質は100%からだをつくるためのエネルギーとして使われ、老廃物が出ないのです。 食品のアミノ酸価に注目! タンパク質の質とバランスを見る指標としてアミノ酸価というものがあります。 この指標、アミノ酸価が100に近いほど良質のタンパク質とされています。 体に良い成分も含まれているので、きちんと制限量を計算して食べれば問題ありません。 良質なタンパク質にはどのようなものがあるのでしょうか? 良質なタンパク質とはアミノ酸価が高く、バランスの良い動物性タンパク質(肉や魚、牛乳、卵など)です。 しかし、良質なタンパク質は100g中のタンパク質の量が多く、意外と少量でもすぐ制限量を超えてしまいます。 必要カロリーを確保しつつ、タンパク質を抑えるには一体どうしたらよいのでしょうか? 一般的な食品のみで必要カロリーを得ようとすると質の悪いタンパク質が多くなり、良質のタンパク質が少ししか摂取できません。 主食の量を制限し、良質のタンパク質を摂取して1日のタンパク質制限内に収まるようにすると、今度は必要となるカロリーが足りなくなります。 そこでつくられたのが、低タンパク食の人のための 「治療用特殊食品」です。 これは、カロリーは変わらずタンパク質を抑えたまさに理想的な食品です。 主食であるご飯やパン、麺類などからお菓子類などの間食用、またレトルト食品まで揃っています。 病院や通信販売で購入できます。 特に主食を治療用特殊食品に変えることはとても有効です。 今まで主食に含まれていた質の悪いタンパク質がなくなるので、その分を良質のタンパク質摂取にまわすことが出来ます。 その上で必要カロリーをしっかり摂る事が出来、さらに制限に余裕を作りおやつや嗜好品を摂ることもできるようになります。 治療用特殊食品の利点はタンパク質を抑えられるだけでなく、急激な血糖の上昇をおさえ、高脂血症の予防にもなります。 なにより、治療用特殊食品を上手に取り入れることでバラエティにとんだ食事が出来ます。 腎臓病の食事療法がうまくいくと・・・ からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。 老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。 非常にうまくいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせることが出来る場合もあります。 腎臓病の食事療法は薬だと思って我慢して食べるものではありません。 これを食べれば良くなるといったものもなければ、食べてはいけないものもありません。 制限の範囲内であれば、どんなものでも食べることが出来るのです。 食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。 本人の強い意志と続けていく勇気を持つことです。 食事療法は、患者自身が自ら積極的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。

次の

低蛋白・高カロリー食

たんぱくん

心配ですね。 若いうちから中年くらいの間は、痩せていた方がスタイルがよかったり、成人病疾患の可能性が低くなるため推奨されることが多いですが、中年以降になって来るとある程度体重があった方が長生きできることが医学的にも証明されてます。 日本人の死因の一位、二位を占めるガンや肺炎になったときに、ちょっと太っていたくらいの方が生存率が高まるからです。 痩せ過ぎはよくありません。 タンパク質は体に必要なものですが、それで太るには運動が必要です。 特に高負荷な筋トレが必須。 有酸素運動では筋肉は増えません。 余剰タンパク質は体には蓄積されず体外に排出されます。 体重を維持したいなら"高糖質+高脂質のもの"を食べさせればいいです。 大量の糖質を摂取すると血糖値が急上昇します。 血糖値が高い状態が続くと血管が痛むので、これを避けるためにインスリンというホルモンが追加分泌されて体中の細胞に血管中の糖を吸収させます。 細胞に吸収された糖は脂肪に変換されて蓄積されます。 また大量の糖が含まれる料理中に併せて脂質が含まれている場合、消化吸収されて体内に取り込まれた脂肪は最初のうちは血液中を循環していますが、血糖値を下げるインスリンが分泌されて血糖が下がるときに血液中の脂肪も身体中の細胞に吸収されます。 つまろ高糖質+高脂質の食事はインスリンの作用で太る効果が倍増します。 食事で言えばカレーライスは高糖質+高脂質の食事になります。 カツカレーなら完璧ですね。 丼ものならカツ丼、天丼、他にもラーメンも高糖質+高脂質の食事になります。 チャーハンなんかはご飯という糖質にわざわざ油を混ぜて炒めてますから理想の高糖質+高脂質食です。 またパンは小麦粉にショートニングという油脂を混ぜ込んでいるので、それ自体が高糖質+高脂質の食材です。 甘い物がお好きならば菓子パンを食べさせてあげるとよいでしょう。 意外に太れないのは肉、魚、チーズ、卵です。 摂取するものが脂質とタンパク質だけだと太らないんですよ。 糖質を取らなければ脂質はほとんど身体に蓄積されません。 例えばマヨネーズも糖質と組み合わせなければ太りません。 だから「糖質制限ダイエット」というものが成立します。 これらを食べるときは、必ずご飯やパンとセットで食べることをお勧めします。 