ダスキン モップ 値段。 ダスキンのモップと、似たような市販のモップ(ホームセンターに売っ...

【公式】ダスキンのおそうじ料金表 | 【公式】ダスキンサービスマスターモアー店

ダスキン モップ 値段

リンク ダスキンVSむろの屋 素直に正直に言わせていただきます。 木製で重たい• 可動域が狭く、小回りが利きにくい• 滑りが悪い• 長さの調節ができない• ごみを吸着しない• 替え糸の着脱が面倒• 取り付け部分の芯が太く、狭い所に入らない ダスキンはプラスチックで軽かったので、むろの屋の木製のモップはとっても重たく感じました。 『ハンドルがくるくる回ると掃除がしにくいため、前後の動きをなくして横180度回転できるようにしてあります。 ダスキンは前後左右に柄が倒せて、柄の長さの調節もできます。 前後左右に柄が倒せるし、軽いので負担が軽く、スイスイ掃除が出来ます。 ダスキンは、真ん中のボタンを押して、両端を折り曲げて着脱します。 むろの屋は、ファスナーとマジックテープでの着脱で、ファスナーに毛を巻き込んでしまうので手間がかかります。 むろの屋のモップを使ってみて、ダスキンの科学モップのすごさを痛感しました。 ダスキンのモップは、ほこりなどのごみがモップにしっかり吸着します。 むろの屋は科学モップではないので、ほこりやごみを吸着しないので、掃き残しが出やすいです。 コストパフォーマンスの比較 ダスキンのモップには、おそうじベーシック3というお得なパックがあるのですが、私はハンディモップは必要なかったので、単品でレンタルしていました。 仮に柄を8年間使う事が出来て、替え糸を1年ごとに交換していくとして計算してみます。 むろの屋の省スペースモップにはいくつか種類があるのですが、計算の対象にするモップは、私が購入した 税込み3,996円 楽天市場 の柄付きのモップと、税込み2,160円の替え糸です。 2019年3月7日の時点では、楽天市場の価格で税込み3996円でしたが、追記している2019年7月2日は税込み4860円と864円も値上げされていました💦 替え糸のお値段は変わらずです。

次の

ダスキンレンタルモップの危険な落とし穴!契約前に知っておきたい注意事項はこれ!

