いわき 市 台風 19 号。 いわき市台風第19号における災害対応検証委員会

台風19号:寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき

いわき 市 台風 19 号

趣旨 地域防災計画や業務継続計画等に基づく本市の災害対応業務が、令和元年10月に発生した台風第19号の際に十分に機能したか把握するとともに、課題等を明らかにし、その結果を今後の防災対策に反映するため、検証委員会を設置して検証する。 組織 設置要綱により、市内大学や関係機関、地域の団体等から推薦された方から構成します。 第1回検証委員会• 日時 令和元年12月24日(火)• 内容 台風第19号等に伴う市の対応等について 検証内容及び日程について• 配布資料等 第2回検証委員会• 日時 令和2年2月12日(水)• 内容 情報伝達のあり方について• 配布資料等 第3回検証委員会• 日時 令和2年4月30日(木)• 内容 要支援者への支援、避難のあり方について 避難所開設のあり方について• 配布資料等 議事録 中間取りまとめ 令和2年5月29日に「いわき市台風第19号における災害対応検証委員会」から市長に中間取りまとめの報告書が提出されました。

次の

令和元年台風第19号で被災された皆様の医療機関等での窓口での支払いは不要です

いわき 市 台風 19 号

民間借上げ住宅制度の概要 令和元年台風19号による災害により、住宅に甚大な被害を受けられた方を対象に、応急仮設住宅として民間賃貸住宅を借り上げて被災者の皆様に提供する制度です。 注)令和2年3月30日(月)より、受付窓口が市役所本庁舎7階から市役所本庁舎6階に 変更となります。 (平日のみの受付) なお、民間賃貸住宅借上げ制度については、郵送による申し込みも可能です。 注)令和2年3月30日(月)以降のお問い合わせ先(0246-22-7593)については、変更ありません。 受付から契約締結までの基本的な流れについては、次のとおりとなります。 入居までの手続の流れはこちらの資料をご覧ください。 受付から申込みまでに必要な書類等は下記『ご案内』をご覧ください。 実施要綱及び事務処理要綱についてはこちらををご覧ください。 契約内容の変更等についてはこちらををご覧ください。 1 入居対象者 次のいずれにも該当する方 災害救助法が適用された日(令和元年10月12日)にいわき市に居住する方 次のいずれかを満たす方• ア 住居の全壊、全焼又は流出により居住する住宅がない方• イ 半壊(大規模半壊を含む)であっても、水害により流入した土砂や流木等により住宅としての利用ができず、自らの住居に居住できない方• 2 入居期間(令和2年3月23日更新) 原則1年間。 なお、甚大な被害状況を踏まえ、供与期間を1年間延長(合計最長2年間)とすることとなりました。 (ただし、被災住宅の修理等が完了し居住可能となった場合は除く。 ) 延長には、再契約が必要となります。 再契約に係る手続きについては、をご参照ください。 3 借上げ対象住宅 次のいずれにも該当する住宅が対象となります。 貸主から同意を得ているもの 昭和56年(1981年)以降に建設された住宅、もしくは耐震診断、耐震改修等により安全性が確認された住宅であること 家賃が1カ月あたり6万円以下(対象世帯が5名以上(乳幼児を除く)である場合にあっては9万円以下)であること 注)借上げ対象住宅については、ご自身で条件にあった物件を選定して頂くこととなります。 注)借上げ対象住宅は、県内の物件に限ります。 注)受付期間の終了期日までに、受付・申し込みの手続きを行う必要があります。 注)郵送の場合、令和2年5月31日(日)の消印有効となります。 注)令和2年6月末日までに入居を開始する必要があります。 6 Q&A これまでに市民等の皆様からお受けしたご質問とそれに対する回答をまとめております。 公営住宅を一時避難所として利用される方で、上記「1入居対象者」の要件を満たす場合には、民間借上げ住宅の利用も可能です。 令和元年10月12日以降、既に個人で契約して民間賃貸住宅に入居している方についても制度の適用となります。 制度に基づく4者契約への切替に伴う、当初契約時に負担した退去修繕負担金や仲介手数料などの精算については、貸主や不動産会社の方と相談してください。 (令和元年12月2日より要件緩和) 8 契約時に必要な書類等 次の書類を『いわき市住まい政策課』に持参又は郵送して下さい。 契約書[様式9] : 4部• 定期賃貸住宅契約についての説明書[様式11]: 1部• 請求書(貸主)[様式10]: 1部• また、不動産事業者(仲介業者)に対しては、退去日の連絡を行ってください。 【終了届の提出先】 〒970-8686 いわき市平字梅本21 いわき市住まい政策課 TEL:0246-22-7593.

