セゾン 自動車保険 安い。 お車を使用される方について|お見積り|おとなの自動車保険

「おとなの自動車保険」は本当に安い?という疑問と評判

セゾン 自動車保険 安い

あなたの加入するダイレクト自動車保険に「現場急行サービス」は付いていますか? 2017年、ようやく「現場急行サービス」がダイレクト自動車保険の付随サービスとして、一般化しつつあります。 保険料も一応に安くなり、ロードサービスも各社が提供するようになった今、注目されているのが「現場急行サービス」です。 この「現場急行サービス」を、約20年前の1998年より提供し続けてきたのが、セコム損保の自動車保険です。 現場急行サービスを人気のダイレクト各社が採用するに連れ、サービスの開祖セコム損保にも注目が集まっています。 2017年11月現在、警備会社の「現場急行サービス」を提供するダイレクト損保は、セコム損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、イーデザイン損保の4社ですが、今後多くのユーザーが現場急行サービスの有無を選択条件の1つとして検討することでしょう。 現場急行サービスの老舗、セコム損保は、既に多くの現場急行サービスについて実績を重ねています。 そして一部口コミでは、「盗難事故対応に強い」といった評判も広がっていますが、なぜか、毎年の顧客満足度調査においてセコム損保の名前を見ることはありません。 はたして「セコム損保は盗難事故対応に強い」とする評判は、口コミどおり真実なのでしょうか? 実態があまり知られていない少しマイナーなセコム損保について、代理店損保とダイレクト損保の良さを併せ持った、事故対応の真実と優れた商品についてご案内します。 この記事では、セコム損保が提供する独自のサービスと自動車保険の特徴をご案内するとともに、顧客満足度調査の評価結果と過去3年間の業績内容から顧客サービスへの影響を、独自の視点で考察しています。 また、セコム損保の保険料は、ダイレクトとしては少し高いといわれていますが、本当のところはどうなのか? 40代50代の保険料が安くなるとCMでおなじみの「おとなの自動車保険」、セゾン自動車火災保険と見積もり比較をして検証してみました。 セコム損保の自動車保険を知ってる? 自動車保険ランキングなどでは、あまり見ないセコム損保ですが、ネットの口コミでは事故対応など評判も上々の保険会社です。 ルーツは独立系中堅損保の東洋火災 セコム損保は、ルーツをたどると代理店型損保の老舗、旧東洋火災(1950年2月設立)が前身です。 東京発の中堅損保として、積立型の火災保険などを得意とする保険会社で、昭和の時代から新商品の開発力で、大手のライバル損保からも一目置かれていた損害保険会社でした。 セコム損保に生まれ変わる 警備ニーズとともに火災保険、自動車保険、動産保険などをリスクマネジメントのサービスとして、一体で提案したいセコム株式会社による資本参加を受け、セコム損保として、生まれ変わりました。 代理店型損保としてのセコム損保、そしてダイレクト型の顔を持った、ネット申し込み完結型の自動車保険や火災保険を直販するセコム損保があります。 近年は、インターネットを通じた販売を強化しながら、代理店型損保として企業へのサポートまで行う、セコムの保険会社としてグループの一翼を担っています。 後の項目で解説してまいりますが、特約にも特徴があり、車両保険の盗難時追跡費用等の支払いなど、グループ企業のセコムの商品「ココセコム:位置情報サービス」と連動した補償で、盗難事故への対応にも強い保険会社になっています。 昨今、ダイレクト各社で採用が拡大している「現場急行サービス」などは、既に20年ほど前からサービス提供するなど、数ある損害保険会社の中では、商品、サービスともに優れた特徴のある損保の一つといえるでしょう。 顧客満足度調査ランキングで見るセコム損保の評判 顧客満足度調査の結果から、セコム損保の名前をあまり見ることはできません。 自動車保険契約の顧客数が他社と比べて少ないためか、有効なサンプル数が集まらないようです。 しかし、2017年の顧客満足度調査のいくつかには、セコム損保もランクインしていましたので、少ないデータですが考察してみましょう J. パワー アジア・パシフィック(以下:J. パワー)の顧客満足度調査(2017) 契約者満足度「ダイレクト部門」:7位 事故対応満足度「ダイレクト部門」:サンプル規定数以下のため未評価 新規加入者満足度「ダイレクト部門」:サンプル規定数以下のため未評価 J. パワーのCS調査では、総合的な顧客満足度をはかる、「契約者満足度調査」において、ダイレクト部門で第7位にランクインしています。 残念ながらそれ以外の2つの調査は、規定サンプル数99件以上に達しなかったため未評価になっています。 契約者満足度調査の結果について、代理店型損保も含めたポイントで見た総合的な順位、項目ごとの評価についてなど、詳しく見てみましょう。 顧客満足度ランキングの評価点は、各項目に割り振られ1000ポイント満点中何点獲得したかでランキングされます。 セコム損保は、619ポイントを獲得し、ダイレクト損保中第7位となり、ダイレクト損保平均の636ポイントを大幅に下回る結果となっています。 しかし、一方の代理店型損保の各社ポイントを見てみると、第5位の損保ジャパン日本興亜が619ポイントと同点になっており、代理店型損保との比較では、平均の616ポイントを上回っており決して大きく劣っているわけではありません。 項目別評価の詳細を見ると、「顧客対応」、「事故対応/保険金支払」においては、アベレージレベルとなっています。 保険料や保険証券については、アベレージ以下の評価点となっていますが、代理店型損保全社と比べても十分に安く、いくつかのダイレクト損保よりも安い保険料です。 証券発行についての到着時期、内容のわかりやすさについてですが、証券発行をしない契約が主流の現在、この項目で一概に平均以下の評価と見るのは、ちょっと早計だと思います。 契約内容や契約手続きについても同様で、保険商品の補償内容や特約の充実度、契約時の見積もりや手続きのわかりやすさは、代理店型損保並みにそろっており他社と比べて大きく劣っていることはなく、この点において評価が平均以下になったのは少し疑問が残る評価でした。 オリコン日本CS顧客満足度調査(2016)(以下:オリコンCS) 「総合」、ランク外 項目別「加入/更新手続き」、ランク外 項目別「商品内容の充実度」、ランク外 項目別「保険料」、ランク外 項目別「事故対応」、ランク外 項目別「調査/認定結果」、ランク外 項目別「受取額・支払いスピード」、ランク外 項目別「サポートサービス」、ランク外 再利用意向の意識調査、ランク外 年代別「20代~30代」、ランク外 年代別「30代」、ランク外 年代別「40代」、ランク外 年代別「50代」、ランク外 ダイレクト損保満足度、第5位/9社中 比較的ダイレクト損保にひいき目な結果の出るオリコン日本CS調査ですが、ほぼ全項目でランク外となり、ダイレクト損保満足度においてのみ5位のランクインでした。 全てがランク外となっているからといって、だめな損保というわけではなく、これは単に規定のサンプル人数に達しなかったためと考えられます。 実際、ダイレクト損保満足度では中段の5位にランクインしていますが、実は1位のイーデザイン損保(75. 69点)に対し、5位セコム損保(75. 20点)となっており、ポイント差は、わずか0. 49点の差です。 こうしてみると、顧客数が少ないため規程のサンプル数には達しないが、ダイレクト損保において概ね平均的な満足度が得られていると見てもいいでしょう。 com 自動車保険満足度 2017 セコム損保は調査対象外となっており、評価が示されておりません。 当サイトでは、「価格. com CS」のかなり偏向した調査結果と評価を疑問視しておりますが、老舗の損害保険会社であるセコム損保を調査対象外とするところからも、調査に公平性がないことがうかがえます。 【参考記事】 顧客満足度調査結果の総評 セコム損保は、ダイレクト損保に数えられていますが、元は国内中堅代理店損保だったことからも、商品に独自性があり、代理店型損保商品の良さを併せ持った特徴のある損保です。 