グレイシア 育成。 グレイシアについて 〜育成考察2〜

【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

グレイシア 育成

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 受け回しに強く出られる 環境に多いドヒドイデやヌオーなどに対してフリーズドライ、アーマーガアを抜くS調整をして上からふぶきを打つことで有利な状況を作れる。 また、 C種族値130は対戦環境でTOP10に入る数値なので、タイプ一致のふぶきはメインウェポンとして申し分ない火力を出せる。 素早さ調整はアーマーガア意識 Sの努力値を28振ることで4振りのアーマーガア抜き 実数値89 、44振りで20振りのアーマーガアを抜く 実数値91 ことができる。 もちろん相手の調整次第ではあるが、アーマーガアを仮想敵に入れている型なので、この辺りの素早さラインも意識しておこう。 特殊耐久を活かした反撃ができる 自身の元々の耐久に加え、チョッキのおかげで 特殊アタッカーに一発で倒されることはほぼない。 ミラーコートによって受けたダメージを跳ね返して、逆に相手を突破することもできる。 ダイマックスは慎重に フリーズドライやこおりのつぶての効果を活かすためにも、基本的にはダイマックスせずに戦っていきたい。 一方で、特性のゆきがくれとアイスボディはダイアイスによる天候変化と相性が良いため、戦況によってはダイマックスすることも考えよう。 物理耐久に寄せることもできる B種族値110を活かして物理耐久に努力値を割くことで、ウオノラゴンのエラガミを耐えるような調整も可能になる。 この耐久力のおかげで後攻からでも打ち合えるため、先発に選出することもできる。 堅実に効果を得たいなら「アイスボディ」、ハイリターンを求めるなら「ゆきがくれ」にしよう。 2つとも、あられ状態でしか効果がない点に注意。 アーマーガアを抜ける調整がおすすめ グレイシアは、 Sで勝っていれば受け出しのアーマーガアを倒せる可能性がある。 S4振りアーマーガアを抜けるS28振りをベースにしよう。 高いCを活かすため、Hから削っていくのがおすすめだ。 フリーズドライが優秀 フリーズドライは、みずタイプに抜群を取れる変わったこおり技。 これにより、 ドヒドイデやヌオーに対して強く出られる点が強力。 耐久ポケモンに多いみずタイプに強いため、厄介な受けループを崩すことができる。 高い特攻を持つが、こおり技を半減してしまえば驚異ではない。 ただし、等倍のアーマーガアは絶対的有利にはならないため注意。 物理特化で突破 はがねやかくとうタイプの物理特化であれば、上からグレイシアを倒せる可能性は高い。 しかし、かくとう技は環境に多いドラパルトやミミッキュには効果がないので同じパーティに入っている場合は注意。 回復力の無さを突く グレイシアは耐久力が高いが、回復技はねむるとねがいごとのみ。 継続した回復ができないため、高火力のアタッカーであれば素早く処理できる。 ミラーコートを持つ場合があるので、特殊アタッカーで戦う際は警戒すること。 ダイマックスする可能性は低い グレイシアは、元の性能が特殊なこおりのつぶてとフリーズドライを使う関係上、ダイマックスをしてこない可能性が高い。 こちらが先にダイマックスを切って突破し、数的有利を積極的に取りにいく立ち回りもある。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策【超火力だけじゃない対面操作も可能な雪の精】

