宅建 通信講座 費用。 宅建・登録実務講習とは|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)資格取得講座|費用について

宅建 通信講座 費用

「宅建を通信講座で勉強したいんだけど、どこの講座を選んだらいいんだろう?」 通信講座で勉強をしたい方であれば当然こんな疑問が湧いてきます。 検索をかければ色々なところが通信講座をやっていますが、果たしてどの講座が自分に一番合っているのかが中々わかりにくいのが現状です。 ということは、通信講座についてまとまった情報を比較・吟味すれば自分が受けるべき講座が見出せるというわけです。 そこで本記事では、まず 「通学」と「通信」の違いを明確にし、続いて世の中に存在する 「通信講座」の中から特におススメの講座を比較・検討していきます。 読み終わるころには、 自分に合った通信講座を見つけられるような考え方が身につきます!。 宅建講座は「通学」と「通信」2種類 宅建の予備校各社では「通学」と「通信」の2タイプを用意しているところが多いようです。 そもそもこの「通学」と「通信」の違いは何でしょうか?それぞれのメリット・デメリットを挙げて比較してみましょう。 1-1. 「通学」のメリット・デメリット まずは「通学」のメリット・デメリットです メリット デメリット 1.プロの講師が懇切丁寧に教えてくれる 2.教室に行けば確実に勉強時間が確保できる 3.勉強仲間ができ、モチベーション維持しやすい 1.カリキュラム通りに進めるので、自分のペースで勉強しにくい 2.通学時間がかかってしまう 3.どうしても費用が高め 通学の場合は 「お金で勉強時間を買う」という意味合いが強いです。 また高いお金を払うので、絶対に合格しなければいけない!と自分にプレッシャーをかけることもできます。 一方、すでに ある程度の知識がある方の場合は、講義内容によっては無駄な時間を過ごすことになってしまうかもしれません。 1-2. 「通信」のメリット・デメリット 続いて「通信」のメリット・デメリットです メリット デメリット 1.いつでも・どこでも自分のペースで勉強できる 2.費用が比較的お安め 1.モチベーション維持が比較的難しい 2.勉強計画も自己責任 3.独学よりは費用が掛かる そこまで費用をかけられない方や、 いつでもどこでも勉強したいという方には「通信」がピッタリでしょう。 しかし、 勉強計画やモチベーションの維持は自分で考え・工夫しなければいけません。 宅建の通信講座5つの選び方【選択基準】 大変便利な通信講座ですが、検索を書けるとたくさんの予備校が出てきて選ぶだけでも一苦労です。 ここでは、 通信講座を選ぶ際のポイントとなるところを5つピックアップしていきます。 是非、選ぶ際の参考にしてみてください。 2-1. 合格率 その予備校でどれくらいの人が宅建試験に受かっているかの割合です。 みんなが一番知りたい合格率ですが、 残念ながら公表していないところがほとんどです。 また、公表していたとしても「通学コースの一番高額なプランの受講生の合格割合」を表示しており、通信のみで合格した人数・割合は探しても出てきません。 宅建試験の全体の合格率が15%程度と考えると、余りにも高い合格率ですと逆に疑いたくなりますね 笑 よって、この合格率はなかなか比較するのが難しいので、 選ぶ基準のウェイトとしては参考程度にとどめた方が良いでしょう。 2-2. 教材の質 どういう教材を提供しているかも確実にチェックすべきポイントでしょう。 次の項目をチェックしてみてください。 テキストの見本がわかりやすそうかどうか• 動画のサンプルを見てわかりやすそうか• 講義をしている講師に実績はあるか• 質問ができるなどのサポート体制はあるか 特に、 「動画教材」が充実しているかどうかに重きを置いてみてください。 自分で読んで勉強するよりも圧倒的に理解しやすく・記憶にも残りやすいです。 特に初学者の方の場合は、 動画で勉強することでスムーズにステップアップができると思います。 2-3. 