長渕 剛 嫁。 長渕剛の自宅の住所は深沢?間取の画像が?子供もデビュー?画像は?嫁は現在?

長渕剛の子供の学校や名前!画像はある?嫁や不倫相手との関係が?

長渕 剛 嫁

志穂美悦子のプロフィール 生年月日:1955年10月29日 出身地 :岡山県岡山市東区西大寺 身長 :163cm(ネット情報) 血液型 :A型 志穂美悦子さんは、1970年代から1980年代にかけて活躍した女優です。 手足の長いスレンダーな体型でアクション女優として絶大な人気を誇りました。 1955年10月29日生まれで、2020年3月時点で年齢は64歳になります。 また、身長はネット上の情報では163cmとされていますが、公式に発表されたデータではなく、本当のところは不明です。 志穂美悦子の経歴 志穂美悦子さんは、子供の頃から運動神経が抜群で、小学生時代から高校生時代まで陸上部に所属し、中学校時代に80メートルハードルで「13秒4」の岡山県歴代2位の記録を出しています。 1968年放送のドラマ「キティハンター」に風間洋介役として出演していたアクション俳優・千葉真一さんに憧れてスタント俳優になりたいという夢を抱きます。 志穂美悦子さんは、高校生時代の1972年に千葉真一さんが主宰する、アクション俳優・スタント俳優に特化した芸能事務所「ジャパンアクションクラブ(JAC)」を受験して合格。 その年のうちに高校を転校(中延学園高等学校)して上京し、翌1973年には、千葉真一さん主演映画「ボディガード牙」にて、主人公・牙直人の妹のマキのアクションの吹き替え役(技斗)に抜擢され、スタント俳優としてのデビューを果たしました。 さらに、翌年の1974年には「女必殺拳」の主人公・李紅竜役に抜擢されます。 「女必殺拳」は国内で大ヒットを記録してシリーズ化。 志穂美悦子さんは「女必殺拳 危機一髪」「帰ってきた女必殺拳」と立て続けに主演し、一躍アクション女優として絶大な人気を獲得しました。 志穂美悦子さんは、男性アクション俳優顔負けの華麗で激しいアクションで世界的にも知名度を上げ、映画やドラマに次々と出演。 年間のブロマイド販売数が数年間連続で1位を記録するなど、国民的アクションスターの地位を獲得します。 1970年代後半からは、アクション性の強い作品以外にも出演の幅を広げ、「やる気満々」「三男三女婿一匹III」などのホームドラマにも出演。 アクションができるだけでなく演技力もある実力派女優として高い評価を受けるようになりました。 その後も数々の作品に出演した後、1987年にミュージシャンの長渕剛さんと結婚し、それを機に芸能界から引退し、以降は芸能活動は行なっていません。 志穂美悦子の若い頃の画像まとめ そんな志穂美悦子さんの若い頃の画像を紹介します。 1974年公開の映画「女必殺拳」での志穂美悦子さんです。 この作品がきっかけとなり、志穂美悦子さんはスターアクション女優としての階段を駆け上がりました。 「女必殺拳」の大ヒットを受け製作された続編「女必殺拳 危機一発」での志穂美悦子さんです。 志穂美悦子さんの最高傑作との呼び声も高い1975年公開の映画「若い貴族たち 13階段のマキ」の志穂美悦子さんです。 1976年に出版された映画雑誌「映画情報」の表紙を飾った志穂美悦子さんです。 トップアイドル並みにかわいい顔立ちで、世界レベルとも評される本格アクションを演じていたわけなので人気が瞬く間に爆発したのも当然だと言えるでしょう。 1973年放送開始の特撮ドラマ「キカイダー01」の、後半のヒロイン役とも言えるビジンダーことマリ役を演じる志穂美悦子さんです。 