ダスキン モップ 値段

赤ちゃんができたこともあり、 床のホコリ達が非常ーーに気になり始めました。 恥ずかしい話、実はあまり フローリング掃除はしていませんでした。 掃除機はかけますよ、そりゃ。 何かそういう家庭で育ったせいか(どういう家庭よ) あまりフローリング掃除をしているところを見たことなかったもんで、する習慣がなかったんですね・・・。 ちなみに今は無垢材のフローリングで、 水拭きはダメだとか言われて、 じゃあどうやってするのよとか思いながら、 じゃあしなくていっかと、なぜか楽できるような解釈をしてしまい。 そこは空拭きなんでしょうが、なんか 空拭きってやった感が得られないモンだから やっても意味ないんじゃないかと勝手に思い込んで、ほとんどやってきませんでした。 今の家に引っ越して約3年が過ぎようとしています・・・ なんやかんや理由をつけてみるけど、 結局のところ、面倒くせーってとこが発端で。 そんな状態で子供が産まれて、6か月。 赤ちゃんがズリバイなんか始めちゃって。 うちの子は、その辺の成長がどうやらちょっと早めみたいで 親として嬉しいのですが、自由に動き回られるとホント大変なんで まだ動かないでいいよ~と念じていましたが そんな私に笑顔で向かってくる我が子。 これからどんどん動き回るわけだし この笑顔を失いたくない!泣き顔にしたくない! ということで ホコリ退治に目覚めることにしました! ホコリ退治のためにまず何をしよう? 何しようってそりゃ掃除でしょ。 そりゃそうなんですけどね。 色々考えるより、やらないより、とにかくやる。 そんな事わかってはいたんだけどね~。 そうと決まれば、さっそく実行にうつさねば。 まずは、ウザいデカい掃除機。 今流行りのハンディ掃除機が欲しかったのです。 ずっと価格ドットコムをチェックして、最近最安値になってきたので この機会にポチっとしようと思います。 ただね、 掃除機だけだとダメなんですよね。 前にテレビで専門家的な人が言ってた言葉、 頭の隅っこにおいやってましたが、ひっぱりだしてみました。 「掃除機をかけると、ホコリが舞い上がってしまう。 まずはモップがけをしてから、掃除機をかけないと意味がない」 掃除機かけるって、大仕事なので掃除やった感があって それだけで満足してたんですが、ダメなんですね。 舞い上がったホコリって、人が寝静まって空気の流れが納まった夜になって床に落ちてくるんだそう。 そしてまた床のホコリ達となる。 なんだそれ。 改めて書いてみると、ホント無駄なことしてたんだわと嫌になる。 なので、ここは ふき掃除をせねば。 クイックルのシートでいいやん とも思ったけど、コレは持っています。 たまにしたりもしてました。 でもまず• シートを付け換えるのが億劫• 集めたホコリ達を全て吸着してくれる訳ではない• たまにシートがちゃんと設定できていなくて、取れるのにイライラ などなど。 結局持っててもずっと放置状態になっていたから 何となくやらない、やりたくない物感が漂ってる感じが。 そこでよくCMでやってる レンタルモップに注目してみました。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: そもそも掃除をするのは、きれいにする為です。 モップがけをすれば、イコールきれいになるわけではないです。 そこでサニクリーンとダスキンの勝手な綺麗ポイントを3つ絞って、比較してみました。 きれい度の比較表 持ち手などの特徴 ヘッドなどの特徴 吸着剤の効果 サニクリーン 人間工学的アプローチで開発されたハンドル部分 「ふわふわヘッド」という押せば跳ね返ってくるバネのようなヘッド 180度左右にターンするジョイント まっ黒になっても次から次へとホコリをとり続ける ダスキン 2段階の伸縮ハンドル ナイロン100%極細のナイロンパイル アレル物質の活動を約96%抑える 簡潔に書いてしまいましたが、両社とも本当にいろいろと考えられて作られています。 様々な角度からのアプローチがありますね。 いまどきのモップ、吸着剤などは当たり前です。 そこをいかに効果があるかを化学的な面から検証しているのが、ダスキンですね。 サニクリーンの方は、商品説明がド素人の私からしても分かりやすいです。 バネのような「ふわふわヘッド」や ダストコントロール機能でのおそうじ能力 重さを感じないようモップ部分を軽過ぎないように考えて作った「重量バランス」など使用するにあたってのツボをおさえてくれています。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , 毎日使うものだから、使いやすいかどうかは本当に重要なポイント。 使いやすさには、モップの持ち手のサイズや重さや形状が関係してきます。 そこで、サニクリーンとダスキンのいろいろなサイズを比較してみます。 8cm 最長約116cm・最短約77cm 重さは、 ダスキンの方が少し軽いですね。 ただモップサイズやハンドルサイズも小さめですので、ダスキンの方が全体的に小さめの作りのようです。 コンパクトなことは良いのですが、掃除をする上で小さすぎると 何回も手を漕がないといけないので少し大変です。 モップをかける回数が何回も何回も・・・となると、コレは疲れにつながってきます。 モップがけが疲れる事、とインプットされるとどうしてもやりたくなくなり・・・ やらなくなってしまいます。 そういう面を含めると、モップサイズが大きい=掃除面積が広いということになるので、重さやサイズなど微量の差だと サニクリーンの方に軍配があがります。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , 掃除をする上で、重要になってくるのがモップ自体の 重さ。 ちょっとした違いでも、疲れ度合いが格段に変わってきます。 サニクリーン、ダスキン両社の重さはというと・・・ 重さの比較表 重量 サニクリーン 約509グラム ダスキン 約309グラム 重さは僅かの違いですが、ダスキンの方が軽いですね。 コレはモップの大きさによるものかと思います。 サニクリーンのモップの方が大きいからですね。 コレには理由があります。 もともと掃除道具は、下が重く持ち手部分が軽く作られていて、下が重いと重さを感じる原因のひとつとなっていました。 サニクリーンのネオシャルティは、この課題を解決するための 重量バランスを考えて、お掃除に負担をかけないように改良しています。 少しでも軽い方がいいって方は ダスキンかもです。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , いくら良いものとはいえ、やっぱりお値段次第ですよね。 おすすめ会社のサニクリーンとダスキンの月額料金を比べてみました。 お値段の比較表 月額料金 備考 サニクリーン 918円 税込み 専用ケースは別売 ダスキン 1,890円 税込み おそうじベーシック3の価格。 フロアモップ単体だと1,026円 こう見ると、 サニクリーンの方がお安いですね。 ただ、サニクリーンはシンプルにフロアモップのみです。 同じようにダスキンもフロアモップのみだと、料金の差はほんの僅かサニクリーンが安いくらいですね。 ダスキンの「おそうじベーシック3」ですが、コレは フロアモップ・ハンディモップ・スタイルクリーナーがセットになっています。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , サニクリーンとダスキン、どっちがいいの?徹底比較 では、結局のところサニクリーンとダスキンだとどっちがいいの? ってなってきますね。 甲乙つけがたいとこだし、こればっかりは好みの問題もあるけど私の独断と偏見でちょっと総評したのを表にしてみました。 サニクリーンとダスキン比較表 ダスキン サニクリーン コスト パフォーマンス おしゃれ度 使いやすさ 種類 おすすめ度 公式サイト 総合的には 「サニクリーン」 の方に軍配をあげました。 ちょろっと買うものではなく、レンタルするという長い目でみると 使いやすさが一番かなって。 どんどん進化していくものだから、また総評も変わっていくとおもいますけどね~ よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , サニクリーンのネオシャルティ サニクリーンは、セットレンタルはなくモップ単品のみ。 このモップの特徴は、とにかく 軽くて使いやすい! 軽さを生み出す秘密1「ふわふわヘッド」 掃除機掛けなどではお掃除中「下方向」に多くの力が加わり続け、腕に負担を掛けます。 これが「重い!」と感じさせる原因のひとつでした。 ふわふわヘッドは、お掃除で下方向に働いた力を上方向にやさしく戻し、腕にかかる負担を軽減させることで「軽さ」を生み出します。 軽さを生み出す秘密2「モップ全体の重量バランス」 モップ全体の重量バランスを「人間工学的アプローチ」で設計することで「軽さ」を生み出します。 家具などのすき間にスっと入り込む! モップのヘッド部を5cm短くすることで、従来品以上の機動性を確保しました。 家具の周りや、部屋の角のお掃除もストレスなくできます。 ほこりを舞い上げずに閉じ込める! サニクリーンの独自の吸塵剤の働きによりハウスダストを吸着して逃しません。 取ったホコリを舞い上げず、細かいところに挟まったダストも残らず除去。 軽さを追求しているので、本当に苦になりません。 モップ掃除を毎朝の日課にしようとしているので、ココはポイント高いです。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , ダスキン モップといえば、ダスキンを思い浮かべる人も多いはず。 CMもしてますしね~ ダスキンは種類がいっぱい。 私は、モップ単品の「スタイルフロア ララ」と それがセットになった「おそうじ ベーシック3」 に絞ってみました。 【スタイルフロア ララ】 【おそうじ ベーシック3】 ダスキンの特徴などをまとめてみました。 スリムヘッドなので、約33ミリのすき間にもしっかり入ってホコリをキャッチ! 場所に合わせて、ハンドルが2段階に伸縮 パイルの吸着剤がアレル物質を抑制! 吸着剤で掃除場所に適度な湿気を与えてホコリを取るそう。 お部屋の隅やすきまのホコリ• フローリングの溝のホコリ• 凹凸や曲面のある家具などのホコリ レンタル期間の単位 4週間 おためし 価格 おそうじ ベーシック3 600円 税込 スタイルフロア ララ 300円 税込 通常価格 1,890円 税込 1,026円 税込 色 レッド・グレー サイズ [スタイルフロア ララ] モップサイズ:約14. 6cm 重量:約3. 2kg コード長さ:約3. 0m コードリール式 別途料金 紙パック代 特徴など なんといっても、お掃除クリーナーという独自の商品が魅力的。 ただ、このクリーナー音がうるさいという難点が・・・。 あと、このクリーナーも4週間に1度の取替時にやってくれるのかな? ちょっと、お試ししてみて確認してみます。 よろしければ、ポチっとお願いします カテゴリー: , 投稿ナビゲーション.

