ジャンプ すると 背中 が 痛い。 縄跳びで筋肉痛!ふくらはぎが痛い場合の対処法と注意点とは

怪我の予防と対処|バレーボールをする|公益財団法人日本バレーボール協会

ジャンプ すると 背中 が 痛い

「背中が痛い」といっても、その原因はさまざま。 まずは、「どんな原因で背中が痛くなるのか」をご紹介します。 肩こりによる痛み 背中の痛みとして最も多いパターンが、肩こりによるものです。 「肩こり」と聞くと、痛みも肩だけに現れると考えてしまいますが、実は肩こりは、首・肩・背中の筋肉疲労のことを指します。 首から背中にかけての筋肉が緊張した状態が続くと、血行が悪くなり、筋肉に酸素が行き渡らなくなります。 すると、乳酸をはじめとする疲労物質が増えて筋肉に炎症が発生します。 この炎症によって、肩だけでなく首や背中にも痛みが現れます。 骨格のゆがみによる痛み 姿勢の悪さや病気、ケガなどによる骨格のゆがみも、背中が痛む原因です。 ゆがみによって、首や肩、背中の左右どちらかに負担がかかると、筋肉疲労を引き起こして痛みが現れます。 病気による痛み 身体の異常によって、背中に痛みが生じることもあります。 「椎間板ヘルニア」などのほか、「心筋梗塞」や「狭心症」、「その他の内臓疾患」、「がん」、「感染症」など、背中以外に異常がある場合でも背中が痛むことがあります。 加齢による痛み 加齢によって、背中に痛みが出てくることも少なくありません。 その理由は、加齢にともない筋力が低下して血行が悪化し、肩こりが起こりやすくなるためです。 更年期障害による痛み 女性の閉経前後に、女性ホルモンのバランスが崩れてさまざまな不調が現れる「更年期障害」の症状として、背中に痛みが現れることがあります。 ホルモンバランスが崩れると、体温調整や呼吸などをつかさどる自律神経の働きが乱れます。 自律神経は血流とも関連性が高く、血流が悪化して筋肉に疲労がたまり、間接的に肩こりや痛みを引き起こします。 筋肉疲労による痛み 過度な運動などによって、疲労した背中の筋肉に痛みが現れます。 背中に無理な負荷がかかるような動作を行うと、急に背中が痛くなることもあります。 「背中が痛い」と感じるメカニズムとは? 「背中が痛い」という症状の原因を紹介したところで、次にどんな仕組みで背中の痛みが発生しているのかをご紹介します。 背中の痛みを引き起こす、筋肉疲労と血行障害 背中の痛みは、筋肉疲労と血行障害によって起こります。 筋肉はブドウ糖を燃焼させることでエネルギーを得ていますが、燃焼させるためには酸素を必要とします。 酸素は血液に乗って運ばれてくるため、血流が滞ると供給される酸素が不足し、燃焼できなかったブドウ糖が残ります。 残ったブドウ糖は、乳酸に代表される疲労物質(老廃物質)になって筋肉の中に蓄積され、やがて痛みを引き起こします。 また、筋肉疲労によって、筋肉を構成している「筋繊維」がふくらみ、筋肉の間を走っている血管を圧迫します。 それによって血行が悪くなり、酸素の供給はさらに不足し、ますます疲労物質がたまっていく…という悪循環に陥ってしまいます。 背中が痛くなりやすいのはこんな人 では、どんな人が、背中の痛みを引き起こしやすいのでしょうか。 以下のように、日常生活の中でも、背中の痛みを引き起こす要因があります。 姿勢が悪い人 正しい姿勢のときは脊椎が頭部をしっかり支えてくれますが、猫背になっていると、背骨が頭の重みをうまく支えられません。 首の筋肉に負担がかかり、筋肉疲労を起こしやすくなります。 また、どちらかの足に重心をかけて立つことが多かったり、肩掛けのカバンをいつも同じ肩にかけていたりする人も、肩がこりやすく、背中の痛みの原因になります。 また、椅子に座るときに浅く腰掛ける、頬杖をつく、脚を組むといったクセがある人は、首から背中にかけての筋肉に負担がかかり、筋肉疲労を起こしやすくなります。 運動不足の人 運動不足は、首や肩を動かす機会を減らすことになり、血行の滞りや筋肉のこわばり、また、こりや痛みを引き起こしやすくなります。 運動量の少ない人は、筋肉量が減って筋肉にかかる負担が増え、肩こりが起こりやすくなってしまいます。 ストレスがたまっている人 長期間にわたってストレスにさらされたり、精神的な緊張が続いたりすると、自律神経が乱れ、筋肉が緊張して血行が悪くなり、こりや痛みを引き起こします。 慢性的な肩こりに悩み、マッサージなどでもなかなか治らないという場合、ストレスが原因になっている可能性が考えられます。 ここまで挙げた原因は、現代人には当てはまりやすい項目ばかり。 ということは、背中の痛みはそれだけ身近なものということでもあります。 今は背中の痛みを感じていなくても、上記に当てはまる人は注意しておきましょう。 背中が痛いときでも、ぐっすり眠る方法 質のよい睡眠がとれれば、筋肉の疲労を取り除き、ストレスを解消できます。 しかし、そもそも背中が痛くて、満足に眠れないという悩みを抱える人もいます。 そこで、痛みを緩和しながら、睡眠の質を高めるためのポイントをご紹介します。 