ガス 代 ふたり 暮らし 平均。 一人暮らしのプロパンガス使用量と料金の平均は?

一人暮らしの電気代、平均はなんと〇〇円?! 電気・ガス・水道代の合計は?

ガス 代 ふたり 暮らし 平均

みなさんは毎月、電気代や水道代などの「公共料金」を支払っていらっしゃるでしょう。 中でも、命に関わる「電気」「ガス」「水道」は、どれが止まっても大変なことになりますから、これら、いわゆるライフラインといわれるものの料金は、しっかり支払わないといけませんね。 とくに、電気代は人によって大きく差が出るポイント。 電気代をいかに節約できるかで毎月の光熱費が変わってくるといっても過言ではありません。 そこで今回は、一人暮らしの人が電気代などの光熱費を平均いくら支払っているかを聞いてみました。 そこで、この131人に「毎月の電気代が平均でいくらになるか」を聞いたところ、結果は以下のようになりました。 IH調理器具の普及など、ガスを使わない家も増えているようです。 ガス代が0円という回答が17人からありました。 水がないと暮らしていけないはずですが、水道代0円と回答した人が6人いらっしゃいました。 一人暮らしの電気代の平均は約4,000円という結果に。 ガス代、水道代を合計すると光熱費の平均は9817円という結果に。 次に電気代、ガス代などの公共料金のうち、どれを割高に感じるかを聞いてみました。

次の

月のガス代はいくら?ファミリー・シングルのガス代平均まとめ

ガス 代 ふたり 暮らし 平均

二人暮らしのガス代は平均でいくら?地域や季節によってどのくらい変わるの?という疑問にお答えします!また、プロパンガスと都市ガスで料金がどのくらい違うのか、請求額を抑えられるおすすめの節約方法もご紹介しています! 二人暮らしの平均ガス代は約4,000円 総務省統計局が公表している家計調査によると、2017年度の二人暮らしの平均的なガス代は 4,285円で、二人暮らし以外も含めた平均額は4,725円でした。 ちなみに2000年度の二人暮らしの平均ガス代は4,824円で、年ごとに少しずつ安くなる傾向にあります。 地域ごとの平均のガス代比較 総務省統計局の調査を元に、平均的なガス代を地域別にまとめました。 関東圏が最も高額で、北海道・沖縄ではガス代が安くなっているようです。 北海道 3,636円 東北 4,558円 関東 5,354円 北陸 4,459円 東海 5,374円 近畿 5,180円 中国 4,233円 四国 4,273円 九州 4,118円 沖縄 3,697円 ガス代は夏と冬で約2,300円も変わる! お湯を使う機会が増えるので、夏よりも冬のほうが約2,300円もガス代が高くなります。 ガス代は寒い時期ほど高く、暑い時期ほど安くなる傾向があります。 以下の一覧では、1年を季節ごとに分けて平均のガス代をまとめました。 夏のガス代は平均より1,500円安い 夏はガス代が一番安い季節です。 料金は平均より1,500円ほど安く、ガス使用量は約7㎡です。 夏にガス代が安くなる理由は主に以下の3つで、暑い時期だからこそ取る行動が、自然とガスの使用量を減らしています。 ガス代は平均より約2,000円は高く、ガス使用量も約15㎡と一年を通して最も多いです。 冬にガス代が高くなる理由は、主に以下の3つです。 冬からだんだん暖かくなる時期なので、夏に近づくにつれてガス代が安くなりやすいです。 また、春は1年間で2番目に気温が低い季節です。 秋は後半にかけてガス代が上がる季節 秋のガス代は平均より300円ほど安く、ガス使用量は約10㎡です。 秋は四季の中で2番目に平均気温が高く、夏と同様でシャワーで済ませることが多いです。 ただ、冬が近づいてくると気温が一気に下がるので、11月ごろのガス代が非常に高くなりやすいです。 入居後にガス会社を変えたい場合は? 入居後に「ガス会社を変更したい!」と思ったときは、ネット上の一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。 というサイトは、都市ガスとプロパンガスの両方に対応した比較サイトです。 見積もりだけでなく、切り替え費用も無料なので、一度使ってみると良いでしょう。 2020年6月30日までは、 最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、より費用を抑えられます。 詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。 プロパンガスと都市ガスの料金比較 一般的に、プロパンガスよりも都市ガスのほうが料金が安いです。 以下の一覧で、プロパンガスと都市ガスの詳しい料金比較をまとめてみました。 プロパンガス 都市ガス 1㎥あたりの料金 504円 314円 20㎥使用した場合 10,080円 6,280円 基本料金 1,574円 950円 月額合計 11,654円 7,230円 プロパンガスと都市ガスは何が違う? 都市ガスとプロパンガスは以下のような違いがあります。 都市ガスとプロパンガスでは都市ガスのほうが費用が安いですが、火力や復旧の早さなどの性能はプロパンガスのほうが高いです。 都市ガス プロパンガス 使用料 低い 高い 料金形態 公共料金 自由料金 1㎥あたりの熱量 約12,000kcal 約24,000kcal 災害時の復旧の速さ 遅い 速い 供給方法 地下の配管を繋いで供給 液体ガスのボンベを各家庭に供給 ガスの重さ 空気より軽い 空気より重い 主成分 メタン 天然ガス ブタン、プロパン キッチンとお風呂で節約するコツ キッチンでの節約方法と、お風呂での節約方法を紹介します。 1つ1つのポイントで節約できる金額はわずかですが、小さな節約をいくつも積み重ねれば月間500円~1,000円は節約できます。 電気代は使用する電化製品が古いと無駄な電力を使っている場合があるので、古い家電から順に買い替えると良いです。 水道代は1ヶ月で約1,500円で、できるだけ水を使わないようにしたり、節水グッズを使うことで300円ほど節約できます。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