次の

ダスキンのモップと、似たような市販のモップ(ホームセンターに売っ...

ダスキン モップ 値段

掃除道具を出すのが面倒くさい• 掃除するのに物を動かすのがおっくう• 掃除機は使える時間帯か限られる ハンディクリーナーやコードレスクリーナーで掃除機を出す手間は大幅に削減されました。 第一の関門「掃除を道具を出す」はクリアできる家庭が増えてきていると思います。 けれど、いざ掃除機を出しても、椅子を動かしたり、腰をかがめてソファーの下を掃除したり… 面倒なことが多く、やる気がある時に先送りすることはありませんか? そして、部屋が汚れていると気づいても、子どもがお昼寝していたり、 夜や明け方など騒音に気をつかう時間帯だと、掃除機をかけるのをためらってしまいますよね。 これらの掃除を実行にするまでのハードルが、なかなか掃除を始めたくない原因になっています。 そして、 重い腰をあげる手伝いをしてくれるのが、ダスキンのフロアモップです。 掃除の時間を問わない• 手が届きにくいところも掃除ができる• 吸着剤付きでほこりを絡めとる• 交換寸前までとことん使える• インテリアを損ねない• 低価格 ダスキンのフロアモップは 静かに掃除ができるので、時間を選びません。 子どものお昼寝中でも、真夜中でも気になれば いつでも掃除することが出来ます。 フロアモップはふさふさですが ヘッドは小さいので、狭いところにもしっかり入ります。 フロアワイパーなら、ソファーの下など立ての隙間の掃除には適していますが、家具と家具の隙間など、横の隙間が狭いところにははいることができません。 エアコンの上やテレビの裏も簡単に掃除することが出来ます。 また、 フロアモップには吸着剤がモップにしみこませてあります。 ほこりをしっかりキャッチして包み込むので、ハウスダスト対策もばっちりです。 ダスキンの フロアモップは4週に1度交換するので、いつでも衛生的です。 交換寸前は、普段なかなか拭かない場所を徹底的に拭いて返却できます。

次の