一 バレル は 何 リットル。 一バレルのバレルってドラム缶何本分ですか?

立方メートル

一 バレル は 何 リットル

石油1バレルは、重さ何キロで、どれほどの容積なのでしょうか。 原油は国際貿易において影響力を持つ、最も重要な資源のひとつです。 この100年間、石油の輸送は、石油輸出国にとって重要な問題になっています。 最も広く行われている石油の移送方法は、あらかじめ決められた量の樽につめることです。 これは顧客の支払いを簡単にしますが、容器が金属製であったことから、莫大な量の石油容器を移送する場合、タンカーにとって、余分な重量がかかるという問題が出てきます。 実際のところ、原油1バレルは 、アメリカにおける42ガロン、 イギリスにおける32ガロンで、159.40リットルに相当します。 石油を市場に移送するのには、様々な方法があります。 これらの石油の樽の容積は100リットルから200リットルの間で、国内、あるいは近隣への輸送のために1000リットルの樽も存在します。 アメリカでは各州への石油の輸送のために、95.5~115.6リットルの容器が使われます。 この容器の重さは、その密度から、90.7キロと170.6キロになります。 この樽の容積を正確に計算する場合、158.9リットルとなり、これは、1バレルの容積がおよそ159リットルになることを示しています。 ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

次の

石油およびエネルギーに関する諸換算表

一 バレル は 何 リットル

1バレルは約160リットル!酒樽1つ分です! 1バレルは約160リットル弱です。 正確には、158. 987294928リットル。 アメリカやイギリスなどで使われているヤード・ポンド法による体積の単位です。 なぜ原油の単位は「バレル」で表わすの? 石油用の1バレルは、42ガロンに相当します。 ここでのガロンは、米液量ガロンという単位を用います。 しかし、ガロンにもいろいろなガロンの定義があります。 これについては後述することにします。 では、なぜ42ガロンを1つの単位としているのでしょうか。 昔、アメリカのペンシルバニア油田では、原油を樽に詰めて運搬していたので原油の単位を樽で数えていた、その名残のようです。 1バレルが、お腹の膨らんだ、あの一般的な酒樽1つ分の量です。 実際にはもう少し多くの量が入るようですが、運んでいるうちにもれたり揮発したりして、最終的には1樽で42ガロンが運ばれたそうです。 これをリットルに変換すると、約160リットル弱というわけです。 日本人にとっては、「1リットルいくら」という表現の方が分かりやすいかもしれませんが、アメリカではヤード・ポンド法が主流なので仕方がありません。 原油の採れない日本の言い分は通りませんね。 現在、国際的には原油や石油製品は、バレル単位で量ることになっています。 ところが、じつはバレルの定義というのは、国によっても、中身によっても違うのです。 じつはバレルの定義はいろいろ じつは、アメリカとイギリスでは、1バレルの量が違います。 さらに、アメリカでは何を量っているかによっても、1バレルの量が違うのです。 アメリカでの石油用の1バレルは、前述のとおり42米液量ガロン(約159リットル)ですが、その他の用途を量るときには一般液量バレルというものを使い、この場合の1バレルは31. 5米液量ガロン(約119リットル)です。 また、穀物や野菜を量る際には標準乾量バレルという、105乾量クォート(約116リットル)で1単位になる計量単位がありますし、小麦粉や肉などの質量を量る際には、また違うバレルの定義があります。 イギリスでの1バレルは、36英ガロンで、リットルに換算すると約163リットルになります。 では、ガロンって何? 「1バレルが42ガロン」と言われると、次に気になるのは「ガロンって何?」ということでしょう。 さらにここまでで「米液量ガロン」とか「英ガロン」という単位が出てきました。 ガロンとは、一体どんな単位なのでしょう。 ガロンも、バレルと同じヤード・ポンド法です。 あえて違いを明確にするならば、バレルが液体などの量すなわち体積を表わすのに対して、ガロンは、それを入れる容器の量すなわち容積を表わす単位だという点です。 ガロンという単位も、バレルのように国や用途によって、いくつかの異なる定義があります。 イギリスでは、10ポンド(約4. 5リットル)の水の体積を1英ガロンとしています。 アメリカでは、米国液量ガロンという液体用のガロンと、米国乾量ガロンという穀物用の2種類のガロンが存在します。 米国液量ガロンは約3. 8リットル、米国乾量ガロンは約4. 4リットルです。 もともと、イギリスでも量るものによってガロンの定義は違っていました。 昔のイギリスでは、ワインガロン、ビールガロン、穀物ガロンという3種類のガロンがあったそうです。 ガロンを定義する時にアメリカではワインガロンを採用し、イギリスではビールガロンを採用したことが、米ガロンと英ガロンの違いになったといわれています。 アメリカでは、ガソリンを量る場合に米国液量ガロンを用います。 原油の取引は液量バレルという単位を使い、ガソリン販売には米国液量ガロンという単位を使っているために、慣れない日本人が聞くと「?」と思うのでしょうね。 【関連記事】•

次の

便利な一覧−単位一覧

一 バレル は 何 リットル

『知られていない原油価格高騰の謎』p42-44「バレルって何?」に、「(前略)ピッツバーグまでは馬車で運んだそうである。 1バレルは0. 159キロリットル(=159リットル)である。 」とあり。 『石油年鑑 1989』p395「石油の単位」に「バレルは0. 159kl」とあり。 『日本大百科全書 19』p204〈バレル〉に、「ヤード・ポンド法の体積の慣用単位」とあり。 『日本大百科全書 23』p190〈ヤード・ポンド法〉に、「イギリス固有の単位系で、また、アメリカなどアングロ・サクソン諸国とその旧植民地に用いられている」「古代オリエントに発生したものが、ギリシア、ローマ時代を経て変化し、雑多な単位も混じってイギリスに入り定着した」とあり。 『岩波英和大辞典』p137〈barrel〉に、「(胴のふくれた)たる」とあり。 事前調査事項 Preliminary research.

次の