ベース 練習 フレーズ 初心者。 【無料TAB譜付き】ベース初心者におすすめの練習曲10選! │ サッキーのさっきの出来事

ベースのスラップの初心者でも簡単でかっこいいフレーズ・練習曲とは?

ベース 練習 フレーズ 初心者

どうも、ユウキ()です。 ベースでアドリブってできますか? ひょっとしたら、アドリブをすごく難しいものとして考えていませんか? 僕は、以前まで難しいものだと考えていました。 でも、今はそんなに難しいと考えていませんし思わなくなりました。 なぜなら、 アドリブは誰にでもできるって思えるからです。 もちろん、誰かのアドリブやフレーズで難解なテクニックだなと思うものは沢山あります。 最初に断っておきますが、僕は超絶テクニックは何一つ持ち合わせていません・・・ それでも、恥ずかしくない程度に自分らしいアドリブは自信を持ってできます! 今回は、ベーシストがアドリブできるようになる為のコツを解説します! 方法さえ学べば、誰でもできるようになります。 この記事を流し読み• イメージをすることが大切 アドリブで一体何をイメージしたら良いのか・・・ それは、バッキングの響きに対して自分がどんなフレーズを弾きたいかです。 それと、奏でたい音 アドリブ が、どんなでできているのかをイメージします。 たとえ、色んなスケールを覚えたとしても組み合わせる方法を知らなければ言葉 フレーズ はできません。 その中で、比較的フレーズが作りやすく色んな人に使われているスケールがあります。 それが、ペンタトニックです。 ペンタトニックで考えてみる ペンタトニックの便利な所は、• 使える範囲が広い• フレーズを作りやすい• 歌いやすい• 覚えやすい こういったところです。 なので、世界中で使われ愛されるスケールなんだと僕は思っています。 だからこそ、便利さ故にインターバルを考えなくなってしまっていることが大いに考えられます。 そうなると、何も考えずに弾けるので一見自由に演奏できているかのように思います。 (実際、自由を感じます) イメージ力が大事 ですが、一音一音のインターバルを意識しようとした時にハッキリと意識 イメージ できるかどうかがその後の分かれ道です。 惰性で弾いてしまっていないか、きちんと頭で鳴らせているのか、歌えているのか自分自身に正直になって聞いてみて下さい。 ペンタトニックは、テキトーな組み合わせで弾いてもフレーズ化しやすいことが良いところです。 インターバルのイメージがなくても、それっぽく聞こえます。 だからこそ、こんなことありませんか? 頭でぼんやりとフレーズのイメージができる。 だけど、いざ楽器で弾いてみようと思うと狙いたい音を探せなくなる。 これは、インターバルを把握できていないからです。 アドリブに大切なインターバル インターバルを身につけることは、耳を鍛えることと同じです。 そして、言葉を覚えることと同じでもあります。 思った瞬間に喋れるようになるんです。 言い換えれば、思った瞬間に弾けるようになります。 これほど素敵なことはありません。 インターバルをイメージする インターバルを簡単にイメージできるようになるには、響きを覚えることです。 そうすると、やっぱりスケールでは音数 音程 が多過ぎます。 なので、覚える数を限定しスケールではなく優先的にコードトーンを覚えます。 できれば、バッキングがある場合と、無い場合の両方を練習します。 バッキングにはiReal Proがお勧めです。 MEMO必ず弾く前に頭で音程をイメージします。 これを自分に言い聞かせないと、練習の意味がなくなります。 ルートからはじめる 練習は、ルートから始めます。 ベーシストなら一番イメージしやすい音程ですね。 いわゆる「ユニゾン」って呼ばれる音程です。 ユニゾンの場合は、基準の音と一致するので先に音程をイメージしてから弾くと効果的。 5度を弾く 次は、5度をお勧めします。 ベースラインで5度を弾くことって、ルートを弾く次に多いと思うので割とイメージしやすいんじゃないでしょうか。 ボサノヴァやサンバなんかのベースラインをイメージすると分かりやすいです。 オクターブを弾く ルート ユニゾン が分かれば、比較的イメージしやすいのがオクターブです。 高く 低く 聞こえますが、同じ音名にもなります。 3度を弾く 響きの明るさを決定する音程です。 メジャーとマイナーの2つあります。 どちらからでも良いので、響きの特徴を掴みます。 もし、3度の判断が付きにくいのであればバッキングのコードを鳴らしながら練習してみて下さい。 判断しやすくなります。 余裕があれば7度も覚える まずは上の4つの響きを覚えてみて下さい。 余裕が出てきたら、7度の響きも覚えます。 メジャー7thと7thの2つあります。 メジャー7thは、割とオシャレな響きを。 