ラストサムライ 映画 動画。 ラスト サムライ(字幕)

映画『ラストサムライ』ネタバレ感想・解説・考察!ハリウッド流のカッコ良いサムライを描く

ラストサムライ 映画 動画

Ent. — All Rights Reserved 主人公オールグレンは、合衆国で酒浸りの日々を送っていました。 かつて白人の士官として、南部の兵やインディアンを多数殺したことがトラウマになっていたからです。 ただ実績はあったため、ある日日本の実業家・大村から、近代化に取り組む日本軍の教官の仕事を頼まれます。 高額な報酬を条件に来日したオールグレンは、技術も熱意もない訓練兵たちに対して嫌気を覚えていきます。 そんなある日、新政府に不満をもつサムライの生き残りの勝元盛次の一派が、鉄道の破壊工作を行ったとの報せと共に、出撃命令が下ります。 勝元たちは時代錯誤の刀と鎧で抵抗しますが、アールグレンの予想通り、日本兵は歯が立ちません。 敗走する中、アールグレンは勝元たちに捕まってしまい……。 Ent. — All Rights Reserved 本作は全面的に、「サムライってこんなところがカッコいいよね」というイメージを具現化したような作品です。 言い換えれば、歴史的に正確なサムライを描いたものではなく、まるでサムライ界のアイドルを示すかのようなものになっています。 大河ドラマに出てくるようなサムライとはまったく別と言っていいでしょう。 あるいは、舞台が過去の日本であるだけで、ヒーロー映画に近いと言ってもいいかもしれません。 超常的なスーパーパワーが使われるわけではないという意味では、マイルドな『』や『』のような感覚でしょうか。 もしくは時代をかなり無視した時代劇でもあるでしょう。 実在した人物を(明治天皇を除いて)登場させない、外国人を脚本にかなり絡ませているという大きな違いもありますが、既存の時代劇らしさも強く感じられます。 なんにせよサムライ映画と言うにはハリウッド流のアレンジが大きくなされており、それを「カッコいい!」と思うか「欧米っぽすぎ!」と思うかで評価が分かれる作風になっています。 Ent. — All Rights Reserved 「カッコいいサムライ」を描こうとした結果なのかどうか、本作は史実と食い違う部分が多数あります。 正確性を重んじる方には目に余るかもしれません。 例えば馬の種類です。 本作ではまだ自動車が普及する時代ではないこともあって馬が多用されていますが、それらが押しなべてサラブレッドになっています。 しかし、日本の在来種の馬は、標高差が激しい日本の地形に合わせて、短足でずんぐりむっくりななものばかりです。 鎖国が終わったころであることを考えると、そういった種も少数なら輸入されていたかもしれません。 そうは言っても、不平士族である勝本の一味がサラブレッドを大量に保持しているはずはありません。 古来の日本らしさを主張するなら、仮にサラブレッドを入手できても在来種を使って欲しかったとさえ思います。 それでも足の長いサラブレッドを採用したあたりは、非常にハリウッドらしいですね。 中盤には忍者が出てきて殺陣を見せたりしますが、忍者は明治期にはいません。 風魔の者が活躍したのは後北条が滅ぶまでですし、伊賀・甲賀の者も江戸時代になってから徳川家のお抱えになったとはいえ、幕府滅亡にともなって職を失っています。 それが明治に集団で戦うのは、まずありえないと言っていいでしょう。 人気で画面映えするから出してみた感が強いです。 身もフタもないことを言ってしまえば、そもそも勝元盛次なんて人物は存在しません。 サムライが朝廷(明治天皇)に挑んだ大きな戦といえば戊辰戦争ですが、その際のトップは徳川慶喜です。 幕府が倒れた後には西郷隆盛が九州で反乱を起こしており(西南戦争)、西郷は勝元のモデルにもされたようですが、相違点も少なくありません。 本作の戦争は戊辰戦争とも西南戦争とも発端が異なりますし、全面的にサムライをカッコよく見せるためのフィクションだと捉える他ないでしょう。 言ってみれば、本作は雰囲気を楽しむ映画です。 史実がどうだというツッコミは無粋でしょう。 「よくわかんないけどカッコイイ」と思えればそれがベストだと思います。 Ent. — All Rights Reserved サムライが天皇に反旗を翻すという話からもわかるように、本作の舞台は当然日本です。 しかし、本作のロケ地は必ずしも日本国内ではなかったりします。 