阪神 電車 定期 値上げ。 定期券のご案内|路線バス|阪神バス株式会社

来月から消費税10%に。鉄道の新運賃が発表されてる。定期代はJR三ノ宮~大阪で1000円以上あがる模様

阪神 電車 定期 値上げ

hanica定期券のご案内 阪神線 尼崎市内線 2016. 19以前からの阪神バスの路線 2016. 20旧尼崎市営バスからの移譲路線 220円区間(全線)なら阪神バス全路線(一般路線に限る)が期間内何度でもご利用いただけ、大変便利です。 また、乗車区間を大阪特区・神戸特区・尼崎特区に限定した定期券もございます。 220円区間(全線)、210円区間定期券なら、阪急バスでもご利用いただけます。 (10円未満は10円単位に四捨五入)• (グランドパス65は対象外です。 10円未満は10円単位に四捨五入。 〔持参人式〕• その他の定期券については、券面に記名されているご本人様のみご利用いただけます。 その他の売場では、クレジットカードはご利用いただけませんので、ご注意ください。

次の

定期券のご案内|路線バス|阪神バス株式会社

阪神 電車 定期 値上げ

定期券の購入方法(初めて買う、更新) まずは定期券を買う方法です。 僕は、定期券販売所で新規購入・更新していましたが、券売機でクレジットカードが使えるようになってからは、券売機で更新しています。 定期券販売所 阪急主要駅の定期券販売所で、購入する一番オーソドックスな方法。 対人販売なので、ある意味安心です。 必要事項を記入して係員に料金を支払うと、すぐに磁気定期券を発行してくれて、その日から利用できます。 土日祝も営業していますし、販売所によっては朝7時から夜20時までやっているので、利用しやすいです。 券売機 全駅に設置されている赤色の券売機でも定期券を買うことができます。 初めて買う場合は、事前にインターネット定期券予約サービス「eていき」で、予約が必要です。 更新の場合は、予約不要ですぐに更新できます。 どこの駅でも買えるので便利です。 IC定期券(STACIA PiTaPa) 便利なIC定期券。 主なメリットは、 ・財布に入れたまま改札機にタッチできる。 ・乗り越しでも改札機にタッチするだけです。 後払いなので切符を買う手間が省ける。 ・紛失しても再発行が可能。 ・阪神や大阪モノレール、バスなどほかの路線でも使える。 ・利用回数に応じて運賃割引サービスが受けられる。 小学生~高校生もクレジットカードやPiTaPaショッピング機能のついていない家族会員カードを持てます。 申込方法などは公式サイトを見てもらった方が、分かりやすいです。 なお、定期券の購入について、詳しくは公式サイトをご覧ください。 定期代の計算 購入の前に、本当に定期券を買う必要があるかどうかを判断するために、いくらかかるか計算しておきましょう。 阪急電鉄の公式サイト 公式なので一番信用できると思います。 通勤、通学両方の料金を表示してくれます。 阪急線内だけでなく、JR(関西の一部路線)や大阪市営地下鉄モノレールなどの乗継もカバーしていますが、関西全域ではありません。 ルート検索サイト 上記の阪急電鉄の公式サイトで分からなかった場合は、以下のルート検索サイトで検索してみてください。 どこで定期代を調べられるかをナビタイムを例に紹介します。 上記、赤枠のところで、利用駅を入力して検索します。 スポンサードリンク お得な買い方、使い方 クレジットカードで買う 定期券は、現金のほかに、キャッシュカード(デビットカードサービス対応)、クレジットカード(JCB、VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、Diners Club)で、購入できます。 楽天やマイルなど、ポイント機能付きのクレジットカードを使っている人は、クレジットカードで買うとポイントが貯まってお得です。 交通費を会社から支給されている場合は、特にですね。 クレジットカードは、券売機でも利用できます。 IC定期券(STACIA PiTaPa)にする STACIAカードは、PiTaPa機能付クレジットカード、クレジットカード(PiTaPa機能なし)、PiTaPaカード(クレジット機能なし)の3種類から選べます。 ポイント機能がついていたり、お店で優待特典が使えたりとお得です。 また、利用回数割引運賃や区間指定割引運賃が適用となり、1ヶ月の利用回数によっては、定期券よりお得になる場合があります。 定期券の区間内なら乗り降り自由 定期券の区間内の駅なら、期間内何度でも乗り降り自由です。 例えば、梅田から河原町の定期券を持っている場合、以下のような利用方法ができます。 区間外からでも2枚投入で節約 遊びに行ったり、飲みに行ったりで定期券の区間外から自宅に戻ることがあると思います。 そんな時は、乗車駅から区間最初の駅までの乗車券を買って入場、出場する時にその乗車券と定期券を、2枚重ねで改札を通すと改札を出られます。 割引率が高い通学定期 学生の方は、通勤定期よりもめちゃくちゃ安くなるので、通学定期券を購入しましょう。 通学定期の購入には条件がありますので、以下サイトを参考にしてください。 利用期間を長くする 1ヶ月、3ヶ月、6か月の期間内で買うことができます。 例えば、梅田から神戸三宮までの料金は以下の通りです。 普通 310円 1ヶ月 12,480円 3ヶ月 35,570円 6か月 67,400円 1ヶ月定期を毎月買うと6か月で74,880円になりますので、 6か月定期より7,480円も割高になってしまします。 ただし、後に説明しますが、磁気定期の場合、なくしてしまったら再発行できないので、注意してください。 不安な方は1か月単位で購入しましょう。 ただ通勤の場合、会社によっては半年分をまとめた定期代をくれるので、その時は、6か月定期を買わないと損ですし、微妙ですね。 払い戻し 定期券が必要なくなった場合は、月単位で払い戻ししてくれます。 1か月と1日経過してしまうと、2ヶ月とみなされるので、引越しや転勤で定期券が不要になった場合は、早めに手続きをとってください。 最寄り駅で定期券が買えない 定期券販売所で買いたい場合、定期券販売所のある駅まで無料で乗車できる方法があります。 駅係員に伝えて定期券購入用連絡票(購入書)を貰います。 微々たることですが、電車賃を節約してみましょう。 定期券をなくしてしまった! 定期券を紛失してしまった場合は以下を参考にしてください。 磁気定期券の場合 阪急電鉄のよくあるご質問に出ていました。 その定期券をお買い求めいただいた駅にご連絡ください。 他人への払戻を防止するため、出札窓口で紛失登録を行います。 紛失した定期券の再発行はいたしませんのでご了承願います。 紛失した定期券が発見されたときは、購入申込書にお書きいただいた連絡先へご連絡いたします。 新たに定期券をご購入いただいた後、紛失した定期券が発見された場合には、新たに 購入された定期券を以下のとおり払い戻します。 まとめ 定期券も賢く使えば、よりお得に利用できます。 たまにしか電車に乗らない場合は、金券ショップで切符を買うのもお得ですね。 スグに使える!断然お得な旅行・宿泊クーポン 当サイトでは、旅行サイトで配布されている旅行・宿泊クーポンをまとめています。 急な旅行でも間に合うように、スグに使えるクーポンを厳選。 用途に応じて選ぶことで格安で旅行ができますよ。 旅行サイト 特徴 国内の宿泊・遊びに強い。 2020年6月30日(火)までの期間限定でが開催中です。 最大50,000円割引のクーポンも配布されています。 JALマイルを貯めたい方におすすめ 記念日を祝う国内旅行 国内・海外のツアーパックに強い 海外旅行に強い 中国、香港、マカオ、台湾の旅行予約に強い 海外の宿泊予約に強い 格安航空券とのセットに強い 口コミを見ることができる 国内・海外510,000以上のホテルを予約できる.

