無印 片面 クリア ケース。 無印良品「片面クリアケース」が大ヒット!1つ99円で薬の収納にも

無印良品のクリアケースをマスク入れにしたら、花粉がつらい今の時期かなり助かった

無印 片面 クリア ケース

— 2018年11月月19日午後4時20分PST まずオススメしたいのがポリプロピレンカードケース・ダブルです。 これがかなり使えるアイテムです! 名前の通り、使い方はカードケースというのが本来の使い方でしょう。 自分はこれを財布のようなものとして利用。 キャッシュレス生活で過ごしている自分は、カードを数枚収納することができれば財布を持つ必要がありません。 両面カードを収納スペースがあります。 片面は縦開き式。 カードが5枚入ります。 自分は、免許証、クレカ、通勤用定期の3枚のみ収納してます。 もう一方は横に全体が開くタイプ。 こちらは基本的にはフリースペース。 買い物した時のレシートや、 時々出る小銭を臨時で入れるスペースとして活用してます。 — 2019年 5月月2日午後7時25分PDT こちらはお札を保管するように使います。 外でお金を出す際に中身が丸見えにならないのが良いです。 価格も税込99円。 サイズも何種類かあり便利なので、色々な用途で使えそうですね。 EVAクリアケース・小 こちらは小銭入れとして使用。 小銭が発生する時は持ち出しますが、基本的にはこちらも保管用。 小銭を入れておくのにサイズが絶妙です。 先ほどのお札ケースの中にも収納可能。 現金を持つ時はこんな形になりますね。 ナイロンメッシュケース・ペンポケット付き まとめ役に使っているのがこれ。 薄いですが、結構いろんな物が入ります。 先ほどのお札入れ、小銭入れ、手帳、ペンなどまとめて入れてあります。 細かいメッシュ地は中身の確認ができるので便利。 そして丈夫です。 ペンを収納できるポケットも完備。 ポリエステルメッシュクッションケース 黒・縦型 — 2019年 2月月25日午前3時43分PST 最後に紹介するのは、クッション性のあるメッシュケースです。 以前紹介しました。 傷つけたくない物を入れるのに重宝します。 何気にダブルジッパーになっていたり、 カラビナを取り付ける部分があったりと 作りにこだわりが感じられます。 以上が、無印良品のおすすめケースたちでした。 それぞれのケースにサイズ展開や形の違うタイプなどもあるので、人それぞれ使い方は千差万別。 自分も他の人の良いなーと思ったアイデアを利用させてもらったりしてます。 何か便利な使い方が他にもあると思うので、おすすめの使い方があったら教えて下さいー。 お読みいただきありがとうございました。