一部の寺社仏閣は実在のものを使用していますが、それ以外の大部分は国外で行われました。 ではどこで撮影が行われたのかというと、市街地はハリウッドのセット、屋外はニュージーランドの北島西海岸にあるタラナキ地方でした。 タラナキ地方は人の手が加わっていない原野や森が多いうえ、タラナキ山(エグモント山)という活火山があったことが決め手でした。 この山は円錐形の独立峰(山脈に連なっていない)であり、角度を調整すると同じ円錐形・独立峰の富士山に見えることがポイントだったそうです。 本作はおそらく1870年代という設定になっていますから、背景も相応の文化レベルになっていなければなりません。 勝元が鉄道建設の妨害をしたりしたように、この頃は都市部で文明開化が急速に進んでいった時期です。 逆に言えば地方で近代化が進んでいたらオカシイですよね。 当然、電柱や舗装された道路が一本映りこんでしまうだけで、設定が破綻してしまいます。 高度なCG技術を使えばそれらを画面上から消すことも可能だとは思いますが、そんなことをするくらいなら、まったく開発されていない外国の土地で撮影をした方が安上がりだったのでしょう。 国内だとたとえどんな田舎であっても、電柱や道路くらいはありますからね。 同様のパターンは他にもあります。 例えば江戸中期のキリシタンの受難を描いた『』も、撮影は台湾で行われています。 こちらだとはっきりと、「日本で撮影するより安かったから」と説明されていて、製作事情を考えると致し方ないところなのでしょう。 もっとも、映像を観るとこれらのロケーション選びには十分納得させられます。 「日本ぽくない!」とはまったく感じさせないのではないでしょうか。 Ent. — All Rights Reserved 捕虜となったアールグレンは、勝元が拠点とする村に連行されます。 美しい未亡人・たかの介護もあって傷を治したアールグレンは、冬の間をその村で過ごします。 はじめは言葉も文化もわからなかったものの、勝元の寛大な措置もあって、次第に彼らに惹かれていきます。 剣を学び、日本語を少しずつ身につけ、さらに夫がアールグレンら日本兵の攻撃で殺されたにもかかわらず、たかが世話をしてくれた事実を知り、どんどん勝元たちを尊重するようになります。 村人たちもよく学ぶアールグレンを受け入れ、謝罪を受けたたかも心を許していきます。 冬も終わったある夜、忍者軍団が村に現れて勝元の暗殺を試みます。 アールグレンは混乱に乗じて村から逃げるようなことはせず、犠牲を出しつつも勝元の身を守ります。 後日勝元は「かつておまえは敵だった(いまは違う)」と言いつつ、天皇の命により上京することを打ち明けます。 オールグレンはなお逃げず、勝元に同行することを決めます。 東京に着いたオールグレンは軍に迎えられ、数か月で一気に組織化された兵隊に驚きます。 さらにその兵を指揮し、勝元の一派を早期に潰す仕事を押しつけられます。 しかし彼はこれを受け入れず、合衆国に帰ろうとします。 その途中で勝元の命が政府に狙われていることを知り、妨害をはねつけて勝元に会いに行きます。 一方勝元は、天皇に対し旧態然とした忠誠を見せるものの、天皇の知見が狭く優柔不断であること、元老院がかつての日本のものを捨て去ることに躍起になっていることから、都内で謹慎処分を受けます。 そこにアールグレンたちが現れ、勝元の脱走を助けます。 村まで逃げられはしたものの、元々政府から目の敵にされていたこと、謹慎処分を破ったことから、戦争は避けられなくなってしまいました。 ちなみに明治初期の上層部にも、似たような構図があります。 明治天皇が践祚した(天皇の地位を継いだ)のはわずか14歳のときでしたし、江戸時代の間は政治的なことはすべて徳川幕府が行っていたので、いきなり指示を仰がれたら困るのは当然です。 また西郷隆盛も、薩摩の幼馴染だった大久保利通の推薦で明治新政府に参加したものの、ずっと日本でサムライとして生きてきたために古い考えを捨てられませんでした。 特に岩倉使節団によって外国を見てきた大久保とは政治(征韓論など)の見方が決定的に違っていたため、最終的に西郷は政府を去って薩摩に帰っています。 その後西南戦争を起こすところも酷似していますね。 勝元もその後政府と戦争を始めます。 戦の経験や兵一人一人の質では勝っていても、兵力差は大きく、トドメにガトリング砲を使われたことで、サムライはオールグレンを残して全滅します。 