メントス コーラ 仕組み。 メントスコーラ(メントスガイザー)の原理・仕組みを説明!やり方はカンタン

メントス+コーラ=噴水実験

メントス コーラ 仕組み

Sponsored Links メントスコーラの原理!どうして泡が出るの メントスをコーラに入れて一気にに泡が吹き出る原理は2つ。 ゼラチンやアラビアガムなどメントスに含まれる成分• メントスの表面にたくさんある穴・くぼみ 肉眼では表面の穴・くぼみは確認できませんね。 では、どうしてこの2つの原理でメントスコーラが起きるのか?実はこの原理を理解するにはコーラやサイダーなどの炭酸飲料が どうして泡を出すのか分かることが大切。 これさえ理解できればメントスコーラの原理は簡単に分かります。 なので、まずは 炭酸飲料から泡が出る原理から見ていきましょう。 炭酸飲料から泡が出る原理 そもそも炭酸飲料は大量の二酸化炭素を溶かした飲み物で、その中に含まれている二酸化炭素がある程度集まると炭酸ガスとしてあの泡になります。 でも、二酸化炭素は 非常に溶けにくい性質。 だから、炭酸飲料の中の二酸化炭素は常に不安定です。 きっとコーラの中にある二酸化炭素も早く外に出たいと思っているでしょう。 また、コーラを初めて開けるとプシュッとなりますよね。 これは圧力によって無理矢理、 二酸化炭素を溶かしている状態。 なので、コーラの中にある二酸化炭素は常に外に出ようとしています。 しかし、それを逃げないように防いでいるのが表面張力が強い水。 ただ、表面張力と言われても分からないと思うので、簡単に説明すると液体が小さくまとまろうとする力の事です。 そして、この表面張力は私たちの身近にもあって、例えば、欲張ってコップいっぱいに水を入れたとき、溢れそうなのに 盛り上がって水が溢れないことがありますよね。 こんな感じ。 また、水滴を垂らしたときも小さくまとまろうとする力が働いて、平らにはならず少し丸くなっていますよね。 これが表面張力です。 これと同じようにコーラの中でも二酸化炭素炭素が外に出て行くのを水の小さくまとまろうとするチカラ 表面張力 で防いでいます。 これを理解できたらメントスコーラの原理が少し分かるのではないでしょうか? それはズバリ! 表面張力を弱めるものをコーラに入れれば良い。 そして、炭酸飲料の泡が出る原理はもう一つあって、それは「デコボコしているものを入れる」です。 コップにコーラを入れている様子をイメージしてください。 その時、泡はどこから出ていますか?もちろん、コップの側面や底で、真ん中からは出ていませんよね。 これはコップの側面・底が傷ついていたり、目には見えない小さなボコボコがあるから。 そもそも泡 炭酸ガス ができるにはコーラに溶けてる二酸化炭素がある程度集まることでした。 なので、コップの傷やデコボコは 二酸化炭素が集まって泡を作るのに最適な場所ということ。 ビールに塩を入れると泡立つのもこれと同じ原理です。 つまり、言い換えれば泡をたくさん出すには デコボコしたものをコーラに入れれば良いという事です。 では、これをメントスコーラに当てはめて考えていきましょう。 そして、メントスの断面図を見てみるとハードキャンディ・ソフトキャンディ・糖衣となっていて、この糖衣に約20層のデコボコ、くぼみがあります。 炭酸飲料の原理によると泡ができる最適な場所はボコボコしていたり、傷がある所でしたよね。 メントスコーラの原理も同じでメントスのボコボコ・くぼみが泡を作りやすい場所となって、 一気に大量の泡ができる現象が起こります。 つまり、メントスコーラはメントスの成分と表面の形によって起きます。 