新人時代の志穂美悦子さんがセンセーショナルなデビューを飾った作品として現在でも度々話題にのぼっています。 志穂美悦子の結婚相手はミュージシャン・長渕剛 アクションスターとして国民的人気を得ていた志穂美悦子さんでしたが、1987年8月29日に、当時同じく国民的なスターだったシンガーソングライター・長渕剛さんとの結婚を発表し、31歳で芸能界を引退しています。 志穂美悦子と長渕剛の結婚会見 結婚を発表するために入籍の2日前に会見を開いた長渕剛さんは「婚姻届を出しといてくれとスタッフに渡した」とぶっきらぼうな様子でコメントし、わずか5分ほどで会見を終了させてしまいました。 その翌日、志穂美悦子さんも会見を開き「昨日の彼は、悪気じゃないのでどうか誤解しないで」とぶっきらぼうな対応をした長渕剛さんをフォローして見せ、「彼のステージを早く子供に見せたいから早く子供を産みたい」「癖のある男だから専業主婦をしたい」とのろける姿も見せています。 志穂美悦子と長渕剛の結婚式 長渕剛さんは、当時、アイドル歌手だった石野真子さんと1981年に結婚したものの2年後の1983年に離婚しており、志穂美悦子さんとは2度目の結婚だった事から当初は結婚式を挙げずに入籍だけで済ませるつもりでいたそうですが、初婚である志穂美悦子さんの希望で結婚式を挙げる事になったそうです。 志穂美悦子さんは「芸能人としてではなく普通の人としてひっそりと」式を挙げたいとして、奈良県天河村の標高620メートルの山奥にある「天河大弁財天社」で、お互いの両親と親しい知人だけが参列する結婚式を、地元の住人にも気づかれないままこっそりと挙げています。 志穂美悦子と長渕剛の馴れ初めとは 志穂美悦子さんと長渕剛さんの馴れ初めは、1986年6月から放送されたホームドラマ「親子ゲーム」での共演でした。 「親子ゲーム」で、長渕剛さんは元暴走族の経歴を持つラーメン屋を営む矢板保役で主演。 志穂美悦子さんは、矢板保の恋人役でヒロインの三石加代の役を演じました。 本作は、2人の演じたカップルが元暴走族という設定から度々乱闘級の痴話喧嘩を起こすシーンが見せ場になっていたのですが、その喧嘩シーンの撮影中に、志穂美悦子さんが小指をテーブルにぶつけて骨折するというアクシンデントが発生。 この時、志穂美悦子さんを長渕剛さんが心配し、病院に運ばれる間もずっとそばに付き添っていたのが2人が交際に発展するきっかけになったそうです。 それから3ヶ月後の1986年9月には、写真週刊誌が長渕剛さんの自宅マンションから朝帰りする志穂美悦子さんの姿を激写。 この時には、長渕剛さんは「38度の熱が出た僕を彼女が看病してくれただけ」と熱愛を否定していましたが、実際にはこの時既に2人の交際ははじまっていたようです。 その数ヶ月後、1986年12月公開の映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」でも長渕剛さんと志穂美悦子さんは共演し、お互いに惹かれあいなあらも気持ちを伝えられない男女の役を熱演しています。 この映画公開に先立ってインタビューを受けた長渕剛さんは「盛り上がれば結婚ということもある」と志穂美悦子さんと結婚も意識して交際している事を認め、一方の志穂美悦子さんも「私たちの交際は隠れてコソコソするものではない」「いつも堂々と付き合っていたいと思う」と長渕剛さんとの熱愛を認めています。 志穂美悦子と長渕剛の夫婦エピソード 長渕剛さんといえば、1991年に報じられた女優・清水美砂さんとの不倫や、1993年に発覚した女優の国生さゆりさんとの不倫など、女遊びの激しさがよく知られています。 