背中が痛まない寝姿勢 背中に最も負担が少ない姿勢は、「仰向け」です。 仰向けは、体重が全身に均等に分散されやすく、血流を妨げにくい姿勢です。 逆に「うつ伏せ」は、首を左右どちらかに曲げることになってしまうため、筋肉がねじれて負担がかかり、肩こりにつながりやすい姿勢です。 また、うつ伏せは、お腹が床につくことで身体が反った状態になってしまうので、背中や首の筋肉が圧迫され、血行不良につながります。 理想は仰向けで眠ることですが、妊娠中など、仰向けで寝づらい場合は横向きでも構いません。 その場合、膝を軽く曲げ、仰向け時よりも少し高めの枕を使い、身体への負担を軽減しましょう。 寝具の選び方 脊椎は本来、緩やかなS字カーブを描いている部位です。 背中の痛みを防ぐためには、S字カーブを保った姿勢で睡眠をとる必要があります。 この姿勢をキープするためにポイントとなるのが、寝具の選び方です。 マットレスや敷布団の選び方 身体を支えるマットレスや敷布団は、柔らかすぎないものを選びましょう。 身体が沈むほど柔らかいと、腰の部分が沈んで腰が伸びた状態になってしまい、S字カーブを保つことができません。 寝返りは眠っている間に滞留している血液を循環させるために必要な動きですが、沈み込みすぎる布団や、重い掛け布団では寝返りを打ちづらくなります。 血流を滞らせる原因となるので、注意しましょう。 枕の選び方 起きたとき、首が痛かったり、肩こりを感じたりするのは、枕の高さが合っていない可能性があります。 枕は、頭を乗せるというより、首を支えるものです。 仰向けになったときにできる首の下のすき間を埋め、しっかり支えてくれるものを選びましょう。 自律神経が乱れた状態では、良質な睡眠をとるどころか、なかなか眠れないことも。 そこで、簡単に実践できる、自律神経の整え方をご紹介します。 ゆっくり呼吸 眠る前に20分間、ゆっくりと呼吸を行う方法です。 実験では、不眠症に悩んでいた人の入眠時間、夜中に目覚める回数、一度目が覚めてから再び寝つくまでの時間が減少したという結果もあります。 方法は、1分間に10回未満のペースで、ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐き出すだけ。 交感神経を鎮め、副交感神経を優位な状態にしてリラックスした状態に導いてくれます。 詳しくは下記をご覧ください。 背中の痛みは、姿勢の悪さや肩こりによる血流の悪化だけでなく、病気によって引き起こされることもあります。 背中の痛みは危険なサイン 背中の痛みをともなう代表的な疾患は、以下の通りです。 いつもと違う痛みを感じた時は、医師の判断を仰ぎましょう。 脊椎カリエス 結核菌が脊椎に感染し、骨や椎間板を破壊、壊死させてしまう病気です。 結核の治療後、体内に残った菌が脊椎に感染した結核患者との接触などで発症します。 高齢者や乳幼児など、免疫力の低い人が感染しやすいといわれています。 初期の状態では背中や腰を動かしたときに痛みを感じる程度ですが、症状が重くなると、夜間に強い痛みと微熱をともなうこともあります。 進行すれば、下半身麻痺や排尿障害にまで発展する可能性もあります。 脊椎腫瘍、脊髄(せきずい)腫瘍 その名の通り、脊椎や脊髄に腫瘍ができてしまう病気です。 時間とともに痛む場所が変わっていき、痛みも徐々に強くなっていくのが特徴。 めまいやしびれもともなう場合は、この病気の疑いがあります。 腫瘍には良性と悪性がありますが、悪性腫瘍(がん)の場合はすぐに医療機関を受診する必要があります。 特に身体を動かすときに首筋や背中が痛む、手先・足先がしびれる、筋力の低下などの症状が出たり、夜間になっても痛みが続いたりする場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。 狭心症 動脈硬化などの影響で、体内をめぐる動脈が狭くなって血流が滞り、心臓の筋肉まで酸素や栄養が行き渡らなくなることで起こる心臓の病気です。 前胸部や左腕、背中に数分〜15分程度、痛みや圧迫感を感じます。 深夜から明け方に発生することが多く、この時間帯に上記の症状が現れた場合は、循環器科で診察を受けましょう。 「背中が痛い」ときのセルフケア 首まわりのストレッチ後頭部を手のひらで押しながら、頭を前方へ倒す。 キープしたあと、ゆっくりと元に戻す。 顎を指先でまっすぐ上に押しながら、頭を後方へ倒す。 キープしたあと、ゆっくりと元に戻す。 左手を頭の上から回して右側の側頭部に置き、頭を引っ張るようにして左に倒していく。 ゆっくり元に戻し、右側も同じように倒す。 左手を頭の右斜め後ろに置き、左斜め前に引っ張りながらゆっくり倒す。 ゆっくり元に戻し、右手を左斜め後ろに置き、右斜め前に引っ張りながらゆっくり倒す。 頭をまっすぐに起こし、上半身は正面を向いたまま、右手の指で右頬を押して頭を左に回す。 ゆっくり元に戻し、同じように左手の指で左頬を押し、頭を右に回す1〜5の動きを15分程度繰り返す。 