人形 の 家 イプセン。 ヘンリック・イブセン Henrik Ibsen 島村抱月譯 人形の家 ET DUKKEHJEM

【みんなの口コミ】舞台『人形の家 Part2』の感想評判評価

人形 の 家 イプセン

影響を与えたもの• ・・・・・・・・・・・ サイン ヘンリック( ヘンリク) ・イプセン(Henrik Johan Ibsen、 - )は、の、、。 近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。 以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。 代表作には、『ブラン』『』(1867年に執筆。 1874年にに劇音楽の作曲を依頼する。 )『』『野鴨』『ロスメルスホルム』『』などがある。 自身はノルウェーを嫌い、長くやで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000紙幣にその肖像が描かれていた。 執筆言語 [ ] イプセンの執筆言語は「 」、「 」、「デンマーク・ノルウェー語 」、「 」、「 」などと言われる場合があるが、これは19世紀までノルウェーでは宗主国の言語であるデンマーク語が書き言葉として使用されていたためである。 言語学者のクヌート・クヌーツェンは19世紀後半に書き言葉を徐々にノルウェー化することを提唱し、この言語はやがてリクスモール、のちにと呼ばれるようになった。 イプセンはこのデンマーク語がノルウェー式に変化しつつある時代のリクスモール(のちの)で著作を執筆していた。 21世紀に使用されているとは大きく異なるため、ノルウェーで上演を行う時も戯曲テクストを現代の観客にわかるよう変更する必要がある場合が多い。 世界への影響 [ ] イプセンの劇は同時代の多くの人にスキャンダラスと考えられた。 当時は家庭生活や礼儀についての的価値観がヨーロッパで大きく広まっており、それらに対するいかなる挑戦も不道徳的で非常識とされていたためである。 イプセンは生活状況や道徳問題についての批評的な眼や疑問を紹介するため、主に現代劇に基礎を置いた。 ヴィクトリア朝の演劇には、悪の力に立ち向かう高潔な主人公が期待されており、あらゆる劇は善が幸福をもたらし、不道徳は苦痛のみをもたらすという、道徳的にふさわしい結末で終わった。 イプセンはこの考えと当時の信仰に挑み、観客の持つ幻想を破壊した。 日本の運動はイプセン劇の上演から始まったといえる(参照: 、)。 『人形の家』の主人公ノラ(ノーラ )は当時の「新しい女」として語られた。 その作品群は今日でも演劇界に影響を与え続けている。 中国においても、『』第四巻六号(6月)がイプセン特集を組むなど、期に熱狂的に紹介され、に大きな影響を与えたほか、の形成にも直接の影響を与えた。 2007年にはノルウェー政府によりが創設された。 作品 [ ] ノルウェー語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 カティリーナ( Catilina, 1850年)• ノルマ、または政治家の恋( Norma eller en Politikers Kjaerlighed, 1851年)• 聖ヨハネ祭の夜( Sancthansnatten, 1852年)• ソールハウグの宴( Gildet paa Solhoug 1855年)• オーラフ・リッレクランス( Olaf Liljekrans, 1856年)• 王位請求者たち( Kongs-Emnerne, 1863年)• ブラン( Brand, 1865年)• ( Peer Gynt, 1867年)• 青年同盟( De unges Forbund, 1869年)• ( Et dukkehjem, 1879年)• 幽霊( Gengangere, 1881年)• ( En Folkefiende, 1882年)• 野鴨( Vildanden, 1884年)• ロスメルスホルム( Rosmersholm, 1886年)• 海の夫人( Fruen fra havet, 1888年)• ( Hedda Gabler, 1890年)• 棟梁ソルネス( Bygmester Solness, 1892年)• 小さなエヨルフ( Lille Eyolf, 1894年)• ( John Gabriel Borkman, 1896年)• 訳 『イプセン戯曲全集』(全5巻) 1989年• 『イプセンの手紙』 未來社 1993年• 原訳は『野鴨』『人形の家』『ヘッダ・ガーブレル』『幽霊』が、で刊行。 1996年• 訳 『イプセン戯曲選集 現代劇全作品』 1997年• 新版『イプセン現代劇 上演台本集』 2014年• 毛利訳は『人形の家』、『ゆうれい』、『野がも』、『ヘッダ・ガブラー』が、論創社 シリーズ刊行予定• 【笹部博司の演劇コレクション】A6版(文庫本)2008年• 『野鴨』『ちっちゃなエイヨルフ』『ロスメルスホルム』• 『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』『民衆の敵』『ヘッダ・ガブラー』を刊行 演劇企画製作会社「メジャーリーグ」 での上演台本 脚注 [ ]• Bowdoin College 2007年1月23日. 2007年3月27日閲覧。 ; on Ibsen's relationship to , see Moi 2006, 1-36• 2010年. 2019年3月7日閲覧。 The Guardian. 2019年3月10日閲覧。 Erica Wagner. www. newstatesman. com. The New Statesman. 2019年3月10日閲覧。 Chicago: University of Chicago Press. 129. , Ibsen's Hedda Gabler: Philosophical Perspectives Oxford University Press, 2017 , 194 - 214, DOI: 10. 003. 0010, p. 206. Erica Wagner. www. newstatesman. com. The New Statesman. 2019年3月10日閲覧。 「日本では、長く(ノラ)と呼ばれてきたが、劇中、なんども(ノーラノーラ)と繰り返し呼ばれ、いわばこの劇の弾んだリズムを作るもとにもなっているから、原語どおりの長母音の発音が望ましい。 」論創社版(2020年4月刊)毛利三彌訳『人形の家』p155注4 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 () この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

