遺族 年金 要件。 遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構

何度聞いても分からない遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)を今度こそ知りたい

遺族 年金 要件

遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。 遺族年金は、大きく分けて「 遺族基礎年金」と「 遺族厚生年金」の2種類があります。 遺族基礎年金:国民年金(第1号被保険者・第3号被保険者)• 遺族厚生年金・遺族共済年金:厚生年金・共済組合(第2号被保険者) いずれかの年金制度の被保険者が亡くなられたときに、亡くなられた方と遺族が受給要件を満たしている場合、遺族に対して支給される給付です。 遺族年金を受け取るには、 亡くなられた方の年金の納付状況・遺族年金を受け取る方の年齢・優先順位などの条件が設けられています。 「遺族基礎年金」は誰が受け取ることができるの? 遺族基礎年金は、一定の要件を満たす被保険者もしくは被保険者であった方が死亡した場合に、亡くなった方によって 生計を維持されていた子のいる配偶者、または子に支給されます。 死亡した方によって生計を維持されていた、子のある妻• 死亡した方によって生計を維持されていた、子のある夫• 死亡した方によって生計を維持されていた、子 この場合の「子」とは、18歳になった年度の末日(3月31日)までが対象となっています。 ただし、子に障害等級1級または2級の障害状態にある場合は、20歳になった年の末日まで支給されることになっています。 いずれの場合も、婚姻していないということが前提になります。 夫・妻(事実上婚姻関係にある妻を含む)が遺族基礎年金の受給権者となるには、上記の要件に該当する子と生計を同じくする必要があります。 要件に該当する子がいない場合は、夫・妻であっても遺族基礎年金は支給されません。 また、生計維持の認定として、亡くなった被保険者と生計を同じくしており、年収850万円以上を将来にわたって得られないと認められる必要があります。 遺族基礎年金の受給要件と年額の計算方法について 具体的に、遺族基礎年金を受給するために必要な要件や、年額などこちらで確認しましょう。 遺族基礎年金は、いずれかの要件に該当する人が亡くなったときに支給されます。 【原則】死亡日の属する月の前々月までの被保険者期間があるときは、その期間のうち保険料納付済み期間(厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間、保険料免除期間を含む)が3分の2以上あることが必要です。 【特例】死亡日が平成38年4月1日前の場合は、死亡日に65歳未満であれば、死亡月の前々月までの1年間に保険料の未納がなければ受けられます。 子のある配偶者が受け取るとき・・・779,300円+子の加算額• 子が受け取るとき・・・779,300円+2人目以降の子の加算額 上記の額を子の数で割った額が、1人あたりの額となります。 子の加算は、1人目および2人目の子の加算額は224,300円、3人目以降の子の加算額は1人あたり74,800円です。 子の数によって加算が行われ、夫・妻がいる場合といない場合では加算方法が異なりますので、注意が必要です。 なお、妻が遺族基礎年金の受給権を取得した当時、胎児であった子が生まれたときは、年金額が増額されます。 遺族基礎年金額が増えるのは、胎児が生まれたときのみです。 年金額の改定は、胎児が生まれた日の属する月の翌月から行われます。 「遺族厚生年金」は誰が受け取ることができるの? 遺族厚生年金は、厚生年金に加入している人(またはしていた人)が死亡したときなどの支給要件に該当していれば、遺族基礎年金とあわせて、その遺族が受け取ることができます。 なお、遺族厚生年金を受給できる遺族には順位付けがされており、それぞれの上順位者が受給できる場合には、他の遺族は受給権が発生しないため、受給権者にはなれません。 30歳未満の子のない妻は、5年間の有期給付となります。 18歳到達年度の年度末を経過していない者、または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者であること。 婚姻していないこと。 被保険者の死亡当時、55歳以上でないと受給権が発生しません。 支給開始は60歳からです。 夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限り、遺族厚生(共済)年金も合わせて受給することができます。 