背中と腕のストレッチ ・肩を前に突き出すストレッチ両手のひらをデスクなどにつき、両ひじを約90度に曲げる顔は右に向けながら左の肩を前方に突き出した姿勢を10秒キープし、元に戻す右肩も同じように行い、左右交互に2〜3回繰り返す ・二の腕を伸ばすストレッチデスクの縁に沿わせるように左腕を横に伸ばし、身体をゆっくりと前傾させて左腕に体重をかけ、10秒キー右腕も同様に行い、2〜3回繰り返す 温熱療法 筋肉の血行を促進して背中の痛みを軽減するには、家庭でも手軽にできる「温熱療法」がおすすめです。 方法は簡単で、使い捨てカイロや蒸しタオルを、肩や背中など、こりや痛みを感じる部分に当てるだけ。 カイロは低温やけどを防ぐため、衣服の上から貼りましょう。 蒸しタオルの場合は、電子レンジで1分半ほど温めたタオルを、ビニール袋に入れて使用します。 やけどを防ぐため、渇いたタオルの上から身体に当ててください。 また、カイロや蒸しタオルの準備が面倒な場合は、入浴時のシャワーで代用してもOK。 痛みのあるところに、気持ちいいと感じる温度、痛くない程度の強さでシャワーを当ててみましょう。 血行促進する入浴法 全身を温めるにはお風呂が最適です。 湯船に浸かると全身の血行がよくなるだけでなく、リラックス効果、快眠効果も期待できます。 ここでは、効果的な入浴方法を2つご紹介します。 半身浴 ぬるめのお湯に、みぞおちあたりまで浸かる入浴方法です。 温度は夏なら38度、冬なら40度前後が適温。 20〜30分間、ゆっくりと浸かりましょう。 湯船に浸かりながらストレッチをすると、筋肉もほぐれてさらに血行がよくなります。 温冷交代浴 温かいお風呂と、冷たいシャワーを交互に繰り返す入浴法です。 ぬるめのお湯に10分程度ゆっくり浸かって身体を温め、一度湯船から出て20度ほどのシャワーを手足や肩にかけて、再び5分ほど湯船に浸かります。 これを3〜4回繰り返すことで、血管が収縮と拡張を繰り返し、血行がよくなります。 「背中が痛い」を防ぐ方法 正しい座り方のポイント椅子に深く座り背筋を真っ直ぐに保つ背中が丸くならないよう、背筋はまっすぐに椅子の高さは足裏全体が床につくくらい膝の角度は90度PC画面は少し見下ろすくらいの高さに ただし、これらのポイントに気をつけていても、ずっと同じ姿勢でいると、筋肉は疲労していきます。 これまでに紹介した、ストレッチや軽い運動などを取り入れ、疲れを分散させましょう。 手軽な運動・ウォーキング 運動不足の人は、軽い運動を生活に取り入れてみましょう。 運動は、負荷が強すぎないものを選ぶのがポイント。 そこでおすすめしたいのが、道具もいらず、すぐに始められるウォーキングです。 正しい姿勢を意識して歩くことで、疲労を軽減することもできます。 一般的には、「肩こり」が主な原因となって発生することが多い背中の痛みですが、病気が原因となっているような場合は、医療機関での診察が必要です。 病院へ行くときには、まずはかかりつけ医に相談するのもよいですが、以下のような場合は専門医の診察を受けましょう。 整形外科に相談するケース ・患部が腫れて熱を持ち、痛みが続くとき ・腰や足のしびれをともなっているとき ・むち打ち症で首や肩が痛むとき かかりつけ医や内科に相談するケース ・背中の痛みとともに、胸の痛みや腹痛があるとき 診断の結果、治療が必要だと判断された場合、「保存的療法」が行われることが一般的です。 保存的療法とは、痛みを抑えて異常を修復し、本来の機能を回復する療法です。 保存的療法の種類 ・安静療法 コルセットなどで患部を固定します。 炎症があるなど外傷が原因の場合、急性の症状の際に選択される治療法です。 ・理学療法 牽引(けんいん)療法 器具を使用して患部を少しずつ引っ張り、筋肉や靭帯(じんたい)の緊張を軽減します。 装具療法 患部を固定して動きを制限しつつ、リハビリを行って回復を目指します。 ・温熱療法 温熱剤や電気治療器などを患部に当て、筋肉を温めて血行を改善し、疲労物質を排出させます。 ・薬物療法 痛みを抑える消炎鎮痛薬、筋肉の緊張をほぐし軽い鎮痛作用のある筋弛緩薬などが処方され、1〜2週間服用して様子を見ます。 その他の治療法 ・神経ブロック療法 保存的療法で効果がない場合に行われます。 痛みのある部分に局所麻酔薬などを注射し、一時的に痛みを緩和します。 外科手術が必要なケース 脊髄などの中枢神経が圧迫されている場合、痛みに加えて下記のような症状が現れることがあります。 このような場合、手術が必要になる可能性があります。 ・手の症状 ボタンがかけられない 箸を使えない ・脚の症状 脚が上がらず、つまずく 階段を降りづらい ・排泄障害 頻尿 残尿感 便秘 中枢神経は一度圧迫されると元に戻りづらく、時間が経つほど悪化していき、回復も困難になっていきます。 痛みとともに上記の症状がある場合、すぐに受診するようにしましょう。 痛みも軽く一時的なものであれば、放置してしまいがちな背中の痛みですが、病気の可能性や痛みがどんどん強くなっていく可能性もあります。 どこが、どう痛むのかを感じ取り、早めの対策を心がけましょう。 php? jrc. html.