ただ、勝元の死にざまに日本兵はひざを折り、天皇もまた彼が遺した刀を丁重に掲げるのでした。 Ent. — All Rights Reserved 終盤での描き方からすると、勝元の目的は「死んでも天皇に武士道を伝える」ことにあったと考えられます。 そして天皇は遺された刀に対し、その心意気を買ったかのように見受けられます。 一見すると、勝元の覚悟が報われたように思えなくもありません。 けれど、武士道ってなんなんでしょうか?作中ではあたかも背中で語るかのような雰囲気が出ていますが、具体的なところはかなりふんわりしています。 勝元に政治的理想があったようにも、新政府になにか落ち度があったようにも見えないだけに、いっそうよくわかりません。 そもそも武士道という言葉は、新渡戸稲造によって1900年から広まった経緯があり、それ以前に広まっていたのかは非常に怪しかったりします。 では「言葉がないだけでサムライにはなにか信条があったのでは?」というと、サムライの姿・立場も時代によって変化しているため、一貫性が無く、これと定められるものも特にありません。 たとえば「戦いかた」を指して武士道と言うときもありますが、武具・防具・馬具・教育水準などによって変わるため、これと定められるものはありません。 勝元が天皇に戦術指南をしたかったとか考えにくいですしね。 「倫理観」もほぼ同様です。 江戸時代より前だと、各家ごとに家訓や法のかたちで倫理が定められていたはずですので、裏を返せば全国のサムライに共通の道徳なんてあったはずはありません。 江戸時代に入ると幕府が朱子学を奨励したり、水戸黄門(徳川光圀)や斉昭が水戸学を後押ししたりしてサムライの教化を図っています。 ただこれも、勝元が教えたがったことだとは思えません。 もっともイメージしやすいのは「肩書き」ではあります。 「士農工商」と言われるように、江戸時代においてサムライ=武士は農民や商人などより立場が上でした。 金銭的・実利的に得をしていたかどうかはさておき、武士は自分が武士であることにかなりの誇りを持っていたと思われます。 明治に入って四民平等の政策が採られ、武士の特権だった帯刀も禁止されたのに前後して、不平を持った武士による反乱が起きたり、武士だったのに平民籍に入れられた伊達家の子孫によって士族復籍の儀請願が出されたりしていることからも、「カタチだけでも武士でいたい……」という気持ちが伝わってきます。 勝元のモデルは西郷隆盛とされており、西郷は不平士族の反乱における大将になっていたと考えると、「戦いかた」や「倫理」よりは説得力があるでしょう。 とはいえ、「勝元らは自分の肩書きにしがみつきたかったから戦った!」というのは、とてもロマンに欠けています。 できればそうは思いたくないのが正直なところでしょう。 「じゃあ他にはないの?」というと……。 あとは、「サムライの雰囲気」のような非常に曖昧なものだけになってしまうような気がします。 元の話とほぼ戻ってきちゃいますね。 そんな曖昧なもののために命をかけた、というのは一般的な感覚からするととても奇妙ですが、色々考えこんでいる地点で武士道からは遠ざかってしまっているのかもしれません。 ついでの話をすると、日本はその後太平洋戦争で敗戦するまで日本主義・国粋主義を経由しつつ右傾化を進めて(欧米に対し排他的になり、日本らしさを追求して)いきます。 現実には勝元盛次なんていなかったにも関わらずです。 その際サムライのような刀と鎧がもてはやされたか?というと肯定しにくくはありますが、それでもやはり日本は日本らしさを完全には捨て去れなかったと考えられます。 その辺まで考えるとなおさら「勝元の行動にはなんの意味があったんだろう……」と思わされるのですが、これ以上はもう、考えたら負けなのでしょう……。 Ent. — All Rights Reserved 『ラストサムライ』は外国人監督による作品であり、日本人からするといくらでもツッコめる要素があるほど脇が甘いです。 各人物の思想もほとんど不明瞭で、思わせぶりな時代設定から人間ドラマとしての魅力を期待すると、最終的に消化不良になるとも思います。 一方で、だからこそ表現できたカッコよさもあります。 政治的な会話がないからこそ無常に死にゆくサムライの姿がよく出ているとも解釈できます。 なんにせよ、マニア向けの映画と言うよりバリバリの大衆向け、とりわけ「とりあえずイケメンのサムライが見たい」という人向けの映画でしょう。

