オリックス銀行カードローン 金利。 オリックス銀行カードローンの審査の流れ・金利・返済・口コミを解説!|マネ得カードローン

オリックスVIPローンカードの金利と特徴

オリックス銀行カードローン 金利

広告でもよく見かけるオリックス銀行カードローンは、その名前の通り、銀行カードローンです。 年率1. 7%~という下限金利の低さ、上限800万円という利用限度額の高さから、大口の契約に向いているカードローンだといえますね。 しかし、オリックス銀行カードローンの魅力はそれだけではありません。 提携するATMはすべて利用手数料無料で使える点や、1,000円単位での借入ができるのは小口融資を希望する方にもメリットがあるといえるでしょう。 オリックス銀行カードローンは、年率1. この低金利を実現できるのは、やはり銀行カードローンならではの特長だといえるでしょう。 しかし、見落としてはいけないのが上限金利が年率17. この上限金利は、消費者金融並みの高さとなっています。 800万円コース 700万円超え~800万円以下 年率1. 金融機関にとって信用性と返済能力が高い人は、下限金利が適用される可能性が高くなります。 逆にはじめての利用者には返済実績などがないため、金融機関は貸したお金が返ってこないリスクを考慮し上限金利を適用することで、万が一貸し倒れが発生してもある程度貸したお金を回収できるようにしています。 オリックス銀行カードローンでは、利用する額に応じて金利はどんどん下がっていきます。 したがって、オリックス銀行カードローンは大口融資を希望する方に対して強みを発揮するカードローンだと言えるでしょう。 高額融資希望ならダントツで金利が低い 銀行カードローンのほとんどが融資限度額によってあらかじめ金利枠を設定しています。 ただし、どの銀行も同じような金利しているわけではありません。 具体的にどれくらい金利枠が違うのか比較してみます。 銀行カードローン 限度額ごとの利率 項目名 オリックス銀行 カードローン 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 楽天銀行 スーパーローン 100万円未満 年12. 0%~17. 8% 年13. 6%~14. 6% 年14. 5% 100万円超200万円以下 年6. 0%~14. 8% 年10. 6%~13. 6% 年9. 6%~14. 5% 200万円超300万円以下 年5. 0%~12. 8% 年7. 6%~10. 6% 年6. 9%~14. 5% 300万円超400万円以下 年4. 5%~8. 8% 年6. 1%~7. 6% 年4. 9%~12. 5% 400万円超500万円以下 年4. 5%~8. 8% 年1. 8%~6. 1% 年4. 9%~8. 9% 500万円超600万円以下 年3. 5%~5. 8% — 年4. 5%~7. 8% 100万円未満の融資であればやはりオリックス銀行カードローンの金利は高く設定してあります。 ところが融資限度額が 100万円を超えると上限金利が年率 14. 8%になり、銀行カードローンの平均的な金利に。 融資限度額が 500万円以上になるとオリックス銀行カードローンの上限金利が年率 5. 8%と一番低くなります。 オリックス銀行カードローンは100万円以上利用するときに申込みするのが、最も有効的な活用法だと言えるのではないでしょうか。 最大限度額800万円 大口融資向きカードローン• オリックス・クレジット株式会社• 新生フィナンシャル株式会社 しかし、両方の審査に通過しなければいけない…のではなく、どちらかの保証を受けられればOK! ですから、保証会社を二社以上設けている会社だと、審査に通過できる可能性が上がると考えられるのです。 オリックス銀行カードローンの審査について 申込み方法や必要書類のあと、やはり気になるのは「審査」が厳しいのか、通りやすいのかだと思います。 もちろん、どの銀行や消費者金融会社でも、審査の内容に関しては公表されていません。 あくまでも「アトムくん」としての推察ですが、 審査に関してはさほど厳しくはないと考えます。 なぜなら、オリックス銀行カードローンの保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」の2社だからです。 これはどちらかを選択するのではなく、オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャルで審査を行い、どちらか一方でも審査を通過すれば、融資可能になるということです。 1社で審査するよりもより幅広い層が利用できる可能性が高いと言えます。 