いあいあくとぅるふふたぐん。 いあいあくとぅるふふたぐん!: 曖昧なる波

窓に!窓に!とは (マドニマドニとは) [単語記事]

いあいあくとぅるふふたぐん

クトゥルフ Cthulhu とは、 に登場するの名称である。 「クトゥルー」とも呼ばれる。 その名前は本来には発音な呼称を便宜的に表記したものであるため、でも, Kutu, Q't, Thu Thu, Tなど複数のりが存在する。 がとされており、のような頭部、のような、数の触腕と巨大な鉤のある手足を持っている。 太古の昔、クトゥルフとその属の住まいである イエがに沈み、クトゥルフは深き眠りにつくこととなった。 (のによる変地異や、規模の地殻変動によるものとも、による封印とも言われている) の位置がい、のの条件が迫るとイエはふたたび上に姿を現し、同時にクトゥルーの思念波が中を満たし、や怪事、暴動が頻発すると伝えられている。 「 」では、年にとと共にや秘密の蠢動が始まり、にイエが上に姿を現している。 普段はに遮られているが、時折クトゥルフの思念波を受けてを見たり、精がする者もいる。 さらに、の変化や地殻変動によりイエが浮上すると、クトゥルーの思念波が全に伝播され、感受性の高いは精に深刻なを受け、にうなされたり、精が崩壊したり、最悪することもある。 (その辺りは著「 計画」に描かれている。 イエ浮上状態では「時は止まり、死が死に絶える」らしい) 著「 」にて初めて登場し、属である に崇拝されている様は、「 」でみることができる。 ダーレス以降の体系化における位置づけ の体系づけにおいては、の一柱で、「」を徴し、「」の徴であるとは対立するものとされた。 また、によってイエごと地殻の下に封印されたとされている。 か昔、のより属達とに飛来したのちにのを住処として、そこに自らのとなるイエをしようとした。 しかしそれよりも更に昔からを住処としていた 達と遭遇し、の支配権を争う大規模なが起こった。 長い戦いの果てに達との停戦協定を結びは終わりを告げた。 その他クトゥルフに関して クトゥルフは印的なとしてよく彫像などで現されるようにを持つ頭の姿をしているが、その実、不定形の姿をした伸縮自在の存在であり、は何も伸ばすことができるだろう。 クトゥルフの眠るイエには多くのが眠っており、クトゥルフはそれらの王であり、導者であり、祭である。 クトゥルフが覚めたとき、それらも覚めることになるだろう。 クトゥルフはゾスからやってきたといわれ、そのには配偶者であるがいるとされる。 クトゥルフはゾスでゾス三といわれる、、とを産み出し、他の数多の属とともにに飛来したとされている。 クトゥルフに対しての崇拝は広く知られ、のなかでの知名度はと言ってよいだろう。 さまざまな部族がクトゥルフを信仰しており、に辺や辺の近くの村々で崇拝されているという。 特にイットやアナなどでの信仰が確認されている。 古くからの信仰はクトゥルフ自体の名称に多くの変化を生み出し、数多の名前を持つものになったという。 「の」はクトゥルフとを崇拝しているしいの例である。 Cthulhu fhn! The ow! 他にも を代表とした ゾスの三と呼ばれる存在などを子に持つ。 計画 - 化身 で、クトゥルフの化身として設定されているものを記載する。 うち二つは、もう一つは外のから取り入れられたものである• Prdy。 なお大賞は・J. ボウザーの「」。 の先祖であるなどに似ているが大きさは優にその倍はある存在である。 つまりほどの大きさがあるということか。 ほぇ~。 常にで、常に怒りに満ちているという。 そんなに怒って何をしている。 この存在は『ポナペ経典 e te 』によって示唆されているがクトゥルフの化身だという。 はこの存在を召喚することができるといわれるが制御することができないため、恐ろしい結末を迎えることになるという。 ににを与えるに対して対抗するために召喚され、にあるや大船を襲うといわれている。 この存在はポリネやで知られ、様々な名前で呼ばれてるという。 かつてはの恐怖として人身御供が行なわれ、その怒りを鎮めるを行っていたという。 また、に信仰されている。 ビー B'h 〈むさぼるもの〉 この化身についてはあまり知られていない だって登場が一つしかないし がややにくのような姿をしているという。 上記のは『怪物とその属 res and Th de 』に載っているという設定。 や南などに住む原始的なによって崇拝され、文明の破壊とへの回帰をめているという。 そのときにはやに生贄をげているという。 ビーは果たしてそんなことを望むのだろうか。 この化身は的に行動するわけではなく、夢やを通して顕現する存在である。 そしてや沼の近くにいるとよりそのを受け、やの心を読んで支配するという。 そのは徐々に進行し不明確な夢として現われることだろう。 下記登場作品は、とは関係のだが、プ編の短編集 未訳、 に収録されたことで体系に関連付けられることになった。 でクトゥルフの化身とされた経緯はよく分からない。 登場作品:『The oge of B'h』-ム・ 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• の クトゥルフ その他種族 ムーン 地名 イエ ン・ ユゴス ン・の カダス ボ の書 衣の王 屍食教典儀 断章 ナコト写本 名祭書 妖蛆の秘密 イエ異本 ハザードの くペゾヘド の鍵 クトゥルフ神話作品 アーカムハウス関連など、一般に神話作品と認められているもの• の来ないに抱かれて- NHT-()-・03• ・Y()-寿• ン・・ザ・()-es• ()-静宗• の- -()-oft• :rk s of the ()-• 鋼炎の()-• ()-• ()-郎• ()-• 召喚の蛮名 学園奇覯譚()-槻• ()-• 退魔針、、魔界創生記、 美など多数()-秀行• DDY()-将範• ()-• DEAD (作品)-• (・)-• ナイ()-芽武• の烙印()-ターチャ• ()-・• ル、セレス、・トゥ・セレス()-健二• 秘黙示ム他多数 -健• BULLET()-• 魔界()-• 宵闇燈()-• 、、ジーザス()-• ()-• ()-• ()-(脚本:)• ・-招かれた13人-()-• ()-永康則• 者(・)-• - t-()-• ()-• ()-(脚本:)• -G -()-(脚本:)• と子()-• ()-• ()-• (・)-篤• (・)-乱霊• ()-(脚本:)• ()-• ()-• ()-• ()-KERU• ()-• 、・罰()-• ()-• ()- ニコニコ動画における二次創作などの作品• 、、等.

