不 活化 ポリオ と は。 不活化ポリオワクチンの接種時期・回数・副作用 [予防接種・ワクチン] All About

■NEWS 三種混合とポリオの就学前追加接種を推奨─小児科学会、接種スケジュール改訂|Web医事新報

不 活化 ポリオ と は

経口生ポリオワクチン|小泉重田小児科(群馬県高崎市) >>> ポリオワクチン(経口生ワクチン) 経口生ポリオワクチン 定期接種(公費)平成23年8月31日までは定期接種ワクチンです。 集団接種・接種回数2回(経口生ワクチン) 公費で接種できる期間 3ヶ月〜7歳6ヶ月の前日まで 後述するように日本国内でポリオに自然感染する可能性は殆どないので、およびを接種してからポリオの投与を受けましょう。 をご参考にして下さい。 平成24年8月31日をもって、経口生ポリオワクチンは定期接種としての使命を終了しました。 今後、日本では、がポリオ予防のための定期接種ワクチンになります。 接種会場の変更には電話連絡が必要です 高崎市ではポリオワクチンを集団接種で行っており、概ね小学校の校区毎に接種会場が指定されています。 お子さんの事情で、指定された会場以外の場所で接種を受けたい場合は、 必ず事前に高崎市健康課までご連絡下さい。 ご連絡いただければ断られることはありませんが、接種会場の定員に達した場合は受けられないようです。 事前連絡無しに他会場に出向かれた場合、ワクチンが用意できず、接種を受けられない場合があります。 また、1回目接種と2回目接種は6週間以上の間隔を開けて接種する決まりになっています。 1回目に他会場で接種した場合、2回目の接種をご自分の指定会場で受けようとしても、 6週間の間隔が開いていないと接種できませんので、スケジュールにお気をつけ下さい。 ワクチンの説明 I型・II型・III型の3つのタイプのポリオワクチンウイルスが混ざっている経口生ワクチンです。 飲むことによりそれぞれの型に対する抵抗力(免疫)ができます。 しかし、1回飲むだけで3つの型すべてに対しては抵抗力ができないこともありますので、2回飲むことが必要です。 ひどい下痢をしていると、ワクチンの効果が弱まるので延期してください。 病気の説明 ポリオとは以前は脊髄性小児麻痺とか、急性灰白髄炎と呼ばれた、大人よりも乳幼児が罹りやすい病気です。 ポリオウイルスはまず口から体内に感染し、腸の中でウイルスが増えます。 ただ、ポリオウイルスに感染しても殆どの方は病気の症状が現れずに、知らない間に免疫を獲得します。 ところが、一部の方は腸のウイルスが脊髄に入いってしまい手や足の麻痺が現れます。 これは麻痺性ポリオと呼ばれ手足の麻痺が生涯にわたって続くという大変な病気です。 現在でもインド・パキスタン・アフガニスタン・ナイジェリアの4ヶ国ではポリオの流行があることから、日本にもポリオウイルスが入ってくる可能性があります。 効果 平成24年8月31日まで使用されていた経口生ポリオワクチンは、大変有益なワクチンでした。 昭和35年頃、日本では1年間に5,000人以上の患者さんが麻痺性ポリオに罹っていました。 そこで、昭和36年から経口生ポリオワクチンを、生後3か月〜12歳までの全ての子どもたちに一斉に投与したところ、劇的な効果がありポリオの流行は収まりました。 そして、昭和55年の一例を最後に、現在まで30年間、自然感染によるポリオは発生していません しかし、接種率が下がると再び流行する可能性があるので、必ず2回経口生ポリオワクチンを接種しましょう。 ポリオウイルスに感染していても、発症しない人を不顕性感染と呼びます。 この無症状の不顕性感染の人からもポリオがうつります。 このような病気であるため日本でもワクチンを接種する必要があります。 副反応(有害事象・副作用) ワクチンに使用されているウイルスは弱毒化されているため安全です。 しかし服用後体内でウイルスが増えるため、稀にウイルスが先祖返りして毒性が強くなると、麻痺( Vaccine Associated Paralytic Polio:VAPP)を生ずることがあります。 その頻度は以前から450万人以上の投与に1人程度とされてきましたが 、最近は100万人に1. 5人程度とされています。 便から排泄されるワクチンウイルスが増殖中に強毒化すると、 600万回の接種に1人程度、周囲の人がポリオによる麻痺を起こすことがあります( contact case)。 contact caseはポリオ内服後、おむつ替えの後などは1ヶ月間くらい手洗いをしっかりすることで予防できます。 下痢:接種後2日目までに1回目では約4.9%、2回目では約4.1%に下痢を認めるという報告がある。 接種後3日目までに1回目では約1.7%、2回目では約2.0%に発熱を認めるという報告がある。 嘔吐:接種後2日目までに、1回目では約1.3%、2回目では約1.0%に嘔吐を認めるという報告がある。 不活化ポリオワクチンに変更されました 経口生ポリオワクチンは先程ご紹介したように、ポリオが流行している国では大変有効なワクチンです。 しかし、経口生ポリオワクチンを内服すると、100万回の投与に対して1.5人のお子さんが運悪くポリオを発症し、手足などに麻痺が残るということが判ってきました。 現在の日本では自然にポリオに罹る人が30年間一人もいないのですから、わずかな確率であっても、ポリオになる可能性がある経口生ポリオワクチンは、日本の実情に合わなくなってきました。 そこで、ワクチンを接種してもワクチンのためにポリオにかかることがない、新しいワクチンに切り替わることになりました。 それが、不活化ポリオワクチンです。 現在日本の4メーカーが、DPT+不活化ポリオワクチン(4種混合ワクチン)の研究を行っており、厚生労働省も早期開発を促しています。 日本でも、遠くない将来に、生ワクチンのポリオから、不活化ワクチンのポリオ(注射)に切り替わると考えられています。 平成23年3月8日厚生労働省の岡本充功政務官は衆院厚生労働委員会で「本年末頃より順次薬事承認申請がなされる予定と聞いている、安全性、有効性に十分配慮しつつ迅速に審査を行い、可能な限り早く導入したい」と述べたそうです。 (現在開発中のこのワクチンは4種混合ワクチンなので、将来生まれてくる赤ちゃんのに使用することを想定して作られています。 ) また、平成23年5月27日ワクチンメーカーのサノフィ・パスツール社から「不活化ポリオ単独ワクチン」の製造開発を始める旨発表がありました。 (このワクチンが国内で使用できるようになれば、今現在の赤ちゃんが個人輸入のワクチンに頼らなくても、不活化ポリオワクチンを接種できるようになります) 参考URL: 世界のポリオワクチンを見渡すと、日本のように経口接種する生ワクチンと、注射で接種する不活化ポリオワクチンがあり、地域・国によって使い分けられています。 ポリオが蔓延している国では、生ワクチンの方が不活化ワクチンよりも発症予防には有効です。 そのような国ではワクチンの輸送・貯蔵などの管理(コールドチェーンの整備)が不十分なため、接種回数を増やして免疫の獲得に心を砕いています。 具体的にはせっかく冷凍車でワクチンが届いてもワクチンを受け取った側に冷凍庫がない!、冷凍庫を寄付したが電気が通じていない地域だった!、などの日本では想像もできない理由でワクチンの効果が損なわれています。 これを解決するためにコールドチェーンの整備が必要な国が世界にはたくさんあるのです。 (当院では個人輸入の不活化ポリオワクチンは取り扱っておりません。 ) 〒370-0069 高崎市飯塚町1285 Tel. 027-362-5811 Copyright C 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.

