21 歳 貯金。 21歳で貯金ゼロはやばい?平均年収・平均貯金・妥当な貯金額を公開

22歳の平均貯金額・年収!みんな月にいくらくらい貯金している?

21 歳 貯金

そこで、既出の「20代高卒平均年収」と「高卒者の昇級率」から、数字を算出しています。 たとえば、によると、高卒者の昇給率は、それぞれ男性「2. 4万円から22歳の想定年収を割り出しました。 nenshuu. 22歳となると、学生も多いことから、 30万円代が平均値でしょう。 仕事をしている中卒・高卒者は 100万円前後が最も多いようです。 参考: 残念ながら、22歳限定での正確な貯蓄額のデータはないため、 学歴別で貯蓄額を見比べて見ます。 22歳で貯金ゼロはやばい?貯金の必要性ってある? さて、22歳で貯金がゼロという状況は、経済的にどうなんでしょうか。 ケースバイケースですが、 基本的にはやばくはありません。 22歳からだと、基本どの職業でも昇給していきますし、まだまだ転職も可能です。 ただ、だからと言って安心もできません。 22歳でも貯金額が300万円以上ある人はたくさんいますし、これからの社会人生活に備えて、ある程度の貯蓄も必要になってきます。 22歳でいくら貯金すれば十分? では実際に、22歳で貯金はいくらあるのが妥当と言えるでしょうか。 この妥当ラインは、 中卒・高卒の労働者の場合は勤続年数(働いた年数)で考えるのがいいでしょう。 そして、 平均年収の5分の1くらいを貯金できていれば相当優秀です。 手取りで考えたら4分の1くらい貯金できているってことだね! 例えば、高卒ですぐ働いている人は約4年間の勤続年数になるので、平均年収から金額を割り出すと、 150万〜200万円貯金できていれば上等という感じですね。 それ以上ある人は素晴らしいです。 その金額に達していれば自分は貯金上手なんだと思って大丈夫です。 大学生であれば正直収入もないので貯金するのは難しいでしょう。 ここも平均で考えれば、30万くらいあればOKということになります。 本業で手取り15万以下はやばい 一時期ツイッターでも「手取り15万」というワードが話題になっていましたが これに関しては中卒、高卒にかぎらず、 手取り金額が15万円以下というのは、ぶっちゃけお金を貯めていくのは難しいです。 22歳とはいえ、これから将来的に結婚や出産、育児をしていく人は多いでしょう。 車を買ったり、広い家に引っ越したりする必要も出てきます。 そんな中、手取り15万円では正直生きてはいけません。 ちなみに僕は21歳の時に結婚して、貯金が100万円ほどでしたが、そこから猛烈に貯金して 25歳で1000万まで貯金しました!! 要点を押さえて取り組めば、そこまで鬼の努力をしなくても30歳までに1000万貯金するのはわりと簡単なので、その 要点を解説しますね! 22歳貯金ゼロスタートでここからどうやって貯金していくか、ポイントをお伝えします! 1. 家計管理をしっかりとつけよう! 家計簿なんて面倒臭い!! というのが正直なところかと思います。 ただ、お金が貯まらない人は総じて 「支出管理」をやっていません。 お金ない人全員に共通してることは 「毎月の支出把握してない」 です。 100人いたら100人ともやってない。 まじで もうやるしかないよ。 そういう人たいてい「無駄遣いに気づいてないパターン」だから 1ヶ月だけでいいから細かく明細だしてみ。 どれだけ無駄が多いか分かってちょっとは支出減るから — キック 貯金1000万で独立ブロガー kikumer お金ない人全員に共通してることは「毎月の支出把握してない」です。 100人いたら100人ともやってない。 まじで。 もうやるしかないよ。 そういう人たいてい「無駄遣いに気づいてないパターン」だから。 1ヶ月だけでいいから細かく明細だしてみ。 どれだけ無駄が多いか分かってちょっとは支出減るから 毎日家計簿をつけろと言ってもさすがに続かないと思います。 なので、 1ヶ月に1回だけで良いです。 集めたレシートを集計してみてください。 そうすることで、 無駄な支出が「どこに」「いくらあるか」が浮き彫りになります。 ここを把握することで、翌月の支出の無駄を省くことができるんです。 【関連記事】: これも面倒臭いって人は貯金のアプリを活用しましょう!! こんな感じで支出と収入と残高を全て出してくれます! 節約できる固定費5つ• 居住費(家賃・住宅ローン)• 水道光熱費• 通信費• その他会費・サブスクリプション これらは一度節約することができると、そのあともずっと節約した状態を維持できるので、手間は一度で済むということですね。 固定費の節約方法はにがっつりまとめているのでぜひ取り組んでみてください! 5. 先取り貯金 仕上げに、確実に貯金する方法として 先取り貯金という方法があります。 これは 給料が振り込まれたら、即座に別口座に貯金したい金額を振り込むというシンプルな作業です。 これやるだけでも計画通りの貯金は確実性が増すので、計画的に貯金したい人はぜひ取り入れてみてください。