7thはブルージー、ファンキーな響きを与えてくれます。 まぁ、どちらも主観ですが 楽器を持つ時間がない場合 なかなか腰を据えて練習する時間が取れない場合に、お勧めするのがコレ。 英語ですが、インターバルトレーニングがしっかりできるアプリ 『RelativePitch』です。 最終的に12音全部を覚えられるよう、レベル別にトレーニングできます。 優しいところから始められるので無理なく覚えられます。 自在に引き出せるように練習する 音程を覚えられたら、次は自在に弾けるように練習します。 自分が思うタイミングで弾けるかリズムのトレーニングです。 ただ、音程を覚えただけではアドリブはできません。 必ず、リズムが関係しています。 この2つが合わさることでカッコ良いフレーズが生まれるし、誰かの演奏を聴いてカッコ良いと思えます。 イメージしたフレーズを歌う 歌える ことで、リズムは自然と含まれます。 だから、音程にだけ気を取られて最も意識しなくなってしまいます。 自分がイメージした音程が、自分の思うタイミングで弾けるのかどうか確認する必要があります。 一歩抜け出すための応用編 自分の思うタイミングで弾くことは、自分の癖も大いに含まれています。 そうすると、似たようなフレーズばかりになってしまうので新しいイメージが湧きにくくなってしまいます。 なので、自分の思うタイミングで弾けるようになれば今度は、どんなタイミングでも弾けるように練習します。 自分のリズムの癖以外のところで音程をイメージして弾くことの難しさに気が付けるでしょう。 これには、じっくりと時間を掛けて練習することをお勧めします。 スケールの音が鳴り出す リズムの意識をしながら練習すると、さっき覚えた音程以外の音程が段々と頭で響くようになってきます。 これが、スケールの音です。 しかも、「自分が今欲しいって思う音程が」です。 そうなると、頭の中でフレーズがどんどん生み出されてきて歌えるようになってくるんです。 あとは、頭で鳴っているスケールの音程をすぐ弾きに行けるように練習します。 この時の練習方法は、スケールの音が頭で鳴った時の練習を再現することです。 これを繰り返せば、スケールの音程や(慣れてくると)スケール外の音程もイメージできるようになります。 トランスクライブ(コピー)する ベースに限らず、色んな楽器のアドリブをベースに置き換えて練習します。 弦楽器だと、比較的似た音程で演奏するのでフレーズが分かりやすいし演奏しやすいです。 だからこそ、管楽器やピアノの単音ソロなんかをコピーすることで思いもしない音程の跳躍に気づくことができます。 大変な運指になることもありますが、発見も多いです。 アドリブは喋ることと同じ アドリブをしようとして、このコードの時にはなんちゃらスケールがどうだこうだ・・・ と考えがちですが、あまり複雑に考える必要はありません。 確かにスケールを覚えることは大切です。 有効に使えるのであれば、とても役に立ちます。 ですが、使い方が分からなければ却って頭を悩ませるだけです。 会話と同じ 一度、アドリブを喋ることに置き換えてみましょう。 喋りたい時って、何を考えていますか? 自分が思っていること。 思いついたこと。 今日あった出来事。 など色々です。 そして、いざ喋り出したら いちいち言葉を選んで喋ってなんかないと思います。 言葉はフレーズ もちろん言葉を選ぶ瞬間もありますが、ずっと選び続けながら喋ってませんよね。 思った瞬間に言葉を出せるはずです。 アドリブも同じで弾く瞬間にスケールがどうのこうのって考えていては、音楽に乗り遅れてしまいます。 だから、考えなくても音を出せることが必要になってきます。 ただ単に 何も考えなくて良いってことじゃなく、何も考えなくてもできるように先ずは考えようってことです。 あとは、体の中に入り込むように練習すること。 これが大事です。 おわりに ベース本来の役割は、コードの音程を支えることが一つ挙げられます。 音程を覚えることでイメージが鮮明になります。 それを、言葉を喋るかのように覚えてしまうこと。 それが、アドリブを弾くことの近道です。 もちろん、ベースラインを弾いたり作ったりする時にも凄く応用がききます。 スケールを覚える前にコードトーンを覚えることが大事です。 それと並行してリズムの練習にも取り組んでいきましょう。 そうすると、スケールの音程を覚えることにも繋がり自在に弾けるようになってきます。 慌てずに一つずつクリアしていけば、自由に喋れるようになるんです。 アドリブをすることが難しいと思わなくなります。 自分が弾きたい音を思い通りにスッと弾けるって素敵なことですよね。 を違う角度から書いています。 色々な可能性を見つけてチャレンジしてみて下さい。 ではでは。

