もう 少々 お待ち ください 英語。 少々お待ちくださいの英語|ビジネスメール・接客・電話での丁寧な9例文

英語で「ちょっとお待ちください」や「少々お時間いただきます」はメールでどう書く?

もう 少々 お待ち ください 英語

今しばらくの指す期間はケースで異なる 今しばらくは、比較的短い期間へ時間を求める時に使用するフレーズですが、「今しばらく」が指す時間はケースによって異なります。 例えば、ビジネスメールの場合には数日から一週間程度の間を指す事が多いです。 その為、一か月以上の長時間もしくは長期間相手を待たせてしまう時には使用できません。 長い間待たせる対応について「今しばらく」を使用すると、相手の想像以上に待たせる結果となり、相手をやきもきさせるなど失礼な対応となってしまいます。 長時間待たせる時には「お時間拝借してもよろしいでしょうか」や「多少お時間をいただきます」など、長い時間や期間が必要である事が分かるフレーズを使用するようにしましょう。 お詫びの言葉と一緒に使用しよう 「今しばらく」を使用する時には、相手に保留や待機を求める状況である事がほとんどです。 それによって相手に迷惑がかかってしまう事もありますので、今しばらくを使用する時には、「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などお詫びの言葉を付けた上で使用すると、相手に対しての印象も良くなります。 「今しばらく」と「少々」の違いを見てみよう 少々の意味 少々とは、数量や程度がわずかである事を指す言葉です。 また、動詞に付属して副詞的に使用される事も多く、「少々お待ちいただけますか」で使用されます。 今しばらくと少々の違い 少々とは、ほんのしばらくの間相手に時間を求める時に使用します。 数秒間から数分間の間を指す事が多いので、会話や接客用語としても使用されます。 一方で、今しばらくも少しの間相手への待機や保留を求めるフレーズです。 けれども、今しばらくの場合には「相手が少し待たされていると感じる」期間や時間待たされる可能性も含んでいます。 つまり、相手に保留や待機を求める時間が、少々よりも今しばらくの方が長いのです。

次の

失礼なく「少々お待ちください」と英語で言ってお客様を逃がさない接客表現

もう 少々 お待ち ください 英語

「今しばらく」はどれくらいの期間? 「今しばらく」は何分といった時間や何日といった期間ははっきりとはしていませんが、それほど長い時間でないことを表します。 「今しばらく」と言っておいて、長い間待たせてしまうと、相手が思っている以上に待たせることになってしまい、大変失礼になります。 一ヶ月以上の長時間もしくは長期間待たせてしまう場合は使用しないようにしましょう。 もし、長時間待たせてしまう場合には「多少お時間をいただきます」「お時間拝借してもよろしいでしょうか」などと、長く時間を要することがわかるフレーズを使うようにします。 「今しばらく」の使い方と例文 「今しばらく」は「すぐではないけれど、さほど時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われますよね。 「今しばらく」は「もう少し」と同じ意味ですが、「今しばらく」は丁寧な言い方なので、目上の人に対して使うことができます。 ただ、「今しばらく」を使用するときは、相手に待機や保留を求める状況のことがほとんどです。 それにより、相手に迷惑をかけている可能性があるので、「今しばらく」を用いる際は「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などと お詫びの言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・ただいまダウンロード中です。 今しばらくお待ちください。 ・ありがとうございます。 すぐにお返事いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・乗っていた電車が事故の影響で止まってしまい、今しばらくは動きそうにない。 ・資金不足で、今しばらくはこの計画もこれ以上は進められそうにない。 ・今しばらくはこのまま隠れていて、脱走する機会をうかがうしかなさそうだ。 ・それが現実になるには、今しばらく時間がかかりそうだ。 こちらにおかけになって今しばらくお待ちください。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 現在ウェブサイトのメンテナンスを行なっております。 終了予定は午後4時となっていますので、今しばらくお待ちください。 「今しばらく」の類語との使い分け もうしばらく 「もう」は 「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」「やがて」を意味します。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もうしばらく」はすでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかる場合に使います。 「今しばらく」と言うよりも「もうしばらく」と言った方が、待たせる時間が長いイメージになります。 少々 「少々」は 「すくないさま」「わずかなこと」「少し」を意味します。 「少々不満があります」「塩を少々、胡椒を少々」などと使いますよね。 「少々」は主に、 ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 主に2分間〜3分間、長くても5分間をイメージする感じです。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 会話や接客用語など、「少々」は幅広く使われている言葉です。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「今しばらくお待ちください」の使い方 「お待ちください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「今しばらくお待ちください」といった場合は、 「すぐではないけれど、少しの間待ってほしい」というときに使います。 例えばメールなどで、相手からの問い合わせに回答する場合、まだ回答がはっきりしないときに「お急ぎのところ大変恐縮ですが、今しばらくお待ちください」と使用するのが一般的です。 「お待ちください」は敬語として正しい表現です。 ただ「お待ちください」は待つことを強いるようなニュアンスのため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 「今しばらくお待ちください」のその他の言い回し 今しばらくお待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」は「相手が待ってくれる」という意味で、「お待ちいただく」は「相手に待ってもらう」という意味です。 「ください」の場合は動作の主体は相手になり、「いただく」の場合は動作の主体は自分になります。 「今しばらくお待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、 「もう少しの間、お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 今しばらくお待ちいただけると幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」ということを意味しています。 「幸いです」はビジネスメールなどで、相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 依頼をするときに使う「幸いです」は、「〜してくれるとありがたい」を意味します。 「今しばらくお待ちいただけると幸いです」は 「もう少しの間、待っていていただけるとありがたいです」という意味合いになります。 「今しばらくお待ちください」と頼むよりも「今しばらくお待ちいただければ幸いです」といった方が、柔らかい印象を与えられます。 今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「もう少しの間、待ってもらってもいいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。