旦那・長渕剛さんの奔放さに、普通であればとっくに離婚を決断していそうなものですが、懐の深い志穂美悦子さんはそれを毎度受け流し、長渕剛さんのイメージに傷がつかないようスキャンダルが出る度に的確に対応させ、奥方として長渕剛さんを支え続けてきました。 こうした経緯もあって、自由奔放でヤンチャなイメージもある長渕剛さんも家庭の中では志穂美悦子さんの尻に敷かれ、おとなしくするようになったのだとか。 長渕剛さんは、テレビやラジオ、雑誌など、様々なメディアで「世の中で一番怖いのは妻」と公言しており、妻を怒らせると「あなた、5階から飛ぶことができる? (アクションスターである自分は5階から飛ぶことなど容易いという意味で)」と真顔で聞いてくるエピソードなども明かしています。 ある時には、志穂美悦子さんが師匠である千葉真一さんに泣きながら電話をかけてきて「どうしよう、長渕を殺しちゃったかも」と助けを求めた事があったそうです。 千葉真一さんが詳しく聞くと、どうやら長渕剛さんとの喧嘩がエスカレートし、志穂美悦子さんは思わず長渕さんの首筋を狙って回し蹴りを放ってしまい、直撃した長渕さんはそのまま倒れて失神してしまったとの事。 これを聞いた千葉真一さんは、あまりに豪快な夫婦喧嘩に思わず弟子の志穂美悦子さんを褒めてしまったんだとか。 志穂美悦子さんの長女・長渕文音さんは、2008年10月公開の映画「三本木馬術高校、馬術部」で主役の菊地香苗役に抜擢されて女優デビューしています。 長渕文音さんはその後、芸名を「文音」とし、2018年の映画「ばあちゃんロード」、2020年公開の映画「いけいけ!バカオンナ」にそれぞれ主演。 その他にも映画やドラマ、舞台などを中心に女優業を続けられています。 レーシングドライバー引退後は、シンガーソングライター「ReN」として活動しています。 父譲りの歌唱力と柔らかな歌声を持ち、アコースティックギターを基調としたレベルの高いアレンジの楽曲も注目されています。 今後の人気上昇が期待されるミュージシャンです。 志穂美悦子は現在フラワーアーティストとして活躍 男勝りの痛快なエピソードを数多く持つ志穂美悦子さんですが、なんと現在はフラワーアーティスト(花創作家)として活動されています。 2020年2月18日には、東京ドームで開催されたイベント「世界らん展2020-花と緑の祭典-」にゲスト出演し、花を使ったパフォーマンスを披露し、華麗ならんの花を使った繊細な表現と、自身のルーツともいえる俊敏なアクションを組み合わせた斬新なパフォーマンスで、訪れた観客達の視線を釘付けにしました。 志穂美悦子さんんがフラワーアレンジメントの世界に興味を持ったのは2010年の頃だそうで、渋い色合いの作品をプレゼントされて「良いな」と思ったのが本格的に取り組むきっかけだったとの事。 夫の長渕剛さんのコンサート会場を飾る、ウエルカムフラワーも志穂美悦子さんが担当しているそうです。 まとめ 今回は、国内を代表するアクションスターとして活躍した女優・志穂美悦子さんについてまとめてみました。 志穂美悦子さんは、千葉真一さんに憧れてアクション俳優になり、抜群の身体能力とキュートなルックスを武器に瞬く間にアクションスターに上り詰めました。 その後、大人気歌手の長渕剛さんと結婚して芸能界を引退。 3人の子供にも恵まれ、現在はフラワーアーティストとして活躍されています。 60代を迎えた現在もエネルギッシュに活躍を続ける志穂美悦子さんの活躍に今後とも注目していきたいと思います。