次の

ギター初心者向け練習フレーズ! 色んなテクニック入り【タブ譜】

ベース 練習 フレーズ 初心者

ベースのオススメ練習方法 ベースをはじめたばかりの初心者の人から基礎を見直したい人まで、オススメの練習方法をご紹介します。 基礎は上手くなる上で非常に重要ですので、この機会に基礎をしっかり練習しましょう。 まずは音粒の揃ったピッキングができるようにしっかり練習していきましょう。 固定していないとピッキングをする際に余計な力が入ってしまったり、逆に上手く力が伝わらず、ノリの悪いベースになります。 人によってはフィンガーレストという指を置くパーツを取り付けて改造したりしています。 また、親指はピックアップの上でなくても、4弦や3弦に置くこともあります。 これは1・2弦を弾くときとに手が広がることでピッキングの強さが変わってしまうのを防ぐためでもあります。 常に同じフォームですべての弦がピッキングできると理想的です。 もしくは他の弦のミュートも兼ねて薬指や小指で弾いていない弦に触れておくと弾きやすくなります。 ピック弾き奏法はオルタネイトピッキングで音粒が揃うように意識しましょう。 ダウンピッキングは降り下ろすだけですが、アップピッキングは弦に引っ掛かって、はねたリズムになってしまっているアマチュアバンドをよく見かけます。 均等に弾けるようにダウンもアップも練習しておきましょう。 リズム感を鍛えてバンドを支えるベーシストになりましょう。 携帯ならどこでも練習するときに使えるので、アプリを1つダウンロードしておくと便利です。 弾くフレーズはルート弾きでもフレーズでも大丈夫ですが、ピッキングも兼ねて練習するのならルート弾きがオススメです。 同じ音をずっと弾くルート弾きの方が運指に気を取られることなくリズムとピッキングに集中することができます。 最初はBPM80程度を4分音符で慣れてきたら8分音符、と変えていくと良いでしょう。 最初はBPMが速い方がクリック音に間が少なくなるので合わせやすくなります。 BPMが遅いとクリック音に間が生まれるので、リズムがよれやすくなったりするので、慣れてきたら体でリズムを取りながらしっかりと弾けるようにしましょう。 例えば、車のウインカーの音や、踏み切りの警報など、一定間隔の音があったら口で「タタタ、タタタ・・・」と合わせてみたり、メトロノームをイヤホンで聴きながら歩く速度でリズムを取っても練習になります。 いろいろと練習方法はあるので生活のなかでも探してみてください。 基本的なフォームを練習して、安定した運指を身につけましょう。 運指の練習の際にもメトロノームを鳴らすと効果的です。 具体的に説明すると1フレットずつ音を鳴らしていくのですが、この時に1フレット1フィンガーを心がけてみましょう!例えば、4弦5フレットを人指し指で押さえた場合、4弦6フレットは中指、4弦7フレットを薬指、4弦8フレットを小指で押さえていきます。 これを3・2・1弦と繰り返して弾いていく反復練習です。 1フレット1フィンガーを身につけると複雑な運指の難しい曲も余裕をもって弾くことができます。 この時、弦を押さえる側の手の親指はネックの真ん中、中指と親指でつまむようなイメージを持って運指すると良い練習になります。 綺麗なフォームでスムーズな運指を心がけましょう。 クロマチック練習では半音ずつ上昇・下降を繰り返すだけですが、メカニカル練習は1フレット1フィンガーのまま指を独立して動かす練習になります。 例えば、4弦5フレットを人指し指で押さえたら、次に4弦7フレットを薬指、そして4弦6フレットを中指、4弦8フレットを小指、といった感じでバラバラに動かしていきます。 小指、中指、薬指、人指し指と他にも想定しうる全部のパターンを練習していくと高速フレーズでも指がバタバタしなくなります。 これらの練習は1音1音ちゃんと鳴らすことが大切ですので、最初は弾けるゆっくりなテンポから徐々にはじめていきましょう。 ただ、この練習を1日に30分でも続けているだけで周りのべーシストに差をつけることができます。 欠かさずやっていきながら、飽きたら好きなアーティストの曲を練習しましょう。 好きな曲は目標が明確なので、練習も楽しく感じられるはずです。 そしてここでもすぐに使える練習方法があります。 それは耳コピです。 タブ譜やバンドスコアは売られていますが、頼らないでまずは耳コピしてみましょう。 スコアは最後に拾い間違えた音がないかを確認するために使います。 耳コピのコツは、ベースラインを歌えるようにすることです。 「ダーダダダダダ タタタラ ティダダ・・・」と適当な言葉を当てはめて鼻唄でも歌えるようにすると耳コピは楽になります。 ベースを弾く時にも、ベースラインを歌いながら弾くように意識してみましょう。 いつか役立つ時がやって来ますよ。 初心者だけではなく、中級者やプロもやtrているような基礎練習なので、実力は着実に伸びていきます。 ダラダラと数時間練習しても上手くなりませんが、30分でも集中して取り組めば必ず結果は出ますので、しっかりと練習していきましょう。 基礎を練習して一人前のベーシストを目指してくださいね。