次の

無印良品パスポートケースが家計簿として超優秀!使い方や入手方法を紹介

無印 片面 クリア ケース

手頃な価格なので枚数を揃えやすい 小さいサイズの片面クリアケースは「1枚99円」と価格が手頃なので、数を揃えやすいです。 薄型のケースなのでまとめ買いをしてもかさ張りません。 買い足しがしやすい携帯用ケースなので、無印良品の公式通販サイトの送料対策にもおすすめです。 公式サイトを見ているとホワイトグレーが品切れになっていることが多い印象でした。 片面が透明なので中身を確認しやすい 片面クリアケースは表側が透明で、裏側は透けないようになっています。 中に何が入っているか一目で確認することができ、小分け収納にも便利です。 B5サイズの片面クリアケースに持ち歩き用の本を入れました。 バッグの中で本が傷まないように保護してくれます。 A4サイズのクリアケースに雑誌を入れましたが、少しサイズが足りず入りませんでした。 少し硬めなケースなので、収納する物はケースよりも小さいサイズの物を選びます。 B5・A4サイズは、外ポケットが付いている 大きいサイズ「B5・A4」の片面クリアケースには外ポケットが付いています。 手前のポケットは透明で、真ん中が仕切られていました。 表だけでなく、裏面にもポケットがありました。 裏面のポケットが真ん中が仕切られておらず、書類やノートの収納で活躍します。 上の写真ではホワイトグレーの片面クリアケースをご紹介していますが、ダークグレーも同じ形です。 小さいサイズの片面クリアケースには外ポケット・内ポケットは付いていませんでした。 マチがない薄型の収納ケース 片面クリアケースはマチがなく、厚みがある物の収納には不向きなアイテムです。 ペンやハサミは入れることができましたが、ホッチキスやスティックのりなど厚みがある物を入れると、ケースの形が少し崩れてしまいました。 薄型のケースで厚みがある物を収納する場合は、片面クリアケースよりも柔らかい「EVAケース・ファスナー付」がおすすめです。 商品シールは簡単に剥がすことができました 片面クリアケースは右下に商品シールが貼られています。 シール自体が小さく、剥がしやすい素材でした。 シール跡も残らず、きれいに取ることができます。 スライダーがピッタリと閉まるので、簡易防水スマホケースとして使用できる 新商品の「片面クリアケース」は、ペンや付箋紙など、細々とした小物の収納に便利です。 片面がクリアになっているので、中に入れたものが一目でわかります。 スライダーがぴったり閉まるので水濡れ防止にもなり、レジャーで簡易防水スマホケースとしてもお使いいただけます。 スライダーは開け閉めが簡単で使いやすいです。 今回はiPhone8を小さい片面クリアケースに入れてみました。 サイズはギリギリで、ややスライダーが留めにくい印象です。 片面クリアケースにスマートフォンを入れた状態で問題なく操作することができました。 スペースに余裕があり、スライダーも簡単に閉じることができました。 こちらも問題なくスマートフォンを操作できます。 スライダーを開けずにどこの通帳か見分けることができ、通帳自体もしっかりと保護してくれます。 銀行や名義でクリアケースの色を分けるのもおすすめです。 片面クリアケース自体が薄型なので、重ねておいてもかさ張りません。 サイズがしっかりと揃うのでキレイに収納することができました。 引き出しに収納する場合はケースに入れ、立てた状態で収納するのもおすすめです。 使いたい通帳をすぐに取り出すことができます。 上の写真では100円ショップのセリアで購入した「クリアケース」を使用しました。 2番目に小さいサイズの片面クリアケースは、お札がキレイに収まる大きさでした。 スペースに少しゆとりがあるのでお札の出し入れがしやすいです。 一番小さいクリアケースを使用する場合は、カードを横向きにして収納しました。 片面クリアケースは1枚99円で購入できるので、カードを分類収納する時にも便利です。 薄型なのでケースを分けてもかさ張らず、カードの種類ごとに分けることができます。 使い捨てマスクはギリギリサイズ 外出時のマスクケースとして使用できればと思い、大人サイズの使い捨てマスクを入れてみました。 歯ブラシの持ち歩きには不向き 外出時に使用する歯ブラシを収納しました。 コンパクトサイズや折りたたみ式の携帯用歯ブラシを入れる場合は使用可能です。 中身が見えるので、どのサイズの絆創膏が入っているか確認しやすいです。 薄型のケースなのでバッグの中でかさ張らず、絆創膏が折れるのを防いでくれます。 携帯用としてはもちろん、自宅での収納にもおすすめです。 絆創膏と同じ一番小さいサイズのクリアケースを使用しました。 ファンデーションケースやリップクリームなど、よく使用するコスメをまとめました。 ダークグレーの片面クリアケースでシックな印象にまとめることができます。 化粧品サンプルやアメニティをまとめておく コスメやメイク道具だけでなく、化粧品サンプルやアメニティ入れとしても重宝します。 旅行用にサンプルをまとめておくと便利です。 カラーペンやクリップなど、文房具を収納する 小さいサイズの片面クリアケース2種類を使用しました。 カラーペンやクリップ、付箋など細々とした文房具を分類しています。 マチがないケースなので、中で2段に重ねて収納することはできませんでした。 付箋や修正テープ、クリップの持ち歩きに役立ちます。 ノートや電卓をまとめておく A4サイズを使用 大きいサイズの片面クリアケースは、ノートや付箋紙の持ち歩きに役立ちます。 上の写真ではA4サイズのクリアケースを使用しており、A4サイズのノートを一冊収納することができました。 マチがないケースなので厚みがあるノートは入らない場合があります。 前面のポケットには付箋紙とシャーペンを収納しました。 真ん中で分かれているので使いやすいです。 大きいサイズの片面クリアケースにはポケットが用意されています。 A5サイズのノートを2冊並べて収納することができました。 B5サイズの片面クリアケースを使用しました。 A5サイズの家計簿と電卓を一緒に収納しています。 外側のポケットにカラーペンを挟むことができました。 裏側のポケットにもA5サイズのノートを入れることができます。 B5のクリアケースにA5ノートを入れるとスペースにゆとりがあり、ノートの出し入れがしやすいです。 薄型のケースに収納しているのでバッグに入れて持ち運びがしやすいです。 重ねてもかさ張らないので、引き出し整理や棚収納にもおすすめです。 iPhoneの充電器やイヤホン入れとして使用する 一番小さいサイズの片面クリアケースをiPhoneのイヤホン入れとして使用しました。 スライダーがスムーズに動くので、出し入れがしやすいです。 充電器はもう一つ大きいサイズのクリアケースに入れています。 ソーイングセットや糸を収納する 裁縫道具や糸の小分け収納としても役立ちます。 糸は種類別にわけ、管理がしやすくなりました。 片面が透明なケースなので、どこにどの道具や糸を収納しているか一目で確認できます。 使いたい糸や道具をすぐに取り出すことができ、道具箱の中が乱れません。 封筒やレターセットをまとめておく A4サイズを使用 バラバラになりやすいレターセットや便箋、封筒をまとめて収納しました。 数が多い場合はクリアケースを分けて収納します。 外側のポケットには切手シートを入れました。 独立したポケットなので出し入れがスムーズです。 裏面のポケットには長形3号の封筒を収納しています。 竹串や輪ゴムなど、消耗品を分類収納する 小さいサイズのクリアケースは、細々した消耗品の小分け収納にもおすすめです。 上の写真では輪ゴムと竹串(15cm)を収納しました。 キッチンやデスクの引き出し整理にも便利です。

