テニス スライスサーブ。 テニスのサーブが上達するための練習法とは?種類別に分かりやすく解説!

レッスン

テニス スライスサーブ

まずはこれが打てるようにならないと、攻めるスライスサーブを打つことは難しい。 基本があっての応用と考えることが正しいので、まずはこれをできるようになることを目標に当記事を書き進める。 シンプル、余計なことを考えずにスライスサーブを打つ あなたはこのようなことでお悩みではないだろうか。 スライスサーブがネットを超えない• そもそもスライス回転をかけることができない• スライス回転はかかるが、スピードが出ない• スライスサーブの記事を読んでも、色々なことが書かれていて打ち方が分からない フォアハンドやバックハンドと比べると、サーブは様々なテクニックを足し算して上達可能だが、一般プレイヤーの肉体では実現が難しいポイントも沢山ある。 例えばプロ選手はサーブ時に高く(20 cm 以上)跳んでサーブを打つが、一般プレイヤーが真似ををしても、バランスが崩れうまく打つことができない。 あれは日頃のトレーニングがあるからなせるフォームであり、一般人には難しい。 上のフェデラー選手の動画を観てわかるように、サーブ時にジャンプしなくてもスライスサーブは打てるし、恐らくスクールの中級ぐらいまでであれば、まずこれで十分であろう。 とはいいつつもプロ選手はやはり世界最高峰のテクニックを日々研究し、取り組んでいるので、一般人でも取り入れることができる部分を取り入れるというのが、正しいサーブの上達方法である。 今回は、一般プレイヤーがスライスサーブを打つための基本的なルールを解説している。 スライスサーブをシンプルに打つ、余計なことを考えない、をテーマにしているので、是非参考にして欲しい。 ボールのインパクト時にプロネーションをしない スライスサーブは、ラケットのエッジからインパクトポイントに向かい、インパクト後にプロネーションする 打つ方向に対してラケットがボールの真後ろから当てるとスライスサーブを打つことはできない。 プロネーションを使い切ってボールをインパクトすると、フラットサーブになってしまう。 スライスサーブの場合、ラケットを振る方向とボールが飛ぶ方向は異なる。 右利きの場合、ラケットを左に振るとボールは右方向に飛んでいく。 ラケットのエッジでボールを叩くように、ラケット面でボールを擦るイメージである。 またスライス回転を多くかけようとして、ボールを巻き込んではいけない。 そうするとスピードが出なくなってしまう。 (参考)スライスサーブの高さを出す場合 スライスサーブの高さを出す場合、ボールの右下をこするイメージを持つ。 (参考)スライスサーブの回転がかかっていないと感じる場合 ボールに対してラケットをフレームから出して、ボールを打つ スライスサーブを打つ際のフェデラーのインパクト ラケットエッジからボールに向かっていることと、まだプロネーションしていないことに着目 ボールのインパクト時に身体を正面に向ける ボールをインパクトする際は、身体を打球方向に向ける サーブのスライス回転を意識し過ぎると、身体を横向きのままサーブを打ってしまう。 そうすると前への推進力が不足し、サーブがネットを超えなくなってしまう。 サーブを打ち終わった後に、コート内に入るイメージを持ってスライスサーブを打とう 身体の前方にトスを上げる インパクト(サーブのトスの位置)は、身体が前を向いた状態の右肩の上とする ボールにラケットを当てたいがために、トスを後方にあげるとうまくボールにパワーを伝えることができず、打った後にコート内に入ることができない。 トスを前方に(具体的には身体が前を向いた状態の右肩の上)にあげる。 トスのタイミングは、前足へ体重移動するとき トス(ボールを手から離す)タイミングは、後ろ足体重ではなく、前足体重に移動するとき 後ろ体重になっているときにトスをあげても前にトスを上げることができない。 トスを上げるタイミングは、左足に体重を移動させる時にトスを上げる(ボールから手を離す)。 この際に身体が前に倒れてしまう人は、前足で地面を踏みつけることができていない。 (要は後ろ足体重のときにボールをあげてしまい、バランスが崩れている) フェデラー選手のトスを上げる瞬間 錦織選手のトスを上げる瞬間 トスを上げたらすぐにボールをインパクトする 前足に体重移動し、ボールを手から離したら、すぐにボールをインパクトする 時間をなくすために、トスを高く上げないようにしよう。 ボールをインパクトするためには、利き腕のテークバックも完了している必要がある。 ボールを高いところで打って、サーブを入れるという考え方を捨てよう。 サーブは打ち下ろすのではない。 高い打点でサーブを打とうとすると、膝を曲げてしまう。 膝を曲げると、曲げた分だけジャンプしないと力をロスしてしまうが、それだけジャンプすることは実際は難しい。 ボールを打つ(インパクトするときは)少し背伸びをするぐらいのイメージにしよう。 トスを上げる腕を意識する トスを上げる腕の指先を伸ばすようにしっかりと意識して、非利き手(左手)をしっかりと上げる トスをしっかり上げたらそのまま腕を止めずに、そのまま打ちにいく。 そうしないとボールが落ちてきてしまう。 トスをしっかり上げたら一気に下ろしてよい。 トスを上げる腕が曲がっていると、しっかりと腕を上げられていない証拠である。 しっかりと意識しよう。 トスを上げる腕をしっかりと上げることで、利き腕の肩を高い位置に上げやすくなる。 フェデラー選手のトスを上げるときの左手 構えた際の後ろ足のつまさきの向き デュースサイドとアドサイドでは異なる デュースサイドは、ベースラインと平行 アドサイドはベースラインより外側 スライスサーブはスイング方向と逆方向に飛ぶ(右利きの場合、右方向にスイングし、左方向にボールが飛ぶ) デュース側で、スライスサーブの有効なコースはワイド。 アドサイド側で有効なコースはセンター ゆえに デュース側はデュース方向に身体が向いてると、丁度ワイドにいくが、同じようにアドサイド側でアドサイド方向を向いてうつと、ボールがセンターより左に切れてしまう。 ゆえにアドサイド側は、アドサイドの正面よりも少し右の方に身体を向けるのである。 デュースサイド アドサイド 参考動画 Roger Federer Serve Practice at Cincinnati 2015 2.