顧客満足度調査を行なった各社の評価が得られなかったのは、セコム損保を対象にしたアンケートサンプル数が規定に達しないからです。 しかし、これは、セコム損保の営業努力が足りていない、と見ることもできるので、今後の顧客獲得努力のため、積極的な対応を期待したいところです。 ダイレクトは自社に甘い?セコム損保の苦情対応 セコム損保では、事故対応や顧客対応などのアンケート調査を行なっておらず、自社で顧客満足度をはかる方法として、お客様相談室への苦情内容と件数について実数を公表しています。 ソニー損保にも似たようなシステムがありますが、このように直接に顧客の声が反映される部署を明確にしている損保では、概ね、既契約者の満足度は高くなります。 少なくとも、苦情を真摯にうかがおうとする姿勢は、今後のサービス向上につながると確信できます。 将来は大丈夫?セコム損保の過去3年間の業績をチェック! セコム損保の顧客満足度の低下によるものか、この3年間、毎年の収入保険料(売上高に相当)もわずかながら下がっています。 他のダイレクト損保は、各社の差はありますが一様に増収しており、各社顧客対応の向上に取り組み積極的な販売姿勢が業績にも表れています。 まずは、過去3年間の業績について、自動車保険売上を表す「正味収入保険料」と保険金支払いの割合を示す「損害率」のデータを見てみましょう。 事業年度:収入保険料/損害率 2014年度:7,709百万円/48. 0% 2015年度:7,765百万円/45. 9% 2016年度:7,696百万円/48. 1% セコム損保は、元々、火災保険に強く代理店型損保としての運営もあることから、自動車保険の販売実績は、他のダイレクト損保の数字よりも小さくなっています。 それを証明するように、保険会社全体の損害率については、他社のそれよりも小さくロスが少なう保険会社と見ることができます。 しかし、2016年度は、自動車販売に活気が戻り、市況では、事業撤退したアメリカンホーム契約者が他社に更改契約が流出するなど、新規獲得のための販売条件は良かったのですが、セコム損保は、自動車保険の販売実績を伸ばすことができませんでした。 保険金支払いや将来は大丈夫? セコム損保ですが「保険金支払いや将来は大丈夫?」という質問には、「まったく問題ありません」と回答できます。 保険金支払いのための責任準備金も多少の増減こそあり大幅に減る様子もなく、保険会社の支払余力を示すソルベンシーマージン比率も651. 8%(2016年度)と、十分に安心できるレベルに保たれており、ダイレクト自動車保険No1のソニー損保の730. 8%にもせまるレベルを保っています。 セコム損保は、現場急行サービスの開祖ともいえる損保であり、業界のパイオニアともいえる存在です。 今後は、その優れた商品をもう少し消費者に伝える方法に力を注げば、より多くの契約者獲得に結びつくでしょう。 24時間安心の事故対応!現場急行サービス! 24時間365日、全国対応で現場急行サービスを提供する、セコム損保。 1998年のサービス開始以来、2016年3月末時点までは、唯一全国対応の緊急対処員急行サービスを提供していました。 2016年4月からは、セゾン自動車火災もALSOKの協力を得て同様のサービスが開始されました。 また、2017年に入って、ソニー損保、イーデザイン損保からセコムとの提携による、現場急行サービスがはじまりました。 現場急行サービスの内容 セコム損保の現場急行サービスには、「救急車の手配」、「警察への連絡」、「レッカー車、タクシーの手配」、「現場で困っていることの確認」、「事故現場の交通整理」などに対応していましたが、2017年11月より、以下の新たなサービスが提供されるようになり、より頼もしい内容になっています。 セコムの緊急対処員による、以下のサービスが現場サポートに追加されます。 「追突、出合頭、信号無視等の事故状況の確認」 「目撃者の氏名・連絡先の確認」 「相手方のケガや氏名・連絡先の確認」 「事故現場や事故車両の撮影」 既に2017年4月からの現場到着時間連絡の連絡サービスに加え、事故現場でより役立つサポートを具体的な形で示しており、他社の現場急行サービスよりも確かな安心感があります。 現場急行サービスをグループで対応 セコムの場合は、緊急対処員の現場急行サービスなどを、保険サービスの一環としてグループで提供している強みがあり、自動車保険ユーザーの事故発生時に被害の拡大を防ぐために、セコムの緊急対処員による急行サービスが生きてきます。 セコムグループは、保険と警備を一体にすることで、より安心のサービスができるとして取り組んできている分、一日の長があるといえるでしょう。 セコム対ALSOK 違いは? 共に業界の1位2位とライバル社であり、契約者数なども3位以下を大きく引き離しています。 1位のセコム、2位のALSOKの2社で、現場急行サービスに影響すると考える差は、緊急時発信拠点の数といえるでしょう。 セコムは、全国で2800か所以上、対するALSOKは、2100か所以上としています。 拠点の数は、急行時に到着するまでの時間にも影響するので、事故発生時にはこうした差がサービスの差として現れるかもしれません。 盗難車両の追尾 その他にセコムの緊急対処員を使った補償の一環として、盗難時の追尾に伴い緊急対処員の急行を依頼することができます。 盗難車の追尾や現場急行には危険が伴うので、できればプロに任せたいところですね。 この車両保険と連動するサービスとなりますが、現場急行の費用等については車両保険から支払われ、盗難車両の引き取りやクリーニング費用も含まれます。 車両追尾は、ココセコムなどの位置情報発信装置を利用したサービスとなりますので、セコム損保ならではの独自サービスの一つになっています。 70歳以上不担保!豊富な年齢条件 セコム損保の安心マイカー保険には、35歳以上を補償とする年齢条件の契約に限り、70歳以上を補償しない、特別な年齢条件を追加することが可能になり、当然保険料もその分安くなります。 現在の高齢化社会では、70歳を超えるドライバーの事故が増加しており、高齢者の運転リスクが高いと見られています。 家族内に年齢条件に該当する高齢者ドライバーがいなければ、限定付帯すると保険料が安くなります。 逆にいうと高齢者ドライバーのいない35歳以上の契約は、保険会社にとってもっとも事故発生のリスクが少ない契約となるので、その分保険料を安くして契約者の保険料負担を軽減しようという、優良運転者の多いミドル層の契約者に向けた特約です。 こうした特別な年齢条件は、代理店型損保の顔を併せ持ったセコム損保ならではの特約といえるでしょう。 もらい事故でも安心!車両無過失事故特約 セコム損保の車両保険には、「車両無過失事故に関する特約」が自動セットされます。 この特約は、ダイレクト損保の商品に少ない優れた内容で、相手方100%過失のもらい事故の場合、自分の車両保険を使っても等級ダウンをしないという、優れた補償です。 現在のクルマ社会では、残念なことに任意保険と自動車共済を合わせても約9割の付保率です。 つまり、約10台に1台程度は、対物賠償保険未加入のクルマが走っているということ。 万一、こういうクルマから追突など一方的にぶつけられると、補償が受けられないことがあります。 もちろん、賠償義務は相手に発生しますが、保険にも入っていない人が誠実に賠償に対応してくれる確率は低いのが現状です。 一方的にぶつけられた上に、裁判を起こして相手から修理代の回収をはかるなんて、考えただけでも気が滅入ります。 このような事故の際に、この特約が付いていれば自分の車両保険で直ぐに修理することができて、翌年の等級に影響することはありません。 相手への求償は保険会社がやってくれるので、自分で相手から回収して修理代を返す必要もありません。 この特約、車両保険に自動付帯なのも嬉しいですね。 ちなみに、この特約を取扱うダイレクト損保は、セコム損保のほか、セゾン自動車火災保険、イーデザイン損保の2社も取り扱っています。 車両保険もセコム損保なら安心ですね。 対物賠償と車両保険の免責設定を賢く使って保険料を削減! セコム損保なら保険加入の際、免責の付け方もひと工夫できます。 