次の

JR・私鉄各社が運賃値上げ!増税後の各社普通運賃まとめ。

阪神 電車 定期 値上げ

JRと阪急・阪神電鉄で、なぜ普通の運賃と定期運賃の値段に差が出るのでしょうか? 例えば、三ノ宮から大阪駅までは、JRだと運賃が390円、阪急・阪神電鉄では三宮~梅田間が310円となっており、時間を優先するのならJR、運賃を優先するのなら私鉄と棲み分けが可能なような気がするのですが、これが定期運賃となると、JRが一カ月で11,960円、私鉄が12,480円と、何とJRが阪急・阪神を時間だけではなく値段の面でも勝ってしまっています。 このように、普通の運賃と定期運賃の差が逆転するという現象はどうして起きるのでしょうか。 また、このような事態について各私鉄は何か対策を考えているのでしょうか。 関西の運輸事情に詳しい方、詳しい回答をお待ちしております。 通勤定期の割引率は各社がその会社ごとの実情に応じて、自由に設定できることになっています。 その意味で、質問のような逆転が生じているのは別に不思議でも何でもありません。 しかし、これだけでは納得いく説明になりませんね。 少し補足しましょう。 国鉄時代、毎年のように値上げがあった時期があるのは質問者様ご存知でしょうか? 昭和50年代の後半はほぼ毎年のように値上げがありました。 運賃値上げは、基本となる運賃を上げる他に、定期券の場合は割引率を低くすると言う方法も有効です。 鉄道の輸送コストの大半は、通勤時間帯の輸送条件の緩和にかかっているとも言えますので、基本の運賃の値上げを低めに抑える代わりに、通勤定期の割引率も引き下げ、通勤定期だけより運賃値上げ幅を大きくすることにも大義名分がありました。 しかも通勤定期は会社が一部または全額を支給していることが多いということもあります。 このため、この時期国鉄は定期の割引率引き下げも毎回実施しました。 しかし、そのうち、国鉄自身(それとも法律?)が定めた通勤定期の割引率の限界(最低でもこれ以上は割り引くと言う目安)に達してしまいましたので、その後は基本運賃の値上げに連動する値上げのみとなりました。 この割引率の限界がそれでも多くの私鉄より高いことが一つの原因です。 そして、関西の大手私鉄も、国鉄が毎年値上げしている時期は、運賃値上げ時にやはり通勤定期の割引率引き下げも行ないました。 (毎回ではなかったようですが) もともと割引率は国鉄ほど高くなかったので、これをするとまさに質問者様の言う逆転現象を起こすのですが、当時はまだ基本運賃が大幅に安いケースが多かったので、そのまま実施されたのでしょう。 そしてJRとの運賃の差が少なくなるにつれ、逆転現象が見られるようになってきたということです。 なお、私鉄側の対策ですが、他の回答にあるような阪急阪神どちらでも乗れる制度を行なっていますが、それほど実効があるかどうかは不明です。 このような区間はあきらめの境地で、中間駅から大阪・神戸・京都への通勤客を死守する方針に変わっているように見えます。 (特急の停車駅が増え、しかも新快速の停まらないところに停めるなどはその現われです).

次の