ディーバ ウォッカ。 ベルエポ、街

家が買える?高額な世界の超高級ウォッカランキング

ディーバ ウォッカ

映画『Diner ダイナー』のあらすじ 元殺し屋で天才シェフのボンベロが店主を務める殺し屋専門の食堂「ダイナー」。 そこで日給30万円の怪しいアルバイトに手を出して闇の組織に身売りされた少女のオオバカナコがボンベロに買われて働くことになった。 ダイナーはボンベロが「王」として君臨していて、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや子供のような姿をしたサイコキラーのキッド。 そして不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のボロなど、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とダイナーを訪れる。 映画『Diner ダイナー』のネタバレ 少女のオオバカナコは母親からも周りの誰からも必要とされずに孤独になった。 いつしか人のことを信用しなくなったカナコは、周りの人間も彼女のことを信用しなかった。 この世界のどこにも自分の居場所がないとカナコは思うようになった。 料理が好きで料理を作る間だけ自分がここにいていいと思える。 ある日、カナコはメキシコに行かなければならないという使命感にかられてその旅費を稼ぐために日給30万円のバイトをする。 しかし、そのバイトはカウボーイとDDに命じられて運転手をさせられる。 事故を起こしたカナコはカウボーイとDDとともに縛られて吊るされてしまう。 DDは「殺さないで!」と泣き叫んでいたが闇の組織に消される。 カナコは組織の連中に料理が得意だから殺さないでと命乞いして組織の一員であるブタ男が彼女をゴルフクラブで気絶させた。 「砂糖の一粒までが俺に従う!」と孤高のシェフ・ボンベロはカナコに告げ俺に従うか死ぬかだと選択を迫る。 ここは殺し屋専門の食堂「ダイナー」で今まで何人のウエイトレスがここで働いたが1人も生き残ってはいないとボンベロはカナコに話す。 カナコはまずトイレ掃除をボンベロに命じられて掃除が終わった後便器を舐めるよう強要した。 拒否したカナコを殺そうとすると電話が鳴り出しボンベロは電話に出る。 その隙にカナコは奥の部屋に入り金庫を開ける。 金庫の中にはダイヤで濾過した「ディーバウォッカ」が入っていてそれをボンベロが見つからない場所に隠した。 「ディーバウォッカ」を人質に取られたボンベロは仕方なくカナコをウエイトレスとして働かせることにした。 ダイナーの掃除を始めたカナコはボンベロからホールに行けと指示された。 ダイナーに行くまでには3つのドアがありボンベロが許可した客だけダイナーの中に入ることができる。 最初に来た客は顔中傷だらけのスキンでカナコは彼を部屋に案内した。 スキンの顔を見てカナコは母親が作ってくれた体操着袋のことを思い出した。 母は姉だけを連れてカナコを祖母の家に置き去りにしたことを話す。 イカれた殺し屋の客 次に店に来たブロたちにカナコは弄ばれていた。 ブロたちはカナコを買いたいとボンベロはカナコをブロたちに差し出した。 そこにスキンが現れてカナコを離すようブロたちに命令する。 スキンはブロたちを倒して硫酸を浴びせようとした。 するとここにメシを食いに来たと話しスキンはカナコに料理を注文した。 料理を持ってきたカナコにスキンは料理を食べさせようとしたが突然ボンベロに呼ばれた。 ボンベロは子供のような姿の殺し屋・キッドの相手をさせてキッドはカナコに抱きつき気に入っている様子だった。 スキンにスフレを持っていけとボンベロはカナコに命じて、スキンは母親が作ってくれたスフレをボンベロが完全に再現して世界一の料理人だと称賛した。 しかし、スフレの中にコイン?が入っていてカナコはボンベロのところに行きこれが入っていたと報告する。 ボンベロはわざと入れたと告げ、いつもスフレに異物を入れられるスキンは自分にはそのようなスフレがお似合いだと話す。 帰ろうとするスキンにカナコは謝りカナコの優しさに触れたスキンは彼女に飴を渡した。 食堂の倉庫でカナコはキッドから一緒に逃げようと提案される。 キッドと一緒に来た教授は孤児院から子供たちを拐ってキッドに子供を殺すよう命じているとキッドはカナコに話す。 