上 高地 散策 ルート。 上高地園路内マップ

①上高地日帰り散策モデルコース紹介!!【大正池~田代池~田代橋・穂高橋】編

上 高地 散策 ルート

去年初めて上高地に行き、今年も行こうと考えています。 去年上高地で1泊・高山で1泊したのですが、今年は2泊しようと思います。 入門コース 大正池~河童橋の区間しか行ってないので、 今回は明神橋の方へ行く予定をしてますが、2日間まるまるいてるので少し時間が余るかなと考えています。 1日目のお昼に着き3日目の昼前には出ようと思ってます。 できれば徳沢の方へ行ってみたいのですが、日常の生活で運動などする事もなく車・電車の生活です。 こんな者が徳沢の方へ行くのは無理でしょうか? 長々と書きましたが教えて頂きたいのは 1. 徳沢まで普段歩いてないものが行けますか? 2.行けるとして用意はなにが必要ですか?6月頃です。 3.その他2泊3日用のお勧めルートまたは過ごし方はありますか? 上高地に一度、1泊2日で行きました。 小学校の遠足での山登り以来?で、山登りもトレッキングもまったくの初心者です^^; そのときは、【新村橋】まで行ってます。 大正池や明神池の朝は必見!新村橋に向かう川沿いで、野生のサルの集団にも遭遇! 徳沢園までというのであれば、トレッキング程度で十分かと思います。 行ったときも日帰り観光?ぽい軽装の観光客の方もチラホラいましたから。 2泊3日ならば、私たちが見ていないような場所も、いろいろ楽しめるのではないでしょうか? あとは、詳しい方の書き込みを参照してください^^ Q 上高地・松本・安曇野2泊3日旅行(所要時間・おすすめコース) 20前半(女)です。 三連休で急遽、上高地に一人で上高地に行くことにしました。 1日目は松本、2日目は穂高で宿をとりました。 時間があれば、観光。 1)上高地は丸一日かかるのか。 温泉に寄っている余裕は? 戻って松本観光に当てたほうがいい? 2)松本・安曇野合わせて2日目で足りるのでは? 3)松本の一人夕食でオススメなところはありますか? 4)3日目は17時には高尾に着きたい。 中央本線はあずさを使わずあえて各駅に乗る趣はあるか? 以上、まとまっていなくて申し訳ないのですが、アドバイスをお願いできますでしょうか。 駆け足というよりは、寄り道できるような計画をたてたいと思います。 (明日出発ですが・・・;) 上高地・松本・安曇野2泊3日旅行(所要時間・おすすめコース) 20前半(女)です。 三連休で急遽、上高地に一人で上高地に行くことにしました。 1日目は松本、2日目は穂高で宿をとりました。 時間があれば、観光。 A ベストアンサー 上高地だけで24時間いるとなると、 よほど大自然の中でまったりとするのが 好きな人でない限りちょっと退屈すると思います。 日帰りの方にお勧めするのは それぞれ河童橋から往復2時間程度の 大正池と明神池までの往復ですが、 2日間だとそれでも間が持ちません。 ですから、初日は大正池への 往復に留めて、旅の疲れをゆっくりと癒されるとよいでしょう。 大正池からは焼岳の噴火で堰き止められて、今も 土砂の流出で小さくなってきている大正池と 焼岳と、山手に大きな屏風状の岸壁となっている 穂高岳の姿を楽しめます。 綺麗に整備された木道を歩きます。 二日目は早朝食事の前だいたい6時から7時くらいの 間に河童橋から小梨平当たりの散策を楽しんでください。 朝霧がでているととても幻想的な風景を楽しめます。 食事をしたら、明神池から徳沢園までの散策はどうでしょう。 往復で4時間ほどになるので休憩や昼食をするとなると 朝食や出発もやや早めに済ますことになります。 明神池までは行きは左岸、帰りは右岸と経路を変えるとよいです。 左岸はジープの走れる登山者の多い林道で、 右岸は樹林の中の木道など整備された遊歩道です。 明神から徳沢までは左岸の林道を行きます。 徳沢園は新田次郎の山岳小説氷壁の舞台になったところで、 狭いV字谷となった峡谷のなかに忽然と緑の芝生の広場が 広がり、登山客がテントなどを張っています。 kamikochi. kamikochi. よそのホテルの日帰り温泉などを楽しんでもいいかも。 遊歩道も含めてオフィシャルサイトが詳しいです。 kamikochi. 朝方は特に冷え込みますので薄での長袖シャツでも やや肌寒く感じくらいですが、 てくてく歩くとちょうどよいくらいになりますので、 荷物に余裕があるなら、薄手のヤッケやウインドブレーカーの ようなものがあるとベストでしょう。 下は伸縮性のあるズボンが歩きやすく一番です。 靴は履きなれた歩きやすいスニーカーでよいでしょう。 上高地だけで24時間いるとなると、 よほど大自然の中でまったりとするのが 好きな人でない限りちょっと退屈すると思います。 日帰りの方にお勧めするのは それぞれ河童橋から往復2時間程度の 大正池と明神池までの往復ですが、 2日間だとそれでも間が持ちません。 ですから、初日は大正池への 往復に留めて、旅の疲れをゆっくりと癒されるとよいでしょう。 大正池からは焼岳の噴火で堰き止められて、今も 土砂の流出で小さくなってきている大正池と 焼岳と、山手に大きな屏風状の岸壁となっている 穂高岳の... Q 9-10月に2泊3日で国内旅行をと思って、友人に上高地を勧められたのですが、旅行会社のツアーだとほとんど上高地以外の立山黒部アルペンルートとか、高山などとセットになってて上高地に滞在する時間があまりないように感じます。 その辺りは初めてなので、いろいろ見てみたい気持ちもあるけど、あまり丈夫な方ではないので上高地とアルペンルートの両方をまわるのは不安です。 それで上高地だけをゆっくりみてまわるとしたら、丸一日滞在しても楽しめますか?