次の

ラスト サムライのレビュー・感想・評価

ラストサムライ 映画 動画

ネタバレ! クリックして本文を読む 見たのはDVDが出た直後。 それを購入した知人に借りての視聴だったので10年以上前。 細かい部分の記憶はないがかなり印象的な作品だった。 アメリカ人から見た日本。 桜の色は八重じゃなければほとんど白に見えるくらいの淡いピンク色であるという認識がまず欲しい。 じゃなきゃ商店街の電柱に刺さってる造花色になる。 さて内容ですが。 渡辺謙は西郷さんだと思って見た。 西郷は島津斉彬に忠誠を尽くしていたあまり、その死後弟の島津久光が君主になっても彼をリスペクト出来ずに何度も島流しにあっている。 それを再三 中央に引きずり出すのは幼馴染みの大久保利通であった。 その後、大政が奉還されて明治が始まり、岩倉らがヨーロッパに視察にいってる間に政治を任されるも帰国した彼らとの意見が合わず終いに「征韓論」を言い出しそれが決定打となり中央政治から去る。 武士はもはやただの厄介者であったその時代にあって、彼らはそれぞれどう生きるべきか、そしてどう死すべきか答えを出せずにいた。 「北の零年」という映画では温暖な気候の土地の大名が北海道の開拓地をあてがわれ、その土地に殿を迎えるべく開墾を始めるも稲の生育の北限を過ぎている土地では叶う訳もなくその上 着る物も持たず餓死凍死してしまう人々の姿を描いており、渡辺謙自身がその筆頭家老を演じている。 話を戻すと、 武士という、既にいらない教義を頑なに身に纏ってしまい、明治においての生き様はもはやないと確信した男たちは、いかにして死すべきかだけが目的で西南戦争に突入する。 勝てるであろう戦術も使わず、ただ潔く死ぬその場所を求めて。 西郷は参戦を渋るも戦いにおけるカシラとなる人物が必要であったため再三の要請に従いリーダーとなる。 作家の浅田次郎氏は、これに見事な推察をつけていて、西南戦争は大久保と西郷が、その後起こす日清戦争のプレ試合だった、集団戦法をした事のない日本の軍隊にそれを実践させる予行演習として利用したのだ、というネタで書かれた本があるが、これを読んで、ない話ではないと感じたものだった。 西郷は、時代に不必要となってしまった武士たちの死に場所を引導すべくそこにあった。 仁王立ちとなり、我が身に当てろといわんばかりに立ち尽くした田原坂。 史実と重ね合わせ それらを思って見ると、この映画は号泣ものなのである。 ハリウッドが大金かけて、ここまで日本をヨイショしてくれるとは・・・。 こんな金のかかりそうな撮影は、日本はできませんよ。 コテコテのハリウッド映画。 この映画の面白いところは、アメリカ人が「そうであって欲しい」と願っている「日本」が描かれているところ。 史実とは大分違うけれど、それがやりたいんなら、別に良いと思う。 徹底的に史実を改変していただいて、一向に構わない。 むしろ、俺は面白かったよ・・・。 大絶賛。 スピリチュアル武士道!万歳!万歳! ・・・であるからこそ、ツッコミどころ多くて面白いのが、本作の魅力www。 まず、武士道が宗教になっちゃってる。 トムのアルコール依存症もたちまち治っちゃう。 俺も入ろうかなwww。 てゆーか、渡辺謙率いる反乱軍が住んでいたサムライ達の集落、なんだあの桃源郷は笑?武士道の聖地か何かですか? あのさぁwww江戸時代の武士ってのはサラリーマンなのですよ。 今でいう「企業戦士a. a社畜」みたいなもん。 廃刀令における反乱は、武士の既得権益(経済・地位)を守るための反乱。 彼らの行動原理は刀への信心ではないからwww。 続いて刀繋がりで・・・ 刀だけで鉄砲に対して突っ込むとか、んなアフォなwww。 (まあ仕方ないか。 この映画の中での武士道は宗教だもんな。 ) 榎本武揚率いる旧幕府軍の装備でさえ西洋化されていたでしょう? それで分かるでしょう?本当は武士道を守ろうなんて崇高な人間は一人もいなかったってことがさwww。 西欧の武器商人が西南戦争時の旧式装備を日本の両軍に売りつけて、日本列島で殺し合いを勃発・・・これ以上は陰謀論になるのでよそうwww あとみんな気づかないのかな?これ。 武士(というよりは当時のほぼすべての日本人)は天皇に対して忠誠を誓っていませんよ?www。 彼らの主君(雇い主)は幕府であります。 そもそも、天皇=神、という考え方を国民に広めたのは明治政府です。 岩倉使節団は、アメリカの強さの根源は絶対神(キリスト教)にあると分析し、それから天皇が絶対神になったのです。 まあだから、アメリカ人が、天皇がキリスト教みたいなもんなんだと勘違いするのも無理はないのですが・・・。 ジャポンといえば寿司・天ぷら・芸者・忍者! その忍者が無理やり登場・・・やっぱ忍者を登場させたかったんだろうなぁ。 我慢しきれず登場させちゃう中二病精神はベリベリグッドです! でもね。 本作の忍者はアメリカの特殊部隊にしか見えなかったよ。 ・・・いやぁ、本当に楽しい映画だ・・・ 善玉と悪玉を作るなどバランスを取ってるのがうかがえます。 私腹を肥やす、出世だけしか考えてないという陳腐な悪玉設定はいかにもハリウッド的ですが。 でも官軍側 つまり元サムライ が勝元に敬意に払うシーンはなんか感動してしまいました。 日本人全般の描きかたは、あまりハリウッド臭がなくて好感が持てました。 騎馬の登場の仕方なんかは黒澤映画の影響受けてる感じですね、まあ侍の映画を撮るとなれば、参考にするのは当たり前か。 殺陣だけでなく馬のアクションにもこだわってる気がしました。 それにしてもこの映画の小雪は美しいなぁ。 小雪が作中ほぼ唯一の女性という男くささ全開の映画なのでひときわ癒されます。 見とれます。 台詞も素朴で多くないけどかえってそれがいいんでしょうね。 「グローリー」の監督だったんですね。 「グローリー」より良かったと思うけどそれは南北戦争と幕末維新とで関心度が違うからだけかもしれません。 トム・クルーズ演じるネイサン大尉が、実在の人物だと錯覚するほどストーリーが良く出来た作品。 ただ日本人として不自然さを感じないよう吹き替え版でこの映画を観た。 日本人に人気のトム・クルーズを採用したのはビジュアル的には成功だったし、渡辺謙、真田広之のハリウッド映画デビュー作としても世界的には成功して良かったと思う。 日本国の描き方はイマイチだが、武士道精神を理解しようとする努力は感じられた。 現代の日本人でも武士道はもう解らないのでは・・ 笑 明治初期の国内は、攘夷か開国かで旧幕府軍と新政府軍が争っていたので、サムライと鉄砲隊の戦争はフィクションで創作となると色んな面で少し難しいかな・・まぁ、とにかくハリウッド映画の派手さは映像からは充分感じられた・・2003年のアメリカ映画。

