千葉竜介。 南竜介

寺山 竜介(弁護士)|交通事故・示談相談サポート

千葉竜介

年度 所属球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁刺 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 長打率 出塁率 2004 横 浜 10 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0. 000. 000. 000 2005 横 浜 18 10 9 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3 0. 111. 111. 111 2006 千葉ロッテ 7 6 5 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0. 000. 000. 000 2007 千葉ロッテ 10 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 200. 200. 200 2008 千葉ロッテ 21 44 40 5 9 2 0 1 14 2 1 0 1 0 3 0 11 0. 225. 350. 279 2009 千葉ロッテ 15 40 39 6 11 2 1 3 24 8 0 0 0 0 1 0 10 1. 282. 615. 300 2010 千葉ロッテ 57 95 83 16 17 2 0 1 22 4 3 0 1 0 9 2 23 2. 205. 265. 298 2011 千葉ロッテ 32 43 39 5 7 1 1 1 13 3 1 0 2 0 1 1 10 0. 179. 333. 220 2012 千葉ロッテ 11 29 22 1 5 1 0 0 6 2 1 0 1 0 6 0 7 0. 227. 273. 393 通 算 181 276 246 35 51 8 2 6 81 20 6 0 6 1 20 3 71 3. 207. 329. 274.

次の

ファーム試合情報トップ|千葉ロッテマリーンズ

千葉竜介

来歴・人物 [ ] プロ入り前 [ ] 報徳学園高校時代には「竜」と呼ばれていた。 卒業アルバムの高校時代の思い出の箇所に、で足筋が強くなって良かったと書いている。 のに出場。 などで活躍したとは3年間クラスメイトだった。 の5位でに投手として入団。 横浜時代 [ ] 1年目のは登録だったが、あまりにもコントロールが悪かったため、2年目のからに転向。 5月9日の対戦でとして一軍初出場。 その後も守備固めで試合に出る事があったが、安打を放つ事は出来なかった。 6月8日の対戦でからプロ初安打を放ち、7月14日の対戦では広島・のレフト前安打での勝ち越し点を防ぐ好返球を見せた。 ロッテ時代 [ ] 4月27日にとの交換で、と共にに移籍。 9月19日に一軍登録され、スタメン、守備固めなどで起用。 無安打だったものの、9月23日の対北海道日本ハムファイターズ戦で3回にから浅いライトフライを放ち、三塁走者のが生還。 プロ初打点となった。 も主に守備固めとして出場したが、一軍定着はならなかった。 、最終戦で試合途中からセンターの守備に入り、定位置の犠牲フライでのも取れない強烈なバックホームを披露。 このような守備の活躍が評価され、開幕一軍入りを決める。 6月5日の対戦で、からプロ初本塁打を放った。 5月21日の対戦でプロ入り一軍初の猛打賞を記録した。 はやの負傷もあり、守備要員やスタメンセンターとして自己最多の57試合に出場した。 より同姓のが入団し、スコアボードの表記がフルネームの「南竜介」となった。 は11試合の出場にとどまったが、8月25日の戦ではとともにお立ち台に上がったりと1軍でもある程度活躍し、10月6日のでは優秀選手に選ばれた。 しかし、翌日の10月7日に球団から戦力外通告を受けた。 ロッテ退団後 [ ] 2013年は韓国の独立球団・のキャンプに参加していたが、契約には至らなかった。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 10 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0. 000. 000. 000. 000 18 10 9 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0. 111. 111. 111. 222 7 6 5 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0. 000. 000. 000. 000 10 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 200. 200. 200. 400 21 44 40 5 9 2 0 1 14 2 1 0 1 0 3 0 0 11 0. 225. 279. 350. 629 15 40 39 6 11 2 1 3 24 8 0 0 0 0 1 0 0 10 1. 282. 300. 615. 915 57 95 83 16 17 2 0 1 22 4 3 0 1 0 9 0 2 23 2. 205. 298. 265. 563 32 43 39 5 7 1 1 1 13 3 1 0 2 0 1 0 1 10 0. 179. 220. 333. 553 11 29 22 1 5 1 0 0 6 2 1 0 1 0 6 0 0 7 0. 227. 393. 273. 666 通算:9年 181 276 246 35 51 8 2 6 81 20 6 0 6 1 20 0 3 71 3. 207. 274. 329. 603• 2012年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場:2004年5月9日、対7回戦()、8回裏にで出場• 初打席:2004年8月27日、対23回戦()、7回表にの代打で出場、の前に空振り三振• 初安打:2005年6月8日、対5回戦()、8回裏にから左前安打• 初先発出場:2006年9月19日、対20回戦()、8番・で先発出場• 初打点:2006年9月23日、対北海道日本ハムファイターズ19回戦(千葉マリンスタジアム)、3回裏にから右犠飛• 初盗塁:2008年5月25日、対1回戦()、3回表に二盗(投手:、捕手:)• 初本塁打:2008年6月5日、対中日ドラゴンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏にから左越ソロ 背番号 [ ]• 64 (2000年 - 2006年途中)• 65 (2006年途中 - 2012年) 脚注 [ ] [].

次の

ファーム試合情報トップ|千葉ロッテマリーンズ

千葉竜介

来歴・人物 バッキンガム宮殿• 1988年 バッキンガム宮殿結成。 関東、関西等でライブ活動を行う。 1990年 TBSイカすバンド天国に出演。 ベストプレイヤー賞およびファン投票1位獲得する。 1992年 解散後、ソロミュージシャンとして活動。 1999年 ユニットDALI結成。 2005年 自身のレーベルGABIGABI Records発足。 2009年 BQ〜バッキンガム宮殿〜を再結成。 アルバムを発表する。 現在もソロ、バンド、他アーティストのプロデュース等、精力的に活動中。 (1996)監督 主演.

次の