次の

テニスのサーブが上達するための練習法とは?種類別に分かりやすく解説!

テニス スライスサーブ

スライスサーブは比較的パワーを使わず 安定したサーブが打てるので、 非力な方や女性におすすめのサーブです。 スピンサーブに比べると体を反る必要がないので 腹筋を使う必要もなく体への負担も少ないです。 さらに、低く滑るようにバウンドするため、 スピンで持ち上げるのが難しくなります。 なので、サーブリターンがチャンスボールになりやすく、 サービスキープが優しくなります。 シングルスでも、ワイドにスライスサーブを打てれば 逆サイドがオープンになり簡単に決めることができます。 また、ボディーにスライスサーブを打てば、 相手は食い込まれてリターンしにくくなります。 つまり、正しいスライスサーブの打ち方を覚えれば サービスボックスのどこに入っても効果的です。 スライスサーブのフォームは基本フラットサーブと同じです。 参考 ボールの右側をカットするように打つ スライスサーブはウエスタングリップのような 厚いグリップでは打てません。 スライスサーブは、トスアップしたボールの 外側を切るように打ちます。 そのため、ラケットの面が打つ方向を 向くウエスタングリップでは 外側を切るように打つことが難しいです。 コンチネンタルグリップのような薄い握りなら ラケットのフレームでボールの外側を 切るように打つことができます。 しかも、手首のスナップを 利用して打つことができるので スイングスピードも速くすることができます。 ボールの外側を包丁で切るように 打つイメージです。 スライスサーブに限らず、 回転系のサーブを打つときは、 コンチネンタルグリップがおすすめです。 入れにいかないこと 関連ページ テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。 テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。 スマッシュはサーブと同じ考えで打っていると失敗します。 サーブとスマッシュの決定的な違いとは? シングルスの試合で有効なスライスの打ち方についてご紹介しています。 テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。 テニスのシングルスで勝つために必要なこととは?戦略や練習方法など、勝つために必要な情報をご紹介します。 シングルスでネットプレーを上達させるのに必要不可欠なローボレーをマスターするコツをご紹介します。 テニスの試合でパッシングショットが決まらない原因やパッシングショットでポイントを稼いでいく方法についてまとめてみました。 テニスでクロスに上手く打てない原因と対処法についてまとめてみました。 シングルスの試合で有効なトップスピンロブの打ち方や注意点についてまとめてみました。 シングルスでは自分のサーブが安定しないと全く勝てません。 ここでは、サーブを安定させるコツについてご紹介します。 ショートクロスの打ち方とシングルスで使う時の注意点についてご紹介します。 ストロークの深さを出したり、コースを打ち分けるコツについてご紹介します。 ハーフボレーの打ち方についてまとめてみました。 シングルスのネットプレーをしたい人必見です。 テニスの試合で意外とてこずるスライスサーブのリターンのコツについてご紹介します。 片手バックハンド シングルバックハンド が上達するコツについて解説しています。 両手バックハンド ダブルバックハンド が上達するコツについて解説しています。 正しいフラットサーブの打ち方とは?フラットサーブを安定させる打ち方についてまとめてみました。 ライジングショットのメリットや打ち方のコツについてご紹介します。 シングルスでネットプレーを決めるポイントとなるアプローチショットのコツについてまとめてみました。 テニスで左右のコースの打ち分け方法は何通りかあります。 それぞれのメリット、デメリットについてまとめてみました。