ただし、保証会社が保証業務を請け負っているのは一つの金融機関とは限りません。 オリックス銀行カードローンの場合、保証会社である新生フィナンシャル株式会社は、同じく新生銀行カードローンのレイクも保証しています。 他社であってもカードローンの利用履歴は共有されるため、もし同じ会社が保証している金融機関で返済の延滞などがあった場合、新規契約は難しくなるかもしれません。 申込前に、ご自身のカードローン利用状況などを今一度確認しておきましょう。 (ただし、入金が遅れているなど取引状況によっては対応してもらえないこともあるので注意です) また、オリックス銀行のカードローンを利用する際には二種類の口座が登録できるのをご存知ですか? 振込融資と口座引落の返済、両方に対応した「登録口座(登録必須)」と、振込融資金の受け取り専用である「振込専用口座(登録は任意)」です。 両方の口座を登録しておけば、利用目的や利用状況に応じて使い分けることができるので、お金の管理がしやすくなりますね。 ジャパンネット銀行以外の口座への振込であれば、平日15時までに受付完了させなければ即日で借りることができません。 平日15時以降や土日祝日に申し込んだ場合は翌営業日の振込となってしまうため、急ぎの場合はちょっと困ってしまいますね…。 振込融資も便利ですが、ジャパンネット銀行口座がなければ週末の借入ができないため、提携ATMから自由に引き出しができるローンカードを持ち歩いておきたいところです。 提携ATMは全て手数料無料 ローンカードがあれば、利用限度額の範囲で自由に借入することができるのでATMの利用頻度があがりがち。 オリックス銀行カードローンが利用できる提携ATMは、全国に100,000台以上設置されていますので、ATMの利用シーンは多くなるはずです(2019年3月現在)。 すると、ATMの利用手数料が心配になってきますよね。 しかし、オリックス銀行カードローンであれば、すべての提携ATMが手数料0円で終日利用できるうえ、1,000円単位での借入が可能です。 少額借入の度にかかる手数料をおさえられるので、無駄な出費をおさえられます。 ただし、1,000円単位での引き出しができるのは諸刃の剣でもあります。 気軽さゆえ必要以上に借入しすぎると返済額が膨らむので、計画的な利用を心がける必要があります。 返済は1円単位から可能!?一括返済もラクラク• 商工中金• 農林中央金庫• セブン銀行、ローソン銀行、楽天銀行、イオン銀行などのネット系銀行(ただしジャパンネット銀行は除く)• 漁業協同組合• オリックス銀行 【2】ATM・振込返済 ローンカードを用いたATMからの入金、もしくは返済専用口座への振込で返済する方法です。 返済の際も、提携ATMならほぼ終日利用できるうえ、いつでもどこでも手数料がかからないのでおすすめ! ATMまで足を運ぶ手間はかかりますが、目で見てお金を管理できるので、カードローンの利用状況をしっかりと自覚することができると言えます。 ただし、振込返済の場合、振り込むタイミングにはくれぐれも気をつけてください。 約定返済日14日前の午前3時が基準時となるため、それ以降に振り込まないと、約定返済ではなく任意の随時返済とみなされます。 「今月分は返済したから安心」と思っていても、入金が返済期間外であれば、その月は延滞として取り扱われてしまうのです。 また、借入残高が少なくなってきたり臨時収入があったりすると、一括返済を考えることも出てくるかと思います。 本来数回の返済にわたってかかるはずだった利息を支払わずに済むため、一括返済は返済総額をおさえるためにも有効な手段です。 これら返済方法であれば、なんと1円以上1円単位での返済が可能! 端数が出る可能性の高い一括返済であっても、きれいにぴったり返しきれるので嬉しいですね。 一括返済額は、お客さま専用サイトの「メンバーズナビ」から確認することができます。 ジャパンネット銀行の口座があったのでオリックス銀行カードローンを使っています。 プロミスでも即時振込を受けられるみたいですが、銀行の方が安心できると思って決めました。 月末などに出費がかさむときに便利に使うことができるので助かっています。 オリックス銀行カードローンの詳細 基本情報 商品名 オリックス銀行カードローン 実質年率 1. 7%~17. 担保・保証人 なし 利用方法 借入方法 銀行振込、提携ATM 返済方式 残高スライドリボルビング方式 返済日 毎月10日か月末日 返済方法 口座引落し、口座振込、提携ATM 会社概要 会社名 オリックス銀行株式会社 設立 1993年8月23日 所在地 東京都港区芝3-22-8 オリックス乾ビル.