遺族厚生年金(厚生年金保険)の受給順位は次の通りとなり、優先順位の高い方に支給されます。 第1順位者・・・配偶者(夫・妻)、子• 第2順位者・・・父母• 第3順位者・・・孫• ご自身が受給できるかどうか不安という方は、社会保険労務士や弁護士などの専門家に問い合わせてみることをおすすめいたします。 遺族厚生年金 の受給要件と年額の計算方法について 具体的に、遺族厚生年金を受給するために必要な要件や、年額などを確認しましょう。 遺族厚生年金は、いずれかの要件に該当する人が亡くなったときに支給されます。 【原則】死亡日の属する月の前々月までの被保険者期間があるときは、その期間のうち保険料納付済み期間(厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間、保険料免除期間を含む)が3分の2以上あることが必要です。 【特例】死亡日が平成38年4月1日前の場合は、死亡日に65歳未満であれば、死亡月の前々月までの1年間に保険料の未納がなければ受けられます。 なお、死亡日が平成38年4月1日前の場合、65歳未満であれば死亡月の前々月までの1年間に保険料の未納がなければ受けられます。 亡くなった方に障害があった場合は年金事務所に確認をしましょう。 老齢厚生年金の報酬比例部分は、納付した保険料額の算出基礎となる報酬(月)額と納付月数のほか、いくつかの条件により決定されます。 亡くなった方の収入によって額が異なりますので、年金事務所や年金ダイヤルで確認してみましょう。 遺族基礎年金のみを請求する場合・・・お住まいの市区町村役場• 遺族共済年金のみを請求する場合・・・亡くなった方が加入していた共済組合• それ以外の年金を請求をする場合・・・基本的に、全国の年金事務所又は年金相談センターとなります。 国民年金のみの加入期間しかない場合においても、遺族の受給要件を確認するために、市区町村の窓口ではなく、まずは年金事務所に提出する場合もあります。 また、遺族厚生年金受給者で、遺族基礎年金の受給資格を持っている人は、「遺族厚生年金と遺族基礎年金の両方」がもらえます。 年金手帳• 年金証書・恩給証書(受給権あるものすべて)• 戸籍謄本(死亡された日以降の全部事項証明書) 「その他」に必要な提出書類は次の通りです。 健康保険証(請求者の本人確認のため)• 世帯全員の住民票(生計維持証明)• 住民票の除票• 死亡診断書のコピー• 所得証明書• 課税(非課税)証明書• 在学証明書または学生証等(義務教育終了前は不要)• 請求者の預金通帳、または貯金通帳と印鑑(認印可)など 必要書類については、遺族年金の種類や加入年数の長短などによって異なる場合もありますので、年金事務所など該当する請求先へ確認するようにしましょう。 遺族年金を受給していても失権で支給停止することがあります。 遺族年金を受給していた遺族であっても、その受給者自身が亡くなったり、結婚や養子縁組をしたなどの事由によって、年金を受ける権利がなくなり、支給停止になることがあります。 このように、遺族年金を受給している人が受給権を失うことを「 失権」といいます。 受給権が消滅する要件については、亡くなった被保険者と受給者の環形によって異なります。 死亡したとき• 婚姻したとき(事実上の婚姻関係を含む。 結婚後に離婚しても、一度失権しているので、受給権者にはなりません。 離縁によって亡くなった方との親族関係が終了したとき• 18歳の誕生日の属する年度末を過ぎたとき(障害等級1級・2級の障害の状態があるときは20歳に達したとき)• 夫が亡くなったときに30歳未満の子のない妻が、遺族厚生年金の受給権を取得してから5年を経過したとき• マレリークでは、生前整理・終活に必須のWindows対応アプリケーションソフトウェア、 デジタルエンディングノート「編みノート(あみのーと)」を無料配布いたしております。 「編みノート」では、人生の最期に向けて準備しておきたい「自分のこと」、大切な人に「伝えたいこと、知っておいてほしいこと」をお使いのパソコンにデジタル形式で残し、 「自分が死んでしまったあとに知られたくないデータ」は誰にも気づかれることなく自動的に抹消することができる便利なアプリケーションソフトです。 マレリークは多様化するデジタル社会を先見し、遺品整理サービスと合わせて、データの取出しや移行作業、インターネット登録情報の管理など専門知識が必要な 「デジタル遺品整理」や「デジタル生前整理」も全面サポートいたしております!.

