アコード タイプ r。 【タイプR、アコードなど続々!!】今乗っておきたいリッター100馬力超えのNA車たち

6代目アコードは”Type

アコード タイプ r

製造国 販売期間 - 5名 4ドア : 2. すでに仕様アコードには「」が設定されており、その日本仕様ともいえる。 ピュアスポーツ路線の日本仕様「タイプR」シリーズ(、や)とは趣が違い、そのコンセプトはセダンとしての扱いやすさとスポーツ性の両立である。 よって走行フィーリングはよりマイルドに仕上げられ、室内は大人4人乗っても十分な広さが確保されている。 また車体ロゴの「R」文字はタイプR同様の赤文字であるが、字体はタイプRのそれとは別のものが使用されている。 搭載されたエンジンは、「タイプS」に搭載されていた 2. 2L で、「ユーロR」専用にさらにチューンナップされ、欧州仕様「タイプR」を凌ぐ最高出力162kW 220PS を発生する。 アコードの他グレードとは一線を画し、エアロパーツに加え、社製、社製など、走行面が専用装備が追加されている。 なお、「タイプR」シリーズには製のシフトノブが装備されていることが多いが、「ユーロR」のそれは製である。 その後、最終型に特別仕様の「ユーロR-X」が追加され、専用ボディカラー、専用色レカロ社製バケットシート(一部内装)、トランクスポイラー、プライバシーガラス、チタン製シフトノブが装備された。 2代目 CL7型(2002-2008年) [ ] ホンダ・アコードユーロR(2代目) CL7型 製造国 販売期間 - 5名 4ドア スポーツセダン :直4 DOHC 2. エンジンは 直4 2. 0L DOHC で、排気量は減少されたが最高出力は先代と同一の220PSが維持された。 2代目インテグラタイプRに搭載されているK20A型に2次バランサーを装備し、静粛性を確保するとともに性能特性を変えている。 トランスミッションは、アコードのグレード中唯一6速MTが搭載 された。 走り、居住性、デザインといったクルマの本質を徹底的に引き上げ、そのすべての要素に「質の深さ」を求めたアコードの中で、快適性はそのままに、スポーツという性能にさらにこだわり走りに磨きをかけている。 ボディーのは0. 26と良好で、高速安定性や燃費の向上、風切り音の低減が図られている。 また、アクセルペダルは乗用車ではめずらしいオルガンペダルを採用している。 トランスミッションでは1-2速をトリプルコーン、3-6速をダブルコーンの全段マルチコーンシンクロを採用し、シフト荷重を30%低減した。 ストロークも50mmに短縮するとともにシフトノブの配置をドライバーに近づけるなど、軽快なシフト操作と心地よい操作フィールを実現ている。 また、トルク感応型ヘリカルLSDがアンダーステアの少ないコーナリングと、シャープな立ち上がり加速を実現。 にマイナーチェンジが行なわれた。 かつてでは、同社の認定中古車制度を利用してこのモデルをベースにユーロRが生産されたことがあった。 12月現在、8代目アコードが発売されたものの、8代目にはユーロRは設定されていない。 7mm 圧縮比:11. 0mm 圧縮比:11. 同年のWTCC・戦からは、エンジン供給をが担当することになった。 脚注 [ ] []• ただし、2代目シビックタイプR(EP3)や2代目インテグラタイプR(DC5)のシフトノブもアルミ製• 他のグレードは付きの5速 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ホンダ・アコード

アコード タイプ r

4Lフルメカチューンユニットを搭載するサーキットスペック これぞまさにアコード「タイプR」! タイプRと言えば、ホンダスポーツモデルのトップレンジにのみ与えられる称号。 しかし、アコードはCL1、CL7と2代に渡り、ハイパワーエンジンを搭載したホットバージョンが設定されながらも呼称はユーロRに留められ、ついにタイプRの称号が与えられることはなかった。 「性格がマイルド過ぎる」「キャラクターに合わない」…など、その理由については諸説あるが、このCL7はそんなネーミングへの固執など「どうでも良い」と切って捨てるほどの卓越したポテンシャルを持っている1台だ。 製作を担当したのは、ホンダ車専門のチューニングショップとして30年以上の歴史を誇る福岡のM&Mホンダ。 まず何と言っても目を引くのは、ワイドフェンダーが採用されたグラマラスなボディ。 各部のデカールやGTウイングなどのためにレーシーな雰囲気が強いが、同社の真島氏が意識したのはBMWのMやメルセデスのAMGブラックシリーズといった、欧州のメーカー直系チューニングブランドである。 だから、このクルマのフェンダーも荒削りな造形は避けて、アーチとボディをキレイに一体化させることを重視しました」とは真島氏。 もちろん、そうした視覚的なインパクトはあくまで副産物的なもので、本来の目的は10. 5JというGT-Rサイズのホイールを収めることによる、ワイドトレッド化やトラクション性能の向上に置かれていることは言うまでもない。 パワーユニットはM&Mフルコンプリートの2. 4L仕様。 腰下にはCL9のK24Aブロックを流用し、ここにCL7用K20AベースのM&Mスペシャルヘッドが組み合わされる。 そして、吸気系の核となるのが同社のお家芸とも言える4連スロットルだ。 そして、精密に組み上げられたK20A改2. 4Lエンジンは、ハルテックECUによる綿密な制御によりバイクのようなハイレスポンス型の特性へと作り上げられる。 オーナーは、筑波、鈴鹿など、定期的に遠征タイムアタックに出向く行動派。 このマシンは2005年に新車で購入以来、長い時間をかけてここまで育て上げてきた。 快適性を持ち合わせる…、そんな文言は要らない。 4連スロットルのレスポンス、ストロークアップにより増強されたトルク感。 その刺激はタイプRを凌駕するものだ。 かつて全日本ツーリングカー選手権で見せたアコードの強さが、CL7をベースに再現されたかのようなインパクトを優美な姿態とともに見せつける。

次の

6代目アコードは”Type

アコード タイプ r

プラットフォームを刷新した10代目 1976年の初代モデル発売以来、ホンダを代表するセダンとして、長年にわたり人気を博してきたモデルの10代目。 新型では、今の時代に自信を持って、積極的にユーザーに選ばれるセダン像を目指して開発。 車の基礎となるプラットフォームから構造が見直した結果、走りと室内空間を進化させながら、ロー&ワイドでクリーンなデザインが実現されている。 パワートレインは、2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りと実現する、独自のハイブリッドシステム、「e:HEV(イーエイチイーブイ)が搭載され、リニアで軽快な走りと高い燃費性能を両立。 独自の安全運転支援システムである、「ホンダセンシング」も標準装備され、安心かつ快適なドライブが楽しめる。 (2020. 2) アコードについての最新記事• 8 VTE• 8 VTS• 8 スタイルエディション• 0 LEV• 0 SiR• 0 SiR Sパッケージ• 0 SiR ユーロパッケージ• 0 SiR-T• 0 SiR-T Sパッケージ• 0 VTS• 0 VTS 4WD• 0 VTS Fタイプ 4WD• 0 VTS・レザーパッケージ• 0 VTS・レザーパッケージ 4WD• 0 クリーンスポーティス• 0 クリーンスポーティス 4WD• 0 プレミアムエディション• 0 プレミアムエディション 4WD• 0 ホワイトパールエディション• 2 ユーロR• 2 ユーロR・X.

次の