次の

長渕剛の子供は何人?息子の蓮と航は歌手?娘の文音が美人女優に【画像】

長渕 剛 嫁

naver. 志穂美悦子 長渕剛嫁 身長? 志穂美悦子さんの身長は、163cmだそうです。 この年代で、163cmって、かなりスタイルが良いと思います。 志穂美悦子 長渕剛嫁 インスタ? (直接ご本人が投稿していません) (現在使用されていません) 志穂美悦子プロフィール 旧姓:塩見悦子(しおみ えつこ、 本名:長渕悦子(ながぶち えつこ) 生年月日:1955年10月29日 出身地:岡山県西大寺市 現在の岡山市東区 父親が大蔵省造幣局に勤務する家庭に長女として生まれます。 弟が一人いる。 出身学校:岡山市立西大寺中学校 1971年、岡山県立西大寺高等学校 子供のころから運動が得意で、中学・高校と陸上部に所属していて、中学時代には80メートルハードルで、13秒4という岡山県歴代2位の記録を出します。 1968年テレビドラマ「キイハンター」を観て、千葉真一のファンになり、高校生の時にスタントパーソンになりたいと思うようになります。 1972年8月千葉が主宰するジャパンアクションクラブ JAC を受験して合格。 16歳から2年間、JACで月曜から土曜まで訓練をしたそうです。 そのころは、走っていて、口の中が血の味がしたとか! 1972年10月に上京して入会すると同時に、中延学園高等学校に転校し、1974年に卒業します。 1973年千葉真一主演映画「ボディガード牙」で、妹役の吹き替えを本名の塩見悦子でデビューをします。 1987年8月29日に長渕剛さんと結婚して、引退。 お子さんは、長女の文音さんを1988年3月17日に出産、長男の航さん、次男の蓮さん 1994年2月28日 の3人います。 長女の文音さんは、明治学院大学国際学部卒業をして、女優をしています。 長男の航さんは、ラッパーとして音楽活動をしています。 志穂美悦子 長渕剛嫁 現在フラワーアーティスト 現在は、長渕悦子の名前で、フラワーアーティストとして活躍しているそうです。 ものを作るという事をやってきているので、自分の手で何かを作れと言うことは、一緒になったときから、言われていたそうです。 自分でゼロから考えて、何かをしなさいと言うんだとか。 映画などに出演されていたので、チェーンソーを使って氷を削って器にしたりなど、作品がダイナミックです。 パフォーマンスで使う曲は、なんとあの湯川れい子さんに選曲してもらっているのだそうです。 これは、目で楽しむだけでなく、思い白いかもしれません。 お花の写真集も何冊か出版していますが、基本、あまり冊数を多く出版していないみたいなので、まめに志穂美悦子さんのサイトをチェックするか、お花教室で直接買うかしないと入手できないみたいです。 奈良の薬師寺や、ケニアの児童養護施設で、お花を飾ったり、活躍の幅が広いです。 沢山のお花を使った作品が見られますが、さすが、パワフルなんですね。 「徹子の部屋」では、長女が小学校3年生のころ、長渕さんがバンジージャンプを家族でとんだ話が出てきます。 見忘れた方はこちらから??????? 徹子の部屋 1月10日????? 志穂美悦子 — 17. 10 — T. Abebuchi gOEViJXbAH0SAVQ 言われてみれば当たり前なんですが、志穂美悦子さんは、アクションスターだったので放物線を描くように飛び降りるのと、バンジージャンプの真下にとぶのは違うんだそう。 カメラに向かってとぶ事で、ドラマや映画にもなって多くの人に見てもらえるって、そのとき思ったんだそうです。 それを志穂美悦子さんは、1998年2月映像にしてテロップをつけて編集したそうです。 映像の仕事をしていたので、家庭での事を映像に残したりなどをするのだとか。 長渕さんの家には、ひまわりが沢山咲いていたり、鶏小屋を作って、鹿児島から地鶏を3羽もらってきて飼っていたそうです。 10個卵を産んだそうですが、弱っている子を家の中に入れて育てたりして、ずっと飼っていたかったそうなんですが、目の前にマンションが出来ました。 すると、鶏の鳴く鳴き声コケコッコーが夜中の2時、3時に鳴くようになり、ある日、住民の人から「幕を張ってもらえませんか」と言われたそうです。 まとめ もともとアクションスターで出てきた人なんですが、引退していたとは知りませんでした。 ふに思ったことなので、いやな人は、スルーしてください。 志穂美悦子さんは、アクションスターとして活躍している頃、「生と死が背中合わせになっているのが好き」なんだそうで、もしかして前世は、戦国時代とかにいたのかな?なんて思ってしまいました。 前世で、人を切っていたりすると、今生で、人のためになる事をするのが課題だとか。

次の

長渕剛と嫁・志穂美悦子の現在は?元妻との離婚理由は不倫?