一般的な車両保険の免責だけではなく、対物賠償保険にも免責を設定できます。 免責は、実際の事故で自己負担になるのでやみくもに高くしてしまっては、保険の効果が下がってしまうので、付け方に注意が必要です。 一般的には、軽い事故で保険を使わずに修理する方が良い金額、つまり、翌年以降上がってしまう保険料と対比します。 しかし、その差額について厳密に計算することは難しいので、概ね5万円から10万円程度で設定します。 若い人で保険料が高いので割安にしたいという人は、高めに設定をして見積もりを見てみましょう。 最大で20万円の設定が可能です。 (一般的に他社では、10万円までの設定) 若い人でも免責を20万円にすると、驚くほど車両保険の保険料は下がります。 しかし、翌年の等級ダウンを考慮すると、30万を超え50万円程度の修理費用にならないかぎり保険を使わない、という覚悟も必要になります。 ある程度の余力も必要になるので、よく考えて設定しましょう。 ちなみに車両保険の免責設定ができる金額は、0円、5万、7万、10万、15万、20万円です。 ローン残債が多いクルマの場合、免責を付けてでも車両保険を付けておけば、万一の全損事故(盗難を含む)で借金だけが残る、など悲惨な状況を防ぐことができますね。 また、対物賠償保険の免責も同様です。 少額の場合は、相手への賠償金を自己負担で支払う、余力を準備する必要がありますが、10万円程度でも預金をして、その分対物免責を設定すると、かなり保険が安くなります。 対物賠償の免責設定ができる金額は、3、5、10、20万円です。 しかし、いずれの場合も等級が進み割引の多い人の場合は、年間数千円の保険料をセーブするために免責を付けるのは、止めておいたほうが良いでしょう。 見積もり比較:セコム損保のほうが、セゾンおとなの自動車保険より安い? 基本補償が安い「セコム損保」の自動車保険の見積もりを、45歳の被保険者で試算します。 保険料は本当に安い? まず、保険料比較は、ミドル層の保険料が安いと評判のセゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」と見積もり比較してみます。 被保険者とクルマの諸条件は以下のとおりです。 さらにセコム損保の車両保険には、車両盗難時の追跡費用や引取費用、清掃費用なども自動付帯されるので、盗難被害が気になるプリウスのオーナーなら、一概に高いと思わないでしょう。 また、対人対物の賠償保険と人身傷害をセットにした基本契約では、同じ補償で2000円以上も安くなります。 なお、セコム損保は、ダイレクト損保で唯一の「走行距離制限のない自動車保険」という点も見逃せません。 年間走行距離が5,000kmを上回るという人は、現在の契約更新時に見積もり比較をして、保険料や特約、サービスを比べてみましょう。 自動車保険は見積もり額の単純比較だけではわからない側面もあり、ダイレクトでも複数社の見積もりを比較して検討するのが賢明な選び方です。 保険料の見積もり比較は、当サイトのトップページ中段以降のも参考にご覧下さい。 まとめ:セコム損保の優れている6つのポイント セコム損保は代理店型損保としての補償も備えているため、一般のダイレクト自動車保険とは、かなり中身が違ってきます。 以下の、6つのポイントを考慮した上で、保険料をダイレクト商品と比べてみてください。 かなり安いと感じられるはずです。 また、若い人の車両保険でも免責の設定次第では、他のダイレクト損保以上に安い保険を設計可能です。 特に車両保険は、代理店型の自動車保険にセコム独自のサービスを加えて作られた、他社にはない盗難事故対応に優れた自動車保険になっていることが大きな特徴です。 筆者個人の意見では、免責を上手に活用すれば「車両保険は高い!」 とあきらめている人も高額損害のリスクをカバーすることが可能になる、という点が優れたポイントとして挙げられます。 保険料は、被保険者や車、補償内容など条件が変われば必ず変化します。 自宅からできる手軽な見積もり比較を利用して、他社についても確認をしてから加入手続きを進めましょう。 最近の投稿• カテゴリー• リンク.

次の

自動車保険が安いランキングBEST5とワーストランキング

セゾン 自動車保険 安い

あなたの加入するダイレクト自動車保険に「現場急行サービス」は付いていますか? 2017年、ようやく「現場急行サービス」がダイレクト自動車保険の付随サービスとして、一般化しつつあります。 保険料も一応に安くなり、ロードサービスも各社が提供するようになった今、注目されているのが「現場急行サービス」です。 この「現場急行サービス」を、約20年前の1998年より提供し続けてきたのが、セコム損保の自動車保険です。 現場急行サービスを人気のダイレクト各社が採用するに連れ、サービスの開祖セコム損保にも注目が集まっています。 2017年11月現在、警備会社の「現場急行サービス」を提供するダイレクト損保は、セコム損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、イーデザイン損保の4社ですが、今後多くのユーザーが現場急行サービスの有無を選択条件の1つとして検討することでしょう。 現場急行サービスの老舗、セコム損保は、既に多くの現場急行サービスについて実績を重ねています。 そして一部口コミでは、「盗難事故対応に強い」といった評判も広がっていますが、なぜか、毎年の顧客満足度調査においてセコム損保の名前を見ることはありません。 はたして「セコム損保は盗難事故対応に強い」とする評判は、口コミどおり真実なのでしょうか? 実態があまり知られていない少しマイナーなセコム損保について、代理店損保とダイレクト損保の良さを併せ持った、事故対応の真実と優れた商品についてご案内します。 この記事では、セコム損保が提供する独自のサービスと自動車保険の特徴をご案内するとともに、顧客満足度調査の評価結果と過去3年間の業績内容から顧客サービスへの影響を、独自の視点で考察しています。 また、セコム損保の保険料は、ダイレクトとしては少し高いといわれていますが、本当のところはどうなのか? 40代50代の保険料が安くなるとCMでおなじみの「おとなの自動車保険」、セゾン自動車火災保険と見積もり比較をして検証してみました。 セコム損保の自動車保険を知ってる? 自動車保険ランキングなどでは、あまり見ないセコム損保ですが、ネットの口コミでは事故対応など評判も上々の保険会社です。 ルーツは独立系中堅損保の東洋火災 セコム損保は、ルーツをたどると代理店型損保の老舗、旧東洋火災(1950年2月設立)が前身です。 東京発の中堅損保として、積立型の火災保険などを得意とする保険会社で、昭和の時代から新商品の開発力で、大手のライバル損保からも一目置かれていた損害保険会社でした。 セコム損保に生まれ変わる 警備ニーズとともに火災保険、自動車保険、動産保険などをリスクマネジメントのサービスとして、一体で提案したいセコム株式会社による資本参加を受け、セコム損保として、生まれ変わりました。 代理店型損保としてのセコム損保、そしてダイレクト型の顔を持った、ネット申し込み完結型の自動車保険や火災保険を直販するセコム損保があります。 近年は、インターネットを通じた販売を強化しながら、代理店型損保として企業へのサポートまで行う、セコムの保険会社としてグループの一翼を担っています。 後の項目で解説してまいりますが、特約にも特徴があり、車両保険の盗難時追跡費用等の支払いなど、グループ企業のセコムの商品「ココセコム:位置情報サービス」と連動した補償で、盗難事故への対応にも強い保険会社になっています。 昨今、ダイレクト各社で採用が拡大している「現場急行サービス」などは、既に20年ほど前からサービス提供するなど、数ある損害保険会社の中では、商品、サービスともに優れた特徴のある損保の一つといえるでしょう。 顧客満足度調査ランキングで見るセコム損保の評判 顧客満足度調査の結果から、セコム損保の名前をあまり見ることはできません。 自動車保険契約の顧客数が他社と比べて少ないためか、有効なサンプル数が集まらないようです。 