次の

ギター初心者向け練習フレーズ! 色んなテクニック入り【タブ譜】

ベース 練習 フレーズ 初心者

このページの目次• 効率の良いギター基礎練習とは? さて、ギターの上達が早くなる、効率の良いギターの基礎練習をするにはどうしたら良いでしょうか。 ギター上達には3つのポイントがあります。 左手の指の動きが滑らかであること• 両手の動きがシンクロしていること• 正しいリズムで弾けていること これらの3つのポイントが鍛えられるような基礎練習が効率のいい練習といえます。 ギター基礎練習フレーズの使い方 これらのポイントをおさえるために、以下の3つのことに注意して練習しましょう。 左手の動きを最小限にすること• 右手はオルタネイト(アップダウン交互に繰り返す)ピッキングをすること• 必ずメトロノームを使って練習すること これら3点をしっかり意識して練習することが早い上達のコツとなります。 ギター用の楽譜の読み方が分からない場合はを参考にしてください。 まずは、オーソドックスな反復練習です。 左手は1フレットずつ動かして、4フレット進んだら隣の弦に移動します。 ポイントは、 1フレットは人差し指、2フレットは中指、3フレットは薬指、4フレットは小指で押さえることです。 指の動きは最小限に、左手の形はできるだけ同じ形にキープしましょう。 また右手は、オルタネイトピッキング(ダウンとアップを交互に行う)ピッキングで弾きます。 このトレーニングは右手と左手のそれぞれ動きを鍛え、両方のタイミングを合わせる練習です。 最初はゆっくり弾き始め、慣れたら速いテンポで弾きましょう。 弦が一本ずつ動いていくのは「その1」と同じです。 これも 4フレットは小指、3フレットは薬指、2フレットは中指、1フレットは人差し指で押さえて、左手の形はキープします。 そうすることによって、左手の指のなめらかな動きが鍛えられるのです。 「その1」に比べるとやや難しいかもしれませんが、始めはゆっくりで構わないので、丁寧に1つずつの音を出していきましょう。 この通り弾けばいいですが、右手はオルタネイトピッキング(アップとダウンで交互にピッキング)をします。 この練習に慣れると、左手の動きと右手のピッキングが上手くなり、さらに、音感も身に付くようになります。 しっかりチューニングしてから練習しましょう。 こちらも少し難しいかもしれませんが、毎日5分やるだけで運指と音感の両方が圧倒的に上達する優れた練習です。 丁寧に取り組んでください。 上昇するより下降する方が難しいでしょう。 左手の力を抜いてリラックスして取り組むことが大切です。 右手はオルタネイとピッキングをキープしつつ、メトロノームも忘れず使いましょう。 これが滑らかにできればギターはかなり上達しているといえます。 指の開きが大きくなるため、さらに難しくはなりますが、その分左手の動きを鍛えることができます。 ポイントは、とにかく左手の力を抜くことです。 余計な力が入っていると指が開きにくくなります。 力を抜くだけで、指が開きやすくなるのを実感しましょう。 右手は今回もオルタネイトピッキングです。 もちろんメトロノームも使ってください。 