トンイ 57 話 あらすじ。 トンイあらすじ第58話

トンイ

トンイ 57 話 あらすじ

粛宗の決断でトンイは宮廷から追い出される トンイの望みが、世子とヨニングンも王位を継がせることでどちらも救いたいと粛宗は知ります。 そこで粛宗は、国事の一切を中止してこのことについて考え続けます。 一方、王妃はヨニングンを王にしたいなら王気が流れる家になぜ住まないのかと息子を出宮させたくないトンイを理解できません。 そして考え抜いた結果、粛宗は重大な決断を下します。 それは世子に王位を継がせトンイを宮廷の外に追い出すことでした。 粛宗の本心はヨニングンを救うこと 重臣たちには国を継ぐのは世子だけで今度から朝廷に同席させると宣言し、トンイを出宮させてイヒョン宮で暮らさせることも言い渡します。 淑嬪(スクピン=トンイのこと)様は僕をかばってくれたのにと王命の取り消しを願う世子。 老論派や監察府の面々もトンイ追放の命令に驚きと反発を隠せません。 トンイの望みが反逆だと誤解されたと思ったチョンスは粛宗に言い寄ります。 トンイは粛宗の決断に従う覚悟は決めていました。 そしてこれには深い意味があると察するのでした。 それは、世子に禅位することによってヨニングンも世子も救おうとしていることを粛宗から聞かせれトンイは驚きます。 そうすれば世子が王になり、ヨニングンが王位継承予定の世弟になれるからです。 粛宗はソ・ヨンギやシム・ウンテクの反対を押し切り、行宮へ行き禅位の準備を進めます。 bs-tvtokyo. html チャン・ムヨルの反乱 粛宗の行動を怪しんでいたチャン・ムヨルが禅位計画を悟ります。 ヨニングンが世弟になるとトンイ派が権力を握るので阻止しなければなりません。 それを受けて粛宗がいない間に宮廷で全兵力を掌握するのでした。

次の

韓国ドラマ トンイ あらすじ 57話~60話(最終回) 感想

トンイ 57 話 あらすじ

Contents• 《 トンイの概要 》 1680年3月初旬の深夜、ある湖畔で司憲府大司憲(サホンブ テサホン)チャン・イクホンが何者かに重傷を負わされ、後に帰らぬ人になる。 その事件の容疑者として、無実の罪を着せられたチェ・ヒョウォンと息子のチェ・ドンジュは、真犯人を探る中で罠にはまって捕縛、逃げ出したが、部下共々殺害された。 命からがら逃げ出したヒョウォンの娘・トンイは、身を隠すために宮殿に入った。 そして父と兄の無罪を証明する為に奔走する事になる。 《 トンイ あらすじ 55話~57話 》 💛 トンイ あらすじ 55話 全ての罪が明るみになったオクチョンは毒薬での死刑を言い渡される。 死期を目の前に、トンイと話すオクチョン。 最後の言葉は、世子を助けて欲しいという母親らしいものだった。 一方、世子は母親を亡くした痛みからふさぎ込む。 世子を気に掛けるヨニングンだが、2人の仲は気まずいものになってしまった。 オクチョンの死を受け、宮廷では新たな王妃を誰にするかについて話し合いが始まった。 王妃にはならないというトンイ。 そのため、粛宗は新しい王妃を選ぶことになり….

次の

トンイ 第57話 あらすじと感想

トンイ 57 話 あらすじ

粛宗の決断でトンイは宮廷から追い出される トンイの望みが、世子とヨニングンも王位を継がせることでどちらも救いたいと粛宗は知ります。 そこで粛宗は、国事の一切を中止してこのことについて考え続けます。 一方、王妃はヨニングンを王にしたいなら王気が流れる家になぜ住まないのかと息子を出宮させたくないトンイを理解できません。 そして考え抜いた結果、粛宗は重大な決断を下します。 それは世子に王位を継がせトンイを宮廷の外に追い出すことでした。 粛宗の本心はヨニングンを救うこと 重臣たちには国を継ぐのは世子だけで今度から朝廷に同席させると宣言し、トンイを出宮させてイヒョン宮で暮らさせることも言い渡します。 淑嬪(スクピン=トンイのこと)様は僕をかばってくれたのにと王命の取り消しを願う世子。 老論派や監察府の面々もトンイ追放の命令に驚きと反発を隠せません。 トンイの望みが反逆だと誤解されたと思ったチョンスは粛宗に言い寄ります。 トンイは粛宗の決断に従う覚悟は決めていました。 そしてこれには深い意味があると察するのでした。 それは、世子に禅位することによってヨニングンも世子も救おうとしていることを粛宗から聞かせれトンイは驚きます。 そうすれば世子が王になり、ヨニングンが王位継承予定の世弟になれるからです。 粛宗はソ・ヨンギやシム・ウンテクの反対を押し切り、行宮へ行き禅位の準備を進めます。 bs-tvtokyo. html チャン・ムヨルの反乱 粛宗の行動を怪しんでいたチャン・ムヨルが禅位計画を悟ります。 ヨニングンが世弟になるとトンイ派が権力を握るので阻止しなければなりません。 それを受けて粛宗がいない間に宮廷で全兵力を掌握するのでした。

次の