次の

28歳の平均貯金額は100万円超え!独身は貯金ゼロが50%は本当?

21 歳 貯金

関連記事 そもそも20代の平均年収はいくら? 大手人材会社DODAの年収データによると、20代の年齢別平均年収は以下の通りになっています。 年齢 平均年収 全体 平均年収 男性 平均年収 女性 20歳 268万円 291万円 250万円 21歳 272万円 294万円 253万円 22歳 277万円 290万円 265万円 23歳 292万円 306万円 279万円 24歳 320万円 335万円 304万円 25歳 344万円 360万円 325万円 26歳 363万円 380万円 338万円 27歳 377万円 398万円 347万円 28歳 390万円 412万円 354万円 29歳 404万円 426万円 365万円 20代全体 346万円 367万円 319万円 年収ごとに平均貯金額は変わってきますので、上記の金額を参考に貯金額をみていきたいと思います。 関連記事 20代の平均貯金額は?独身・既婚別で紹介! 2016年に金融広報中央委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、 20代の平均貯金額は 184万円でした。 184万円という数字は多いと感じるでしょうか、少ないと感じるでしょうか。 「皆そんなに貯めてるの?」と焦った方もいるかもしれませんが、これはあくまで平均値にすぎません。 一部の多額な貯蓄保有者に全体の数値が引っ張られてしまうため、一般的な感覚とズレる可能性があります。 例えば、貯金1000万円の人が1人、貯金0円の人が3人いたら、平均貯金額は250万円ということになってしまいます。 これは貯金がない3人からすると、少し感覚値が異なりますね。 そこで、 より実感値に近い貯蓄額を見極める指標として、「中央値」という数値が参考になります。 中央値とは、統計のデータを上から順番に並べて、ちょうど真ん中に位置する数値を指します。 大きな貯蓄額を保有している人がいたとしても、真ん中にあたる数値を見ることができるので、平均を知るにはぴったりです。 以下では20代の貯金中央値を「独身」「既婚 夫婦・子持ち 」別で見ていきます。 関連記事 独身の場合:貯金額の平均値・中央値 20代独身の年収別貯金額は以下の通りです。 こちらは参考程度に見ておけば良いでしょう。 20代の平均年収で最も多い年収300万円〜500万円の中央値は75万円でした。 夫婦・子持ちの場合:貯金額の平均値・中央値 次に既婚者及び子持ち家庭 2人以上の世帯 の貯金平均額をみていきます。 年収 平均値 中央値 300万円未満 85万円 15万円 300〜500万円未満 283万円 111万円 500〜750万円未満 393万円 308万円 750〜1,000万円未満 51万円 51万円 1,000〜1,200万円未満 350万円 350万円 1,200万円以上 350万円 350万円 出典:「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査) 平成30年」 二人以上の世帯の場合、年収750万円を超えると貯金額に大きな開きがないことが分かりました。 20代のボリュームゾーンである年収300万円〜500万円での中央値は111万円。 独身世帯よりも貯金意識が高いこと傾向があります。 なお、既婚共働き世帯の貯金額は、以下の記事で詳しく解説しています。 よろしければ、合わせてご覧ください。 関連記事 男女別:貯金額の平均値 男女で貯蓄額に差はあるのでしょうか。 