生活が苦しい 40 代。 40代子供ありでほとんど貯金がないご家庭ってありますか?

40代子供ありでほとんど貯金がないご家庭ってありますか?

生活が苦しい 40 代

今、最も家計が大変なのは40~50代の「老前」だというのだ。 日本弁護士連合会によると、「自己 破産」が最も多いのは40代(27. 02%)で、50代(21. 05%)が続く。 実に、約半分を40~50代が占めている構図だ。 そして、その理由で最も多いのが「生活苦・低所得」(60. 24%)となっている。 なぜ今、「老前破産」が増えているのか。 家計立て直しの術はあるのか。 荻原氏に聞いた。 荻原博子氏(以下、荻原) 今、60歳以上の6人に1人が4000万円以上の金融資産を持っているといわれます。 団塊の世代の男性たちは、口を揃えて「俺たちは、一生懸命働いたから給料も役職も上がった。 マイホームを買い、妻と子どもを食べさせてきた」と言いますが、それは日本全体が右肩上がりだったから。 いわば、みんなエレベーター式に昇ってくることができたのです。 つまり、特別に努力しなくても、終身雇用制度に守られて給料と地位が上がってきた。 そうした感覚を持つ団塊の世代から「人並みでなければならない。 家を持たなければならない。 妻を食べさせて、子どもを大学に行かせなければならない」と教えられてきたのが、今の40~50代です。 そうした呪縛にがんじがらめにされているだけで、疲労困憊してしまいますよね。 荻原 人並みのマイホーム、人並みのクルマ、人並みの教育、人並みの生活……どれも、現代では高嶺の花ですよね。 荻原 もはや、普通の会社員にとっては難しいことばかりです。 一方、若い世代には「結婚もしないし、子どももつくらない」という人たちが増えており、結婚するとしても共働きを前提にしています。 たとえば、年収300万円ずつでも夫婦で600万円になります。 ぜいたくをしなければ、それなりに暮らしていけますよね。 荻原 ありませんね。 そもそも、これからは家が余る時代です。 野村総合研究所のレポートによれば、33年には空き家が2000万戸を超えて3軒に1軒の割合になります。 しかも、不動産市場は「2019年問題」に直面しています。 日本の世帯数が19年をピークに減少し、不動産価格も下落するというものです。 40~50代は、20~30代の若い世代と団塊の世代の端境期にあたり、ちょうど苦しい世代なんです。

