セルフ カット 後ろ髪。 【セルフカット】ミディアムの簡単なすき方は?毛先や後ろ髪まで上手に整える方法もご紹介

【女性】ショートのセルフカットのやり方!ボブ/ウルフ&後ろの整え方

セルフ カット 後ろ髪

自分で後ろの髪をシャギー束感のあるレイヤーにカットする切り方講座。 セルフカットで見えなくて難しい襟足をカットするには、ちょっとしたコツとテクニックがいります。 ここでは襟足、後ろ髪を簡単に切るやり方を紹介しますので参考にしてください。 スポンサードリンク レイヤーとは・・・・ レイヤーとは、ヘアカットにおいては、髪に段差をつけることを表します。 美容院などで聞いて、なんとなくは知っているけれど、よく分からないという方が大半だと思います。 グラデーションカットも「段を入れる」という意味では同じですが、実はだいぶ違いがあるんです。 レイヤーカットは髪の毛を頭皮に対して真っ直ぐ引き出した時、上の髪と下の髪が同じ長さになるようにカット セームレイヤー 、もしくは、上の髪が下の髪より短くなるようにカット ハイレイヤー することです。 レイヤー対してグラデーションカットは、上の髪が下の髪より長くなるようにカットすることです。 上からかぶさる髪が減るので、髪の厚みが減り、軽さや毛先に動きが出しやすくなります。 グラデーションカットに比べてレイヤーカットはトップが短く軽くなるのでドライヤーで乾かす時に短い時間で乾きます。 自分好みの襟足を作るには・・・・? まずは自分の好きなヘアスタイルを探しましょう。 ヘアスタイルが見つかれば、襟足の長さも決まってくるでしょう。 マッシュ系スタイルの襟足はだいたいグラデーションになっていますし、ウルフスタイルや外ハネスタイルの襟足はレイヤーやハイレイヤーになっていることが多いですね。 襟足だけを極端に短くしたり、長くしたりすると髪型に違和感が出るので、全体のヘアスタイルに合わせるのが大事だと思います。 スポンサードリンク 襟足の切り方:step1 クセをとり、ドライカット カットする時はしっかりと髪の癖をとりましょう。 水スプレーなどで髪をしっかり濡らして癖を取ります。 一度シャンプーなどするとなお良いです。 癖がとれたら髪の毛を乾かします。 濡れた状態でもカットはできますが、乾いた状態で髪を切るドライカットの方が最終的なイメージがしやすいです。 髪がくせ毛の方は特に乾かしてから、カットすることをオススメします。 髪の毛は濡れると伸びて長く感じます。 乾くとくせ毛が縮み短く感じます。 髪の毛の毛量調整する時も濡れている状態だと軽く感じます。 乾くと髪の毛が膨らみ重く感じます。 そういった髪の特徴から濡れたままカットすると仕上がった時にイメージしていた髪型よりも短く感じたり、重く感じたりします。 髪の癖を取るために濡らして乾かす。 簡単なことですが、面倒で省いてしまいがちです。 この一手間で確実に最後の仕上がりは良いものになってきます。 普段ヘアアイロンなどでくせ毛を伸ばす方は、ヘアアイロンで髪の毛を伸ばしてからカットするのも1つの手ですね。 襟足の切り方:step2 レイヤーカット 始めにガイドを作ります。 櫛で真っ直ぐ下におろして好みの長さにカットします。 襟の下でカットするのか?首の下でカットするのか?長さの目安を決めてカットしましょう。 あとで鍬バサミで毛量調整すると少し短くなったように感じるので、最終的な仕上がりイメージよりもやや長め 1センチ位 にカットすると良いと思います。 襟足はあまり直線的にカットすると仕上がりが四角く硬い感じになるので、やや円を描くように丸くカットした方が自然な仕上がりの襟足になります。 後ろとサイドをつなげる 下のガイドができたらサイドと繋げます。 耳下とみつ襟を繋げるようにカットします。 みつ襟とは、襟足の1番端の部分のことですね。 みつ襟は見失いがちな所です。 見失って切りすぎたり、切り残したりすると後ろから見た時に細長い襟足になったり、横に幅広い襟足になったりしますので慎重に。 ここで失敗するとカッコ悪い襟足になってしまうので、しっかり合わせ鏡などで見ながらカットしましょう。 利き手の反対の手を櫛の代わりに使い、髪を真っ直ぐ下に引き出してサイドとみつ襟が繋がるようにカットしていきます。 逆サイドも同様にサイドとみつ襟が繋がるように下に引き出しカットしていきます。 ここは丸く繋げず、真っ直ぐ繋げても大丈夫です。 襟足にレイヤーを入れる。 襟足のガイド、サイドとみつ襟の繋がりのガイドができたのでガイドに合わせレイヤーカットを入れていきます。 はじめに紹介したようにレイヤーカットは髪の毛を頭皮に対して真っ直ぐ引き出した時、上の髪と下の髪が同じ長さになるようにカット セームレイヤー 、もしくは、上の髪が下の髪より短くなるようにカット ハイレイヤー することです。 そして、レイヤー対してグラデーションカットは、上の髪が下の髪より長くなるようにカットすることです。 なので、髪の毛の引き出す角度を意識し、髪の毛を下から頭の形に対して真っ直ぐに引き出してカットしていきます。 この時、注意点としては、間違えて最初に切ったガイドの髪をカットしてしまうことです。 ガイドを切ると後ろから見た時のシルエットが全体に短くなってしまうので、ガイドの髪の毛はカットしないように意識しながら切りましょう。 頭の形に対して平行に髪を引っ張ってカット。 この時、髪を持った手の引き出し方で、シルエットや重さ軽さ全体のバランスが決まってくるので引き出し角度は非常に大切です。 上の髪が長くなってしまうとグラデーションになって重いシルエットになるので、下が長くなるように髪をしっかり持ち上げてレイヤーカットになるように意識しましょう。 より軽くなるハイレイヤーにしたい場合は、さらに角度をつけて髪を持ち上げ、上と下のガイドの長さに差をつけます。 束感や軽さがより目立つように仕上がります。 襟足の切り方:step3 セニング毛量調整 step2の工程で襟足のベースカット 形 ができたので、セニング、梳きバサミを使って髪の量をすいていきましょう。 梳きバサミは沢山の種類があるので、どのハサミを選択するのかも大事です。 最近はコンビニや薬局、ホームセンターなどにも販売していますが、一般的に購入することができる商品は大体1000円~3000円前後だと思います。 梳きバサミで梳く手順は下から順に梳きバサミを入れていきます。 指やピン、ダッカールなどで2㎝幅で横にラインをとり下に落ちた髪を梳きます。 真横に梳きバサミを入れるとハサミのラインがつきやすいので斜めに入れる方が良いです。 2㎝幅に分けた状態。 1番下の部分から梳きています。 幅2センチほどの毛束を取って外側から内側に向かって順番に梳くと良いでしょう。 早くしようと乱雑に梳くと毛量の多い所や少ない所ができたり、梳きすぎて穴が空いてしまうので時間はかかりますが、1束づつ丁寧に梳きバサミを入れていきましょう。 ぱっつんチェック! 櫛などで髪の毛を下にときつけ、1番下のライン、サイドとの繋がりのラインにブラント感 直線的な切り口のぱっつんな感じ が出てないかチェックしましょう。 ブラント感が残っていると素人が切った感じがだいぶ出てしますので、梳きバサミでブラント感を消すように毛先を空いていきましょう。 どうですか?貴方の好みの襟足はできましたか? セルフカットで自分の髪を切る時にとっても便利な道具がありますので、「」も合わせてお読みください。 スポンサードリンク.