次の

遺族年金の受給資格要件を確認しておこう [年金] All About

遺族 年金 要件

5百万円 以上の収入を将来にわたって得られないと認められる必要があります。 【年金額】 遺族基礎年金は定額支給となっており、 配偶者 子にも受給権 同順位 があっても、支給されるのは配偶者になります。 つまり、配偶者への支給が優先されるわけです。 なお、 令和1 2 年度の改定率は0. 999 1. 001 とされています。 【遺族基礎年金の支給停止についての特記事項】 子に特有の支給停止事由 ・配偶者が遺族基礎年金の受給権を有するとき 配偶者に対する遺族基礎年金が配偶者自らの申出又は所在不明 その期間が1年以上であって、同じく遺族基礎年金の受給権者である子が申請した場合には当該配偶者の遺族基礎年金は支給停止され、遺族基礎年金は当該子に支給されることになります により支給を停止されているときは除く。 なお、この場合、当該後妻は、子と生計を同じくしていないため、遺族基礎年金の受給権は発生しないことになります。 *夫に関しては、遺族基礎年の受給権を有する場合は、60歳前であっても支給されます。 【遺族厚生年金の支給停止についての特記事項】 子に特有の支給停止事由 配偶者が遺族厚生年金の受給権を有するとき 配偶者に対する遺族厚生年金が配偶者自らの申出又は所在不明 その期間が1年以上であって、同じく遺族厚生年金の受給権者である子が申請した場合には当該配偶者の遺族厚生年金は支給停止され、遺族厚生年金は当該子に支給されることになります により支給を停止されているときは除く。 配偶者に特有の支給停止事由 配偶者に国民年金の遺族基礎年金の受給権がない場合 つまり、子と生計を同じくしていない場合 で、子に当該遺族基礎年金の受給権があるとき。 この場合には、配偶者には遺族厚生年金も支給されません。 ・また、同じく30歳未満で子があった場合で遺族基礎年金の受給権もある場合で、ただ、30歳に到達する前に、例えば子の死亡により、遺族基礎年金の受給権が消滅した場合には、当該受給権消滅後5年経過した時に、遺族厚生年金の受給権も消滅します。 なお、子Aを対象として遺族基礎年金の子の加算があり、当該加算額は妻の遺族基礎年金に加算されます。 また、愛人である実母と生計を同じくしていることからも、遺族基礎年金は支給停止されます。 ただ、愛人である実母と生計を同じくしていることから、遺族基礎年金の支給停止は継続されます。 【年金額】 人事労務トピックスにある「年金受給資格期間短縮に伴う変更点等について」の中で掲載しています において述べました ・ ごとに、当該年金額の計算方法に違いがあります。 また、長期要件の対象となる老齢厚生年金の受給資格期間 つまり、老齢基礎年金に係る保険料納付済期間、保険料免除期間、合算対象期間が25年以上 を満たしている者が、短期要件の対象となる厚生年金保険の被保険者期間中 つまり、在職中 に死亡した場合は、両要件が重複しますが、その場合には、特に申出がなれれば、 短期要件として計算されることになります。 Aの場合が多かろうが、Bの場合が多かろうが、65歳以上の配偶者自身に老齢厚生年金の額が算定された場合には、上記の措置が施されることになります。 ただ、あくまでも私見ですが、この措置の意味するところは、課税対象となる老齢厚生年金の額を確保するといった租税政策上の観点からのものではないかと思料するところです。 ちなみに、障害年金や遺族年金は非課税になっているからです。 遺族厚生年金の受給権者である妻 のみです が、下記のいずれかに該当するときに、当該妻が40歳から65歳 つまり、妻自身の老齢基礎年金が支給される までの間、加算されます。 ただし、遺族基礎年金を受けることができる間は、中高齢寡婦加算は支給停止され、例えば、子が18歳到達年度末日終了後65歳までは中高齢寡婦加算が支給されることになります。 また、中高齢寡婦加算は、死亡した夫が長期要件による遺族厚生年金を受給する場合には、当該夫の厚生年金保険の被保険者期間が240ヶ月 を含む 以上なければなりません。 998 令和1 2 年度の改定率は0. 999 1. 昭和61年4月1日からの「基礎年金制度 新法 」の導入により、その時点で20歳以上の者 例えば、昭和41年4月2日生まれの者であれば、昭和61年4月1日に20歳に達する であれば、その後の20歳以上60歳未満 昭和61年4月からの国民年金への強制加入により、昭和61 1986 年4月から2026年3月までの40年間が保険料納付済期間であれば、満額の老齢基礎年金を受けることができるわけです。 