テッペン デッキ。 テッペン!

【TEPPEN】最強デッキ ランキング

テッペン デッキ

Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 ヒーローアーツ キーカード 真空波動拳 Tier2デッキ デッキ名 ヒーローアーツ キーカード 真の力 あくび 棘とばし 抗体の活性化 テンプテーション シャドウブレイド 強襲 シャドウブレイド 棘とばし Tier3デッキ デッキ名 ヒーローアーツ キーカード ウロボロス 黒き選別 ダークネスイリュージョン デビルトリガー 逆鱗 ガイアアーマー 電刃練気リュウ ウロボロス ダークネスイリュージョン ダークネスイリュージョン デッキの紹介 3コストモリガン 3コストモリガンは3MPで成長3のユニットを多く採用し、ユニットを展開しながら成長するデッキです。 また、レベルアップでダメージ性能が上がるユニットが多いため、ダメージレースにも強いです。 レベルアップでダメージを射出する効果を持っているユニットを多く採用しています。 手数とダメージで盤面の優位を獲得しましょう。 3コストモリガンのサンプルレシピと立ち回りはこちら 赤緑強襲リオレウス ヒーローアーツ:強襲 赤緑強襲リオレウスは、攻撃力アップ効果を持つアクションカードとヒーローアーツを使用し相手のHPを削りきることを考えたデッキです。 連撃持ちのユニットを多数採用し全体バフの効果を倍々にしていくデッキです。 二色のため最大MPが5になりますが2種類のアイルーでMP回復を早めることでMP面での問題を補っています。 前環境の赤緑逆鱗リオレウスは単体による一撃必殺をメイン戦略にしていましたが、赤緑強襲リオレウスは多面展開により全体バフを活用することをメイン戦略にしています。 による連撃ユニットの生存力強化はとても強力で、や【強襲】につなげやすくなっています。 赤緑強襲リオレウスのサンプルレシピと立ち回りはこちら テンプテーションモリガン ヒーローアーツ:テンプテーション テンプテーションモリガンは、停止と打消しを駆使して相手の行動時間とMPを浪費させるデッキです。 環境に不利なデッキが少なく、呼応ユニットを育てながらゲームをコントロールすることが容易です。 ヒーローアーツ【テンプテーション】との呼応能力で相手ユニットを複数破壊するのがポイントです。 で探索することの出来るは、確定除去のない相手に疑似的なハメをすることが出来ます。 で使いまわすこともできるので意識してみましょう。 テンプテーションモリガンのサンプルレシピと立ち回りはこちら ウルフパック ヒーローアーツ:シャドウブレイドorダークネスイリュージョン テンポ面でとても強力なデッキです。 コントロール奪取やバウンスで相手の行動を無駄にすることが得意です。 環境に応じて停止型と細かい除去に長けた型を使い分けることができるのも特徴です。 テンポ面の優位を活かして攻め続けるデッキです。 ビッグアクションに対する対抗手段に乏しいですがビッグアクションを起こされる前に詰め切ることもできます。 細かいテクニックなども多いので一つのデッキをやりこみたい方にお勧めです。 ウルフパックのサンプルレシピと立ち回りはこちら フリーズモリガン ヒーローアーツ:ダークネスイリュージョン アクションカードで呼応を持つユニットを育てていきながら相手の行動を妨害するコントロールデッキです。 リュウ以外のデッキに互角以上に戦えるのが強みです。 環境によって採用ユニットを変更することで対応できるためどの環境でも一線級の強さを誇ります。 停止や打消しといった効果でゲームを支配したい人におすすめです。 プレイ難易度は高めですが対応力が非常に高く強いデッキです。 フリーズモリガンのサンプルレシピと立ち回りはこちら 選別リベンジウェスカー ヒーローアーツ:黒き選別 除去アクションを多く採用したミッドレンジデッキです。 爆発力は無いですが安定感が高く不利なデッキも少ないのが強みです。 除去アクションとコストパフォーマンスに優れたリベンジユニットで中盤以降に巻き返しを図るデッキです。 確定除去ができるためユニットをバフするデッキに対して強く出れる点が優秀です! 対応力が高くじわじわ有利を広げるタイプのデッキなのでステップアップしたい方にお勧めです! 選別リベンジウェスカーのサンプルレシピと立ち回りはこちら 赤緑逆鱗リオレウス ヒーローアーツ:逆鱗 連撃を持つユニットをアクションカードで育てるデッキです。 除去の乏しいデッキ相手に無類の強さを誇るのが強みです。 瞬間火力が最も高いデッキで1度攻撃を通すチャンスを作れるかが勝負のカギになっています。 緑のデバフカードを採用することで環境に対応することも可能です。 プレイ難易度は突き詰めるとどのデッキよりも高いですが、わかりやすい部分も多いので初心者の方にもおすすめです! 赤緑逆鱗リオレウスのサンプルレシピと立ち回りはこちら 探索活性ジル ヒーローアーツ:抗体の活性化 探索効果を駆使してMP面での有利を作るのが得意なミッドレンジデッキです。 探索回数に応じて強化されるユニットが多く、中盤以降が強いデッキとなっています。 中盤~フィニッシュにつなげる動きが重要となるため、巻き返しのプランが苦手な人の練習にお勧めとなっています! 自分からガンガン攻めるよりも、柔軟に戦いたい人にお勧めのデッキです! 