こちらは年収別のデータはないのですが、総務省によって行われた「男女、年齢階級別貯蓄の状況」によると、 30歳未満の貯蓄現在高は男性が 164万円、女性が 144万円です。 先にみた平均年収では男女に差がありましたので、それに応じて平均貯蓄額に少し差があるようです。 毎月手取り額のいくらを貯金へ回すべき? ここでは毎月の適切な金額を貯金していくための目安をご紹介していきます。 なお、貯蓄には銀行預金に加えて、投資商品や積立保険なども含みます。 この額は、みなさんも実践できる現実的な数字だと思います。 毎月の手取りが30万円だとすると、月々3万円〜4. 5万円が貯金に回すべき額になります。 貯金をする際は、上記の金額を目安にしていただくと良いと思います。 上記のデータをみると貯金をしていない20代も 単身世帯で12. とくに都心中心に暮らしている場合、生活費だけでいっぱいいっぱいになっている世帯も少なくありません。 とはいえ、結婚や子育て、マイホーム購入など大きな出費が予想される30代になる前に無駄な出費を抑えることや少しずつ 貯金を行う習慣をつけることが大切です。 貯金を成功させるための生活習慣を身に付けるには以下が参考になります。 まずは今日から少しずつ貯蓄習慣を身に付けることで数ヶ月後、もしくは数年後には達成できる数字だと思うので、ぜひ挑戦してみてください。 貯金ができない20代必見!効率的にお金を貯めるための3つのコツ お金を貯める上で気をつけてほしいポイントを解説していきます。 貯金を始める第一ステップは、自分の収入と支出を正確に把握することです。 支出がわかったら、そこから削減できる項目を見つけて少しずつ支出を抑えていきましょう。 給料が支払われる口座と現金を引き出す口座、クレジットカードの引き落とし口座を一つに統一されている方が多いかと思います。 毎月4万円貯めるぞ!と意気込んでいても、生活用と貯蓄用の口座が一緒だとついつい使い過ぎてしまうもの。 貯金口座を作り、毎月そこに決まった額を振り込み、それ以外は一切手をつけないことにすると効率的にお金を貯められます。 例えば、月1,2回居酒屋に行くのを控える、外食を月に数回減らす、服や家電、家具、化粧品などの消費財を買う際に「本当にこれは今必要なのか?」と問いかける癖をつけることで年単位で見ると、大きな節約ができるはずです。 衝動的な出費を抑え、本当に必要なものだけを買う癖をつけることで貯金が増えていくはずです。 貯金目標を達成するにはFPのサポートを受けるのもおすすめ! ここまでご覧頂き、 「同世代よりも全然貯金が出来ていない・・・」と不安を感じた方も多いのではないでしょうか。 もしこれからさらに貯金レベルをあげたいのであれば、 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談してみるのもおすすめです。 FP無料相談サービスでは、• そもそも今後の人生でいくら位の費用がかかるのか• どのような貯蓄の手段があるのか• 今の年収でどれくらい貯金をすればいいのか といったお金に関する悩みをFPに相談できます。 保険や税金、貯金などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、きっと皆さんの貯金計画の実現に役立つはずです。 とくにおすすめは、リクルートが運営している「」です。 日本全国で対応していて、厳選された現役FPが皆さんの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので 、気になった方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の