その時、突然ボンベロがカナコの腕を掴み壁に押さえつけた。 「自分がどれだけ危険なことをしているのかわかってるのか、無知なものは罪だ!」とボンベロはカナコに言い放つ。 そして、キッドの雄叫びが聞こえて部屋に行くとキッドがブロたちを痛めつけているのを目撃する。 ブロは針で壁に釘付けにされて仲間の1人が口に爆弾をいれられて頭が吹っ飛んだ。 その惨劇を見たカナコはショックを受けてボンベロはキッドにブロの仲間の死体処理を任せた。 キッドは殺しのために全身整形やホルモン注射を施して骨格にまで手を加えて子供の姿になった。 実際の年齢は知らないがカナコよりは確実に上だとボンベロはカナコに教えた。 キッドと一緒にいる教授は仕事を円滑に進めるためのただのお飾りだそう。 キッドの寿命は長くないとカナコに話し、殺しを楽しんでいると告げる。 カナコは「イかれてる」と呟き殺し屋はどいつもこいつもイかれてるとボンベロは話す。 眠りについたカナコをベッドに寝かせてボンベロは組織のナンバー2で南のトップ・コフィからの電話に出る。 組織のボスのデルモニコの一周忌に組織のトップメンバーを集めると宣言した。 東のマテバ、西のマリア、北の無礼図の3人とコフィも入れてダイナーに来ることになった。 その時に「ディーバウォッカ」を出してほしいとコフィはボンベロに命じる。 ボンベロはカナコに「ディーバウォッカ」を渡せと命じたが渡せば命がないと感じていたカナコは拒否した。 キッチンに行ったカナコはボンベロが笑っているのを見て不気味に思っていた。 ボンベロの相棒であるブルドッグの菊千代が戻ってきて喜んでいたのだ。 菊千代がカナコの見張り役になりボンベロが留守の間カナコは菊千代と2人きりになる。 電話でボンベロからキッドを待たせておくように指示を出した。 そのすぐ後にキッドが血まみれの姿で現れる。 電話が鳴りカナコが電話に出るとボンベロだった。 ボンベロはキッドを待たせるように指示は出してなくてキッドがボンベロの声を真似していた。 「キッドに殺されるぞ!」とボンベロは叫び、カナコはキッドにトランプを投げられる。 トランプはカナコの胸に刺さり必死に逃げようとする。 その時、菊千代がカナコを庇いカナコも菊千代を守ろうとした。 キッドの投げたトランプがカナコの背中に刺さり菊千代はキッドに飛びかかりキッドの頭を噛み砕こうとする。 そこにボンベロが現れて菊千代を止めてキッドは頭から血を吹き出しながら「もっと殺したかった!」とボンベロに言い去っていった。 カナコはボンベロからハンバーガーを出されて頬張り祖母と暮らした日々の記憶が蘇る。 スキンの悲しい過去 スキンが傷だらけでダイナーにやってきて組織のボスのデルモニコを殺した裏切り者が組織の中にいるとボンベロに話す。 ボンベロはカナコにスフレ作りを任せてスキンにスフレを出した。 感動のあまりスキンはマシンガンを取り出してやたらめったら撃ちまくりダイナーはめちゃくちゃになった。 ボンベロはスキンをなだめようとしたがスキンは止まらず母親に捨てられた時のことを思い出して恐怖した。 スキンの嘆きを聞いてカナコはスキンを抱きしめて同じ母親に捨てられた者同士共鳴していた。 とそのとき、ボンベロがスキンを殺しスキンの身体に爆弾があったのを発見する。 「スキンに何をした!」とボンベロはカナコを問いつめる。 カナコはスキンに最高のスフレを食べさせたいと思ってスフレの中にあった異物をこっそり取り出していた。 そのことを知ったボンベロは激怒し、母親の最高のスフレを食べたらスキンが暴走することを教える。 ボンベロはカナコに銃を向けて出て行けと言い放ったがカナコは怯まずボンベロに向き合う。 ボンベロのような料理を私も作りたいとカナコはボンベロに告げ、ボンベロは「いらなくはない」とカナコに呟く。 カナコはボンベロから料理を教わり「ディーバウォッカ」のある場所をついにボンベロに教えた。 実はボンベロが倉庫から出ていった隙にカナコが「ディーバウォッカ」を金庫に戻しておいたのだ。 ボスの跡目争いの勝者 組織のボスのデルモニコは1年前に事故で亡くなりそれからは組織のナンバー2のコフィが組織を仕切っていた。 ダイナーでデルモニコの一周忌に懇親会が開かれることになった。 そこで、東西南北の組織のトップが集結して大ボスの跡目争いを始めるとボンベロはカナコに告げる。 「一瞬でも気を抜けば殺される」とボンベロはカナコに忠告する。 