次の

ゆっくり達のジャズエイジクトゥルフ Part5 前編 [ニコニコあっぷる]

いあいあくとぅるふふたぐん

原作者自ら作品を「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」という言葉を使って表現しているのですが、果てしなく巨大で、人間には理解も対話もできないような未知のものに対する孤独感や不安、どうにもならないという恐怖を書いているのです。 それまでのホラーと言えば、吸血鬼や悪魔といったその土地の伝承、伝説、あるいは神話になぞらえたものばかりでした。 そんな経緯で、様々な映画やゲームに出ているモンスターも「クトゥルフ神話」をモチーフにしたものが多いと言われています。 特に、タコっぽい軟体生物などのモンスターや半漁人のような人間の特徴をもつ生物は今でこそ定番ですが、「クトゥルフ神話」によって定着されたとも言われています。 作品に魅力があるのはもちろんですが、約100年以上前の作品が今でもこれだけ人気があることには、また理由があります。 それは「TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)」です。 TRPGって何?という方は、をぜひご覧ください。 TRPGはファンタジーな作品から現代を舞台にしたものまで様々ですが、その中でもクトゥルフ神話TRPGは一ジャンルとして確立しているほど人気があります。 なぜ人気があるのか?それはクトゥルフならではのルールがあるからです。 そのルールとは、プレイヤーに「正気度」パラメーターがあること。 「SAN値」と言えば、聞いたことのある人も多いでしょう。 この「SAN値」、正気度が何かのアクションによって減ると、プレイヤーが「狂気」状態に陥ります。 この「狂気」によって、プレイヤーはゲーム中に大変な事に……こうしたストーリーが描けるのが、宇宙的、神性的なやばい奴が出てくるクトゥルフならではなのです。 このルールはクトゥルフ神話TRPGで最も有名な本「CALL of CTHULHU」で記載されているのですが、今では同人作品などを含めて幅広く親しまれています。 もちろんSAN値のないクトゥルフTRPGもあります。 そして、近年増えたリプレイ動画によってさらに人気が広がったと言えます。 そうした気軽に楽しめる、手に届くコンテンツになったことで、「クトゥルフ神話」は幅広い世代に親しまれるようになりました。 意味ももちろんあるのですが、ニュアンス的には「万歳!」とか「わっしょい!」的なもの。 呪文的な言いまわしで、思わず声に出して言ってみたくなる……そんな魅力があると思いませんか?そう思うならSAN値チェックです。 そして聞いたことのある人もいるであろう、有名な「ネクロノミコン」も「クトゥルフ神話」に登場する本なのです。 創作に登場する魔道書だというのに、多くの作家たちがその本の再現に挑戦していきました。 現代ではネット通販で買うことができる、お手軽魔道書です。 みなさんが気になっていたであろう神性、神話生物、宇宙生物ですが、たくさんいるのでその一部を紹介します。 ・クトゥルフ 「クトゥルフ神話」の顔とも言うべき存在で、小説「クトゥルフの呼び声」に登場した邪神。 タコのような頭を持つ巨人で、蝙蝠のような羽があり、手には長い爪。 体は鱗に覆われていて、肥満体型。 普段は海底に沈んでいる石造都市ルルイエに封印されていて、山のように巨大なのだとか。 崇拝している邪神教徒の人達が蘇らせようと頑張っているのですが、ルルイエがちょっと海上に出てしまうだけで人々に色々影響が……完全に浮上すると世界が大変なことになります。 ・ナイアーラトテップ ニャルラトホテプという呼び名の方が知っている人が多いと思いますが、アニメ化もした「這いよれ!ニャル子さん」のニャル子の元ネタです。 「クトゥルフ神話」の中でも人気が高い神性。 姿を変えることができるので、様々な容姿で作品に登場します。 小説「ナイアルラトホテップ」や「無貌の神」などに出るのですが、どちらのタイトルもナイアーラトテップの名称というのがポイントですね。 『ペルソナ2』や『ワイルドアームズシリーズ』などのゲームにも登場しています。 ・深きもの ラヴクラフトが唯一生前に出した「インスマウスの影」に登場する生物。 カエルのような顔で表面には鱗、手には水かきがあるという半漁人的な存在。 インスマウスの街に住んでいて、「父なるダゴン」と、そのダゴンが眷属であるクトゥルフを崇拝しています。 この生物たちがまさに「いあ!いあ!」とクトゥルフを讃えているのです。 ・グール この名前はゲームなども含めて、一番聞いたことがあるのではないかと思います。 元はアラブの伝承に登場する怪物なのですが、「クトゥルフ神話」にも生物として登場しています。 体は人間のようで顔は犬、地下に住みながら死者を食べています。 モンスターとしても色々な作品に登場しますね。 「クトゥルフ神話」では「ピックマンのモデル」で登場します。 ・ショゴス 体は粘液状で黒く巨大な生物。 目がたくさんついていて、「テケリ・リ」という特徴的な鳴き声が有名です。 粘着状でありながら、移動するときは転がるというバイタリティの持ち主。 元々「古のもの(いにしえのもの)」によって創られ、奴隷のように扱われていましたが、その後反抗し……ラヴクラフト作品の中でも傑作と言われている「狂気の山脈にて」に登場しています。 ・ミ=ゴ 薄赤色の甲殻類のような体を持ち、頭に触角のある生物。 体長は150cmぐらいで二足歩行、羽もついています。 生物的には菌類。 見たり触ったりはできるのですが、写真には写らず、テレパシーで会話をすることが可能です。 『FGO』のアビゲイルのぬいぐるみの名前の元ネタと思われます。 これはほんの一部です。 生物たちには上下関係などもあり、そのあたりを調べるのも面白いので、気になる方はぜひ調べてみてください。 せっかくなので本の紹介も。 編集部のクトゥルフ神話大好きマンのおすすめはなんといっても「 ラヴクラフト全集」。 全巻電子書籍でも買う事ができます。 筆者が個人的におすすめなのは、新紀元社から出ている「 クトゥルフ神話超入門」。 難しいことが分からなくても、会話タッチで「クトゥルフ神話」について優しく教えてくれます。 あと「 クトゥルフ神話 TRPG ログインテーブルトークRPGシリーズ 」も情報量がすごいので、どっぷり浸かりたい人はおすすめ。 TRPGの本ではありますが、クトゥルフのことも余すことなく書かれています。 TRPGも遊べるので一石二シャンタク鳥。 ライトノベルは「 這よれ!ニャル子さん」をはじめ、「クトゥルフ神話」をモチーフにしたものはかなりたくさんあります。 漫画で読みたい人は、田辺剛氏の「 狂気の山脈にて」や「 闇に這う者」などが良いのではないでしょうか。 小説と言えば、最近星海社FICTIONSから森瀬繚さん翻訳の「 クトゥルーの呼び声」が11月に発売したばかりなので、今がまさに「クトゥルフ神話」のドアを開けるチャンスです。 あと海野なまこさんの「 ゆるるふ神話」シリーズも、可愛いグッズなどが販売されていておススメです。 では最後はクトゥルフを讃える言葉で締めましょう。 読者の方々へはお詫び申し上げます。 また、記事へのご指摘、ありがとうございました。 (C)Getty Images 《タカロク》.

