どういたしまして 大阪弁。 加茂山弁講座

阿波弁を一覧にまとめてみたんじょ!

どういたしまして 大阪弁

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 関西弁で「どういたしまして」 - にぽたん研究所はてなブックマーク - 関西弁で「どういたしまして」 - にぽたん研究所 プレビュー 関西弁で「どういたしまして」 - にぽたん研究所 さっきでになった。 「で "どういたしまして" って何ていうの?」 これ、わかる人い... 概要を表示 さっきでになった。 「で "どういたしまして" って何ていうの?」 これ、わかる人い? 人と話してて、 「おーきに」 「ありがとー」 って言われたら何て返すんだろうなぁと。 諸説ありが、我々が出したは 該当するナシ ですた。 のに対して、このを行った際に、のは回答に困り、悩んで悩んで悩みまくった。 悩んだに出てきた回答一覧 「ええでええで」 「かまへんかまへん」 「きにせんといてー」 「毎度」 「どういたしまして」のようなされたらしきは見当たらない。 この意外な結果に、他に該当するのないが知りたくなってしまった。 ふーむ。 いやし、なだ。

次の

標準語→名古屋弁の翻訳お願いします(件数多いです)

どういたしまして 大阪弁

福島弁と聞いて、パッとどんな方言があるか思い浮かぶでしょうか? どっちかと言えば、ややマイナーよりの方言に分類されるため、すぐ思いつかないのは仕方ありません。 今回は福島弁の基本や定番と言われる福島弁などについて紹介します。 福島弁とは 福島弁は名前の通り、福島県で使われている方言です。 基本的に福島全域で使われている方言であり、南関東や新潟県の方言とも似ていると言われています。 福島県で使われる方言 マイナーと先述しましたが、言葉によっては意外と知られている方言もあります。 知られている方言と知られていない方言の差が激しいと言っても過言ではないかもしれません。 分類は仙台方言や山形県内陸方言などの南奥羽方言 福島弁は仙台方言や山形県内陸方言などの南奥羽方言に分類されます。 福島県全域で使われるとも書きましたが、同じ福島県でも場所によっては影響されている言葉が異なるため、若干異なるところもあるようです。 福島弁の基本 こちらでは、福島弁の基本について集めてみました。 イントネーションやアクセント、他にも福島弁ならではのものもあるので興味がある人はぜひ見てみてください。 福島弁のイントネーション 福島弁のイントネーションは東北弁の言葉遣いと北関東のイントネーションが混ざったようなものと言われています。 茨城県と福島県では方言が違うにもかかわらず、あまり違和感を与えないほどです。 福島弁のアクセント 福島弁のアクセントは無アクセントの崩壊型です。 代表的な「橋」と「箸」の発音にも使い分けがなく、どちらも同じ発音なので言葉だけを聞くと、どちらを指しているか分からないようです。 言葉の終わりに「コ」や「メ」が付くことが多い 福島弁の特徴として、言葉の終わりに「コ」や「メ」がつくことが多いようです。 例えば「犬」についても「犬コ」や「犬メ」などがつくのです。 語尾に感情を込める こちらも福島弁特有のものですが、語尾に感情を込めるようです。 そのため「ありがとう」という言葉にも「ありがとうね?」と言葉の途中までは抑揚がないにも関わらず、語尾に感情を乗せる習慣があります。 濁点が多い傾向がある 福島弁の方言が特徴的な理由のひとつに、濁音が多い傾向があることがあげられます。 例えば「~だっぺ」などもそのひとつです。 他にも北関東にあるズーズー弁の訛りも混ざっているため、余計に濁音が多いように聞こえるのかもしれません。 定番の福島弁20選 こちらでは、福島弁の定番と言われる方言について集めてみました。 定番福島弁1:~した 「~した」は福島弁の中でも定番中の定番です。 