未来 の ミライ ひどい。 『未来のミライ』つまらないと思う理由は娯楽映画として見るからだ!│いぬころ

【未来のミライの声優一覧】下手で違和感ひどいから内容が入ってこないって本当?

未来 の ミライ ひどい

・主人公で本名は「太田訓」 ・4歳の男の子 ・妹「ミライ」が生まれ、複雑な心境 ・電車が大好き ・わがまま こんな感じです。 ただ、 わがままとレッテルを張って、敬遠してしまうと可哀そうな部分もありますよね。 正直言って、みんな同じ道を歩むんですから当たり前のことなんですよ、これって。 要は、普通の男の子です。 この年頃の男の子を育てている夫婦の場合はかなり重なる部分があり、ちょっと憎らしくも見えてくるのかもしれませんね。 我が家の場合は、数年前に通り過ぎているので懐かしいな~という感じで見ています! ただ、その時に戻れと言われるとちょっと考えものですけどね。 くんちゃんの声に違和感…ネット上の感想や評価まとめ! そんなキャラクターのくんちゃんに対して、声に違和感を持つ人が続出している模様です。 その 声優さんとは、 上白石萌歌ちゃんなんですよね。 そのうえで、まとめると4歳児の声にしては大人すぎるってあたりが「 合わない」「 ひどい」「 違和感」という感想に繋がってるわけですね。 そして、その声を自然に聞き取れないことで、作品の構成全体に影響を及ぼす結果になっているあたりが、この作品の評価に繋がっていると言ってもいい部分もありますね。 感想についても、多くはこの声が理由でネガティブなものが多数含まれていますね。。。 これに加えて、残念ながらくんちゃんの性格と言うかこの年頃特有と言うか…当然周りのことなんて気にしない子供ですから、嫌悪感を抱かざるを得ない人たちが一定数いる訳ですね。。。 まあ、ある意味では、リアルな子育て環境ってこういうもんですよ。 ですから、子育てをしたことない人達へ、大人視点でのその大変さ、そして、子供も状況に対する葛藤の中で戦っているという感覚が伝わることを願う感じですね。 電車の中やお店で子供がわがままで騒いでいたり、暴れたりされると「親はどういう躾をしているのか!」って感覚になりますが、子供ってそういうもんなので、親を責めないで欲しいと思いますよね。 その辺の状況を考えてもらう機会にもなるかな。 と密かに願っています。 Sponsored Links くんちゃんのキャラに合わない声優を選んだ細田守監督の基準って何? で、ちょっと込み入った話になってしまいましたので、軌道修正して、そもそも、くんちゃんの キャラに合った声質の声優さんを起用しなかった理由って何なんでしょうか? 裏を返せば、なぜ、キャラに合わない声優さんを選んだんでしょう… 細田守監督の選考基準が気になりますね。 で、 オーディションの時のエピソードなのですが、実は監督は小学校4年生くらいまでの子を抜擢しようとしていたらしいです。 お~、なるほど、子供役は子供に…えっ???? ちょっとこの時点で方向性が見えていたようですね。 監督の中では実際の4歳児よりも少し少年的なイメージの声を探していたってことですよね。 きっと、その視点で選考していれば、仮に 上白石萌歌ちゃんじゃなかったとしても、同じようなテイストになっていたって話ですね。。。 ってことで完全に細田監督のセンスが一般感覚と異なっていたって話が一つ。 そして、そもそも上白石萌歌ちゃんはくんちゃん役ではなく妹・ミライ役でオーディションに参加していたらしいです。 その中で、監督的にも「声に違和感があった」ということは認識されていたらしい。。。 じゃあなぜ、それでも起用したのか? それは、 「 泣き声のイメージがジャストフィットした」 から、みたいです。 マジかよ…って感じですね。 やっぱりヒット作品を生み出す監督の感覚ってちょっとクレイジーなんですね! これは当然「 誉め言葉」ですよ! だって、一般人と同じ頭脳をしているとすれば、『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』みたいな素晴らしい作品を作ることなんてできるはずないからです。 実際、自信をもって細田監督が選択した声優さんですから、その選定理由の「泣き声」に注目して作品を見返してみると楽しいかもしれませんね! とは言え、それでも受け入れられない方は、こういったものもありますよ! 作品のストーリーを純粋に楽しめるはずです! それでは!.

次の

未来のミライのくんちゃんの声優が下手で合ってない?ネットの反応まとめ!

