ホロライブ イヅル。 ホロライブ (ほろらいぶ)とは【ピクシブ百科事典】

ホロライブ ゲーム配信を巡る体制改善へ ホロスターズ 奏手イヅルが言及

ホロライブ イヅル

男性Vtuber事務所『ホロスターズ』発足直後に1期生先行組としてデビューしたうちの一人。 ホロスターズ並びにホロライブプロダクション内では珍しい、アクセサリーとしてギターを携えたライバーである。 彼を除けば同じくギター持ちは後に1期生後発組でシークレット枠でデビューした律可のみである。 ホロスターズが本格始動した直後の2019年9月9日には、先行してLive2Dモデルがアップデートされ、リアルタイムでギターの弾き語りができるモードが追加された。 その様子は同タイミングで公開されたにて確認可能。 ちなみに2019年10月10日には、このアクセサリー追加の第2弾としてがホロスターズ1期生とホロライブゲーマーズに対して配布されている。 初配信では配信を観に来ていた社長であるYAGOO氏と何かと食べ物で好き嫌いが別れるなどした。 独特な声色の持ち主であり、一度耳にすれば聴き惚れるほどの歌唱力がある。 初配信で披露した歌は是非とも聴いてみて頂きたい。 紹介文にある通り、色々やりくりしながら生活しているようで、たまに彼のTwitterを覗いたりすると食料調達に釣りをしたりとアウトドアな一面が垣間見える。 家事は出来るようで料理の腕は確かである。 一方で、部屋は企画のネタにするほど汚かったりと一長一短だったりする一面もある。 中国語はある程度読み書きできるが勉強中とのこと。

次の

奏手イヅルの前世(中の人)はめゐろ?謝罪とは?顔や年齢も

ホロライブ イヅル

カバー株式会社が2019年5月27日に男性VTuber事務所「ホロスターズ」設立を発表した。 また、こちらの設立発表と共に、カバー株式会社CEO谷郷元昭氏から設立経緯に関するメッセージが発表された。 カバー株式会社では、VTuberという言葉が無かった頃から、「ゲームや歌、トーク等が得意な配信者をVRやARのテクノロジーでエンパワーメントする」ことをミッションに、キャラクターによるライブ配信に取り組んできました。 今まで、「ホロライブ」では女性配信者のみをサポートし、男性配信者をサポートしておりませんでしたが、それでも多数の方からのお問い合わせや応募があり、男性配信者の方々の当社への期待を強く感じると共に、VTuber業界を支える一社として男性VTuber市場の立ち上がりへ貢献する責任を感じました。 そこで、「ホロライブ」を応援して頂いているファンの方々の心象を考慮して、「ホロライブ」で男性配信者をサポートするのではなく、新たに男性VTuber事務所「ホロスターズ」を設立して、男性配信者のサポートを開始することにいたしました。 2019年6月7日現在、「ホロスターズ」所属メンバーの中から、花咲みやび、鏡見キラ、奏手イヅルの3名の先行デビューが発表されている。 普段は温厚だが、ゲームをやると性格が少し荒々しくなるらしい。 身体が弱い為、休日は家に引きこもりがちで、たまに外に出ると虚弱スキルが発動する。 目立ちたがりで負けず嫌い。 子供の頃からゲームが大好きで特に対人ゲームが得意。 やることが特にないので家事全般が趣味みたいになっている。 詳細は公式HPをチェックすべし。 URL : ホロスターズ HP: Twitter: YouTube:.

次の

奏手イヅル

ホロライブ イヅル

ホロライブプロダクションの男性Vtuber集団「ホロスターズ」所属の律可さんが3Dモデルのお披露目配信を行いました。 同じ事務所の女性Vtuber集団「ホロライブ」では、すでに3D配信が行われていましたが、今回ホロスターズでは初の3D配信になりました。 律可さんの活動内容 律可さんは2019年10月にデビューした「ホロロイド」と呼ばれるロボットのVtuberです。 特徴は高くて澄んだ歌声で、デビューと同じ日に歌ってみた動画を投稿しています。 ゲーム配信も行いますが、弾き語り配信も行っていて歌が好きな様子が見て取れます。 同じホロライブ内の奏手イヅルさんと「RIZnote」、ホロライブの夏色まつりさんとも「まつりっか」という名前で歌ってみた動画を出しています。 ライブ会場のようだった3Dお披露目 歌が好きな律可さん。 お披露目会場は銀河の背景に律可さんのトレードマークである歯車の床、スポットライトがありライブ会場のようでした。 暗いステージの中、律可さんの姿が映し出され律可さんの初めて出した歌ってみた動画、「だから僕は音楽を辞めた」を歌い始めました。 その他にも「シャルル」「それがあなたの幸せとしても piano. ver」「乙女解剖」「歌うたいのバラッドpiano. ver」そして、律可さん作詞作曲の「Re:Hello world」も先行発表されました。 交友範囲の広さが窺えるビデオメッセージも! ライブの最中には律可さんの3Dモデルをお祝いしたビデオメッセージも観ることができました。 ホロスターズのメンバーはもちろん、ホロライブからは白上フブキさん、ロボ子さん、夏色まつりさんからのコメントもありました。 歌やゲームでのコラボを通じて友達になった面々が、お祝いのコメントを思い思いの表現で行っていて面白かったです。 また、最後には律可さんのイラストを担当している冬臣さんからの手紙が読まれました。 ここまで楽しく振舞っていた律可さんですが、この手紙とイラストを前にし、これまでのことを思い返して涙ぐむ様子も窺えました。 お披露目配信の最後の方には、7月8日に夏色さんとの3Dライブコラボが発表されました。 律可さんと夏色さんとピアノ伴奏者の3人でライブを行う予定です。 これが、初の3Dコラボ配信になるようなので2人の曲と演出にも注目ですね。 6月28日には律可さんの作詞作曲のオリジナル楽曲「Re:Hello world」が3DPVと共に動画がアップされます。 自分の3Dが終わりではなく、これからが始まりだと言っていた律可さん。 まだまだ止まらないホロスターズを今後も応援していきたいですね。 律可さん公式Twitter:.

次の