(景色を一日中見るだけでも嬉しいのですが) それと、どのツアーもアルペンルートに一日時間を割くのは、それだけ時間をかけるだけの価値があるすばらしい場所なのでしょうか?だったら、そちらも行きたい気もします。 (欲張りでスミマセン) どなたか、行かれた事のある方、宜しくお願いします。 A ベストアンサー 確かに旅行会社のツァーは上高地とアルペンルートの組み合わせがほとんどですよね。 上高地は先の回答者の方々のいう通り、素晴らしいところですし、自然の中でたたずんだり散策することが好きな人ならば、ハイキング用の靴を持っていけば丸一日どころか何日でも楽しめます。 おそらく旅行会社のツァーですと、バス駐車場から河童橋までの往復だけだと思いますが、その奥にも楽しめる場所がありますから・・ で、アルペンルートに関してですが「どのツアーもアルペンルートに一日時間を割く」理由はこのルートを単に通過するだけでもほぼ一日かかるからです。 それをツァー客優先と言うことで優先的に乗れますがそれでもまるまる一日近くかかり、ただひたすらに行程を前に前にと進むだけという感じです。 室堂でも美女平でもじっくりと散策したいところは沢山ありますが・・ 私の見解では、アルペンルート自体通過するのに最低2日はかけて(途中、弥陀ヶ原か室堂かで宿泊する)素晴らしい景観を楽しむべきでしょう。 下の参考URLをご覧になってください。 結論的に言いますと、2泊3日の行程でしたら、上高地かアルペンルートのどちらかに絞るべきで、旅行会社のツァーではなくて、個人旅行として旅行会社に手配を頼む方が良いでしょう。 ただし、ツァーよりも少しお金が余分にかかりますし、時間もかかりますが、それだけの価値はあると思います。 alpen-route. html 確かに旅行会社のツァーは上高地とアルペンルートの組み合わせがほとんどですよね。 上高地は先の回答者の方々のいう通り、素晴らしいところですし、自然の中でたたずんだり散策することが好きな人ならば、ハイキング用の靴を持っていけば丸一日どころか何日でも楽しめます。 おそらく旅行会社のツァーですと、バス駐車場から河童橋までの往復だけだと思いますが、その奥にも楽しめる場所がありますから・・ で、アルペンルートに関してですが「どのツアーもアルペンルートに一日時間を割く」理由はこのルー... A ベストアンサー さすがに8月じゃ雪はないですよ 汗 新緑+残雪を見たいなら一般的に5月の半ばくらいかな? 5月後半以降だと新緑は良いと思うけど雪は少ないし、逆に4月半ば以前だと雪はあっても あっちはまだ冬?なので 新緑じゃないと思う さらに天候とかも加えればポスターのような景色が拝めるのは年間でも数日ですね つまり何が言いたいかって言うと日々刻々と変化しているので行くのが一週間違うだけでも全然違うって事です こればっかりは自然が相手なのでどうしようもありません 年によってもベストな日ってのはズレますし 今はネットで状況を配信しているサイトが公私とも多くあるので直前まで現地の様子をこまめにモニタして"ここだ"と言う日を探すしかないと思いますヨ もしただ単に雪の掛かった山が見たいのなら今から行くと良いかも知れません まだちょっと早いかな? 10月末あたりになると乗鞍の頂上付近は雪、下の方は紅葉と言うこれまた趣のある景色が拝めますよ 日程が新緑以上にシビアだと思うケド… P. 私は今晩出発して13~14日に掛けて立山に行ってくるつもりです 乗鞍付近は行きも帰りも夜の通過になっちゃうと思いますが宜しければ帰ってきてから報告しますヨ さすがに8月じゃ雪はないですよ 汗 新緑+残雪を見たいなら一般的に5月の半ばくらいかな? 5月後半以降だと新緑は良いと思うけど雪は少ないし、逆に4月半ば以前だと雪はあっても あっちはまだ冬?なので 新緑じゃないと思う さらに天候とかも加えればポスターのような景色が拝めるのは年間でも数日ですね つまり何が言いたいかって言うと日々刻々と変化しているので行くのが一週間違うだけでも全然違うって事です こればっかりは自然が相手なのでどうしようもありません 年によってもベストな日って... Q 上高地に来週行く予定なのですが、夜行バス(さわやか信州号)を使って行くため、 終点の上高地バスターミナルに到着するのは朝6時頃です。 早朝に食事のできる場所、お勧めの散策ルートがありましたらアドバイスをよろしくお願いします。 夕方の3時~4時頃に宿泊する宿がある沢渡に戻る予定です。 A ベストアンサー 上高地食堂が、05:30よりOPENしています。 やはり槍・穂高への登山基地ですから朝は早いです。 HOTEL以外のその他の食堂も7時頃よりOPENしているようです。 でもせっかくだから、コンビニのおにぎり弁当でもいいので、雄大な穂高連峰を見ながら梓川のほとりで食べる方が美味しいですよ! 驚くなかれ夏の上高地は日の出前の早朝から信じられないぐらい人がいます。 (殆どが登山者と風景写真愛好家とキャンパー) バスは絶対に大正池で降りてください!知らないで上高地から大正池まで歩いてバスに乗ろうとする人がいますが、満席で乗れません。 上高地に限らず、観光地のバス利用は、必ず始発地から乗ることです。 少しでもバス代をケチろうとして、最も観光地に近い駐車場に車を止めてバスに乗ろうというのが人情でしょうが、大抵満席で乗れないか、補助席です。 でものんびり歩いても8時前には付いてしまうので、朝食をした後、ビジターセンターを見学後、明神池(片道1時間)への散策も定番です。 さらに時間があれば、徳沢園(片道一時間)まで散策も良いでしょう。 徳沢園は昔の牧場跡にホテルとキャンプ場があるたいへんのどかな所です。 明神池では嘉門次小屋のイワナの塩焼きが定番です。 