この弊害を避けるために設けられたものが「経過的寡婦加算」なのです。 なお、 対象は昭和31年4月1日以前生まれの妻になります。 下記のページを新規公開・更新しています。 是非、ご覧下さい。 ・ 令和3年4月1日施行予定 ・厚生年金保険法における日本年金機構の調査権限の整備として、従来より、未適用事業所であるものの「適用事業所である可能性が高いと認められる事業所」については、任意の指導等が限界であったが、法改正により、法的権限に基づき当該事業所を立入検査の対象にすることで、社会保険の適用促進が図られる予定です。 高額収入のある者にとっては若干ではありますが、保険給付の額 年金額 の算定においては有利になりそうです。 なお、ちなみに、標準賞与額については、その上限額は150万円 現行 になっています。 なお、同サービスは単に入力支援サービスで、電子申請ではありませんので、最終的には紙ベースでの届出や申請を要します。 従って、コスト面や利便性で比較すると、電子申請のほうが勝るかもしれません。 対象となる帳票 すべて電子申請対応 は下記の通りです。 されました。 また、子ども・子育て拠出金率 現行0. また、令和2年度における全国健康保険協会の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限は前年度からの据置きで300,000円となっています。 【令和1年10月1日からの法改正等について】 1. 年金生活者支援給付金制度について 厚生労働省に 「年金生活者支援給付金制度」の特設ページが開設されています。 ご確認下さい。 また、当ホームページ内にも、その概要につき解説したを設けています。 ご参考になさって下さい。 介護報酬改定について 人事労務トピックス一覧表にあるをご参照下さい。 自動車に係る税制 都道府県民税 の改正について 兵庫県 ・自動車取得税が廃止され、 「自動車税環境性能割」が創設されます。 ・自動車税が 「自動車税種別割」に名称変更されます。 幼児教育・保育の無償化について Information一覧表にあるもご参照下さい。 後期高齢者医療保険制度における保険料軽減特例措置の廃止 人事労務トピックス一覧表にあるをご参照下さい。 雇用保険の一般教育訓練給付に「特定一般教育訓練給付金」の創設 人事労務トピックス一覧表にあるをご参照下さい。 介護保険第1号被保険者の保険料についての低所得者 第1段階から第3段階 向け軽減強化措置 人事労務トピックス一覧表にあるをご参照下さい。 【法人設立ワンストップサービスが開始されています!! 画期的な試みとして、注目を集めそうです。 わが住む神戸市において、このような制度ができたことを心より嬉しく思います!! 参考までに、神戸市ホームページにおいての特集ページ をPDF化したものを掲載しておきます。 【石川社会保険労務士事務所のチラシ 最新版 です】 【個人の皆様へ】 【一覧表のあるメニュー】• 【人気の投稿とページ】• 【Count per Day】• 940現在の記事:• 107151総閲覧数:• 67今日の閲覧数:• 130昨日の閲覧数:• 1491先週の閲覧数:• 84669総訪問者数:• 49今日の訪問者数:• 93昨日の訪問者数:• 1064先週の訪問者数:• 1現在オンライン中の人数:• 2017年12月4日カウント開始日: 【Popular Posts】 最も訪問者が多かった記事 25 件 過去 7 日間• 18 【最近のブログ~是非アクセスして下さい!! 2020年3月22日• 2020年3月22日• 2019年9月27日• 2019年6月14日• 2019年6月9日• 2019年4月16日• 2019年3月23日• 2019年2月13日• 2018年12月16日• 2018年10月21日• 2018年10月15日• 2018年10月7日• 2018年9月8日• 2018年9月1日• 2018年6月2日• 2018年4月30日• 2018年4月13日• 2018年4月4日• 2018年4月1日• ただし、下記した一定の条件に該当する場合には、お住まいの自治体に市県民税の申告をする必要があります。 ご留意下さい。 その算出された納税額は日本年金機構などから発行された「公的年金等の源泉徴収票」に記載されたもの 例えば、 公的年金等から特別徴収された介護保険・後期高齢者医療保険・国民健康保険といった社会保険料だけが対象 を根拠にしていますので、何らかの事情により、当該社会保険料を特別徴収ではない 普通徴収 金融機関等の窓口で納付書をもって直接納付した場合や口座振替によって徴収された場合 によって納付した当該社会保険料がある場合は、それらは市県民税の納税通知書には反映されていないおそれがあります。 