次の

映画『ラストサムライ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

ラストサムライ 映画 動画

視聴はお控えください Openload や9tsu、無料ホームシアターなどの海外動画共有サイトで配信されている動画は、著作権法や象徴権を侵害している恐れがあります。 法律に触れることはもちろん、フィッシング詐欺やウイルス感染によるスマホ・パソコントラブルの原因となります。 こうした動画共有サイトでの動画の視聴は控える事をおすすめします。 また、著作権については、保護の・違反に対しての厳罰化の法改正がされました。 (詳しくは「」WEBサイト参照) 著作物の取り扱いについては注意喚起が「」と「」からもされています。 以下で紹介する動画配信サイトは安全に作品を視聴することができます。 動画配信サービスをチェック 映画「ラスト サムライ」を無料で視聴できる動画配信サービスを確認します。 *無料視聴比較は調査時点の情報となります。 映画「ラスト サムライ」無料視聴方法 U-NEXTで無料視聴 映画「ラスト サムライ」はU-NEXTで無料視聴が可能です。 U-NEXTは通常登録の場合、月額2189円(税込)動画配信サービスですが、U-NEXTに初めてのお申し込みの場合、登録から31日間無料で利用することができます。 画像出典:U-NEXT 作品は登録時にもらえる無料ポイント(600ポイント)を利用するか、または、見放題作品であればポイントを利用せずに視聴することができます。 また、U-NEXT経由からの登録するメリットとして、U-NEXTで配信されている見放題作品も視聴することが可能。 ポイントは電子書籍の購入も利用できるので、新作作品をご覧にならない方は、電子書籍購入にポイントを利用するのもおすすめです。 (再登録の時点で月額料金が発生します) ですが、ご安心ください。 この ポイントで新作映画2本の視聴が可能です。 もちろん、見放題作品も充実しています。 ただ、U-NEXTの配信数には敵いませんが…。 映画は自宅の大画面で見たい!などの、こだわりのある方にもおすすめのサービスです。 あらすじ.

次の