詳細なご回答とご心配をいただきまして、ありがとうございます。 普段、敬遠しがちな食事も人によっては必要だということがわかりました。 糖質+脂質は、ダイエットをしている人間にとって最大のタブーですが、 逆に太れない人にとっては大切な栄養素なのですね。 盲点でした。 夫は甘いモノが好きなので、オヤツにプリンなどを増やしてみるのも良いのでしょうか? 時々、メニューにカツなどの揚げ物なども加えてみることにします。 ご飯を夫の分だけチャーハンにするという案も良いかなと? (残りの野菜で私の分は白和えとか…) ダイエットについては、とてもたくさんの参考例があるのですが、 太りたい、太れない方々の声を反映した記事があまりなく、 とても参考になりました。 重量あたりのカロリーが高いのは、脂質、その約半分が糖質とタンパク質 ただし!! 現在の体の活動や維持に必要な量を超えたカロリーは、脂肪として蓄えられます。 余ったエネルギーをグリコーゲンとして蓄えるのは限界がありますから・・。 人体は無用な筋肉は決して作る事はありません。 あんなに恵まれた食事をしている国際宇宙ステーションの宇宙飛行士が地上に降りたら、たって歩く筋肉すら弱くなってしまう。 運動を伴わないカロリーやタンパク質摂取は、筋肉には決してなりません。 体は無駄な事はしません。 食生活ではなく、体を動かすこと。 精神疾患が何かわかりませんが欝でしたら、朝早くおきて目から光を入れて動くこと。 できればジムとは行かないにしてもスイミングスクールとかで運動をすること。 病気の回復に効果的ですし、体も頑丈になります。 いずれにしろ、かかりつけの医師に相談すること。 高たんぱくの食品は、なんといっても魚介類です。 高カロリーな食品でしたら、牛肉、豚肉など、肉類が高カロリーで高たんぱくです。 ただし、食べ物には好みがありますし、調理のし易すさも大切ですから、単に高カロリー高たんぱく質食品を選ぶよりも、ハム、ソーセージ、豆腐など、素材のまま食べられるものを選ぶと良いを思います。 レシピについては、下図の食品から食べたいものを選んで、クックパッドで検索してください。 お好みのレシピが見つかると思います。 太りたいのでしたら、パンにクリームチーズをはさんで食べると良いと思います。 簡単に食べられて高蛋白で高カロリーです。 クリームチーズは業務スーパーで1Kgが1000円ですが、これを食べると、私の経験ではすぐに太れます。 Q 76歳母は胃を全摘出しており、食がかなり細いです。 しかも柔らかいものしか食べれまぜん。 例えばバナナ、アボカド、プリン、根菜類の超柔らか煮、おかゆ、うどん、のような固さのものです。 C型肝炎も患っており、最近は体調もすぐれず、前にも増して食が細くなり、可哀想なくらい痩せこけてしまいました。 なので、少量でカロリーが摂れ、栄養も摂れる柔らかいものがあったら教えていただきたいと思い書き込みしました。 病院に入院しているときに高カロリーなゼリーが配膳されていたのを覚えているのですが、ドラッグストアに行ってみても売っていませんでした。 そういうゼリーは業務用で一般は入手不可なのかな? とにかく量が食べれないので、カロリーメイトを細かくして、おかずやおかゆに混ぜ込んでみたりしてカロリーアップをはかっています。 手軽に入手できる高カロリー高栄養食品を知っていたら教えてください。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー ヘルシーネットワークを利用されてみてはどうでしょうか? うちは父が腎臓が悪いので減塩食品関係を取り寄せています。 病院から食事調整に利用してはどうかとサイトを紹介されました) 栄養制限 塩分やたんぱく質 の方向け、租借困難な方向け、エネルギー調節が必要な方向けに色々な補助食品があります。 healthynetwork. 液体だとどうしてもうまく飲み込めなかったので この時に使用したとろみ剤は私はドラッグストアで買いました。 冷たい液体でもとろみが簡単に出るので便利でした。 後はお粥に離乳食用の食品を使ったりしました。 お粥に混ぜるだけでいいといったものがあったので…。 中々、少量しか食べれない中で高エネルギーで豊富な栄養を…というのは難しいですよね…。 後、ドラッグストアなどでたまに無料の栄養相談会みたいのがあるのでそういうのを利用して栄養士さんに相談してみてもいいと思います。 ヘルシーネットワークを利用されてみてはどうでしょうか? うちは父が腎臓が悪いので減塩食品関係を取り寄せています。 病院から食事調整に利用してはどうかとサイトを紹介されました) 栄養制限 塩分やたんぱく質 の方向け、租借困難な方向け、エネルギー調節が必要な方向けに色々な補助食品があります。 healthynetwork. A ベストアンサー 日本では、昔は、米飯を主食とし、動物性タンパク質は、魚介類が中心。 それに、野菜類、海藻類、きのこ類、豆腐などの大豆製品を中心とした、伝統的な日本食が食卓に上がっていました。 それが、動物性タンパク質は、魚介類から肉類が中心となり、バターや生クリームなどの乳製品などの摂取量も増え、また調理法も、和風の煮物など、かつお節や昆布などから取った出し汁と、醤油の味付けで、油脂類は一切使わないものでしたが、これが、バターなどを使って焼いたり、炒めたりといった、油脂類を多く使う調理法に変わってきました。 