明神池から上高地への往路は、梓川の対岸の道(来た道と別の道)を通ると違う風景を楽しめます。 (木道は、基本的には右側通行です) ハイシーズンの上高地で一番憂鬱なのが帰りのバスです。 サワンドまでなら、人数次第ではタクシーがお奨めです。 せっかくの楽しい旅行、毎日利用するわけでもないので、数千円の差ならタクシーがいいと思います。 上高地は素晴らしいところです。 また来たくなることでしょう。 そしてさらに奥の涸沢カールや穂高岳や槍ガ岳周辺を知ってしまい、それらに近づこうものならやみつきになってしまいますので気をつけてください。 当方も上高地へまだマイカーで入れる頃よりの病みつき者です。 *初心者ということなので注意しておきますが、魚を含めた動物には絶対にエサをあげないでください!上高地は国立公園内です。 mapple. htm 上高地食堂が、05:30よりOPENしています。 やはり槍・穂高への登山基地ですから朝は早いです。 HOTEL以外のその他の食堂も7時頃よりOPENしているようです。 でもせっかくだから、コンビニのおにぎり弁当でもいいので、雄大な穂高連峰を見ながら梓川のほとりで食べる方が美味しいですよ! 驚くなかれ夏の上高地は日の出前の早朝から信じられないぐらい人がいます。 (殆どが登山者と風景写真愛好家とキャンパー) バスは絶対に大正池で降りてください!知らないで上高地から大正池まで歩いてバスに乗ろうとする人... A ベストアンサー 上高地バス停から新穂高ロープウェイまでバスで行けます。 途中、平湯で乗り換えます。 1時間ぐらいかかります。 ロープウェイは9月は大して込まないと思います。 夏休み期間中か10月の紅葉時期は込みます。 とは言っても、乗るまでに、20分ぐらいは待ちます。 ロープウエイも途中で乗り換えがありますので、そこで又、待たされます。 ここで20分、込む場合は1時間待たされます。 上まで行くと、展望台からすばらしい景色が見られます。 駅の周辺も散策できます。 山の峰を歩いて、西穂高山荘に行くことができますが3時間ぐらいかかります。 途中景色のよい場所は何カ所かあります。 ロープウエイを降りたら日帰り温泉に入るぐらいでしょうか。 山の中ですから。 okuhi. html A ベストアンサー 安曇野で美術館巡りがお勧めです。 その中でも個人的に好きな所はアートヒルズです。 実際にガラスアートの体験が出来て雨でも心配なく遊べます。 お昼はイタリアンのレストランが建物内にあり昼食も困らないので安心ですよ。 またちょっと散歩がてら大熊美術館まで足を延ばしては如何でしょうか!!そこの美術館のメインはロイヤルイヤープレートのロイヤルコペンハーゲンの絵皿が見られます。 自分の生まれた年代のプレートを探すのも面白いですよ!その後敷地内に併設してあるおしゃれな建物でtea timeされてもGOODです。 注文した飲み物もロイヤルコペンハーゲンの器で出されリッチな味わいです。 店内のBGMもジャズでお洒落でした。 雨だったら是非立ち寄ってみては如何でしょうか!! Q こんばんわ。 質問させて頂きます。 (過去ログも目を通させて頂きました。 重複する質問もありますが、再度教えていただければ幸いです。 ) 来週末 長野に一泊二日の旅行を行こうと思います。 モデルコースを教えていただければ幸いです。 条件・希望 1、お昼前に関越 埼玉(川越IC)を出発する予定です。 2、帰りは、遅くとも帰途につく時間は夕方前を希望します。 3、温泉(できれば草津。 ) 4、善光寺を見たいです。 (その他、有名観光地) 5、なるべく、はやめに宿でゆっくりしたいです。 (こうなると、一日目は移動だけで終わるかな??) よろしくお願い致します。 また、善光寺も見つつ、松本城も というのは、地理的に大変なのでしょうか? 懐古園は抑えるべきスポットなのでしょうか?ここで初めて知った場所なので、いまいち、その有名度?がわかりません。 また、宿泊は特に長野にはこだわりません。 群馬で一泊してから、二日目に長野で観光でもかまいません。 最近 こちらに超してきたので、いまいち土地感覚が無く、ご迷惑おかけします。 思いつきなのですが、たとえば草津で一泊してから、二日目に長野観光では日程的にきついのでしょうか? ながながと駄文を書いてしまい申し訳ありません。 それでは よろしくお願い致します。 こんばんわ。 質問させて頂きます。 (過去ログも目を通させて頂きました。 重複する質問もありますが、再度教えていただければ幸いです。 ) 来週末 長野に一泊二日の旅行を行こうと思います。 モデルコースを教えていただければ幸いです。 条件・希望 1、お昼前に関越 埼玉(川越IC)を出発する予定です。 2、帰りは、遅くとも帰途につく時間は夕方前を希望します。 3、温泉(できれば草津。 ) 4、善光寺を... A ベストアンサー 草津温泉をはずしますので,自信なしにします。 (気に入ってもらえないかもしれませんので・・・) 「牛に引かれて善光寺参り」と言う言葉があるのはご存じですか? この話の出発点である「布引観音」が,懐古園の裏側にあります。 たぶん,懐古園の展望台から見えると思いますよ。 懐古園自体は,桜が咲いている時季でしたらお勧めですが,ちょっと時季をはずしていると思いますので,強くはお勧めしません。 ただ,島崎藤村に興味があるのでしたら,藤村記念館には是非行ってみてください。 (懐古園の中です) なお,懐古園に行くには,車のようですので,地図,または,カーナビが必要になると思います。 (小諸駅のすぐ裏側なんですがねぇ・・・) 懐古園や藤村記念館,布引観音などは,下記サイトを参照してください。 kanko. komoro. html 「みどころ情報」をクリックしますと,出てきます。 