しかし、2017年の顧客満足度調査のいくつかには、セコム損保もランクインしていましたので、少ないデータですが考察してみましょう J. パワー アジア・パシフィック(以下:J. パワー)の顧客満足度調査(2017) 契約者満足度「ダイレクト部門」:7位 事故対応満足度「ダイレクト部門」:サンプル規定数以下のため未評価 新規加入者満足度「ダイレクト部門」:サンプル規定数以下のため未評価 J. パワーのCS調査では、総合的な顧客満足度をはかる、「契約者満足度調査」において、ダイレクト部門で第7位にランクインしています。 残念ながらそれ以外の2つの調査は、規定サンプル数99件以上に達しなかったため未評価になっています。 契約者満足度調査の結果について、代理店型損保も含めたポイントで見た総合的な順位、項目ごとの評価についてなど、詳しく見てみましょう。 顧客満足度ランキングの評価点は、各項目に割り振られ1000ポイント満点中何点獲得したかでランキングされます。 セコム損保は、619ポイントを獲得し、ダイレクト損保中第7位となり、ダイレクト損保平均の636ポイントを大幅に下回る結果となっています。 しかし、一方の代理店型損保の各社ポイントを見てみると、第5位の損保ジャパン日本興亜が619ポイントと同点になっており、代理店型損保との比較では、平均の616ポイントを上回っており決して大きく劣っているわけではありません。 項目別評価の詳細を見ると、「顧客対応」、「事故対応/保険金支払」においては、アベレージレベルとなっています。 保険料や保険証券については、アベレージ以下の評価点となっていますが、代理店型損保全社と比べても十分に安く、いくつかのダイレクト損保よりも安い保険料です。 証券発行についての到着時期、内容のわかりやすさについてですが、証券発行をしない契約が主流の現在、この項目で一概に平均以下の評価と見るのは、ちょっと早計だと思います。 契約内容や契約手続きについても同様で、保険商品の補償内容や特約の充実度、契約時の見積もりや手続きのわかりやすさは、代理店型損保並みにそろっており他社と比べて大きく劣っていることはなく、この点において評価が平均以下になったのは少し疑問が残る評価でした。 オリコン日本CS顧客満足度調査(2016)(以下:オリコンCS) 「総合」、ランク外 項目別「加入/更新手続き」、ランク外 項目別「商品内容の充実度」、ランク外 項目別「保険料」、ランク外 項目別「事故対応」、ランク外 項目別「調査/認定結果」、ランク外 項目別「受取額・支払いスピード」、ランク外 項目別「サポートサービス」、ランク外 再利用意向の意識調査、ランク外 年代別「20代~30代」、ランク外 年代別「30代」、ランク外 年代別「40代」、ランク外 年代別「50代」、ランク外 ダイレクト損保満足度、第5位/9社中 比較的ダイレクト損保にひいき目な結果の出るオリコン日本CS調査ですが、ほぼ全項目でランク外となり、ダイレクト損保満足度においてのみ5位のランクインでした。 全てがランク外となっているからといって、だめな損保というわけではなく、これは単に規定のサンプル人数に達しなかったためと考えられます。 実際、ダイレクト損保満足度では中段の5位にランクインしていますが、実は1位のイーデザイン損保(75. 69点)に対し、5位セコム損保(75. 20点)となっており、ポイント差は、わずか0. 49点の差です。 こうしてみると、顧客数が少ないため規程のサンプル数には達しないが、ダイレクト損保において概ね平均的な満足度が得られていると見てもいいでしょう。 com 自動車保険満足度 2017 セコム損保は調査対象外となっており、評価が示されておりません。 当サイトでは、「価格. com CS」のかなり偏向した調査結果と評価を疑問視しておりますが、老舗の損害保険会社であるセコム損保を調査対象外とするところからも、調査に公平性がないことがうかがえます。 【参考記事】 顧客満足度調査結果の総評 セコム損保は、ダイレクト損保に数えられていますが、元は国内中堅代理店損保だったことからも、商品に独自性があり、代理店型損保商品の良さを併せ持った特徴のある損保です。 顧客満足度調査を行なった各社の評価が得られなかったのは、セコム損保を対象にしたアンケートサンプル数が規定に達しないからです。 しかし、これは、セコム損保の営業努力が足りていない、と見ることもできるので、今後の顧客獲得努力のため、積極的な対応を期待したいところです。 ダイレクトは自社に甘い?セコム損保の苦情対応 セコム損保では、事故対応や顧客対応などのアンケート調査を行なっておらず、自社で顧客満足度をはかる方法として、お客様相談室への苦情内容と件数について実数を公表しています。 ソニー損保にも似たようなシステムがありますが、このように直接に顧客の声が反映される部署を明確にしている損保では、概ね、既契約者の満足度は高くなります。 少なくとも、苦情を真摯にうかがおうとする姿勢は、今後のサービス向上につながると確信できます。 将来は大丈夫?セコム損保の過去3年間の業績をチェック! セコム損保の顧客満足度の低下によるものか、この3年間、毎年の収入保険料(売上高に相当)もわずかながら下がっています。 他のダイレクト損保は、各社の差はありますが一様に増収しており、各社顧客対応の向上に取り組み積極的な販売姿勢が業績にも表れています。 まずは、過去3年間の業績について、自動車保険売上を表す「正味収入保険料」と保険金支払いの割合を示す「損害率」のデータを見てみましょう。 事業年度:収入保険料/損害率 2014年度:7,709百万円/48. 0% 2015年度:7,765百万円/45. 9% 2016年度:7,696百万円/48. 1% セコム損保は、元々、火災保険に強く代理店型損保としての運営もあることから、自動車保険の販売実績は、他のダイレクト損保の数字よりも小さくなっています。 それを証明するように、保険会社全体の損害率については、他社のそれよりも小さくロスが少なう保険会社と見ることができます。 しかし、2016年度は、自動車販売に活気が戻り、市況では、事業撤退したアメリカンホーム契約者が他社に更改契約が流出するなど、新規獲得のための販売条件は良かったのですが、セコム損保は、自動車保険の販売実績を伸ばすことができませんでした。 保険金支払いや将来は大丈夫? セコム損保ですが「保険金支払いや将来は大丈夫?」という質問には、「まったく問題ありません」と回答できます。 保険金支払いのための責任準備金も多少の増減こそあり大幅に減る様子もなく、保険会社の支払余力を示すソルベンシーマージン比率も651. 8%(2016年度)と、十分に安心できるレベルに保たれており、ダイレクト自動車保険No1のソニー損保の730. 8%にもせまるレベルを保っています。 セコム損保は、現場急行サービスの開祖ともいえる損保であり、業界のパイオニアともいえる存在です。 今後は、その優れた商品をもう少し消費者に伝える方法に力を注げば、より多くの契約者獲得に結びつくでしょう。 24時間安心の事故対応!現場急行サービス! 24時間365日、全国対応で現場急行サービスを提供する、セコム損保。 1998年のサービス開始以来、2016年3月末時点までは、唯一全国対応の緊急対処員急行サービスを提供していました。 2016年4月からは、セゾン自動車火災もALSOKの協力を得て同様のサービスが開始されました。 また、2017年に入って、ソニー損保、イーデザイン損保からセコムとの提携による、現場急行サービスがはじまりました。 現場急行サービスの内容 セコム損保の現場急行サービスには、「救急車の手配」、「警察への連絡」、「レッカー車、タクシーの手配」、「現場で困っていることの確認」、「事故現場の交通整理」などに対応していましたが、2017年11月より、以下の新たなサービスが提供されるようになり、より頼もしい内容になっています。 セコムの緊急対処員による、以下のサービスが現場サポートに追加されます。 「追突、出合頭、信号無視等の事故状況の確認」 「目撃者の氏名・連絡先の確認」 「相手方のケガや氏名・連絡先の確認」 「事故現場や事故車両の撮影」 既に2017年4月からの現場到着時間連絡の連絡サービスに加え、事故現場でより役立つサポートを具体的な形で示しており、他社の現場急行サービスよりも確かな安心感があります。 