次の

無印良品・パスポートケースの使い方。活用法や収納アイデアをブログレポート!

無印 片面 クリア ケース

手頃な価格なので枚数を揃えやすい 小さいサイズの片面クリアケースは「1枚99円」と価格が手頃なので、数を揃えやすいです。 薄型のケースなのでまとめ買いをしてもかさ張りません。 買い足しがしやすい携帯用ケースなので、無印良品の公式通販サイトの送料対策にもおすすめです。 公式サイトを見ているとホワイトグレーが品切れになっていることが多い印象でした。 片面が透明なので中身を確認しやすい 片面クリアケースは表側が透明で、裏側は透けないようになっています。 中に何が入っているか一目で確認することができ、小分け収納にも便利です。 B5サイズの片面クリアケースに持ち歩き用の本を入れました。 バッグの中で本が傷まないように保護してくれます。 A4サイズのクリアケースに雑誌を入れましたが、少しサイズが足りず入りませんでした。 少し硬めなケースなので、収納する物はケースよりも小さいサイズの物を選びます。 B5・A4サイズは、外ポケットが付いている 大きいサイズ「B5・A4」の片面クリアケースには外ポケットが付いています。 手前のポケットは透明で、真ん中が仕切られていました。 表だけでなく、裏面にもポケットがありました。 裏面のポケットが真ん中が仕切られておらず、書類やノートの収納で活躍します。 上の写真ではホワイトグレーの片面クリアケースをご紹介していますが、ダークグレーも同じ形です。 小さいサイズの片面クリアケースには外ポケット・内ポケットは付いていませんでした。 マチがない薄型の収納ケース 片面クリアケースはマチがなく、厚みがある物の収納には不向きなアイテムです。 ペンやハサミは入れることができましたが、ホッチキスやスティックのりなど厚みがある物を入れると、ケースの形が少し崩れてしまいました。 薄型のケースで厚みがある物を収納する場合は、片面クリアケースよりも柔らかい「EVAケース・ファスナー付」がおすすめです。 商品シールは簡単に剥がすことができました 片面クリアケースは右下に商品シールが貼られています。 シール自体が小さく、剥がしやすい素材でした。 シール跡も残らず、きれいに取ることができます。 スライダーがピッタリと閉まるので、簡易防水スマホケースとして使用できる 新商品の「片面クリアケース」は、ペンや付箋紙など、細々とした小物の収納に便利です。 片面がクリアになっているので、中に入れたものが一目でわかります。 スライダーがぴったり閉まるので水濡れ防止にもなり、レジャーで簡易防水スマホケースとしてもお使いいただけます。 スライダーは開け閉めが簡単で使いやすいです。 今回はiPhone8を小さい片面クリアケースに入れてみました。 サイズはギリギリで、ややスライダーが留めにくい印象です。 片面クリアケースにスマートフォンを入れた状態で問題なく操作することができました。 スペースに余裕があり、スライダーも簡単に閉じることができました。 こちらも問題なくスマートフォンを操作できます。 スライダーを開けずにどこの通帳か見分けることができ、通帳自体もしっかりと保護してくれます。 銀行や名義でクリアケースの色を分けるのもおすすめです。 片面クリアケース自体が薄型なので、重ねておいてもかさ張りません。 サイズがしっかりと揃うのでキレイに収納することができました。 引き出しに収納する場合はケースに入れ、立てた状態で収納するのもおすすめです。 使いたい通帳をすぐに取り出すことができます。 上の写真では100円ショップのセリアで購入した「クリアケース」を使用しました。 2番目に小さいサイズの片面クリアケースは、お札がキレイに収まる大きさでした。 スペースに少しゆとりがあるのでお札の出し入れがしやすいです。 一番小さいクリアケースを使用する場合は、カードを横向きにして収納しました。 