ところで、仕組みが分かっても気になるのが、もしメントスを食べながらコーラを飲んだらどうなるのか?という事です。 もし、危険なら間違ってもコーラと一緒に食べないようにしないといけませんよね。 なので、次はメントスコーラが原因で起こった事故を紹介していきます。 Sponsored Links メントスコーラが原因で起こった事故 メントスコーラが原因で起こった事故にこんな有名なお話があります。 2008年頃、中国のある大学に通っている大学生 21歳 が家で友達と一緒に動画を見てました。 そこで見つけたのが メントスコーラの動画です。 これを見た友達が体の中でやったらどうなるのだろうと疑問に思ったのでしょう。 自分がやってみると言ってコーラを一気に飲み、メントスを2. 3個食べました。 すると、どうなったのか? 口や鼻から大量のコーラを吐き出し、お腹が膨れて呼吸困難になって救急車で運ばれました。 病院では胃の粘膜が傷ついていると先生から言われ、専門家はこのような危険なマネしてはいけないと言ったそうです。 ただ、この事故の動画、ニュースで取り上げた映像、新聞記事はいっさい残っていません。 なので、本当かどうかは分かりませんが、ちょっと恐ろしいですね。 また、これからはコーラを飲みながらメントスを食べないようにしないと!って思いましたか? でも、安心してください。 普通にメントスを食べながらコーラを飲む分には安全です。 第一にメントスを食べるという事はたくさん噛んだ後に体の中に入るので、 表面のボコボコ・くぼみはなくなり泡はたくさん発生しなくなります。 また、コーラも飲んだら表面貼力が弱って、二酸化炭素が外に出れるようになるので、胃に入る頃にはコーラに含まれる炭酸は抜けているんです。 なので、普通に食べる分には安全で体の中でメントスコーラの現象は起こりません。 そうなると気になるのがあの事故は嘘だったのでないかという事。 実は、これをアメリカで放送されていたテレビ番組が豚を使って検証しています。 番組では豚に胃液と同じになるように酸を入れて人間と似た状態を作り、そこにメントスとコーラを体内に入れるとどうなるかという検証でした。 気になる結果は「何も変化は起きない」です。 コーラの二酸化炭素は食道を通って胃に行くまでに 完全に抜けてしまいメントスコーラが豚の体内で起きる事はありませんでした。 なので、あの事故はデマだったかもしれません。 また、メントスとコーラなら一緒に食べる人がいそうですよね。 もし、あの事故が本当だったら危険があるのでメントスに何かしらの注意書きがあるはずです。 最後に メントスコーラの原理を簡単にすると、• コーラの中の二酸化炭素は溶けにくい性質で不安定なので外に出ようとする• その二酸化炭素がいくつか集まれば泡となる• ただ、水の小さくまとまろうとする力が外に出るのを防ぐ• メントスの成分がその力を弱め、さらに表面のボコボコが泡を作るのに最適な場所。 結果、泡の大量発生 この流れでしたね。 今までずっとメントスコーラと言っていましたが、実はメントスの販売元のアメリカ法人がこの現象をメントスカイザーと決めいるんです。 正式名が付いているなんて驚きですね。 そして、このメントスカイザーの最高記録が約7メートル。 建物にすると3階分です。 私が今住んでいる家が2階建ての一軒家なので余裕で超えますね。 また、メントスカイザーは面白い現象ですが、家でやると床がびしゃびしょになったり、メントスをたくさん入れた後にキャップを閉めると ペットボトルが爆発する可能性があります。 なので、行うときには安全に気をつけるようにしましょう。