日常会話の中でも聞く機会が多く、会話の中でもっとも多いと答える人もいるようです。 【福島弁】~した 【標準語】~ます• 「メシ喰うした」(ご飯たべます) 定番福島弁2:いがんに 「いがんに」は「それはいけない」などの意味に聞こえるかもしれませんが違います。 同じ「いけない」の意味ではあるのですが、意味が違うようです。 【福島弁】~いがんに 【標準語】~行けない• 「今日はいがんに」(今日は行けない) 定番福島弁3:とっつぁま 「とっつぁま」は比較的分かりやすい言葉ではないでしょうか。 幼い子供が言ったら余計に可愛らしさが増すかもしれませんね。 【福島弁】とっつぁま 【標準語】お父さん• 「とっつぁま、行ぐよ!」(お父さん、行くよ!) 定番福島弁4:こどい 「こどい」はまあり良い意味では使われません。 本来の言葉からはあまり離れていないのですが、訛りが入ることで余計に分かりにくくなっているようです。 【福島弁】こどい 【標準語】くどい• 「顔がこどい」(顔がくどい) 定番福島弁5:むすい 「むすい」は「難しい」と勘違いする人もいるかもしれませんが、実は「長持ち」という意味を指しています。 【福島弁】むすい 【標準語】長持ちする• 「この靴むすい」(この靴は長持ちする) 定番福島弁6:ひゃっこい 「ひゃっこい」は他の地域でも使われている方言なので分からない人は少ないのではないでしょうか。 福島弁に慣れていなくても、言葉とイントネーションで分かる方言です。 【福島弁】ひゃっこい 【標準語】冷たい• 「川の水がひゃっこい」(川の水が冷たい) 定番福島弁7:ちゃっぽ 「ちゃっぽ」は身近なものではあるのですが、言葉だけを聞くとなかなか分かりません。 福島弁に慣れていない人で1度目で正解することはほとんどないのではないでしょうか。 【福島弁】ちゃっぽ 【標準語】帽子• 「ちゃっぽほろって来ちゃった!」(帽子を落としてきちゃった!) 定番福島弁8:ありがとない 「ありがとない」は「ありがとう」の意味ですが、他の地域でも使われているので分かりやすい方言のひとつです。 【福島弁】ありがとない 【標準語】ありがとう• 「ありがとない」(ありがとう) 定番福島弁9:いじましい 「いじましい」は良い意味に悪い意味にも聞こえる方言です。 他の地域では悪い意味で使われていることもあり、やや警戒してしまう方言ですね。 【福島弁】いじましい 【標準語】いじらしい• 「妻がいじましい」(妻がいじらしい) 定番福島弁10:おらほ 「おらほ」は何か物を指しているように聞こえるかもしれませんが、実は自分を指している言葉なのです。 【福島弁】おらほ 【標準語】私(の方)• 「おらほのがきめっこした」(私の子供が駄々をこねた) 定番福島弁11:あいべ 方言の不思議として、まったく関係ない言葉がそれを示すというものがあります。 むしろ方言はそういったもので溢れているのかもしれませんね。 この「あいべ」も、なぜこの意味を持つのかと不思議に思う人も多いのではないでしょうか。 【福島弁】あいべ 【標準語】行く• 「向こうへあいばんしょ」(向こうへ行きましょう) 定番福島弁12:あいでみ 「あいでみ」は先述した「あいべ」と似た意味を持ちます。 こちらはやや穏やかな分だけ、女性や子供に使われる言葉です。 【福島弁】あいでみ 【標準語】おいで• 「ほれ、あいでみ」(ほら、おいで) 定番福島弁13:あまされる 「あまされる」は意味を聞けば何となく分かるかもしれません。 ただ、まったくの初見で正解に辿り着く人はなかなかいないのではないかと思います。 【福島弁】あまされる 【標準語】邪魔者扱いされる• 「友達にあまされる」(友達に邪魔者扱いされる) 定番福島弁14:ざらんべ 「ざらんべ」はザラメなどを表しているように思うかもしれませんが、実はあまり縁起が良い物とは言えません。 出来れば「ざらんべ」に出席するようなことがなければいいと思う人がほとんどでしょう。 