大阪なおみ デモ。 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ発言! トランプ御用キャスターらの「アスリートは政治に口出すな」圧力にも敢然と反論|LITERA/リテラ

【米国で警官に暴行され黒人男性死亡】大坂なおみのツイートに称賛 一方で疑問の声も|ニフティニュース

大阪なおみ デモ

大坂なおみTwitter プロテニス選手の大坂なおみが、人種差別抗議デモをめぐってSNSでキレキレの発信をし続けている。 今週末に大阪で行われる「BLACK LIVES MATTER」デモへの参加を呼びかけ、「政治にスポーツを持ち込むな」というクソリプやトランプ支持者のイチャモンにも敢然と反論している。 ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系男性ジョージ・フロイトさんが警察官に殺害された事件に端を発し、全米各地で広がる黒人差別への抗議デモ。 多くのアーティストやスポーツ選手らもSNSで差別への抗議と、運動への連帯の声をあげているが、大坂なおみ選手もそのひとりだ。 )〉とツイートしたことや、6月2日の「Blackout Tuesday」に真っ黒の画面を投稿したことなどは、すでに日本の報道でも報じられているが、それだけではない。 たとえば6月1日には、抗議中の男性が、警察から撃たれる催涙ガス弾を片っ端からテニスラケットで打ち返す動画に、〈OK、許す!(Undestood. )〉というコメントをつけ拡散。 抗議デモへの連帯と警察の暴挙への怒りを、ユーモアも交えて端的に表現してみせた。 Let me know)〉と返し、大坂選手自身の抗議デモ参加もうかがわせた。 また、K-POPファンたちが、白人至上主義者たちの差別投稿に対し、BTSやBLACKPINKの画像や動画で埋め尽くしたムーブメントにも、「いいね!」した。 ジョージ・フロイドさんが警察に殺害されて以降、大坂選手はずっとこの問題について発信し続けている。 この間の大坂選手のツイートは、彼女の知性とセンスを感じさせるユーモアを交えながらも、その言葉には強い怒りと切実さがハッキリと込められている。 しかも、大坂選手は差別そのものに怒っているのはもちろん、差別に対していまもまだ多くの人が沈黙していること、さらに多くの人が大坂選手に沈黙を強いてくることにも、違和感を表明している。 たとえば、恋人と報じられたこともあるラッパー・YBNコーディの〈もはや沈黙は裏切りだ(there comes a time when silence is betryal)〉という投稿をリツイート(5月29日)。 さらに普段黒人カルチャーに親しんでいるはずの人たちが、差別に対して沈黙していることに、こんなふうに皮肉たっぷりに疑問を呈した。 )〉(5月30日) あるいは、6月3日投稿した画像には、こんな言葉が記されていた。 〈もしあなたが、先週何も発言しなかったのだとするなら、なぜなのか自分自身に問いかけてください。 もしあなたが、正義のために立ち上がることに自分のプラットフォームを使うことに居心地悪さを感じるなら、なぜなのか自分自身に問いかけてください。

次の

大阪なおみ「日本住んででも静かでつまらんなあ、海外みたいに略奪デモ起きんかなあ、せや!」

大阪なおみ デモ

プロテニスプレイヤーのが、自身の政治的発言に対する批判に反論し、称賛を集めている。 きっかけとなったのは、アメリカで男性が白人警察官に暴行され死亡した事件への抗議として、7日に行われた大阪市での。 このデモは約1000人が参加したといい、アメリカ総領事館前などで「差別を許さない」と人種差別の根絶を訴えていた。 大坂がこのデモについて、ツイッターで参加を呼び掛けたことが話題に。 しかし、一部から挙がった「アスリートは政治に関与すべきではない」という批判に対し、ツイッター上で「this is a human rights issue. これは人権問題です 」「what gives you more right to speak than me? なぜ私よりもあなたの方がこの問題について『話す権利』があるんですか? 」などと反論。 大坂の支持者からはこの対応に、称賛の声が上がっていた。 しかし、一方では疑問の声も挙がっているという。 「デモの呼び掛けについては、『アスリートは政治に関与すべきではない』という批判よりも、新型コロナウイルスの第二波が心配される現状でデモを呼び掛けたことについての疑問の声の方がより多く上がっています。 関西地方では、夏の甲子園大会まで中止になるほどの対策が取られているにも関わらず、多くの人の参加が予想されるデモに、さらに大坂が参加を呼び掛けたことについて、『このタイミングが適切だったのか? 』という指摘が上がっているようです。 私は人々を人質にしたわけじゃないし、行くことを強制してない 』と反論し、その後このツイートを削除。 私の母があなたと違ってよかった 』と指摘し、これも削除しています。 ネットからはこの削除について、『間違ってること指摘されると怒るのか? 』『コロナ禍でやることを問題視する声は徹底してスルーしてる』という声も集まっています」 芸能ライター とは言え、日本ではなかなか問題意識の広がらない人権問題について投げ掛けた大坂。 多くの日本人にとって、人権問題を考えるきっかけとなったようだ。

次の

大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ発言! トランプ御用キャスターらの「アスリートは政治に口出すな」圧力にも敢然と反論|LITERA/リテラ

