昭恵 夫人。 安倍昭恵夫人の学歴や家族の家系図!若い頃から現在まで総まとめ

安倍首相、昭恵夫人をコントロール不能なわけ

昭恵 夫人

大手紙の政治部記者はこう語る。 「安倍首相が国民へ不要不急の外出の自粛を呼びかけていたにもかかわらず、昭恵夫人はタレントらとレストランで私的な『桜を見る会』を開催したり、3月中旬には大分県の神社を団体で参拝したりしていたことも発覚しました。 そのたびに首相は苦しい弁明をせざるをえませんでした。 官邸からは『安倍首相のために、緊急事態宣言が解除された後も、夫人には、軽率な外出は控えてほしい』という声が上がっていたのです」 だが自ら経営する「UZU」が約2カ月ぶりに営業を再開することが決まると、昭恵夫人も自粛を継続することはできなかったのだ。 本誌が店にミニバンでやってきた夫人を目撃したのは、再開初日である6月1日夜。 運転手は、野菜が入っていると思われるいくつかの段ボールを運び入れていた。 1つは学生時代から通っているワインバー、そしてもう1つがUZUです。 『首相夫人なのに』と批判されつつも、彼女が経営を続けていたことからも並々ならぬ愛着を感じます」(政治評論家・有馬晴海さん) 居酒屋おかみとしては店再開に胸をときめかせてもいただろう。 だが彼女の表情は鼻まで覆い隠す大きなマスクのため、見ることができない。 「昨年10月、即位礼正殿の儀にひざ丈のドレスで参列して批判を受けたことも記憶に新しいですが、夫人はファッションに強いこだわりがあります。 夫人の美意識にはアベノマスクはそぐわなかったということなのでしょう」(前出・政治部記者) 昭恵夫人は、毎年参加していた山形県のスキーイベント出席を「今回ばかりはやめてほしい」と、首相に止められたという。 またかつて実行委員会の名誉会長を務めていた『ミャンマー祭り』も5月末に開催予定だったが、秋へ延期となっている。 「毎年楽しみにしている行事が次々と延期や中止を余儀なくされていることで、コロナ対策を指揮している首相へも不満を募らせているのかもしれません」(前出・政治部記者) かつて首相と夫人を引き合わせた元・山口新聞東京支局長の濱岡博司氏は、こう語る。 「昭恵さんと姑・洋子さんの仲もうまくいっていないと聞きますし、確かに悪条件はあります。 しかし私は『離婚はない』とみています。 もともとは晋ちゃんが昭恵さんにベタ惚れで結婚していますし、国会でも晋ちゃんは、昭恵さんのことを突っ込まれてかなり本気で怒っていますからね。 (昭恵さんを)見放すことはできないと、本人は考えていると思います」 この日、夫人がUZUを後にしたのは閉店時間の22時少し前。 店の前で数分、スタッフに指示を与えると、待たせていたミニバンに乗り込む。 マスクを外していたその顔からは、おかみの務めを果たした満足感が伝わってきた。 「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載.