次の

日本医師会:ポリオワクチンでポリオになる?

不 活化 ポリオ と は

生ワクチンと不活化ワクチン ワクチンは、感染の原因となるウイルスや細菌をもとに作られています。 成分の違いから、大きく 「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」に分けられます。 特徴 製造方法 接種回数と抗体の量 生ワクチン 病原体となるウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性をなくしたものを原材料として作られます。 毒性を弱められたウイルスや細菌が体内で増殖して免疫を高めていくので、接種の回数は少なくて済みます。 十分な免疫ができるまでに約1ヵ月が必要です。 不活化ワクチン 病原体となるウイルスや細菌の感染する能力を失わせた(不活化、殺菌)ものを原材料として作られます。 自然感染や生ワクチンに比べて生み出される免疫力が弱いため、1回の接種では十分ではなく、何回か追加接種が必要になります。 接種回数はワクチンによって異なります。 トキソイド 病原体となる細菌が作る毒素だけを取り出し、毒性をなくして作られます。 不活化ワクチンと同じく、数回接種して免疫をつけます。 別の種類のワクチンを接種する場合の接種間隔 あらかじめ混合されていない2種以上のワクチンを別々に接種する場合には、通常生ワクチンの場合は、27日(4週間)以上の間隔をあけて次のワクチンを接種します。 また、不活化ワクチンの場合は、6日(1週間)以上の間隔をあけて次のワクチンを接種します。

次の

ポリオ(急性灰白髄炎)|厚生労働省

不 活化 ポリオ と は

急性灰白髄炎(ポリオ) 流行地 エンテロウイルス属に分類されるポリオウイルスによる感染症で、ヒトにのみ感染します。 2000年にWHOは、日本が属する西太平洋地域での根絶宣言を出しましたが、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアなどポリオウイルスが常在する国では、依然として流行がみられ、他の国や地域への感染波及が問題となっています。 感染経路 経口的にヒトの体内に入ったウイルスは、咽頭や小腸の粘膜で増殖、血流を介して中枢神経系へ達し、脊髄運動神経に感染、典型的なポリオ症状(かつては「小児マヒ」と呼ばれていました)を示します。 感染後症状がなくても糞便中に数週間にわたりウイルスが排泄され、新たな感染源となります。 とくに5歳以下の小児は感染しやすい傾向にあります。 潜伏期 3~21日です。 症状 感染者の90~95%は症状が出ません(不顕性感染)が、約5%には発熱、頭痛、咽頭痛、悪心・おう吐、倦怠感、頚部硬直、下肢痛などの症状が見られます。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。 わが国では、2012年9月から生ポリオワクチンによる定期予防接種は中止され、単独の不活化ポリオワクチンが、また、同年11月からはジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチンの4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種に導入され、接種回数も4回になりました。 1975(昭和50)年から1977(昭和52)年の間に生まれた方は、ポリオに対する免疫能が他の年齢層に比べ低いとされています。 この期間に生まれた方が、ポリオウイルス常在国に渡航する場合には、ポリオワクチンの再接種が望ましいでしょう。 また万一、その方のお子さんがポリオ生ワクチンを接種する場合には、お子さんの腸内で病原性を回復したウイルスが排泄され、その方に感染する可能性がありますので、その場合にもポリオワクチン再接種をお勧めします。 欧米へ留学される際には、要求される接種回数が異なる場合がありますので、事前に確認しましょう。 2014年1月更新.

次の