大阪なおみ デモ

海外の反応 ・ 名無しさん@海外の反応 誰か「これはジャグリングするのに完璧なタイミングだ!」 ・ 名無しさん@海外の反応 この人たちはより良い世界のために差別と闘うつもりだった。 しかし、実際は、パンデミックの最中にこのイベントを行うことで怒りや憎しみを招いてしまった。 なんという皮肉だ。 ・ 名無しさん@海外の反応 国際的に資金をもらった計画だという証拠だね ・ 名無しさん@海外の反応 みんな本当の問題じゃないことのために集まりたがるんだよね… ・ 名無しさん@海外の反応 広島や長崎はアメリカの残酷性と爆弾によって被害を受けたんだぞ ・ 名無しさん@海外の反応 日本、ありがとう ・ 名無しさん@海外の反応 日本を愛してる。 応援してくれてありがとう!! ・ 名無しさん@海外の反応 フェイクニュース ・ 名無しさん@海外の反応 尊敬する ・ 名無しさん@海外の反応 ミネソタ生まれの黒人として、外国の人たちがこんな愛を示してくれるなんて、正直泣いてしまったよ…くそ、これは感動的すぎる… ・ 名無しさん@海外の反応 これはオーケーだ。 平和的なデモといえる。 ・ 名無しさん@海外の反応 これはすごい。 日本人は最高だよ。 国内の問題じゃないのに、平等や人道に対する支持を示してくれるなんて…大阪、愛してるよ! ・ 名無しさん@海外の反応 日本の一部でさえ人種差別に対して立ち上がってくれてる。 世界が変化している兆しだ!いいぞ大阪! ・ 名無しさん@海外の反応 みんなよくやった ・ 名無しさん@海外の反応 これ本当に日本で開催されたの?確かに、動画にはアジア人がたくさんいるし日本語で書かれたプラカードも持っているけど…誰も自分の言語で話していないような。 ちょっと不思議。 ・ 名無しさん@海外の反応 おい日本、もっといいことができるだろう。 うちの国みたいなレベルに落ちぶれてはいけないよ ・ 名無しさん@海外の反応 すばらしい日本。 愛してる… ・ 名無しさん@海外の反応 人種差別反対運動が重要なのはわかるけど、日本では多くの人たちがソーシャルディスタンスを保ってきた中でこうやって密集するのはいいタイミングとは言えないと思う。 ・ 名無しさん@海外の反応 世界中の人々と連帯を示してデモをする人々を見られてうれしいよ ・ 名無しさん@海外の反応 これは日本では一時的なものだ。 みんなすぐに冷めるよ。 日本人はいかなる理由の抗議活動であっても破壊行為と略奪は支持しない。 なぜ日本政府はそのコメントを出さないのかな? 政府は国民の代表では? 俺の声を代弁してくれる国会議員は1人もいない? 今回の 『クロンボの自己満足によるバ力騒ぎ』 が 二度と日本国で起こらないよう法で規制しないと!! どうして日本人の声は彼らにも、日本政府にも、届かないの!!? どうしてみんな、日本人の声を無視するの!!? 簡単なことなんだよ。 『迷惑だから止めてほしい』 このくだらないデモと、日本人とは、一切関係がない。 また関わりたいとも思っていない。 アメリカの問題はアメリカだけでやれ。 他国に迷惑をかけるな。 世界はアメリカのものではないし、日本は黒人のものでもない。 キミたち "ピント外れのバ力ども" が、日本国および日本人の声を リスペクトし、自分の行いを改めないのなら、日本人もキミらを 理解しない。 日本国から排除する。 文句や抗議は受けつけない。 キミたちは日本国で勝手なことをした。 よってその報いを受ける。 ただそれだけのこと。 日本人は、今回の身勝手なデモを絶対に許さない。 必ず復讐する。 それに何年かかろうと。 それにいくらかかろうと。 名無しさん 世界の反応 「欧州で新型コロナ感染第2波の恐れ、抗議デモ受け当局者など懸念」 (ブリュッセル、11日、ロイター) 欧州連合(EU)の当局者や専門家などは11日、米国の白人警察官による黒人暴行死事件への抗議デモがここ数日間で行われたことにより、欧州での新型コロナウイルス感染第2波が数週間以内に発生する恐れがあるとの懸念を示した。 欧州集中治療医学会(ESICM)のジョセフ・ケセシオグル会長は記者会見で、「1. 5メートルの距離を保つよう忠告しても皆が隣に並んで立ち抱き合っている。 これに好感を持つことは出来ない」と指摘し、2週間以内に感染第2波が発生する可能性があると言及した。 欧州委員会保健当局者のマーティン・セーシェル氏はロイターに対し、「大規模な集会はあらゆる感染性呼吸器疾患の主要な感染経路になり得る」と見解を示しており、数週間前よりは収まっているが新型コロナウイルスは終息した訳ではないと警告している。 感染第2波の可能性や規模はソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)措置が効果的に維持されているかなどの要因によるが、その多くは依然として不明とした。 デモの活動目的は認識しているが、だからと言って他人の健康と生活を脅かして良い筈がない。 参加者達は他人の迷惑と感染リスクを考えた行動をするべきだ。 名無しさん 世界の反応.

次の