つまり、その影響により、市県民税が過分に算出されていることを意味します。 従って、敢えて市県民税の申告をすることで、過納税分の還付を求める必要があるわけです。 ただし、市県民税の均等割額だけの年度分については、その前年分において別に控除されるべきものがあっても対象外です。 お住まいの自治体から、令和元年度の「市民税・県民税 個人住民税 納税通知書 名称は自治体によって違いがあります 」が各ご自宅に郵送され、既に 一部 納付を済ませた方々も多いと思われますが、いま一度、お住まいの自治体から発行されていると思われる「当年分の介護保険料などの年間納付済額のお知らせ 神戸市の場合の名称 」に記載された金額とその次年度の市県民税納税通知書に記載された「社会保険料控除額」とが一致しているかをご確認いただければと思います。 マイナンバーカードの取得を要しますが、子育て情報の検索やその手続の電子申請が「LINE」を介して行うことが可能となっています。 是非ご活用下さい。 是非ご活用下さい。 【eLTAXを活用しましょう!! 】 一般社団法人地方税電子化協議会事務局より、ロゴマーク・イメージキャラクター使用の許諾を得ています 【三大疾病療養者の治療と仕事の両立支援事業】 これは、顧問先様などへの業務支援の一環として、我々社労士を介して顧問先様などに提供されるものであり、残念ながら一般公開されるものではありませんが、今般の労働基準法の改正により、も課せられたことを踏まえ、主に、顧問先様などの人事総務部門の方々の年次有給休暇管理の効率化に資するためのツールとして開発されたものです。 なお、この時季指定を行うためには、その対象となる労働者の範囲及び時季指定の方法等について、就業規則に規定しなければなりません。 ご留意下さい。 【「働き方改革推進支援センター」が設置されています!! 】 平成31年3月12日、厚労省ホームページにおいて、「毎月勤労統計調査」で、全数調査とせず一部抽出調査としていた影響に伴う、雇用保険給付等の過少給付問題に、ひとまず、一歩前進と思える措置が発表された。 つまり、基本手当であれば、同日から次の認定日の前日 通常であれば、同年4月14日までの28日間 までの期間については、再計算された額での給付になるとのことである。 要約すると、以上となる。 参考にして下さい。 【「厚生年金保険被保険者資格喪失届及び厚生年金保険70歳以上被用者該当届」が省略できます】 平成31年4月1日以後、下記の要件を満たす被保険者の場合は、日本年金機構において、厚生年金保険の 資格喪失処理等を行い、事業主は当該届を省略できるとのことです。 【中小企業の事業主の皆様へ〜「中小企業退職金共済制度」の導入をご検討なさいませんか? 】 平成30年11月23日 祝 に開催されました「六甲半縦走」大会に参加し、須磨浦公園~新神戸まで約29㎞、約38千歩、消費カロリー1708でした。 須磨浦公園を出発してすぐの過酷な階段坂、極め付けは菊水山と鍋蓋山の登坂の連続、体力の衰えを痛感する挑戦結果となりました。 半縦走とはいえ、身体へのダメージは半端じゃなく、終盤での膝痛、終わってからの腰痛と良いことなしでした。 しかし、我が年齢での踏破、またまだやれる、そんな想いも新たにしました。 【ユングラフヨッホにて 平成4年9月 】 【ページ一覧~こちらからもどうぞ】• サブメニュー•

次の

遺族年金はいつまで・いくらもらえる?支給条件などわかりやすく解説

遺族 年金 要件

この記事のポイント• 遺族年金の試算をしておくと、過不足についてあらかじめ備えることが出来る。 遺族基礎年金は一律の額なので計算しやすい。 遺族厚生年金は計算が複雑な為シミュレーションの活用がオススメ。 遺族年金には他に寡婦に対する加算が2種類ある。 遺族年金は金額に寄らず全て非課税。 この記事は約7分で読めます。 配偶者を亡くし遺族年金を受け取ることになった場合、ご遺族がご本人だけなのか子供がいるのかによって支給額が変わります。 他にも、配偶者が国民年金に加入していた場合にももらえる 「遺族基礎年金」か、会社員や公務員などの給与所得者で厚生年金に加入していた場合にもらえる 「遺族厚生年金」なのか、あるいはそのいずれも貰える場合があるのか、など遺族年金の受給には様々なパターンがあります。 