マレー語 久しぶり。 しばらくぶりのあいさつ!インドネシア語の「久しぶり」の言い方

あいさつ

マレー語 久しぶり

- 2019年 3月月16日午前1時50分PDT Dopo tanto tempo. (ドーポ タント テンポ)は「とても長い期間ののち」という意味のイタリア語。 *Sono tornato dopo tanto tempo. (ソノ トルナート ドーポ タント テンポ:久しぶりに帰ったよ。 )*女性の場合は「Sono tornata dopo tanto tempo. (ソノ トルナータ ドーポ タント テンポ)」 まとめ この記事を読んでいる間、頭に浮かんだ人がいたら、さっそく使ってみてはいかがでしょうか?素敵なひとときとなりますように。 イタリアに住みたいなら イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか? イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

「お久しぶりです」は敬語?目上や上司に使える?メールや手紙の使い方も!

マレー語 久しぶり

・sudah:すでに~した ・lama:長い(時間) ・tidak:~ではない(名詞以外を否定するときに用いる) ・bertemu:出会う ・dengan:~と、~で ・anda:あなた こちらは主にビジネス用語的な感じで使われる表現になります。 直訳すると 「もう長い間あなたと会っていません」 という意味なのですが、日本語の表現に当てはめると 「お久しぶりです」 という表現になります。 主に初対面や目上の人に対して、ビジネスなどフォーマルな場面ではこちらの表現を使いましょう。 Sudah lama tidak bertemu dengan anda. (お久しぶりです) インドネシア語で「久しぶり」:日常会話 続いてインドネシア語で「久しぶり」の2つ目で、日常会話のパターンです。 なので「久しぶり」に会うインドネシア人がいたら Sudah lama tidak ketemu. (久しぶり~) Sudah lama tidak berjumpa. (久しぶり~) この2つの表現のどちらかを使ってコミュニケーションを取ればオッケーです。 どうでしたか? お役に立てましたでしょうか? この他にも挨拶の関連記事がたくさんあるので、良かったら少しずつ勉強してみて下さい。 おしまい.