次の

オリックス銀行マイカーローンの金利は安い?シミュレーションと仮審査も

オリックス銀行カードローン 金利

このページの目次• オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって違います! 利用限度額 金利 100万円未満 12. 0%~17. 8% 100万円以上150万円以下 6. 0%~14. 8% 150万円超300万円以下 5. 0%~12. 8% 300万円超500万円以下 4. 5%~8. 8% 500万円超700万円以下 3. 5%~5. 8% 700万円超800万円以下 1. 7%~4. 8% まず、基本的なことからですが、銀行カードローンは消費者金融と違って、借入する限度額によって金利が決まっている場合がほとんどです。 オリックス銀行カードローンの金利も借入限度額によって決められているので、自分が借りたい限度額の金利をまずは見てください。 そして、金利はその限度額内でも、最低金利~最高金利で書かれています。 例えば、100万円未満で借入した場合の金利は12. 0%~17. 8%です。 150万円の場合は6. 0%~14. 8%となっています。 金利を見るポイントとしては、 必ず最高金利を基準として見るようにしましょう。 ですので、50万円借りたい人は17. 8%の金利を見る。 150万円の人は14. 8%の金利を見て、その最高金利が自分に付けられる金利だと思っておいた方が無難です。 オリックス銀行カードローンは上限金利(最高金利)だけを見た場合、 銀行カードローンの中では金利が高い部類に入ります!他の銀行カードローンと比較すれば分かるのですが、約2%~3%程度金利は高い設定なのです。 オリックス銀行は銀行カードローンの中では金利が高い設定! カードローンの借入限度額で一番多いのは50万円ですが、その後に限度額を増額したり、大き目の限度額で借りる場合もあると思いますので、 200万円以下の金利でオリックス銀行と他の銀行カードローンの金利を比較してみました。 みずほ銀行コンフォートプラン 金利 10万円以上100万円未満 年14. 0% 100万円以上200万円未満 年12. 0% 200万円以上300万円未満 年9. 0% 三菱東京UFJ銀行 金利 100万円以下 12. 6%~14. 6% 100万円超200万円以下 9. 6%~12. 6% イオン銀行 100万円未満 13. 8% 100万円以上200万円以下 8. 8% 50万円限度額の場合 金利 オリックス銀行 12. 0%~17. 8% みずほ銀行コンフォートプラン 14. 0% 三菱東京UFJ銀行 12. 6%~14. 6% イオン銀行 13. 8% 150万円限度額の場合 金利 オリックス銀行 6. 0%~14. 8% みずほ銀行コンフォートプラン 12. 0% 三菱東京UFJ銀行 9. 6%~12. 6% イオン銀行 8. 8% 比較する銀行は、銀行カードローンでも低金利の部類に入る、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行の3行にしました。 比較表を見れば分かると思いますが、オリックス銀行カードローンの金利は他の3行のカードローンの金利よりも一段階高くなっています。 50万円限度額の金利では、オリックス銀行が12. 0%~17. 8%の金利に対し、みずほ銀行は14. 0%、三菱東京UFJ銀行は12. 6%~14. 6%、イオン銀行は13. 8%となっており、オリックス銀行以外は全て上限金利でも15%未満の金利となっています。 150万円限度額になると、オリックス銀行が6. 0%~14. 8%に対し、みずほ銀行は12. 0%、三菱東京UFJ銀行は9. 6%~12. 6%、イオン銀行は8. 8%となっています。 これは、オリックス銀行カードローンのもう一段階下の金利(限度額150万円超300万円以下)と同等の金利となっていることから、他の銀行カードローンと金利比較した場合、やはり 2%~3%程度オリックス銀行カードローンが高い設定になっていることが分かると思います。 オリックス銀行カードローンの1. 7%の金利は借りられるのか? オリックス銀行カードローンは最低金利は1. 7%となっており、この金利は銀行カードローンの中でもトップクラスに低くなっています。 一見、1. 7%なら借りたい!と思ってしまうのですが、先ほどのオリックス銀行の金利表を見てください。 オリックス銀行カードローンで金利1. 7%を借りるには限度額700万円超800万円以下の審査に通らなければなりません。 尚且つ、審査に通ったとしてもその限度額の適用金利は1. 7%~4. 8%になっているので、必ずしも最も低金利の1. 7%で借りれる保証など、どこにもないのです。 カードローンで最も利用されている限度額は50万円です。 これは指定信用情報センターのJICCが出している、限度額別の利用者人数を根拠にしており、一般的にカードローンを利用ているのは50万円で1社だけが最も多くなっています。 そのことを踏まえたうえで、限度額700万円超800万円で貸付をするメリットは銀行にはほとんどありません。 限度額はあくまで借入枠なので、実際に利用するかしないかは顧客次第となっています。 そのため、仮に限度額800万円で金利1. 7%で融資をしたとしても、実際に借りるのは10万円でもOKなのです。 10万円しか借りないのに金利1. 7%で融資するメリットが銀行にどこにあるのか?普通に考えてみれば分かることですが、そんなメリットはどこにもありません。 カードローンでは利息収入を目的として融資をしていますので、少しでも多くの利息収入を上げるために貸付残高を増やそうと努力しています。 もちろん金利は高ければ高いほど入ってくる利息は増えますが、資金需要者は低金利なカードローンを探しており、金利が低いほど優良な顧客が申し込みする可能性もあります。 反対に金利が高い場合、他では借りられない多重債務者や属性が悪いハイリスク層が申し込みする可能性も増えてくるでしょう。 カードローンの金利とは、それらのことを総合的に考えて設定されています。 オリックス銀行カードローンだけでは無く、消費者金融でも他の銀行カードローンでも 最低の金利(下限金利)で借りられる人は、ほとんどいません。 何度も言いますが、カードローンの金利は最高金利(上限金利)で見ることが重要であり、表示されている最低金利に惑わされないことが大切です。