名作に見る住まい

人形 の 家 イプセン

スポンサーリンク(当サイトとは関係ありません) 経済的、物質的に何不自由のない妻の座を、あえて捨てるという勇気ある選択をする人がいる。 最近、わたしと同世代の二人のクライエントさんがそれを決めて実行した。 夫に暴力を振るわれたわけでもなく、周囲からその選択を勧められるような要素はない。 頼れる人も、あてにできる確固たる自活の手段もなく、年齢も若くない。 明らかに、現状に甘んじている方が簡単なのに、「一体どうなるのか、こわくて不安でたまらない。 」と言いながら、最終的に彼女たちが静かにその決断をしたときの、凜とした気高い様子には、尊敬の念を覚えた。 もし、わたしが同じ立場に置かれたら、同じ決断ができただろうか。 そのうちのひとりは、独り暮らしを始めた小さな新居でこう言った。 自分で、完全に状況をコントロール出来る。 他人の決断や選択に怯えなくてもいい。 自分の決断と、その結果に100%責任をもつ自由。 自由満喫中。 自由は肩がこらない!! じーんとくる。 「経済的に保証された妻の座」は、「居心地のいい実家」や「つまらない職場」とも置き換えられる。 客観的に見れば恵まれているとも言えるその環境で、「でも、今のままではだめなんだ」とたましいが叫ぶ。 そんな状況にある人たちへのエールをこめて、イプセンの「人形の家」をいっしょに読み直してみたい。 Contents• イプセンの「人形の家」 「人形の家」は、ノルウェーの劇作家、ヘンリック・イプセンの代表作とされる戯曲で、今から140年も前の1879年に書かれ、同年、デンマーク王立劇場で上演された。 裕福な弁護士ヘルメルの妻で、お嬢様育ちの奥様ノーラが、夫と三人の子供を残して家を出ていく決断をしたという話。 イプセンがこの戯曲で示したのは、何よりも自分自身が何者なのか、まずそれを確かめるのが人間の義務であり、そういう人間になるべきだ、ということだと言ってよかろう。 (「 」の訳者、原千代海) 日本における初演は、「人形の家」が誕生してから30年余り後の1911年。 それでも今から100年以上も前! 文芸協会が主催で、会長の坪内逍遥の私邸で公演されたそうだ。 以下は、ウィキペディアに載っている、貴重な当時の写真。 坪内逍遥邸で行われた『人形の家』初演(1911年) 「人形の家」より抜粋したノラの台詞 以下は、ノラと弁護士の夫ヘルメルの会話、クライマックスの部分の抜粋。 自分につきつけられている問いかけのように、はっとさせられる箇所がいくつもあり、140年間も世界中で読み継がれているのももっともだと思える。 引用は原千代海訳版の「 」より。 8年間・・・いいえ、もっとよ。 知り合ってからあたしたち、真面目なことについて、真面目な言葉を交わしたことは、一度だってなかったわ。 どんなことでも突っ込んで、真面目に話し合ったことが一度もない、って言っているのよ。 あなたは一度も、あたしをわかってくださらなかった。 あたしはとても間違った扱いを受けていたのよ、トルヴァル。 最初はパパに、それからあなたに。 だからあたしも、同じように考えた、そして、もし、考えが違えば、あたし、隠したわ、だってパパには気に入らなかったでしょうからね。 」 「それからあたしは、この家にやってきた。 パパの手からあなたの手へ移ったっていう意味よ。 あなたは何でも好み通りにやってきたわ。 だからあたしも、あなたと同じ趣味を身につけたの、それとも、そんなふりをしたか、よくわからないわ、多分、両方ね。 いま、振り返ってみると、あたしここで、乞食みたいに暮らしていたような気がするの。 あたしはあなたに、いろんな芸当を見せて暮らしたわ、トルヴァル。 