アジサイ 育て 方 鉢植え。 アジサイの育て方・プレゼントされた鉢植え紫陽花その後の管理

アジサイの育て方・プレゼントされた鉢植え紫陽花その後の管理

アジサイ 育て 方 鉢植え

花が終わった山アジサイの剪定方法 山アジサイの鉢植えの開花株は、5月のゴールデンウィーク明け、母の日近くから園芸店で販売されるようになります。 アジサイ類の特徴として、花が終わり退色しても茎から花が散ることは無くそのまま残っています。 花の色が褪せて中心の両性花が散った頃に花が咲いていた軸を切り取り、それと同時に植え替えをしませんと枯れてしまうことがあります。 庭植えされた山アジサイの剪定 十分な日光を浴び紅色に染まった山アジサイの紅の花です。 時期は5月下旬、それから数週間した6月半ば、赤く染まった装飾花は下向きになり弁が反り返って花の終わりを知らせます。 装飾花も少しずつ色が褪せてきますので来年の花に向けて枝の剪定作業に入ります。 枝の剪定をする場合、幾つか注意しなければならないことがあります。 それは枝剪定の時期と位置。 山アジサイ海峡の両性花が本来の色を失い装飾花が下を向き反り返ったところです。 花弁が反り返った状態は花の観賞期間が終わったことを知らせています。 花が終わったことを確認し来年の花芽を作り株の姿を整えるための枝の剪定作業に入ります。 山アジサイは花の真下の二つの葉基には芽が作られません。 枝剪定の基本は上から二番目の芽の上「ハサミを入れる部分」か、株下部分の芽を確認して、その芽の上で切り取ります。 株が大きく育って、背丈や株幅を小さくするときには、芽当たりを確認して下の芽の上で切り取る。 終わった花と不必要な葉を切り取ったところ。 矢印は夏にかけて伸びてくる芽。 庭植えの山アジサイ紅、枝の剪定作業が終わりました。 枝剪定前の状態 枝剪定後の状態 株の幅は6割程度に切り詰められました。 山アジサイ 鉢植え株の剪定作業 庭植えでも鉢植えでも、山アジサイの花後に控えている枝の剪定作業方法は基本的に同じです。 一番大切なのは茎に着いている葉、葉の基に芽があるのを確認して、その上部にハサミを入れることです。 葉の無い部分に隠れ芽が見られないときには、その上部に必ず芽当たりを確認して作業してください。 剪定作業後 芽当たりのある部分をのこして不要な枝を切り取ると株の背丈は半分程度になります。 残した枝葉の付け根にある芽が生長して、秋10月頃になると翌年の花を咲かせる花芽を作ります。 鉢植えの剪定作業が終わりましたら植え替えをします。 現在の鉢が4〜5号サイズとしたら6号から7号サイズの鉢に植え替えます。 現在の株を鉢から抜き出し、根鉢の周囲に回った根を剥がすようにして新しい鉢に植え込みます。 用土の組成は赤玉土6、鹿沼土2、腐葉土2位にします。 増やし方 山アジサイの挿し木 花が終わったらお気に入りの山アジサイを増やすことにチャレンジしてみましょう。 誰にでもできる難しくない方法ですのでぜひ挿し木をして増やし友達にプレゼントし花友達を増やしてください。 挿し木を行う時期は関東地方を基準として、6月の末から7月の梅雨の季節が空気中の湿度もあり山アジサイの発根に最も良い季節です。 花が終わった枝の芽当たりを確認のうえ二節残して切り取ります。 切り取った先端の部分を鋭利な刃物で斜めに切り、活力剤のメネデール100倍液に4〜5時間浸けて挿し穂に水を吸わせます。 その際に挿し枝に残っている葉は半分程度に切り取ります。 (下の画像参照) 5〜6号の鉢に小粒の鹿沼土を深さ10センチほど入れ水を吸わせておきます。 水を吸わせた挿し穂の発根する部分に発根促進剤を付けて挿し床に斜めに挿します。 枝に着いている葉は挿し木後の水分蒸散をできる限り少なくするため葉面積の半分程度を切り取ります。 挿し木が終わったら灌水します。 その後は風通しの良い半日陰の場所で管理し朝夕二度の灌水を行い鹿沼土が乾燥しないよう注意します。 発根までの時間は約二週間ほどです。 管理方法は用土を乾燥させないようにし週に1回程度メネデール100倍液を与えます。 発根と新芽が伸び出してきた9月頃から油かすを少量与えるようにします。 挿し穂を直接、ビニールポットに挿す方法もあります。 鹿沼土と赤玉土の小粒を等量、混合して挿し床にします。 この方法は翌春に予定される植え替え時の根にあたえるダメージが少なくなります。 翌年の春にビニールポットから抜き出して一回り大きな鉢に植え替えします。