次の

オリックス銀行カードローン審査は厳しいのか?徹底解説!

オリックス銀行カードローン 金利

この記事では、オリックス銀行カードローンの金利ってどうなっているの?というみなさんの不安や悩みを解決していきます。 オリックス銀行カードローンの金利(実質年利)は年1. ところで気になるのは、オリックス銀行カードローンの金利が高いのか低いのかですよね? 結論を言うと、 100万円以上借りない方にとっては高金利で800万円借りれる方にとっては低金利というのが正解でしょう。 なぜこのようなややこしい結論になったのかというと、 実際に適用される金利は、みなさんがオリックス銀行カードローンで借りる金額によって決まるからです。 さらにいうと、オリックス銀行カードローンの金利は上限金利の17. だからこそ、オリックス銀行カードローンは金利だけで選んでいいカードローンではありません。 まずはオリックス銀行カードローンの金利が高いのか低いのか、もう少し詳しく解説していきます。 オリックス銀行カードローンの金利は年1. 7%~年17. 8%です。 この中で実際に適用される金利は、以下の表のとおり借入限度額によって決まります。 オリックス銀行カードローンの金利表 利用限度額 借入利率(年) 100万円未満 12. 0%~17. 8% 100万円~150万円以下 6. 0%~14. 8% 150万円超~300万円以下 5. 0%~12. 8% 300万円超~500万円以下 4. 5%~8. 8% 500万円超~700万円以下 3. 5%~5. 8% 700万円超~800万円 1. 7%~4. 8% 出典:オリックス銀行公式サイト まずはこの広い振れ幅の中で、上限金利について見ていきます。 オリックス銀行カードローンの上限金利は消費者金融並み 上限金利の年17. 8%は、消費者金融並みに高金利だと知っていましたか? 有名な大手消費者金融のカードローンと、オリックス銀行カードローンの金利を比較してみるとよくわかります。 商品名 金利 年1. 8% 年4. 5%~ 17. 8% 年3. 0%~ 18. 0% 年3. 0%~ 18. 0% 年4. 0% 年4. 初めて利用するときは上限金利が適用されることが多い カードローンを初めて利用する場合、基本的には上限金利が設定されます。 なぜなら、まだ利用実績がないので、ちゃんと返済できるかどうか判断できないからです。 返済を積み重ねていけば、 「この人は貸したお金をちゃんと返してくれる人だな」と信用されるようになり、適用金利を引き下げてもらえる可能性が出てきます。 100万円以上借りない方は金利で選ぶべきではない オリックス銀行カードローンで100万円以上借りる予定のない方には、オリックス銀行カードローン以外のカードローンをおすすめします。 その理由は以下の2つです。 同等の金利でより借入スピードの速いカードローンがあるから• より金利が低い銀行カードローンがあるから さきほど紹介した大手消費者金融のカードローンは、オリックス銀行カードローンと同じくらいの金利で、 オリックス銀行カードローンよりも早くお金を借りることができます。 なぜなら消費者金融のカードローンは、 オリックス銀行カードローンにはできない即日融資が可能だから。 さらには、初めて利用する方限定の 無利息期間を設けているやなどもあります。 短期間で返済するなら、同じくらいの金利で融資スピードの早い消費者金融のカードローンの利用を検討してください。 また、どうしても銀行カードローンがいいなら、オリックス銀行カードローンよりも上限金利が低い銀行カードローンを利用するのはどうでしょうか。 や など、銀行カードローンには上限金利が14. 上記の銀行カードローンなら、たとえ上限金利が設定されたとしても、オリックス銀行カードローンで上限金利が設定されるより利息負担が少なくて済みますよ。 