そのあとは,牛に引かれて・・・とまさしくその言葉どおりのスピード(牛車ではないんですよねぇ・・・ふふふふふふ・・・)で善光寺にお参りに行きましょう。 駐車場は,善光寺さんの裏手にあります。 善光寺さんでは,是非,「戒壇めぐり」を体験してみてください。 ただし,奥様の手をしっかり握って巡ること。 そうしませんと,何が起こっても知りませんよぉ・・・。 zenkoji. このあと,宿に向かうのですが,一応,お勧めは,上山田温泉,別所温泉,鹿教湯(かけゆ)温泉です。 avis. bessyo. kakeyu. これらの温泉地をお勧めするのは,翌日,松本城を観光するためです。 ご希望の草津温泉ですと,どのようにコース設定しても,善光寺さんと松本城の両方を観光するというのは,絶対に無理なんですよ。 なお,上記の温泉に移動する際は,出来ましたら,国道18号線の対岸(千曲川)を通る県道を利用するようにしてください。 翌日は,宿を出発したあと,国道254号線に入り,「三才山トンネル」(確か,まだ,有料だったように思います:520円だったかな?)を通って,松本入りし,松本城を見学します。 松本城は,ただ,天守閣の最上階に上るのではなく,各階にいろいろと資料(刀剣や鉄砲など)が置かれていますので,少し時間をかけて見学して欲しいと思います。 (まぁ,興味がなければ,それまでですが・・・) あっ,場内は,所々天井が低いところもありますので,頭をぶつけないように気をつけてくださいね。 city. matsumoto. nagano. HTM このあと,もし,時間があれば,諏訪大社や諏訪湖にまわるのも良いと思います。 諏訪湖でのお勧めは,上諏訪温泉内にある「足湯」(無料)です。 諏訪湖畔にあり,諏訪湖を一望出来ます。 ただ,ちょっと問題があって,まぁ,たぶん,私だけかもしれませんが,あまりにのんびりし過ぎて,時間を忘れてしまうことがあるのです。 mapfan. cgi? 1N36. 諏訪大社ですが,まず,上社と下社が一つになって諏訪大社と言います。 上社は前宮と本宮があり,下社は春宮と秋宮があります。 寄りやすいのは,上社本宮と下社秋宮だと思います。 諏訪大社と言いますと,「御柱祭」が有名です。 実は,今年がそうなのですが,祭りの日程上,今は静かなものです。 なお,上社本宮からほど近くには「諏訪ガラスの里」が,下社秋宮のすぐ近くには「諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館」などがありますので,時間が許せば寄ってみるのも良いと思います。 town. shimosuwa. nagano. htm 基本的に,長野県内の観光は,1日1~2箇所だと思います。 午前中に1箇所,午後に1箇所という具合でしょう。 それと,出来ましたら,10万分の1地図,または,それに相当するカーナビを用意してくださいね。 迷子になると,観光する時間が少なくなってしまいますから・・・。 では,事故のないように,楽しんできてください。 草津温泉をはずしますので,自信なしにします。 (気に入ってもらえないかもしれませんので・・・) 「牛に引かれて善光寺参り」と言う言葉があるのはご存じですか? この話の出発点である「布引観音」が,懐古園の裏側にあります。 たぶん,懐古園の展望台から見えると思いますよ。 懐古園自体は,桜が咲いている時季でしたらお勧めですが,ちょっと時季をはずしていると思いますので,強くはお勧めしません。 ただ,島崎藤村に興味があるのでしたら,藤村記念館には是非行ってみてください。 (懐古園の中...

次の

2泊3日の上高地のお勧めルート

上 高地 散策 ルート

9km 最大標高差:21m コース地図 大正池ホテル 大正池の前に建つ大正池ホテルでシャトルバスを降ります。 ホテルの脇を入り1分ほど下った所に大正池があります。 大正池 大正池と穂高岳。 風の無い日には湖面に穂高岳が綺麗に写り込み絶好の撮影ポイントになっています。 中央部の高い所が、左手が、右手は明神岳とその奥にがあります。 大正池では手漕ぎボートのレンタルがあります。 大正池の透明度と山岳景観は感動ものです。 貸し出しの場所は大正池ホテルで30分800円です。 大正池と焼岳 大正池の直ぐ左手には噴煙を上げる焼岳が見えます。 は北アルプスにおいて唯一の活火山で、山頂部が白く見えるのは火山灰によるものです。 ここから見る焼岳の左手稜線のちょうど裏辺りに多くのナナカマド自生する場所があり、9月下旬から10月上旬にかけてが見られます。 もちろん登山をしないとダメですが。 自然研究路 大正池に沿って桟道の自然研究路が設けられています。 中千丈沢押し出し 桟道の歩きややすい道が終わり、大正池の北側の一角に出ます。 東側から押し出された土砂が堆積した場所です。 大正池は大正4年(1915年)に焼岳の噴火で梓川がせき止められて出来た湖です。 写真の様に土砂が流れ込み、年々面積が縮小していると言われています。 大正池が出来た当時は現在の4倍の大きさがあったと言います。 この景観を保つために毎年しゅんせつ工事が行われていますが、それでも消滅してしまう可能性が高いと言います。 池の中の立ち枯れが幻想的で、水面には焼岳が映っています。 この枯れ木も年々減少していると言われています。 ダケカンバやカラマツの林の中を抜ける ダケカンバやカラマツの林の中を抜ければ田代湿原です。 田代湿原 田代湿原。 湿原と言っても池塘などは見られず、低草木が生えているのみです。 ここの右手1分ほど歩いた所に田代池があります。 田代池 田代池。 焼岳の噴火による噴出物が霞沢岳からの伏流水をせき止めて誕生した池。 