現場急行サービスをグループで対応 セコムの場合は、緊急対処員の現場急行サービスなどを、保険サービスの一環としてグループで提供している強みがあり、自動車保険ユーザーの事故発生時に被害の拡大を防ぐために、セコムの緊急対処員による急行サービスが生きてきます。 セコムグループは、保険と警備を一体にすることで、より安心のサービスができるとして取り組んできている分、一日の長があるといえるでしょう。 セコム対ALSOK 違いは? 共に業界の1位2位とライバル社であり、契約者数なども3位以下を大きく引き離しています。 1位のセコム、2位のALSOKの2社で、現場急行サービスに影響すると考える差は、緊急時発信拠点の数といえるでしょう。 セコムは、全国で2800か所以上、対するALSOKは、2100か所以上としています。 拠点の数は、急行時に到着するまでの時間にも影響するので、事故発生時にはこうした差がサービスの差として現れるかもしれません。 盗難車両の追尾 その他にセコムの緊急対処員を使った補償の一環として、盗難時の追尾に伴い緊急対処員の急行を依頼することができます。 盗難車の追尾や現場急行には危険が伴うので、できればプロに任せたいところですね。 この車両保険と連動するサービスとなりますが、現場急行の費用等については車両保険から支払われ、盗難車両の引き取りやクリーニング費用も含まれます。 車両追尾は、ココセコムなどの位置情報発信装置を利用したサービスとなりますので、セコム損保ならではの独自サービスの一つになっています。 70歳以上不担保!豊富な年齢条件 セコム損保の安心マイカー保険には、35歳以上を補償とする年齢条件の契約に限り、70歳以上を補償しない、特別な年齢条件を追加することが可能になり、当然保険料もその分安くなります。 現在の高齢化社会では、70歳を超えるドライバーの事故が増加しており、高齢者の運転リスクが高いと見られています。 家族内に年齢条件に該当する高齢者ドライバーがいなければ、限定付帯すると保険料が安くなります。 逆にいうと高齢者ドライバーのいない35歳以上の契約は、保険会社にとってもっとも事故発生のリスクが少ない契約となるので、その分保険料を安くして契約者の保険料負担を軽減しようという、優良運転者の多いミドル層の契約者に向けた特約です。 こうした特別な年齢条件は、代理店型損保の顔を併せ持ったセコム損保ならではの特約といえるでしょう。 もらい事故でも安心!車両無過失事故特約 セコム損保の車両保険には、「車両無過失事故に関する特約」が自動セットされます。 この特約は、ダイレクト損保の商品に少ない優れた内容で、相手方100%過失のもらい事故の場合、自分の車両保険を使っても等級ダウンをしないという、優れた補償です。 現在のクルマ社会では、残念なことに任意保険と自動車共済を合わせても約9割の付保率です。 つまり、約10台に1台程度は、対物賠償保険未加入のクルマが走っているということ。 万一、こういうクルマから追突など一方的にぶつけられると、補償が受けられないことがあります。 もちろん、賠償義務は相手に発生しますが、保険にも入っていない人が誠実に賠償に対応してくれる確率は低いのが現状です。 一方的にぶつけられた上に、裁判を起こして相手から修理代の回収をはかるなんて、考えただけでも気が滅入ります。 このような事故の際に、この特約が付いていれば自分の車両保険で直ぐに修理することができて、翌年の等級に影響することはありません。 相手への求償は保険会社がやってくれるので、自分で相手から回収して修理代を返す必要もありません。 この特約、車両保険に自動付帯なのも嬉しいですね。 ちなみに、この特約を取扱うダイレクト損保は、セコム損保のほか、セゾン自動車火災保険、イーデザイン損保の2社も取り扱っています。 車両保険もセコム損保なら安心ですね。 対物賠償と車両保険の免責設定を賢く使って保険料を削減! セコム損保なら保険加入の際、免責の付け方もひと工夫できます。 一般的な車両保険の免責だけではなく、対物賠償保険にも免責を設定できます。 免責は、実際の事故で自己負担になるのでやみくもに高くしてしまっては、保険の効果が下がってしまうので、付け方に注意が必要です。 一般的には、軽い事故で保険を使わずに修理する方が良い金額、つまり、翌年以降上がってしまう保険料と対比します。 しかし、その差額について厳密に計算することは難しいので、概ね5万円から10万円程度で設定します。 若い人で保険料が高いので割安にしたいという人は、高めに設定をして見積もりを見てみましょう。 最大で20万円の設定が可能です。 (一般的に他社では、10万円までの設定) 若い人でも免責を20万円にすると、驚くほど車両保険の保険料は下がります。 しかし、翌年の等級ダウンを考慮すると、30万を超え50万円程度の修理費用にならないかぎり保険を使わない、という覚悟も必要になります。 ある程度の余力も必要になるので、よく考えて設定しましょう。 ちなみに車両保険の免責設定ができる金額は、0円、5万、7万、10万、15万、20万円です。 ローン残債が多いクルマの場合、免責を付けてでも車両保険を付けておけば、万一の全損事故(盗難を含む)で借金だけが残る、など悲惨な状況を防ぐことができますね。 また、対物賠償保険の免責も同様です。 少額の場合は、相手への賠償金を自己負担で支払う、余力を準備する必要がありますが、10万円程度でも預金をして、その分対物免責を設定すると、かなり保険が安くなります。 対物賠償の免責設定ができる金額は、3、5、10、20万円です。 しかし、いずれの場合も等級が進み割引の多い人の場合は、年間数千円の保険料をセーブするために免責を付けるのは、止めておいたほうが良いでしょう。 見積もり比較:セコム損保のほうが、セゾンおとなの自動車保険より安い? 基本補償が安い「セコム損保」の自動車保険の見積もりを、45歳の被保険者で試算します。 保険料は本当に安い? まず、保険料比較は、ミドル層の保険料が安いと評判のセゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」と見積もり比較してみます。 被保険者とクルマの諸条件は以下のとおりです。 さらにセコム損保の車両保険には、車両盗難時の追跡費用や引取費用、清掃費用なども自動付帯されるので、盗難被害が気になるプリウスのオーナーなら、一概に高いと思わないでしょう。 また、対人対物の賠償保険と人身傷害をセットにした基本契約では、同じ補償で2000円以上も安くなります。 なお、セコム損保は、ダイレクト損保で唯一の「走行距離制限のない自動車保険」という点も見逃せません。 年間走行距離が5,000kmを上回るという人は、現在の契約更新時に見積もり比較をして、保険料や特約、サービスを比べてみましょう。 自動車保険は見積もり額の単純比較だけではわからない側面もあり、ダイレクトでも複数社の見積もりを比較して検討するのが賢明な選び方です。 保険料の見積もり比較は、当サイトのトップページ中段以降のも参考にご覧下さい。 まとめ:セコム損保の優れている6つのポイント セコム損保は代理店型損保としての補償も備えているため、一般のダイレクト自動車保険とは、かなり中身が違ってきます。 以下の、6つのポイントを考慮した上で、保険料をダイレクト商品と比べてみてください。 かなり安いと感じられるはずです。 また、若い人の車両保険でも免責の設定次第では、他のダイレクト損保以上に安い保険を設計可能です。 特に車両保険は、代理店型の自動車保険にセコム独自のサービスを加えて作られた、他社にはない盗難事故対応に優れた自動車保険になっていることが大きな特徴です。 筆者個人の意見では、免責を上手に活用すれば「車両保険は高い!」 とあきらめている人も高額損害のリスクをカバーすることが可能になる、という点が優れたポイントとして挙げられます。 保険料は、被保険者や車、補償内容など条件が変われば必ず変化します。 自宅からできる手軽な見積もり比較を利用して、他社についても確認をしてから加入手続きを進めましょう。 最近の投稿• カテゴリー• リンク.