次の

上半身をひねると背中に痛み。骨盤の傾きを意識するだけで予防できます。

ジャンプ すると 背中 が 痛い

腹痛の中でも、脇腹は痛みを感じることも比較的多い部位でしょう。 自然と治る事も多いですが、原因によっては注意が必要な事もあります。 昨日から脇腹が少し痛くて、高熱も出て寒気も感じる• 急に脇腹の皮膚がピリピリと痛み出してきた• 普段は痛くないけど、体をひねるなど動かした時に肋骨や脇腹あたりが痛くなる このような症状がみられた場合、どのような原因が考えられるでしょうか。 脇腹が痛い場合に考えられる病気 脇腹に痛みが生じる病気には、以下のようなものが考えられます。 腎臓や尿路の病気 腎臓や尿路が関係している病気としては、やなどがあります。 尿路結石 尿の通り道には、腎臓・尿管・膀胱・尿道などがあります。 この尿路に結石(さまざまな物質が結晶化して大きくなったもの)ができる病気をといいます。 結石が尿路を下る際に痛みが生じ、結石ができた場所によって痛みが現れる部分が異なります。 多くは尿管に結石ができた場合に、結石がある側の脇腹に痛みが生じます。 痛み以外では、吐き気や血尿などの症状が伴うこともあります。 受診の目安と診察時に伝えるべきこと 脇腹の痛みが激しい場合や軽くても続いている場合、痛み以外に体や皮膚に何らかの症状が出ている場合には、一度受診しましょう。 病気によって専門の診療科は異なりますが、自分で区別をつける事は難しい場合も多いため、まずは内科などで相談するのがよいでしょう。 ただし、皮膚に水疱が現れている場合には皮膚科への受診が適しています。 診察時には、いつ脇腹が痛くなったのか、どのような時に痛むのか、どのような痛みか、他にどんな症状があるかなど、分かる範囲で具体的に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 病気以外では、による痛みの可能性もあります。 筋肉痛 普段使わない筋肉を使ったり、激しい運動で筋肉を酷使すると、筋肉を構成している繊維が傷つきます。 この傷ついた筋繊維を修復する過程で炎症反応が起こり、痛みの原因となる物質が発生することでが発生すると考えられています。 運動などで脇腹の筋肉を使った後、脇腹に痛みが生じた場合には、の可能性があります。 筋肉痛になったら になったら、まずは安静にして過ごすようにしましょう。 の箇所に熱をもっている段階では、その箇所を冷やすことで痛みを和らげることができます。 熱をもっている時に冷やしてみるのもよいでしょう。 また、軽くマッサージをすることで、が和らぐ場合もあります。 マッサージをするタイミングとしては、血行が良くなっている入浴後が最適です。 力を入れすぎると逆効果になってしまう可能性があるので、軽めに行うようにしましょう。 良くならない時には いつまでも良くならない時には、一度病院を受診することを検討しましょう。