本記事では、どのような状態に該当すれば、どこの年金からいくらもらえるのか、受給要件や計算方法も含めて解りやすく解説していきます。 なお、遺族年金制度全般に関しては 【日本年金機構】ホームページ内の遺族年金に関するページにて、解りやすくまとめられています。 あわせて、遺族年金制度全体の概要についてこちらの記事も是非お読みください。 受給要件とは 遺族年金をもらえるようになるための要件は【亡くなった方の要件】と【ご遺族の要件】の2種類があります。 このどちらも満たすことで初めて年金の受給権が発生します。 該当する遺族年金が基礎・厚生いずれの場合でも 共通する要件として、「亡くなった配偶者と生計維持関係にあること」「生計維持関係にある遺族の年収が850万円に満たないこと」があります。 そこから更に基礎・厚生で要件が違いますので、ここからは基礎と厚生に分けて解説します。 ご遺族が遺族基礎年金をもらうということは、亡くなった配偶者が自営業やフリーランスなどで国民年金に加入している(していた)場合です。 加入義務のある国民年金は、誰でも加入しなければならないので、会社員などで厚生年金に加入している人でも、この基礎部分の条件も満たせば厚生年金と併せて貰えることになります。 よく「二階建ての年金」と言われますが、一階部分は国民全員が支払う義務のある【国民年金(基礎年金)】です。 二階部分は、給与所得者が更に上乗せで加入している【厚生年金】です。 つまり、 厚生年金加入者は一階にも二階にも該当すればどちらも貰えるという事になります。 遺族基礎年金を受給するための条件 亡くなられた方の要件 亡くなられた方の要件として、下記要件などのどれか一つに該当しなければなりません。 国民年金に加入している(していた)こと• 老齢基礎年金を受給する資格を保有していること• 保険料の納付が済んでいる期間が25年以上であること 遺族の要件 遺族の要件として、18歳到達の年度末を迎えるまでの子と、その子のある配偶者(夫でも妻でも可能)です。 子の要件として、もう一つ【20歳到達未満で、障害等級1級・2級に該当する子】という条件もあります。 お子さんが、この内いずれかに該当すれば対象となります。 遺族厚生年金を受給するための条件 亡くなられた方の要件 亡くなられた方の要件として、下記要件などのいずれかに該当する必要があります。 厚生年金に加入している(していた)こと• 厚生年金の被保険者期間中のケガや病気が原因で、初診日から5年以内に死亡した場合• 1級または2級の障害厚生年金を受給している人が亡くなった場合• 免除期間も含めて保険料納付済期間が25年以上であること また、特例として【2026年3月末までに65歳未満で亡くなった場合、亡くなった付きの前々月までの1年以内に保険料の未納がなければ良い】というものがあります。 遺族の要件 遺族の要件としては、基礎年金よりも更に範囲が広がり【妻】【55歳以上の夫(60歳以降に受給開始)】【子】【父母、孫、祖父母】の順で、順位が高い人に要件を満たす人が居れば、その方が受給できる人ということになります。 遺族厚生年金は、子供の有無に寄らず《妻》が受給権者の第一順位となっています。 ただし、お子さんのいない妻が30歳未満である場合は、5年のみの有期年金となります。 途中でもらえなくなる場合も 配偶者と死別した段階では、上記のような要件にいずれも該当しており年金を受給していたとしても、 途中で打ち切りになる場合もあります。 主なものでは、【遺族である配偶者が新たなパートナーを得て再婚する場合】や【基礎年金の場合の受給要件である「子」が18歳を迎えた年度末を経過し、遺族年金の制度上における「子」に該当する人がいなくなった場合】などです。 他にも途中で年金打ち切りとなる場合がいくつかありますので、詳細はこちらの記事でご確認ください。 試算の仕方・方法 遺族年金の詳細な金額については受給額が決定してみないとわかりません。 ただし、日本年金機構ホームページ内でも計算式が公表されていますので、 概算については決定前にご自身で割り出すことも可能です。 受給決定前に試算することのメリットとしては、前もって受給額の概算を知っておくことで、それに対しての過不足を予め備えておくことが出来ます。 例えば自営業者の配偶者の場合などで、生活費としての遺族年金が思っていたよりも少ない、またはそもそも要件に該当せず年金をもらえない場合などは、民間の生命保険や預貯金などで備えておく必要があります。 試算をすることで、遺族補償を考えるきっかけになればと思います。 