片面クリアケースは1枚99円で購入できるので、カードを分類収納する時にも便利です。 薄型なのでケースを分けてもかさ張らず、カードの種類ごとに分けることができます。 使い捨てマスクはギリギリサイズ 外出時のマスクケースとして使用できればと思い、大人サイズの使い捨てマスクを入れてみました。 歯ブラシの持ち歩きには不向き 外出時に使用する歯ブラシを収納しました。 コンパクトサイズや折りたたみ式の携帯用歯ブラシを入れる場合は使用可能です。 中身が見えるので、どのサイズの絆創膏が入っているか確認しやすいです。 薄型のケースなのでバッグの中でかさ張らず、絆創膏が折れるのを防いでくれます。 携帯用としてはもちろん、自宅での収納にもおすすめです。 絆創膏と同じ一番小さいサイズのクリアケースを使用しました。 ファンデーションケースやリップクリームなど、よく使用するコスメをまとめました。 ダークグレーの片面クリアケースでシックな印象にまとめることができます。 化粧品サンプルやアメニティをまとめておく コスメやメイク道具だけでなく、化粧品サンプルやアメニティ入れとしても重宝します。 旅行用にサンプルをまとめておくと便利です。 カラーペンやクリップなど、文房具を収納する 小さいサイズの片面クリアケース2種類を使用しました。 カラーペンやクリップ、付箋など細々とした文房具を分類しています。 マチがないケースなので、中で2段に重ねて収納することはできませんでした。 付箋や修正テープ、クリップの持ち歩きに役立ちます。 ノートや電卓をまとめておく A4サイズを使用 大きいサイズの片面クリアケースは、ノートや付箋紙の持ち歩きに役立ちます。 上の写真ではA4サイズのクリアケースを使用しており、A4サイズのノートを一冊収納することができました。 マチがないケースなので厚みがあるノートは入らない場合があります。 前面のポケットには付箋紙とシャーペンを収納しました。 真ん中で分かれているので使いやすいです。 大きいサイズの片面クリアケースにはポケットが用意されています。 A5サイズのノートを2冊並べて収納することができました。 B5サイズの片面クリアケースを使用しました。 A5サイズの家計簿と電卓を一緒に収納しています。 外側のポケットにカラーペンを挟むことができました。 裏側のポケットにもA5サイズのノートを入れることができます。 B5のクリアケースにA5ノートを入れるとスペースにゆとりがあり、ノートの出し入れがしやすいです。 薄型のケースに収納しているのでバッグに入れて持ち運びがしやすいです。 重ねてもかさ張らないので、引き出し整理や棚収納にもおすすめです。 iPhoneの充電器やイヤホン入れとして使用する 一番小さいサイズの片面クリアケースをiPhoneのイヤホン入れとして使用しました。 スライダーがスムーズに動くので、出し入れがしやすいです。 充電器はもう一つ大きいサイズのクリアケースに入れています。 ソーイングセットや糸を収納する 裁縫道具や糸の小分け収納としても役立ちます。 糸は種類別にわけ、管理がしやすくなりました。 片面が透明なケースなので、どこにどの道具や糸を収納しているか一目で確認できます。 使いたい糸や道具をすぐに取り出すことができ、道具箱の中が乱れません。 封筒やレターセットをまとめておく A4サイズを使用 バラバラになりやすいレターセットや便箋、封筒をまとめて収納しました。 数が多い場合はクリアケースを分けて収納します。 外側のポケットには切手シートを入れました。 独立したポケットなので出し入れがスムーズです。 裏面のポケットには長形3号の封筒を収納しています。 竹串や輪ゴムなど、消耗品を分類収納する 小さいサイズのクリアケースは、細々した消耗品の小分け収納にもおすすめです。 上の写真では輪ゴムと竹串(15cm)を収納しました。 キッチンやデスクの引き出し整理にも便利です。

次の