未来 の ミライ ひどい

下記クリックで好きな項目に移動• 未来のミライの声優はひどいと話題!? ネットでは、 未来のミライの声優がひどいのでは?という不安視する声が上がっています。 ツイッターでは、 未来のミライの予告見る度に主人公の男の子…くんちゃん?の声があってなさすぎてめちゃくちゃ嫌いなんだけどなんか…いや声優使わないとかそういう信念あるのは別にいいけどそれにしたって幼児から出たら不快感しかない声やろこれ — やた xxxz2427ro 未来のミライは男の子の声が不快なので映画館でミナイ。 『 いい話なだけに、声だけはちゃんとした声優を使ってほしい』といったところでしょうか。 くんちゃんの声に不満が続出しているようですね… 4歳の子どもなだけに、低い声はちょっと…落ち着きすぎてる感がありますよね。 しかし、俳優を起用することによっていい宣伝になるのでしょう。 星野源の吹き替えの評価は・・・ この作品で注目されている一人である、 星野源。 今作では、 姉妹のお父さん役の声を担当しています。 細田監督からは、 「おとうさん自身が何かを探して追い求めているようなおとうさん像みたいなものを星野さんに演じてもらうと」と話し始め、「『おとうさんって本当にこういう人だったんだ』と発見することが多くて、本当にすばらしい体験でした」と星野を絶賛されています。 細田監督からは、4歳児男児を演じきった上白石萌歌を賞賛する声が上がっていますが、ネットでは、 『未来のミライ』は細田守監督の作品を楽しみに待つという異常事態を引き起こしているわけだが、主人公くんちゃん役の上白石萌歌の声があまりにも女の子っぽくて、そこんところが気がかりだなあ。 — はぎやん ohagiyan 未来のミライのくんちゃんがめちゃくちゃかわいいのに声だけ残念。 非常に残念。 幼児役は素直に子役にしてくれ。 — ゆうきち tyn1812 とネットでは、不評な声が上がっています。 4歳児の声ってなかなか難しいですよね… そもそも、4歳児の声ってどんな声ってなります 笑 細田守監督作品=声優がひどい!? 細田守監督作品は、 声優がひどいということで、話題になっています。 スタジオジブリと並んで、出せば売れる状態の不動の人気を誇る細田監督作品ですが、声優がひどいとのこと、 その理由は、 本業の声優ではなく、俳優を起用すること! です。 バケモノの子では、• 宮崎あおい• 広瀬すず• 染谷翔太 をはじめとする俳優陣が声優として参加しています。 やはり、いい作品なだけに、声優を起用してほしいというファンの声が多く上がっています。 しかし、売れている俳優を出すことによって宣伝となっているのも確かです。 未来のミライ声優は期待できるかも? 未来のミライの声優は、このように俳優が多く起用されています。 過去作でも、俳優陣が声優に起用されて、酷評されていました。 なので、今作品でも同じようにネットでは、不安視する声が多く上がっていました。 しかし、作品自体はとてもいい内容になっていることは間違いないので、期待できます。 また、星野源のお父さんの声が、とても気になります。

次の

未来のミライを鑑賞しました。とにかく、くんちゃんの声が酷い...

未来 の ミライ ひどい

スポンサードリンク 映画「未来のミライ」を見た人々が、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいから、内容が入ってこないというの感想・評価をもってます。 「未来のミライ」は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『バケモノの子』など大ヒットアニメ映画を手掛けた細田守監督作品なのですが、そんなに声優が下手だったの理由はなんでしょう? あらすじは、4才の男の子くんちゃんが、突然現れた謎の少女ミライちゃんとともに時空を超えた大冒険に出て、家族の愛情や絆をたくさん感じる物語です。 主人公4才くんちゃんの声優を、女優の上白石萌歌さんが演じてるのですが、どうやらこれが、声優がひどい下手で、合わない違和感がすごいことになった理由のようです。 細田守監督はオーディション、くんちゃんの泣き声と、犬の鳴き声を演じさせたらイメージに合うということで起用されました。 上白石萌歌さんは保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、しゃべったり、役を模索したそう。 ミライちゃん役には、黒木華さんがオーディションで選ばれてます。 くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた謎な少女役。 黒木華さんも姉弟がいるから、くんちゃんに共感できる部分があったそう。 「未来のミライ」も同じく声優に対して「違和感がすごい」「ひどい」「合わない」など下手だというボロクソな感想・評価が目立ちます。 映画の内容は面白くて良かったけど、声優が下手でキャラクターに合わない違和感があり、細田守監督作品ファンでさえ、なかなか物語に入り込めなかった人がいたほど。 一方で、おとうさん役の星野源さん、おかあさん役の麻生久美子さん、若い頃のおとうさん役の福山雅治さん、駅員ロボット役の神田松之丞さんは、声が良かったと声優が評価されてますが、くんちゃんの声優が下手すぎてそういった良い感想はほとんどかき消されてます。 予告動画でくんちゃんの声優演技が聞けます。 視聴者の感想は 「マジで下手くそすぎる」 「ヤバイぐらい下手で上映中にすごいイラっとしてた」 「声優ひどいな、聞くに耐えない」 「自転車乗るシーンの喘ぎ声なんだよ、完全に女じゃねぇかよ」 など酷評の嵐です。 上白石萌歌さんは18才の女性なんですが、声が4才の男の子に寄せておらず、16才も年上の18才女子そのままの声なので、違和感がすごいんです。 なので視聴者の感想は 「4才の子の声に全く聞こえない」 「初っ端から4歳児に思えない声」 「声が大人過ぎて動揺隠せない」 「声優合ってない」 「受け付けませんでした」 「くんちゃんの声に違和感」 「すさまじく不自然な声」 「しっくりこない」 「主役の声が壮絶に合ってない致命傷」 「役満振り込みレベルの痛手」 そして声優が合わない違和感ばかりか、主人公がしゃべるたびに虫唾が走るなど、視聴者に不快感まで与えてしまってるのでした。 映画そのものは、4才の男の子のリアルな描写に細部までこだわってるにも関わらず、声が完全に大人の声なので、違和感がすごいんです。 なので「子供の声優使えば良かったのに」という感想をもつ人は多いです。 「未来のミライ」は海外でアニー賞(インディペンデント部門)作品賞を受賞してるのですが、英語版の声優はちゃんと子供の声優を使ってようなのです。 子供の顔が子供の声をしゃべってるので、すごく自然ですね。 「どうにも入り込めなかった」 「悪いけど下手くそすぎて中身入ってこなかった」 海外版は子供の声なのに、日本版はやっぱり話題性を狙って芸能人声優を起用したのでしょうか?「代理店の計算高い嫌な感じ」が透けてみえる人もいたのでした。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。

次の