コフィは数日前にマテバが殺されたとボンベロに報告した。 それぞれのボスたちが集まり「ディーバウォッカ」はマテバを殺した奴を殺した時の祝杯に飲もうと無礼図は提案した。 ボンベロはかつてボスのデルモニコが愛したメニューをコフィたちに出した。 マテバの部下のスキンから何か聞いていないかと無礼図とマリアが迫るとボンベロはなにも聞いていないと答えた。 その時、カナコはスキンから預かったケースを無礼図たちに渡す。 中に入っていたのはデルモニコの指輪と「コフィ」と書かれたメモだった。 コフィはデルモニコから譲られたものだと説明したがボンベロはデルモニコがコフィのビジネスを気に入っていなったと話す。 デルモニコを殺害したのは自分だと白状したコフィをマリアが殺そうとした。 だが、無礼図はボスが1人の方が美しいと話しマリアの首を掻っ切った。 無礼図はコフィの口に銃を押し込みコフィを殺した。 無礼図はコフィの死体とカナコの処理を部下に任せてダイナーを出ていく。 カナコが連れて行かれようとした時、ボンベロは無礼図の部下を殺してダイナーに立て篭もる。 無礼図たちがダイナーに突入しようとしていた時、ボンベロは突然カナコに料理を教える。 「感覚を研ぎ澄ませて己の欲望に従え!」とボンベロはカナコに告げる。 無礼図はロケットランチャーを発射させてダイナーの分厚い扉を破壊した。 菊千代は無礼図の手下に襲いかかったが撃たれてしまい倒れる。 カナコを部屋に押し込んでボンベロは無礼図たちと激しい銃撃戦を繰り広げる。 無礼図とボンベロは剣とナイフで壮絶な攻防をして、ガス管を切った後マッチで火をつけ大爆発を起こした。 ボンベロはカナコを部屋から出すが無礼図の手下たちに撃たれてしまう。 通気口から外に出るようにボンベロはカナコに指示をして銀行口座と暗証番号が刻印されたアクセサリーを渡す。 カナコはいつか私の店に食べに来てと言いボンベロにキスをした。 通気口を這いつくばってカナコは脱出して、ボンベロは無礼図の銃を掴み爆弾を爆破させた…。 カナコとボンベロの結末は! その後、カナコはメキシコのある街で小さな自分の店「ダイナー」をオープンした。 誰にも必要とされず自分のことも必要としていないと感じていたがボンベロと出会ったことで自分を必要できると思えるようになった。 カナコの夢は彼の人生を変えるような料理を作ることだ。 ある時、店に現れたのは菊千代とボンベロだった。 カナコはボンベロに抱きつき2人はお互いを必要としていたのだっだーー。 映画『Diner ダイナー』の感想 元殺し屋の天使シェフが店主を務める「ダイナー」に少女のオオバカナコが闇の組織に身売りされた。 カナコはボンベロからここで働くよう言いつけられウエイトレスとして働くことになった。 しかし、ボンベロから必要とされなければ命はないと感じたカナコはボンベロが大事にしていた「ディーバウォッカ」をある場所に隠した。 どこか共通点があると思ったらこの2人はともにでーはあ親に捨てられた過去があったのか。 ボンベロがスキンの母親が作ったスフレと全く同じ味のスフレを作ってスキンに食べさせたけどスフレの中になぜか異物を入れている。 その理由は小さい頃に食べた母親の最高のスフレを食べるとスキンが暴走するからということだった。 スキンは母親のスフレが食べたいという願いがあったがその願いが叶ってしまったら生きる希望を失う。 そうボンベロが言ってたけどそれでしか生きる希望を見出せないなんて悲しい…。 組織のボスのデルモニコの一周忌に東西南北のボスが集まって殺し合いが始まった。 ボスの跡目争いで無礼図がマリアとコフィを殺してボンベロとカナコも始末しようとした。 しかし、カウボーイとDDという2人組に無理やり運転手をさせられて事故を起こした。 意識を取り戻すと闇の組織に身売りされて殺し屋専門の食堂「ダイナー」にウエイトレスとして送り込まれた。 そこで出会ったのは元殺し屋で天才シェフのボンベロで、彼はダイナーの「王」だった! カナコはウエイトレスの格好をして働き始め、顔中傷だらけのスキン、見た目は可愛らしい子どもだけど残虐な性格のキッドなどの殺し屋が客としてこの店にやってくる。 最初はボンベロに殺されると思い怯えていたカナコだが、徐々にダイナーで自分の存在価値を見つけていく。 ボンベロとも心を通わせて、無礼図との戦いで生き残ったボンベロとカナコは心を通わせた。