国民年金加入者の計算方法 国民年金に加入していた方の計算方法は、 金額が一律であるため比較的シンプルでわかりやすい内容です。 780,100円+子の加算(第2子までは各224,500円・第3子以降は各74,800円) 厚生年金加入者の計算方法 厚生年金の加入者だった方の遺族厚生年金を試算する場合、基準となるのは《 平均標準報酬月額》や《 平均標準報酬額》です。 報酬比例部分と言われるもので、その名の通り《報酬(給与)に比例して額が変わる》という性質のものです。 ですから、算定基準がどなたも一律である遺族基礎年金の場合と違って、遺族厚生年金に関しては全く同じ金額を受け取っている方は日本中でもかなり少ないと言えます。 計算式はかなり複雑ですが、こちらも日本年金機構にて計算式が公表されているものですので、参考までにご紹介します。 毎年誕生日頃に届く《ねんきん定期便》や《ねんきんネット》などで把握することはできますが、これらが活用できない場合、ご自身ではなかなかはっきりした試算が出来ないのではないでしょうか。 そのような場合には、 インターネット上で簡単に遺族年金の額を試算できる無料のシミュレーションの活用をおすすめします。 あくまでも目安の金額ではありますが、だいたいいくらくらいもらえるのかの参考にはなります。 いくつかの項目について、 簡易的に入力するだけで概算がわかりますので利用されてみるのも良いのではないでしょうか。 【補足】各種加算について 遺族厚生年金には、試算して割り出す受給額とは別に、該当者に特別に加算される金額があります。 【中高齢寡婦加算】【経過的寡婦加算】です。 ここでは、どのような条件に当てはまれば加算があるのかポイントを解説します。 この加算はいずれも《妻》だけが対象となっている点は注意が必要です。 残念ながら現行制度ではまだ《遺族である夫》は該当しません。 中高齢寡婦加算 注意点として、遺族年金について基礎と厚生のどちらも受け取っている方は該当しません。 お子さんが居ない、または18歳を超えたため制度上の子が居ないことになり基礎年金を受け取れない遺族厚生年金の受給者で、夫の死亡時に 40歳以上65歳未満の場合に【中高齢寡婦加算】があります。 加算額は以下の通りです。 中高齢寡婦加算の額=585,100円 経過的寡婦加算 経過的寡婦加算の要件として《 昭和31年4月1日以前に生まれた妻》で、妻が65歳以降になれば妻の生年月日に応じて一定の金額が加算されます。 この【経過的寡婦加算】は、昭和31年4月2日以降に生まれた妻には支給されませんのでご注意ください。 経過的寡婦加算の額は以下の通りです。 しかし、 遺族年金(基礎・厚生いずれも)は全額非課税です。 一般的に「年金」と呼ばれるのは、退職後のシニア層が受け取る「老齢年金」のことですが、この老齢年金は雑所得として課税対象となります。 一方遺族年金や障害年金に関しては、年齢によらず条件を満たせば受給対象者となりますが、これらは年金年額や受給対象者の年収など一切関係なく全額非課税です。 遺族年金の税務に関しては、こちらの記事も是非ご参考にされてください。 遺族年金の受給要件&計算方法に関するまとめ 遺族年金は、配偶者を亡くした方やそのご家族を支える大切なお金です。 生きている限り何かしらの出費はありますが、配偶者の死去により入ってくるお金が大幅にダウンしてしまうことが考えられ、この遺族年金は全ての収入の内で大きな割合を占めることになります。 それだけ意味のあるお金だという事です。 本記事でご紹介した遺族年金の受給額を知る方法は、あくまでも目安であり確定の金額ではありません。 遺族年金に関するご相談やお尋ねは、お近くの年金事務所や市町村の年金窓口、社会保険労務士などの専門家に直接お尋ねください。 ただし、詳細までは解らないにしても、概算としてお知りになる方法は本記事にて紹介していますので是非ご活用ください。 誰でも利用できる年金シミュレーションも上手に取り入れながら、万が一に備えて、遺族年金以外の遺族補償も備えておくためのひとつの目安にしてはいかがでしょうか。 遺族年金について税理士に相談したいけど、誰が良いのかわからないというお悩みはございませんか? 遺族年金について税理士に相談したい。 だけど、税理士をどうやって探せばいいのか・誰が良いのかわからない。。 そんな方には、税理士を【無料】で紹介してくれるサービス「税理士紹介エージェント」がおすすめです。 自身の希望に合う税理士を何度でも無料で紹介してもらえ、紹介後のフォローまでエージェントに丁寧に対応してもらえます。 ぜひご活用ください。

次の