でも、そうさせたのは、あなたよ。 あなたとパパは、あたしに対して大きな罪を犯したのよ。 あたしがろくでもない者になったのは、あなた方のせいなのよ。 」 「あたしは、あなたの人形妻だったのよ、実家で、パパの人形っ子だったように。 それに子供たちが、今度はあたしの人形だった。 あたしはあなたが遊んでくれると、うれしかったわ、あたしが遊んでやると、子供たちが喜ぶように。 それがあたしたちの結婚だったのよ、トルヴァル。 しかし、遊び時間は終わったんだ、これからは教育の時間だ。 それに、どうしてあたしに、子供を教育する資格があって? あたしには、そんなことできないわ。 それより、もっと、先にしなくちゃならないことがあるのよ。 自分を教育しなくちゃ。 それを手伝ってもらうなんて、あなたはそういう人じゃないのよ。 あたし独りでやらなくちゃならないことね。 だから、あなたと別れるのよ。 」 「自分のことや、世の中のことを知ろうというんですもの、それには独りきりにならなくちゃ。 だから、もうこれ以上、ここにいるわけにはいかないのよ。 自分のものだけ持っていくわ。 あなたからは何もいただかないつもりよ、いまだって、これからだって。 わかっているのは、こうしなくちゃならない、ってことだけよ。 あたしは、何よりもまず人間よ。 」 「世間の人たちは、あなたに賛成するでしょう、トルヴァル。 でも、あたしは、もう、世間の人の言うことや、本に書いてあることには信用がおけないの。 自分自身でよく考えて、物事をはっきりさせるようにしなくちゃ。 」 「あたし、気づいたのよ、この8年間、あたしは他人とここで暮らして、そして三人の子供を産んだ。 ああ、考えてもたまらない! この身をずたずたに引き裂きたいわ。 」 ユング派分析家のコメント 今日の女性たちは、自分たちの母親の時代に比べると、自分自身の道を選択してもよいという許可を多少、得やすいが、それでもほとんどが、他人から自分に与えられる要求に縛られているように感じている。 したがって、女性は自分自身になるという自分の権利に対して、男性よりももっと多くの勇気や思い切りのよさを必要とするのかもしれない。 「人形の家」のノラのように、女性は、他者が自分に要求することと自分自身への義務とをはかりにかけねばならない。 結局、殉教者は、よい母親にもよいパートナーにもなれない。 女性が聖人になることにはつねに代価が伴い、本人も周りの人もそれを支払うことになるのである。 (ジェイムズ・ホリス「 」より) ホリスの言う「殉教者」とは、自分を犠牲にして周りに尽くす人を指すが、日本の妻や母親たちにはよくあるタイプではないだろうか。 「家族のために犠牲になった」かわいそうな自分や、「自分を後回しにして、家族のために尽くした」立派な自分を折につけてアピールし、控えめなようでいて、実はうらみがましかったり恩着せがましかったり押し付けがましかったりする。 そうした殉教者的な態度では、実際のところはよい母親にもよいパートナーにもなれないのだということをホリスは指摘している。 短歌に詠まれた人形の家 三十年の家庭をすててノラになる従妹と食すひいなの会席 (菊田弘子歌集「ヘルベチアの空へ」所収) 「人形の家」のノラは、8年の結婚生活を捨てるが、実際には、20年、30年、もっとそれ以上に続いた結婚生活にピリオドを打つ人もいる。 再度ホリスを引用して終わりにしたい。 たんに結婚生活が50年間続いたというだけで、それを賞賛すべきではないだろう。 もしかすると彼らは、変化を恐れ、正直であることを恐れ、苦しんだかもしれない。 長く続き、繰り返された価値観は、それだけで自動的に美徳となるわけではない。 (ジェイムズ・ホリス「 」より).