次の

The Carol of the Old Ones [ニコニコあっぷる]

いあいあくとぅるふふたぐん

Contents• 人の言葉に訳すとこうなります。 In his house at R'lyeh dead Cthulhu waits dreaming. 死せるクトゥルー、ルルイエの館にて、夢見るままに待ちいたり もしくは、 ルルイエの館にて死せるクトゥルー夢見るままに待ちいたり ここで登場するクトゥルフとはこういう神様。 クトゥルフは無理矢理人間が発音できる音に置きかえたもので、正しい発音は人間には不可能です。 クトゥルフ神話を見いだしたラブクラフトは、「 舌の先をぴったり口蓋に押しつけて、不完全な二つの音節、Cthu-lhuを唸るように、吼えるように、咳きこむように発音する」と説明している。 ここではクトゥルフを例に出したが、クトゥグアの呪文にもこの句は使われている。 ふんぐるい むぐるうなふ くとぅぐあ ふぉまるはうと んがあ・ぐあ なふるたぐん いあ! くとぅぐあ! スポンサーリンク オーガスト・ダーレスの体系付けたクトゥルフ神話においては旧支配者の一柱にして、アザトースを筆頭とする外なる神に使役されるメッセンジャーでありながら、旧支配者の最強のものと同等の力を有する土の精であり、人間はもとより他の旧支配者達をも冷笑し続けている。 顔がない故に千もの異なる顕現を持ち、特定の眷属を持たず、狂気と混乱をもたらすために自ら暗躍する。 彼が与える様々な魔術や秘法、機械などを受け取った人間は大概自滅している。 天敵であり唯一恐れるものは火の精と位置づけられる旧支配者クトゥグアのみ。 また、ノーデンスとも対立している。 旧支配者の中で唯一幽閉を免れている、他の旧支配者と違い自ら人間と接触するなど、クトゥルフ神話において特異な地位を占める神性であり、クトゥルフ神話におけるトリックスターとも言える。 アザトースの息子と言われる。 妻は大鹿の女神イホウンデー、従姉妹に影の女悪魔と呼ばれる女神マイノグーラがいる。 配下にシャンタク鳥と忌まわしき狩人が存在する[2]。 また、ドリームランドで地球の下級の神々を保護する一団「異形の神」の一柱として活躍する。 情報源: 日本では這いよれニャル子さんで美少女化されてしまった千の異なる顕現。 ちなみに本家ではこのように表現されている。 また日本かと邪神も驚愕していることであろう。 その上、日本にはこの邪神を象った食べ物が存在し、その食事を出す店は熱狂的な狂信者の巣窟となっている。 ヤサイマシマシニンニクカラメ 大ブタダブルヤサイマシマシニンニクアブラブラブラ といった呪文が飛びかっている。 意味はわからないが、恐らく日本に根付いたナイアーラトテップ信仰だと思われる。 時折普通の飲食店と間違え、オーダーだと勘違いした客がこの呪文を唱えてしまい、絶望している姿も見られる。 かの神を称える言葉。 暗黒のファラオ万歳 ニャルラトテップ万歳 くとぅるふ・ふたぐん にゃるらとてっぷ・つがー しゃめっしゅ しゃめっしゅ にゃるらとてっぷ・つがー くとぅるふ・ふたぐん 儀式に使われる呪文。 にゃる・しゅたん! にゃる・がしゃんな! にゃる・しゅたん! にゃる・がしゃんな! クトゥグアの呪文.

次の