主食も、米飯から、パン食が普及し、トーストにバターを塗って食べるようになり、また、スイーツも、以前は、小豆のあん、きなこ、寒天、もち粉やだんご粉などを主材料とした、低脂肪の和菓子類が中心でしたが、これが、ケーキ、クッキー、パイ、シュークリームなどといった、高脂肪の洋菓子類が、好まれるようになってきました。 こうした食生活の欧米化により、日本ではそれまで少なかった高脂血症、またガンでも、高脂肪食が原因の一つとされている大腸ガンが増え、逆にこれまで日本では多かった、胃ガンが減少傾向にあるとされています。 最近では、伝統的な日本食を見直す動きが盛んで、特に欧米人の間にも、日本食ブームが広まったとされています。 ただ、日本食の唯一の欠点は、塩分の使用量が多いこと。 そのため、日本では、高血圧の方が、大変多くなっています。 htm 日本では、昔は、米飯を主食とし、動物性タンパク質は、魚介類が中心。 それに、野菜類、海藻類、きのこ類、豆腐などの大豆製品を中心とした、伝統的な日本食が食卓に上がっていました。 それが、動物性タンパク質は、魚介類から肉類が中心となり、バターや生クリームなどの乳製品などの摂取量も増え、また調理法も、和風の煮物など、かつお節や昆布などから取った出し汁と、醤油の味付けで、油脂類は一切使わないものでしたが、これが、バターなどを使って焼いたり、炒めたりといった、油脂類を多く使う調理法... A ベストアンサー カロリーを持つのは脂肪、糖質、タンパク質の3つだけなのだから、脂肪と糖質を低くしたいなら、残りはタンパク質しかない。 タンパク質ばかりのもの。 そしてできるだけ安いものを探すことになる。 結論から言えば、タンパク質を最も安く摂れるのはプロテインパウダー。 楽天かアマゾンで出来るだけ安いのを大量買いすればOK。 安さとタンパク質の含有量を考えたら、プロテインより安く摂れる食材は存在しない。 次に安いのは卵白。 その次がノンオイルのツナ缶。 タンパク質は1gで4Kcalと決まっていているんだから高カロリーもクソもない。 10gで40Kcal。 20gで80Kcal。 Q ダイエットに低糖質の食品が効果があると見かけるのですが イオンのトップバリューのピーナッツの成分表を見ると カロリーがすごく高いのですが糖質が低いのを見かけました。 テレビで糖質制限を勧める医師が糖質を取らなければ太らない 糖尿病患者は血液データが改善する。 でも肉や脂肪分はいくらとっても構わない 糖質制限を自ら行っている医師らが脂肪分や肉を制限せずに食べているが血液データに問題はなく むしろ普通の人より健康だというのを見かけます。 youtube. カロリーが低いもののほうが高いものよりも常にヘルシーだなどという話は古今東西ありません。 食べ過ぎてもいけないし、減らしすぎてもいけません。 カロリーのある栄養素は、糖質、脂質、タンパク質の3つだけです。 糖質制限をする場合、それで不足したカロリーをタンパク質や脂質を増やすことで補わなければなりません。 メニューから糖質を取り除いたのに、さらに他の食材もカロリーが低ければ、1日の摂取カロリーが著しく低くなってしまいます。 例えば1800Kcal摂るべき人が1400Kcalしか摂らなくなったり、1000Kcalしか摂らなくなったりしていきます。 そうするとどうなるか? 摂取カロリーを著しく下げると、甲状腺ホルモンの働きが弱まり、低T3症候群という症状が出始めます。 甲状腺ホルモンは基礎代謝を上げ肌を生き生きとさせ、活力や代謝の源となるホルモンです。 これが、エネルギーを無駄遣いしないように活性しなくなることで、めまい、頭痛、眠気、だるさ、体調不良、免疫力の低下、肌荒れ、代謝の低下などを引き起こします。 ダイエットでの、いわゆる飢餓状態だとか停滞期というのもこのことを言います。 糖質制限したら体調が悪くて止めたとかとかいうアホな人が一定数いますが、彼らは糖質を制限したせいではなく、代わりに脂質やタンパク質を増やさなかったせいで健康を害したんです。 それはただの食べないダイエットであって、糖質制限ではありません。 糖質制限というのは、糖質の摂取量を制限して、代わりにタンパク質、脂質をしっかりと増やすことで成立します。 ですから、低糖質低カロリーというのはNGです。 ピーナッツには、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果のある不飽和脂肪酸であるオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれています。 あたりまえのようにゴハンを食べていると、このようなピーナッツなどカロリーの高いものは敬遠しがちになりますね。 おかげで体に良い油もカロリーが気になって思うように摂取できませんが、糖質を制限していれば脂っこい魚も含め、いろんなものを食べる余裕が出てきます。 糖質を制限した上に、他の食べ物も低カロリーにしなきゃけないのなら、糖質を制限する意味がないでしょ。 ちなみに、肉や脂肪は炭水化物よりも消化に時間がかかるという話が出ていますが、これは間違いです。 お肉などは一番最初に消化されて跡形もなく消えてしまいます。 消化に悪いのは糖質と食物繊維が豊富な野菜類、つまり炭水化物です。 これは「炭水化物が人類を滅ぼす」という本の中で語られていることですが、医者の中では常識だそうです。 