さて、オリックス銀行カードローンの上限金利について把握できたら、こんどは下限金利について見ていきましょう。 オリックス銀行カードローンの下限金利は低金利 オリックス銀行カードローンの下限金利1. 代表的な銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利を比較してみました。 商品名 金利 年 1. オリックス銀行カードローンの金利表 利用限度額 金利 100万円未満 年12. 0%~17. 8% 100万円~150万円以下 年6. 0%~14. 8% 150万円超~300万円以下 年5. 0%~12. 8% 300万円超~500万円以下 年4. 5%~8. 8% 500万円超~700万円以下 年3. 5%~5. 8% 700万円超~800万円 年1. 7%~4. 8% オリックス銀行カードローンの金利は、審査によって決められる利用限度額によって変化します。 つまり、オリックス銀行カードローンの下限金利を適用されるようになるには、 審査で700万円超~800万円貸しても大丈夫という評価をしてもらわなければなりません。 では、利用限度額とはどういう基準で設定されるのでしょうか。 利用限度額が決まる2つのポイント オリックス銀行カードローンの利用限度額は初回の審査もしくは、増額審査によって決まります。 利用限度額が決まるポイントは次の2つです。 申込者(利用者)の年収• 利用実績 まずは年収によってどのように利用限度額が決まるのか解説します。 ということは、オリックス銀行カードローンで700万円超から800万円の利用限度額を獲得するためには、 最低でも年収1,400万円以上が必要なんです。 「年収1,400万円の人がカードローンを利用するの?」と思うかも知れませんね。 ですが、もし金利1. オリックス銀行カードローンの下限金利は、そういった利用方法を考えていらっしゃる方のために設定されていると考えるのが良さそうです。 利用実績によっても限度額は変わる オリックス銀行カードローンの利用限度額は、一度決まったら永遠に同じ金利で利用しなければならないわけではありません。 オリックス銀行カードローンの利用者は、オリックス銀行カードローンに 借入限度額の増額を依頼することができます。 ただし増額にも審査があり、増額の審査ではこれまでの利用実績がチェックされることになるんです。 なお審査の結果、 限度額が減額されることもあります。 オリックス銀行カードローンのカードローン取引規定を読むと、利用限度額の減額について以下のように書いてありました。 次の各号のいずれかの事由が生じた場合、当社は、お客さまに対して事前に通知することなく、ご利用限度額を減額し、または新規の借入を中止することができます。 1 お客さまが本規定その他本契約に関するいずれかの約定に違反したとき、または債務不履行があったとき。 2 お客さまの信用状況に関する審査等により、当社または保証会社がご利用限度額の減額もしくは新規の借入の中止が必要であると認めたとき。 3 お客さまの利用状況および法令等により、当社または保証会社がご利用限度額の減額もしくは新規の借入の中止が必要と判断したとき。 4 お客さまが行う取引の頻度および態様が社会通念上認められる限度を超え、当社のサービス提供に支障が生じると認められるため、当社がお客さまにその旨を明示して是正を求めたにもかかわらず、お客さまがその是正を行わないことにより、お客さまと当社との信頼関係が損なわれたと認められるとき。 オリックス銀行カードローンで借りたお金を返し忘れたり、限度を超えるような利用をしたりすると、限度額を減らされてしまいます。 そうならないために、計画的で良好な利用実績を積み重ねていきたいですね。 返済額のうち残高を減らすのは利息を除く金額のみ オリックス銀行カードローンの返済額は利息を含んだ額なので、 実際に残高を減らすのは、返済額から利息を引いた額です。 