受講しやすさ テキスト、CD、DVDなどの教材が充実していることは必要最低限として、 やはり今の時代「動画」を上手く活用できるかがカギです。 電車に乗っている間や、寝る前のちょっとした時間などのスキマ時間を有効活用するためにも、スマホで滞りなく動画が見れる教材かどうかが重要です。 このご時世、スマホがあればいつでもどこでも勉強できますから、 動画を使わない手はないです。 2-4. 費用 当然気になるのが費用の話。 いろいろな会社の料金を見てみても 平均50,000円前後はかかってきます。 あとは運営会社によってはいろいろな割引制度があったり 合格したら一部返金など 、分割払いが可能など様々です。 個人的に、 分割払いに対応しているところはユーザーのことを考えてくれているので好感が持てます。 2-5. 運営会社の信頼性 こんなご時世ですから、ネットに載っている情報をそのまま鵜呑みにするのも考え物です。 表示されている合格率なども果たして 本当の数字かどうか確認する手段は残念ながらないです。 最悪のケースですと、途中で経営破綻しサービス停止!なんてこともないとは言えないです。 そういった意味でも、その通信講座を 運営している会社がどういったものかくらいは最低限調べておきましょう。 その会社が上場しているかどうか、運営して何年か、資本金の額などを参考に、その会社が信頼に足るものかどうかもしっかり見極めてください。 宅建の通信講座の比較【合格率・教材の質・費用】 それでは、先ほどの5つのポイントをもとに、予備校各社を比較していきます。 合格率が非公表の場合はハイフン「-」で表示しています 運営会社 合格率 教材 スマホ対応 費用 割引・合格特典 分割払い明記の有無 サポートの有無 フォーサイト 71. 自身で、実際にホームページを見てしっかり確認し吟味するようにしましょう。 タイプ別!あなたに向いている宅建通信講座 上記のように沢山の会社が宅建の通信講座を運営しています。 ココではユーザーのニーズに合わせておススメの運営会社を挙げていこうと思います。 4-1. とにかく安いところの講座で勉強したい 運営会社:オンスク とにかく、圧倒的に安い!一番高いプランを選んでも12,000円です。 また、1か月単位の課金なので、気軽に申込できます。 動画も繰り返し見直すことができかなりおススメです。 4-2. 安心・安全、老舗の予備校で勉強したい 運営会社:TAC・LEC 言わずと知れた資格試験の老舗予備校2社です。 半年以上のカリキュラムで設計されているので値段はやはりお高めですが、 教材やサポート体制は非常に充実しています。 老舗の安心・安全感は他社に比べ圧倒的でしょう。 4-3. 合格率が高いところで勉強したい 運営会社:資格スクエア 昨年の合格率が圧倒的に高いのが「資格スクエア」。 目玉は学習内容に含まれる模擬試験「未来問」です。 過去30年分の過去問をAIに学習させ、将来の出題を予測して作成した模試です。 これがかなりの的中率らしく注目を集めています。 「宅建のおすすめ通信講座」まとめ どの業者の動画講義にかなり力を入れてきている印象です。 特に働きながら勉強を考えている方は、動画コンテンツを配信しているところを選ぶべきでしょう。 スキマ時間を十分生かすことが合格への近道です。 あとは、ご自身の勉強のニーズを見極めて、自分に合った通信講座をじっくり吟味してみてください。 〇 通信講座は 自分のペースに合わせてじっくり勉強できる 〇 このご時世、 動画コンテンツを生かさない手はない 〇 自分のニーズをしっかり見極めて、自分に合った講座を見つけよう。 現在のお仕事に不満を抱えている方へ 現在のお仕事に不満を抱えていませんか? いま、あなたがご覧になっている「宅建Jobコラム」の運営会社では、不動産業界専門の転職支援サービスを提供しています。 もし就職・転職を成功させたい!という方がいましたら、「宅建Jobエージェント」までお気軽にお問い合わせください。 数々の転職を成功させてきた、あなた専任のキャリアアドバイザーが無料でご相談に乗らせて頂きます。 ぜひお気軽にお問い合わせください!•