長渕 剛 嫁

相田みつをの息子や嫁、詩を盗作した大物歌手は長渕剛!?総理大臣の「どじょう」がヤバイ!【爆報フライデー】 スポンサードリンク 詩人・書道家の 相田みつを(あいだみつを)さんが9月14日放送の「 爆報! THE フライデー」に出演されますね。 相田みつをさんというとよく居酒屋のトイレなどにその名言が飾ってあったりして、やさしい文章で書かれた言葉がなんかジーンと来たりする詩人さんというイメージですが、調べてみたら、実はちゃんとした書道家だったことがわかりました。 ヘタウマな人なのかと思いきや、現代の書道会に異をとなえ、独自の書の道を歩んだ方だったと。 そんな相田みつをさんの経歴やプロフィール、結婚した妻や子供、息子の情報を調べてみました。 そしてなんと過去に自身の詩が結構な大物歌手に盗作されるという事件が起きていたこともわかりました。 早速行ってみましょう。 Contents(目次)• html 本名 相田 光男(あいだ みつを) 生年月日 1924年5月20日 出身地 栃木県足利市 最終学歴 関東短期大学 相田みつをさんの本名は「相田光男」だったのですね。 いきなりの事実にちょっとびっくりしてしまいますね。 簡単な略歴をご紹介します。 1924年、栃木県足利市に生まれる。 旧制栃木県立足利中学校に進学。 在学中に書や短歌、絵に親しんだ。 卒業後は歌人・山下陸奥に師事した。 1942年、歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、在家しながら禅を学ぶ。 1943年、書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を開始。 1953年3月、関東短期大学夜間部国文科卒業。 1954年から毎日書道展に7年連続入選する。 相田みつをさんは「禅」を学んでいたんですね。 相田みつをさんの独特の言葉遣いや人生への教訓のような言葉は思いつきで適当で言っているんじゃなくて、禅の思想なんかに関連しているのかもしれないですね。 だからなにか人々の心を打つのかも知れないですね。 そして毎日書道展に7年連続で入選するなんて、書道家としてもすごい実力の持ち主だったということがわかりました。 調べる前の印象 適当なことを言っているヘタウマな書道・詩人 調べたあとの印象 禅に基づく人生への教訓を技術に裏付けられた独特の書体で書く しかも作品に対して妥協を許さず、「逢」というたった一文字を書くために何百枚何千枚と書き直しをしたこともあるそうです。 相田みつをさん、すみません。 あんなのオレでも書けるくらいに思っていました。。。 相田みつをさんがあの独特の作風を編み出したのは30歳の頃だそうです。 その後の活躍ですが、 になっています。 ちなみに相田みつをさんのこちらの日めくりカレンダーを我が家ではトイレに飾っています。 毎日1つ相田みつをさんの心を打つ言葉に出会えるので、心が荒んでいるときにとても良いんです。 「10年以上、トイレの壁にかけていましたが、さすがにあちこち破れてきたので、新調しました。 新しいカレンダーには、英語が併記されていて、ちょっとした英語の勉強にもなります。 」 Amazonのレビューでも10年以上使っているという声もありました。 相田みつをさんの言葉ってなんかいつも新鮮に響くんですよね。 相田みつをさんの結婚した妻は誰 1954年、相田みつをさんは結婚をします。 相手は、大きな商家の末娘であった平賀千江さん。 出会いは、歌会だそうです。 歌会とか全くどういう場所なのかわからないですが、俳句とか短歌とかを読み合ったりするやつですよね。 そういう場で出会う男女というのはなんとなく文化的でお金持ちというイメージしかないですが、平賀千江さんの実家は相当のお金持ちだったようです。 でも当時はまだ収入がほとんどなかった相田みつをさんとの結婚は、周囲に猛反対をされていたそうです。 その後、お子さんは二人産まれています。 男の子がひとり、女の子がひとりです。 こう書くと幸せな結婚生活のように見えますが、そうではなかったようです。 相田みつをさんの嫁になった平賀千江さんですが、姑である相田みつをさんの母親とは相当確執があって大変な結婚生活だったそうです。 相田みつをさんとお母さんの関係もあまり良くなく、相田みつをさん自身も 「母親のエゴが、結果的には子供自身をみんなダメにしている、とわたしは断言いたします。 」 と言っていたりします。 実は相田みつをさんには二人の兄がいたのですが、ふたりとも戦争でなくなっています。 それが原因で相田みつをさんの母親はちょっとおかしくなってしまったそうです。 そして相田みつをさんを溺愛するようになったそうなんですね。 当然といえば当然のながれかもしれませんが。。。 戦争っていろいろな悲劇を生んだんだなと。 息子を溺愛する母親である姑と息子と結婚した嫁。 考えるだけでも怖い状況です。 