次の

アジサイにぴったりな植木鉢!アジサイの育て方からかんたん剪定まで

アジサイ 育て 方 鉢植え

アジサイとはどんな花? アジサイは、5〜7月にかけてピンクや青色の花を咲かせ、雨にぬれても元気なことから、梅雨の代名詞ともいわれています。 アジサイの花のように見える部分は、花びらではなく葉が変形した萼 ガク と呼ばれるものです。 萼は別名「装飾花」と呼ばれ、色づいているので外見上は花びらのように見えます。 萼は種を作りませんが、中央に隠れている5枚の花びらと、10本の雄しべがくっつくことで種を実らせます。 アジサイの育て方!咲かせたい花の色によって土作り方法は違う? アジサイの品種を選べば、花の色もコントロールできます。 人工的に花の色をコントロールするのは難しく、土壌の酸度で花の色が変わる品種「城ヶ崎」でチャレンジしてみましょう。 青色のアジサイの土作り(酸性土壌) アジサイを青色にしたいなら、土を酸性にします。 自分で作るときは、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:ピートモス2ほどの割合で混ぜた土がおすすめです。 ピンク色のアジサイの土作り(アルカリ性土壌) ピンク色の花を咲かせたいときは、土をアルカリ性にしましょう。 自分で作るなら、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土に、一握りくらいの苦土石灰を混ぜて2週間ほど寝かせます。 日本の雨は酸性で、土壌は酸性にかたむきやすくなっています。 雨によってアルカリ性が薄まるので、同じ量の苦土石灰というアルカリ性を強めるための肥料を春先加えてください。 アジサイの育て方!苗植え、鉢植えの時期と方法は? 苗植えに適した時期 アジサイの苗を植える適期は、3~4月か9月頃です。 苗は1年中購入できるので、春か秋頃になったら準備しておきます。 鉢植えと地植えのどちらでも育てられますが、好みの花色があるときは、土の管理が簡単な鉢植えがおすすめですよ。 鉢植えの方法• 苗ポットよりも一回りから二回り大きな鉢を用意する。 ポットから苗を取り出して、手で軽く根をほぐす。 苗を植える。 周りに土を入れて、株を安定させる。 たっぷりと水やりをする。 アジサイのお手入れ!水やりの仕方と肥料の与え方は? 水のやり方 アジサイは乾燥を嫌います。 鉢植えは、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷり水やりをしましょう。 夏は朝と夜の2回、土を観察してください。 ただ、カシワバアジサイなど過湿を嫌う品種は、土の表面がしっかり乾いてから水やりをします。 肥料のやり方 アジサイは適量の肥料を与えることで、たくさん花を咲かせます。 肥料成分がゆっくり効いて長続きする緩 効性の肥料がおすすめです。 3~4月の苗を植えるタイミングと花が咲いた後の7~8月、冬の12月中旬~2月上旬に1回ずつ、肥料の三大要素が 適正に含まれた 油粕と骨粉などの有機質肥料 を与えます。 アジサイの栽培で注意する病気や害虫は? アジサイは、病気にかかりにくい植物です。 ただ、過湿や雑菌が多いと病気かかることがあります。 定期的に剪定して風通しをよくしておくことが予防につながります。 病気にかかった部分があれば、すぐに切り取って処分し、切り取った部分に殺菌剤をまきましょう。 黒点病(黒星病) 黒点病は、葉に淡褐色や黒色の斑点が出て葉が落ちる病気です。 病原菌が好む高温多湿な環境を避け、窒素が多い土にならないよう注意します。 ダコニール1000などの総合殺菌剤を定期的に土へ散布するのが予防に効果的です。 炭そ病 炭そ病は、葉に斑点ができ、穴が開いたり枯れたりする病気です。 病原菌は高温多湿を好み、雨風によって伝染していきます。 GFベンレート水和剤などで予防・治療することができます。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 うどんこ病 うどんこ病は、葉や花が粉をまぶしたように白くなる病気です。 光合成ができなくなり、葉から栄養分が吸収されてしまうので、生育不良で花が咲かなくなります。 見つけてすぐにサプロール乳剤やカリグリーンなどを散布すると有効ですよ。 感染した葉は速やかに取り、殺菌剤を散布します。 カミキリムシ カミキリムシは、幼虫が幹の中を食い荒らし、葉や株を枯らしてしまう病害虫です。 幼虫は株元に木くずを落とす特徴があるので、見つけたら捕殺しましょう。 穴があいた茎は地際から切り取って処分します。 ハダニ ハダニは、葉裏にについて汁を吸う害虫です。 感染すると、葉は変色して樹勢が弱くなります。 水を撒く時、水圧を高くして葉裏にかけ、吹き飛ばすようにすると効果があります。 アジサイに植え替えは必要?鉢栽培の植え替え方やタイミングは? 今年購入したアジサイの鉢植えは、花が咲き終わった5~6月に一回り大きな鉢に植え替えます。 従来の株の植え替えは12〜3月が良いでしょう。 根の生長が早く、根詰まりを起こしやすいアジサイの性質上、1~2年に1回は植え替えが必要です。