次の

もう体外受精しかない?【40代妊活】の最短で授かるベストルートとは

生活が苦しい 40 代

生活が苦しいです 40代男です。 月収手取り:40万円 保険:10万円(4人分) 家のローン:10万円 車のローン:5万円 光熱費:5万円 ガソリン代等:2万円(2台分) 携帯:2万円(2人分) 昼食代:1万円 残り5万円ですが、毎週末家族サービスで外食するので小遣いは殆どありません。 タバコは吸いませんが第三のビール(台湾製)を毎日1缶頂いています。 妻も働いていますが、妻の給料(手取り20万円くらい)から食費をねん出していていそれ以外は全部小遣いです。 何がいけないのでしょうか? 補足回答ありがとうございます。 家のローンはボーナスがあてにならなくなったので月額定額に変更しています。 (変更する前は6万円) 車は通勤で使います。 妻も働きたしたので2台必要になりました。 電気代1万円、ガス代2万円です。 携帯代の1台は高校生の子供用です。 子供の保険は学資保険なので4万円くらいは積立も含まれています。 保険が高い、以上に高い 普通に考えれば破産です 4人家族で40万で保険代は通常2万5000円〜3万以内です 積み立ても結構ですが、40万で積み立て4万は保険会社に踊らされて ただ入っただけって感じです 現状生活出来ないなら、保険ははいれるもんじゃありません 保険貧乏とはこのことです 生活費をけずってまで保険ははいるもんじゃありません 月10万の保険って・・ないわ〜・・ 何が悪いって、妻の給料が食費いがいまるまる妻のものになってるのが悪いでしょう いままでずーとくるしかったんですか? それとも急に?急になら、妻もお金を出すべきです ださないのは家族じゃない あと、生活がきついなら、外食は辞めるべき はたらいてるのに、なんでおこづかいがないのかかわいそすぎ! もっと強気に出て! 保険を3万代に減らして、外食は無くして、妻に家のローン半分払わせましょう それだけ あとおこずかい4万は自分でつかっていいです 家族のためって・・ばからしい、自分でも自由につかわないと ストレスで逆に仕事に支障をきたして、40万もうしなうことになる 固定支出が高すぎますね。 貴方の手取りで40万、奥さんから食費として+5万として 約45万の生活費だと考えられます。 一般論で話しますと、 まず保険なんですが世帯収入の10%以下が妥当な金額です。 月に4. 5万円が上限ですかね。 次に住宅費と車なんですが、 世帯当たりのローンが20%を超えると生活に支障が出ると言われています。 買ってしまったものは頑張って払わなくちゃいけませんが ローン額は全て併せて9万が上限ですね。 光熱費もおそらく一般家庭では2~3万程度だと思いますよ。 食費は世帯全員(外食も含む)で15%~20%(9万)が限度ですね。 いま出来ることは保険契約の見直し、光熱費の節約、食費・外食費の節約 携帯料金の節約くらいですかね。 また奥さんの収入からもう少し生活費に回してもらったら 月に10~15万の貯金は余裕で出来るはずですよ。 うちは家の支払い、車の支払いは貯金して現金で購入するようにしてます。 だから家は最近建てました。 私は40代で世帯年収700万(税込)程度ですが年間300万以上は貯金に回せますよ。 小遣いは1. 5万なんですがね…(泣) 会社の倒産やリストラなど無いとも言えないご時世ですから 年収分くらいの貯金は持っていたいですね。 また、今のご生活に慣れていたら年金生活ではとても足りなくなります。 まず少額でも余らせて貯金するところから始めると 通帳の額に欲が出てもう少しという気力が湧くと思います。 頑張ってください。

次の

生活が苦しい40代の現実!新型貧困に陥る危険性とは?