3 人家族のガス代の平均っていくらぐらい?

ガス 代 ふたり 暮らし 平均

水道光熱費 2018. 25 2020. 30 hjfrm7rpcna7 月のガス代はいくら?ファミリー・シングルのガス代平均まとめ ガス代は毎月かかるもので、仮に1ヶ月1,000円安くすることができれば、年間で約1万2,000円節約できます。 10年間であればガス代だけで約12万円も出費が変わってしまいます。 最近一人暮らしを始めた方の中には、ご自身のガス代が果たして高いのか安いのか知りたいという方もいるでしょう。 また家族でお住まいの方も、もっとガス代を節約するにはどういった方法があるのか知りたいといのではないでしょうか。 この記事では、世帯人数別のガス代や、ガス代を安くする方法などを紹介します。 世帯人数別月のガス代 早速、世帯人数別のガス代を確認してみましょう。 ただし、ガスは夏場と冬場では値段が大きく変わります。 ここでは、一年を四つの季節に分けて、それぞれの季節ごとの平均を紹介します。 以下の表は、総務省発表による、2017年度の1ヶ月あたりのガス代の平均を季節ごとにまとめたものです。 世帯人数 春 4月~6月 夏 7月~9月 秋 10月~12月 冬 1月~3月 1人 3,171円 2,179円 2,711円 3,668円 2人 4,718円 3,113円 3,853円 5,458円 3人 5,626円 3,594円 4,581円 6,731円 4人 5,260円 3,367円 4,428円 6,588円 5人 5,521円 3,641円 4,696円 6,777円 6人以上 6,033円 4,605円 5,174円 6,129円 参考: やはり、季節によってガス代は大きく変わります。 ガスは料理でも使いますが、最も多く使われる場面はお風呂でしょう。 冬場はお風呂の温度を上げたり、毎日湯船につかることが増えたりする傾向にあるため、どうしても冬場 1月~3月 のガス代は高くなってしまいますね。 最も高い冬場と最も安い夏場を比べると、1人世帯では約1,500円、3人世帯や4人世帯では、3,000円以上もガス代が高くなっていることが分かります。 都市ガスよりもLPガス プロパンガス のほうが高い 世帯人数別の平均のガス代を見て、「あれ? うちのガス代は平均よりもずっと高いな。 節約までとはいかないけれど、そんなに浪費しているつもりもないのに…。 」という方もいるのではないでしょうか。 ここでは、都市ガスとLPガスの違い、LPガスが高い理由について紹介します。 都市ガスとLPガスとは まず、都市ガスとLPガスとは、どういったものなのかを見てみましょう。 都市ガスとは 都市ガスとは、メタンを主な成分に持つ天然ガスを主な原料としているガスです。 都市ガスの熱量はガス1㎡あたり約11,000Kcalで、LPガスの約2分の1程度となっています。 都市ガスを利用するには、各都市ガス会社もしくは、自治体のガス局と契約を交わす必要があります。 都市ガスは、道路下に整備されたガス導管を通じて各家庭に届きます。 そのためガス導管が導入されていない地域では、都市ガスを利用することはできません。 代表的な都市ガスの会社は以下の通りです。 LPガスとは LPガスは、プロパン、ブタンを主成分とする液化石油ガスを原料としたガスのことです。 家庭用のLPガスにはプロパンが多く含まれているため、別名 プロパンガスとも呼ばれます。 