次の

「少々お待ちください」英語の電話でどう伝える?【36】

もう 少々 お待ち ください 英語

「お待ちください」を使ったその他の言い回し お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です。 「いっらしゃいませ」「ご覧くださいませ」といったように、接客業などで多々活用されています。 「くださいませ」は相手に何かしてほしいときに、その行動を行うように促す言葉です。 ですので 「お待ちくださいませ」は、相手に待っていることを促す表現になります。 「お待ちください」というよりも 「お待ちくださいませ」といった方が、丁寧で柔らかい印象を与えられます。 「くださいませ」は柔らかい印象の言葉のため、主に女性が使用することが多いです。 「お待ちください」は丁寧な言い方ですが、命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たる可能性があるので、使用する際は気をつけましょう。 今しばらくお待ちください 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」を意味しています。 「今しばらく」は「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われます。 「今しばらく」は長時間または長期間、相手を待たせてしまう場合には使用できません。 「今しばらく」を長い間待たせる場合に使ってしまうと、相手が思っている以上に待たせることとなり、非常に失礼になってしまいます。 しばしお待ちください 「しばし」は「少しのあいだ」「ちょっとのま」を意味しています。 「しばしのお別れ」「しばしのご歓談」なんて言いますよね。 「しばし」は「今しばらく」と同様に、「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、 やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 少々お待ちください 「少々」は、「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「少々」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、 「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「少々お待ちください」は顧客の応対などで頻繁に使いますが、ビジネスメールにおいてもよく使用されます。 例えば質問や依頼など、考えたり調べなくてはいけない場合に「ご返答まで少々お待ちください」「こちらで確認いたしますので、少々お待ちください」などと使うことができます。 もう少々お待ちください 「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」、「少々」は「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もう少々」は、すでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかってしまった場合に使います。 「少々お待ちください」というよりも「もう少々お待ちください」といった方が、相手を待たしてしまう時間が長いイメージになります。 少しお待ちください 「少し」は「数量・程度などが少ないこと」「いささか」を意味しています。 「少しお待ちください」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 「少しお待ちください」は「少々お待ちください」と非常に似ています。 「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分けとしては、会社の方針によってどちらかを使用するか異なるだけで、明確な違いはありません。 ただ「少しお待ちください」と言うよりも 「少々お待ちください」と言った方が、何となく丁寧な感じがしますよね。 「お待ちいただく」を使った言い回し お待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、「お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 お待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「お待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「待ってもらってもよいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。 「お待ちください」への返信は? 転職などで企業から「お待ちください」と連絡がくることがありますが、どのように返信するのが正しいのでしょうか? 返信は必要ないだろうと思うかもしれませんが、連絡してくれたことに対して返信をすれば、相手に良い印象を与えることができます。 「お待ちください」ときたら、メールをくださったお礼と、連絡を待っている旨を簡潔に記して返信をするのが良いです。 例文 ・お忙しい中、貴重な時間を割いていただき感謝いたします。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中、お返事をいただきましてありがとうございます。 ご連絡お待ちしております。 ・承知いたしました。 ご多忙にも関わらず、ありがとうございます。

次の