次の

メントスコーラ(メントスガイザー)の原理・仕組みを説明!やり方はカンタン

メントス コーラ 仕組み

スポンサーリンク メントスコーラ(メントスガイザー)の仕組みや原理とは?やり方は コーラにメントスを入れると、噴水のように勢いよく泡が噴き出します。 メントスコーラと呼ばれるこの現象は、実際に試したことがなくても、インターネットの動画やテレビ番組の映像で見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。 夏休み自由研究のテーマに選ぶ人もおり、すっかりポピュラーな存在となっているようです。 「メントスガイザー」が本来の呼び方なのですが、こちらの名前ではあまり広まっていませんね。 やり方は本当に簡単で… 「コーラ(瓶のものがおすすめ)にメントスを入れる」これだけ。 それだけで、泡状となったコーラが勢いよく真上に飛び出すのです。 この現象は海外でもよく知られており、メントスガイザーと呼ばれています。 ガイザーとは間欠泉のことです。 でも… この不思議な現象が起こる仕組みや原理について知っている人はほとんどいないと思われます。 ほとんどの人は、「あー、面白かった」と感じるだけでその後興味を失っているでしょうから。 この記事を見てくれた、数少ない方は… なぜメントスコーラ(メントスガイザー)のような現象が起こるのか?など… ひとつの出来事について、もっと深く知りたいと思っている方ではないでしょうか。 実は、メントスとコーラ以外にも、炭酸水とラムネで同じような現象は発生します。 コーラをはじめとする炭酸水の中には、二酸化炭素でできた細かい泡がたくさん存在しています。 二酸化炭素は結びついて新しい泡を作り出したいのですが、水分子が結びつきあっている中に閉じ込められているので、新しい泡を作ることができません。 その中にメントスを落とすと、まずメントスに含まれているゼラチンやアラビアガムが溶け出します。 これらの成分は、界面活性剤となって水分子同士の結びつきを弱めます。 また、メントスの表面には、目には見えない無数の穴が空いています。 この穴は、二酸化炭素が新しい泡を作るために絶好の場所となります。 こうして、メントスに触れたコーラは次々と新しい泡を生み出していき、メントスが底に沈む頃にはたくさんの二酸化炭素の泡ができています。 そのため容器の中の圧力が突然増加し、耐えきれなくなって外に勢いよく噴き出していくという仕組みです。 メントスを食べた後にコーラを飲むと危険、と言われていますが、容器から出して飲み込んだ時点で水分子が動かされ、コーラの炭酸はある程度抜けてしまいます。 また、メントスを噛んで食べると唾液などで表面の細かい穴も失われてしまいます。 そのため、胃が破裂してしぬ、というのは都市伝説であるとされています。 全く胃に負担がないとは言い切れませんので、出来る限り試さないのが無難ですが… また、メントスコーラ(メントスガイザー)がもっとも発生しやすいのはダイエットコーラであると言われています。 ですが、なぜダイエットコーラなのかということについては、まだ科学的に解明されていません。 スポンサーリンク.