次の

人形の家そしてフェミニスト フェミニズム

人形 の 家 イプセン

本作は、「人形の家」のノラが家を飛び出した15年後という設定で描かれ、混沌とした現代社会の中での女性の生き方、現代の家族のあり方を鋭くつきつけました。 しかも物語は、5場構成で、各場「ノラと乳母のアンネ・マリー」「ノラと夫のトラヴァル」…というように2人芝居が連続した形で進行する斬新でスリリングな構成となっています。 今回演出を務めるのは、「第26回読売演劇大賞」大賞及び最優秀演出家賞に輝いた栗山民也。 受賞作となったPARCOプロデュース「チルドレン」に続き、話題の海外新作にいち早く挑みます。 その栗山が注目のノラ役に指名したのは充実した女優活動を送る永作博美。 やはり栗山民也演出の「頭痛肩こり樋口一葉」以来、3年振りの舞台出演に満を持して挑む他、共演陣にも魅力溢れる俳優陣が結集しました。 夫・トルヴァルには、こまつ座や昨年自ら旗揚げした『劇壇ガルバ』での作演出など意欲的な舞台活動が評価される山崎一が、乳母のアンネ・マリーには、存在感のある演技で出演舞台を支え、近年栗山演出作品への出演も多い梅沢昌代が顔を揃えました。 そして、ノラに相対する娘役には、青年座劇場ラスト公演「砂塵のニケ」のヒロインを見事演じた演劇界期待の若手女優・那須凜が抜擢されました。 なぜノラは15年の時を経て帰って来たのか…。 そしてノラが帰ってきた理由とは何だったのか…。 人形の家を風刺した洒落た会話劇であるだけなく、二人芝居が連続する斬新なスタイルかつスリリングで見事な構成、サスペンスタッチのセリフの応酬で、「人形の家」を知っている人も知らない人も引き込まれること必至の斬新な舞台。 2017年に発表されるや、瞬く間に評判となり、2017年のトニー賞作品賞をはじめとする8部門にノミネートされた話題作をいち早く上演致します。 彼等から出された解決策を論じるうちに、 問題は家族にあるのではなく「制度」にあることを確信し再び家を去る。 ヒリヒリするような緊張感あるセリフの応酬。 観てるだけのこっちも圧倒されてぐったりなのに、この濃密な時間を4人だけで繰り広げるの、特に永作さんと山崎一さん、凄まじい集中力を要するだろうな。 ひたすら敬服いたしました。 『人形の家』って自立した女を目指した女が家を捨てる話、という程度の知識しかなかった。 Part2すごい。 こんなにわたしたち自身のお話だと感じるなんて驚き。 ノラの焦りや怒りや悲しみやら。 誰も悪人じゃない。 観れて良かった。 小粒の大竹しのぶだ。 ストーリーはよくできてると思った。 長台詞が次々と出てくる1時間45分、驚くほど迫力に満ちてた。 女の生き方と結婚について考えさせられる内容で、大人なら男女 誰が観に行ってもグサグサ心に刺さるポイントがあるんじゃないかな。 凜の演技力が益々上がってて素晴らしかった。 友として誇りに思う。 あーーなんて格好よいの、。 山崎さん演じる男 トルヴァル の色気。 別にやらしい事も何もないのに、どうやればああいう風にできるのか。 あと那須凛さんも素敵だった。 途中、他の登場人物たちとの関係からノラの主張が ノラ自身にも向かってくるような状況もあったりして、 一筋縄ではいかない(というか結論は出ない)。 あっという間の2時間弱だった。 イプセンの「人形の家」の最後で家を出たノラが15年後にやってきた話。 という、その後の話。 もう一度、結婚、家庭、家族に思い切り向き合うことになるノラ。 