水の流れもあり水深も浅いため池というより川と言った方がしっくりきます。 というのも面積は次第に縮小していて、特に昭和50年の豪雨で池の半分が土砂に埋まってしまったためです。 自然研究路は田代湿原の先で梓川コースと林間コースに分岐しますが、田代橋手前で再び合流するので、今回は、梓川コースを辿ります。 梓川コース 梓川の左岸(右手側)に沿って梓川コースの木道を歩きます。 河原からマガモや岩魚の泳ぐ姿を見ることが出来るかも。 この先で右手側から林間コースを合わせるとコースの中間地点・田代橋です。 田代橋 田代橋では右岸コースと左岸コースに分れます。 左岸(右手側)コースは、中の瀬園地から上高地バスターミナルの脇を抜けて河童橋へ続くルートです。 今回は、田代橋を渡って梓川の右岸(左手側)へ出ます。 梓川の中州を挟んで田代橋と穂高橋の二つの橋が並んでいます。 田代橋から穂高岳を望む 田代橋から撮影。 中央の吊尾根で結ばれた奥穂高岳(左手ピーク)と前穂高岳(右手ピーク)。 穂高岳を源流とする梓川が大きく蛇行しながら上高地の中を流れています。 梓川の右岸に建つオレンジ色の建物が、白い建物がです。 上高地温泉ホテルは湯量豊富な源泉掛け流しの温泉が魅力です。 英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑) 英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑)。 日本の山を世界に紹介した功績で設置されたレリーフ。 毎年6月第1日曜日にはレリーフ前のウェストン園地でウェストン祭が開催されます。 上高地アルペンホテル では日帰り入浴 温泉ではありません)ができます。 コーヒーのセルフサービスが格安の値段であります。 上高地アルペンホテルを過ぎると順に梓川沿いに、、ホテル白樺荘があり、河童橋を渡ってなどの宿泊施設が集中しています。 カフェテリア・トワサンク 五千尺ホテルの姉妹館・山の旅舎五千尺ロッジの右隣にある。 信州産完熟ふじりんごを100%使用したアップルパイ。 色とりどりのケーキメニュー。 昼食や夕食の各種メニューが取りそろえられています。 天気の良い日にはテラス席がお薦めです。 ホテル白樺荘 河童橋が目の前にある好立地のです。 オープンカフェもあるレストラン小梨では、食事だけでなく喫茶メニューもあり、気楽に立ち寄れるのが魅力です。 ホテルのロビーの一角にあるロビーカフェ ル・ブランはケーブルが4卓のこぢんまりとした空間。 ジャンボモンブラン、ホットアップルパイ、英国紅茶などが人気です。 上高地白樺自然学校では公認ガイドによる60分の上高地ネイチャーガイドが行われています。 1日4回実施され大人1000円です。 河童橋 梓川の上流に穂高連峰、下流に焼岳を望める上高地を代表する景観で、芥川龍之介の「河童」の舞台になった場所です。 河童橋周辺にはお土産店、レストラン、カフェなどが集中して上高地観光の拠点です。 「上高地」の名称は本来「神垣内」の表記し、穂高神社の御祭神である穂高見神(ほたかみのかみ)が穂高岳山に降臨したと伝えられ、その山腹に当たる上高地も、神が降り立つ神域であったことを意味しています。 上高地バスターミナル 上高地バスターミナルは、上高地観光の拠点になる場所で、インフォメーションセンター、上高地観光センター、上高地郵便局、上高地診療所、上高地ビジターセンター、売店、食堂など周囲に備わっています。 上高地バスターミナルから大正池へ向かう逆コースでは、大正池でバスに乗れないことがあります。 特に観光客の多い日には、上高地バスターミナルでバスに乗ることをお薦めします。 8km 最大標高差:22m コース地図 河童橋から梓川の右岸(左手側)に沿って明神を目指す 河童橋から出発し、梓川の右岸(左手側)に沿って明神を目指します。 河童橋から先は入る人もガクンと減り、比較的静かな雰囲気を楽しめます。 清流や湿原もあり、明神岳や六百山の姿も間近に望めます。 梓川の流れの先に聳える穂高岳。 岳沢湿原の木道を歩く 左手に前穂高岳登山道入口を見送り、岳沢湿原の中に延びる木道を歩きます。 ちょうど真正面に奥穂高岳が見えています。 岳沢湿原の向こうに六百山 岳沢湿原の清流の中に沢山のイワナが泳いでいます。 六百山もよく見えます。 六百山から右手に稜線を辿るとです。 岳沢湿原の展望所 岳沢湿原の中で最も綺麗な場所です。 展望案内板が設置されて山の名前が分るようになっています。 岳沢湿原は河童橋から10分ほどのところにある広さ0. 右手に梓川を見ながら小さなアップダウンを繰り返す 小さくアップダウンを繰り返しながら、右手に梓川を見ながら階段などがある木道を進みます。 左手上方に明神岳が見え出す 左手に明神岳が見え出すと小さなアップダウンは終わり、木道は平坦となり清流の中を進みます。 梓川の右岸に出る 再び梓川の右岸に出ると前方に明神橋が見えて来ます。 明神橋の少し手前で左に90度折れると、明神池に進む参道です。 参道の鳥居をくぐり明神池へ 参道の鳥居をくぐれば直ぐに左手に嘉門次小屋が見えてきます。 上條嘉門次レリーフ 嘉門次小屋の前に設置されています。 上條嘉門次は、上高地一帯を猟場とする猟師でしたが、その経験をもとに山岳ガイドも行っていました。 イギリスの宣教師で登山家でもあったウォルター・ウェストンが前穂高岳や奥穂高岳に登った際にガイドをし、後に出版した彼の著書「日本アルプスの登山と探検」では、「ミスターカモンジ」と呼び、高い信頼を置いていたと書いています。 ウェストンの山案内をしたことで山岳ガイドとして名を馳せ、現在の嘉門次小屋の前身となる小屋を建てたりもしました。 