LPガスの発熱量は都市ガスに比べて熱量が高く、1㎡あたり約24,000Kcalで、都市ガスの約2倍です。 LPガスを取り扱うガス会社は全国に約2万店舗あり、住んでいる地域のガス会社の中から自由に選んで契約をします。 LPガスは、ガス会社がガスの入ったボンベを各家庭まで運んでくれ、そのガスを使用します。 都市ガスよりLPガスの方が高額な理由 都市ガスとLPガスの違いを確認していただきましたが、都市ガスとLPガスでは値段が大きく変わります。 それは何故でしょうか。 都市ガスは公共料金であり、によって値段が定められています。 それに対しLPガスの値段は自由料金であり、各ガス会社が自由に設定してよいことになっています。 LPガスが自由料金であるならば、価格競争の観点から、値段が下がることが予想されますが、現実にはそのようになっていません。 それはなぜでしょうか。 LPガスの値段が高く設定されている理由は主に3つあります。 初期費用分をガス代に上乗せしているから LPガスを利用する場合には、供給設備を設置するために約10万円程度の初期費用が発生します。 しかしほとんどのLPガス会社が、その初期費用を一旦は消費者の代わりに負担しています。 そして、その分を毎月のガス代に上乗せしているのです。 そのためガス代が高くなってしまいます。 価格競争が起こらないから LPガスが値段を自由に設定できることはすでに紹介しましたが、では、あるLPガス会社が値段を下げたらどうなるでしょう。 ガス自体の質は会社によって違いがないため、他のガス会社は顧客を奪われないよう、その会社と同じ程度まで価格を下げなければならなくなります。 すると契約世帯数自体は変わらないのにもかからず、各LPガス会社の利益だけが下がってしまいます。 そのような事情からLPガス業界では、価格競争が発生していません。 原価が安くなってもガス代に反映されることがないから ガスの原価は日々変わっています。 仮に原価が高騰した場合には、ガス代を値上げして利益を確保します。 しかし反対に原価が下がったとしてもガス代が元の料金まで下がることはありません。 これは、2つ目に挙げた価格競争が起こらないことが原因です。 これら3つの理由により、LPガスは都市ガスより値段が高く設定されているのです。 ガス代が高くなる理由 利用しているガスが、都市ガスであろうとLPガスであろうと、明らかに平均より大幅にガス代が高い場合には、なんらかの設備的な問題が発生しているケースが考えられます。 ここでは、ガス代が平均と比べて大幅に高い方に向けて、その原因として考えらえることについて紹介します。 ガス漏れしているから 「 ガスを特別多く使っていないのに他の家庭と比べてガス代が明らかに高い!」と感じている場合には、ガス漏れを起こしている可能性があります。 ガス利用時には毎月『ガス検針票』がポストなどに入りますので、まずはそれで使用料をチェックしてみてください。 利用が少ないにもかかわらずガス使用量が多い場合には、ガス漏れしている可能性が高いです。 もし、ガス漏れしていそうな場合には以下のことをチェックしてみてください。 ガス栓のキャップが外れている・ガスの元栓を開けたままにしている• ガスメーターが赤色で点滅している• ガス栓のホースに亀裂がある・破れている 上記に当てはまる場合、ガス漏れしている可能性が高いです。 一度契約しているガス会社などに相談してみましょう。 契約しているLPガス会社の値段が高いから 前述の通り、LPガス会社は自由値段設定を行えます。 