次の

最高級のウオッカを紹介してください

ディーバ ウォッカ

ルッソ・バルティック このウォッカがお目見えしたのは昨年、モナコのグリマルディ・フォーラムでおこなわれたトップ・マーク・モナコ Top Marques Monacod の展示会場で、出展したのは同じ名を冠したロシアの自動車メーカー、ルッソ・バルティックです。 容れ物代だけで130万ドル、日本円にして1億1,700万円をおごられたルッソ・バルティックは露や欧州の王族や富裕層の間で、どんな味がするのか?と大きな話題になりました。 最初のボトルは、ルッソ・バルティックの代表からモナコ王室のプリンスアルバートに寄贈されましたが、プリンスアルバートが試飲したかどうかについては不明とされています。 フラスク 酒瓶 のデザインは同社の車のラジエターガードを模したもの。 この部分には同社が設立された1908年から1912年に鋳造された金貨が使われているそうです。 キャップは白金製。 頂部にはロシアン・インペリアル・イーグルと呼ばれるカタジロワシが設えられ、ダイヤで覆われています。 周りを覆っているガラス全てがフラスクで、厚さは30センチ。 防弾ガラスです。 もとは創立100年を記念して作られたもので、カザフスタンの石油王の娘、Regina Abdurazakovaもアイデアを出しているそうです。 味についてはどんなに探しても書かれたものがないだけに不明。 しかしながら同じく百万ドルのウォッカといわれているディーバ・ウォッカは北欧産の樺と粉砕したダイヤで濾過しているということです。

次の

ベルエポ、街

ディーバ ウォッカ

さて今回は を観てきました🍴 あらすじ オオバカナコ は、小さい頃に母親に置いてかれ、それ以来、生きていくことに絶望してしまう。 関心を持つことを止めたら、周りから関心を持たれることもなくなった。 ただ1つ、料理を作る事だけが彼女の生きる証明になっていた。 そんなある日、たまたま手に取ったカラフルな街並みの写真。 ここに行きたいと率直に感じ、旅行会社に行ってみると…やはり高額の旅費が必要と分かる。 途方に暮れながら、サイトで仕事を探すと、日給30万円の怪しい高額バイトをみつけた。 しかしそれは、闇の組織に追われるカウボーイ とディーディー を車で運ぶ仕事だった。 案の定3人は捕まってしまい、カナコは身売りされてしまうことになる。 カナコは、元殺し屋であり天才シェフのボンベロ に買われ、殺し屋専用のダイナー〈食堂〉でウェイトレスとして働くことになった。 そこは、食器の置き方ひとつで殺されかねない、危険な殺し屋達が集まる場所だった。 ボンベロは自らをこのダイナーの「王」であり、己の作ったルールに背いたやつに待っているものは「死」であると豪語する。 カナコはなんとかこの場所で生き永らえるよう、殺し屋であるスキン ・キッド ・ブロ など、極悪非道の殺し屋達を相手に仕事を始める。 しかし、この極限の状況の中、カナコは自分の命の保障欲しさに、金庫に入っていた幻の酒・ディーバウォッカをどこかに隠してしまう。 ボンベロはカナコに問い詰めるが、カナコは頑なにディーバウォッカの場所を教えなかった。 そんな中、ボンベロの恩人である組織のトップ・デルモニコ の1周忌を迎え、新たな組織の跡目相続を決めようと東のトップ・マテバ 、西のトップ・マリア 、北のトップ・無礼図 、そして組織のナンバー2であり、南のトップ・コフィ ら4人が、ボンベロのダイナーで会合を開くことになった。 その際に幻の酒・ディーバウォッカを開けて、新たな組織のトップの誕生を祝うことになった。 しかし、マテバはデルモニコの死の原因に不信感を持っていた。 デルモニコは事故で亡くなったのだが、これは何者かの陰謀によるものだと。 マテバは部下であるスキンに密かに真相を探らせていた。 カナコは殺し屋達に命を狙われそうになりながらも、ボンベロや相棒の菊千代 と力を合わせ困難を乗り越えてきた。 そしてなにより、ボンベロの天才的な料理の腕前を尊敬していた。 次第に2人の間には信頼関係が生まれ、いよいよ新しい組織のトップを決める会合…つまり、壮大な殺し合いゲームが始まろうとしていた!

次の