次の

ロングヘアのセルフカットのやり方!女性が自分で後ろ髪を切る方法

セルフ カット 後ろ髪

ミディアムヘアを簡単にすき方は? 髪の毛の長さは切りたくないけど… 髪の量が重いから毛量をすきたい! そんな方は髪を綺麗にとかし、すきバサミで根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。 細かくすき方について紹介していきます。 髪の毛をブロッキングして切る準備 髪を切る際に• そのままコームでとかさずに切ったり• 髪に癖がついたまま切ったり切れる 髪の長さがまちまちになってしまいます。 仕上がりが不自然になってしまわない様に必ずハサミを入れる前にクセをしっかり水で濡らしクシでとかし、ドライヤーで乾かし、うねったままの髪の毛がないようにしましょう! 乾いたらカット用のクシでとかし、髪の毛をブロッキングしていきます。 この分けている束ごとに切っていくのですが、誤って他の毛を切ってしまわないように、ヘアクリップで横・後ろをしっかり留めましょう。 スポンサーリンク ミディアムヘアのすき方は? すく際はすきバサミを使いましょう。 ブロッキングした部分を縦でスライスをとり根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。 スライスを取る際は細かくとっていくとすきやすく、やりやすいです。 また髪の表面をすきすぎるとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすいていきましょう。 前髪の量をすきバサミで減らす際も、前髪の表面を切らずに内側を切りましょう。 毛量が気になる部分だけすきます。 特に毛量が多くて気になる方は• 耳後ろ• 襟足 を多めにすいてあげるとスッキリします。 すく際はちょっとずつ全体のバランスを見ながら微調整していきましょう! スポンサーリンク 毛先や後ろ髪を整える方法は? 今髪を伸ばしてるから、毎回髪をすくだけ、毎日コテやアイロンを使ってセットしている方・・・ 毛先がパサパサしたり、まとまらなくなってしまいます。 ミディアムヘアをきれいにキープする為のカットする際は• 後ろを3つにブロッキングし切りやすく• ちょっとずつ切っていく• 焦らず切っていく 髪の整えるポイントを詳しくご紹介しますね。 ミディアムヘアの毛先、後ろの髪を整える方法 まずロングヘアのセルフカットを綺麗にするポイントは、すく時同様髪のブロッキングです! 目安として後ろは3つブロッキングすると、切りやすいです。 切りにくい時は更にブロッキングを細かくとると切りやすくなります。 ブロッキングしたところを順番にまっすぐにちょっとずつ切っていきましょう。 ブロッキングしにくい場合は真ん中で分けて1、2、3、のブロッキングを左右でしましょう。 横は耳後ろでブロッキングし、2つにわけて切りましょう。 2つに分けるポイントは目の高さです! 後ろ同様細かく毛先を整えていきましょう。