この基礎練習では、薬指と小指だけを使って練習します。 楽譜は簡単そうですが、やってみると難しいはずです。 この練習に慣れると、薬指と小指の動きが、かなり安定するようになります。 薬指と小指の安定した動きが身に付くまでじっくり取り組みましょう。 この練習のコツについては、次の「ギター基礎練習その7」でも解説します。 楽譜は「ドレミファソラシド」ですが、使う左手の指は薬指と小指に限定しています。 慣れないとかなり難しいでしょう。 この練習がクリアできると、音感も身に付き、薬指と小指も安定し、いいことづくめです。 一生懸命取り組みましょう。 薬指と小指の基礎練習のコツは、 とにかく手の力を抜くことと、 使わない他の指も安定させておくことです。 人差し指や中指が大きく動いたり、ぶらぶらしていると、全体として安定しなくなり、演奏の様子もかっこよくありません。 また、右手はオルタネイトピッキングを継続しましょう。 メトロノームも忘れないでください。 Fコードを押さえつつ、オモテ拍(メトロノームの鳴るところ)では左手でミュートしてブラッシング、ウラ拍(メトロノームの鳴らないところ)ではFの音をストロークします。 Fコードの押さえ方が難しい方はも参考にしてください。 また、左手のミュートやブラッシングが苦手な方はを参考にして練習しましょう。 この練習ではリズム感と、左手のバレーコードの瞬発力がかなり上達します。 手を痛めないようにリラックスして取り組みましょう。 前の練習ではオモテ拍をブラッシングしていました。 今回は、オモテ拍を弾かずに、ウラ拍だけを弾くリズム練習です。 メトロノームの鳴っているところでは、ギターの音を出さないようにします。 そのためには、コードを鳴らしたらすぐにミュートして、コードの音が残らないようにする必要があります。 メトロノームが鳴ると同時に左手を浮かせてミュートし、すぐに次のリズムに乗れるようにしましょう。 この練習はかなり難しいと思います。 Fコードのとウラ拍の両方を攻略しなければならないからです。 これができていれば、もう初心者を抜け出せているくらいの上達といえます。 ゆっくり時間をかけて練習しましょう。 ギター基礎練習フレーズのまとめ ギター基礎練習フレーズはどうだったでしょうか。 簡単なものから難しいものまでありますが、どれをやるときも次のことを忘れないでください。 左手は動きを最小限にする• 右手はオルタネイトピッキングする• メトロノームを必ず使う この3点に注意して練習すれば、毎日5分でも大幅な上達ができます。 最初はゆっくりめのテンポでも構わないので、1つずつ確実にクリアしましょう。 また、この練習はギターだけでなく、ベースギターでも同じような練習をすることができます。 もしバンド活動をしていたらバンド練習の前に、シェアしても面白いでしょう。 この記事がいいと思ったら、ぜひ、TwitterやFacebookでシェアしてください。 さらに、もっと基礎練習をしたい方のために、で左手の運指練習を3フレーズ紹介しています。 上達の近道になる詳しい解説付きなので、興味があれば、合わせて読んでみてください。

次の