次の

あいさつ

マレー語 久しぶり

外出先で誰かとバッタリあったときなどに「ひさしぶり」という言葉を交わしたことのある人は多いのではないでしょうか。 また、しばらく連絡をとりあっていないときにも「久しぶり」を使うことは多いでしょう。 「久しぶり」は同級生など同じくらいの立場の人か、それ以下の立場の人に対して使いますが、相手が年上や目上の人の場合には当然敬語を用いなければいけません。 この「久しぶり」の敬語表現は「お久しぶりです」や「ご無沙汰しております」という使い方をします。 同じ敬語でも久しぶりに会った相手によって、どのような使い方をするかで自分自身の印象も変わってくる場合もありますので気をつけましょう。 「久しぶり」の敬語での使い方 「久しぶり」を敬語にした「お久しぶりです」は、どのようなケースで、どのような使い方をするのでしょうか。 まずは「久しぶり」の敬語としての種類や、それぞれのケースによっての使い方といったことをご紹介していきましょう。 最近会っていない人にどこかで偶然会うことがあったり、連絡を取り合っていない人に、急に連絡しないといけなくなったりすることはよくあることです。 それが目上の人であった場合など、突然発してしまった言葉が失礼であってはいけません。 「久しぶり」の敬語の種類 先述したように「久しぶり」の敬語は「お久しぶりです」や「ご無沙汰しております」となりますが、ではこの2種類の敬語はどのように使い分けたらいいののでしょうか。 敬語とは年上や目上の人に使う言葉ですので、どの程度上の人なのか、或いはその人との関係というのも敬語を使う場合には大切です。 「おひさしぶりです」は日頃から付き合いのある、比較的自分の立場に近い人に対して使う敬語です。 そして「ご無沙汰しております」というのは、仕事上でお付き合いがある人や、失礼のない対応が求められる相手に使う敬語で「お久しぶりです」の謙譲語にあたります。 「久しぶり」の敬語の使い方 「久しぶり」の敬語である「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」はそれぞれ、どのような使い方するのでしょうか。 「お久しぶりです」と「ご無沙汰しております」の使い方についてご紹介します。 「お久しぶりです」は比較的仲の良い人に対して用いることができますので、あまり硬い口調になっても相手に敬遠されてしまうこともあります。 「お久しぶりです、お元気でしたか」くらいの使い方で問題ないでしょう。 「ご無沙汰しております」は目上の人に対して用いますので、表現も硬くする必要があります。 「ご無沙汰しております、お元気でいらっしゃいますか」くらいの表現が必要です。 「久しぶり」の敬語のメールでの使い方 しばらく連絡をしていなかった人に、帯電話やパソコンの電子メールで連絡をする場合は「久しぶり」という挨拶を最初にもってきます。 メールをする相手が年上や目上の人の場合は敬語を使って挨拶しましょう。 件名に「お久しぶりです」や「ご無沙汰しております」を使うこともありますが、仕事に関連するメールの場合は件名には用件をいれ、本文の冒頭に「お久しぶりです」や「ご無沙汰しております」などを用いた挨拶文を書き込み、自分の氏名や会社名を名乗りましょう。 メールは顔が見えないうえにデータとして残るものですから、誤った使い方をしてしまうと一度送ったメールは取り消すことができないので、送信する前にもう一度確認するようにしましょう。 「久しぶり」の敬語の手紙での使い方 基本的に文体としては携帯電話やパソコンの電子メールの内容と変わりありませんが、直筆で手紙を書く場合に気をつけたいことは、丁寧な文字を書くということです。 敬語を使って「久しぶり」を表現するのですから、相手は目上の人であることが考えられます。 ですので、雑な文字を書いて手紙を送っては相手に良い印象を与えることはできません。 また、電子メールでも同じことがいえますが「ご無沙汰しております、いかがお過ごしでしょうか?」といった文章で、このように「?」などの記号を用いることはおすすめできません。 場合によっては失礼な印象を与えてしまうこともあります。 「久しぶり」の敬語の挨拶での使い方 「久しぶり」の敬語である「お久しぶりです」はしばらく会っていないことを表現する挨拶の言葉ですが、友人、知人、仲の良かった先輩のような関係の人には「お久しぶりです」を用いた挨拶を交わし、再会を喜ぶスキンシップを気軽に行うこともあるでしょう。 ですが「ご無沙汰しております」を用いるような目上の人の場合では、挨拶としてしばらく音沙汰がなかったことをお詫びするという意味も込められています。 従って「ご無沙汰しております」を用いた挨拶では「ご無沙汰しております、お元気でいらっしゃいますか。 しばらく音沙汰もなく申し訳ございません」といった使い方もします。 「久しぶり」の敬語の親戚への使い方 親戚の人へ「久しぶり」という言葉を表現する場合、その関係性によって使う敬語も変わってくるでしょう。 親戚によって友人のような関係の人もいれば、親密さの度合いも違いますので冠婚葬祭のとき会う程度の関係であれば、丁寧な敬語を用いたほうが良いでしょう。 また、義理の両親といった血縁ではない関係の親戚にも丁寧な敬語を用いる必要があります。 この場合には常識的に「お久しぶりです」よりも「ご無沙汰しております」を用います。 「久しぶり」を敬語表現するときの例文 「久しぶり」の敬語表現は「お久しぶり」ですが、別の表現では先述してきましたように「ご無沙汰しております」がよく使用されます。 その他には「久しぶり」を「久々」や「しばらくぶり」といった表現をする場合もありますが、敬語として「久々です」や「しばらくぶりです」は正しいとはいえません。 また「久々です」や「しばらくぶりです」といった表現は、目上の人に使用すると失礼になるため仕事などでは使わないようにしましょう。 せいぜい友人や知人、仲の良い先輩といった関係の人にとどめておくことが無難です。 ご無沙汰しておりますの意味 「ご無沙汰しております」という言葉は「おひさしぶりです」という敬語の謙譲語で、その意味は「沙汰がない」という言葉がありますが「沙汰」とは便りや知らせといった意味で、お便りなどの知らせがない、ということです。 挨拶のときに「ご無沙汰しております」を用いることの意味としては、しばらくの間何の知らせも連絡もしなかったことをお詫びするということです。 そのため「申し訳ありません」を「ご無沙汰しております」の後に用いることがあります。 場面で使い分ける「久しぶり」の敬語表現.

次の