21歳、新社会人。貯金は5万円ですが、貯蓄や投資、借金返済など何を優先すればいいですか?

21 歳 貯金

相談者は、今年新卒で新社会人となった21歳の女性会社員の方。 将来、お金のことで困らないために、どんなマネープランが必要なのか……。 ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 将来、困窮しないようにアドバイスをお願いします皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。 今回のご相談者は、今年新卒で新社会人となった21歳の女性会社員の方。 将来、お金のことで困らないために、どんなマネープランが必要なのか……。 ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。 精神的に無理のない範囲で貯金や投資、奨学金等の返済を行いたいです。 将来的に困窮しないようにアドバイスをお願いします。 毎月どの程度の貯金、投資、借金返済をするべきか等、助言を頂きたいです。 ライフプランへのご助言お待ちしております。 (2)奨学金について 半年後から返済開始。 月額1万2000円。 (3)その他の借金について 金融機関からの借り入れ。 借入額は、就活時の交通費等に約20万円。 (4)実際の生活費について 4月時の実際の生活費として、食費は2万5000円、水道光熱費は半月で5000円だったとのこと。 (5)趣味娯楽費について 交際費(遠距離交際中のため、主に交通費)と趣味のゲーム、被服費など。 ただし、あくまで想定される額だが、月によってある程度変動するとのこと。 (6)新型コロナウイルスの影響 現在、在宅ワーク中。 頼もしい限りです。 さて、現時点で茶獅子さんが第一に考えるべきは、確実に貯蓄をしていく、つまり現金を増やしていくことです。 ペースとしては、毎月の給与からは手取り額の25%。 金額にして5万円でしょうか。 ボーナスからは50%。 合わせて、年間で約80万円となります。 しかも、大事な点は生活の中に、この貯蓄ペースを習慣づけることです。 もちろん、不定期の支出、予期せぬ出費もあるでしょうし、勤務先の業績によってはボーナスが減額されるかもしれません。 したがって、ときに貯蓄額に多少の変動はあるのは仕方がないこと。 それでも、続けることを意識してください。 貯蓄は継続してこそ意味があるのです。 そのためには何が必要か。 まず、生活コストを知ることです。 いただいた支出データは予想による、いわば仮の金額。 実際の数字を把握するために、少なくとも半年、できれば1年間は家計簿等で記録しながら、自身の支出パターンを見ていきましょう。 加えて、節約可能な費目や使途不明金が減るなど、貯蓄をしていく上で役に立つと思います。 アドバイス2:金融機関からの借り入れは年内には一括返済気にされている借金返済はどうでしょう。 奨学金は毎月返済で構いませんが、金融機関から借り入れた就活費用は途中、一括返済してしまうのが、得策だと思います。 利息を含めて、残金十数万円ですから、時期としては貯蓄が30万~40万円に達した時点。 遅くとも年内には可能なはず。 結果、毎月のコストが1万円下がりますから、半年後から始まる奨学金返済の家計負担もかなり軽減されることになります。 そして、一括返済を行っても、3年間で200万円程度は貯まるでしょう。 社会人5年目、26歳のころには300万円を超えます。 この年齢でこれだけ現金が貯まれば、十分合格。 結婚資金にもなりますし、いざというときに安心できる金額です。 ともあれ、まとまった現金があることで、人生の選択肢が増えます。 「お金がないのであきらめた」ということを回避できる。 これが現金を持つ最大の強みでもあるのです。 アドバイス3:投資は5年目以降から「つみたてNISA」を次に投資ですが、焦る必要はありません。 先にも触れましたが、まずは現金、まとまった貯蓄を作ることが先決。 始めるなら、入社5年目以降からでいいでしょう。 スタートは「つみたてNISA」がおススメです。 配当や売却益にかかる利益が非課税というメリットはもちろん、最長20年間、積立(上限は年間40万円)で投資信託を買っていく形ですが、そのため投資の基本である長期分散投資が確実にできる点も、大きな特徴なのです。 商品は対象となる投資信託から選ぶことにはなりますが、いずれも低コストで、よりリスクを抑えたビギナー向けの商品が揃っています。 最後に保険について。 少なくとも結婚してお子さんが生まれるまでは、死亡保障は不要です。 また、貯蓄性も必要ありません。 貯蓄になりますと言われ、外貨建ての死亡保険等に加入する例がありますが、それも避けるべき。 現時点で必要なのは医療保障でしょうか。 ただし、毎月、社会保険料を支払って、健康保険に加入しています。 したがって、新たに確保する保障は必要最小限にとどめること。 具体的には、入院給付で日額5000円もあれば十分です。 しかも、掛け捨て(定期型)か、終身保障なら終身払いのタイプを選んでください。 保険料の目安は月2000円まで。 医療共済のもっともシンプルな商品でいいかと思います。 ともあれ20代は前半で貯蓄ペースをしっかり作り、まとまった貯蓄を作ること。 投資は20代後半から。 無理をせず、少額(月1万円程度)で構いません。 その間、収入アップもあり、貯蓄ペースも上がるはず。 30歳を迎えるときには、無理をせずとも金融資産で600万円は十分手の届く額です。 こうなれば、金額としても、そして貯蓄をしてきた実績、経験からも、茶獅子さんが心配されている「将来、資金的に困窮する」ことは、ほぼないと思われます。 ぜひ頑張ってください。 相談者「茶獅子」さんから寄せられた感想緻密なアドバイスありがとうございます。 貯金と投資は1対1程度で行おうと思っておりましたが、最初は貯蓄優先の方が良いのですね。 とりあえず、負債の返済を第一に行います。 その後に月に3万円、自動積立で貯蓄していこうと思います。 もう少し余裕があれば増額していきます。 ありがとうございました。 教えてくれたのは……深野 康彦さん マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。 さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。 All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。 取材・文:清水京武.

次の