【福島弁】ざらんべょ 【標準語】お葬式• 「ざらんべへあいばんしょ」(お葬式へ行きましょう) 定番福島弁15:こらんしょ 「こらんしょ」は別の地域では立ち上がる時の「よっこらしょ」の代わりに使われることもあります。 しかし、福島弁では別の意味を持っているようです。 【福島弁】こらんしょ 【標準語】来てください• 「こっちさもこらんしょ」(こちらにも来てください) 定番福島弁16:けんぴぎ 「けんぴぎ」に悩まされる人は多いかと思います。 むしろ「けんぴぎ」になったことがない人はいないのではないでしょうか。 【福島弁】けんぴぎ 【標準語】肩こり• 「けんぴぎが酷い」(肩こりが酷い) 定番福島弁17:あっぱぐち 「あっぱぐち」は意味を聞けば「何となく分かるかも」という人も多いかと思います。 【福島弁】あっぱぐち 【標準語】口が無意識に開いた様子• 「猫のあっぱぐち開いてる」(猫の口が無意識に開いてる) 定番福島弁18:こめら 「こめら」は比較的使用頻度の高い言葉です。 学校の先生などがよく使っているかもしれませんね。 【福島弁】こめら 【標準語】子供たち• 「こめらはあっちゃ行って遊んでろ」(子供たちはあっちで遊んでいなさい) 定番福島弁19:あったった 「あったった」は「当たった」「ぶつかった」の意味に聞こえる人もいるかもしれませんが、福島弁ではまったく違う意味を持っているようです。 【福島弁】あったった 【標準語】お会いした• 「昨日あったった」(昨日お会いしました) 定番福島弁20:あまい 福島弁の不思議な方言のひとつとして「あまい」があります。 味覚のことで使う方言ですが、実は「甘い」ではないんです。 【福島弁】あまい 【標準語】味が薄い• 「肉じゃががあまい」(肉じゃがの味が薄い) 東北訛りに心が温かくなる福島弁 こちらでは、心が温かくなる福島弁について集めてみました。 んだ 東北弁の基本と言っても過言ではないのが「んだ」ですよね。 これを聞かないと東北弁を聞いた気にならないという人もいるのではないでしょうか。 【福島弁】んだ 【標準語】そうだ• 「んだ、オメの言うとおりだ」(そうだ、あなたの言うとおりです) んだんだ おじいさんやおばあさんが話している最中に「んだんだ」と言うのを見ていると、ちょっとだけ心が温かくなりますよね。 方言には人の心を温かくしてくれる効果があるように感じてしまうので不思議です。 【福島弁】んだんだ 【標準語】そうそう• 「んだんだ」(そうそう) ~だべ 「~だべ」も福島弁の中では定番であり、ちょっとほっこりさせてくれる方言でもあります。 【福島弁】~だべ 【標準語】~だね• 「美人さんだべ」(美人だね) ~だべした 「~だべした」は先述した「~だべ」とほとんど意味は変わりません。 こういった返事の種類の多さがあるのも、福島弁の特徴のひとつなのかもしれません。 【福島弁】~だべした 【標準語】~だよね• 「そうだべした」(そうだよね) もーはぁ 「もーはぁ」とまるであくびのような方言ですが、実はこの「もーはぁ」は使用頻度の高い福島弁のひとつなんです。 【福島弁】もーはぁ 【標準語】もう• 「先にいぐよ、もーはぁ」(もう先に行くよ) したっけ 「したっけ」は「〇〇したっけ?」などで全国的に使われていますが、福島弁では別の意味があります。 【福島弁】したっけ 【標準語】そうしたら• 「したっけバイバイ」(そうしたらさようなら) おばんです 「おばんです」は福島弁以外でも使われている言葉なので知らない人は少ないのではないでしょうか。 【福島弁】おばんです 【標準語】こんばんは• 「おばんです」(こんばんは) ~らんに 「~らんに」も福島弁特有の方言であり、幅広い使い方があります。 【福島弁】~らんに 【標準語】~れない• 「眠らんに」(眠れない) まとめ 福島弁と聞くと、訛りが強いイメージがあります。 もちろんそれは間違いではないのですが、可愛い方言が多いのでぜひ色々と聞き比べてみてはいかがでしょうか。