次の

安倍昭恵夫人の「KYすぎる行動」から見える孤立と、もっと悪質な「ご友人」の存在

昭恵 夫人

安倍晋三首相夫人の昭恵さん(以下、アッキー)と言えば、歴代の首相夫人と比べると、悪い意味で話題性があると言えるのではないでしょうか。 例えば、森友学園問題。 なんだかうやむやになってしまいましたが、《森友自殺〈財務省〉職員遺書全文公開「すべて佐川局長の指示です」》と報じた2020年3月26日号の『週刊文春』は完売するなど、依然、国民の関心が高いことがうかがえます。 個人的なふるまいで失笑を買うのは、今に始まったことではありません。 2015年9月10日号の『女性セブン』によると、 アッキーはバーで飲酒している最中、大ファンだったミュージシャン・布袋寅泰を呼び出したそうです。 泥酔して布袋にしなだれかかったり、彼の首に腕を絡ませて肩に頭を乗せたり、彼の首筋にキスをしたりとすごい状況に。 居合わせた他の客は、そんなアッキーを見て声を失い、当の本人はSPに抱えられるようにして店を後にしたということです。 2019年の天皇陛下が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」では、麻生太郎副総理夫人はロングドレス、他の奥さま方が和服である中、 白いひざ丈のドレスをお召しでした。 真イカの一夜干しを思わせるような、例のふんわり袖はベルスリーブと言うそうです。 お隣のご婦人との間が妙に空いていたのは袖が場所を取るからか、それともヤバい人に関わりたくないわというご婦人の精神的な警戒感からでしょうか。 ドレスの丈がもともと短いので万歳したり、椅子に座るとひざ小僧が丸見えでヒヤっとさせられました。 当然、SNSを中心に「あのドレスは、マナー的にどうなのか」という声が上がります。 ファッション評論家の石原裕子氏は『女性自身』の取材に対し、「ドレスコードは間違っていなかったけれど、スカート丈はせめてひざ下の長さのほうがよかった」とコメントしていました。 国家的慶事のミスはこれで終わりません。 夕方からの「饗宴の儀」では訪問着をお召しでしたが、石原氏は「安倍首相が燕尾服にホワイトタイの正装ですから、訪問着より格の高い色留袖の五つ紋がふさわしかった」と指摘しています。 それと、なぜかハンドバッグが開いていました。 一事が万事、誰か側にいる人が言ってやれよと言いたいところですが、助言してくれる相手がいない、もしくは助言は無視なのではないでしょうか。 「政治家夫人」としてのアッキーのブレーンの貧しさ、孤立を物語るようなエピソードだったと思います。 今年に入っても話題性は十分。 2020年4月10日号の『週刊ポスト』は、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐために出された花見自粛要請を気に留めず、アッキーがモデル・藤井リナ、NEWS・手越裕也など多数で花見をしていたことを報じています。 4月8日掲載の『デイリー新潮』では、ラッパーのTOMOROが3月に数回、アッキーとお茶とランチをしたことを明かしていました。

次の

安倍首相、昭恵夫人をコントロール不能なわけ

昭恵 夫人

大手紙の政治部記者はこう語る。 「安倍首相が国民へ不要不急の外出の自粛を呼びかけていたにもかかわらず、昭恵夫人はタレントらとレストランで私的な『桜を見る会』を開催したり、3月中旬には大分県の神社を団体で参拝したりしていたことも発覚しました。 そのたびに首相は苦しい弁明をせざるをえませんでした。 官邸からは『安倍首相のために、緊急事態宣言が解除された後も、夫人には、軽率な外出は控えてほしい』という声が上がっていたのです」 だが自ら経営する「UZU」が約2カ月ぶりに営業を再開することが決まると、昭恵夫人も自粛を継続することはできなかったのだ。 本誌が店にミニバンでやってきた夫人を目撃したのは、再開初日である6月1日夜。 運転手は、野菜が入っていると思われるいくつかの段ボールを運び入れていた。 1つは学生時代から通っているワインバー、そしてもう1つがUZUです。 『首相夫人なのに』と批判されつつも、彼女が経営を続けていたことからも並々ならぬ愛着を感じます」(政治評論家・有馬晴海さん) 居酒屋おかみとしては店再開に胸をときめかせてもいただろう。 だが彼女の表情は鼻まで覆い隠す大きなマスクのため、見ることができない。 「昨年10月、即位礼正殿の儀にひざ丈のドレスで参列して批判を受けたことも記憶に新しいですが、夫人はファッションに強いこだわりがあります。 夫人の美意識にはアベノマスクはそぐわなかったということなのでしょう」(前出・政治部記者) 昭恵夫人は、毎年参加していた山形県のスキーイベント出席を「今回ばかりはやめてほしい」と、首相に止められたという。 またかつて実行委員会の名誉会長を務めていた『ミャンマー祭り』も5月末に開催予定だったが、秋へ延期となっている。 「毎年楽しみにしている行事が次々と延期や中止を余儀なくされていることで、コロナ対策を指揮している首相へも不満を募らせているのかもしれません」(前出・政治部記者) かつて首相と夫人を引き合わせた元・山口新聞東京支局長の濱岡博司氏は、こう語る。 「昭恵さんと姑・洋子さんの仲もうまくいっていないと聞きますし、確かに悪条件はあります。 しかし私は『離婚はない』とみています。 もともとは晋ちゃんが昭恵さんにベタ惚れで結婚していますし、国会でも晋ちゃんは、昭恵さんのことを突っ込まれてかなり本気で怒っていますからね。 (昭恵さんを)見放すことはできないと、本人は考えていると思います」 この日、夫人がUZUを後にしたのは閉店時間の22時少し前。 店の前で数分、スタッフに指示を与えると、待たせていたミニバンに乗り込む。 マスクを外していたその顔からは、おかみの務めを果たした満足感が伝わってきた。 「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載.

次の