嘉門次小屋 は昔風の山小屋で風情にあふれ、小屋の前にはいくつもの木製テーブルが置かれています。 そこでは多くの観光客がイワナの塩焼きや蕎麦などの舌鼓を打っています。 宿泊施設もあり、4部屋のみの小さな山小屋で定員30名です。 営業期間は4月下旬〜11月中旬 TEL:0263-95-2418。 1泊2食付き1人 8,000円(税込) 素泊まり1人6,000円(税込) 嘉門次小屋の名物イワナの塩焼き 嘉門次小屋の名物料理でイワナの塩焼き。 囲炉裏の周りに串刺しの岩魚を並べ、火から離して時間をかけてじっくり焼くので頭まで食べられるやわらかさです。 一匹1000円。 その他、岩魚入りの嘉門次蕎麦1600円、岩魚の骨酒二合2000円などが販売されています。 穂高神社奥宮の社務所 明神池は穂高神社奥宮の境内にあるため、社務所で拝観料(300円)を支払って入ります。 奥穂高神社奥宮 奥穂高神社奥宮。 穂高神社本宮は長野県安曇野市穂高の地に鎮座しています。 安曇族の祖神である穂高見命を祭るため、毎年10月8日、この池で穂高神社奥宮例大祭が行われています。 明神池一之池で行われる穂高神社御船神事 毎年10月8日には竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)を付けた二艘のお船を明神池に浮かべて、平安朝装束を身にまとい、雅楽を奏で、御幣を保持しながら一之池を一周する御船神事が催されます。 これは、山の安全と神の恵みを神に感謝するお祭りです。 祭りの詳細はのページに記載してあります。 明神池二之池 明神池は穂高神社奥宮の境内にあり、一之池、二之池からなり、 明神岳をバックに庭園の様である。 明神橋 上高地明神館と明神池との間に架けられた吊り橋。 明神岳と橋とが絶妙な景観を生み出しています。 3km 最大標高差:32m コース地図 上高地明神館 明神橋から5分ほど歩くとに着きます。 上高地明神館の前にはベンチやテーブルが置かれ公衆トイレもあるため、槍ヶ岳や穂高岳に登る登山者ばかりではなく、観光客も一休みできる絶好の休憩ポイントです。 背後に明神岳の鋭鋒が聳えています。 明神館の宿泊料金 相部屋9500円、一般客室14000〜17000円。 電話:0263-95-2036。 営業期間:4月下旬から11月上旬。 ここから左岸コースを上高地バスセンターに向け歩きます。 針葉樹林帯の中を進む 右手に小川を見ながらカラマツの針葉樹林帯を進みます。 左岸コースはほとんどこういった樹林帯の中なので展望はありませんが、コースタイムが右岸コースより短いのが特徴です。 森のリゾート小梨 小梨平キャンプ場 の管理棟 (小梨平キャンプ場)の管理棟。 一般の登山者も入れる日帰り入浴施設もあります。 営業時間:12:00(正午)〜19:00、大人600円です。 ケビンと呼ばれるバンガローの様な宿泊施設やレンタルテント、食料品、調理器具、燃料、食堂、売店、浴場も完備しています。 電話:0263-95-2321。 森のリゾート小梨のキャンプ場 カラ松林の中にあります。 数多くのトイレや水道が完備しています。 バーベキューコーナーもあり、キャンプ初めての人でも何不自由なく楽しめます。 人気があるため、早めの予約が必要です。 上高地ビジターセンター は、上高地の自然や登山に関する情報を発信。 自然散策ガイドウォーク(500円)を開催。 18:00。 ガイドカウンターでは四季折々の見どころや気象情報などを提供。 ライブラリーではタブレット PCを使ってイベント情報、上高地の豊富なコンテンツを見られます。 レクチャーホールでは、上高地に関する映像が流されています。 上高地インフォメーションセンター。 営業時間:AM 8:00 〜 PM5:30 5:00バスターミナルに隣接して、登山者向け情報を提供。 バス待ちの休憩やコイン式のシャワー施設あり。 開館時間:8:00 〜17:00。 入館無料。 上高地インフォメーションセンターの室内 センター内には『環境省自然保護官事務所』のほか、繁忙期には『上高地臨時警備派出所』『登山相談所』が開設されます。 無料の休憩スペース、車椅子の貸し出しサービスなどがあります。 上高地観光センター 上高地バスセンターと併設して上高地観光センターがあります。 上高地旅館組合案内所。 手荷物一時預かり、売店、二階には上高地食堂。 上高地郵便局 上高地観光センターの脇を入ると山小屋の様な建物があります。 上高地郵便局です。 郵便のみでATMや預金の引き出しはできません。 上高地診療所 内科、外科 午前9時〜午後5時。 開院期間は4月の開山祭〜11月の閉山祭。 保険診療を行っています。 ただし救急処置のみ。

次の

福島ドライブ定番コース!王道観光スポットと絶景を巡るおすすめルート

上 高地 散策 ルート

9km 最大標高差:21m コース地図 大正池ホテル 大正池の前に建つ大正池ホテルでシャトルバスを降ります。 ホテルの脇を入り1分ほど下った所に大正池があります。 大正池 大正池と穂高岳。 風の無い日には湖面に穂高岳が綺麗に写り込み絶好の撮影ポイントになっています。 中央部の高い所が、左手が、右手は明神岳とその奥にがあります。 大正池では手漕ぎボートのレンタルがあります。 大正池の透明度と山岳景観は感動ものです。 貸し出しの場所は大正池ホテルで30分800円です。 大正池と焼岳 大正池の直ぐ左手には噴煙を上げる焼岳が見えます。 は北アルプスにおいて唯一の活火山で、山頂部が白く見えるのは火山灰によるものです。 ここから見る焼岳の左手稜線のちょうど裏辺りに多くのナナカマド自生する場所があり、9月下旬から10月上旬にかけてが見られます。 もちろん登山をしないとダメですが。 