次の

ファジーな大阪弁:「な」

どういたしまして 大阪弁

全国にはさまざまな方言がありますが、メジャーなものもあればマイナーなものもあります。 今回ご紹介する徳島弁は、どちらかと言えばマイナーに部類される方と言えるでしょう。 徳島弁のあまり知られていない特徴や、魅力についてまとめてみました。 徳島弁とは こちらでは、徳島弁について集めてみました。 四国方言に属するものであり、四国方言のなかでは近畿方言の影響を強く受けているとも言えます。 特に南部の海部郡は大阪弁の影響が強い傾向にあります。 徳島県で使われる方言 徳島弁は名前の通り、徳島県で使われる方言です。 近畿方言や大阪弁の影響を強く受けている地域もあるため、意外と乱暴な言葉を使う場合もあります。 徳島弁のルーツは近畿方言や大阪弁 先述したように、徳島弁は近畿方言や大阪弁の影響を強く受けています。 そのため、徳島弁のルーツは近畿方言や大阪弁だとする説が一般的です。 阿波弁と呼ばれることもある 徳島県は旧阿波国だったこともあり、徳島弁ではなく「阿波弁」と呼ばれることもあります。 特に高齢の方は「阿波弁」と呼んでいることがあるようです。 県南と県北では隣接県の影響で語尾に差異がみられる 徳島弁は県南と県木で隣接県の影響を受けているため、語尾に若干の差があります。 基本的には変わらない部分が多いのですが、語尾だけが近畿方言や大阪弁の影響を受けているようですね。 徳島弁の基本 こちらでは、徳島弁の基本情報を集めてみました。 徳島弁のイントネーション 徳島弁のイントネーションは、隣接する県に近い影響を受けるようです。 例えば大阪寄りの場合は関西弁に近いイントネーションになります。 このように地域によって若干の差が出るので、明確なイントネーションを言葉にするのは難しいかもしれません。 徳島弁のアクセント 徳島弁のアクセントは東部では京阪式アクセントが用いられ、北西部では讃岐式アクセントが使われます。 他にも垂井式アクセントが使われるところもあるようです。 蚊を「カァ」など二拍化する傾向がある 徳島弁は「蚊」を「カァ」と発音するなど、1拍を2拍化する傾向にあります。 そのため、他の地域の人から見ると逆に難しく聞こえてしまうケースも少なくありません。 語尾に「じょ」や「え」、「な」、「けん」などが付きやすい 徳島弁の特徴として、語尾に「じょ」や「え」「な」「けん」などが付きやすい傾向にあります。 主に「じょ」は女性言葉と言われているので、地域の方のなかでも女性の使用率が高いようです。 定番の徳島弁20選 こちらでは、徳島弁で定番の方言について集めてみました。 定番の徳島弁1:かんまん 「かんまん」は「緩慢」や「干満」と考える人もいますが、「かまわない」という意味になります。 【徳島弁】かんまんけん 【標準語】かまわないから• 「このお金、かんまんけん、取っといて」(この金はかまわないから取っておいて) 定番の徳島弁2:つまえる 「つまえる」は「つかえる」や「つっかえる」などの方言に見られがちですが、「片付ける」という意味になります。 徳島弁に慣れていない人にとっては、あまりピンと来ない方言かもしれません。 【徳島弁】つまえる 【標準語】片付ける• 「この服、つまえといて」(この服、しまっておいて) 定番の徳島弁3:せこい 「せこい」は一般的に「ケチ」という意味になりますが、徳島弁の場合は「苦しい」という意味で使われます。 同じ言葉でも意味が全く違ってくるので、使う場合は気を付けましょう。 【徳島弁】せこい 【標準語】苦しい• 「せこいけん、行きとうない」(疲れたから、行きたくない) 定番の徳島弁4:もんた 「もんた」と聞くと、ペットの名前か何かに聞こえますよね。 