次の

セゾン自動車保険「おとなの自動車保険」の4つの特徴とリアル評判

セゾン 自動車保険 安い

【 イーデザイン損保の説明がわかりやすいと回答した14名のユーザボイス】• イーデザイン損保は、HPの最初に新規か契約者の2択があったので、契約したい人からすると率直にわかりやすいと感じた。 新規から進んでみるとすぐに他社で契約しているか否かの2択になるので、手順通りに進めればいいだけなのでわかりやすい。 イーデザイン損保はログインすることなく、重要な情報が一度スクロールしただけで表示されるため、わかりやすいと感じた。 見積をする際のリンクもわかりやすく強調されていた。 また、全体を青色でまとめており、落ち着いた印象が感じられる。 二つの保険会社を比較すると、二台目以降の保険ページへすぐにたどり着けるのが、イーデザイン保険になります。 おすすめ情報として掲載されてあるのでわかりやすかったです。 また、イーデザイン損保は全体的に文字も大きく、一見で探したい箇所がわかります。 セゾン保険も詳しい説明がありますが、細かい部分が多く、探すのが大変だと感じました。 イーデザイン損保は「選ばれる理由その1」とその内容が大きく見出しで記載されていて、保険に詳しくなくてもどのような特徴があるのかわかりやすかった。 セゾン自動車火災のサイトは、大きく見出しがあるが、「選ばれる理由1」のように一言あったほうが大事に点が伝わるのではないかと感じました。 難しい比較でしたが、イーデザイン損保は、全体的に無駄がなくしっかりと要点がまとめられている印象を受けました。 保険というと難しいものというイメージがありますが、専門的な知識がなくとも簡単で理解しやすい内容だなと思いました。 イーデザイン損保は、ホームページ上の文字が大事な所や、大切にしているところが太字になっていたり、各悩みに応じた、ポイントがまとめられていて、自分の場合だとどうしようかなど、ホームページ上ですぐに見つけられる点がよかったです。 セゾン自動車火災の非常にシンプルなだけの構成のHPに比べて、イーデザイン損保のHPはシンプルで見やすい上に、必要な情報がしっかりと書かれています。 自分が欲しい情報を簡単に見つけられそうな印象を持ちました。 トップで出てくる画面の中でセゾン自動車火災の方はクリックで飛ぶ場所が多いなと感じた。 イーデザイン損保はスッキリしていてみやすい。 また文字が大きくてスッキリしている。 セゾン自動車火災は色使いが上手ではないのか見にくく感じてしまった。 イーデザイン損保の方が保険料(割引額など)、迅速対応(セコム駆けつけなど)や、その後の担当者対応などについてのHPでの説明が短い言葉で明確で、図式も色も見易く興味を引くと共に相対的に分かりや易いと感じました。 イーデザイン損保は色分けしてて、字も大きく見えやすい。 グラフや写真でわかりやすく説明。 事故した時の電話はすぐにかけれるように上に電話マークのクリックボタンがあって、素早く対応できるように工夫されているんだなーと思います。 また見積もりから申し込みまでの流れ分かりやすく、すぐに見積もりできて、見積もりしてみようと思います。 自動車保険の専門家の評価で6年連続ナンバーワンという見出しが目を引きました。 また、事故後のお客様対応93. イーデザイン損保が選ばれる理由3点が細かく書いてあり良かったです。 イーデザイン損保は、保険について全く無知で初めて保険会社のホームページを開いた方でも、最初のトップページに知りたい情報が載っているからです。 これを見ると、なんとなく2台目に特別な割合が効くのだろうとイメージが湧きます。 とてもわかりやすいです。 イーデザイン損保は、重要なとこの文字が大きい、太文字になっていて自分の知りたいとこが探し出しやすい。 セゾン自動車火災の方は、私の個人的な意見ですが、赤い背景に黒文字は少しみにくい感じがします。 本当に大事なとこの文字だけを赤くした方がみやすい。 イーデザイン損保の方が、実際事故にあった際どのように対応してくれるのか、どのロードサービスが来てくれるのかなど分かりやすい。 ネット保険でも事案担当者がおり交渉してくれるなど、ネット保険の不安を払拭してくれる。 【 セゾン自動車火災のおとなの自動車保険の説明がわかりやすいと回答した6名のユーザボイス】• セゾン自動車火災は、補償内容や契約に至るまでの流れといった、初歩的なことがすぐに目につきやすく書かれていたので、サイトに初めて訪れた時にもわかりやすいHPだと思います。 また自分の調べたいことだけをすぐに探すことができるのも良いです。 上部にあるバナーの中の項目が少ないから。 イーデザイン損保は選択項目が多いうえに、クリックをしないのにカーソルを動かすだけで次々と項目が変わってしまうのでわかりにくいと感じる。 実際は両ページとも同じデザインだが、セゾンのほうがシンプルに見える。 セゾン自動車火災はインターネット割引10,000円と早割600円(早割50日:始期日の前日から数えて50日前までにご契約を完了)というのが強調して書かれていたので、わかりやすかったです。 また、そのページからそのまま2台目の見積もりに進めるのもスムーズでよいと思いました。 セゾン自動車火災の方が分かりやすいと感じました。 まず、2台目の自動車を新規契約する際に、選択項目として明確に記載がされており直感的にどこを見れば情報を得られるのかが分かりやすいと感じました。 また、個人的に色合いが柔らかく見やすいと感じました。 セゾン自動車火災は、2台目の自動車を新規契約する場合、いくら割引されるのかはっきり書かれていて、ほかの割引と組み合わせて適用できるということが書いてあるのがわかりやすいと感じました。 また、2台目だけでなく、1台目の保険料も割引されるという説明がわかりやすかったからです。 セゾンのホームページは見やすいです。 またALSOKが駆けつけますという文言も入ってるため、事故が起きた時にどういう処理が行われるのかがわかりやすく説明されてました。 拠点数や拠点箇所も書かれてるのでイメージしやすかったです。 【2018年】2台目の新規契約に関する説明がわかりすい保険会社はどっち?イーデザイン損保 VS セゾン自動車火災のおとなの自動車保険 テレビコマーシャルでよく目にする両社ですが、サイトのわかりやすさではイーデザイン損保に軍配があがりました。 情報の提供量が絶妙なのでしょうか。 ユーザはイーデザイン損保のホームページに記載されている文章・情報量が適度と感じられるようです。 【 イーデザイン損保の説明がわかりやすいと回答した12名のユーザボイス】• セゾン自動車火災のTOPページから「2台目」でサイト内検索しても、検索結果が0件になる。 おとなの自動車保険のサイトに入らないと検索されなかった。 また、おとなの自動車保険は2台目割引の説明はあるが、等級制度についての説明にたどり着けなかった。 HPの最初のページに知りたい情報が詰まっているからです。 あちこちページを探す手間もなく、スクロールしていくだけでイーデザイン損保の保険について知ることができます。 検討中の人への案内もしっかりとしてあり、セゾン自動車火災より分かりやすいです。 一つ一つの項目にまとまりがあって読みやすいし分かりやすいです。 トラブルの際にもしっかりとしたサポートをしてもらえそうだなと説明を読み感じました。 注目すべき点も赤文字になっていたりと読む側の理解がより高まるように思いました。 イーデザイン損保の方が、難しい言葉をあまり使うことなく、説明が丁寧に感じました。 具体的な例を提示してより分かりやすくしているところも良かったし、サイトの色使いや文字のフォントや大きさも見やすく工夫させていると思いました。 イーデザイン損保の保険は、事故対応に優れているということが分かりやすかったです。 事故のときに、安心できるから、よい自動車保険だと思いました。 24時間対応も嬉しいサービスです。 困ったときに安心できることがわかりました。 イーデザイン損保は、保険の特徴が3項目を大きく書かれているため確認しやすい。 また事故対応等は、最近外資系でなければ大きな違いがないかと思います。 後半の説明では、保険の加入した事のない人向けの説明もあり分かりやすくなっています。 「他社から乗り換え・20等級・ゴールド免許のAさん」「初めて自動車保険に加入・ブルー免許のBさん」などと、具体例を挙げて金額を示していること。 いちいち面倒な見積りをしなくてもおおよそどのくらいの保険料になるか見当がつく。 