生活が苦しい 40 代

Contents• 学費を支払いながら生活費を確保する方法 まず大切なのは収入と支出の関係を見直して、削ることが出来る出費は徹底的に削ることから始めます。 そのうえで目標は手取りの1割を貯蓄に回すことです。 赤字になる月があるのに、貯蓄なんて絶対に無理と思うかもしれません。 貯蓄体質にならないと、生活苦しい状態から抜け出すことは絶対にできません。 毎月プラスマイナスゼロというギリギリの生活はちょっとしたバランスの崩れであっという間に破綻してしまいます。 安定時は貯蓄できるくらいの収支バランスを目指しましょう。 いまの状態でも長く続けられそうな節約を考える 節約術といえば、どんなものを思い浮かべるでしょうか? 光熱費や食費の削減はもちろんですが、教育費や家賃などの固定費はなかなか削るには難しいですよね。 毎月赤字ギリギリの状態では、もうすでに考えられる節約方法をすべて実践しているかもしれません。 とはいえ、 貯金の基本は日々の節制です。 現在の家計状況でも長く続けられそうな、あなたの知らない節約術がたくさん残っているかもしれません。 でも、節約なんて長続きしない…と思っている方向けに、読んで今すぐにできる節約を一覧にしてまとめてみました。 ジャンル 節約術 効果 電気代 使わない電化製品のコンセントを抜く 年間9500円もの待機電力の節約 水道代 シャワーヘッドを節水タイプのものに変える 水道代節約の基本です 余った風呂の水を翌朝の洗濯に再利用する 洗剤や水量を減らせば効果アップ 買い物・食費 1週間分の献立を決めてから買い物をする 余計なものを購入しないよう注意 1週間分の料理をまとめて調理する 光熱費、ガス代もまとめて節約 ネットスーパーで買い物をする じっくり考え必要なものだけを購入 欲しいものを「買ったつもり貯金」する 衣服や雑貨などに最適です お茶、ランチを持参し、外食を控える 外で飲食するのを控える コンビニやATMには極力行かないようにする コンビニは商品が高いので注意! 固定費 スマホは格安プランのSIMフリー端末を使う 毎月1600円くらいになりますよ! 加入している保険を見直す パートナーと話し合いましょう 「もうやってる」というものから、「こんなこともできるんだ」と思うものまで、節約は奥が深いです。 節約術の本やネットで調べてみるだけでも、あなたの知らない節約方法がたくさん出てくるはずです。 ケチだと思われてしまうと不安がっていたら貯金ははじめられません。 家庭によって何に出費をしているのかは違ってきますが、絶対に減らせないもの以外は削る必要があります。 子どもの教育が最優先としたなら、食費や小遣いも可能な限り削りましょう。 ただし、あれもこれもなんでも削ればいいというわけにもいきませんよね。 そんなときはファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。 自分たちだけで手に負えなくなったとき、誰かの力を借りることは決して恥ずかしいことではありません。 ファイナンシャルプランナーはお金のエキスパートですので、家庭の収支バランスを見直してくれる強い味方です。 1時間10,000円前後で相談することができ、別途費用がかかりますが提案書などを作ってもらうこともできます。 自分たちで生活苦しいときの出口を見つけられないと感じたら、ファイナンシャルプランナーに相談してください。 生活費がいつも不足している場合は収入を増やす 家庭の収支バランスをチェックすることが、生活苦しい状態から抜け出すための最短ルートです。 しかしいつもいつも生活費が不足しているケースでは、収支バランスの収入部分を増やす必要があります。 夫婦共働きで収支バランスが悪いというようなケースは、間違いなく無駄な出費が多いだけです。 ただ、 専業主婦で妻が働いていない家庭の場合は、まずはパートでもアルバイトでもして収入を増やす必要があります。 いまの収支に対して1割の貯蓄ができるくらいの仕事を探してください。 もちろん可能であれば、正社員になってもいいですし、派遣社員としてフルタイム勤務を行なってもいいでしょう。 とにかく収入を増やさないことには生活の改善を図ることは難しくなります。 最近は家でできる仕事として、クラウドソーシングなどの副業も増えています。 仕事に出なくても数万円稼ぐことは決して難しいことではありませんので、自分たちに合った方法で収入源を増やすようにしてください。 突発的な出費や共働きができないときの対応方法 共働きできれば、生活苦しい状態から抜け出すことはそれほど難しくはありません。 しかし、妻が親の介護などで家を離れられないということがありますよね。 また、入院が必要になるケガや病気に家族がかかってしまうという突発的な出費が必要になることもあります。 こういうときはキャッシングやカードローンに頼るようにしてください。 生活が苦しいと言っても、安定した収入があるのであれば、銀行などの金融機関からお金を借りることはそれほど難しいことではありません。 よほど長期の入院費でもない限り、その金額で足りるかと思います。 むしろ生活苦しい状態で、それ以上の借入は危険です。 突発的に数万円必要な場合はキャッシングを利用し、数十万円必要な場合はカードローンを利用しましょう。 金融機関なんかからお金を借りるのは不安と思うかもしれません。 返すアテがあるお金を借りることは恥ずかしいことでもなんでもありません。 安定しない生活を改善するために有効的にキャッシングやカードローンを使うことは、有効な手段のひとつだと考えてください。 ただし生活が苦しい状態で、すでに携帯電話料金などの支払いを何度も滞納しているような場合は要注意。 ブラックリスト入りして、カードローンからお金を借りられない可能性もあります。 クレジットカードの支払の滞納も同じくNGになります。 どんなに生活が苦しくても、借りたお金や支払うべきお金の滞納をしないようにしましょう。 むしろ払えないときはキャッシングやカードローンを頼って、必ず返済するようにしておきましょう。

次の