次の

あじさいの育て方|鉢植えアジサイの植え替えやお手入れ方法

アジサイ 育て 方 鉢植え

鉢植えの植え替えは花後に• 株元の乾燥に気をつける• その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 要するに、今年伸びた枝に花芽が付くとしたら翌年の秋、そして花が咲くのは翌々年ということになります。 こういう昨年の枝に花芽がつくものを「2年枝に花が付く」といいます。 高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。 剪定(せんてい) 剪定する前に アジサイの剪定は「来年も花を咲かせるため」「元気に育てるため」に必ず必要なことではありません。 毎年花を楽しみたければ、理屈だけでいうと剪定しないのがいちばんです。 ただ、年々大きくなってスペースをとり、花の咲く位置も高くなるので、株の大きさを一定に維持するために剪定を行います。 慎重に行う二段階の剪定 剪定にも色々な方法がありますが、来年も花を楽しむために失敗が少ないのは2段階の剪定です。 まず1度目の剪定は花後すぐで、花が咲き終わった後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。 小さくまとめたい場合は、もう短く切り詰めてもかまいません。 二度目の剪定は秋の初めです。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。 ちょうどそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができるので、その上で切り詰めます。 一気に決める、一段階の剪定 2度も剪定するのが面倒な場合、花後すぐに花の咲いていた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とします。 単純に言うと、「花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す」ということです。 その他 全体を小さく仕立て直したい場合は、すべての枝を株元近くで切り戻すようにします。 一部の枝だけ短く切り戻してもそこから芽が出てこないことがあり、かえって樹形がおかしくなることがあるからです。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 注意点 翌年咲く花芽は10月頃に完成しており、準備万端で冬に備えています。 後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。 ですから、9月中旬以降に、枝が邪魔になったからとばっさり切り戻すと、翌年の花ごと枝を切り落とすことになります。 どうしても切りたい場合は、葉の付け根にふっくらとした花芽が確認できるようになってから行います。 日当たり・置き場所 日当たり~半日陰の場所でよく育ちます。 ただし、西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがあります。 また、紅色に発色するガクアジサイなどは日照不足になると色が付かずに白っぽい花になってしまいます。 耐寒性は十分ありますが、乾いた寒風に当たると枝や芽が傷んでしまうので気をつけましょう。 もともと水を好みますが、これは土壌だけでなく空気中の湿度も当てはまります。 あまり空気が乾燥する場所ではよく育たないです。 水やりと肥料 水やり 水を好む植物で、乾燥すると生育がてきめんに悪くなります。 地植えで適湿地に植えている場合、真夏に日照りが続く場合を除き、ほぼ自然の雨だけで生長します。 日当たりがよく乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをおこなう方がよいでしょう。 適湿と同じくらい、水はけのよいことも大切です。 じめじめした水はけの悪い場所は適していません。 鉢植えは地植えに比べると乾きやすいので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えるようにします。 夏は特に乾燥に気をつけないと株が枯れてしまうことがあります。 肥料 肥料は冬と夏~初秋に行います。 冬の間に与える肥料は、春に新しい葉を広げて花を咲かせるまでをしっかりと支えるためで、穏やかに長く効くタイプの物が適しています。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるためです。 秋に花芽ができるまでのやや短期間で生長させなければいけないので、速効性のものが適しています。 具体的には冬は油かすと骨粉を混ぜた物を株元に与えます。 夏~初秋は速効性の化成肥料を与えるか、10日に1回程度液体肥料を施します。 適した土 水はけのよい土を好みます。 赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1の割合で混ぜた土を用います。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、アルカリ性の土質ではピンク色や紅色になります。 植え替え・植え付け 庭植えでは植え替えの必要はありません。 鉢植えの場合は、根がきちきちに張って根づまりを引き起こすので1年に1回、花が終わった7月下旬頃におこないます。 苗の植え付けは厳しい寒さが過ぎる3月中旬以降か、梅雨に入る6月頃が適しています。 落葉樹は冬に植えることが多いですが、アジサイは枝が軟らかくて寒さで傷みやすいため、厳寒期は避けた方が安全です。 ふやし方 挿し木でふやすことができます。 適期は6月上旬頃で、花の付いていない枝の先端を15cmくらいに切り取り、砂を入れた鉢などに挿します。 1ヶ月くらいで根がでてきますがそれまでは直射日光はできるだけ避け、半日陰の場所に置くようにしましょう。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 土にさす部分の葉をとりのぞき土に挿します かかりやすい病害虫 害虫:ダニ類 アブラムシ 病気:腐敗病 関連する植物•

次の