自然研究路 大正池に沿って桟道の自然研究路が設けられています。 中千丈沢押し出し 桟道の歩きややすい道が終わり、大正池の北側の一角に出ます。 東側から押し出された土砂が堆積した場所です。 大正池は大正4年(1915年)に焼岳の噴火で梓川がせき止められて出来た湖です。 写真の様に土砂が流れ込み、年々面積が縮小していると言われています。 大正池が出来た当時は現在の4倍の大きさがあったと言います。 この景観を保つために毎年しゅんせつ工事が行われていますが、それでも消滅してしまう可能性が高いと言います。 池の中の立ち枯れが幻想的で、水面には焼岳が映っています。 この枯れ木も年々減少していると言われています。 ダケカンバやカラマツの林の中を抜ける ダケカンバやカラマツの林の中を抜ければ田代湿原です。 田代湿原 田代湿原。 湿原と言っても池塘などは見られず、低草木が生えているのみです。 ここの右手1分ほど歩いた所に田代池があります。 田代池 田代池。 焼岳の噴火による噴出物が霞沢岳からの伏流水をせき止めて誕生した池。 水の流れもあり水深も浅いため池というより川と言った方がしっくりきます。 というのも面積は次第に縮小していて、特に昭和50年の豪雨で池の半分が土砂に埋まってしまったためです。 自然研究路は田代湿原の先で梓川コースと林間コースに分岐しますが、田代橋手前で再び合流するので、今回は、梓川コースを辿ります。 梓川コース 梓川の左岸(右手側)に沿って梓川コースの木道を歩きます。 河原からマガモや岩魚の泳ぐ姿を見ることが出来るかも。 この先で右手側から林間コースを合わせるとコースの中間地点・田代橋です。 田代橋 田代橋では右岸コースと左岸コースに分れます。 左岸(右手側)コースは、中の瀬園地から上高地バスターミナルの脇を抜けて河童橋へ続くルートです。 今回は、田代橋を渡って梓川の右岸(左手側)へ出ます。 梓川の中州を挟んで田代橋と穂高橋の二つの橋が並んでいます。 田代橋から穂高岳を望む 田代橋から撮影。 中央の吊尾根で結ばれた奥穂高岳(左手ピーク)と前穂高岳(右手ピーク)。 穂高岳を源流とする梓川が大きく蛇行しながら上高地の中を流れています。 梓川の右岸に建つオレンジ色の建物が、白い建物がです。 上高地温泉ホテルは湯量豊富な源泉掛け流しの温泉が魅力です。 英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑) 英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑)。 日本の山を世界に紹介した功績で設置されたレリーフ。 毎年6月第1日曜日にはレリーフ前のウェストン園地でウェストン祭が開催されます。 上高地アルペンホテル では日帰り入浴 温泉ではありません)ができます。 コーヒーのセルフサービスが格安の値段であります。 上高地アルペンホテルを過ぎると順に梓川沿いに、、ホテル白樺荘があり、河童橋を渡ってなどの宿泊施設が集中しています。 カフェテリア・トワサンク 五千尺ホテルの姉妹館・山の旅舎五千尺ロッジの右隣にある。 信州産完熟ふじりんごを100%使用したアップルパイ。 色とりどりのケーキメニュー。 昼食や夕食の各種メニューが取りそろえられています。 天気の良い日にはテラス席がお薦めです。 ホテル白樺荘 河童橋が目の前にある好立地のです。 オープンカフェもあるレストラン小梨では、食事だけでなく喫茶メニューもあり、気楽に立ち寄れるのが魅力です。 ホテルのロビーの一角にあるロビーカフェ ル・ブランはケーブルが4卓のこぢんまりとした空間。 ジャンボモンブラン、ホットアップルパイ、英国紅茶などが人気です。 上高地白樺自然学校では公認ガイドによる60分の上高地ネイチャーガイドが行われています。 1日4回実施され大人1000円です。 河童橋 梓川の上流に穂高連峰、下流に焼岳を望める上高地を代表する景観で、芥川龍之介の「河童」の舞台になった場所です。 河童橋周辺にはお土産店、レストラン、カフェなどが集中して上高地観光の拠点です。 「上高地」の名称は本来「神垣内」の表記し、穂高神社の御祭神である穂高見神(ほたかみのかみ)が穂高岳山に降臨したと伝えられ、その山腹に当たる上高地も、神が降り立つ神域であったことを意味しています。 上高地バスターミナル 上高地バスターミナルは、上高地観光の拠点になる場所で、インフォメーションセンター、上高地観光センター、上高地郵便局、上高地診療所、上高地ビジターセンター、売店、食堂など周囲に備わっています。 上高地バスターミナルから大正池へ向かう逆コースでは、大正池でバスに乗れないことがあります。 特に観光客の多い日には、上高地バスターミナルでバスに乗ることをお薦めします。 8km 最大標高差:22m コース地図 河童橋から梓川の右岸(左手側)に沿って明神を目指す 河童橋から出発し、梓川の右岸(左手側)に沿って明神を目指します。 河童橋から先は入る人もガクンと減り、比較的静かな雰囲気を楽しめます。 清流や湿原もあり、明神岳や六百山の姿も間近に望めます。 梓川の流れの先に聳える穂高岳。 岳沢湿原の木道を歩く 左手に前穂高岳登山道入口を見送り、岳沢湿原の中に延びる木道を歩きます。 ちょうど真正面に奥穂高岳が見えています。 岳沢湿原の向こうに六百山 岳沢湿原の清流の中に沢山のイワナが泳いでいます。 六百山もよく見えます。 六百山から右手に稜線を辿るとです。 岳沢湿原の展望所 岳沢湿原の中で最も綺麗な場所です。 展望案内板が設置されて山の名前が分るようになっています。 岳沢湿原は河童橋から10分ほどのところにある広さ0. 右手に梓川を見ながら小さなアップダウンを繰り返す 小さくアップダウンを繰り返しながら、右手に梓川を見ながら階段などがある木道を進みます。 