次の

メントスコーラの原理を探る実験

メントス コーラ 仕組み

現象名はメントスガイザー 実はこの現象名には「メントスガイザー」と呼ばれる名前があります。 メントスガイザーが広く知られるようになったきっかけとなったのは、 2006年に放送されたアメリカのテレビ番組でした。 テレビ番組を見てメントスガイザーを知った人々は、手軽に実験が出来ることから次々にメントスガイザーの実験を行ったんですね。 そして、 ちょうどその頃には動画サイトのユーチューブがサービスを開始していたことから、実験の様子を動画にして投稿する人もいました。 そのため、瞬く間にメントスガイザーは世界中へと広まっていったのです。 日本でも当初は 「メントスコーラ」や「メントス爆弾」という名称で実験を行っていました。 「メントスガイザー」と名付けたのは、メントスの発売元であるVan Melle社のアメリカ法人であり、後にユーチューブと提携してメントスガイザーの動画コンテストなども行われました。 ちなみに 「ガイザー」とは日本語で「間欠泉」のことであり、勢いよく泡が吹き出る様子が間欠泉に似ていたことが由来で名づけられました。 コーラメントスが吹き出す理由 続いて、メントスを入れたコーラが吹き出る理由や原理について解説していきます。 メントスガイザーが起こる原理は主に「 メントスに含まれる成分」と「 メントスの形状」が関係しています。 メントスが界面活性剤となる メントスには「ゼラチン」と「アラビアゴム」が含まれていて、これらが界面活性剤となります。 界面活性剤は、水と油のように 本来は溶け合うことのないもの同士を、溶け合うような状態にするもののことを指します。 そして、コーラに含まれている二酸化炭素は、 大量の水分子の表面張力によって閉じ込められた状態になっています。 そのため、コーラに含まれた二酸化炭素はあまり外に逃げないようになっているんですね。 しかし、メントスが界面活性剤の役割を果たすことから、二酸化炭素の周りから包み込んでいる水を剥がしてしまいます。 普段は水に囲まれている二酸化炭素ですが、 周りに囲むものが無くなることから、 一気に気化して泡を発生させて吹き出してしまうのです。 メントスの形状にも関係がある もう一つの理由として挙げられるのが「 メントスの表面に無数の小さな穴が開いている」という点です。 肉眼ではツルツルしているメントスですが、実は顕微鏡などで確認してみると、小さな穴がびっしりと開いているんですね。 そのため、コーラにメントスを入れると、先ほど説明した原理で二酸化炭素が気化し、 小さな穴から細かな泡を大量に発生させるのです。 仮にメントスの表面が見た目通りにツルツルだったとするならば、実はそこまでの泡は発生しません。 実際に、メントスの表面をツルツルにコーティングして同様の実験を行っても、 吹き出すほどの泡は発生しなかったそうです。 ちなみに、普通のコーラよりもゼロキロカロリーのダイエットコーラの方が、勢いよく泡が生成されることで知られています。 しかし、なぜ通常のコーラよりもダイエットコーラの方が勢いよく泡が出るのかについては、その メカニズムが解明されていないそうです。 メントスガイザーの実験を行う際には、ぜひダイエットコーラを選んで実験してみてくださいね。 メントス以外でも同じ現象が起こる? それでは、メントス以外のものをコーラに入れた場合に同様の現象は起こるのでしょうか? 実はメントス以外にも「 砂」や「 塩」を入れると、メントスと同様に 大量の泡が発生するようです。 これはメントスガイザーが発見される前から知られていましたが、当時はユーチューブなどの動画サイトはありませんし、 そこまで有名にはならなかったのです。 また、メントスに似たものであれば、ラムネをコーラに入れても同様の現象が発生します。 コーラ以外では、 ビールに塩を少量入れると泡が復活しますよね。 これはビールでもメントスガイザーと同様の現象が起こっているからなのです。 絶対に体内で実験をしてはいけない 中には注目を集めようとして、大量のコーラを飲んでからメントスを食べるという実験を行う人もいます。 もちろん、体内で実験をしても同じ現象が起こりますので、急激に発生した泡を胃袋の中に留めることが出来ずに、 口から吹き出してしまいます。 特に問題も無く笑いになれば良いのですが、過去には体内でメントスコーラの実験を行った結果、 胃粘膜を傷つけたしまった人もいました。 面白半分に実験したとしても、人体を傷つけてしまうことは充分にあり得ますので、実験をする時には必ずペットボトルなどの容器内で行うようにしてくださいね。 コーラとメントス以外の危険な組み合わせ コーラとメントス以外にも体内で混ざり合うと危険な組み合わせは存在しています。 一時期、ユーチューブの動画などでも話題になりましたが、炭酸飲料の スプライトとバナナも一気に胃の中に入れると嘔吐してしまいます。 これは、バナナが非常に消化の良い食べ物であることから胃の中でペースト状になり、スプライトの強力な炭酸と混ざり合って胃の中を圧迫するからだと考えられています。 また、実は バニラアイスとコーラの組み合わせもたくさんの泡を発生させます。 コーラフロートなどで見たことがあると思いますが、コーラにバニラアイスを混ぜると瞬く間に泡が出てきますよね。 これはバニラアイスに含まれる 乳化剤がコーラの成分と反応して泡を発生させ、消えにくくしているからだと考えられています。 そして、あまり組み合わせないとは思いますが、 ビールと納豆の組み合わせも食べすぎると危険です。 ビールの泡と納豆のネバネバが混ざり合うことによって泡が消えにくくなり、胃の中で溜まりすぎてしまうからです。 以上が「コーラにメントスを入れると吹き出す原理と現象の名前」についてでした。

次の