千江さんは、相当ひどいいじめにあっていたそうです。 たとえば「あなたの作る食事ではみつをがかわいそうです。 食事も着る物も、こちらで用意します。 」と言って千江さんのことを冷遇していたそうなんです。 息子は現在相田みつを美術館の館長 相田みつをさんは、1991年に亡くなっています。 原因となったのは、なんと道でころんだというのです。 相当ひどい転び方だったのではないかと思うのですが、脳内出血のため急逝してしまいます。 67歳のことでした。 そのとき、最後の言葉になったのが「一文字を書いた大作だけを集めた展覧会を開きたい」という言葉です。 その言葉を聞いていたのが、長男である一人(かずひと)さんです。 一人さんは現在、相田みつを美術館の館長をされています。 一人さんが産まれたのは、1955年9月2日。 千江さんと結婚した翌年になりますね。 名前の由来ですが、相田みつをさんが死んだあとに発見された日記に次のように書かれていたそうです。 「気骨ある人に成長するように、何事も一人でやっていけるように、一日も早く一人立ちできるように、という願いをこめて『一人』と命名した。 また、転じて後、人生の孤独、寂寥、悲哀等を一人で堪えてゆかねばならぬ時の事を考えて、あえて『一人』と名付けた次第なり」 なんとも意味深い名前なんだなと思いました。 人生の孤独、寂寥、悲哀等を一人で堪えてゆかねばならぬというのは、なんとも言えない寂しさを感じる気がします。 そんな悲哀と祈りのこもった名前をもらってしまった一人さんの人生はどういったものだったのでしょうね。 経歴やプロフィールの詳細は見つからなかったのですが、父親である相田みつをさんを相当尊敬していて、その作品と功績を愛しているんだなということがわかります。 父親である相田みつをさんを語った書籍なども出版されています。 息子から見た父親・相田みつをの思い出をまとめた本だそうです。 総理大臣を生み出した詩 相田みつをさんの詩や書が好きな人は芸能界などにも多いようです。 有名なところでは、元日本総理大臣である野田佳彦さんが、民主党代表選演説で相田みつをさんの作品「どじょう」を引用したことあります。 この「どじょう」は相当な話題になって、相田みつをさんの書籍がベストセラーになったりしました。 nikkei. 「どじょうはどじょうの持ち味があります。 金魚のまねをしてもできません。 赤いベベを着た金魚にはなれません」 「どじょうですが、泥臭く国民のために汗をかいて働いて、政治を前進させる。 どじょうかもしれません。 どじょうの政治をとことんやり抜いていきたいと思います」 この言葉で民主党代表の座を獲得し、その後総理大臣に上り詰めたのです。 相田みつをさんのおかげといっても過言ではないのではないでしょうか? 大物歌手に詩を盗作されたことも またひと騒動あった話としては、長渕剛さんが相田みつをさんの詩を盗作したという事件がありました。 それは長渕剛さんのRUNという歌なのですが、 「賽銭箱に100円玉投げたら釣り銭出てくる人生がいいと両手を合わせ〜」 という歌詞が出てきます。 相田みつをさんの「おさい銭」という詩があるんですが、それがこちら。 百円玉一つ ぽんと投げて 手を合わす おねがいごとの 多いこと 確かにちょっと似ているといえば似ていますね。 相田みつをさんのファンから問い合わせがあって発覚したんだそうです。 この問題が発覚したとき、長渕剛さんはすぐに相田みつをさんの詩にインスパイアされたことを認めて謝罪をおこないました。 そして、その後、「人間」という歌も作るのですが、そこにはしっかりと A tribute to Mr. MITSUO AIDA という文字が書かれていたそうです。 また安倍なつみさんも相田みつをさんの詩を盗作したとして謹慎をしたことがあります。 安倍なつみさんの詩はこちら。 「トマトはピーマンになれない トマトは茄子になんかなれっこない」 相田みつをさんの詩はこちら。 「トマトにねぇ肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ」 芸能人の多くの方にもかなりの影響を与えた相田みつをさん。。。 しかし安倍なつみさんの詩はさすがにひどい。。。 最後に 今回は、にんげんだもので有名な相田みつをさんに迫ってみました。 正直、ヘタウマな詩人くらいなイメージしかなかったのですが、実は技巧派の書道家で、思想的には禅の教えに基づいていたというようなバックグラウンドがわかって驚いてしまいました。 いままでこのおっさんいいこと言うなぁくらいの感想しかなかったのですが、禅の教えが入っているのかと思うと、その言葉の重みと言うかその言葉の裏にある意図や広がりをもっと感じ取れそうだなと思いますよね。 トイレに飾ってある日めくりカレンダーをめくるのがまた楽しみになりそうです。 最後までご覧いただき本当にありがとうございました。 その他の気になる関連記事は下をスクロールしてね! スポンサードリンク.

次の