グレイシア 育成

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 受け回しに強く出られる 環境に多いドヒドイデやヌオーなどに対してフリーズドライ、アーマーガアを抜くS調整をして上からふぶきを打つことで有利な状況を作れる。 また、 C種族値130は対戦環境でTOP10に入る数値なので、タイプ一致のふぶきはメインウェポンとして申し分ない火力を出せる。 素早さ調整はアーマーガア意識 Sの努力値を28振ることで4振りのアーマーガア抜き 実数値89 、44振りで20振りのアーマーガアを抜く 実数値91 ことができる。 もちろん相手の調整次第ではあるが、アーマーガアを仮想敵に入れている型なので、この辺りの素早さラインも意識しておこう。 特殊耐久を活かした反撃ができる 自身の元々の耐久に加え、チョッキのおかげで 特殊アタッカーに一発で倒されることはほぼない。 ミラーコートによって受けたダメージを跳ね返して、逆に相手を突破することもできる。 ダイマックスは慎重に フリーズドライやこおりのつぶての効果を活かすためにも、基本的にはダイマックスせずに戦っていきたい。 一方で、特性のゆきがくれとアイスボディはダイアイスによる天候変化と相性が良いため、戦況によってはダイマックスすることも考えよう。 物理耐久に寄せることもできる B種族値110を活かして物理耐久に努力値を割くことで、ウオノラゴンのエラガミを耐えるような調整も可能になる。 この耐久力のおかげで後攻からでも打ち合えるため、先発に選出することもできる。 堅実に効果を得たいなら「アイスボディ」、ハイリターンを求めるなら「ゆきがくれ」にしよう。 2つとも、あられ状態でしか効果がない点に注意。 アーマーガアを抜ける調整がおすすめ グレイシアは、 Sで勝っていれば受け出しのアーマーガアを倒せる可能性がある。 S4振りアーマーガアを抜けるS28振りをベースにしよう。 高いCを活かすため、Hから削っていくのがおすすめだ。 フリーズドライが優秀 フリーズドライは、みずタイプに抜群を取れる変わったこおり技。 これにより、 ドヒドイデやヌオーに対して強く出られる点が強力。 耐久ポケモンに多いみずタイプに強いため、厄介な受けループを崩すことができる。 高い特攻を持つが、こおり技を半減してしまえば驚異ではない。 ただし、等倍のアーマーガアは絶対的有利にはならないため注意。 物理特化で突破 はがねやかくとうタイプの物理特化であれば、上からグレイシアを倒せる可能性は高い。 しかし、かくとう技は環境に多いドラパルトやミミッキュには効果がないので同じパーティに入っている場合は注意。 回復力の無さを突く グレイシアは耐久力が高いが、回復技はねむるとねがいごとのみ。 継続した回復ができないため、高火力のアタッカーであれば素早く処理できる。 ミラーコートを持つ場合があるので、特殊アタッカーで戦う際は警戒すること。 ダイマックスする可能性は低い グレイシアは、元の性能が特殊なこおりのつぶてとフリーズドライを使う関係上、ダイマックスをしてこない可能性が高い。 こちらが先にダイマックスを切って突破し、数的有利を積極的に取りにいく立ち回りもある。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】グレイシアの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

グレイシア 育成

もくじ• 8倍になる。 また、『あられ』によるダメージを受けない。 グレイシアは、 こおりタイプでも随一の特攻値を持ち、耐久性能も高めのポケモンです。 タイプ一致「ふぶき」の威力は凄まじいですね! 特性はどちらも「あられ」で効果がありますが、ダイアイスで簡単に発生させられます。 あられ状態では「ふぶき」が必中になりますし、よりグレイシアが暴れやすい環境になりますね。 今作ではこおり技が通りやすい環境にありますし、グレイシアは前作以上に活躍できます。 ただ、素早さはそこまで無いので、上を取られがちな点は注意が必要です。 5倍」こおり 性格 ひかえめ 努力値振り HP252、特攻252、素早さ6 道具 たつじんのおび 技構成 ふぶき、フリーズドライ、シャドーボール、こおりのつぶて こちらのグレイシアは、 高い特攻値と耐久力を活かした特殊アタッカー型です。 HP極振りで低いHPを引き上げ、両受けが出来るようにしています。 基本的に後攻から殴ることになるので、耐久力を持たせないと簡単に倒されがちです。 持ち物は「たつじんのおび」にし、弱点の付ける範囲を少しでも広げるための技を採用しています。 「ふぶき」は、言わずもがなのグレイシア最大火力の技です。 他に打点の持てる技がない時は、こおり状態を狙って放ちましょう。 命中率は低いので、基本的にはダイアイスで「あられ」にしてから使う方が良いですけどね。 ダイアイスの威力が140になりますし、ダイマックスとの相性はいいですね。 「あられ」であれば、特性で相手の命中率を下げられるのもお得です。 ナットレイでも乱数2発で落とせますが、 HB振りナットレイのジャイロボールで低乱数一発なので注意が必要。 そして、 「フリーズドライ」は、みずタイプにも弱点を突けるこおりタイプの技です。 環境上位の「ドヒドイデ、ギャラドス」などへの対策として超有効ですね。 ダイマギャラドスを高乱数一発、H振りドヒドイデを確定2発で落とせます。 ダイアイスではフリーズドライの効果が乗らないのは注意。 「シャドーボール」は、苦手な鋼やほのおタイプへの打点や、ミミッキュなどのゴースト処理に使えます。 「こおりのつぶて」は、上を取られて確実に落とされる時や、タスキつぶしに使います。 とは言え、ドラパルト・サザンドラ・トゲキッスに4割程度は入るので、後続で倒しやすくなりますね。 「あられ」状態のダメージも乗れば、確定2発ラインに入れるかどうかって感じです。 まとめ 耐久寄りの特殊アタッカーとして活躍できるグレイシア。 ブイズでは最も美人系だと思いますし、個人的にも最も好きな進化系ですね! こおり技の通りはいいと思うので、たまにグレイシアを入れてみるのも面白いですよ。

次の