次の

【令和元年東日本台風(台風第19号)等関連】被災者支援情報

いわき 市 台風 19 号

令和元年東日本台風(台風第19号)等により被災された方々へ向け、支援情報等を掲載しています。 詳しくは以下URLを参照いただくか、担当課へ御連絡ください。 被災者の住まいの支援制度の概要 住まいの支援制度をまとめたチラシを作成しましたので、今後の復旧の参考としてください。 【担当課】危機管理部災害対策課 電話:024-521-7194 関連URL:(概要版) (被災の程度別) 被災者生活再建支援制度について 自然災害により居住する住家が全壊する等の被害を受けた世帯に対し、住家の被害程度に応じて支援金が支給されます。 【担当課】危機管理部災害対策課 電話:024-521-7194 関連URL: 台風第19号に係る被災者生活支援特別給付金について 台風第19号等災害により、住家被害を受けた世帯のうち、被災者生活再建支援法の対象とならない半壊世帯及び床上浸水の世帯に対し、特別給付給付金が支給されます。 【担当課】危機管理部災害対策課 電話:024-521-7194 関連URL: 被災住宅の応急修理 住宅が一部損壊 損害割合が10%以上の場合に限る 、半壊または大規模半壊の被害認定を受けた世帯に対し、災害救助法に基づき、被災した住宅の日常生活に必要不可欠な最小限度の部分の応急修理について、各市町村で受付を行います。 【担当課】危機管理部災害対策課 電話:024-521-7194 関連URL: 被災住宅の復旧・再建に関する情報 住宅が被災した方々に対する相談窓口や関連情報を、以下関連URLに掲載しています。 【担当課】土木部建築指導課 電話:お問い合わせ先は以下関連URLを御参照ください。 関連URL: 県営住宅の提供 住宅が被災した方々、県営住宅等を一時的な避難先として提供します。 【担当課】土木部建築住宅課 電話:024-521-7519 関連URL: (いわき地区以外) (いわき地区) 令和元年台風第19号に伴う災害に係る民間借上げ住宅の供与について 台風第19号により住家被害を受けられた方に対し、応急仮設住宅としての民間借り上げ住宅を供与します。 【担当課】土木部建築指導課 電話:お問い合わせ先は、以下のリンク先を御参照ください。 【担当課】保健福祉部児童家庭課 電話:024-521-7176 関連URL: 生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付 被災した世帯への福祉資金の貸付を行っています。 また、台風19号により被災された方に対する特例貸付の実施を行います。 【担当課】保健福祉部児童家庭課 電話:024-521-7176 関連URL: こころの健康相談 福島県精神保健福祉センターで相談(電話、面接)を受け付けています。 ) 関連URL:(病院局病院経営課 電話024-521-7228) (国民健康保険課 電話024-521-7204) また、要件に該当する方は、医療機関等の窓口で申告することで、支払いが不要となります。 【担当課】保健福祉部国民健康保険課 電話:024-521-7204 関連URL: 診療録等の保存文書の取扱い 被災により診療録等の文書が滅失した場合の取扱いについて、厚生労働省からの通知を以下関連URLに掲載しています。 【担当課】保健福祉部地域医療課 電話:024-521-7915 関連URL: 医療施設・医療機器の財産処分 被災により、県からの補助金で整備した医療施設・医療機器の取壊しや廃棄をする場合は、県に報告を行うことで財産処分の承認がされたものとみなされます。 詳しくは以下関連URLを参照してください。 【担当課】教育庁義務教育課 電話:024-521-7796 関連URL: 高校等の緊急採用制度(奨学資金貸付金) 高等学校または福島県教育委員会で定める専修学校の高等課程の生徒を対象とした奨学資金の貸与について、以下関連URLに掲載しています。 【担当課】教育庁高校教育課 電話:024-521-7775 関連URL: 福島県立高等学校の入学料・授業料の減免制度 保護者が災害により著しく損害を受けた場合、り災証明書により県立高校の入学料や授業料を免除する制度について、以下関連URLに掲載しています。 【担当課】教育庁財務課 電話:024-521-7754 関連URL: 特別支援学校等への就学奨励事業 被災により就学支援が必要となった児童生徒の保護者に対する学用品等の援助について、以下URLに掲載しています。 【担当課】総務部税務課 電話:024-521-7067、7070 関連URL: (総務部税務課トップページ) 国税の減免等について 国税庁は、郡山市、いわき市、須賀川市、田村市、矢祭町、石川町が納税地の場合、国税の申告、申請、請求、届出及びその他の書類の提出並びに納付等の期限を延長しています。 その他の納税地でも、今回の台風で被災された方については、所轄の税務署に対して申請することで申告・納付等の期限の延長を受けられます。 詳細は以下関連URLに掲載しています。 【担当課】保健福祉部子育て支援課 電話:024-521-7174 関連URL:.

次の