探索活性ジルのサンプルレシピと立ち回りはこちら! ウロボロスリベンジウェスカー ヒーローアーツ:ウロボロス リベンジウェスカーの決定力不足をイビルジョーとウロボロスで補った形のミッドレンジデッキです。 不利なデッキが少なく、有利なデッキも存在するのが強みです。 除去アクションとコストパフォーマンスに優れたリベンジユニットで中盤以降に巻き返しを図るデッキです。 ウロボロスでイビルジョーを復活させることにより巻き返しが強力になっているのが特徴です。 選別リベンジウェスカーよりも勝ち筋がわかりやすく扱いやすいです。 ウロボロスリベンジウェスカーのサンプルレシピと立ち回りはこちら! コントロールリュウ ヒーローアーツ:真空波動拳 召喚時に相手のユニットにダメージを与える効果を持つユニットで有利を築いていくコントロールデッキです。 ユニットを出しながら除去ができるため、ユニットをアクションカードで育てていくタイプのデッキにテンポロスせず戦えるのが強みです。 アクションカードで相手ヒーローへのバーンダメージを稼ぐサブプランもあり、盤面を取り切れなくても勝利することができます。 除去やトレード、ライフカット、割り込み、AMPなどTEPPENの基礎が詰まっているデッキなので初心者の方にもおすすめです。 真空波動拳コントロールリュウのサンプルレシピと立ち回りはこちら! 黒緑ネルギガンテ ヒーローアーツ:棘とばし ライフを失うコストを払うことで強力なカードをプレイしていくアグロデッキです。 棘とばしで犠牲にしたライフコストを盤面に還元できるのが強みです。 序盤から低コストの優秀なアタッカーで攻めるデッキです。 中盤の棘飛ばしで一気にゲームを決めましょう。 相手に対応するデッキではなく自分のやりたいことを突き進むデッキなのでとても扱いやすいです! ライフを犠牲にガンガン攻めていくので疾走感のあるデッキを使いたい方にお勧めです! 黒緑ネルギガンテのサンプルレシピと立ち回りはこちら! ウロボロスウェスカー ヒーローアーツ:ウロボロス イビルジョーを中心にコストパフォーマンスに優れたユニットと除去カードでデッキを組んだミッドレンジデッキです。 対応力が高く、ユニットのサイズを活かしてMPを高く保てるのが特徴です。 序盤は相手の動き対応し、中盤以降ユニットの展開にウロボロスを合わせることで逆転を狙うデッキです。 確定除去を採用しているのでユニットをバフをして戦うデッキに対応できる点も優秀です。 大型ユニットユニットを除去で推し進めることができるので、楽しいデッキを使いたい人におすすめです! ウロボロスウェスカーのサンプルレシピと立ち回りはこちら! 黒紫リベンジモリガン ヒーローアーツ:ダークネスイリュージョン リベンジユニットとダークネスイリュージョンの強い+強い=超強いというコンセプトの元作られたデッキです。 優秀なリベンジユニットが5MP以下であることからデッキパワーを落とさずハイブリッドされた形になっています。 他のリベンジデッキと違い、MPを高く保ち構えることは苦手ですがリベンジユニットの展開からの停止で攻め立てるプランはとても強力です。 デッキの回転率もよくリベンジ効果の発動したユニットを確保する点に優れています。 終盤に一気にリベンジユニットを展開することを意識することが重要です。 黒紫リベンジモリガンのサンプルレシピと立ち回りはこちら! ガイアアーマーエックス 呼応ユニット+ヴェールのハメデッキ! 【ガイアアーマー】により「呼応」ユニットにヴェールを付与することで確定除去や停止から守ることができます。 「呼応」ユニットが生存率を上げることでダメージレースで勝利するデッキです。 緑紫というカラーリングは低コストも優秀な低コストアクションカードが豊富です。 味方ユニットを守る効果と攻め性能を上げるアクションカードが多いため「呼応」+【ガイアアーマー】とのシナジーも高いです。 ガイアアーマーエックスのサンプルレシピと立ち回りはこちら! デビルトリガーダンテ 呼応ユニットを育てるワントップデッキ デビルトリガーダンテは、呼応ユニットを育てて一気に勝負を決めるデッキです。 呼応ユニットと相性のいい低MPアクションカードが多く採用しています。 一方ユニットは高MPで採用枚数も少ないためユニット同士の殴り合いは苦手です 被ダメージが多くなりそうな場合は、【デビルトリガーを使い】無敵になって被ダメージを抑えましょう。 高コストの呼応ユニットが軸であるため、除去されてしまうとかなり厳しくなります。 などの打ち消しカードが採用されているので、しっかりと使いどころを見極めて呼応ユニットを守りましょう。 はHPが半分になるデメリットを持っていますが【デビルトリガー】でリーサルを回避できるのであまり気になりません。 デビルトリガーダンテのサンプルレシピと立ち回りはこちら! TEPPEN攻略記事まとめ.

次の

【TEPPEN】真の力成長ネロの最新デッキレシピと立ち回り

テッペン デッキ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の

【TEPPEN】相手をたった1撃で倒せるワンパンエボニーデッキ【テッペン】【ダンテ】

テッペン デッキ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の