しかし、これは「帰ったよ」という挨拶です。 【徳島弁】もんた 【標準語】帰ったよ• 「いつ、もんたん?」(いつ、帰ったの?) 定番の徳島弁5:てれこ 「てれこ」は予想できるものが複数あるため、どれに当てはまるのかと悩む人もいるでしょう。 しかし、その意味を当てられる人はなかなかいないのではないでしょうか。 実は「順番」という意味で使われます。 【徳島弁】てれこ 【標準語】順番• 「てれこになっとったけん、計算が合わなんだ」(数字の順番が間違っているから、計算が合わない) 定番の徳島弁6:がい 「がい」と聞くと、どんな意味を予想しますか? 漠然とした言葉すぎて予想すら出来ない人が多いのではないでしょうか。 たった2文字で、「気が強い・性格がキツイ」ことを表す言葉です。 【徳島弁】がい 【標準語】気が強い・性格がキツイ• 「がいな女やな」(気が強い女だな) 定番の徳島弁7:めぐ 「めぐ」はまるで女性の名前のようですが、実は「壊す」という怖い意味を持っています。 【徳島弁】めぐ 【標準語】壊す• 「グラスをめいでもーた」(グラスを壊してしまった) 定番の徳島弁8:かいらし 「かいらし」は他の地域では「かわいらしい」を意味する言葉ですが、徳島弁の場合は「かわいくない」という意味になるようです。 真逆の言葉になるので「かいらし」を使うときは気を付けましょう。 【徳島弁】かいらし 【標準語】かわいくない• 「かいらし子やねぇ」(かわいくない子だねぇ) 定番の徳島弁9:きゃいがわるい 「きゃいがわるい」という言葉を聞いて、何かが悪いといことは分かっていても「きゃい」が何を指すのか分からない人もいるでしょう。 これは「超むかつく」という怒りの感情を表します。 【徳島弁】きゃいがわるい 【標準語】超むかつく• 「おまはん、きゃいがわるい」(あんた、超むかつく) 定番の徳島弁10:いぬ 「いぬ」と言っても、動物の「犬」ではありません。 「帰る」という意味です。 【徳島弁】いぬ 【標準語】帰る• 「もう、いぬわ」(もう、帰るわ) 定番の徳島弁11:こんまい 「こんまい」はなんとなく予想できる人もいるのではないでしょうか。 他の地域でも使われている言葉なので、事前知識がなくても答えに行きつくはずです。 【徳島弁】こんまい 【標準語】小さい• 「おまえ、こんまいやっちゃな」(おまえ、小さい奴だな) 定番の徳島弁12:きゃっきゃっがくる はしゃいでいるような雰囲気の言葉に見える「きゃっきゃっがくる」ですが、実は真逆の意味を持っています。 「きゃいがわるい」と似ていて、「イライラする」という方言です。 【徳島弁】きゃっきゃがくる 【標準語】イライラする• 「ええかげんにして、きゃっきゃがくるわよ」(いい加減にして、イライラする) 定番の徳島弁13:どちらえか 「どちらえか」は「どっちに行きたいのか」という勘違いをする人もいますが、「どういたしまして」という意味になります。 方言は地域によって違いが大きいので、なかなか面白いですね。 【徳島弁】どちらえか 【標準語】どういたしまして• 「なんも、どちらえか」(いいえ、どういたしまして) 定番の徳島弁14:どないなっとんぜ? 「どないなっとんぜ?」は言葉の雰囲気で、なんとなく意味が分かる人も多いのではないでしょうか。 【徳島弁】どないなっとんぜ? 【標準語】どうなっているのか?• 「こないだの話、どないなっとんぜ?」(このあいだの話は、どうなっているのか?( 定番の徳島弁15:たっすい 「たっすい」は何かの行動を指すのかと思えば、「くだらない」という意味を持つようです。 悪口であっても、方言で言われてしまうとなかなか気づけないパターンもあるのかもしれませんね。 