次の

【2020最新】宅建通信講座ランキング|おすすめ17社を徹底比較!

宅建 通信講座 費用

ひと言レビュー 通信講座の世界では老舗中の老舗、知名度も断トツのユーキャン。 ユーキャンは基本的に講義というものを採用しておらず、テキスト学習を中心にスポットでウェブ映像が配信されるスタイル。 ですので、あまり講座を取得しているという感覚が薄く、受講者の自律心に委ねられます。 もっとも、テキストは初心者に優しい作りだしアウトプットはそれなりに充実していますし質問も可能。 自分のペースで時間をかけて勉強したい方に向いている講座と言えます。 独学・通信講座・通学のメリット・デメリット 宅建試験の勉強方法は何も通信講座だけではありません。 独学はもちろんですが、 通学で受講する方法だってあります。 それぞれメリットデメリットありますのでご自身に合った学習方法で合格を勝ち取っていただきたいです。 講座と独学 まずは講座受講と独学の比較をしてみましょう。 この両者の決定的な違いは2点。 プロの講師の指導の下に勉強していくか自分でテキストとの教材を揃えて自分で学習を進めるか• 講座費用(3万円程度~)を負担するか市販テキスト代のみ(数千円程度)で済ますか なのだと思います。 1と2は経済的側面から見ればトレードオフといいますか、講座受講のための対価ですし何もかも自分で済ますから実費のみということになります。 別の視点から見れば、講座受講であれば適切かつ効率的な学習が可能ですから、合格に足る実力が最短で身に付く、すなわち、 宅建一発合格の可能性が高くなります。 独学では合格は無理? では、プロの指導がない独学では合格は無理なのか。 もちろん、 無理ということはありません。 独学でも合格されていった方はたくさんいらっしゃいます。 ただ、独学では適切かつ効率的な勉強はちょっと難しいので一発合格の確率は、 講座受講と比べて大きく下がると思います。 初心者から勉強を始めるという方ではなおさらでしょう。 通信講座と通学 講座と独学の比較はご理解いただいたと思いますが、通信講座と通学の比較をしてみたいと思います。 通信講座の特徴 通信講座とは教材が配信または配送されてきて勉強するスタイルです。 昨今はオンライン配信が中心ですから携帯性・利便性が飛躍的に向上しています。 結果、自宅はいうに及ばず、自宅以外の場所でもスマホ1台あれば講義が受けられるというものになっています。 もうひとつ、いつでも好きな時間だけ受講ができるのも利点。 これは何を意味するかというと、忙しい社会人でも時間・場所気にすることがなく合格を目指せるのです。 ネガな点は、孤独感や継続性の問題でしょうか。 通信講座だと一人で勉強することが殆どだと思いますので、基本的に孤独です。 時として不安になったりすることもあろうかと思いますが、こういうときはちょっと辛い面もあるかもしれません。 もうひとつ、強制力が薄いのでしっかり勉強が続けられるかどうか心配の方も多いと思います。 どう克服するか、個人による部分も大きい部分ですが、通信のデメリットな部分かもしれません。 通学の特徴 通学は決まった時間に決まった場所へ行って受講するスタイルですね。 当然緊張感を持って集中して勉強ができますから学ぶには最も適したスタイルといえます。 受験仲間もできるでしょうし少なくとも受講時は孤独を感じることはないでしょう。 しかし、通学には大きなデメリットもあります。 それは「人を選ぶ」ということ。 当たり前ですが、決まった時間に決まった場所に行ける人のみが通学できます。 しかも、教室は全国でも限られた場所、都心部です。 さらに、社会人では時間的に厳しいものがあるはず。 結果、通学できる人は全体から見ればごく少数の者のみということになります。 まとめ 独学、通信講座、通学。 それぞれ特徴を比較しメリットデメリットをあぶりだしてみましたが、現実的には 「独学か?通信講座か?」の選択になる方が多いのではないでしょうか? 必ずしも独学だと一発合格できなくて通信ならみんな一発合格するというものでもありません。 あくまで確率の問題であって、可能性の問題です。 ここにそれぞれのメリットデメリットをまとめた表を貼っておきますので、どの道を選ぶかの参考にしていただければと思います。

次の

宅建の「通信講座」おすすめ口コミ評判比較ランキング10選!