次の

セルフカットでボブの後ろはどう切ったら良い?

セルフ カット 後ろ髪

前髪以外は手鏡を使うため、片手でハサミを扱います。 地肌に触れないように注意してください。 前髪を切るときのコツ STEP1:ハサミを横にして切る 目標の長さまで切ります。 たとえば眉毛が見えるまで短くしたい場合、眉の上を通ったラインがあると想像して、そこをなぞるようにハサミで切り進めます。 一度に刃先まで使わずに、ジョキジョキと少しずつ切ります。 切り終わった時に毛先が一直線にそろってて格好悪かったり、切り損ねた一部が残っていたとしても、今は気にしません。 STEP2:ハサミを縦にして切る 直線的なラインを崩すために、ハサミを縦にして切ります。 切った髪の毛を払う時に、STEP1で切り損ねた髪が出てきたら、それも切ります。 側面を切るときのコツ STEP1:ハサミを持ったのと同じ側を目標の長さまで切る 右手でハサミを持つ人は、右側から切ります。 片手なので、切ろうとすると髪が逃げるように押し出されて、思ったより少ない量で一回一回切れます。 切り終わったら毛先が一直線にそろってて格好悪いと感じるかもしれませんが、今は気にしません。 切りながら手鏡を見ようとすると耳に当たりそうになるので、注意してください。 STEP3:ハサミを持った手と反対側を切る 右手でハサミを持つ人は、今度は左側を切ることになります。 STEP1のように目的の長さまで切ってから、STEP2でしたように縦にハサミをいれます。 毛先が直線的なシルエットにならず、適度にバラついた仕上がりになります。 こちらのほうが利き手側より鏡を見やすいので、つい切りすぎる事がありました。 左右で髪の量も違いますから、切りすぎないように左右の長さを確認しながら切るとうまくいくと思います。 後ろを切る時のコツ STEP1:襟足に近い一番下は3分の1ずつ切る 大きな鏡に背中を向けて立ち、手鏡を見ながら左右のどちらか「切りにくい」方を3分の1切ります。 3分の1というのは、目分量でかまいません。 次に「切りやすい」方を「切りにくい」方の長さに合わせて3分の1切り、最後に残った真ん中の部分を切ります。 筆者は、たとえば2センチ短くしたい時、左手にハサミを持ってまず右側の髪の毛に当てます。 そして、指先から第一関節の長さ目安に毛先からの位置を決めて、3分の1を目標に少しずつ切ります。 次に左側の髪を切る時は、左右の長さが同じになるように、時々右側を見て確認しながら切ります。 最後に残った部分を2センチ切るつもりで、ハサミを入れますが、刃先の方が適当に長く残ってくれます。 手鏡で鏡映しにしながら、反対側からもハサミを入れて、仕上げに切り残しの髪の毛が飛び出していないかどうかも確認します。 STEP2:上から下へ数回に分けて切る 大きな鏡に背中を向けて立ち、手鏡に写った後頭部を見ながら切ります。 ハサミは、側面から後頭部に向かって入れます。 ジョキッと進む程度(2〜3センチ)で髪からハサミを離して、同じ場所だと思う所にもう一度ハサミをあてて切ります。 これを繰り返していると、一直線のシルエットが出ずに、ばらばらになります。 手鏡の扱い方のコツ 全体を確認したい時には、合わせ鏡にした手鏡から大きな鏡を見ます。 反対に大きな鏡から手鏡を見ると、切り損なった髪などの細かい所に気がつきやすいです。 おわりに 特に後ろは、じっくり見ながら切れないので、心配になりますね。 しかし、まっすぐ切ったつもりでも、ハサミを入れると髪が押し出されるので、勝手に首の中心に向かって逆三角形に髪が残ります。 美容室で切るほどの満足度はありませんが、数回に分けてジョキジョキと切れば直線にそろいませんから、自然な見た目になってくれますよ。 筆者は、梅雨から8月末くらいまで繰り返しています。 蒸し暑い季節を、少しでも気分よく過ごしてもらえたらと思って投稿します。

次の