それにしても、怖さ増し増しのエミー😱😱 次に逢う時には一体どうなっていることやら...... 15年ぶりに。 夫、乳母、娘とのそれぞれの対話(時にノラが長広舌)が聴きどころ。 激することのない遣り取りは皆に当然それなりの理があるので聴き応えあり。 戯曲も栗山民也演出も良し。 ノラの永作博美さんは105分間出突っ張り。 ワンシチュエーションで無音の中ひたすら役者の台詞だけが響き渡る。 派手さはないけど緊迫感。 登場人物は4人のみ、永作博美が1時間45分出ずっぱり。 もうアイドルじゃありません。 まず、「人形の家」を観たことがない時点で、Part2を観るなんて失礼なはなしですが、人間、こんなに真摯に言葉を重ねても重ねても、たった少ししか理解できないんだ…そして少し理解できたから一緒にいられるわけじゃないのよね…と。 人形の家観なきゃね。 生々しい人対人のやり取りにヒリヒリ。 特に娘怖かった。 ノラ強い。 色々考えさせられた…もうほんま人間難しい! しかし永作さんほんま可愛い…だけじゃなくて芝居も凄い。 台詞の言い方が大竹しのぶさんに似てた。 しかもそれを永作博美がテキパキと気持ちよく演じてた (数カ所セリフを噛んでいたのは、初日なので) 個人的には乳母役の梅沢昌代さんの演技も良かった。 どう言えば良いか、同情できないのだ。 最後に離婚届を「もういらないの」と言ったあと、 トルヴァルは半ば狂ったように床に身を打ち付ける。 この場面では、もはやノラを敵視すらしてしまう。 面白かったー! 1時間45分、あっという間。 これは観る人によって痛いところが違う作品で、とても今。 わたしは「自分でいることの難しさ」が響いた。 夫婦関係や親子関係(擬似的な親子関係含む)、 社会に対する姿勢、正しくありたいというある意味保身。 永作博美、山崎一、那須凜、梅沢昌代が織りなす生き方を問う物語。 制度や慣習に疑問を持ち自由を求めることは戦いであり犠牲を伴う。 意外に席が舞台に近くてびっくり。 夫婦のあれやこれやはよくわかんないけど、人 と居ることが本当に難しくて、こんなに難しくしなきゃダメなのかなあっていうトルヴァルの呟きは妙に刺さりました。 出演者は4人。 派手なセットの転換もなく、同じシチュエーションが続きますが、 本を読む感覚に近い?のか、本当にに引き込まれました。 当たり前ながらその場にいる人が声を出し、 感情を出してるというのはすごいこと。 パワーをもらいました。 ヒロイン、声のトーンと表情はコロコロ変わっていましたが、なぜか心に全く響かず、... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタメ... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタ... ここに電話しても夢を砕かれるマニュアル対応をされるだけです。 ハッキリ言... 195,687件のビュー 0 件のコメント• 63,233件のビュー 0 件のコメント• 45,715件のビュー 0 件のコメント• 38,774件のビュー 26 件のコメント• 38,046件のビュー 1 件のコメント• 36,488件のビュー 0 件のコメント• 35,249件のビュー 0 件のコメント• 29,402件のビュー 0 件のコメント• 28,117件のビュー 0 件のコメント• 27,070件のビュー 0 件のコメント• 26,045件のビュー 3 件のコメント• 25,628件のビュー 3 件のコメント•

次の