次の

テニスの勝率がスライスサーブを身につけて大幅UP!超簡単な打ち方をご紹介

テニス スライスサーブ

スライスサーブは3つのコツをつかむことで、回転のかかったサーブを打っていくことが出来ます。 初心者の方でも、この3つのポイントをおさえることで、これまでとあまり変わらない身体の使い方で、自然な動きで、スライスサーブを打つことが出来ます。 スライスサーブが打てるようになると、サーブが安定してくるので、ぜひ取り組んでみましょう! スライスサーブと普通のサーブの大きな違い 振る方向が違う スライスサーブと普通のサーブで大きく異なるのは、そのスイング方向です。 これまではおそらく打ちたい方向であるサービスボックスに向かってスイングをしていたと思いますが、それがスライスサーブの場合は異なってきます。 初心者の方は最初は、『え!あっちに飛んでいってしまうのでは?』なんて思ってしまう方もいると思います。 ですが、その点を失敗を恐れずにトライしていただくと、うまくコツをつかめていきます。 トスの位置が違う もう一点大きく異なるのは、振る方向が違う、ということは、トスの位置も異なってくる、という点です。 サーブの基本でも解説していますが、トスの位置は身体が回り、その回る力によって振り出された腕が通る軌道の中に入るようにします。 スライスサーブの場合は、この腕が振り抜かれる方向が、通常のサーブとは異なってくるので、その振り抜かれる方向の中がトスの位置になります。 これが初心者の方ですと、トスの位置を変えることにちゅうちょしてしまったり、あるいはこれまでと同じトスの位置でスイングしてしまい、うまく振り抜く方向を変えられなかったりしてしまいます。 この点も思い切ってトライして、コツをつかんでいきましょう! サーブでのトスの大切さについては、下のリンク先で詳細に解説しています。 スライスサーブの3つのポイント【スタンス・打点・トスの位置】 1.スタンスを変えて、身体の動かし方は変えない まず一つ目のポイントは、スタンスです。 振り抜く方向を変えていこうとした時に、腕の力で振り抜く方向を変えようとしてしまうと、身体が回ってきたスイングで振り抜いていくことはできません。 腕は、身体が回る力によって振り抜かれていくので、腕の振り抜く方向を変えたい場合は、身体の向きを変えてあげるようにしましょう。 そのため、サーブの場合は、スタンスを変えるようにします。 スライスサーブの場合は、右方向に腕を振り抜いていきたいので、右足を少し引き、打つ方向に対してやや背中を向けるようにします。 その状態から、右前方向に身体を向けていくように回していくことで、腕は右方向に自然に振り抜かれるようになります。 あくまで腕が振り抜かれるのは身体が回った結果なので、その結果が自然に出るような原因を作るようにしましょう。 そのためにスタンスを調整して、自然に腕が右方向に振り抜かれるようにします。 2.振り抜く軌道を確認して、打点とトスの位置を見極める スタンスを調整したら、そのスタンスのままで素振りをしてみましょう。 素振りをする中で確認したいのは、腕が振り抜かれる軌道です。 腕がどのような軌道で振り抜かれているのか、を確認すると、その軌道の中に打点があります。 打点の場所が確認できたら、そこがトスの位置になるので、そこに目がけてトスを上げるようにしましょう。 トスを上げる際は、できるだけ打点に近い場所に上がるように、左腕を打点の近くまで持っていき、ボールが手から離れる位置も打点に近い場所になるようにしましょう。 この時に、今までトスの位置が異なり、右前方向になるので、打点の位置がわからなくなったら、素振りをしてスイングの軌道を確認するようにしましょう。 スライスサーブのトスの位置については、下のリンク先でも詳細に解説しています。 3.振り抜く方向は右に、面は打ちたい方向に トスの位置が見極められたら、実際に打ってみましょう。 この時の一つ目のポイントは、『思い切って右方向に振り抜くこと』です。 これまでのサーブは、打ちたい方向に振っていましたが、スライスサーブの場合は右方向に振り抜くことになるので、振り抜く方向を右方向に思い切ってやってみましょう。 かなりオーバーに行うくらいで問題ありません。 そして、もう一つのポイントは、振り抜く方向は右方向ですが、面は打ちたい方向に向いているようにしましょう。 スライスサーブの場合は極端な言い方をすれば、フレームでボールを打ちに行くような形になると思います。 そのくらいの気持ちで、振り抜く方向は右に、面は打ちたい方向に向くようにしてみましょう。 まとめ 基本的なスライスサーブの打ち方をマスターするための3つのコツをご紹介してきました。 初心者の方でも、このポイントをおさえることで、スライスサーブをマスターしていくことが出来ます。 取組のポイントは、思い切ってトライすることです。 これまでと違う打ち方なので、失敗を恐れずに思い切ってトライしましょう! さらに鋭いスライスサーブを打ちたい方は、下のリンク記事も御覧ください。

次の