イーデザイン損保のほうが重要なところは大文字や赤い文字になっている点がよかったです。 グラフも分かりやすく色分けされているし数字を上手に使っていると思います。 それとお得な点が上手にアピールされたいると思うので他社との比較がしやすいなと思いました。 お見積りページの最初に入力する項目のところで「2台目を契約する場合、割引や特典はありますか?」というよくあるお問い合わせが表示されており、リンクページから「セカンドカー割引」や「2台目以降ご契約キャンペーン」の詳細を知ることができたため。 アイコンの色や大きさデザインが適当であると思います。 顧客側が必要とする情報がピンポイントで表示されていて、次のリンクへも移動しやすいと感じました。 とにかく、無駄が少ないのが強い印象に残ります。 シンプルゆえに使いやすいと感じます。 イーデザインはサイトTOPから人気の理由と会社の経験などが記載してあるので、一目で分かりやすい。 写真やイラストもほどよくあり、簡単な料金明細もすぐに見れるのがよかった。 セゾンの方は、文字ばかりな印象で理解しようとする気が起きなかった。 キーワードを箇条書きに簡潔に表示しているので、スッキリ頭に入りやすく読んでいて疲れないし飽きません。 ちょうど受験に向けた要点まとめノートを読んでいる感覚です。 目に優しいブルーを基調にしているのも好感が持てますし、このカラーから誠実な仕事をしてくれる感じがします。 【 セゾン自動車火災のおとなの自動車保険の説明がわかりやすいと回答した8名のユーザボイス】• イーデザインのほうはダラダラダラダラ説明文が長いのと、実績自慢みたいな感じが大きい。 それに比べてセゾン自動車火災保険はシンプルで老若男女問わずわかりやすいし、ダラダラ感がないので知りたい項目がすぐにわかる。 色使いもオレンジを基本にしてるので見やすいです。 セゾンは保険料の年代による節約の説明表示や、インターネット割引等の金銭的な内容の説明表示があり、保険料を検討する初期段階の情報量が多いと思いました。 見積もりボタンもこちらの方が見やすいです。 また、「お客さまサポートセンター」とその電話番号が画面の中央に大きく表示されているので、初めての利用者の不安感をなくする効果があると思いました。 セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)の方が、イーデザイン損保よりも、具体的に割引額が明示されていてわかり易かったです。 イーデザイン損保では等級が7等級からスタートできると記載されていましたが、どちらがお得なのかよくわかりませんでした。 画面全体がすっきりしています。 イーデザイン損保は説明の文字全てが大きくて、どの部分が重要なのかすぐにはわかりません。 セゾン自動車火災の方は、内容に合わせて字の大きさや色、バックの色などが調整されていて見やすいです。 セゾン自動車火災のおとなの自動車保険は、調べたい項目がボタンにはっきり明記されている。 保険料はいくらか、どんな保障内容か、手続きはどのような流れかがトップページで一望できるので、全体を把握しやすい。 イーデザインは契約「させる」ための宣伝しか印象に残らず、契約後の流れが分からない。 適用条件が3つだけだったので本当にこれだけでいいのか、等級が7等級からスタートした方がいいのかはわかりませんでしたが、説明に関しては難しい専門用語がほとんどなく、2台目以降の保険料が600円割引という単純明快だったのでわかりやすく感じました。 セゾン自動車火災のホームページはあちこちのページに飛ぶことなく、2台目割引のページに割引金額がズバリ記載されているのでとても分かりやすいです。 さらに、インターネット割引10,000円、分割払の場合は年間9,960円等の割引特典も記載されているので安心できます。 車の保険で気になるのがサービスや特典などですが、やはり1番は保険料が気になります。 イーデザイン損保では、保険料のモデルケースが書かれていて一目見て、他社と比べて価格が安く済むのではないかと期待できる点が1番いい所かと思いました。 なので、セゾン自動車火災です。 【2020年】新規でに加入するとすればどっち?イーデザイン損保 VS セゾン自動車火災のおとなの自動車保険 【 イーデザイン損保に契約をすると回答した12名のユーザボイス】• イーデザイン損保は、見積をスムーズに作成することができたため、その後の手続きも問題なく進めることができると感じられた。 また、テレビで流されているCMからも高齢者だけではなく、若年層にも優しい印象を受けていることも選択の際に影響していると思われる。 イーデザイン損保は、契約の際の割引が少しだけ高かったのと、事故の対応の際に選任担当者が対応してくださるので、万が一事故を起こしてしまっても迅速に対応していただけるのではないかと思った。 また提携している修理工場の数も多いので、私のような田舎住みの場合でも安心できると思った。 保険会社をホームページだけを見て決めることなど無いですが、ホームページを見たかぎり、イーデザイン損保は、見やすさであったり、安心できるポイント、自分の置かれた立場で考えると、いろいろなロードサービス、専任の担当者など一度しっかり話を聞いてみたいと思い、選ばさせていただきました。 この2社の比較なら圧倒的にイーデザイン損保だと思います。 単純にHPの印象もありますが、東京海上グループであるイーデザイン損保の方が契約後の安心感を得られると思いました。 もちろんセゾングループも大きな企業ですが、東京海上と比較すると保険業界での歴史が違うなと感じてしまいます。 そういった部分でイーデザイン損保一択だと思います。 自分の中でもよくわかっていないので保険会社はどこも同じように見えるが、イーデザイン損保は、お客様満足度が高いように思われる。 その点はあまり保険会社をしらない自分でも差を感じることができる。 その点を強く強調しているから。 事故時にセゾン自動車火災保険はALSOK隊員が駆け付け、イーデザイン損保はセコム隊員が駆け付けてくれるなど、双方似たようなサービス展開をしている部分がありますが、HPを見た際にその後の説明が担当者を中心とした図式で分かりやすく書いてあり、事故の際には事故直後とその後の対応も大事かと思うのでイーデザイン損保を選びました。 ホームページを見ても分かりやすく、自宅の車をもうすぐ買い替える予定なので、この機会に見積もりしたイーデザイン損保に変えてもいいと思ってます。 今入ってる保険の半額だったのでとっても安いです。 交通事故にあったときにパニックになってしまうと、一番困ると思います。 イーデザイン損保は、事故対応満足度が93. 事故後の対応が一番大事だと思いました。 ホームページの説明がわかりやすいことと、知名度があるからです。 イーデザイン損保はCMが有名で、だいたいどのような会社か想像ができます。 ホームページを見ても、補償内容が一目でわかる仕様になっているので何も知識がなくても保険の内容がわかるからです。 イーデザイン損保のネット申し込みの方が割引額が高い。 普段自転車を乗ることがあるので自転車の保険が着くのは嬉しい。 CMでの印象も良いのでイーデザイン損保を選ぶと思う。 イーデザイン損保は、プランがたくさん出てきたので、選択肢が広いので、必要な補償、必要ではない補償は省くことができると思いました。 また補償に対する金額も書かれていて非常にわかりやすく安心して保険を掛けることができると思いました。 イーデザイン損保を選びます。 自動車保険は、保険料よりも実際に事故が起こった際にどう対応してくれるかが一番重要である。 事故が起こった際の対応が明確、交渉能力が高い、保険金支払いの対応が早い、金払いが良いという点で東京海上グループが一番優れている。 【 セゾン自動車火災のおとなの自動車保険に契約をすると回答した8名のユーザボイス】• イーデザイン損保の方がわかりやすく進めやすかったが、最終的に出てきた見積もりがセゾン自動車火災の方が安かったため。 個人的には保険の見積もりかパッとでるからと言って、高くても契約しようとまでは思わない。 サイトの第一印象ではイーデザイン損保を選びました。 理由はトップ画面のデザインが見やすくブルーカラーが基調で信頼感が持てたからです。 実際に保険の見積もりをしたところ、セゾン自動車火災の方が手順や操作がわかりやすく、時間もさほど掛からず迷いませんでした。 