しかし、都市ガスとLPガスの違いや、LPガスが自由料金であることなどを知っている利用者は多くありません。 そのため、LPガス会社によっては、不当に高い値段を設定しているケースも考えられるのです。 以下に石油情報センターが発表している地域別のLPガス平均料金のリンクを記載しました。 料金を確認して、ご自身のガス代に比べて安い場合は、契約する会社の変更を検討しましょう。 賃貸物件でガス利用料に設備費用を上乗せしている 賃貸物件では住居にかかわる初期費用は全て大家が負担します。 それはガス設備にも当てはまります。 大家の中には少しでも利益を確保したいと考える人もおり、賃貸物件でLPガスを利用している場合、ガス設備の初期費用を毎月のガス代に上乗せして請求しているケースもあります。 そのようなときには毎月のガス代は高くなってしまいます。 なお、賃貸物件の場合、大家や管理会社に許可を取らずにLPガス会社を変更することは一般的にはできません。 ガス代の節約術 世帯人数別の平均と比べて毎月のガス代が高かった場合には、ガス代の節約を考えましょう。 ここでは、代表的なガス代の節約方法を紹介します。 【関連記事】 ガス会社を変更する LPガスを利用している場合には、他社への乗り換え、もしくは対応地域の場合都市ガスに変更することでガス代を節約できます。 とくにLPガスから都市ガスへの変更は、それだけで毎月1,000円程度節約できます。 また、LPガス会社から別のLP会社へ切り替える際には注意が必要です。 顧客獲得のためにはじめだけ料金を安く設定し、1年、2年と経つうちに値上げする会社もあるからです。 優良なガス会社を知りたい方は、『』のホームページを確認してみてください。 同法人は、ガス利用者が納得する環境を整えることと、LPガス協会の価格競争を促進することを目的に発足された団体です。 電話・インターネットでのガス代に関する相談の他、優良ガス会社も紹介してくれます。 複数社の見積もりを簡単に比較! 今の契約より安くなるかすぐに分かります! お風呂でのガス代節約法 お風呂でのガス代を節約するには、以下のようなことに気を付けてみてください。 お湯の温度は38度を目安にする• 一人暮らしはシャワー、2人以上場合はお湯をはる• シャワーの時間は1日10分までにする• 自動給湯機能がない場合、自動で止めてくれるアイテムを使う• お風呂のフタでこまめに保温する どれも簡単にできることですよね。 毎日のちょっとした工夫で、お風呂のガス代は節約できるのです。 【関連記事】 キッチンでのガス代節約法 キッチンでも、料理や洗い物の工夫次第では、ガス代を節約できます。 電子レンジや電気ケトルをつかう• 食器洗い機のお湯の温度を下げる• 煮る料理を減らし、蒸す・焼く料理を増やす• 低い温度のお湯で洗い物をする• 炊飯器レシピを活用する• 一度にたくさん調理し、作りつくりおきをする キッチンでは、お湯やコンロでガスを使用します。 それぞれ使う時間を減らせるかが節約のポイントといえそうです。 【関連記事】 まとめ ガス代は毎月かかってくるものですから、見直しをすることで大きく出費を減らせます。 まずはご自身のガス代の確認から行いましょう。 明らかに平均とかけ離れている場合には、ガス漏れや、契約しているLPガス会社の値段設定が高額であることを疑った方がよいでしょう。 以下の記事も参考に、ガス代を節約してみてはいかがでしょうか。 【関連記事】.

次の