【徳島弁】たっすい 【標準語】くだらない• 「昨日観た映画、たっすかったなぁ」(昨日観た映画、くだらなかったなぁ) 定番の徳島弁16:おもっしょい 「おもっしょい」は「面白い」という意味になります。 これも言葉から容易に予想できる方言のひとつです。 【徳島弁】おもっしょい 【標準語】面白い• 「あんた、おもっしょいなぁ」(あなた、面白いね) 定番の徳島弁17:ごじゃ 「ごじゃ」は「デタラメ」という意味になります。 ごちゃごちゃ、という意味に受け取りがちな人もいますが、意味を間違えないように気を付けましょう。 【徳島弁】ごじゃ 【標準語】デタラメ• 「ごじゃばっかり言うな」(デタラメばかり言うな) 定番の徳島弁18:へらこい 「へらこい」は「へらへらしている」という意味ではなく、「ずるい」というものになります。 【徳島弁】へらこい 【標準語】ずるい• 「あんた、へらこいやっちゃな」(あんた、ずるいやっちゃな) 定番の徳島弁19:うきゃーたい 「うきゃーたい」はかわいい言葉ではあるのですが、「かっこうわるい」という意味になります。 かわいい響きとは裏腹に心に刺さる言葉なので、なるべく言われたくはありませんね。 【徳島弁】うきゃーたい 【標準語】かっこうわるい• 「今どき、そんなんうきゃーたい」(今どき、そんなのはかっこうわるい) 定番の徳島弁20:かく 「かく」は「持ち上げる」という意味になります。 基本的に徳島弁は文字数の少ない方言が多いようですね。 【徳島弁】かいて 【標準語】持ち上げる• 「反対側をかいて」(反対側を持ち上げて) のんびりした気風がかわいい徳島弁 こちらでは、のんびりした空気が感じられるかわいい徳島弁を集めてみました。 なんしょん 「なんしょん」は「何してる?」という意味であり、男性が女性に言わせたい方言として人気が高いようです。 【徳島弁】なんしょん 【標準語】何してる?• 「あんた、なんしょん」(あなた、何してる?) ~やけん 「~やけん」も方言としては定番と言っても過言ではないほどです。 徳島弁だけではなく他の地域でも使われているので、方言でありながら親しみが持てるのではないでしょうか。 【徳島弁】やけん 【標準語】~だから• 「誕生日やけんお祝いせんと」(誕生日だからお祝いしないと) まける 「まける」は勝負に負けるのではなく「漏れる・溢れる」と言う意味で使われます。 急いでお手洗いに行きたいときなどに、よく使われる傾向にあります。 【徳島弁】まける 【標準語】漏れる・溢れる• 「お風呂の水がいっぱいまけとったじょ」(お風呂の水がたくさん溢れていたよ) うちんく 「うちんく」は「うんちく」と勘違いしてしまいそうですが、「自分の家」を指します。 例えば「うちんくくる?」だったら「うちの家に来る?」になるのです。 【徳島弁】うちんく 【標準語】自分の家• 「うちんくで、遊ぼうだ」(私の家で、遊ぼうよ) ちょんでえ 「ちょんでえ」はかわいい言葉に聞こえますが、喧嘩腰のときなどについ出てしまう方言。 「言ってるじゃないか」と主張したいときに使います。 関西方面で「ごっつ」という言葉を使っているので、そういったものが流れてきたのでしょう。 【徳島弁】ごっつい 【標準語】すごい・とても• 「ものごっついまずいの」(ものすごくまずいの) ほなけんど 「ほなけんど」もなんとなく意味が分かる言葉ではないでしょうか。 方言らしい、ほんわかした響きがかわいらしいです。 【徳島弁】ほなけんど 【標準語】だけど• 「ほなけんど、あいつの方が悪いんちゃうで?」(だけど、あいつの方が悪いんじゃない?) まとめ このように、徳島弁にもさまざまなものがあります。 面白いもの、響きとは裏腹にちょっと怖いものなど、変わった方言の言葉を勉強していくうちに、その土地により親しみが持てそうです。

次の