次の

縄跳びで筋肉痛!ふくらはぎが痛い場合の対処法と注意点とは

ジャンプ すると 背中 が 痛い

それほど激しい痛みはなく、以下の様な症状が見られます。 筋肉痛のような鈍い痛み、うずく痛みを感じる• 背中の張り、コリ、だるさ、重さなどの違和感を感じる• 背中の筋肉が硬くなっている 初めは背中や腰まわりに軽い痛みを感じたり、背中がなんとなく疲れる、だるい、重苦しい感じがする、いつもよりこっている、などの不快感を感じます。 放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われることもあります。 病院で診察を受け、X線撮影(レントゲン)でも背骨や神経に異常がなく、血液検査による内臓疾患も見当たらなければ、多くの場合 「筋筋膜痛症候群(きんきんまくつうしょうこうぐん」と診断されます。 難しい病名ですが、筋肉疲労による痛みの総称です。 一般的な肩こり、腰痛などもこれに分類されます。 1.「過度の運動」や「運動不足」 背中の筋肉「背筋」を使う運動をたくさん行うと、筋肉疲労による痛みを引き起こします。 いわゆる筋肉痛です。 背筋は普段の生活でも常に使われていますが、物を引っ張ったり、持ち上げたり、前かがみの姿勢をする時に特に負荷がかかります。 若い頃から部活動やスポーツをあまりしていなかったり、運動嫌いの人、運動不足の人ほど背筋が弱く、少しの運動で痛みが起こりやすくなります。 2.肩・背中・腰回りの筋力不足 背中の筋肉が弱い人は、日常生活において姿勢を維持するだけで筋肉が疲労し、背中や腰の痛みを起こします。 また、背骨は首から腰にかけて伸びており、首・背中・腰の筋肉で背骨をまっすぐにして姿勢を維持しています。 首や腰の筋力が弱いと、その分を背中の筋肉でカバーしなければならず背中の筋肉が傷みやすくなります。 筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます。 3.「不適切な姿勢」と「同じ姿勢の継続」 背中を丸めた前かがみの姿勢や中腰の姿勢は、背中と腰への負荷が特に大きく、筋肉が大変疲労します。 腰が弱くなることで更に背中の負担が増す悪循環にも陥りやすくなります。 また、例え姿勢が良くても、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉が長時間緊張した状態になり、更に皮膚と筋肉が圧迫されて血行も悪くなるため、肩・腰・背中に疲労がたまります。 特にパソコンを使った仕事は、視神経と筋肉の緊張が長時間続き、ストレスも大きいため要注意です。 4.腰痛・肩こり 肩こりや腰痛になると、間接的に背中の痛みを発症しやすくなります。 は背中痛の原因として非常に多くみられるものです。 首から背中上部にかけて痛み、悪化すると背中や腕の痛み・しびれ、頭痛や吐き気などの症状が出ることもあります。 腰痛持ちの人は、普段の生活で無意識に腰をかばった動作をすることが多く、腰の負担を減らしつつ姿勢を維持するために背中の筋肉が酷使されます。 その結果、背中の痛みを生じやすくなります。 5.背中の冷え・更年期障害 背中が冷えると、血行(血液の流れ)が悪くなり、筋肉のコリやこわばりの原因になります。 エアコンの冷風や冷え性などによる以外にも、更年期障害やストレスによるホルモンの乱れ・減少によっても起こります。 (参考:) こうした危険因子については、別項で更に詳しく解説しています。 日常生活いおいて背中に負担となるような姿勢は動作は極力避けつつ、シップを貼って痛みがひくまで安静にしたり、マッサージを受けるなどの対策で治療できます。 また、背中痛が慢性的なものにならないよう、予防も含めて自分の生活習慣を見直しましょう。 