宅建 通信講座 費用

STEP1 無料会員登録 既に会員登録がお済みの方は次のステップへお進みください。 STEP2 カートに入れてお申込み 上記ボタンよりお申込み手続を進めてください。 なお,「 お支払方法・お届け時間等の指定」のページにおいて,「 支払不要」をご選択ください。 【初学者向け】 初めて宅建試験の学習をスタートする方が最短で合格するためのカリキュラムです。 「入門総合カリキュラム」とは,宅建試験を始めとする法律の学習経験が全くない方でも,合格に必要な知識を身につけることができる「入門総合講義(インプット講座)」を中核として,過去問の中から,繰り返し出題されている問題を300問セレクトし解説する「過去問解析講座」,知識の総整理を行う「総まとめ講座」,総仕上げの「模擬試験」という宅建試験に必要なインプット・アウトプット全ての講座を詰め込んだカリキュラムです。 学習経験者(中上級者者)向けの もご用意しております。 入門総合カリキュラムの6つの特長 特長1宅建試験合格に必要十分な講義/カリキュラム アガルートアカデミーの講座やカリキュラムは,講師陣や教材制作専門スタッフが過去の宅建試験の傾向等を分析し,協議に協議を重ねた上で,合格に必要な情報だけを効率よく学習できるように設計されています。 その結果として, 知識を習得するインプット学習と並行して問題演習を通じて知識を定着させるアウトプット学習を同時並行的に行うという学習方法をカリキュラムの柱としました。 初めて学習される方に向けた「入門総合カリキュラム」では,「入門総合講義」でゼロから必要な知識をインプットした後,「過去問解析講座」で実際に出題された宅建試験の過去問を解くことで,アウトプットを行い,知識を定着させていきます。 特長2講師オリジナルフルカラーテキスト 講義で用いるテキストは,すべて講師作成のオリジナルテキストです。 宅建試験に精通した講師が,合格に必要な知識を精査し,全てテキストに盛り込みました。 そして,何度も目を通すことになる 入門総合講義で用いるテキストは,フルカラーにし,また図表を多く盛り込むなど,視覚的に理解しやすく,楽しく学習を進められるよう,工夫いたしました。 特長3プロ講師による分かり易い講義 講義を担当する講師は,長年,宅建試験で教鞭をとってきたベテランプロ講師です。 試験や各科目に関する知識はもちろん,つまずきやすいポイントや試験で狙われやすい用語などについても深い造詣をもっていますので,スムーズな合格をサポートいたします。 特長4充実のフォロー制度 アガルートアカデミーでは,本講義/カリキュラム受講生からのご質問に講師が自ら回答する質問制度を設けています。 Facebookに登録していただき,アガルートアカデミーのグループに加入していただければ,アガルートアカデミー講師が皆様のご質問に対応いたします。 通信講座では,受講料が安い分フォロー制度がついていない,質問回数が制限されている(一定回数を超えると有料となる),通学講座では緊張して質問に行きづらかったり,質問の列に並ばなければならなかったりと質問へのハードルが高いという問題がありますが,本講義/カリキュラムはその点も万全です。 特長5学習に最適なオンライン受講環境 アガルートアカデミーのオンライン受講環境は,8段階の倍速機能の搭載,テキスト同時表示,マルチデバイス,音声ダウンロードなど受講生が学習しやすいように設計されています。 そのため, いつでも,どこでも,何度でも,無駄なく講義を受講することができます。 時間のない社会人の方でも,無理なく講座を受講して頂くことができます。 特長6宅建試験業界で最低水準の低価格な受講料 アガルートアカデミーは,オンラインによる講義の配信を中心としており,教室を設置することによって生じる賃料や人件費等を大幅にカットしています。 そのため, 業界最低水準の低価格な受講料を実現することができています。 一方で,テキストはフルカラーとするなど,合格のために必要な教育に関するコストは削減することなく,むしろ他の予備校,通信講座よりも費やしています。 担当講師 講師からのメッセージ 私は,(1)合格に必要な知識をわかりやすく解説します。 (2)習得した知識を用いて問題を解けるようにするにはどうすればよいかを明らかにします。 (3)何をすべきで何をすべきでないかを明らかにします。 これらこそ,受験生の方々が求めるものであり,プロとして私がすべきことであると考えています。 ぜひ私に,試験の合格のお手伝いをさせていただければと存じます。 皆様,どうぞよろしくお願い申し上げます。 学習スケジュール 繰り返して確実な知識へ まずは,総合講義で試験に必要な知識をお伝えします。 難しい用語も易しい言葉で言い換えて説明しますので,暗記よりも理解することを重視して聞いてください。 講義を聞き終えたら,早速,過去問演習へ。 講義で学んだ知識を復習しながら,問題の解き方を学んでいきます。 これで合格に必要な知識・ノウハウはすべてお伝えしたことになりますが,アガルートのカリキュラムでは,総まとめ講座で,知識と解き方をもう1回お伝えします。 2回目なので,前提知識の説明はしない分,短時間で要点の復習をしていきます。 繰り返すことで確実な知識を身につけ,合格を確実なものにします。 各科目の学習方針• 権利関係 配点は高いのですが,非常に難しく細かいので,深入りは禁物です。 法律の考え方や用語に慣れることを第一目標に,学習しましょう。 宅建業法 配点が最も高い上に,出題形式もワンパターンのものが多いので,ぜひとも得点源にしたい科目です。 問題を解きながら一つ一つ確実に自分のものにしていきましょう。 法令上の制限 混同しやすい用語や数字が多く出てきますが,それさえマスターしてしまえば,安定的に高得点が期待できます。 用語と数字を意識してコツコツと覚えていきましょう。 税その他 範囲が広く対策しにくい科目です。 そのため,過去問中心の学習で,手を広げすぎないよう,気を付けましょう。 ガイダンス テキスト同時表示 画面にはテキストが同時表示されるので,テキストを持ち歩く必要もありません。 8段階の倍速再生 最大3倍まで可能な倍速再生の機能を使えば,2周目以降の受講時は大幅に学習時間を短縮できます。 音声ダウンロード 講義の音声データはダウンロード可能です。 スマートフォンなどにデータを入れ,通勤通学中,家事やジョギング中など,スキマ時間での学習が可能です。 宅建試験・合格特典 本カリキュラムをお申込みいただいた方が2020年の宅建試験に合格された場合,以下の特典がございます。 確かな合格実績 令和元年度宅建試験におけるアガルートアカデミー受講生の合格率は 55. 6%です。 全国平均が 17. 0%の中,実に 3. 27倍の合格率となりました。 合格された方のインタビューやアンケート結果を紹介しております。 よくあるご質問.

次の