補償内容はどちらも遜色ありませんが、実際にお願いする場合は、ネット環境で簡単に解決できるセゾン自動車火災を選択いたします。 甲乙つけがたく悩みましたが、『おとなの自動車保険』という点で、年齢ごとのメリットを考えると、よりこちらの保険の方が自分の求める内容に沿っているかなと思いました。 セゾン自動車火災の方が、選べる補償内容で満足のいく契約ができそうです。 セゾン自動車火災は、もともとテレビでのCMを何度か目にしていたことがある保険会社でした。 そのため最初から、信頼性と安心感がイーデザイン損保よりも高かったのが一番の理由ですし、サイトの雰囲気もわかりやすい仕様なので良いです。 セゾン自動車火災は、サイトが見やすいのと理解がしやすいと感じられるから。 同じことを言ってはいるが、やはり情報量が多いと、初めて保険を契約するにしてはややこしくて選択自体が難しく感じる。 なるべくシンプルなほうが契約に進みやすい。 セゾン自動車火災ならSOMPOグループで、しかも100万件以上の契約件数があるので、安心して申し込めると感じました。 また、LINEでやり取りできるようなので、困ったときにすぐに連絡できて、便利だと思いました。 同じ条件で契約の見積もりを取得した時に、セゾン自動車火災の方が、金額が約2万円ほど安かったのが一番の理由となります。 また、シミュレーションの選択肢も直感的に選択することが出来て分かりやすかったです。 ただ、選択肢と画面遷移が多かったため時間が多少かかってしまうのはどうかな?と感じました。 保険料の安さからセゾン自動車火災を選びました。 補償内容を自由に選べてその都度見積金額を表示してくれること、保険料の内訳がより分かりやすかったです。 また10,000円のインターネット割引があったことなどが選んだ理由です。 【2018年】新規でに加入するとすればどっち?イーデザイン損保 VS セゾン自動車火災のおとなの自動車保険 お客さまの声の中に、保険料が安いからセゾン自動車火災のおとなの自動車保険にするだろうという声がありましたが、それでも東京海上というブランド力の強さでしょうか。 イーデザイン損保に軍配があがりました。。 【 イーデザイン損保に契約をすると回答した11名のユーザボイス】• イーデザイン損保の方が保険内容がすんなりと頭に入ってきたからです。 HPも分かりやすいので、対応もしっかりしていそうな印象を受けました。 また、セゾン自動車火災はHPを見ていると、40代や50代などをメインにしている印象が強く自分には合わないと思いました。 セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)は40代、50代におすすめと書いてあるようにあまり興味を引かれることがなかったです。 イーデザイン損保は内容も分かりやすく、実際にトラブルが起こった際の対応も手厚いように感じました。 セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)より、イーデザイン損保の方が会社としての強みやサービス内容についてより具体的、かつわかりやすく記載されており、安心して任せられそうに感じました。 最大手である東京海上グループであるという点も魅力に感じました。 イーデザイン損保は、インターネット割引や早期契約割引が充実しているところが魅力的に思いました。 また、自動車保険に契約中に無事故であれば、無事故割引があるところも良いと感じました。 年間走行距離があまりない私にとってはイーデザイン損保の方が合っていると思いました。 事故対応や、ロードサービスが24時間、365日やっているから、いつ事故がおきても安心できてよいなーと思いました。 しっかりサポートしてくれそうな保険だと思いました。 また、ホームページも分かりやすかったです。 まず見積もりがとりやすい、さらにもらい事故のときでも安心な弁護士費用等保証保険がつく点、車に乗る人間が一人だけなので親とあわせた保険が必要ない点、最短翌日から保険適用される点などがよかった。 相手のセゾンはホームページだけで保証内容ぎわかりづらいのでイーデザイン損保を選びました。 顧客満足度・専門家からの評価のどちらも高く、事故対応満足度も93%と非常に高い評価を受けているため。 保険会社を選ぶにあたり、口コミや評判を重視したいと考えているので、ランキングや数値として目で見て結果がわかる点が大きいです。 「これが知りたい」「こんな時はどうすれば良いのか」がホームページを見るだけでほとんど解決できるような気がしました。 大まかな説明はホームページで確認でき、さらに必要な情報はフリーダイヤルなどの番号が記載されており、情報に辿り着くまでの時間が短いと思いました。 最初の分かりやすいという印象から、その後も情報が頭にすんなりと入ってくる気がして、スムーズに入力を進めることができた。 見積の時間は短いほど楽だが、入力する情報が多い方が、見積もりが正確になるような気がします。 顧客満足度の高さが1番決め手になるかなと思います。 料金やサービス諸々を含めての満足度だと思えるので、信頼出来ると思います。 個人的にはセコム事故現場急行サービスは、セコムの規模を知っているだけに不安な時にとても心強い味方になってくれると感じています。 私のネット環境で問題なく見積もりが取れたのは大きいです。 共通の見積内容から3パターンの料金が出てきてそこから選べるのも親切です。 決して高くなく、東京海上グループというのも安心して申し込めます。 事故の時の対応もしっかりして便利そうです。 【 セゾン自動車火災のおとなの自動車保険に契約をすると回答した9名のユーザボイス】• 見積もりの操作自体は、イーデザイン損保のほうが使いやすく、見積もりも3パタン出てきて良かったが、保険料がセゾン自動車火災のほうが安かったので、セゾン自動車火災を選びました。 イーデザインの年齢区分は、26歳以上で選択しているためのに高めに出たのかもしれないが、別居未婚の子をカバーしたかったので仕方ない。 簡単で親切、わかりやすい。 目が悪い私でも簡単に操作できました。 サイト自体もダラダラ感がないのと、サクサク入力できてイーデザインより早く見積もりが出来ました。 結局は値段なんでしょうけど、あんまり変わらないと思いセゾン自動車火災保険にしました。 セゾン自動車火災について、見積もりに必要な項目を入力するときに、自動車の型式で検索機能を使ったのでイーデザイン損保より時間がかかりましたたが、入力しやすかったです。 保険契約者の目線かつ立場に立った保険内容と対応があるという印象が、HPから伝わってきました。 安心感がありました。 HPが全体的に見やすいので調べたいことがすぐわかります。 見積もりに関してもイーデザイン損保の方は入力項目が多くかなりの手間を要します。 セゾン自動車火災は簡潔でわかりやすいです。 次の画面にロードするのもそれほど時間がかかりません。 保険契約の内容は、ある程度大規模な会社であればどこの保険会社でも大きく変わらないだろう。 それならWebページが見やすい方が手早い。 セゾン自動車火災は情報を探しやすく、好印象。 必要な項目ごとに見やすいアイコンが設けられており便利。 金額が安い事です。 各種サービス(事故対応、ロードサービス等)は、他社も大きな違いはないと判断しました。 またイーデザイン損保の見積もり入力欄で車種の型番を入れる際に手間取りました(自分が要領がわるいのか?質問内容が分かりずらかったのか?)• 家の車は若い人が運転しないので、大人に特化した保険の方が保険料が安くなる印象があるし、保障内容ももちろん大事なのだけれど、経済的にあまり余裕がなく、保険料が高いのはつらいので、少しでも安い方を選びたいと思いました。 結果が出たときに説明が出ているのとトータル保険料だけでなく保険料の内訳が細かく載っているのが自分で設計し直すことができるし、納得感があるのがいいと思いました。 他社と比較したときにどこが違うのかも参考にしやすいです。 イーデザイン損保は早割や証券不要割引が500円なのに対し、セゾン自動車火災のほうは早割や証券不要割引が600円と割引率が高いからお得なイメージがあります。 顧客満足度調査でも複数の1位を獲得しているので満足できそうです。 ユーザボイスの調査方法について 本調査は2020年4月ならびに2018年5月にWEBを通じてそれぞれ20名の方に対して調査依頼したものです。 あくまでも調査に協力いただいた方の1意見としてご活用いただければと思います。

次の