なおオリックス銀行カードローンの毎月の最低返済額は、基準時の借入残高によって以下の通りに決められています。 借入残高 毎月のご返済額 10万円以下 3,000円 10万円超30万円以下 6,000円 30万円超50万円以下 90,000円 50万円超100万円以下 15,000円 100万円超150万円以下 20,000円 150万円超200万円以下 25,000円 200万円超250万円以下 30,000円 250万円超300万円以下 35,000円 300万円超400万円以下 40,000円 400万円超500万円以下 50,000円 500万円超600万円以下 60,000円 600万円超 70,000円 ということは、30万円を金利17. これじゃあ 効率が悪いですよね・・・。 オリックス銀行カードローンから借りたお金を効率的に返済するなら、積極的に繰り上げ返済をしたり、利用実績をつんで金利をさげてもらったりする必要があります。 オリックス銀行カードローンの返済方法について、詳しくは【】の記事をご覧になってください。 さて、ここまでオリックス銀行カードローンの金利について解説しました。 他の銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利だけ比較すると、オリックス銀行カードローンに目立ったメリットはありません。 ただ、オリックス銀行カードローンには金利以外に他の銀行カードローンより優れている点が3つあるんです。 最後に、オリックス銀行カードローンを選ぶべきポイントとして、メリット3つを紹介します。 オリックス銀行カードローン3つのメリット• オリックス銀行の口座がなくても使える• ジャパンネット銀行の口座があれば原則24時間365日即時振込が可能• 全国100,000台の提携ATMが手数料無料で使える では順番にこれら3つのメリットを解説します。 オリックス銀行の口座がなくても使える オリックス銀行カードローンは、 オリックス銀行の口座がなくても利用することができます。 例えばみずほ銀行カードローンなら、みずほ銀行の口座がなければ利用することができません。 三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの場合、口座がなくても利用は可能ですが、借入方法と返済方法に制限がかかります。 オリックス銀行カードローンは、みなさんが今利用している口座でなんの問題もなく利用できるので安心してください。 ジャパンネット銀行の口座があれば原則24時間365日即時振込が可能 もしみなさんの利用している口座にジャパンネット銀行の口座があれば、 原則24時間365日即時振込で、オリックス銀行カードローンからキャッシングできます。 どうしてもすぐに現金が必要というピンチでも、すぐにキャッシングできるのはありがたいですよね。 ただし、申込んだ当日にお金を借りることはできないので、その点をお忘れなく。 全国100,000台の提携ATMが手数料無料で使える オリックス銀行カードローンが提携するATMは、なんと 全国に100,000台以上!(2019年9月時点) しかもそのすべてを ATM手数料無料で利用することができます。 借入するにしても返済するにしても、いつも使っているATMを無料で使えるのは間違いなく大きなメリットです。 オリックス銀行カードローンは借入・返済のメリットが充実したカードローン ここで紹介した3つのメリットからわかるとおり、オリックス銀行カードローンは借入・返済のメリットが充実した銀行カードローンと言えます。 金利だけを見ると、他の銀行カードローンよりも劣って見えるかもしれませんが、 総合的には決して劣っているわけではありません。 によれば、銀行カードローンユーザーが銀行カードローンを選んだ理由の上位は以下の3つ。

次の