検死などで胃の内容物を調べたりすると、米や麺類がそのまま残っていることはあっても、肉などは先に消化されて消えてしまっているんです。 逆流性食道炎など、胸やけが悪化したような病気もありますが、これも昔は脂っこいものが原因だとされていました。 しかし、糖質制限を始めた人の大多数が逆流性食道炎がよくなっているそうで、原因は炭水化物だったようです。 私も糖質を制限し始めてから、まったく症状が出なくなりました。 お肉や脂質よりも、糖質のほうが腹持ちがわるいのは、インスリンの働きによるものです。 糖質を食べて血糖値が上がると、インスリンが分泌されて血中の糖分を中性脂肪に取り込んで、血糖値をどんどん下げてしまうんです。 そうすると、食べたのに逆に血糖値が急降下して、空腹感に襲われます。 タンパク質や脂質の場合は、このようにインスリンが分泌されませんから、血糖値も安定しているので、強い空腹感に襲われることがなくなるんです。 だから腹持ちがいい。 糖質を食べなくなるとほとんど腹が減らなくなり、おやつが欲しくなったりもしなくなります。 ゴハンの時にお代わりをしようとも思わなくなります。 だから、それほどカロリー制限をしなくても自然に痩せていく人が多いのです。 まず糖尿病も含めて、ダイエットというのは過不足なく摂取していくのが基本です。 カロリーが低いもののほうが高いものよりも常にヘルシーだなどという話は古今東西ありません。 食べ過ぎてもいけないし、減らしすぎてもいけません。 カロリーのある栄養素は、糖質、脂質、タンパク質の3つだけです。 糖質制限をする場合、それで不足したカロリーをタンパク質や脂質を増やすことで補わなければなりません。 メニューから糖質を取り除いたのに、さらに他の食材もカロリーが低ければ、1日の摂取カロリーが著しく低く... A ベストアンサー ジャガイモスープはどうでしょう? 男爵のようなほっこりするジャガイモの皮をむき、コンソメの素と一緒にコトコト1時間くらい弱火で煮込むのです。 玉葱をいれたり、冷凍のコーンを入れたり、もし食べる気力がでれば刻んでソーセージなんかもいれてもいいです。 ほんの少し砂糖を入れてみましょう。 カロリーを撮ることが主眼なら、バターもひとかけら。 そして柔らかく崩れるくらいになったら、ミルクもしくは良質の生クリームを少し入れてもいいかもしれません。 ほんの少しのご飯をいれてお粥の薄いののようにもできるし、翌日は冷めてもそこそこいけます。 さらに胃に元気が出たらとろけるチーズを一枚のせてもいいし、温めてチーズをのせたあと、オーブンかトースターでちょっと焼き色をつけるのもおすすめです。 A ベストアンサー 筋トレ、ボディビルダー・・・ といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。 これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから 大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが それなりに信じていいと 個人的に判断しています。 >また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか? >(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w ) 「増えるでしょう。 脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。 5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある 日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば 2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww 草生やしておく なお一般的になっている体組成計の数値でしたら 複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり 水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり 風呂入ってくるとか 数字はあるていどコントロールできるかと。 (説明書には風呂上りにとかNGって書いてある) 筋トレ、ボディビルダー・・・ といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。 これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから 大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが それなりに信じていいと 個人的に判断しています。 >また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか? >(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w ) 「増えるでしょう。 」と自己矛盾している回答を(笑)... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...

次の