左手上方に明神岳が見え出す 左手に明神岳が見え出すと小さなアップダウンは終わり、木道は平坦となり清流の中を進みます。 梓川の右岸に出る 再び梓川の右岸に出ると前方に明神橋が見えて来ます。 明神橋の少し手前で左に90度折れると、明神池に進む参道です。 参道の鳥居をくぐり明神池へ 参道の鳥居をくぐれば直ぐに左手に嘉門次小屋が見えてきます。 上條嘉門次レリーフ 嘉門次小屋の前に設置されています。 上條嘉門次は、上高地一帯を猟場とする猟師でしたが、その経験をもとに山岳ガイドも行っていました。 イギリスの宣教師で登山家でもあったウォルター・ウェストンが前穂高岳や奥穂高岳に登った際にガイドをし、後に出版した彼の著書「日本アルプスの登山と探検」では、「ミスターカモンジ」と呼び、高い信頼を置いていたと書いています。 ウェストンの山案内をしたことで山岳ガイドとして名を馳せ、現在の嘉門次小屋の前身となる小屋を建てたりもしました。 嘉門次小屋 は昔風の山小屋で風情にあふれ、小屋の前にはいくつもの木製テーブルが置かれています。 そこでは多くの観光客がイワナの塩焼きや蕎麦などの舌鼓を打っています。 宿泊施設もあり、4部屋のみの小さな山小屋で定員30名です。 営業期間は4月下旬〜11月中旬 TEL:0263-95-2418。 1泊2食付き1人 8,000円(税込) 素泊まり1人6,000円(税込) 嘉門次小屋の名物イワナの塩焼き 嘉門次小屋の名物料理でイワナの塩焼き。 囲炉裏の周りに串刺しの岩魚を並べ、火から離して時間をかけてじっくり焼くので頭まで食べられるやわらかさです。 一匹1000円。 その他、岩魚入りの嘉門次蕎麦1600円、岩魚の骨酒二合2000円などが販売されています。 穂高神社奥宮の社務所 明神池は穂高神社奥宮の境内にあるため、社務所で拝観料(300円)を支払って入ります。 奥穂高神社奥宮 奥穂高神社奥宮。 穂高神社本宮は長野県安曇野市穂高の地に鎮座しています。 安曇族の祖神である穂高見命を祭るため、毎年10月8日、この池で穂高神社奥宮例大祭が行われています。 明神池一之池で行われる穂高神社御船神事 毎年10月8日には竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)を付けた二艘のお船を明神池に浮かべて、平安朝装束を身にまとい、雅楽を奏で、御幣を保持しながら一之池を一周する御船神事が催されます。 これは、山の安全と神の恵みを神に感謝するお祭りです。 祭りの詳細はのページに記載してあります。 明神池二之池 明神池は穂高神社奥宮の境内にあり、一之池、二之池からなり、 明神岳をバックに庭園の様である。 明神橋 上高地明神館と明神池との間に架けられた吊り橋。 明神岳と橋とが絶妙な景観を生み出しています。 3km 最大標高差:32m コース地図 上高地明神館 明神橋から5分ほど歩くとに着きます。 上高地明神館の前にはベンチやテーブルが置かれ公衆トイレもあるため、槍ヶ岳や穂高岳に登る登山者ばかりではなく、観光客も一休みできる絶好の休憩ポイントです。 背後に明神岳の鋭鋒が聳えています。 明神館の宿泊料金 相部屋9500円、一般客室14000〜17000円。 電話:0263-95-2036。 営業期間:4月下旬から11月上旬。 ここから左岸コースを上高地バスセンターに向け歩きます。 針葉樹林帯の中を進む 右手に小川を見ながらカラマツの針葉樹林帯を進みます。 左岸コースはほとんどこういった樹林帯の中なので展望はありませんが、コースタイムが右岸コースより短いのが特徴です。 森のリゾート小梨 小梨平キャンプ場 の管理棟 (小梨平キャンプ場)の管理棟。 一般の登山者も入れる日帰り入浴施設もあります。 営業時間:12:00(正午)〜19:00、大人600円です。 ケビンと呼ばれるバンガローの様な宿泊施設やレンタルテント、食料品、調理器具、燃料、食堂、売店、浴場も完備しています。 電話:0263-95-2321。 森のリゾート小梨のキャンプ場 カラ松林の中にあります。 数多くのトイレや水道が完備しています。 バーベキューコーナーもあり、キャンプ初めての人でも何不自由なく楽しめます。 人気があるため、早めの予約が必要です。 上高地ビジターセンター は、上高地の自然や登山に関する情報を発信。 自然散策ガイドウォーク(500円)を開催。 18:00。 ガイドカウンターでは四季折々の見どころや気象情報などを提供。 ライブラリーではタブレット PCを使ってイベント情報、上高地の豊富なコンテンツを見られます。 レクチャーホールでは、上高地に関する映像が流されています。 上高地インフォメーションセンター。 営業時間:AM 8:00 〜 PM5:30 5:00バスターミナルに隣接して、登山者向け情報を提供。 バス待ちの休憩やコイン式のシャワー施設あり。 開館時間:8:00 〜17:00。 入館無料。 上高地インフォメーションセンターの室内 センター内には『環境省自然保護官事務所』のほか、繁忙期には『上高地臨時警備派出所』『登山相談所』が開設されます。 無料の休憩スペース、車椅子の貸し出しサービスなどがあります。 上高地観光センター 上高地バスセンターと併設して上高地観光センターがあります。 上高地旅館組合案内所。 手荷物一時預かり、売店、二階には上高地食堂。 上高地郵便局 上高地観光センターの脇を入ると山小屋の様な建物があります。 上高地郵便局です。 郵便のみでATMや預金の引き出しはできません。 上高地診療所 内科、外科 午前9時〜午後5時。 開院期間は4月の開山祭〜11月の閉山祭。 保険診療を行っています。 ただし救急処置のみ。

次の