軽めの運動やストレッチを習慣づけて運動不足解消したり、背筋を鍛えるトレーニングを行ったり、普段の姿勢に気をつけ、1時間に一度は姿勢を変えたり休息を取るなど、筋肉の緊張をほぐす対策が有効です。 運動やトレーニングをする場合は、最初から一生懸命やりすぎると、かえって筋肉痛になってしまいます。 症状が良くなってから、小さな負荷で少しずつ継続して行うことが大事です。 腰痛や肩こり、姿勢の悪さ、ストレスなどが原因となっている場合は、こうした要因を取り除くことが先決です。 根本的な原因が解消されない限り、薬やマッサージで一時的に症状がよくなっても、すぐに痛みが再発する可能性が高いです。 自分の体の状態や普段の生活を振り返ってみて、何が背中によくないのかしっかりと把握した上で改善を図りましょう。 激痛をともなう「ぎっくり背中」 背中のこりが現れ、徐々に痛んでくる「筋肉痛」のような症状以外にも、突然前触れもなく背中に" 足をつったような" 強い痛みを感じるケースがあります。 日常の何気ない動作をした瞬間に突然背中に激痛が走り、その発症の仕方がぎっくり腰に似ているため、俗に 「ぎっくり背中」と呼ばれることもある症状です。 頭、腕、肩、腰などを少し動かしただけでも強く痛むため、夜も寝返りがうてず、咳やくしゃみの振動でも痛みが走ります。 ぎっくり腰と同じで、入浴時は体への負荷が減るため症状が和らぐという特徴があります。 軽めの筋肉痛や筋肉疲労でも、何度も繰り返していると背骨に無理がかかり、ぎっくり背中やなどを発症しやすくなります。 痛みがひどい場合は椎間板の変性も同時に進んでいると考えたほうが良いでしょう。 たかが筋肉疲労と甘く見るのは禁物です。 痛みをこじらせないうちに、早めに予防と治療の措置をとりましょう。 安静にしたり、マッサージや鍼(はり)治療を受けるといった方法は、筋肉を休ませたり血行を良くすることで、現在表面に出てきている痛みを解消したり和らげる効果はあります。 しかし慢性痛に対しては、あくまでその場しのぎの一時的な処置であり、数日で痛みが戻るようになります。 完治のためには、背中の負担となっている悪い生活習慣の改善を図ることが必要です。 運動のしすぎが原因であれば、痛みがよくなるまでは運動を控えめにしたり、安静を保つことが必要です。 運動不足が原因なら、安静やマッサージによって症状が和らいできたら、小さな負荷によるトレーニングやストレッチ、軽めの運動が効果的です。 姿勢の悪さが原因と考えられるならば、姿勢の矯正や作業合間の休憩やストレッチで背中の緊張をほぐすことを習慣づけるよう努力しましょう。 慢性化した痛みは解消まで時間がかかるため、すぐに結果を求めず、焦らずに少しずつ体質や環境を改善してゆきましょう。 「ぎっくり背中」のような、激しい痛みをともなう症状が出た場合は、症状がおさまるまで数日安静を保つのが基本ですが、1週間経っても全く症状が改善しなかったり、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は、別の病気や障害が潜んでいる可能性もあるので、できるだけ早く整形外科を受診しましょう。 症状が更に進行しているため、治療にはより長い期間が必要となります。 加齢に伴う自然な老化現象の一つでもあるため、無理に完治は目指さず、少しでも痛みが和らげばそれで十分と考えたほうが良い結果をもたらします。 前向きな気持ちになったり、運動やマッサージによって心地よさを感じることで、快楽ホルモンが分泌され、痛みが和らぐ効果があることが科学的に証明されています。 逆に、完全に痛みが消えないと納得できないといったふうに神経質になってしまうとよくありません。 悩みやストレスは体の機能を調節する自律神経などの働きを鈍らせ、痛みを増幅させてしまいます。

次の